遺品整理業者と不用品回収業者の違いとは?両方できる専門業者についても解説!

遺品整理業者と不用品回収業者、どちらに依頼すべきか迷っていませんか。両者は不用品の回収や処分に関するサービスを提供していますが、作業内容や得意分野は異なります。今回は、遺品整理と不用品回収の特徴やメリット・デメリットを具体的に比較し、状況や目的に応じて最適な業者の選び方を紹介します。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

遺品整理業者は廃棄物処理業出身が多い【総務省調査】

遺品整理業者は廃棄物処理業出身が多い【総務省調査】

遺品整理サービス事業を営む事業者には、専門のサービス提供者だけでなく、他の事業を展開している企業も存在します。

さらに、新規で遺品整理サービスを開始するだけでなく、既存の事業に遺品整理サービスを追加したり、別の会社として遺品整理サービスを提供することにした事業者も。このような経緯を持つ事業者が存在することが、総務省調査で明らかになりました。

なお総務省が69の企業に行った調査によると、遺品整理サービスを開始する前に関わっていた事業は以下のようになります。

引用 総務省ホームページ

多くの企業が他業種から参入しており、新規開業も18と三分の一にのぼります。そのため資格や許可も業者によってさまざま。だからこそ、しっかりとした業者選びが重要なのです。

遺品整理と不用品回収の両方を行う業者もある

遺品整理を行いながら、不用品の回収を行える会社も少なくありません。遺品整理会社は、故人が残した遺品を丁寧に仕分けや貴重品を捜索・供養するなど、様々な作業を行ってくれます。

また部屋全体の片付けや清掃も得意です。一方不用品回収会社は、主に不用品の回収・処分に特化しており、迅速かつ効率的に作業を行います。

ただし、遺品整理会社と異なり、不要なものの仕分けや掃除などは依頼者が行う必要があります。両方の作業ができる業者は、以下の資格を持っている必要があります。

  • 一般廃棄物収集運搬業の許可…一般家庭から家具や家電、ごみなどを回収する場合に必要
  • 産業廃棄物収集運搬業の許可…法人からゴミを回収する場合に必要な許認可

もしくは業者自体に資格がなくても、許認可をもった業者と提携を持っていれば、回収は可能です。許認可のない業者は違法業者である可能性が高いため注意しましょう。

遺品整理業者や不用品回収業者にゴミの回収を依頼する際は、必ず許可の有無を確認してくださいね。

おすすめの優良遺品整理業者はこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

遺品の買取は業者により対応の可否がある

遺品整理業者や不用品回収業者の中には、不用品の買取を行っているところもあります。買取にも許可が必要となり、以下の通りです。

  • 古物商許可…転売目的で中古品の買取をするときに必要となる資格

無許可で営業した場合「懲役3年または100万円以下の罰金」を課せられるため、注意が必要です。

遺品整理と不用品回収の違い

遺品整理と不用品回収の違い

故人が残した持ち物を整理する際に、遺品整理業者と不用品回収業者のどちらを選ぶべきか迷うことがあります。

両者は故人の遺品を整理するという点では同じですが、その考え方には大きな違いがあります。

遺品整理業者は、故人の持ち物を敬意を持って取り扱います。貴重品や思い出の品など、遺族が価値を見出すものは丁寧に取り扱い、不用なものは遺族に確認を経て処分するのが特徴。遺族の気持ちや故人の意向に配慮し、整理を行います。

一方、不用品回収業者は、持ち物を単なる物として取り扱います。遺族の了承を得ることなく、すべての持ち物を買取もしくは処分します。価値のある品物も一緒くたにされる可能性があります。

どちらを選ぶかは、遺族の心情や故人への思いを尊重するかどうかに関わります。故人の遺品を大切に扱い、心残りなく整理するためには、遺品整理業者を選ぶことが重要です。適切な選択をするために、それぞれのサービスや特徴を比較し、検討することが必要です。

遺品と不用品の違い

遺品整理と不用品回収の違い

 遺品整理不用品回収
対象の物品故人が残した家財や日用品など依頼者にとって不要なゴミなど
作業内容遺品の供養・貴重品の仕分けなど回収・処分・買い取りなど
特徴故人・相続人の意向に沿った作業作業効率を重視したスピード作業

遺品整理は故人の持ち物とその思い出を大切にし、心の整理をすることが目的です。故人の遺志を尊重し、家族が感情的なつながりを再確認する場でもあります。

故人が生前使用していた物品に対する敬意や遺志に基づいた配慮が求められ、物品を通じて故人との関係を再確認し、別れを受け入れる過程の一環とも言えます。

心情的な配慮が不可欠なのも、遺品整理の特徴です。

一方、不用品回収は使われなくなった物品を効率的に処分することに重点が置かれます。感情よりもスピード感や実用性を重視し、リサイクルや廃棄がメインです。喪失感や悲しみを伴うことは少なく、よりシンプルで効率的な処理が求められます。

どちらの作業も、故人の持ち物を整理するという点では同じですが、心情と実用性のバランスが異なります。遺族が直面する状況や感情に応じて、適切な業者を選ぶことが大切です。

遺品整理は故人の持ち物の整理と片付け

遺品整理は、故人が残した物品を整理し、その中に込められた思い出や生前の姿を振り返る作業です。故人とのお別れがその目的のひとつであり、遺品を整理することで、心の整理ももできるでしょう。

遺品とは主に以下のものを指します。

  • 愛用のもの
  • 衣類
  • 貴金属
  • 貴重品(現金・通帳・印鑑・各種書類)
  • エンディングノート
  • 遺書

遺品は印鑑や預金通帳からエンディングノートや手帳までさまざまなものが含まれ、その整理には時間と手間がかかります。しかし、遺品には故人の思い出が詰まっており、整理することで残された人の気持ちも整理しやすくなります。

家族や親族が行うこともありますが、遺品の量が多かったり感情的な負担が大きい場合は専門業者に依頼することも可能です。

遺品には故人の生きた証や思い出が込められており、ただの不用品の処分ではありません。故人に敬意を払い、丁重に作業を行いましょう。

不用品回収は不要な家具・家電・ゴミ等の回収

不用品回収とは、家庭やオフィスで不要となった物を引き取り、適切に処分してもらうサービスです。主に以下の不用品を回収しています。

  • 大型の家具や家電
  • 衣類
  • 生活用品全般
  • 日用品全般
  • バイク
  • 自転車
  • タイヤ
  • バッテリー
  • その他自治体では回収できないもの全般

引っ越しや遺品整理、買い替えなどで出た不要な物や、自治体の一般ゴミでは処分できない大型家具や電化製品などを回収してもらえます。

不用品回収業者を利用すれば、家具や家電などの大型品を家から運び出す作業から依頼することができます。また、2階や3階の家でもエレベーターのないマンションでも対応してくれるので、安全かつ効率的に処分することができます。

自分で作業するとケガや事故のリスクもありますが、経験豊かなスタッフに任せれば安心です。不用品回収は、多忙な生活の中で手間を省きたい人や、大型の家具や家電を処分する際に便利です。

遺品整理業者のメリット・デメリット

遺品整理業者のメリット・デメリット

ここでは、遺品整理業者のメリットを見ていきましょう。

メリット

遺品整理へ依頼するメリットは以下の通りです。

  • 故人が残した遺品から貴重品を探し出す
  • 遺品を供養したりするなど、様々なサービスを提供
  • 整理後の部屋の清掃や消臭作業、消毒作業なども依頼可能
  • 遺品の量や部屋の状況に応じて柔軟に対応可能
  • 最短1日で全作業を完了可能
  • 作業には数日から数週間かかることが一般的
  • 遺品整理士は、細やかな心遣いができる
  • 故人や遺族の気持ちに配慮し、遺品を丁寧に扱う
  • 遠方からの依頼にも対応し、作業完了を写真や動画で報告

遺品整理は、単に物を整理・回収するだけではありません。故人が残した遺品から貴重品を探し出したり、遺品を供養したりするなど、様々なサービスを提供しています。

また整理後の部屋の清掃や消臭作業、消毒作業なども依頼可能。遺品の量や部屋の状況に応じて、柔軟に対応してくれるため、心身ともに安心して作業を任せることができるでしょう。

遺品整理を家族や親族で行う場合、作業には数日から数週間かかることが一般的です。特に、遺品整理業者に依頼すれば、最短1日で全作業を完了させることができます。

遺品の量や状況によっては1日では終わらないこともありますが、事前にある程度仕分けを進めておくことで安心感が得られます。

遺品整理士は、作業的な側面だけでなく、細やかな心遣いができることが特徴です。故人や遺族の気持ちに配慮し、遺品を丁寧に扱ったり、ご近所への配慮や挨拶の代行を行ったりします。

遠方からの依頼にも対応し、作業完了を写真や動画で報告してくれるなど、細部まで気配りが行き届いています。

遺品整理業者は、単なる遺品整理だけでなく、関連する様々な場面に対応するサービスを提供しています。

一度の依頼で遺品整理に関連した事がらをスムーズに解決することができるため、依頼する際には対応しているサービス内容を確認することが大切です。

デメリット

遺品整理へ依頼するデメリットは以下の通りです。

  • 自分で行うよりも費用がかかる
  • 業者によっては適切な説明を行わず高額な請求をする可能性がある
  • 業者の信頼性を確認するためには口コミや評判を調べる必要がある
  • 見積もりを取って料金を比較し、明確な契約内容を確認する必要がある
  • 悪質な業者にあたる可能性があるため、業者選びには注意が必要

遺品整理業者に依頼すると自分で行うよりも費用がかかります。業者は作業量に応じて人員や車両を確保する必要があり、その分費用が高くなるからです。

また悪質な業者にあたる可能性もあります。業者の中には適切な説明を行わずに高額な請求をするなどのトラブルがあるため、業者選びには注意が必要です。

業者の信頼性を確認するためには口コミや評判を調べると良いでしょう。依頼前には見積もりを取って料金を比較し、明確な契約内容を確認することも大切です。

故人を失った遺族の気持ちに寄り添い、大切な遺品を丁寧に扱う業者を選ぶことが、遺品整理の安心を得る鍵となります。

不用品回収業者のメリット・デメリット

不用品回収業者のメリット・デメリット

ここでは、遺品整理を不用品回収業者に依頼する際のメリット・デメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

不用品回収業者への依頼が向いている方や、不用品の内容・状況により不用品回収業者に依頼すべきときがあります。詳しくは、不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットの記事をご覧ください。

メリット

不用品回収サービスへ依頼するメリットは以下の通りです。

  • 自分の都合に合わせて訪問日や時間を選べる
  • 何でも回収してくれるため、捨てにくい不用品も引き取ってくれる
  • 搬出作業も含まれており、専門のスタッフが適切に運び出してくれる

不用品回収サービスなら、自分の都合に合わせて訪問日や時間を選べます。引越しサービスと同じように、お客様の希望が第一優先されるため、土日や夜間、祝日などでも対応してくれます。これにより、自分のスケジュールに合わせて不用品を回収してもらえるため、とても便利です。

また、不用品回収業者は何でも回収してくれるのが魅力です。リサイクルの専門業者である彼らは、通常の処分品やリサイクル家電だけでなく、他の捨てにくい不用品も引き取ってくれます。

大規模な不用品回収やゴミ屋敷の清掃、そして遺品整理など、どんな状況でも対応してくれるので、心強いサービスと言えます。

不用品回収サービスには、搬出作業も含まれています。専門のスタッフが不用品を適切に運び出して回収してくれます。

彼らは日々専門的な訓練や研修を受けており、様々な状況に対応できるだけでなく、適切な判断と対処を行います。そのため、安心して不用品回収を依頼することができます。

デメリット

不用品回収サービスへ依頼するデメリットは以下の通りです。

  • 不用品回収業者への依頼は、費用がやや高め
  • 不当な業者に依頼すると、トラブルに巻き込まれる可能性がある

不用品回収業者への依頼には、必ず費用が発生します。しかし手間をかけずに処分するよりも費用は高くつきますが、手間や時間を節約できるメリットも。状況や環境に応じて依頼するかどうかを検討しましょう。

また不当な業者に依頼すると、不用品が不法投棄されたりトラブルに巻き込まれる可能性があります。安心して依頼するためには、業者が一般廃棄物処理業の許可を持っているかなど、事前に確認しておくことが重要です。

遺品整理・不用品回収業者のどちらに依頼すべきか

遺品整理・不用品回収業者のどちらに依頼すべきか

遺品整理を早急に行わなければならない場合、遺品整理業者と不用品回収業者のどちらに依頼するか悩むことがあります。ただし、単純に金額だけで判断するのではなく、両者の違いを理解したうえで検討しましょう。

遺品整理業者の料金相場が知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

遺品整理業者への依頼すべきケース

遺品整理業者に依頼するのがおすすめのケースは以下のとおりです。

  • 遺品整理の手順に不安を感じている場合
  • 遺品整理をする時間がない
  • 作業全般を依頼したい
  • 貴重品の捜索をしてほしい
  • 心のこもった対応を重視する場合

遺品整理業者は、遺品の専門家であり、故人が生前使用されていたお品物を遺品として整理を行います。作業工程もまずは仕分け作業から行い、貴重品や指定の物などは依頼主に返却します。

その後供養する物をしっかりと供養する段取りを踏まえてお品物を整理。業者によっては不用品の処分や買取まで依頼可能です。

不用品回収業者への依頼すべきケース

不用品回収業者に依頼するのがおすすめのケースは以下のとおりです。

  • 不用品の回収だけを依頼したい
  • とにかくまとめて引き取ってほしい
  • 費用を抑えたい
  • 短時間で作業を終わらせたい
  • 買取をしてほしい

これらの状況に当てはまる場合には、遺品整理業者よりも不用品回収業者が向いているでしょう。

遺品の数が多い場合や仕分けを自ら行う場合、できるかぎり費用を抑えたい場合には、不用品回収業者の利用を検討してみてください。

不用品回収業者は、日常で不要になった物を依頼するケースが多く、大型家具や家電を手間なく迅速に処分したい場合に便利です。

遺品整理の際にも不用品回収業者を利用することができますが、注意が必要です。遺品整理業者と異なり、不用品回収業者は回収後すぐに処分することが基本です。

そのため遺品に対する供養などの作業は行われません。しかし費用を抑えたい場合や短時間で作業を終わらせたい場合にはぴったりです。

遺品整理・不用品回収を両方できる業者への依頼すべきケース

遺品整理・不用品回収を両方できる業者へ依頼するのがおすすめのケースは以下のとおりです。

  • 遺品を丁寧に扱ってほしい
  • 作業をすぐに終わらせてほしい
  • 価値のあるものは買い取ってほしい
  • 仕分けから回収・処分まで一括でまかせたい
  • 複数の業者を探すのは面倒
  • 遺品整理の手順をサポートしてほしい

遺品整理業者と不用品回収業者の「いいとこどり」をしたいと思ったら、両方行っている業者がおすすめです。特に「遺品の仕分けをして、不要なものは回収処分をしてほしい」と考えている人にぴったり。

遺品の仕分けから貴重品の捜索・買取・回収・処分まで一括でサポートしている会社も多いため、複数の業者に依頼する必要はありません。

また1つの業者に絞ることで、作業も数時間から1日程度で完了するケースがほとんど。その分費用はかかるものの、楽に早く終わらせたい人は検討しましょう。

信頼できる業者を選ぶポイント

信頼できる業者を選ぶポイント

悪徳業者を避けるためにも、信頼できる業者選びは不可欠です。以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 遺品整理士が在籍している
  • 資格・許認可を取得している
  • 3社以上の相見積もりを取って判断する
  • 遺品整理・不用品回収の過去の実績がしっかりある
  • 現地に来て確認・見積もりをしてもらえるかどうか
  • 対応の丁寧さや服装が信頼できるかどうか
  • 買取対応を確認すること
  • ネットの口コミが良いこと

順番に見ていきましょう。

遺品整理士が在籍している

遺品整理士とは、遺品整理に関する専門知識を持ち、一般社団法人の遺品整理士認定協会が認定した民間資格を有する人のことです。

故人が遺した物品を丁寧に整理し、家財の扱いや相続に関するアドバイスを提供し、遺族の負担を軽減する役割を果たします。

遺品整理士が在籍する業者に依頼すれば、遺族や関係者の気持ちに寄り添ったサポートが期待できるでしょう。遺品を適切に整理してくれるだけでなく、相続や供養などの手続きも手伝ってくれますよ。

資格・許認可を取得している

遺品整理業者を選ぶ際、資格や許可の有無は信頼性を判断する上で重要です。主に以下の許可について有無を確認しましょう。

  • 古物商許可
  • 廃棄物処理業許可
  • 遺品整理士

許可は、業者が法律や規制を守り、適切な手続きを行っていることを示します。

また、遺品整理業者が遺品整理士の資格を持っている場合、その業者は遺品整理に関する専門知識や技術を有しています。

遺品整理士は遺族や関係者のニーズに適切に応えるだけでなく、遺品の扱い方や相続手続きについても的確なアドバイス可能です。

依頼をする前には、業者の資格や許可を確認しましょう。資格を持つ業者を選ぶことで、遺品整がスムーズに進みます。

3社以上の相見積もりを取って判断する

相見積もりを利用することで、複数の業者の見積もりを比較し、ぴったりの業者選びができます。

同じ条件下での比較ができるため、自身の要望や予算に合った業者を選びやすくなりるでしょう。価格だけでなく納期やサービス内容も比較できるため、様々な視点から業者を選ぶことができます。

遺品整理・不用品回収の過去の実績がしっかりある

業者を選ぶ際には、公式サイトでの作業実績がされているかをチェックしましょう。経験豊富な業者に依頼すれば、安心して作業を任せることができます。

さらに業者のホームページをチェックすることで、会社概要や所在地、運営年数、作業実績などの情報を確認できます。これらの情報が明確に記載されている業者は信頼性が高いと考えられるでしょう。

評判のよい業者であれば、近隣住民に迷惑をかけることなくスムーズに遺品回収を行うことができます。トラブルを避けるためにも、安価な料金に惹かれても許認可や実績のない業者は避けるようにしましょう。

現地に来て確認・見積もりをしてもらえるかどうか

訪問見積もりは、業者がゴミの量や周辺環境を確認するために行うものです。以下のような場合は、現地見積もりをしてもらいましょう。

  • 前もってどんな業者か雰囲気を知りたい
  • 詳細な見積もりが欲しい
  • トラックが入りにくいなど周辺環境に不安がある

訪問見積もりのメリットは、実際の不用品に見合った料金見積もりの精度の高さです。担当者が実際に荷物を見て判断するため、誤算しにくく、追加料金が発生する可能性が低減します。

一方「電話見積もり」では、家の中の状況を伝えるのが難しく、誤解や誤算のリスクが高いことも。

対面することで、費用の内訳を詳しく聞くことができ、必要に応じて交渉もしやすくなります。訪問見積もりは、費用を正確に把握し、スムーズな作業をしてもらうために大切です。

対応の丁寧さや服装が信頼できるかどうか

契約前に業者の対応や服装についてもチェックするとよいでしょう。実際に話してみれば、おおよその人柄や対応がわかります。

もし少しでも違和感を感じたら、直感を信じて見送る勇気ももちましょう。ちなみに見積もりを依頼したからと、必ず契約する必要はありません。もちろん断わってもOKです。

買取対応を確認すること

状態のいい不用品や価値の高いブランドものや美術品がある場合、買い取ってもらえるかを確認しましょう。

価値のあるものを知らずに処分してしまうのは、非常にもったいないためです。可能であれば鑑定士のいる業者がおすすめ。相場に合った適切な査定を行ってくれるため、納得できる買取価格を提示してくれるでしょう。

ネットの口コミが良いこと

気になる業者が見つかったら、ネットで口コミや評判をチェックしてみましょう。ネットの口コミには、第三者の素直な本音が書かれていることが多いです。

口コミサイトはもちろん、SNSで情報を集めるのもよいでしょう。ただし口コミは全て正しいとは限りません。あくまで参考程度にしておくのがよいでしょう。

片付け侍なら遺品整理と不用品回収の両方対応できる!

片付け侍なら遺品整理と不用品回収の両方対応できる!

片付け侍は、年中無休のサービスを提供しています。昼間だけでなく、早朝や深夜でもお客様の要望に合わせて作業を調整できるのが特長です。

さらに事前にお客様の要望を丁寧にヒアリングし、柔軟なプランを提案できる体制を整えています。

また遺品整理に関する悩みや疑問がある方も、お気軽にご相談いただけます。はじめての遺品整理で戸惑っている方や、料金や業者選びについて不安を抱えている方に対して、業界知識豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

遺品整理の料金や流れ、信頼できる業者の選び方など、どんな些細な疑問でも遠慮なくご相談ください。

すぐに処分するなら下記から!


参照サイト:不用品回収・家財整理・遺品整理なら「解決・空家サポート」にお任せください!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK