遺品整理の完全ガイド|始めるタイミング・費用相場や業者に安く依頼するコツなど解説


遺品整理は、愛する人を亡くした後に直面する大きな問題です。

深い悲しみの中で、「遺品整理はいつ始めるべきか?」「どのように進めれば良いのか?」などの、いくつもの疑問に対処しなければなりません。

遺品整理は、感情的な価値と物理的な作業の両方を含むものであり、相続人としての義務や、費用といった実用的な側面も考慮しなければなりません。

本記事では、遺品整理を始めるタイミング、費用相場、そして業者選びのポイントから、作業を安く依頼するコツに至るまで、遺品整理に関するあらゆる情報を網羅的に解説します。

遺品整理は単なる片付けではない


遺品整理は、故人への最後のサービスであり、遺族にとっては大切な人との思い出を整理する過程です。

この記事を通して、遺品整理の難しさを少しでも軽減し、故人を偲びながら次のステップへと進むための支援ができれば嬉しく思います。ぜひ、最後までご覧ください。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

遺品整理とは

遺品整理とは、亡くなった方が残した遺品を整理すること。

具体的には、故人の持ち物全てをリストアップし、遺族で必要なものと不要なものに分別します。

必要に応じて、買取業者やリサイクルショップへ依頼し、不要なものはゴミとして処分。

思い出の品は、アルバムや箱などに整理して保管し、故人の部屋を清掃することまでが含まれています。

遺品整理の際には悲しみや喪失感を感じることもある


遺品整理は、単なる片付けではありません。

思い出の品々を前に、故人との思い出が蘇り、深い悲しみや喪失感に襲われることもあるでしょう。

また、同時に故人を偲びつつ、次のステップに進む大切な作業となります。

遺品整理はつらい作業

遺品整理は、故人の思い出が詰まった物を整理するとても大変な作業です。

この作業は、ただ物を片付けるだけではありません。

亡くなった方の生活や趣味を振り返りながら、残された物を丁寧に分けたり、処分したりすることを含みます。

遺品整理は簡単に進まないこともある


遺品の中には、家族や友人との楽しい記憶が蘇る品々もあれば、どう扱えば良いか悩む物もあります。

例えば、故人が愛用していた茶碗や旅先で買った記念品、大切な人からの手紙など、遺品一つ一つに故人の人生が反映されています。

趣味のコレクションや衣類、家具などの処分には、どのように進めるか計画を立てなければなりません。

このような作業は心理的にも、物理的にも大きな負担になりますが、故人を想い、遺品を通してその人生を振り返る大切な時間でもあります。

遺品整理を進める中で、故人との思い出や感謝の気持ちが湧き上がることも少なくありません。

遺品整理の義務責任は相続人

遺品整理は、亡くなった方の財産を引き継ぐ相続人の大切な役割の一つです。

これには、故人の遺品を整理し、大事な物とそうでない物を分け、適切に処分または保管する作業が含まれます。

相続人全員でこの責任を共有し、互いに協力しながら進めることが大切。

事前に話し合い、誰がどの作業を担当するか決めておくことが、スムーズな遺品整理に繋がります。

  • 思い出深い品や価値のある物を選び出し保管する
  • 使用しない衣類や家具はリサイクルショップへ売る
  • 切な写真や手紙は整理してアルバムに保管する

相続人同士の協力と適切な役割分担により、故人への敬意を示しながら、遺品整理を行うことができます。

相続放棄したら遺品整理はできない

相続放棄を選択した場合、基本的には遺品整理を行うことができません。

これは、相続放棄という行為が、故人からの遺産だけでなく、借金やその他の負債の相続を拒否することを意味するためです。

民法によれば、遺品を処分する行為は、その遺産を受け入れる(単純承認)とみなされるため、相続放棄の意思があっても、遺品整理をすることでその意思が無効になり、結果として遺産を相続したことになるのです。

しかし、全てのケースで遺品整理が禁止されているわけではありません。

特定の例外状況下では、遺品整理を行うことが可能です。

  • 価値のないものの処分:経済的な価値がないもの
  • 緊急性がある場合:遺品が腐敗する恐れがある場合など
  • 相続財産管理人の選任:相続放棄手続き中でも相続財産管理人を通じて作業可能

相続放棄を考慮している場合は、遺品整理に関しても慎重に考える必要があります。

もし遺品整理が必要な状況にある場合は、例外に該当するかどうかをよく理解し、場合によっては法律の専門家に相談することが賢明でしょう。

遺品整理費用を支払う人

遺品整理の費用は、故人が残した遺品を整理するためにかかる費用で、通常、相続人が費用を負担することになります。

遺品整理費用の支払いは、遺産から行われるのが一般的です。

相続法に基づき、相続人全員で遺品整理費用を分担することが求められますが、具体的な分担比率は相続人同士の話し合いによって決定されます。

遺品整理費用分担の基本

  • 基本は相続人全員での分担
  • 遺産分割協議に応じて負担割合が変わる
  • 相続比率は相続人間での合意により調整できる

遺品整理費用の負担に関しては、事前に相続人全員でしっかりと話し合い、合意形成を図ることが大切です。

費用負担の割合や支払いの方法については、後々のトラブルを避けるためにも、明確に決めておくことが重要です。

また、遺品整理に関わる費用が遺産の一部として扱われるため、遺産分割協議の過程で適切に管理・記録することが求められます。

遺品整理の時期はいつか

いざ遺品整理を始めようと思っても、いつから始めればいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここでは、遺品整理の時期について、それぞれのタイミングの特徴と注意点などを詳しく解説します。

葬式直後(亡くなってから1週間程度)

遺品整理を葬式直後に行うメリットは、親族が集まっていること。この時期には、故人との思い出を共有しやすく、多くの人の手を借りて作業を進めることが可能です。

しかし、このタイミングでの遺品整理には、気持ちの整理がついていない場合が多く、判断を下すのが難しいというデメリットもあります。

また、葬儀の準備や手続きなどで忙しく、作業を急がなければならない状況も想定されます。

そのため、葬式直後の遺品整理の際には以下のポイントを押さえましょう。

  • 必要なものだけを先に整理
  • 故人の思い出の品は慎重に扱う

葬式直後の遺品整理は、時間的な制約と感情的な負担のバランスを考えながら進める必要があります。

親族や友人と協力しながら、故人への敬意を持って遺品整理を行いましょう。

役所・行政関連の手続き後(亡くなってから1週間~1カ月)

亡くなった後の1週間から1カ月の期間は、役所や行政関連の手続きを行うタイミングとして適しています。

この時期に遺品整理を進めることにはメリットとデメリットがあります。

役所・行政関連の手続き後の遺品整理のメリット

  • 死亡届や相続に関する手続きなど必要な書類が入手しやすい
  • 故人の資産や負債の全体像をつかみ財産状況を把握できる

役所・行政関連の手続き後の遺品整理のデメリット

  • 悲しみが続いているため遺品整理を進めるのが精神的につらい
  • 書類作成や手続きに追われる中で遺品整理するのが大変

この時期の遺品整理は慎重に行うことをおすすめします。

最初に、役所や行政関連の手続きに必要な書類や遺品を整理し、それ以外の遺品整理は時間的な余裕を見ながら少しずつ進めるのが良いでしょう。

気持ちが落ち着くまで待ち、時間的な余裕ができたら、他の遺品も少しずつ整理していくことをおすすめします。

四十九日法要後(亡くなってから49日後)

四十九日法要の後は、多くの人にとって故人とのお別れに一区切りがつき、心情的にもある程度落ち着いて遺品整理に臨むことができる時期です。

心の準備ができている状態で遺品整理に取り組むことは、作業をスムーズに進める上で大きな利点となります。

四十九日法要は親族が集まる機会であり、このタイミングで遺品の分担や今後のスケジュールについて話し合うことができるのもメリットです。

四十九日法要後に遺品整理を進めるポイント

  • 法要の準備と並行して進める
  • 遺品の量が多い場合は業者の力を借りる
  • 遺品の状態が悪化する可能性があるものは早めに処理する

四十九日法要後の遺品整理は、故人への思いを大切にしながら、家族や親族と協力して進めることが大切です。計画的に、そして心に余裕を持って取り組みましょう。

相続放棄の期限前(亡くなってから3カ月以内)

相続放棄の期限前、つまり亡くなってから3カ月以内に遺品整理を行うこともできます。

亡くなって3ヶ月以内は、相続放棄の検討と遺品整理を並行して進める重要な時期


故人の遺品を通じて財産状況を把握することは、相続放棄をするかどうかを判断する上で重要です。

故人の財産状況を早期に把握することで、相続税の申告準備にも役立ちます。

申告に必要な書類の準備や計算を適切に行うことができるようになります。

一方で、相続放棄の期限が3カ月という時間的制約の中で、全ての遺品を詳細に調査し整理することは困難であることも事実。

相続放棄を検討している場合は、早めに弁護士や相続専門のアドバイザーに相談することが重要です。

専門家の助言を得ることで、適切な判断を下しやすくなるでしょう。

相続税の申告期限前(亡くなってから10カ月以内)

亡くなってから10カ月以内に行われる相続税の申告期限前の遺品整理は、税務上の準備と遺産評価のための重要な作業を含みます。

相続税の申告には、故人の財産に関する詳細な記録と書類が必要となります。

この期間に遺品整理を行うことで、必要な書類や情報を整理し、申告準備を効率的に進められます。

遺産の評価や相続税申告は専門家の力を借りよう


相続税の申告期限を正確に把握し、できるだけ早期に準備を始めることが重要です。

遺品の量が多い場合や、専門的な鑑定が必要な場合は、遺品整理業者や税理士などの専門家に依頼することを検討しましょう。

気持ちが落ち着いたタイミングで

遺品整理を「気持ちが落ち着いたタイミングで」進めることは、心理的にも実務的にも多くのメリットがあります。

この時期には、遺品一つ一つに対する適切な処理方法を考える時間が確保できます。

しかし、時間が経つにつれて、故人の思い出が色濃く残る遺品を処分することに対するためらいや抵抗感を感じることもあります。

遺品の量が多い場合や特定の遺品について適切な処理方法が分からない場合は、遺品整理の専門家や相続に関する専門家に相談しましょう。

また、遺品の中に貴重品や鑑定が必要なアイテムが含まれている場合は、専門の鑑定士に依頼することも有効です。

遺品整理は何をやるのか

遺品整理とは、故人が残した全ての物(遺品)を整理し、形見分けや処分、遺産分割、不動産の売却や相続、相続税申告などを行う一連の流れを指します。

ここでは、遺品整理の具体的内容について5つの項目に分けて詳しく解説します。

  • 遺品の形見分け
  • 不用品の片付け・処分
  • 遺産分割
  • 不動産の売却や相続
  • 相続税申告

遺品整理の流れが分かっていれば、自分で行うか、業者を依頼するかを検討しやすくなるでしょう。

遺品の形見分け

遺品の形見分けは、故人の思い出を家族や友人と共有する重要な機会です。

遺品整理の際に形見分けを行う場合には以下の点に注意しましょう。

  • 故人の意志を尊重する
  • 遺族間で話し合い合意する
  • 形見分けする品物を保管しておく

遺品整理として、形見分けを進める場合は、可能な限り公平性を保ち、遺族間で納得のいく方法で行えるよう心がけましょう。

価値のある品物については、遺族全員の同意が得られる方法を模索することが重要です。

その際には、形見分けでどの品物が誰に渡ったかを記録しておくことで、将来的な誤解を避けることができるでしょう。

不用品の片付け・処分

形見分けの後に残る不用品の片付け・処分は、遺品整理の中でも重要な部分です。

適切な方法で不用品を処分することで、作業の負担を軽減できます。片付け方法には、以下のような選択肢があります。

  • 自分たちで片付ける
  • 遺品整理業者に依頼する

自分たちで不用品片付けを行うことで費用を節約できます。しかし、これには時間と労力がかかります。

大型の家具や家電など、処分に手間や特別な手続きが必要なものがある場合、作業は複雑になりがちです。

また、地域によっては大量のゴミを一度に出すことが難しい場合もあり、費用がかかることもあります。

専門の業者に依頼することで、時間と労力を大幅に節約できます。

また、適切な処分方法やリサイクル、買取などのオプションを提供してくれる場合もあり、総合的に見てコストパフォーマンスが良いこともあります。

遺産分割

遺産分割は、故人が残した財産を法定相続人がどのように分け合うかを決定する重要な話し合いです。

遺産分割には、主に3つの方法があります。

  • 協議分割:相続人間での話し合い
  • 調停分割:裁判所の調停委員会に介入してもらう
  • 審判分割:裁判所が遺産分割の方法を決定

最も基本的かつ望ましいのは、協議分割ですが、相続人全員の合意が必要なため、意見の対立がある場合は合意に至るまでに時間がかかる可能性があります。

合意に至らない場合は、調停や審判といった手続きを通じて解決を図ることになりますが、この過程で法的なアドバイスを提供してくれる専門家の助けを借りることも一つの選択肢です。

不動産の売却や相続

故人が不動産を残した場合の扱いは相続人間での大きな課題です。

不動産の相続にはいくつかの選択肢があります。

  • 全員で共有する
  • だれか一人が所有する
  • 売却する

全員で共有する方法には、いくつかの問題が生じる可能性があります。

共有者間での意見の相違が出やすく、管理や将来の利用に関してトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。

不動産の相続に際しては、相続人間で十分な話し合いを行い、合意に至ることが重要です。

場合によっては、専門家(不動産業者、弁護士、税理士等)の助言を仰ぐことで、スムーズな手続きと公平な解決を図ることができます。

不動産の価値評価や市場状況、税金の問題など、複数の要素を総合的に考慮して最適な選択を行うことが望ましいでしょう。

相続税申告

相続税申告は、故人が残した遺産の総額が税法で定められた基礎控除額を超える場合に必要となる手続きです。

相続税の申告は、故人の財産に関する正確な情報をもとに計算した上で納税しなければなりません。

相続税の申告に必要な書類

  • 死亡届受理証明書
  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 財産評価証明書
  • 遺産分割協議書

申告期限を過ぎると、延滞税が発生する可能性があるので注意しましょう。

続税の申告は、故人の死亡から10ヶ月以内


相続税申告は複雑な計算や法律知識を要するため、税務署での相談や税理士のアドバイスを受けることが推奨されます。

特に大規模な遺産の場合や海外資産が関わる場合は、専門家の支援が不可欠です。

遺品整理作業の3つの方法

遺品整理には、大きく分けて以下の3つの方法があります。

  • 遺族だけで全て行う
  • 遺品整理業者に依頼して任せる
  • 買取業者や片付け業者に部分的に依頼する

それぞれの方法には、メリットとデメリットがあります。自分に合った方法を選びましょう。

遺族だけで全て行う

遺族だけで遺品整理を全て行う選択は、費用を安く抑えられますが、計画性と協力が欠かせない方法です。

遺品整理を遺族で進めるための重要なポイントを解説します。

  • 具体的なスケジュール・作業計画を立てる
  • 遺品を分別する(形見分け・買取・ゴミ処分)
  • 不用品処分方法の事前確認

遺品整理の際の分別作業は感情的にも辛い作業になりがちです。遺族で協力し合い、感情的なサポートしあいましょう。

大量の不用品を処分する際は、地域のゴミ処分ルールを確認することをおすすめします。

粗大ゴミの出し方や回収日、必要な手数料についても事前に確認が必要です。

遺品整理は、故人との最後の対話


遺族だけで遺品整理を行う場合は、時間をかけて、故人との思い出を大切にしながら進めることが心の整理にもつながります。

遺品整理業者に依頼して任せる

遺品整理業者に依頼することは、遺品整理の負担を大きく軽減できる有効な選択肢です。

専門の業者に任せることで、時間や労力だけでなく、場合によっては費用の面でのメリットも期待できます。

ただし、適切な業者選びと契約内容の確認が重要です。

遺品整理業者を安く利用する方法

  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 遺品整理に特化した業者を選ぶ
  • 口コミや評判を確認する
  • 契約内容をしっかりと確認する
  • キャンセル料や追加料金の有無を確認する

契約前には、提供されるサービスの範囲、費用、作業スケジュールなどが記載された契約書をしっかりと確認しましょう。

遺品整理業者に依頼する際は、業者選びから契約、作業完了までを見届けましょう。

買取業者や片付け業者に部分的に依頼する

価値ある遺品を買取業者に売却したり、大量の不用品を片付け業者に処分してもらったりする方法は、遺族の負担を大幅に軽減します。

部分的に業者に遺品整理を依頼する際の注意点を解説します。

  • 複数の業者の買取価格や処分費用を比較する
  • 価値ある遺品の買取相場を事前に調べておく
  • 適正な価格を提示してくれる業者を選ぶ
  • 業者の実績や専門性を公式サイトから調べる
  • 口コミサイトでの評判をチェックする

買取業者や片付け業者に部分的に依頼することは、遺品整理を効率的に進めるための有効な手段となります。

しかし、業者選びや契約に際しては慎重さが求められます。故人の遺品を適切に扱う業者だけを選びましょう。

遺品整理で捨ててはいけないものリスト

遺品整理では、決して捨ててはいけないものがあります。

以下に挙げたアイテムは、特に注意して扱うべきものです。

  • 遺言書:遺産分割や葬儀の希望などが記されている可能性がある
  • 現金・預貯金:通帳やキャッシュカードも大切
  • 貴金属・宝石:専門家による査定が必要
  • 不動産:所有権の確認や遺産分割の対象
  • 重要書類:身分証明書や保険証など、法的手続きに必要な書類
  • 契約書:様々な契約の解約や継続の手続きに必要
  • 写真・手紙:故人との思い出になる感情的に大切な遺品

故人の意思や思い出に関わるものは、可能な限り保管し、家族での話し合いを通じて扱いを決めましょう。

判断に迷う場合は、遺品整理業者や弁護士などの専門家に相談することができます。

遺品整理をスムーズに進める3つのコツ

遺品整理は、遺族にとって心身ともに負担が大きい作業です。

遺品整理をスムーズに進めるためには、以下の3つのコツを覚えておくと良いでしょう。

  • 作業の前に感情を落ち着かせる
  • 相続するものから先に整理する
  • 自分に合った業者を活用する

遺品整理をスムーズに進めることで、故人の意思を尊重し、遺族が未来へと歩み出す契機となることが多いです。

作業の前に感情を落ち着かせる

遺品整理を始める前に、自分の感情を落ち着けて整理することが大切です。

悲しみや喪失感が強い時期に急いで遺品整理を行うと、後悔することになるかもしれません。

以下は、感情を落ち着かせるためのいくつかの提案です。

  • 生前の思い出を振り返る時間を持つ
  • 故人との思い出が詰まった品をいくつか選ぶ
  • 泣くことや家族や友人と感情を共有する
  • カウンセリングや心理療法などの専門家に相談する
  • 感情が落ち着くまで十分な時間を取る
  • 準備が出来るまでは無理しない

故人への敬意を持って遺品整理を行うためには、まず自分自身の感情を大切にし、心の準備を整えることが必要です。

適切なサポートを受けながら、故人との最後のお別れを心から行いましょう。

相続するものから先に整理する

遺品整理においては、相続するアイテムから整理を始めるというアプローチが効果的です。

これには、遺産分割や形見分けに必要なアイテムを優先して整理して保管することが含まれます。

  • 重要書類
  • 遺言書
  • 貴重品
  • 財産に関する情報
  • 相続に直接関わるもの

遺産分割協議書や財産評価証明書など、後の法的手続きに必要な書類の整理も重要です。

相続に関わるものの整理を優先することで、遺品整理の進行において重要な物品を見落としたり、誤って処分したりするリスクを最小限に抑えられます。

自分に合った業者を活用する

遺品整理を効率的に進めるためには、自分の状況に合った業者を選ぶことが非常に重要です。

以下に、遺品整理に対応した業者の選択肢を紹介します。

片付け業者

片付け業者は、物理的な作業の代行に特化した業者です。

不用品の回収や清掃を行いますが、遺品の感情的な価値については扱いません。物理的な作業を中心に、自分の体力や時間を節約したい場合に適しています。

不用品回収業者

不用品回収業者は、大量の不用品の処分に特化しています。

仕分け・分別や買取は行わないことが一般的です。自治体の粗大ゴミ回収などでは対応できない大量の不用品を一括で処分したい場合などに適しています。

遺品整理業者

遺品の仕分けから梱包、搬出、清掃まで、遺品整理に関する全ての作業を代行します。

専門知識を持つスタッフが、故人の意思を尊重しながら作業を進めます。遺品整理の全作業を専門家に任せたい場合におすすめです。

遺品買取業者

遺品整理業者は、価値のある遺品を買い取ります。現金化を希望する遺品がある場合に適しています。処分する品物と買取品を分別するサービスを提供することが多いです。

遺品整理・処分・買取を全て行う業者

遺品整理に関する全サービスをワンストップで提供する専門業者です。

手間を省き、場合によっては費用を抑えることが可能です。複数の業者に依頼する手間を省きたい、または遺品整理の全行程を一社で完結させたい場合に適しています。

自分に合った業者を選ぶことで、遺品整理の負担を大幅に軽減し、故人を偲びながら次のステップに進むことができるでしょう。

遺品整理の費用相場

遺品整理業者の費用相場を理解しておくことで、悪質な業者にだまされることはなくなります。

以下に、遺品整理相場の例を表にしたので参考にしてください。

間取り作業時間費用相場詳細
1K2時間~6時間3万円~12万円1人暮らしの部屋。家具や家電の量に応じて料金が変動。
1DK3時間~7時間4万円~15万円1人暮らしの部屋。キッチンやダイニングがある。
2K4時間~8時間5万円~18万円2人暮らしの部屋。家具や家電の量に応じて料金が変動。
3DK5時間~9時間6万円~20万円3人以上の家族の部屋。家具や家電の量に応じて料金が変動。

上記はあくまで目安です。

実際の費用は、遺品の量や状態、オプションサービスの有無などによって異なります。

複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

業者によっては、以下のようなオプションサービスを提供していることがあります。

  • 消臭・消毒:10,000円~
  • 害虫駆除:10,000円~
  • ハウスクリーニング:30,000円~
  • 仏壇・遺品供養:自宅供養20,000円~, お焚き上げ3,000円~
  • エアコンの取り外し:無料~6,000円
  •  原状回復リフォーム:要見積もり

遺品整理業者を選ぶ際には、料金だけでなく、サービス内容やスタッフの対応なども考慮しましょう。

遺品整理の費用には変動がある

遺品整理の費用は、様々な要因によって大きく変動します。

事前の計画と準備が非常に重要


以下の3つのポイントを理解しておくことで、費用の見積もりをより正確に行い、無駄な出費を避けられます。

不用品の積載量により変わる

処分する遺品の量が多ければ多いほど、作業にかかる時間や必要な人手も増え、それに伴って費用も高くなります。

不用品を事前に効率的に仕分けし、必要最低限のものだけを処分対象とすることで費用を抑えられます。

部屋の状態で作業時間が変わる

部屋の広さ、階数、エレベーターの有無など、物理的な条件によって作業時間が左右されます。

狭い搬出経路や階段のみの移動は、作業が困難になるため追加料金がかかることが多いです。

可能な限り搬出経路を確保することや、事前に小物類をまとめておくなどの準備をすることで、作業時間の短縮に繋がりコストを削減できます。

処分する品目により処分費用がかかる

処分する品目によって、処分費用が異なります。

家電リサイクル法対象品や特殊な処理が必要な物品は、処分費用が高くなる傾向にあります。

価値のある遺品は買取業者に査定を依頼することで、処分費用の一部を相殺することが可能です。

買取もできる業者なら買取相殺もできる

買取も行う遺品整理業者を選択することで遺品整理の費用を抑えられます。

業者によって買取可能な品目は異なるため、期待に沿ったサービスを提供している業者を選ぶことが重要です。

複数の業者からの買取査定を比較しよう


豊富な買取実績がある業者は、適切な価格での買取が期待でき、故人の遺品を適切に評価してくれる可能性が高いです。

買取査定には時間がかかる場合があるため、遺品整理のスケジュールを考慮して、余裕をもって業者に依頼しましょう。

遺品整理を業者に依頼するメリット・デメリット

遺品整理を業者に依頼することは、遺族にとって大きなサポートとなりますが、メリットとデメリットの両面を理解しておくことが重要です。

業者に依頼するメリット

遺品整理業者に依頼するメリットは多いです。ここでは、8つのポイントを解説します。

遺品整理が短期間で終わる

遺品整理業者に依頼すれば、経験豊富なスタッフが効率的に作業を進めてくれるため、短期間で遺品整理を完了できます。以下のような場合に短期間での完了が期待できます。

  • 遺品量が多い
  • 遠方に住んでいて、頻繁に通えない
  • 仕事や介護などで時間が取れない

遺品整理業者と事前に業者に相談し、スケジュールを調整することが重要です。

家具などの重い物の移動・搬出をしてくれる

大型家具や家電など、重くて運搬が難しい物も、業者に依頼すればすべて搬出してくれます。

特殊な器具や重機が必要な遺品もある


高齢者や女性など、体力に自信がない方や腰痛や関節炎など、身体的な制限がある方にはメリットが大きいでしょう。

心身の負担を軽減できる

遺品整理は、故人との思い出を振り返る作業であり、精神的に負担がかかるものです。

業者に依頼することで、遺族同士で揉めることなく、円満に手続きを進められます。

故人の思い出に囚われず、前向きな気持ちで次のステップに進むことができるのが業者を利用するメリットです。

不用品のゴミ分別をしてくれる

遺品整理には、不用品の分別作業も含まれます。業者に依頼すれば、以下のような分別作業をすべて行ってくれます。

  • 粗大ゴミ
  • 一般ゴミ
  • 資源ゴミ
  • リサイクルできるもの

分別作業は時間と労力がかかるため、業者に依頼することで大幅に負担を軽減できます。

遺品供養をしてもらえる

業者によっては、供養サービスも提供しています。

  • 仏壇や位牌の整理
  • 遺品の供養
  • 法要の企画・運営

供養に関する知識や経験がない方でも、供養を代行する業者があります。

業者により遺品の買取をしてくれる

価値のある遺品を買い取ってくれる遺品整理業者も存在します。

以下のような遺品を買い取ってもらうことができます。

  • 貴金属
  • ブランド品
  • 骨董品
  • 美術品

買い取りによって、遺品整理の費用を軽減できる場合があります。業者によって買取品目が異なるので確認しましょう。

相続の相談もしてもらえる

相続に関する相談も受け付ける遺品整理業者もいます。

遺産分割協議、相続税申告、不動産の登記にも対応


相続手続きは複雑で専門知識が必要となるため、遺品整理業者の専門家に相談することで安心です。

業者により特殊清掃も行ってくれる

孤独死や殺人事件など、特殊な状況で亡くなった場合には特殊清掃が必要です。

特殊清掃は、専門知識と技術が必要となるため、専門的な技術や経験のある業者に依頼すると良いでしょう。

業者に依頼するデメリット

遺品整理業者に依頼することにはデメリットもあります。

ここでは、3つのデメリットを紹介します。メリットとデメリットをよく比較しましょう。

費用がかかる

遺品整理は、作業内容や部屋の広さ、遺品の量などによって費用が大きく異なります。

遺品整理業者の費用の一例です。

  • 1K/1R:10万円~20万円
  • 3LDK:30万円~50万円

遺品をまとめて引き取ってくれるトラック積み放題プランを提供する業者もあります。

家の中に業者を入れることになる

遺品整理業者に依頼すると、家の中に業者が入ることになります。

そのため、プライバシーが気になる方や、人見知りな方は抵抗を感じる可能性があります。

一人暮らしの女性であれば、女性スタッフが在籍している遺品整理業者を利用するのも良い方法です。

業者とのトラブルのリスクがある

遺品整理業者の数は増えていますが、中には悪質な業者も存在します。

  • 見積もりの際にせかされて契約したが、作業が始まらないため解約したい
  • 解約を申し出たら高額なキャンセル料を請求された
  • 作業時に予定外の料金を請求され、最終的に見積金額の2倍の費用を請求された
  •  処分しないようにと頼んだ物を勝手に処分された

見積もりと違う料金を請求されたり、故人の遺品を勝手に処分されたりといったトラブルも発生しています。

全国の消費生活センターには、高額な追加料金や処分しない予定の遺品が勝手に処分されるなど、料金や作業内容に関する相談が寄せられているので注意が必要です。

遺品整理の費用を安くする方法

遺品整理の大きな課題は費用負担です。

ここでは、遺品整理をできるだけ安くする方法について、いくつかのポイントをご紹介します。

自分でできるものはやる

自分で行う遺品整理作業は、遺族にとって感情的にも物理的にも大きな挑戦です。

計画的に進めることで、遺品整理の費用を抑えられる


遺品を「保管するもの」「形見分けするもの」「買取に出せるもの」「処分するもの」のカテゴリーに分けましょう。

自治体ごとのゴミの分別ルールに従い、ゴミを分別します。粗大ゴミの処分方法や収集日を事前に確認し、計画的に処分を進めます。

貴金属や骨董品、ブランド品などの価値ある遺品を選別することで、処分費用の一部を軽減できる可能性があります。

一人で作業を進めるのが大変な場合は、家族や友人に協力を依頼しましょう。また、感情的なサポートを受けることも大切です。

3社以上から見積もりを取る

複数の遺品整理業者から見積もりを取ることは、遺品整理を計画的かつコスト効率良く進めるための重要なステップです。

適切な業者を選ぶために、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

見積もりを取る際のポイント

  • 部屋の広さ、遺品の量、特殊な処分が必要なアイテムを明確に伝える
  • 3社以上の業者に見積もりを依頼し、価格とサービスを比較する
  • 無料の出張見積もりを提供している業者を選んで現場を見てもらう
  • 隠れた費用や追加料金が発生しないか見積もりを確認する
  • ネットの口コミやレビュー、知人からの評判を確認する

契約を結ぶ前に、再度、サービス内容や料金、作業スケジュールなどを確認し、納得がいくまで質問を行いましょう。

買取・売却をしながら遺品整理を進める

遺品整理中に価値ある物品を見つけた場合には買取業者を利用しましょう。

遺品整理の費用を相殺し、遺品を有効活用できる


遺品の買取・売却の進め方は以下の通りです。

  • 価値ある遺品の選別:骨董品、貴金属、ブランド品、家具、家電、楽器など
  • 複数の買取業者に査定を依頼:専門分野に強い業者を選び、買取相場を確認
  • 最も高値の買取業者を選択:業者の信頼性や取引の条件も考慮
  • 自分自身での売却も検討:フリマアプリやオークションを利用

価値のある遺品を見逃さないように、分別や仕分けの段階で専門家や信頼できる買取業者の意見を参考にすると良いでしょう。

買取や売却を通じて遺品整理の費用を相殺することは、経済的にも感情的にも有益な選択となり得ます。

不用品の積放題プランを活用する

不用品の積放題プランを活用することは、大量の不用品を効率良く、かつ経済的に処分するための優れた方法です。

積放題プランを上手く利用することで、遺品整理の負担を軽減できます。

積放題プランのメリット

  • 定額制なので予算を設定しやすい
  • 大量の不用品を一度に処分できる
  • 作業効率が良く、時間と労力を節約できる

積放題プランの料金体系は業者によって異なります。トラックのサイズや積載量に応じた料金設定がされている場合が多いため、自分の状況に最適なプランを選択しましょう。

業者の繁忙期を避ける

繁忙期には、遺品整理業者の需要が高まり、それに伴い料金が上昇する傾向があります。

一般的な遺品整理業者の繁忙期の一例を解説します。

  • 年末年始:一年の締めくくりや新年の準備で清掃や片付け需要が増える
  • お盆: 故人を偲ぶ行事が多い
  • 春先: 新生活の準備や引越しシーズンと重なる

繁忙期を避けることで、通常期に比べて料金が割安になる可能性があります。

また、業者によっては閑散期に特別割引を提供している場合もあります。

繁忙期を外すことで、丁寧に作業してもらえる可能性がある


費用を抑えつつ、質の高いサービスを受けるためにも、繁忙期を避け、適切な時期に依頼することが大切です。

遺品整理の優良業者の選び方

大切な人の思い出が詰まった遺品整理は、慎重に業者を選ぶ必要があります。

優良な遺品整理業者の見分け方について7つのポイントを解説します。

  • 現地訪問見積もりをしてくれる
  • 遺品整理士の在籍があるか
  • 許認可や資格を保有しているか
  • 見積り書が明瞭であるか
  • 丁寧な対応と礼儀ある服装
  • ネットのクチコミが良い
  • 買取も行っている業者であるか

適切な遺品整理業者を選ぶことで、満足のいくサービスを受けられるでしょう。

現地訪問見積もりをしてくれる

遺品整理を依頼する際は、業者が現地訪問見積もりを行うかどうかを確認することが大切です。

電話やメールだけでの見積もりでは、実際の作業量や状況を正確に伝えることが難しく、後から追加料金が請求されるケースがあるからです。

担当者に直接現場を見てもらい、必要な作業を正しく理解してもらおう


正確な見積もりを基にサービスを提供できる業者を選ぶことが、遺品整理をスムーズに進めるための重要なポイントです。

遺品整理士の在籍があるか

遺品整理を行う際には、遺品整理士資格を持つ専門家がいる業者を選ぶことが大切です。

遺品整理士は、故人の遺品を丁寧に扱い、遺族の心情に配慮しながら作業を進めることができる専門知識と技術を持っています。

遺品整理士の資格は一般社団法人遺品整理士認定協会によって発行されている


資格を持つスタッフがいる業者は、遺品整理の作業を適切に、かつ敏感に扱うことが期待できるため信頼して依頼できます。

許認可や資格を保有しているか

遺品整理業を選ぶ際には、業者が適切な許認可や資格を持っているかを確認することが重要です。

古物営業許可は、遺品の中にある貴重品や古物を扱う業者が必ず必要とする許可です。

また、産業廃棄物の収集運搬に関する許可も、遺品整理業者が持つべき重要な資格の一つです。

これらの許可や資格を持っている業者を選ぶことで、不法な業者による個人情報の流出やトラブル発生のリスクを避け、信頼できるサービスを受けられます。

見積り書が明瞭であるか

遺品整理の見積り書を選ぶ際は、全ての費用が項目ごとに明確に記載されているものを選ぶことが重要です。

見積り書に以下の内容が含まれているか確認しましょう。

  • 人件費
  • 車両費
  • 清掃費
  • 分別費用
  • オプション費用

見積もりには、遺品整理作業に関わるすべての費用が詳細に分けて示されている必要があります。

不明瞭な点があれば、すべての疑問が解消されるまで依頼することは避けましょう。

明瞭な見積り書はトラブルを避けるための重要な基準

丁寧な対応と礼儀ある服装

遺品整理を依頼する業者を選ぶ際には、担当者の対応が丁寧で、礼儀正しい服装をしているかどうかも重要な判断基準になります。

遺品整理は故人への最後の敬意を表す行為であり、スタッフの言葉遣い、態度、身だしなみは業者の誠実さや信頼性を示すものになります。

遺族の気持ちを尊重し、故人への敬意を持って作業を進める業者は、このような細部にも気を配ることが多いです。

業者選びの際には、初対面での印象やコミュニケーションの取り方をよく観察し、遺品整理を安心して任せられる業者かどうかを判断しましょう。

ネットのクチコミが良い

遺品整理業者を選ぶ際に、インターネット上の口コミを参考にすることは非常に役立ちます。

実際にその業者を利用した人の感想や評価は、提供する遺品整理サービスの質や対応の良さを知る上で重要な手がかりです。

良い口コミと悪い口コミを比較しよう


ただし、口コミ情報は個人の主観に基づくものであるため、全てを鵜呑みにするのではなく、一つの参考情報として利用することが重要です。

複数の口コミを比較検討し、全体の傾向を見極めましょう。

買取も行っている業者であるか

遺品の中には価値のあるものが含まれていることがあり、これらを買取してもらうことで、遺品整理の費用を軽減できます。

遺品の買取を行う際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 複数の業者に買取査定を依頼する
  • サービス内容や対応を比較する
  • 契約前に全ての条件を確認する

遺品の価値を正しく評価し、遺族の負担を軽減することができる業者を選ぶことで、遺品整理をより良い形で進めることができます。

遺品整理における処分方法

遺品整理で出た不用品を処分するには、主に以下の3つの方法があります。

  • 分別して自治体のゴミ回収で捨てる
  • クリーンセンターに持ち込みする
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品の量や種類によって最も安い処分方法は異なります。

分別して自治体のゴミ回収で捨てる

遺品整理における一つの処分方法は、自治体のゴミ回収サービスを利用することです。

粗大ゴミや家電リサイクル品など、多くの自治体が特定の品目の回収を行っています。

回収・処分費用を抑えられるのがメリット


しかし、分別や搬出作業が自身で必要となることが多いため、大型の家具や家電、特殊な廃棄処理が必要な遺品には対応できません。

自分の住んでいる地域の自治体のゴミ回収サービスを確認することが大切です。

クリーンセンターに持ち込みする

遺品整理の際に、自治体のクリーンセンターに直接持ち込む方法も選択肢の一つです。

この方法では、粗大ゴミや家電リサイクル品などを自分で処分できます。

ただし、持ち込みできる量や時間帯には制限があることが多く、また、搬入用の車両が必要になる場合があります。

自治体が提供する回収サービスを利用するよりも、費用を安く抑えられる場合があります。

一方で、持ち込みできる品目にも制限があり、すべての遺品を処分できるわけではないことに注意が必要です。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

遺品整理や不用品回収業者に依頼する方法は、遺品を効率的に処分したい場合に適しています。

業者に依頼することで、分別や搬出といった作業の手間を省くことができ、さまざまな品目を処分してもらうことが可能です。

不用品回収業者の選び方は、以下のポイントを参考にしましょう。

  • 処分したい品物の量や種類を確認する
  • 自分で行う方法と業者を利用する方法を比較する
  • 予算に合った業者を選ぶための情報を集める
  • 実際に見積もりを依頼し、数社の費用や対応を比較する

遺品整理の方法は、遺品の量や種類、個人の状況によって最適な選択が異なります。

各方法のメリットとデメリットを比較検討し、自身のニーズに合った方法を選択しましょう。

遺品整理でよくある質問

最後に、遺品整理でよくある質問を取り上げましょう。

疑問点を解消しておくことで、自分に合った遺品整理を行えるようになります。

遺品整理やらないとどうなる?

遺品整理を行わないと、多くの問題が生じます。

  • 衛生面:腐敗やカビ、悪臭や害虫
  • セキュリティ:貴重品の盗難リスク
  • 法的な問題:相続書類などの紛失
  • 心理的な負担:心の整理がつかなくなる
  • 時間と費用:空き家管理が難しくなり余分の費用がかかる

遺品整理を通じて故人との最後の別れを経験し、心の整理をつけることが大切ですが、放置すればするほど悲しみや後悔が長引くことになりかねません。

自分で行う遺品整理に不安や困難を感じる場合は、経験豊富な専門業者に相談することをおすすめします。

遺品整理でお金がでてきたら?

遺品整理中にお金を発見した場合、慎重に対応することが重要です。

お金は故人の遺産の一部と見なされるため、正確な手続きを踏む必要があります。

遺品整理でお金が見つかった場合の対応手順

  • 故人の遺品かどうか確認する
  • 遺産目録に記しておく
  • 相続人全員に報告する
  • 必要な場合は相続税の対応

現金を勝手に使ってしまうと、横領とみなされることがあります。

勝手に使用すると法的な問題に発展する可能性があるため、必ず相続人に報告しましょう。

遺品整理や相続手続きに関する不安や疑問がある場合は、法律や税務の専門家に相談しよう

朝日新聞社が提供している相続のポータルサイトがおすすめです。


遺品整理を依頼するなら片付け侍へ

遺品整理は、故人の思い出が詰まった品々を整理する、遺族にとって心情的にも物理的にも大きな負担となる作業です。

遺品整理には自分で行う方法から、遺品整理業者に全てを任せる方法、または部分的に業者へ依頼する方法があります。

それぞれにメリットがあり、デメリットもあるので慎重に検討することが必要です。

遺品整理業者選びで迷ったら片付け侍に相談しよう


現地見積もりや遺品整理士の在籍、丁寧な対応と適切な見積り書、さらにはインターネット上の口コミや買取サービスの有無などをチェックして業者を選びましょう。

片付け侍は、365日受付・無料見積もりが特徴。

幅広い対応力を持つ不用品回収業者で、遺品整理にも対応しています。

経験豊富なスタッフが丁寧に対応し、見積りから処分まで一貫してサポート。

公式サイトでの無料相談や見積もりを活用し、遺品整理の負担を軽減することをおすすめします。

すぐに片付けるなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK