不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットを紹介!依頼が向いている人とは?

家の中を見渡すと、不用品が溜まっていることに気づくことはありませんか。

不用品を効率良く処分するには業者を利用するのがおすすめ


不用品回収業者のサービスを利用することで、自宅まで訪問して回収してもらえる利便性や、回収と買取を同時に行うメリットがあります。

しかし、処分費用の高さや悪質業者のリスクなどのデメリットも存在します。

この記事では、不用品回収業者への依頼が向いている人の特徴と、どのようにして信頼できる業者を選べば良いのかについて解説します。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

不用品回収業者とは

不用品回収業者とは、家庭や会社から出る不用品を回収し処理する民間企業です。

不用品回収業者が提供するサービス

  • 自治体が回収しない粗大ゴミ
  • 家電リサイクル法対象の品物
  • 引っ越し時の不用品
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷の清掃

不用品回収業者を利用することで、自宅まで回収に来てもらえるため不用品を持ち込む手間を省けます。

専門的な作業も依頼できるため、短時間で大量の不用品を処理できるというメリットがあります。

中には悪質な業者も存在するため注意が必要


利用前には自治体の粗大ゴミ回収サービスについても確認しておくと良いでしょう。

不用品の量や種類によって、費用を抑えられる方法を選べます。

不用品回収業者に依頼するメリット

不用品の量が多い場合や、粗大ゴミなど自治体では回収できないものがある場合に便利なのが不用品回収業者です。

ここでは、不用品回収業者に依頼する7つのメリットについてご紹介します。

  • 自宅まで訪問して回収してもらえる
  • 回収日時の指定ができる
  • 分別をする必要がない
  • 自治体処分が難しいものも引き取りしてくれる
  • 回収と買取を同時に行うことができる
  • リサイクル・リユースにもなり環境保全になる
  • 不用品回収処分以外の作業も依頼できる

不用品の量や種類によっては、不用品回収業者を利用することでコストパフォーマンスが良くなることもあります。

自宅まで訪問して回収してもらえる

不用品回収業者に自宅まで来てもらって不用品を回収してもらうことには、大きなメリットがあります。

重たい家具や家電を自分で運ぶ必要がなく、車がない人でも利用できます。

また、時間がかかる分別や自治体への持ち込みなどの手間を省くことができ、プライバシーに配慮した回収が期待できます。

不用品訪問回収の流れ

  • 業者に連絡して見積もりを取る
  • 納得がいけば回収を依頼する
  • その後業者の指定する方法で支払いを行う

業者選びでは、正式な許可を持っているかや見積もり内容、スタッフの対応をチェックすることが大切です。

回収日時の指定ができる

不用品回収業者を利用する際、回収日時を自分の都合に合わせて指定できるのは大きなメリットです。

仕事や私生活のスケジュールに合わせて計画的に回収を依頼でき、急いでいるときには翌日にも対応してくれる業者もあります。

回収日時の指定は、電話、インターネット、メールなどで行えますが、業者によって異なるため事前に確認すると良いでしょう。

予約は早めに行い、キャンセルや変更にはキャンセル料がかかる業者もあるため注意が必要です。

希望する回収日時を事前に指定し、準備期間を持つことで、不用品処分の計画を立てやすくなります。

不用品回収業者を利用する際は、この便利なオプションのメリットを活用しましょう。

分別をする必要がない

分別の必要がないことは不用品回収業者を利用する大きなメリットです。

自分で分別する手間や時間を省けるだけでなく、分別ミスによる回収不可のリスクを避けられます。

さらに、個人情報が含まれる不用品の処理にもプライバシー保護の観点から安心です。

家電リサイクル法の対象品や粗大ゴミなど、自治体では回収しづらいもの回収可能


利用時には料金や回収できないものについての確認しましょう。

不用品回収サービスを利用することで、不用品処分の負担を大幅に軽減できます。

手間と時間をかけずに不用品を処分したい場合は、分別不要サービスを提供する信頼できる業者を選んでください。

自治体処分が難しいものも引き取りしてくれる

不用品回収業者を利用する大きなメリットの一つは、自治体での処分が難しいアイテムも引き取ってもらえることです。

家電リサイクル法の対象品や粗大ゴミ、特殊な廃棄物などが含まれます。

これらのアイテムは自分で処分しようとすると、さまざまな制約や手続きが必要で、非常に手間がかかります。

不用品回収業者を選ぶ際は以下のポイントを確認しましょう。

  • 正式な許可を持っているか
  • 自治体処分が難しいアイテムの回収実績が豊富か
  • 料金やサービス内容
  • スタッフの対応

自治体の粗大ゴミ回収が難しい物品の場合は、不用品回収業者を利用するメリットが大きいと言えるでしょう。

回収と買取を同時に行うことができる

不用品回収業者を利用することで、回収と買取を一緒に行えるメリットがあります。

買取により、不用品の処理にかかる費用を抑えることができ、同時に手間や時間の節約にもつながります。

状態が良い家電製品や家具などは、高価な買取価格がつく可能性があります。

全てのアイテムが買取対象となるわけではない


アイテムの状態や市場価値によって査定額も変わるため、買取価格には期待を持ち過ぎないことが重要です。

回収と買取を行う業者を選ぶ際には、業者の許可証の有無や過去の買取実績、料金設定などをしっかり確認することが大切です。

不用品の処分を検討している場合は、回収と買取を同時に行う信頼できる業者を選ぶことをお勧めします。

リサイクル・リユースにもなり環境保全になる

不用品回収業者を利用することは、単に不要な物を処分するだけでなく、環境保全にも大きく貢献するメリットがあります。

リサイクルやリユースによって、資源やエネルギーの節約につながり廃棄物の量も減らせます。

不用品回収業者の中には、回収したアイテムを分別し、再利用可能なものは修理や洗浄を施してリユースするなど、具体的なリサイクル・リユースへの取り組みを行っているところもあります。

また、リサイクルできる素材は専門の業者へ販売し、リユース可能な品は必要としている施設などに寄付することで社会貢献もしています。

不用品の処分を検討している方は、リサイクル・リユースへの取り組みを行っている業者を選んで、地球環境の保護に役立てましょう。

不用品回収処分以外の作業も依頼できる

不用品の回収処分だけでなく、ハウスクリーニングや遺品整理、ゴミ屋敷の清掃など、様々な追加サービスを一括で依頼できるのが不用品回収業者を利用するメリットです。

様々なサービスを一つの業者に任せることで、手間を省くことができ、時には費用の節約にもつながります。

業者選びの際には、必要な許可を持っているか確認しよう


一般廃棄物収集運搬許可、古物商許可、産業廃棄物収集運搬許可などの許認可があることを確認してください。

また、希望する追加サービスの実績があるか、料金設定が明確かなど、慎重に確認することが大切です。

不用品回収業者を上手く活用することで、家の整理整頓や引越し、遺品整理など、様々なシチュエーションでの負担を大幅に軽減できます。

不用品回収業者に依頼するデメリット

不用品回収業者は、大量の不用品をまとめて処分したい方にとって便利なサービスです。

しかし、いくつかのデメリットも存在します。

  • 処分費用が高い
  • 悪質業者が紛れている
  • 業者探しに時間がかかる
  • 相見積もりの時間が取られる
  • 見積もりの相場などの予備知識が必要

不用品回収のメリットとデメリットを総合的に考え、自分に合った最適な選択をすることが大切です。

処分費用が高い

費用が高額になる可能性があるのが、不用品回収業者を利用するデメリット。

人件費や車両維持費、法律に従った適切な処分費、広告費やオフィスの維持費などの経費も考慮すると、不用品回収サービスの費用が高額になることがあります。

不用品回収の費用は業者によって異なり、不用品の量や種類、作業場所によって料金が変わるため、具体的な相場は一概には言えませんが、一般に大量や大型の不用品の処理は高額になりやすいです。

費用を抑えるためには、複数の業者から見積もりを取って比較するようにしましょう。

悪質業者が紛れている

悪質な不用品回収業者を見分けにくいのがデメリット。

悪徳業者は、「無料」や「格安」といった言葉を使って誘い、実際には高額な料金を請求したり、不法投棄を行ったりします。

曖昧な見積もりや、契約書を交わさない場合もあります。

悪質業者に騙されないためには、まず複数の業者から見積もりを取って比較することが大切です。

見積もりでは、作業内容や料金、支払い方法などが明確に記載されているかを確認しよう


契約書を必ず締結し、不明点があれば質問して解消することも悪質な不用品回収業者によるデメリットを解消するために重要です。

万が一悪質な業者に騙されてしまった場合は、警察や消費者センターに相談し、必要であれば弁護士に相談しましょう。

業者探しに時間がかかる

適切な業者を見つける作業に時間がかかるのが不用品回収業者を利用するデメリットです。

これは、業者ごとに料金体系や提供するサービスが異なるためです。

最適な業者を選ぶためのポイント

  • インターネットや電話帳を活用して業者の情報を集める
  • 不用品の量や種類、回収場所などの詳細を伝える
  • 見積もりで料金やサービスの内容を慎重に確認する
  • 料金だけでなく、サービスの質や評判も考慮して業者選定する

時間がかかるデメリットを軽減するためには、一括比較サービスで複数の不用品回収業者を利用することや、数社からオンライン見積もりを取得するなどの方法があります。

業者選びに時間をかけることは一見デメリットに思えますが、最終的には満足のいくサービスを受けるために必要なステップとなるでしょう。

相見積もりの時間が取られる

複数の業者からの見積もりを比較する「相見積もり」は、時間を要することがあり、それが不用品回収業者を利用するデメリットとなることがあります。

相見積もりは以下のようなステップで提供されます。

  • 複数の業者への連絡
  • 自宅への訪問見積もり
  • 見積もり内容の比較

時間を効率的に使うためには、オンラインでの一括見積もり依頼サービスの利用や、電話での概算料金の問い合わせが役立ちます。

必要なサービス内容をあらかじめ明確にしておくことで、見積もり依頼時に具体的な質問をしやすくなる


相見積もりを取る際の時間は、不用品回収サービスを利用する際の一つのデメリットとなりますが、最終的には自分にとって最もコストパフォーマンスの高いサービスを選ぶために必要な投資と言えるでしょう。

見積もりの相場などの予備知識が必要

不用品回収業者に依頼するデメリットの一つは、料金の相場やサービス内容についての予備知識が必要なこと。

知識がなければ、提示された見積もりが妥当かどうか判断するのが難しく、高額な料金を請求されるリスクや、自分のニーズに合わないサービスを選んでしまう可能性があります。

業者の料金体系、不用品回収の相場、見積もり内容のチェックポイントなどの予備知識を得ておこう


予備知識を得る方法としては、インターネットでの情報収集、自治体への問い合わせ、複数の業者から見積もりを取ることなどの方法が挙げられます。

相場感を掴むことで、悪質業者にだまされにくくなります。時間をかけて情報収集を行い、慎重に業者を選ぶことが、最終的に満足のいく結果に繋がります。

不用品回収業者の活用が向いている方

不用品回収業者を利用すると、時間や体力的な負担を軽減しながら、さまざまな不用品を効率的に処分できるメリットがあります。

ここでは、特に不用品回収業者の活用が向いている方について詳しくご紹介します。

  • 重いものを移動させることが難しい方
  • 忙しくて分別や自治体処分ができない方
  • 遺品整理をしたい方
  • ゴミ屋敷を解決したい方
  • 早急に処分しないとならないタイミング
  • 分解や工事が伴う処分が必要な場合

不用品回収業者を利用するメリットとデメリットを比較して、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

重いものを移動させることが難しい方

不用品回収業者のサービスは、重たい物を運ぶのが難しい方にとってメリットがあります。

大型の家具や家電製品、ピアノ、金庫などの重量物を移動させる必要がある場合、専門の業者に任せることで、安全かつ効率的に処理できます。

重量物対応が可能なスタッフがいるかを事前に確認し、見積もりに際して運搬費用が含まれているかもチェックしましょう。

物の重さやサイズ、運び出しの経路によって異なりますが、事前の見積もりで具体的な費用を確認できれば、予想外の不用品回収費用がかかるデメリットを避けられます。

部屋の整理をしておくことで、作業がスムーズに行えコスト削減が可能

忙しくて分別や自治体処分ができない方

仕事や家事で手が回らない方でも、手軽に不用品を処理できるのは不用品回収業者を利用するメリットと言えるでしょう。

本、衣類、雑貨、食器、おもちゃなど、時間を要する分別が必要な不用品に向いている


分別や自治体処分の代行サービスを提供する業者を選び、見積もりにこれらの費用が含まれているかを確認すると良いでしょう。

不用品の量や種類、必要な作業によって異なりますが、事前見積もりで正確な費用を確認できます。

不用品回収業者のサービスを利用することで分別や処分の手間を省くことができます。

遺品整理をしたい方

遺品整理は、亡くなった方との思い出を整理する心理的にも体力的にも大変な作業です。

遺品整理の際、不用品回収業者を利用すると、専門のスタッフが手助けしてくれるため負担を大きく軽減できるメリットがあります。

遺品整理のサポート内容

  • 思い出の品
  • 衣類
  • 家具
  • 家電
  • 写真
  • 書類

遺品整理の経験が豊富なスタッフが在籍しているか、遺族の意向を尊重するサービスがあるかを確認します。

故人との思い出を振り返るため、業者に依頼する前に家族で遺品を見直すことがおすすめです。

事前に複数の業者から見積もりを取り、遺族のニーズに合った信頼できる業者を選ぶと良いでしょう。

ゴミ屋敷を解決したい方

ゴミ屋敷の状態になってしまうと、自力での片付けは困難を極めます。

不用品回収業者の力を借りることがゴミ屋敷解決の鍵となります。

ゴミ屋敷の片付けや清掃に関する専門知識を持つ不用品回収業者を利用することにはメリットがあります。

ゴミの量や作業の難易度によりますが、事前の見積もりで確認が可能


清掃前には、衛生面や安全面を考慮し、害虫駆除や消毒などの対策を検討します。

作業当日は、業者との確認のため立ち会いが推奨されます。

ゴミ屋敷の問題を解決するためには、専門の知識と経験を持つ不用品回収業者に依頼することが大切です。

早急に処分しないとならないタイミング

引っ越しや転勤では、新しい生活環境に合わない不用品を処理する必要があります。

家電の故障や家具の破損、ゴミ屋敷状態の解消、近隣からの苦情対応など、様々な状況で急ぎの処分が必要になることがあります。

限られた時間の中では、不用品回収業者を利用するメリットが大きいでしょう。

故人の遺品整理は、心情に配慮しながら行う必要があります。

焦って不用品処分を行うことにはデメリットが伴います。専門の遺品整理業者に依頼することで、適切かつ敏感に対応してもらえるでしょう。

遺品整理は時間をかけ、故人を偲びながら行おう!

分解や工事が伴う処分が必要な場合

大型家具や家電製品など、分解や工事を伴う不用品の処分は、単独で対処するには怪我をするなどのデメリットが大きいでしょう。

安全かつ迅速な処理のため、専門の知識と技術を持つ不用品回収業者に依頼することが賢明です。

適切な不用品回収業者を選ぶポイント

  • 分解・工事の経験が豊富なスタッフの存在を確認
  • 費用の透明性を確保し、事前に明確な見積もりを取得
  • 口コミや評判を基に、信頼できる業者を選択

不用品の種類や大きさ、作業内容によって費用は変動します。

一般的には、1点あたり数千円から数万円の範囲内になります。

分解や工事を必要とする不用品の処分は、専門知識と経験を持つ業者に依頼することで、リスクを避け、安心して処分を進められるメリットを得られるでしょう。

不用品回収業者選びで失敗しなければ依頼するメリットは大きい

断捨離や片付けを成功させたい場合は、不用品回収業者を上手に利用することが必要です。

悪質な業者を避け、信頼できる業者を選べばメリットが得られます。

  • 時間と労力の節約
  • 重い家具や家電などを処分
  • 分別や粗大ゴミの処理が不要
  • 買取サービスの利用
  • リサイクルやリユースが可能
  • 遺品整理やゴミ屋敷の清掃に対応
  • 引越しや転勤など急な処分に対応
  • 大型の家具や家電製品の分解・撤去
  • 見積もりが無料

自分で不用品を処理しようとすると時間と労力がかかりますが、業者に依頼することで大幅に節約できます。

優良な業者の不用品回収サービスを選べばメリットが大きいでしょう。デメリットを避け、安心して任せられる業者選びを心がけましょう。

信頼できる不用品回収業者は片付け侍

不用品回収業者への依頼は、重いものの移動や自治体処分が困難な場合、遺品整理やゴミ屋敷の解決など、さまざまなシチュエーションで大きなメリットをもたらします。

しかし、処分費用の高さや悪質業者の存在、業者選びの難しさなどのデメリットも無視できません。

信頼できる業者選びが成功のカギ


「片付け侍」はおすすめの業者です。

365日無料受付のスピーディーな対応、全国対応の幅広い対応力、環境配慮のリサイクルやデータ消去サービスなど、数多くのメリットがある不用品回収サービスを提供します。

不用品回収を検討している方は、安心して任せられる「片付け侍」に問い合わせ、無料見積もりを取ることをおすすめします。

詳細は公式サイトで確認できますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

すぐに片付けるなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK