遺品整理は大変でつらい理由と悲しくて進まない時の対処法

No Image

遺品整理は、愛する人を失った悲しい気持ちに加え、物理的な負担や精神的な苦痛をもたらします。

このつらい過程を少しでも楽にするための対処法を紹介します。

この記事では、遺品整理がなぜこれほどまでに悲しく、つらいのかを解説し、その対処法についても解説します。

悲しみと向き合い、適切なタイミングで整理を始め、必要ならば専門家の助けを借りることで、遺品整理のつらい気持ちを乗り越えられます。

遺品整理が大変でつらいとき、どこから手をつけるべきか、後悔しないためのポイントも説明するので、参考にしてください。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

遺品整理が悲しくてつらい7つの理由

大切な人を亡くした悲しみの中、遺品整理はさらに心を重くする負担となることがあります。

ここでは、遺品整理が悲しくてつらいと感じる7つの理由と、少しでも気持ちが楽になるためのヒントをご紹介します。

心の整理がつかず整理作業が進まない

遺品整理の際に心が整理できなくてつらいことは少なくありません。

愛する人の死は受け入れがたく、現実感が湧かないものです。

遺品を手放すことへ罪悪感を覚える場合も


深い悲しみや喪失感が心を覆い、集中力を奪うのも当然。

これからの生活への不安や孤独が、動きを止めさせる原因になることもあります。

つらい気持ちの整理は時間を要します。急がず、自分のペースで行いましょう。

思い出の品に少しずつ触れ、故人を偲ぶ時間を持つことが心の整理につながります。

思い出のものが出てくると作業が止まってしまう

遺品整理中に大切な思い出の品に出会うと、つらい気持ちになり作業が進まないことは珍しくありません。

この悲しい瞬間は、遺品整理を進める上で非常に大変な挑戦です。

亡くなった方への思いが強く甦り、悲しい気持ちや喪失感に直面するためです。

思い出の品が現れたら、作業を無理に進めずに、その思い出に時間を割きましょう。

思い出を家族や友人と共有するのも一つの方法。すぐに処分することが難しい場合は、一時的に別の場所に置いておくのも良いでしょう。

思い出の品の処分については、急ぐ必要はありません。じっくりと時間をかけ、自分自身にとって納得のいく方法を見つけてください。

遺品や不用品が想定以上に多くて大変

長年暮らした家からは、想像以上に多くの遺品や不用品が出てきます。

遺品や不用品の量が多いと、何を残して何を処分するかの判断が難しい場合があります。

整理作業には多くの時間と労力が必要です。

どのように処分すればいいのか分からないと作業が進まないと感じるでしょう。

遺品整理や不用品回収のプロに依頼すると、時間と労力を節約できる場合もあります。

遺品整理は一人で行うには負担が大きいため、家族や友人、業者などを利用しながら進めると良いでしょう。

遺品が財産に関わるかどうかが判断できない

遺品整理を行う際、どの遺品が財産に関わるのかの判断は非常に重要です。

誤った判断は、後に相続トラブルの原因となる恐れがあるので注意が必要です。

財産に関わる遺品の判断基準

  • 美術品や骨董品、宝石
  • 遺言書や不動産の権利書、株券
  • 貴金属や車、不動産
  • 通帳や株券

財産は相続人間で公正に分配する必要があり、特に注意を払って整理する必要があります。

判断が難しい場合、弁護士や税理士などの専門家に相談しましょう。

遺品整理の専門家は、遺品が財産に関わるかを判断し、相続手続きについての適切なアドバイスを提供します。

死亡後の手続きも多く大変

大切な人を亡くした後に必要な手続きは多岐にわたるため、つらい気持ちや悲しい感情は想像以上に大きいものです。

死亡後に必要な手続きの例

  • 死亡届の提出
  • 火葬許可申請
  • 埋葬許可申請
  • 健康保険の資格喪失届
  • 年金受給権者の死亡届提出
  • 遺族年金の請求
  • 世帯主の変更
  • 名義変更や相続手続き

可能な限り事前に必要書類を準備しておくことで、手続きがスムーズに進みます。

行政機関や弁護士、税理士など専門家に相談することも可能。費用はかかりますが、手続き代行サービスを利用することも一つの方法です。

一人で遺品整理を背負っているのがつらい

一人で遺品整理を進めるのは、精神的にも肉体的にも非常につらいことです。

大切な人を失った悲しみの中、このような作業を一人で背負い込んではいけません。

協力を求める際は、具体的な作業を依頼することが重要です。

何をどのように手伝って欲しいのかを明確に伝えると、相手も協力しやすくなります。

遺品整理専門業者に相談するのもおすすめ


行政機関や地域の支援団体から、利用可能なサポートや補助について情報を集めるなら、予期せぬ支援が得られることもあります。

遺品整理が大変で辛いときの対処法

遺品整理の作業は悲しく、時に進まないほどつらいもの。様々な感情に押しつぶされそうになって大変なこともあるでしょう。

ここでは、遺品整理が大変で進まない時の対処法をいくつかご紹介します。

まずはゆっくり自分の悲しみを見つめてみる

大切な人を失うことは、言葉では言い表せないほどの深い悲しみをもたらします。

悲しい気持ちには、それぞれが異なる時間と方法で向き合う必要があります。悲しみは抑えようとするほど強くなります。

悲しい感情を受け入れる方法

  • 泣くことで心を解放する
  • 信頼できる人に話すことで心を軽くする
  • 故人との思い出を振り返る

悲しみとの向き合い方は、人それぞれ異なります。自分にとって心地よいペースを見つけ、焦らずに遺品整理を進めましょう。

大切な人を失った悲しみは、時間が解決してくれるものではありませんが、時間をかけて心の整理をしていく中で、つらい状態を克服し、少しずつでも前に進む力が生まれます。

心が落ち着いたタイミングで遺品整理を始める

大切な人を亡くした悲しみの最中に遺品整理を行うことはつらいことです。

適切なタイミングで整理を始めることが、その後の心の回復にもつながります。

心の余裕を持って遺品整理を行うため、どの程度の時間と予算が必要か、あらかじめ計画を立てておくと良いでしょう。

遺品整理に取り組むことができると感じた時が始め時


思い出深い品は、ゆっくり時間をかけて整理し、必要に応じて家族や友人と悲しい気持ちを共有することも一つの方法。

つらい中での遺品整理は容易ではありませんが、心が落ち着いたタイミングで始めることで、心を守れます。自分自身のペースで進めましょう。

作業は少しずつ行う

一度にすべての遺品整理を行おうとすると、心身への負担が大きくなります。

作業を小分けにすることで、一度に抱え込む心の重さを減らせます。

一日に行う作業量を調節することで、体力を無理なく保てます。

遺品整理を少しずつ行うポイント

  • 部屋ごとやカテゴリーごとに分け、小さな目標を設定する
  • 家族や友人に手伝ってもらう
  • 疲れたら無理せず休む
  • 体調を崩さないようにゆっくり進める
  • 遺品整理最中に故人との時間を振り返るようにする

遺品整理には、相続など法律や税務に関する知識も必要です。

遺品整理は、感情的にも肉体的にも自分が思うよりも大きな負担がかかるものです。

無理をせず、自分の体調と相談しながら進めてください。

1人で遺品整理を済ませようとしない

一人で全てを背負い込むのではなく、周囲のサポートを積極的に求めることが、遺品整理の際に心の健康を保つ上で非常に重要です。

周囲の人にサポートを求めるメリット

  • 感情的なサポートを受けられる
  • 時間や労力を節約できる
  • 家族や友人と思い出を共有できる

作業を始める前に、どんなサポートが必要かを家族や友人と話し合いましょう。

感謝の気持ちを忘れずに。手伝ってくれる人々には、作業の前後に感謝の気持ちを伝えましょう。

グリーフケア・カウンセリングを行う

大切な人を亡くした悲しみは、時に言葉にできないほどつらい感情です。

しかし、グリーフケア・カウンセリングを受けることで、悲しみと向き合う手助けを得られます。

グリーフケア・カウンセリングは、喪失感や悲しみを抱える人々が、自分の感情を理解し、新たな人生の歩みを支援することを目的としています。

自分ひとりで抱え込まず、適切なサポートを求めることが、つらい気持ちを乗り越えて回復する第一歩となります。

悲しみや苦しみを言葉に出すことで、心の重荷を少しでも軽くできるでしょう。

遺品整理をすることのメリットも知る

遺品整理には、悲しい気持ちを乗り越えるだけでなく、未来へ向かって歩み出すためのメリットもたくさんあります。

遺品整理のメリット

  • 故人の思い出を再確認できる
  • 故人の人柄や価値観を理解できる
  • 故人への感謝の気持ちが湧いてくる
  • 心の整理がつく
  • 遺産相続の手続きがスムーズになる
  • 相続人間で揉めることを防ぐ
  • 故人の住んでいた空家や空き地を有効活用できる

遺品整理は、決して楽な作業ではありません。しかし、多くのメリットがあります。

つらい感情と向き合い、未来へ向かって歩み出すために、遺品整理は大切なステップとなるでしょう。

遺品整理業者に依頼をする

遺品整理の全作業を一人で抱え込むと、進まない焦りや悲しい気持ちで心の健康が損なわれるリスクがあります。

遺品整理業者やカウンセリングサービスなど、専門家のサポートを利用することで、心理的、物理的な負担を軽減できます。

専門家は、遺品の価値を正しく評価し、適切な処分や保管の方法を提案してくれます。

つらい状態を一人で抱え込むのではなく、周囲のサポートや専門家の助けを借りながら、確実に進めていくことが大切です。

遺品整理で後悔しないためのポイント

後から後悔しない遺品整理を行うためには、事前にしっかりと準備しておくことが大切です。

ここでは、遺品整理で後悔しないためのポイントを4つご紹介します。

処分すべきもの取っておくもののルールを決めておく

どの遺品を処分し、どれを保管するかの基準を設けることは、遺品整理を円滑に進める上で重要です。

ここで紹介するルールは、遺品整理の過程で生じる迷いや葛藤を最小限に抑え、後悔を防ぐために役立ちます。

  • 家族全員で遺品整理の基準について話し合う
  • 故人の生前の遺志を尊重する
  • 個人的な思い出が詰まった品物は慎重に取り扱う
  • 壊れたり、使用に耐えない物は処分する
  • 経済的価値のある品、コレクション品は保管する
  • 遺言書や不動産関連の書類は保管する

保管スペースの限界や物理的な理由で処分しなければならない品もあるため、思い出の品は写真に残しておくことを検討してください。

上記のポイントを参考に、明確な基準を設けることで、遺品整理が進まない悩みを克服できます。

重要書類や貴金属や資産に纏わるは自分たちで管理する

故人が残した重要書類(遺言書、不動産の登記簿謄本、保険証書、金融機関の口座情報、年金関係の書類など)は、将来の手続きに必要になることがあります。

これらの書類は紛失や損傷のリスクを避けるため、分類してファイルに整理し、安全な場所に保管しましょう。

不動産や有価証券などの資産は、遺産分割の対象となるため、特に慎重に管理する必要があります。

不動産については、登記簿謄本や固定資産税の納税証明書を整理し、有価証券は最新の口座明細書や証券を確認しておきましょう。

デジタル資産(オンラインバンキングの情報、SNSアカウント、電子メール、デジタル写真や動画など)も重要な遺品


パスワード管理アプリやデジタル遺言の準備を含め、これらの資産をどのように扱うか、家族間で事前に話し合っておくことが望ましいです。

資産価値のあるものは専門家に相談する

遺品整理を行う際には、価値ある遺品に対して専門家の意見を求めましょう。

資産価値のある遺品を適切に扱うことで、故人の財産を正しく評価し、適切な手続きを進められます。

専門家に相談するメリット

  • 遺品の価値を正確に把握できる
  • 買取や売却を検討する際に適正な価格で取引が可能
  • 遺品の状態や種類に応じた最適な処分方法が分かる
  • 相続税の計算や申告について専門家に相談できる
  • 時間と労力を大幅に節約できる

遺品整理業者、古物商、不動産鑑定士、税理士など、各分野の専門家に相談しましょう。

専門家の選定に際しては、実績、信頼性、料金体系の透明性を確認して、信頼できる会社を選んでください。

故人の知人・友人を語る人に手伝わせないほうがいい

遺品整理は家族にとって大切な時間です。故人の知人や友人に遺品整理を手伝わせることは、一見助かるように思えますが、いくつかのリスクが伴います。

  • 故人のプライバシーが漏れる
  • 遺品の価値を理解せずに捨ててしまう
  • 遺品を持ち帰られることがある

遺品整理は故人との思い出を振り返りながら行う重要な作業です。

そのため、故人に最も近い存在である家族が中心となって行うことが望ましいです。

遺品整理を進める際は、これらのポイントを念頭に置きながら、故人にとっても家族にとっても最善の方法を選択することが重要です。

遺品整理がつらいときは何から始めるべきか

遺品整理の際には、定期的につらい気持ちになる可能性があります。

思い出の品に触れ、悲しい感情に襲われるのは普通のこと。そんなつらい状況でも、遺品整理を進めていくためには、まず何から始めればいいのでしょうか。

体力を使わない書類関係の整理から

遺品整理では、故人が残した多くの書類を取り扱うことになります。

書類の整理は、時間を要する作業ですが、体力をそれほど消耗しないため、遺品整理の初期段階で取り組むのに適しています。

遺品整理を書類から行うステップ

  • 年金手帳、健康保険証、銀行口座情報、クレジットカード、各種契約書、領収書、ハガキ、写真など、まずは書類を見つける
  • 保管する、捨てる、行政手続きに必要な書類を分ける
  • 保管する書類は、ファイリングや専用フォルダに整理する
  • 捨てる書類はシュレッダーで細断するか、個人情報を黒く塗りつぶす

どの書類をどのように処理したか記録しておくと、後で「あの書類はどうしたっけ?」となった時に役立ちます。

書類整理は、故人との思い出を振り返る時間ともなり得ます。特に写真や手紙などは、家族で一緒に見ることで、故人を偲ぶ良い機会となるでしょう。

明らかなゴミと不用品を捨てていく

書類を整理した後は、今度は家の中で「これはもういらないな」と思うようなゴミや不用品を処分しましょう。

明らかに要らない物を捨てることで、部屋がすっきりとし、気持ちも新たになります。

ゴミはきちんと分別してプラスチック、紙、不燃物など、自治体のルールに従って分別しよう


まだ使える物はリサイクルショップやフリマアプリを利用して売ることも一つの方法。

少しでもお金に変えられます。物によってはリサイクルも可能。不要なものを減らすことで、生活に必要なものだけが残り、日々の生活が快適になるでしょう。

遺品整理を業者に依頼するなら片付け侍へ

遺品整理は残された遺族にとって、心理的にも肉体的にもつらい作業です。

大切な思い出が詰まった品々を見つめ直すことは悲しいことです。

この大変な時期を乗り越えるために、プロフェッショナルのサポートが非常に有効です。

大量の不用品や遺品があり、自分では片付けられない場合は、遺品整理業者を利用するのも良い方法となります。

全国対応の不用品回収業者「片付け侍」がおすすめ


遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷清掃など、故人との思い出が詰まった品々の扱いについても強みを持つサービスを提供しています。

片付け侍のような信頼できる業者に依頼することで、遺品整理のつらさを少しでも軽減できます。

問い合わせや相談は無料なので、まずは相談しましょう。

すぐに片付けるなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK