断捨離成功のコツと極意を場所・種類・捨て方などに分けて解説!

「そもそも断捨離ってなに?どうやってやるの?」

「断捨離って何から始めるべきなの….」

「断捨離を続けるコツや処分方法に関して知りたい」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・初心者でもスムーズにできる断捨離のコツ
・断捨離の片付けは何から始めるべきか
・断捨離を続けるコツ

これら全てがわかります。

断捨離の極意は順番です。正しい断捨離の方法を覚えて、部屋や精神をスッキリさせましょう。

後半部分では、断捨離した不用品の処分方法に関して解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

断捨離とは


断捨離とは、単に不要な物を捨てる行為を超え、自身の生活から不必要な物を削減し、物質に対する執着を手放すライフスタイルの哲学です。この考え方は、ヨガの三つの行動原則である「断行」、「捨行」、「離行」から派生しています。

  • 断行:新しく入ってくる不要な物を断つ
  • 捨行:既に所有している不要な物を捨てる
  • 離行:物への執着心を手放す

断捨離はミニマリズムと混同されがちですが、両者には明確な違いがあります。ミニマリストは物の量を極限まで減らすことを目指しますが、断捨離は必要な物を持ち続けることを許容し、物の量よりも物への執着を手放すことに重きを置きます。

断捨離では、物理的な整理だけでなく、心の整理も重要視されます。過去の物や未使用の参考書など、物に対する自分自身の執着に気づくことで、心の負担を軽減できるのです。

個人の心理的なゆとりや、人間関係の改善が期待できます!

初心者でもスムーズにできる断捨離のコツ

初心者でもスムーズにできる断捨離のコツは以下を意識することです。

  • 断捨離は焦らず少しずつ進めていく
  • 他人基準ではなく自分基準で捨てるルールを作る
  • 汚れている・劣化したものは捨てる
  • 本当に使うかを1つずつしっかりイメージする
  • 勿体ないという気持ちに流されない
  • 片付け・不用品回収業者にも依頼する

自身の状況に合わせて、取り入れてみてください。

断捨離は焦らず少しずつ進めていく

断捨離は、モノを減らすだけではなく、生活を整えることにもつながります。急いで行うと過度のストレスや後悔の原因になることがあり、断捨離自体が負担になってしまうため、断捨離の効果を実感するためには、焦らずゆっくり行うことです。

毎月または季節の変わり目に、使用頻度の低い物品を確認し、断捨離の対象とします。断捨離は、本当に自分の生活に必要なのか自分に問いかけ、明確化するものです。

疲れたら、日を分けて断捨離すると自身の考えを見つけやすくなります。断捨離は一度に完了させるものではなく、継続的に取り組むべきプロセスでなのです。

他人基準ではなく自分基準で捨てるルールを作る

断捨離を行う際には、他人の基準ではなく、自分自身の基準で物を選別し、処分するルールを設けましょう。他人がどう思うかではなく、自分がその物とどう向き合っているかが判断基準になるべきです。

自分基準での断捨離ルールを作ることの利点は、断捨離後の満足度が高くなることです。自己基準で物を選ぶことで、本当に必要な物だけが残り、生活空間が自分にとって最適な状態に整えられます。

例えば、趣味の物品を選別する際、他人が不要と感じるかもしれないアイテムでも、自分にとっては大切な思い出が詰まっているため保持する価値があると判断することができます。

自分にとって本当に重要な物だけを選び、それによって得られる心の余裕は計り知れないものがあります。大切なものだけが残ることで、心にも余裕が生まれることでしょう。

汚れている・劣化したものは捨てる

断捨離の基本的なコツのひとつに、「汚れているものや劣化したものを捨てる」という原則があります。理由は、物が劣化または汚れていることがその使用価値を大きく減少させるためです。

たとえば、服が色褪せたり、靴がほつれたりしている場合、それらはもはや外出時に適していない可能性があります。キッチン用品が錆びていたり、電化製品が正常に機能しなかったりすると、安全性にも問題が生じることもあるでしょう。

生活空間の質を向上させるだけでなく、日常生活の安全性や快適性を保つためにも非常に有効です。

本当に使うかを1つずつしっかりイメージする

断捨離を行う際、物を減らすことが目的ですが、それを達成するためには「本当に使うかどうか」をひとつずつしっかりとイメージしてください。所有物それぞれに対する具体的な使い道を想像することで、その物の価値を現実的に評価できるようになります。

実際にそのものがどれだけ使用されているかを考えることがポイントです。仮に過去一年間で一度も使わなかったなら、その保持は合理的ではないと判断できるでしょう。

実際に生活の中で役立つ物だけが自然と残り、それ以外は手放すことができます。これは、物理的な空間だけでなく、精神的なクリアネスをもたらすため、生活全体の質を向上させる効果があります。

勿体ないという気持ちに流されない

断捨離を始める多くの人々が直面する一般的な障壁は、「もったいない」という感情です。使わなくなった物を手放す際に罪悪感や未来での必要性への不安を引き起こし、結果として物の蓄積を許してしまいます。

流されないためには、物の持つ「使用価値」と「感情価値」を区別することです。使用頻度や実際の必要性を基に、その物が現在の生活にどれほど役立っているかを考えます。

また、すべての物には寿命があります。使われないまま時が経過することも、その寿命の一部と考えてみましょう。

片付け・不用品回収業者にも依頼する

断捨離を行う際、個人の努力だけでなく、専門の片付け・不用品回収業者に依頼することも効果的な方法のひとつです。専門の業者は速やかに大量の不用品を処理できるため、自分で片付けを行うよりも迅速です。

大きな家具や家電など、自力での処理が困難な物も業者が安全に運び出してくれます。回収業者は廃棄物の分類やリサイクル法規に精通しており、環境に優しい方法で不用品を処理します。

業者を選ぶ際には、評判や口コミをチェックし、適切な許可を持つ業者を選びましょう。回収後の物品の処分方法や、追加料金が発生する条件など、契約書の内容を十分に理解しておくと安心です。

不用品回収業者「片付け侍」では、事前見積もり・出張費・キャンセル料も無料です。追加費用一切ナシで、お客様満足度96.3%という実績もあります!

不用品回収業者へ依頼するメリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事をご覧になってみてください。

【種類別】断捨離するコツ

次に、以下の種類別の断捨離のコツを見ていきましょう。

  • 服・靴・バッグ
  • 書類・手紙
  • 小物・雑貨
  • 本・漫画・雑誌
  • キッチン用品・食器

順番に解説していきます。断捨離で捨てるべきものと残すべきものをリスト形式でまとめた「断捨離で捨てるべきものの基準と物リスト24選」の記事もおすすめです。

服・靴・バッグ

服・靴・バッグの断捨離は、まず「1年間着なかったものは手放す」というルールを設けることが一般的です。シンプルで実行しやすく、自分が実際に必要としている衣類だけを手元に残すことができます。

ただし、フォーマルなものは使用頻度が低いものの、冠婚葬祭など必要な時にすぐに使えるように適切に保管しておくと良いでしょう。

使い心地が悪い、サイズが合わない、または明らかに流行遅れであるものは、リサイクルショップや寄付を通じて手放してみてください。

服の断捨離はこちらの記事で捨てる基準とコツを詳しく紹介しています。

アクセサリーも適宜処分をしていかないと溜まってしまうアイテムです。アクセサリーと箱を断捨離する方法はこちらをご覧ください。

書類・手紙

溜まってしまう書類を適切に整理し、管理することで、生活空間の快適性を高めると同時に、情報の整理も行うことができます。

まず、書類を「読んだらすぐに捨てるもの」、「一時的に保管するもの」、「ずっと保管するもの」の3つのカテゴリーに分類しましょう。取扱説明書は、可能であればオンラインで入手可能なものは処分し、デジタルファイルとして保存します。

以下は、永久保管が必要な書類なので処分しないよう注意してください。

  • 年金関係の書類
  • 保険関係の書類
  • マイナンバー関連の書類
  • 住宅関係の書類
  • 契約書類

カテゴリーごとにクリアファイルやクリアケースに入れ、ラベリングしておくと、書類の管理が容易になります。家族の写真や手紙など、感情的価値の高い書類は選択的に保持し、データ化して保存することで物理的なスペースを節約すると良いでしょう。

個人情報が含まれる書類はシュレッダーで細かく裁断するか、専門業者に依頼して安全に処分してください。

小物・雑貨


小物や雑貨の断捨離は、家の中をすっきりさせるための効果的な手段です。これらのアイテムはサイズが小さいため、気づかないうちに大量に溜まってしまうことが多いです。小物・雑貨の断捨離を行う際には、まずどのアイテムが本当に必要かを見極めましょう。

各アイテムがどれだけ使用されているか、またどの程度の感情的価値を持っているかを考慮することが必要です。使用頻度が低く、特定の用途がないアイテムは断捨離の候補としましょう。

本・漫画・雑誌

断捨離を始める前に、どれだけの本を残すか明確に決めておきましょう。利用可能な本棚のスペースの2/3程度に収めるという目標を設定することが効果的です。

購入したものの読んでいない本は、読む意欲が湧かない場合は手放しましょう。途中まで読んだが完成できなかった本も同様です。電子書籍で利用可能なタイトルは、物理的なスペースを取らずに多くの本を持つことができるため、紙の本を手放しデジタル版に移行することを検討してみてください。

定期的に本棚の整理を行い、常に更新を心がけてください。感情的に価値を見出せない本は、勇気を出して手放しましょう。

本の断捨離漫画の断捨離はこちらの記事で捨てる基準とコツを紹介しています。

キッチン用品・食器

頻繁に使わない食器やキッチンツールは、収納スペースを不必要に占めている可能性があります。使用頻度が低いということは、それには使いづらさやデザインの不適合など何らかの理由があるため、手放すべきです。

たとえデザインが美しくても、使用感が悪ければそのアイテムは料理の効率を下げるだけです。使い心地や重さ、手の大きさに合うかどうかを実際に手に取って確認し、不快感があるアイテムは手放しましょう。

キッチン用品や食器の断捨離は、単に収納スペースを空けるだけでなく、キッチンの機能性と快適性を高めるためにも非常に有効です。

【場所別】断捨離するコツ

続いて、以下の場所別の断捨離のコツについて解説していきます。

  • 押し入れ
  • クローゼット
  • キッチン
  • リビング
  • 玄関

断捨離は場所別に行い、順番にスッキリさせていきましょう。

押し入れ

押し入れの断捨離を行う際は、一旦すべて出してから行いましょう。出した物をカテゴリー別に分けます。工具、DIY用品、手芸用品、衛生用品など、同じ用途のものは一緒にまとめます。何がどこにあるのか一目で分かり、必要なものを素早く取り出せるようになります。

断捨離中に「もう使わない」と感じたものは、再び押し入れに戻さずに処分してください。押し入れの奥行を有効活用するために、引き出しタイプの収納ボックスを使用すると良いでしょう。奥の物も簡単に取り出せるようになり、物の出し入れがしやすくなります。

不必要な収納アイテムを避けるために、どのような物が残るかを明確にした後で、必要な収納グッズを購入してください。

クローゼット

2~3年間着ていない服は、今後も着ることはほとんどありません。思い出が強い服は写真に残してから処分する方法も有効です。

また、サイズが合わなくなった服は、体型が変わっても再び着ることは少ないため、処分が望ましいです。体型や趣味が変わることを考慮して、現在の自分に合った服を選びましょう。

クローゼットの空間の約80%のみを利用し、残りは空けておくことで、物を取り出しやすく整理しやすい環境を作れます。「いつか着るかも」という思いから離れ、実際に使っているものだけを保持するように心がけてください。

新しい服を購入する際は、「本当に必要か」「長く使えるか」を考え、無駄な買い物を避けると断捨離後のリバウンドの心配もありません。

クローゼットの断捨離方法はこちらの記事をご覧ください。

キッチン

キッチンには様々な収納スペースがありますが、まずはひとつひとつ確認し、何がどこにあるのかを把握しましょう。対面式のキッチンでは、引き出し、吊り戸棚、パントリーなどがあります。

中身を全て出して、何が必要で何が不要かを見極めます。食器を「日常使い」「来客用」「特別な日用」に分け、それぞれの使用頻度に応じて置き場所を考えると良いでしょう。

シンクやコンロ周りはキッチンで最も使用頻度が高い場所です。シンクやコンロ周りには、使う頻度の少ない物を置かないようにし、必要な物だけを手の届く場所に保管しましょう。

「いつか使うかもしれない」と思っているアイテムは、実際にはほとんど使われることがありません。使いやすい効率的な空間を作るために思い切って捨ててしまいましょう。

リビング

リビングは家族が集まり、くつろぐ場所です。断捨離を通じて、物の少ないシンプルな生活を目指していきましょう。リモコンは使用頻度に応じて整理し、本当に必要なものだけを残します。リモコンや小物類は、見た目も整う専用の収納ボックスにまとめて保管しましょう。

サイドボードや棚は装飾はほこりの蓄積を招くため、飾るアイテムは厳選し、必要なものだけを展示してください。テーブルの上はいつも清潔に保ち、日常使うものだけを置くようにするのがおすすめです。

季節ごとにリビングのアイテムを見直し、必要なものだけを残すことで、常に整理された空間を保てるでしょう。

玄関

玄関にあるものを全て取り出し、靴、傘、郵便物、アウトドア用品など取り出したアイテムをカテゴリー別に整理することから始めてみてください。「必要」「不要」「保留」の3つのカテゴリに分けていきます。「保留」のアイテムについては、数ヶ月後に再評価を行います。

使用頻度が低いか、情緒的な価値のみのアイテムは思い切って処分する勇気も必要です。必要なアイテムだけを戻す際には、収納方法を見直しましょう。

靴は靴箱に、傘は傘立てに整理して収納し、できるだけ床面積を空けるようにするのがおすすめです。立体的に収納できるアイテムは、壁掛けフックや吊り下げ式の収納を活用すると良いでしょう。

断捨離の片付けは何から始めるべきか

断捨離の片付けは何から始めるべきか迷うこともあるでしょう。何から始めるべきか迷った場合には以下から始めてみてください。

  • 散らかっているゴミ
  • 服・インナー・靴
  • 書類・本・漫画
  • 家具・家電
  • 雑貨
  • 思い出の品
  • スマホ・デジタルデータ

順番に解説していきます。

散らかっているゴミ

断捨離を始める際には、散らかっているゴミから始めることが効果的です。不要な郵便物、古い雑誌、壊れた日用品など家の中で目につくゴミはどこなのか見渡してみてください。

「ゴミが散らかっている」と感じたところは自身が特に気になっている証拠です。ゴミを一掃することで、空間がスッキリとし、次の断捨離作業がしやすくなります。

断捨離は一度きりの作業ではありません。一度ゴミを処分しても、時間が経つにつれて再びゴミが溜まることがあります。そのため、定期的にゴミをチェックし、すぐに処分できるサイクルを作ることが大切です。

服・インナー・靴

服・インナー・靴は、日常生活に直接影響するので断捨離の効果を感じやすいアイテムです。衣替えなど季節の変わり目で服の入れ替えを行う際に、強制的に断捨離もできるでしょう。以下を基準に断捨離してみてください。

  • 1年間着ていない服
  • サイズが合わない服
  • 好みが変わった服
  • 使用感のある服

服、インナー、靴といったカテゴリーごとに分け、それぞれのアイテムを見直してください。不要なものは分けて、寄付やリサイクル、廃棄の方法を決めましょう。

書類・本・漫画

書類、本、漫画は、知らず知らずのうちに蓄積されがちで場所を占領しがちです。見るたびに「後で読まなきゃ」という思いがつのり、精神をすり減らす原因にもなるので早めに断捨離するのがおすすめです。また、古い書類や本は時と共に陳腐化します。最新の情報に更新するためにも、定期的な見直しが必要です。

保管が法的に必要な書類を除き、過去の領収書や契約書など、不要になったものは処分しましょう。重要な書類はスキャンしてデジタル保存すると良いです。物理的なスペースを節約でき、いつでもアクセス可能になります。

興味があるが物理的なスペースを取りたくない本は、電子書籍で購入することを検討してみてください。新しい本や漫画を購入する前には、本当に必要か、読後にどのように処理するかを事前に考えることが大切です。

家具・家電

断捨離を行う際、家具や家電から始めるのは、その影響が空間に直接現れ、生活の質の向上を感じやすいため、おすすめです。長期間使用していない家電や特定の機能をほとんど利用していない家具は断捨離の候補です。

オーブンとトースター、ブレンダーとフードプロセッサーなど、似た機能を持つ家電はどちらか一方を残すことを考えましょう。使用頻度の高い方や性能が良い方を選んで、残りは断捨離します。技術が古くなっている家電は、エネルギー効率が悪いことも多く、新しいモデルに更新することで電気代の節約にもつながります。

新しい家具や家電を購入する際は、同じカテゴリーの古いものを一つ処分することを心がけると良いでしょう。

雑貨

雑貨類は日常生活で気づかぬうちに増えてしまいがちで、見た目の散らかりだけでなく、使わないものが多くなると精神的な負担も増大します。雑貨を整理することで、自分のライフスタイルや好みが変化していることに気づきやすくなります。

新たな生活スタイルを築く良い機会になるでしょう。雑貨を一箇所に集めて、何があるのかを全体的に把握し、同じカテゴリのアイテムを見比べることで、どれを残すべきか判断しやすくなります。

各アイテムについて、実際にどれだけ使用しているか、また特別な感情的価値があるかを評価してみてください。

思い出の品

思い出の品の断捨離は、心に深く関わるため、断捨離の中でも特に難しい部分です。感情的価値が高いため、手放すことに罪悪感や迷いを感じることもありますが、心身ともにスッキリさせることができます。思い出の品をひとつひとつ手に取り、現在の自分にとっての意味や価値を再評価してみましょう。

写真や手紙など、物理的なスペースを取るアイテムはデジタル化することを検討してみてください。複数の似たようなアイテムがある場合は、代表としてひとつだけ残し、他は手放すのがおすすめです。

アイテムを手放す際には、そのアイテムにまつわる思い出を振り返り、感謝の気持ちを持つことが大切です。「ありがとう」と感謝を伝えることで、心の中できちんと区切りをつけることができるでしょう。

思い出の物を断捨離する方法はこちらの記事をご覧ください。

スマホ・デジタルデータ

スマホやPC内の不要なデータやアプリは、デバイスの動作を遅くする原因となり得ます。また、古いデータや使用しなくなったアプリは、セキュリティの脆弱性を引き起こす可能性があります。

使用頻度の低いアプリや、もはや使わないアプリをアンインストールし、ストレージの空きを増やしましょう。不要な写真や動画を削除し、重要なものはクラウドサービスや外部ストレージにバックアップを取れば、デバイスの空き容量を確保できます。

デジタルデータの断捨離は、一度きりではなく、定期的に行うべきです。例えば、月に一度はスマホのアプリを見直し、半年に一度は大規模なデータの見直しを行うと良いでしょう。

断捨離の極意は順番が大切

断捨離の極意は順番です。以下のポイントを意識して断捨離してみてください。

  • 散らかっているゴミを捨てる
  • 作業スペースを確保して断捨離する物を集める
  • 断捨離する基準を決める
  • 必要、不要、保留の3つに分別する
  • 必要なものを収納する
  • 不要なものを処分する

それぞれみていきましょう。

散らかっているゴミを捨てる

ゴミや不要な物を放置すると、ほこりや汚れが溜まり、不衛生な環境になりがちです。清掃しやすい環境を作るためにも、まずはゴミを取り除くことからはじめましょう。

散らかった環境はストレスの原因となり得ます。ゴミを片付けることで、心理的なクリアさと集中力が向上します。ゴミを一箇所に集め、リサイクル可能なもの、燃えるゴミ、燃えないゴミなどに分類し、正しい処分方法で環境にやさしく捨てましょう。

日常的にゴミが溜まらないよう、定期的にチェックを行なってください。

作業スペースを確保して断捨離する物を集める

断捨離を行う際には、一度ひとつのスペースにものを集め、何がどのくらいあるのか把握することが大切です。広さが確保できるリビングやダイニングなど、広くて平らな場所を作業スペースにするのがおすすめです。

一箇所に物を集めて作業を行うことで、断捨離後の片付けが簡単になります。不要な物はその場で処分し、残った物を元の場所に戻す手間が省けます。

断捨離する基準を決める

断捨離を成功させるためには、何を残し何を手放すかを決定する明確な基準を設けることが重要です。以下が断捨離の基準の例です。

  • 1年間全く使わなかったものなど使用頻度で決める
  • 喜びや幸福感を感じるかどうかなど感情的価値を評価
  • 壊れている、汚れがひどいなどの物理的なコンディションを考慮

基準は、服や家具、家電などアイテムによって変えると良いでしょう。

必要、不要、保留の3つに分別する

断捨離を行う際、物を「必要」「不要」「保留」の3つのカテゴリに分ける手法は、整理整頓を効果的に進めるための基本です。物の量を減らすだけでなく、所有物に対する自身の価値観を見直し、より質の高い生活空間を創造するために役立ちます。

各アイテムを手に取り、その必要性や感情的価値を評価してください。「必要」とすぐに答えられないアイテムは「保留」にして、3ヶ月など設定した期限までに再評価します。その時点で使っていない場合は「不要」に分類し処分しましょう。

不要と判断した物は、リサイクル、寄付、または適切な方法で処分します。地域のリサイクルルールに従いましょう。

必要なものを収納する

断捨離を行った後は、必要なものを収納しましょう。頻繁に使用するアイテムは、手に取りやすい位置に収納します。

また、収納用品を統一することで、部屋全体の見た目が整います。同じ色やデザインの収納ボックスを使用して、美観を保ちつつ整理整頓しましょう。壁にフックを取り付けてバッグや帽子を掛ける、ドアの裏にラックを設置して小物を収納すると限られたスペースを有効的に使えます。

オフシーズンの衣服は、圧縮袋に入れてベッドの下やクローゼットの奥に保管するようにしましょう。重要な書類はファイルにまとめ、ラベリングしてから書類棚に整理してみてください。

使う頻度の低い調理器具や特別な機会にしか使わない食器は、キッチンの上の棚などに収納すると良いでしょう。

不要なものを処分する

最後に断捨離を行って不要と判断したものは、分別して処分しましょう。プラスチック、紙、金属など住んでいる自治体の処分規定に従って分別してください。

使用頻度が低く、状態が良いアイテムはフリマアプリやオークションサイト、リサイクルショップで売るのもひとつの手です。まだ使用可能で、需要があるものは、地域の寄付センターや慈善団体へ寄付するのも良いでしょう。

断捨離を続けるコツ

断捨離を続けるコツは以下を意識することです。

  • 物を買うとくは捨てる物を考える
  • 定期的に断捨離を行う
  • 年末や連休など纏まった休みで断捨離をする
  • フリマアプリ・オークションサイトで収入を得ながらやる

コツの中でも自身に合った方法で断捨離を続けてみてください。

物を買うとくは捨てる物を考える

断捨離を日常生活に取り入れ、持続可能な生活習慣として定着させるには、「物を買う際には捨てる物を考える」という考えを持つことです。新しい物を購入する際、同じカテゴリーの古いアイテムや使用しなくなった物を一つ手放し、物の総量を一定に保つようにしましょう。

物を購入する前に「この新しいアイテムのために何を手放すか」を考えることで、購入の必要性を再評価するようになり、衝動買いを減らし、本当に必要な物だけを選び購入するようになります。

定期的に断捨離を行う

定期的に断捨離を行うことで、物の蓄積を抑え、常に整理された環境を維持することが可能です。、何を持っているのか、何が必要なのかについて常に意識することになり、無駄な買い物を減らし、必要な物だけを購入する習慣が身につくでしょう。

年間を通して、例えば季節の変わり目や年末年始など、定期的に断捨離を行うタイミングを設定し、定期的に断捨離を行うようにしてください。

断捨離を行う理由や目的をはっきりと意識することで、モチベーションを保ちやすくなります。
理想の生活空間や時間の使い方をイメージし断捨離を行うと効果的です。

年末や連休など纏まった休みで断捨離をする

断捨離は、精神や体力を使います。断捨離を行う際は、年末や連休など纏まった休みで気合いを入れて行うと良いでしょう。

家族も休暇を取っている場合、一緒に断捨離を行うことで作業効率が上がり、また家族全員の意見を聞きながら整理ができます。

通常の週末や平日の空き時間では手を出しづらい、クローゼットの全面的な整理や、押し入れの底の荷物整理など時間がかかるところを重点的に行うのがおすすめです。

フリマアプリ・オークションサイトで収入を得ながらやる

断捨離を行う際に、不要になったアイテムをフリマアプリやオークションサイトを通じて販売することは、物を減らすだけでなく、収入を得る手段としても有効です。販売によって得られた資金を再投資することで、より質の高いアイテムの購入や他の趣味への投資ができるでしょう。

アイテムが売れることで、断捨離の成果を具体的に感じることができ、断捨離のモチベーションも上がります。アイテムを廃棄する代わりに再利用してもらうことは、環境にもやさしい方法です。

断捨離で出たゴミをスムーズに捨てるコツ

断捨離で出たゴミをスムーズに捨てるコツは以下2つです。

  • 自治体のゴミ回収のスケジュールに合わせて作業日を決める
  • 不用品業者に依頼すれば分別も不要

順番に解説していきます。

自治体のゴミ回収のスケジュールに合わせて作業日を決める

断捨離で出たゴミは、可燃ゴミや不燃ゴミ、資源ゴミなど分別して自治体処分可能です。ゴミ回収のスケジュールに合わせて断捨離を行うとスムーズでしょう。

自治体によって規定は異なりますが、一辺が30cm以上のものは粗大ゴミに分類されます。粗大ゴミの場合には、事前申しこみや粗大ゴミ処理券の購入が必要です。回収日も指定されるので早めに行いましょう。粗大ゴミで捨てる場合の大まかな手順は以下の通りです。

  1. 電話や自治体のサイト上で粗大ごみ処分の申し込みを行う
  2. 指定された手数料の「粗大ごみ処理券」をコンビニやスーパー等で購入
  3. 不用品の目立つところに購入した「粗大ごみ処理券」を貼り付け
  4. 自治体の指示に従い、指定された日に不用品を運び出す

粗大ゴミ処理券は処分するものによって異なりますが、数百円から数千円程度です。自身で指定場所に運び出さないといけないので、収集日には怪我をしないように複数人で行うようにしましょう。

不用品業者に依頼すれば分別も不要

断捨離は、分別にも手間がかかります。不用品回収業者では、家具や家電などあらゆる不用品が回収可能で、依頼すれば業者が現場に赴き運び出しや分別、処分まで全て行ってくれます。

業者が赴く日程も自身の都合に合わせられ、早ければ即日中に回収してもらえるので、早めに処分したい人にもおすすめです。大まかな手順は以下の通りです。

  1. ネットや電話で不用品回収業者に問い合わせ
  2. 料金見積もりを行う
  3. 見積もり料金に納得したら、引き取りの日時や場所を指定する
  4. 当日、業者が不用品の運び出しと処分を行う

料金は、不用品の量や大きさ、業者によって異なるので、無料見積もりでいくらになるのか確かめてみましょう。多くの不用品回収業者では、トラックに詰められるだけ回収してもらえる「トラック詰め放題」などのプランがあるので、不用品が多い場合に特におすすめです。

「片付け侍」は、お客様満足度96.3%、事前見積もりや出張費無料、キャンセル費用、追加費用一切ナシの不用品回収業者です。

断捨離で出た不用品は片付け侍へ

本記事では、初心者でもスムーズにできる断捨離のコツや断捨離の片付けは何から始めるべきか、断捨離を続けるコツなどについて解説してきました。

断捨離は、焦らず自分のペースで行うことが大切です。自分のライフスタイルや変化した価値観などと向き合い、今の自分に必要なものだけ残すようにしましょう。

断捨離したいものが大量にある場合や、家具や家電など自分では運び出しにくい大型の不用品がある場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者に依頼すれば、指定した日時に業者が自宅に赴き、運び出しから分別、処分まで全て重なってくれます。時間も指定できるので多忙で空き時間が少ない方にも向いているでしょう。

「片付け侍」は365日全国に対応した不用品回収業者です。問い合わせいただければ、最短30分で自宅に駆けつけます。

見積もり無料、追加料金もかかりません。状態の良いものは買取可能なので、お得に処分可能です。作業前に契約額や追加費用が発生しない旨を記載した契約書を用意しているので安心です。

現在WEB割を実施しており「WEB割を見た」と報告すると積み放題プランの全メニューが10%OFFになります。 無料見積もりも行っているので、まずは相談から行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK