遺品整理は誰がやる?費用負担は?法的根拠と業者を選ぶコツも解説

遺品整理は故人を偲ぶ大切な過程となります。

しかし、「遺品整理は誰がやるのか」「費用はどのようにして決まるのか」という疑問に直面する人は少なくありません。

法的な義務や費用の負担に関する正確な情報があれば、遺品整理のプロセスをよりスムーズに、そして心に余裕を持って進めることができます。

本記事では、遺品整理を行うべき人とその法的根拠、さらには費用負担の詳細から、信頼できる遺品整理業者の選び方までを解説します。

遺品整理における様々な疑問を解消して、安心して整理を進める参考にしてください。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

遺品整理は誰がやるのか

遺品整理は、基本的に故人の「相続人」が行うことが多いです。

ただし、相続人全員で協力して行う必要はなく、誰か一人に任せることも可能です。それぞれの状況に合わせて、最適な方法を選択しましょう。

遺品整理は相続人の義務なのか

遺品整理は法律で相続人の義務と定められているわけではありません。

それでも、故人が残した財産をきちんと管理するのは相続人の責任とみなされることが多いです。

主な理由としては、次のようなものがあります。

  • 故人の意志を大切にするため
  • 相続する財産をはっきりさせるため
  • 故人の記憶を形として残すため
  • 家やアパートなどの住居を引き渡すため

遺品整理には時間と手間がかかり、故人の思い出の品々を扱うため、心にも重荷がかかります。

遺品整理を誰がやるのかに関してよく話し合いましょう。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理を誰がやるのか、話し合いが難航したら専門の遺品整理業者に依頼することも一つの方法です。

業者は故人の遺品を丁寧に扱い、必要に応じて処分を行います。

時間と労力を節約できるのがメリット


故人との思い出が詰まった遺品を整理することは心に負担がかかる可能性があります。

遺品整理業者に任せることで負担を軽くできます。

業者選びでは、費用、サービス内容、実績、スタッフの対応を比較し、自分に合った業者を選ぶことが大切です。

複数の業者から見積もりを取り、内容を比較検討することをおすすめします。

遺品整理を行政が行うときもある

遺品整理は通常、故人の家族や親しい人が行いますが、特定の状況では行政が行うこともあります。

行政が遺品整理を行うケース

  • 身近な人がいない人が亡くなった場合
  • 生活保護受給者の死亡
  • 亡くなった人の住居が明け渡せないケース

これらの場合、福祉事務所や生活保護課が遺族と相談しながら整理を進めます。行政による遺品整理は、最低限の整理に限られます。

遺品整理を誰がやるのかについての相談は、地域の福祉事務所、生活保護課、社会福祉協議会などで受け付けています。

困ったときは、これらの窓口に相談すると良いでしょう。

遺品整理の費用は誰が負担するのか

遺品整理の費用は、一体誰が支払うのでしょうか。

遺品整理作業にかかる費用は、故人から財産を引き継ぐ相続人が担当します。

相続人が複数いる場合、費用は全員で分け合うことが一般的


相続人同士で話し合い、遺産の割合に合わせて費用を分担することも、一人がすべての費用を負担することも可能です。

遺品整理を専門の業者に頼むときも、費用は相続人が出します。

遺品整理の費用は、相続税を計算する際に差し引かれることがあります。この点については、税務署で相談するとよいでしょう。

遺産整理の目的

遺品整理は単なる事務作業ではなく、未来への一歩を踏み出すための重要な役割を果たします。

ここでは、遺品整理の3つの目的について詳しく解説します。

遺品整理は気持ちの整理

遺品整理の目的は、物理的な整理を超えて心の整理にも深く関わっています。

遺品整理をすることで、故人の死を現実として受け入れ、前に進むきっかけになります。

故人との思い出を振り返り、感じた悲しみを乗り越える支えにもなります。

故人との大切な記憶を遺品を通して整理できる


遺品整理は個人差があり、じっくり時間をかける人もいれば、短期間で行う人もいます。

時には辛い気持ちになることもありますが、その際は無理をせず、家族や専門家と協力しながら進めることが大切です。

遺品整理を誰がやるのが一番良いのかを考えて決定しましょう。

財産の相続

遺品整理には、故人の財産を相続するという大切な役割もあります。

遺品整理により、遺産の全容が明らかになり、遺産分割協議がスムーズに進みます。

正確に財産を把握することで、期限内に相続税を申告することも可能


思いがけず価値のある遺品が見つかることもあるため、遺品整理を始める前に、相続人全員で遺品の処分方法について話し合うことが重要です。

遺品整理は誰がやるか迷ったら、相続に関する知識を持つ遺品整理業者に依頼することも一つの方法です。

専門知識を持った業者は、作業を迅速かつ丁寧に少ない費用で行ってくれます。

遺産相続をめぐってトラブルになった場合には専門性の高い弁護士事務所に相談することも考えましょう。

京都の相続に強い弁護士に無料相談なら法律事務所リンクス

形見分け

遺品整理には、形見分けという大切な目的も含まれています。

形見分けの目的

  • 故人の遺志を尊重できる
  • 故人を偲び、遺族の絆を強める
  • 相続人間で公平感を保てる

形見分けは故人を偲ぶ行為であり、故人の思い出を形に残す大切なプロセスです。

遺品整理は誰がやるかで揉めないように、遺族全員が納得できるよう心を込めて進めましょう。

遺品整理業者を選ぶコツ

遺品整理は誰がやるのか決まっているわけではありません。

遺品整理業者を利用することで、短期間で質の良い整理が可能になります。

しかし、業者選びを誤ると、トラブルに巻き込まれたり、高額な費用を請求されたりする可能性もあります。

ここでは、遺品整理業者を選ぶ際に注意すべきポイントをいくつかご紹介します。

現地訪問見積もりをしてくれる

遺品整理業者を選ぶ際には、「現地訪問見積もり」が大切です。

遺品の量や状態を直接確認でき、より正確な費用を算出できるのがメリット

見積もりを依頼する際には、次の点に注意しましょう。

  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 見積もりの内容をよく確認する
  • 不明な点があれば業者に質問する
  • 追加料金が発生する可能性も確認する

これらのポイントを踏まえることで、適切な遺品整理業者を選ぶことができます。

遺品整理を誰がやるか困ったら業者を依頼しましょう。

遺品整理士の在籍があるか

遺品整理を行う際、遺品整理士がいるかどうかは非常に重要です。

遺品整理士とは、遺品の整理に関する専門知識と技術を持つ専門家です。

遺品整理士が在籍している業者を選ぶことには、いくつかのメリットがあります。

  • 遺品整理士は遺品を丁寧に扱い、適切に整理できる
  • 個人情報などの取り扱いにも精通している
  • 法律を遵守して法的トラブルを避けられる
  • 遺族の希望に沿ったアドバイスを提供できる

遺品整理士がいるかどうかで、サービスの質や安心感が大きく変わってきます。

故人の大切な遺品を扱う作業だからこそ、専門知識と経験を持つ遺品整理士に依頼することをおすすめします。

許認可を得ているか

遺品整理業者を選ぶ際、許認可の有無は重要なチェックポイント。

許認可を持つ業者は、一定の基準を満たし、行政からの監督を受けているため安心して依頼できます。

許認可を得るためには、講習の受講や事務所の設置、損害賠償保険への加入など、いくつかの条件をクリアする必要があります。

遺品整理士の主な許認可

  • 古物商許可
  • 一般廃棄物収集運搬許可
  • 産業廃棄物収集運搬許可

遺品の売買や廃棄物の運搬に関する業務を適切に行うために許可が必要です。

許認可の有無は、業者のホームページや直接問い合わせ、または都道府県庁や市区町村役場に問い合わせることで確認できます。

遺品整理を誰がやるか決めるときには許認可を得た業者を選びましょう。

買い取りも行っているかどうか

買い取りサービスを提供している遺品整理業者には、多くのメリットがあります。

専門的な査定により、遺品の価値を正しく評価してもらえる


遺品の買い取りサービスを提供している業者を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 買取価格やサービス内容を比較する
  • 査定の基準や条件を明確にしておく
  • キャンセル料の有無を確認する

遺品整理を誰がやるか検討する際には、買い取りを一括で依頼できる業者を選ぶことで、時間と労力を節約し、負担と手間を軽減できるでしょう。

ネットのクチコミが良いか

遺品整理業者を選ぶ際には、インターネット上のクチコミを参考にすることが非常に有効です。

クチコミには、サービスを利用した人たちの実際の経験や感想が含まれており、業者の良し悪しを判断するのに役立ちます。

しかし、クチコミを参考にする際には注意も必要です。

非常に良い評価や極端に悪い評価は要注意


複数のサイトでのクチコミを読むことで、より広い視野から業者を評価できます。

単純な良い・悪いの評価だけでなく、具体的な体験談に注目することで、実際のサービス内容をより深く理解できます。

極端な意見は参考程度に留め、全体の傾向から業者の質を判断することが重要です。

遺品整理を依頼するなら片付け侍へ

遺品整理は誰がやるのかを明確にしておけば、スムーズに遺品整理を行うことができるでしょう。

遺品整理は基本的に相続人の責任とされていますが、場合によっては専門業者の手を借りたり、行政が介入することもあります。

専門知識とスキルを持つ遺品整理業者を選ぼう

  • 現地訪問見積もりを提供
  • 遺品整理士の資格を保有
  • 事業の許認可を得ている
  • 不用品買取サービスの有無
  • インターネット上の評判

遺品整理のプロフェッショナルである「片付け侍」は、経験豊富なスタッフと女性スタッフの在籍、事前見積もりによる透明性の高さ、追加料金なしの明確な料金体系、キャンセル料無料など、安心して依頼できる遺品整理サービスを提供しています。

スピーディーな対応と幅広いサービス範囲で、遺品整理だけでなく、生前整理やゴミ屋敷の清掃など、様々なニーズに対応しています。

遺品整理は誰がやるかを悩んでいる方は、安心と信頼の「片付け侍」への問い合わせや無料見積もりをおすすめします。

すぐに片付けるなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK