遺品整理の見積もりの相場と取り方!内訳と注意点、安くする方法まで解説!

No Image

「遺品整理の見積もりをどう取ればいい?」「見積もりを取る際の注意点は?」などと悩んでいませんか?

遺品整理の見積もりを取るには、遺品買取整理業者と片付け不用品業者を別々で見積もりを取ることが大切です。他にも、遺品買取と不用品回収が両方できる業者に見積もりを取る必要もあります。

本記事では、遺品整理の見積もり相場と取り方、確認すべきポイントや注意点に焦点をあてて解説します。

この記事を読めば
・見積もりの取り方
・見積時の確認事項
・見積時の注意点
・費用を抑えるコツ

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに見積するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

遺品整理の見積もり相場とは

遺品整理の見積もり相場は、一般的には部屋の広さや遺品の量に応じて料金が設定されます。以下に、遺品整理相場の例を表にしたので参考にしてください。

間取り作業時間費用相場
1K2時間~6時間3万円~12万円
1DK3時間~7時間4万円~15万円
2K4時間~8時間5万円~18万円
3DK5時間~9時間6万円~20万円

より大きな住宅では、数倍の見積もりが出ることも珍しくありません。

重要なのは、見積もりを取る前に必要なサービスの範囲を明確にしておくことですよ。

トラックの積載量で料金が異なる

遺品整理の見積もりでは、トラックの積載量が料金に大きな影響を与えます。例えば、小型トラックで足りる場合と大型トラックを数回往復させる必要がある場合では、コストが大きく異なります。

積載量が多いほど料金は高くなり、トラック1台あたり5万円から15万円程度が加算されることが一般的です。遺品の量を事前に正確に把握しておくと、不必要な追加料金を避けられます。

買取可能なものと相殺も可能

遺品整理においては、買取が可能なアイテムを事前に把握し、見積もりに反映させることで全体のコストを抑えられます。例えば、古い家具やブランド品、美術品などは買取可能です。

買取可能なアイテムが見積もりから直接差し引かれるため、実際の支払い額が大幅に減少します。買取可能なアイテムを見積もり前に整理しておくと、より正確な見積もりが可能です。

遺品整理の見積もりを取る方法

遺品整理の見積もりを取る際には、効率的で正確な方法を選ぶことが重要です。ここでは、具体的な見積もりの取り方について解説します。

遺品買取整理業者と片付け不用品業者を別々で見積もりを取る

遺品整理を行う際、遺品買取業者と不用品片付け業者を別々に利用する方法があります。それぞれの業者が得意とする分野に特化しているため、より専門的なサービスを受けることが可能です。

たとえば、遺品買取業者は価値あるアイテムを適正な価格で評価し買取ることに注力しています。一方、不用品片付け業者は速やかに家財を撤去して適切に処分することが専門です。

それぞれの業者から見積もりを取れば、各サービスのコストを明確に把握し、予算内で最適なサービスが選択できますよ。

遺品買取と不用品回収が両方できる業者に見積もりを取る

遺品買取と不用品回収の両方を行う業者に対し、見積もりを依頼する方法もあります。遺品の買取から不用品の処分までワンストップでサービスを提供するため、作業の手間を大幅に削減できます。

例えば、品物の買取金額を依頼料金に割り当てられるため、全体的な費用を抑えることが可能です。一貫したサービス提供によって作業の進行がスムーズになり、利用者の満足度も高くなります。

遺品整理の見積もりで確認すべき5つのポイント

遺品整理を行う際、見積もりは最も重要な段階の1つです。適正な見積もりを得れば、予算超過を避け、計画通りに作業を進められるでしょう。

見積もりを取る際には、以下の5つのポイントの確認が非常に重要です。

  • 料金の明細
  • 家財の処分費用
  • 処分品を含むトラック費用
  • 供養の費用
  • 追加料金の有無

それぞれ詳しく解説します。

料金の明細

遺品整理の見積もりを取る際には、料金の明細を確認することが非常に重要です。明細には、作業に必要な各サービスのコストが詳細に分けて記載されている必要があります。

具体的には、作業人員の人数や作業時間、必要な機材の使用料が含まれます。料金明細を事前に確認すれば、どのサービスにどれだけの費用がかかるのかを把握し、予算計画に役立つでしょう。

家財の処分費用

家財の処分に関する費用は、遺品整理の見積もりにおいて重要な要素の1つです。家財の量や種類、処分方法によって費用が異なります。

例えば、大型家具や家電製品の処分には高額な費用がかかり、適切に処理するためには専門の業者を必要とする場合が多いです。処分するアイテムが再販可能な場合、販売収益を見積もりから差し引くため、最終的な費用を抑えられます。

見積もりを取る際には、どのアイテムがどのように処分されるか、どれくらいの費用がかかるかを明確にしておく必要がありますよ。

処分品を積むトラック費用

遺品整理において、処分品を運ぶためのトラック費用は、総見積もりの中で大きな割合を占めます。トラックのサイズと必要な台数によって、費用は変動するためかかる料金は把握しておきましょう。

例えば、小型トラックでの運搬1回につき約10,000円〜20,000円、大型トラックは30,000円〜50,000円の範囲で費用が発生します。また、遺品の量や処分場までの距離に応じて複数回の運搬が必要になり、トータルのコストが増加します。

処分品の量を明確化して積載をしていけば、全体の見積もりを抑えることが可能です。

供養の費用

遺品整理の際、故人の遺品を適切に供養するための費用も重要な要素です。供養の方法には多様なオプションがあり、それぞれに異なる費用が発生します。

例えば、一般的な仏具や位牌の供養であれば、5,000円〜10,000円程度が目安です。専門的な祭壇設置や僧侶による読経サービスを要求する場合は、50,000円以上が必要になります。

供養の費用は見積もりの初期段階で明確にすることが望ましく、不明瞭な点がある場合は事前に業者に確認を取りましょう。

追加料金の有無

遺品整理を行う際には、予期しない追加料金が発生する可能性があるため、見積もりを取る際には特に注意深く確認する必要があります。予想外の遺品や特殊な処分が必要なアイテムの存在、作業の難易度が高い場合などに追加されます。

利用者側は詳細なサービス内容と予定される作業範囲を理解し、可能な限り具体的な見積もりを要求することが望ましいです。また、追加料金に関する詳細な説明を行う業者を選ぶことが、後にトラブルを避けるために重要です。

遺品整理業者のサービス内容

遺品整理業者は、幅広いサービスを提供しています。遺族の感情的な負担を軽減し、故人の財産を適切に管理する手助けをするために、サービスは非常に重要です。

サービス内容を以下にまとめました。

  • 遺品の仕分け
  • 遺品の整理と買取
  • 片付け・不用品の搬出と処分
  • オプションサービス

それぞれ詳しく解説します。

遺品の仕分け

遺品の仕分けは遺品整理の最初の段階であり、物品を価値のあるもの・保管すべきもの・処分すべきものに分ける作業です。作業過程は非常に丁寧に行われる必要があり、場合によっては専門家の意見を仰ぐ場合もあります。

仕分けを行う際には、故人の遺言や家族の意向を尊重し、感情的価値が高いアイテムには特に注意を払いましょう。また、重要書類や個人情報が含まれるものは安全に保管し、適切な処理を行うことが求められます。

適切な仕分けにより、次に行われる清掃や処分がスムーズに進行します。

遺品の整理と買取

遺品の整理と買取は、仕分けられたアイテムの中からさらに価値のあるものを選び出し、買取可能な場合は査定を行います。アンティーク品や美術品、高価な家電製品などが買取の対象です。

専門の鑑定士を用いて適正な価格を見極め、遺族に対して価値を説明した上で、同意を得て買取を行います。故人の遺品が市場価値に見合った形で活用されることが保証され、遺族にとっては遺品整理の費用を一部回収できます。

遺品の買取は、遺品整理の費用負担を軽減する重要な手段の一つですね。

片付け・不用品の搬出と処分

遺品整理における片付け、不用品の搬出と処分は、整理する中で特に労力を要する作業です。仕分けによって処分が決定されたアイテムを物理的に家屋から搬出し、適切な処理施設に運ぶ作業を行います。

処分費用はアイテムのサイズや種類、及び廃棄物処理法によって異なります。例えば、大型の家具や家電は1点あたり約5,000円〜20,000円の処分費がかかるのが一般的です。

オプションサービス

遺品整理業者が提供するオプションサービスには、消臭処理や特殊清掃などが含まれます。基本的な遺品整理に加えて、遺族が希望する追加のニーズに応じて提供されるものです。

例えば、遺体が長期間放置された現場清掃などの特殊清掃は、専門的な技術が必要です。作業費用として、数十万円単位の費用を請求されることも珍しくありません。

見積もりを取る際の注意点

遺品整理の見積もりを取る際には、以下の点に注意しましょう。

  • 見積書に責任者印があるか
  • 現地訪問見積もりをしてくれる
  • 相場と比較して安すぎるのは怪しい
  • 追加オプションの内容説明があるか

それぞれ詳しく解説します。

見積書に責任者印があるか

遺品整理の見積もりを検討する際、見積書には責任者印が押されていることの確認が非常に重要です。責任者印の有無は、見積もりが業者によって正式に承認されたものであるかどうかを示します。

印があれば、見積もり内容が正確で信頼性が高いと判断され、万が一の問題が発生した際の責任所在を明確にできます。業者が提供するサービスに対する信頼性を確保するためには、形式的な確認が極めて重要です。

責任者印が押された見積書は、契約成立の際の法的な証拠としても機能しますよ。

現地訪問見積もりをしてくれる

遺品整理における現地訪問見積もりは、正確なサービス評価とコスト見積もりを得るための最も効果的な方法です。業者が実際に現場を訪れることで、遺品の量・種類・状態を直接確認し、必要な作業の範囲を正確に評価できます。

現地訪問見積もりは、事前のアポイントに基づいて行われ、業者は訪問時に遺品整理に必要なすべての詳細を詳しく調査します。遺品の量が多いか、特殊な処理が必要かを確認すれば、見積もりの誤差を最小限に抑えることが可能です。

相場と比較して安すぎるのは怪しい

遺品整理の見積もりが市場の相場と比較して異常に低い場合、注意しなくてはいけません。極端に低価格を提示する業者は、追加費用が発生するか、またはサービスの質が標準以下である可能性が高いです。

適正な見積もりは、地域や必要なサービスの範囲に応じて大きく異なります。市場調査を行い、複数の業者から見積もりを取れば、信頼性のある業者かどうかを判断できます。

透明性と詳細な説明を提供する業者を選ぶことが、適正なサービスを受けるための鍵ですよ。

追加オプションの内容説明があるか

遺品整理の見積もりにおいて、追加オプションの内容と費用は明確に説明されている必要があります。追加オプションとは、基本的な遺品整理サービスの範囲を超えた特別な要求に応じたサービスです。

例えば、特殊清掃・消臭処理・貴重品の特別な取り扱いなどが含まれます。オプションには追加の費用が発生するため、見積もり段階で詳細を聞くことが大切です。

出張見積もりを依頼するメリット

出張見積もりは、遺品整理サービスを選択する際に非常に有効な手段です。出張見積もりを依頼するメリットをまとめると以下のとおりです。

  • 状況や要望を正確に伝えることができる
  • サービスの質をチェックできる
  • 追加料金の発生を防げる
  • 悪徳業者かどうか見抜きやすくなる

それぞれ詳しく解説します。

状況や要望を正確に伝えることができる

出張見積もりを利用する最大の利点は、遺族や依頼者が自身の状況や具体的な要望を直接業者に伝えられる点です。実際に現場を見てもらえば、写真や説明だけでは伝わりにくい詳細を業者に共有できます。

業者はより正確な作業計画を立てられ、見積もりにおいても実際の作業に即した適切な料金設定が可能になります。最終的に、依頼者と業者双方の満足度を高める結果をもたらすでしょう。

サービスの質をチェックできる

現地での出張見積もりは、業者のサービス品質を直接確認することが可能です。業者がどのように現場調査を行うか、問題点をどの程度詳細にチェックするかなど、サービス内容を評価できます。

業者の対応に満足できなければ、他の業者を検討する選択肢も持つことができ、適切な業者選びに役立ちます。また、見積もり過程での対応が良好な業者は、実際の遺品整理作業でも高品質のサービスを提供する可能性が高いため、出張見積もりの段階で評価は非常に重要です。

追加料金の発生を防げる

出張見積もりを利用すれば、遺品整理において追加料金の発生を防ぐことが可能です。業者が直接現場を訪問し、具体的な遺品の量や状態を確認することで、作業に必要なリソースや時間を正確に評価できます。

詳細な評価により、当初の見積もりから変わることなく、予定された範囲内で作業を終えることが可能です。現地での詳細な確認により、余剰費用を最小限に抑えられます。

悪徳業者かどうか見抜きやすくなる

出張見積もりは、業者の信頼性やプロ意識を評価する上で非常に有効な手段です。業者が現地調査をどのように行うか、顧客の質問にどれだけ適切に答えるかなど、多くの情報を通じて業者の質を判断できます。

悪徳業者は不透明な見積もりを提供したり、必要以上に高額なサービスを勧めたりします。契約の際に詳細な説明を避けたり、不明瞭な料金体系を採用していることも警戒すべき点です

現地での見積もりにより、不正行為を事前に識別し、信頼できる業者だけを選択できるでしょう。

見積もり価格を安くするコツ

遺品整理のコストを抑えるためには、見積もりを賢く管理することが重要です。以下のコツを押さえれば、遺品整理を効率的かつ経済的に行えます。

  • 3社以上の相見積もりを取る
  • 自分で処分するものは先に捨てる
  • 不用品買取り範囲が広い業者にする

それぞれ詳しく解説します。

3社以上の相見積もりを取る

複数の遺品整理業者から見積もりをとれば、適正価格を確認し、最もコストパフォーマンスの高いサービスを選択できます。最低でも3社以上の業者から具体的な見積もりを取ることで、各業者の提供するサービス内容と料金を比較することが可能です。

比較をしていくことで、不必要に高い料金の支払いを避け、予算に合った業者を見つけるのに役立つでしょう。

自分で処分するものは先に捨てる

遺品整理の見積もりを取る前に、自分で簡単に処分できるアイテムを先に整理すれば、見積もりの金額を下げられます。例えば、いらなくなった不用品は業者に処分を依頼する前に、市の回収サービスやリサイクルショップを利用して処分することが可能です。

自力で処理できるアイテムを事前に減らせば、業者が行う必要のある作業の範囲が縮小され、コスト削減が見込めます。

遺品整理がより迅速に進むため、全体的な作業もスムーズに終わりますよ。

不用品買取り範囲が広い業者にする

不用品の買取を行ってくれる範囲が広い業者を選ぶことも、見積もり価格を抑えるための有効な方法です。多くの遺品整理業者は、貴重なアイテムや再販可能な商品を買取ってくれるため、総費用から差し引くことが可能です。

貴金属やブランド品などの価値があるアイテムを持っている場合、買取してもらえば遺品整理の費用を大幅に削減できます。業者選びの際には、買取サービスの詳細と買取価格の見積もりを提供してくれるかを確認することが重要です。

遺品整理業者の見積もり以外でチェックすべきポイント

遺品整理業者を選ぶ際、見積もり以外にも以下のポイントを押さえておくことが大切です。

  • 遺品整理の事例が豊富にあるか
  • 遺品整理士の在籍があるか
  • 許認可を得ているか
  • 丁寧な対応と礼儀ある服装
  • ネットのクチコミが良い
  • 買取も行っている業者であるか

それぞれ詳しく解説します。

遺品整理の事例が豊富にあるか

遺品整理業者を選定する際には、業者が過去に手掛けた遺品整理の事例を確認することが重要です。豊富な事例は、業者がさまざまな状況に対応できる能力と経験を持っていることを示しています。

事例の詳細を公開している業者は、顧客への説明責任を重視している証拠です。多くの成功事例を持つ業者は、複雑な遺品整理のニーズにも対応可能であるため、安心してサービスを依頼できます。

遺品整理士の在籍があるか

遺品整理業者が専門の遺品整理士を在籍させているかどうかも、サービスの質を判断するための重要な指標です。遺品整理士は、遺品整理に関する専門知識と技術を持つ資格保持者であり、故人の財産と遺族の感情に敏感に対応するプロです。

在籍している遺品整理士の数や資格の種類を確認すれば、業者が提供するサービスの専門性と質を評価できますよ。

許認可を得ているか

遺品整理業者が適切な許認可を持っているかどうかは、業者が法律や業界の基準に従って運営されているかを示す重要な指標です。一般廃棄物処理業の許可や古物商の許可など、遺品整理に関連する資格をもっていれば、業者が信頼できる業務を行っている証拠となります。

許認可は業者が遺品の処理を適切に、かつ法令を遵守して行っていることを保証します。そのため、遺族が安心してサービスを依頼できる基礎となるのです。

丁寧な対応と礼儀ある服装

遺品整理業者を選ぶ際、スタッフの丁寧な対応と礼儀正しい服装は、プロ意識と信頼性の重要な指標です。業者のスタッフが遺族に対して敬意を持って接すること、適切な服装で現場に臨むことは、業者が業務を真剣に取り組んでいる証です。

丁寧な対応と礼儀正しい服装は、遺品整理という繊細な作業を任せる上で、遺族に安心感を提供します。

業者選びでチェックすることは、作業の質だけでなく、遺族とのコミュニケーションがスムーズに進むかどうかを判断するのに役立ちますよ。

ネットのクチコミが良い

インターネット上のクチコミや評価は、遺品整理業者のサービス品質を判断するための重要な情報源です。良い評価やポジティブな口コミが多い業者は信頼性が高く、顧客満足度が高いサービスを提供していることが期待できます。

逆に、マイナスのクチコミが目立つ業者は、サービスの質に問題がある可能性が高いです。遺品整理は感情的になる作業も多いため、以前の顧客の体験談を参考にすれば、安心してサービスを依頼できる業者を選べるでしょう。

買取も行っている業者であるか

遺品整理を依頼する際には、買取サービスを提供している業者を選ぶことも、経済面を考慮する上で有効です。例えば、アンティーク品や貴金属などを評価してくれて買取を行ってくれる業者を選べば、遺品整理費用に割り当てできます。

買取サービスを提供している業者を選べば、不要な遺品を有効に活用し、遺品整理の負担を軽減できます。買取可能なアイテムの種類や条件、買取価格の基準など、具体的な詳細を事前に確認することが重要です。

遺品整理の見積もりなら片付け侍へ

遺品整理の見積もりを取るには、遺品買取整理業者と片付け不用品業者を別々で見積もりを取ることが大切です。他にも、遺品買取と不用品回収が両方できる業者に見積もりを取る必要もあります。

遺品整理の見積もり依頼を検討している場合、遺品整理業者「片付け侍」にお任せください。片付け侍は、幅広いニーズに対応する柔軟なサービスプランを提供しており、迅速かつ効率的な作業を行います。

専門のスタッフが丁寧に対応し、最適な価格にて遺品整理を実施いたします。信頼と実績もあるため、本記事を参考にして、ご依頼をご検討ください。

すぐに見積するなら下記から!

アバター

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK