キッチン(台所)の断捨離で捨てたものリスト!断捨離のコツと風水効果も解説!

No Image

「キッチン(台所)の断捨離効果は?」「断捨離のやり方とは?」などと悩んでいませんか?

キッチンを断捨離することで、料理の準備が簡単になりスペースが有効活用されるため、日々の生活が格段に快適になります。食材・食器・調理器具のカテゴリーに分け、捨てる基準を決めることで処分することが可能です。

本記事では、キッチンの断捨離の効果や必要な手順、さらには断捨離後の整理維持の方法を詳しく説明します。

この記事を読めば
・断捨離の効果
・断捨離リスト
・断捨離のやり方
・不用品の処分方法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

キッチン(台所)の断捨離効果

キッチンの断捨離は、単なる整理整頓以上の効果をもたらします。整理された空間は、料理の効率を向上させ、心理的な清々しさをもたらすため、キッチンを中心に家庭生活が改善されるのです。

断捨離の効果をまとめると以下のとおりです。

  • 料理をする時間が短縮できる
  • どのアイテムがどこにあるか把握しやすい
  • 棚や引き出しがすっきりして気持ちの余裕が生まれる
  • 食品の賞味期限切れを防げるようになる
  • お金の節約に繋がる
  • 衛生的にキレイ

それぞれ詳しく解説します。

料理をする時間が短縮できる

キッチンの断捨離による料理時間の短縮効果は顕著です。不必要なアイテムを減らすことで、必要な道具や材料がすぐに手に入るようになり、食材の準備から調理までの流れがスムーズになります。

結果として、調理時間が大幅に削減され、キッチンでの作業がより楽しく、効率的なものに変わります。忙しい日々を送る家庭にとって大きな利点となるでしょう。

どのアイテムがどこにあるか把握しやすい

キッチン内のアイテムが整然と配置されていることで、どのアイテムがどこにあるかが一目で分かります。無駄な動きが減少し、調理中のストレスから解放されるでしょう。

具体的には、調理器具や食材、調味料を適切な場所に保管すると、必要な時にすぐにアクセスできるようになり、料理の過程が効率的に進行します。また、整理された状態は、特に複数の料理を同時に進行させる場合に役立ちます。

調理後の片付けも効率的に行えるため、キッチン全体の使い勝手が向上し料理がより楽しい時間へと変わりますよ。

棚や引き出しがすっきりして気持ちの余裕が生まれる

棚や引き出しをすっきりと整理すれば、キッチンが見た目にも美しくなります。物理的なクリアさは、心理的な安定感と直結し、日々の生活に穏やかな気持ちをもたらすでしょう。

整理された環境は、毎日の料理を楽しむためのモチベーションを高め、家族全員がキッチンでの時間をより価値あるものに変える助けとなります。断捨離は見た目の美しさだけでなく、生活の質を根本から改善する手助けとなるのです。

食品の賞味期限切れを防げるようになる

キッチンの断捨離によって、食品の賞味期限を管理しやすくなります。不要な物を取り除くことで、食品が適切な場所に保管され、一目で賞味期限を把握できる状態になるのです。

整理されたキッチンでは、賞味期限が近い食品を前に出し、消費を優先することが容易になります。結果として、食品の無駄遣いが減少し、年間で平均して家計にかかる食費が約10%削減されると報告されています。

賞味期限切れの食品を減らすことは、健康的な食生活を送る上で非常に重要です。

お金の節約に繋がる

キッチンを断捨離すれば、不必要な買い物を防ぎ、結果的にお金を節約できます。整理されたキッチンは、既に持っているアイテムを正確に把握するのに役立ち、重複して同じものを購入しなくなるのです。

さらに、必要なものだけを見極めて購入する習慣が身につきます。断捨離によって、平均的な家庭は年間で約20,000円の食費削済みが可能となると推定されています。

また、料理を自宅で行う機会が増えることから、外食に頼る頻度が減少し追加的な節約効果が見込めるでしょう。

衛生的にキレイ

断捨離を行うことでキッチンはより衛生的に保たれます。不要なアイテムや食品を処分すれば、清掃がしやすい空間が確保され、埃や汚れが溜まりにくい環境を維持できます。

整理されたキッチンは、害虫やカビの発生リスクも低下し、清潔な調理環境が保たれるため、食中毒などの健康リスクも低減されるでしょう。さらに、定期的な清掃が容易になるため、日々の掃除にかかる時間も大幅に短縮されます。

キッチンの断捨離は美観だけでなく、衛生面での利点も大きいですよ。

キッチン(台所)のスピリチュアル・風水の効果

キッチンを整理することは、スピリチュアルや風水の観点からも非常に有益です。風水では、キッチンは家庭の健康と繁栄を司る重要なエリアとされています。

キッチンが整っていると、良い気(エネルギー)の流れが促進され、家庭全体に好影響をもたらすとされています。ただ清潔で使いやすいだけでなく、住む人々の気分や運気をも左右するため、断捨離はただの片付け以上の意味を持つのです。

シンクとシンク下を整理すると金運に効果

キッチンのシンクとシンク下のスペースを整理すれば、風水における金運が向上するとされています。シンクは水を象徴し、水は風水で富と豊かさを表すため、綺麗で整っていることは金運を良くすると考えられているのです。

実際にシンク周辺を常に清潔に保ち、不要なものは処分することで、財運を引き寄せる環境が整います。

習慣を持続すれば、不思議と財布の中身が充実する経験をした人も多いと報告されていますよ。

使わない物・古い物を捨てると浄化できる

古くなったり、使わなくなった物をキッチンから撤去することには、スピリチュアルな浄化の効果があります。物にはエネルギーが宿るとされ、古いものや使われないものは時とともにネガティブなエネルギーを蓄積していくと考えられているのです。

断捨離することによって、スペースが新鮮なエネルギーで満たされ、心地良い空間が生まれます。浄化されたキッチンは、料理のインスピレーションを刺激し、作られる食事からも良いエネルギーが生まれると言われています。

結果的に、家族全員の心身の健康が促進されることにつながるでしょう。

断捨離で運気が上がる断捨離方法はこちらで詳しく解説していますので、ご覧ください。

キッチン(台所)の断捨離で捨てたいものリスト

断捨離中に捨てるべきキッチンアイテムのリストを作成することは、キッチンの整理と効率化に欠かせません。以下のアイテムを定期的に見直し処分すれば、キッチンスペースを最大限に活用し、清潔で使いやすい環境を維持できます。

  • 賞味期限切れの食材
  • 使ってない調味料
  • 使っていない調理家電・キッチン用品
  • 用途が被っているキッチン用品
  • 焦げやすいフライパン
  • ボロボロの布巾
  • 1年以上使っていない来客用の食器
  • 複数セットある食器の数を減らす
  • 貰ったまま使ってない引き出物の食器
  • ミニパウチの醤油やソース等
  • 水切り籠

それぞれ詳しく解説します。

賞味期限切れの食材

賞味期限切れの食材は、健康上のリスクを避けるために定期的にチェックし、捨てるべき最優先アイテムです。キッチンの断捨離をする際には、食品庫や冷蔵庫を徹底的に調べ、賞味期限が過ぎた食品を取り除くことが重要です。

断捨離によって新鮮な食材のみを保持し、食品の安全を確保しつつ、調理スペースを清潔に保てます。平均して、家庭は年間数百ドル分の食材を無駄にしているため、経済的にも大きな節約につながります。

使っていない調味料

使っていない調味料を断捨離することは、キッチンのスペースを効率的に使うために不可欠です。多くの家庭では、一度使っただけでその後長期間放置される調味料が存在します。

使用しない調味料はスペースを取るだけでなく、時間が経つにつれ品質が落ちるため、定期的な見直しと処分が必要です。調味料を断捨離すれば、必要なものだけが手元に残り、調理時にスムーズに作業できます。

調味料を整理すれば、新しいレシピや料理法を試す際のインスピレーションも得やすくなるでしょう。

使っていない調理家電・キッチン用品

多くの家庭には、購入したもののほとんど使用していない調理家電やキッチン用品があります。未使用のアイテムは、貴重なキッチンスペースを占有し、整理整頓の障害となることが多いです。

例えばブレンダー・フードプロセッサー・特殊なジューサーなど、一度も使われていないか年に一度しか使われないようなアイテムを見直し売却または寄付することで、キッチンスペースをより効率的に活用することが可能です。日常的に使用するアイテムへのアクセスが容易になり、キッチン作業がスムーズになります。

用途が被っているキッチン用品

キッチンで用途が重複するアイテムは、断捨離の際に特に注意を払うべき対象です。例えば、複数のサイズの同様な鍋やフライパン、似たような機能を持つ複数の調理器具などです。

アイテムを精査し、実際によく使うものだけを残すことで、キッチンの整理が容易になります。1つのアイテムで複数の機能をカバーできる多機能ツールに置き換えることも一つの解決策です。

整理されたキッチンは作業効率を高めるだけでなく、清掃やメンテナンスがしやすいため、キッチン全体の機能性が向上しますよ。

焦げやすいフライパン

劣化したり焦げ付きやすくなったフライパンは、料理の質を低下させるだけでなく、健康にも悪影響を与えます。焦げ付きがひどいフライパンは食材が均等に加熱されないため、料理の出来栄えに影響を及ぼし、古いフライパンからは有害な化学物質が食品に溶出する場合があるのです。

フライパンを新しいものに交換すれば、料理の品質を保ち、安全で健康的な食生活を支えられます。新しいフライパンへの投資は、長期的に見て、健康を守るための重要な一歩です。

ボロボロの布巾

キッチンで使用される布巾は、洗浄と繰り返し使用により徐々に劣化していきます。ボロボロになった布巾は効果的に汚れを拭き取る能力が低下し、見た目も悪く、キッチンの衛生状態を損ないます。

古い布巾は細菌の繁殖場所となり得るため、定期的に新しいものに交換することが必要です。新しい布巾に交換するコストは一枚あたり数百円と比較的低く、年に一度の交換で十分です。

布巾を定期的に交換すれば、キッチンの清潔を保ち、料理の安全を向上し続けられますね。

1年以上使っていない来客用の食器

長期間使われていない来客用の食器は、キッチンのスペースを不必要に占め、断捨離の対象となります。特別な機会のみに使用されることが多いものの、実際には特別な機会はほとんどない場合が多いです。

断捨離を通じて必要最小限の食器のみを保持すれば、キッチンの収納スペースを効率的に活用し、日常生活をシンプルにすることが可能です。不要になった食器は寄付やリサイクル、または販売を実施すると、他の家庭で再利用されます。

食器の断捨離のコツと基準はこちらの記事で詳しく解説しています。

複数セットある食器の数を減らす

多くの家庭では、同じタイプの食器が複数セット存在し、実際には使用される機会が少ないものもあります。食器セットを整理し、実際に頻繁に使用するアイテムだけを残せば、キッチンのスペースを有効活用できるでしょう。

さらに、キッチンの見た目がすっきりし、日々の食事の準備や後片付けがより簡単になります。不要になった食器は、地域のリサイクルセンターに持ち込むか、オンラインマーケットプレイスで販売すると、不用品を有効に活用して無駄を減らせるでしょう。

貰ったまま使ってない引き出物の食器

特別な機会に贈られる引き出物の食器は、美しく高価であるため、日常使いには手が出しづらいものです。しかし、未使用のまま長期間食器棚の隅に眠っている場合はスペースの無駄使いです。

断捨離することで、キッチンスペースをより有効に活用し、必要なものだけを手元に残せます。未使用の引き出物は、オンラインでの販売やチャリティーショップへの寄付を検討すれば、自宅のスペースを解放して他人にも喜んでもらえます。

ミニパウチの醤油やソース等

ミニパウチの調味料は、キッチンの引き出しや棚に置かれがちです。使われずに期限が切れてしまうことが多いため、定期的なチェックと処分が必要です。

ミニパウチの断捨離を行えば、調味料の保管場所を整理して必要なものだけを維持可能になり、キッチンスペースをより効果的に利用できます。また、不必要な廃棄を防ぐために、ミニパウチなどを受け取る際には必要最小限にとどめることが賢明です。

水切り籠

多くのキッチンで日常的に使用される水切り籠は、食器洗い後の水切りに便利ですが、大きく場所を取るためキッチンカウンターを圧迫します。特に使わない時は不必要にスペースを占め、見た目も乱雑に見えがちです。

断捨離により古いまたは使用頻度の低い水切り籠を処分すれば、カウンタースペースを広げ、キッチンの整頓を向上させられます。代わりに、引き出し式の水切り器や折り畳み式のものを導入すると使用していない時には隠すことができ、キッチンの機能性と美観を保てます。

キッチン(台所)の断捨離のやり方・手順

キッチンの断捨離を行う際には、明確な手順を踏むことが重要です。以下では、効果的なキッチン整理のための基本的な手順を解説します。

  1. 必要な数を把握する
  2. 食材・食器・調理器具のカテゴリーに分ける
  3. 捨てる基準を決める
  4. 必要・不要・保留で分別する
  5. 不要なものを捨てていく
  6. よく使うものと、あまり使わない物を分けて収納する

それぞれ詳しく解説します。

必要な数を把握する

断捨離を開始する前に、各カテゴリーのアイテムが実際にどれだけ必要かを把握することが最初の手順です。例えば、どのくらいの頻度で使うか、どのアイテムが重複しているかを考慮し保持するべき適切な数を決定します。

正確な数量を理解することで、不必要なアイテムの削減が可能となり、スペースを効率的に使用できます。

食材・食器・調理器具のカテゴリーに分ける

次に、食材・食器・調理器具をそれぞれのカテゴリーに分けます。それぞれのアイテムを見つけやすくし、さらにどのアイテムが重複しているか、または全く使用されていないかを明確にするのに役立つのです。

分類することで、各カテゴリーごとにどのアイテムが必要であるかを視覚的に把握しやすくなり、その後の処分や整理がスムーズに行えます。

捨てる基準を決める

最終的な断捨離の際には、事前に「捨てる基準」を定めることが重要です。使用頻度・機能性・感情的価値など、さまざまな要素を考慮して設定します。

例えば、「過去1年間で使用していないアイテムは処分する」といった明確なルールを設ければ、決断を迅速かつ客観的に行うことが可能です。基準に従ってアイテムを評価し断捨離を進めれば、キッチンのスペースを最適に活用し、より快適な調理環境を実現できます。

必要・不要・保留で分別する

キッチンの断捨離を行う際、すべてのアイテムを「必要」「不要」「保留」の三つのカテゴリーに分けることが効果的です。各アイテムを客観的に評価し、使用頻度や重要性を基に分類します。

必要なアイテムはそのまま保持し、不要なアイテムは処分し、保留アイテムは追加の検討を行いましょう。

分別により、キッチン内の物品を効率的に整理し、スペースを最大限に活用できます。

不要なものを捨てていく

断捨離プロセスの中で、不要と判断されたアイテムを捨てることは、キッチンスペースを解放し整理整頓を促進します。不要なアイテムには使われていない調理器具・古い食器・期限切れの食材などが含まれます。

不要アイテムを適切に処分すれば、キッチンがより使いやすくなり、清潔で健康的な調理環境が維持されるでしょう。処分方法としては、リサイクルや寄付、または適切な廃棄が考えられます。

保留は捨てる基準に合わせて捨てていく

保留にしたアイテムは、設定した捨てる基準に照らし合わせて再評価します。アイテムが将来的に使用される可能性や、感情的な価値、物理的な状態などを考慮に入れます。

例えば、半年以内に使用されなかったアイテムは処分を検討するなど、明確なルールを設けることが重要です。

最終的にキッチンに残すアイテムの数を最小限に抑え、より機能的な空間を実現できるでしょう。

よく使うものと、あまり使わない物を分けて収納する

キッチンのアイテムを「よく使うもの」と「あまり使わない物」に分けて収納すると、日々の料理がよりスムーズになるでしょう。よく使うアイテムは手の届く場所に置き、あまり使わない物は普段使用しない場所に保管します。

使用頻度を分けることで、料理の効率が大幅に向上しキッチンでの時間をより楽しく、生産的に過ごせます。また、アイテムを適切に管理し、必要なときにすぐ取れるようになるのです。

キッチン(台所)の断捨離のコツ

キッチンの断捨離を成功させるためには、いくつかの実践的なコツがあります。以下のコツを適用すれば、キッチンを清潔で使いやすい空間に保てるでしょう。

  • 収納スペースの7~8割は物を残して良い
  • 1つの購入したら1つ捨てるようにする
  • 迷ったら無理に捨てなくて良い

それぞれ詳しく解説します。

収納スペースの7~8割は物を残して良い

キッチンの収納スペースを整理する際、全てのアイテムを捨てる必要はありません。実際には、収納スペースの約70%から80%をアイテムで埋めることが、効率的な使用と整理のバランスをとるのに最適です。

割合を保つことで、キッチンが過剰に混雑することを防ぎつつ、必要なアイテムが手の届く場所に保管されます。また、収納スペースに少し余裕を持たせると、新しいアイテムを追加する場合の柔軟性も確保されます。

キッチンや食器棚の収納のコツはこちらで詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

1つの購入したら1つ捨てるようにする

新しいアイテムをキッチンに追加するたびに、既存の何かを捨てる「ワン・イン・ワン・アウト」ルールを採用することは、キッチンの断捨離を維持するのに効果的です。アイテムの数が一定の範囲内に収まり、キッチンが無秩序になるのを防ぎます。

たとえば、新しいフライパンを購入した場合は、古いものや状態の悪いフライパンを処分します。

結果、キッチン内のアイテムが常に最新の状態に保たれ、無用な物の蓄積を防ぐことが可能です。

迷ったら無理に捨てなくて良い

断捨離中に迷いが生じた場合は、無理にアイテムを捨てる必要はありません。感情的な価値があるものや将来的に使用する可能性があるアイテムは、一時的に保留して再評価する時間を設けることが有益です。

数ヶ月後に再びアイテムを見て、その時点で使用していなければ処分を考える、という方法も有効です。慎重に断捨離を進めれば、後悔せず、本当に必要なアイテムだけをキッチンに残せます。

キッチン(台所)の断捨離で出た不用品の捨て方

キッチンの断捨離を行った際には、不用品の処分方法を効率的かつ環境に優しい方法で考えることが重要です。以下の処分方法を理解し、状況に応じて最適な方法を選びましょう。

  • 分別して自治体のゴミ回収で捨てる
  • 不用品回収業者に分別せず回収してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで売る
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • NPO法人・支援団体に寄付をする

それぞれ詳しく解説します。

分別して自治体のゴミ回収で捨てる

自治体のゴミ回収システムを利用して不用品を処分する場合、正しい分別が必要です。各自治体によって分別ルールや回収日が異なるため、事前に確認が必要になります。

たとえば、燃えるゴミやリサイクル可能なプラスチック、金属等の分別があります。正確に分別し、指定された日に適切な容器で出せば、処分がスムーズになり環境保護にも貢献できるでしょう。

不用品回収業者に分別せず回収してもらう

大量の不用品や大型のアイテムを処分する場合、不用品回収業者を利用すると便利です。専門業者は、通常の自治体のゴミ回収では扱えないアイテムも引き取ってくれるため、特に家具や家電製品の処分に適しています。

業者によっては事前に見積もりを取ることができ、料金はアイテムの量や種類によって異なりますが、一般的には数千円からです。サービスを利用すれば、手間と時間を省けるでしょう。

不用品回収業者の相場はこちらで詳しく解説しています。

フリマアプリ・オークションサイトで売る

使用しなくなったがまだ使えるアイテムは、フリマアプリやオークションサイトを利用して販売できます。不用品を有効活用し、新たな所有者に引き継げるでしょう。

商品の写真を撮り、状態を正確に記載し、適正価格で出品することが重要です。特にブランド物の食器やあまり使用していない家電に適しており、新たな収入源となります。

リサイクルショップに買取してもらう

キッチンの断捨離で出たまだ使える品物をリサイクルショップに買取してもらうことは、不用品を有効利用する素晴らしい方法です。リサイクルショップでは、食器・調理器具・小家電など様々なキッチン用品を取り扱っており、状態が良ければ適正価格で買い取ってもらえます。

買取価格はアイテムのブランド・状態・需要に基づいて変動し、一般的には数百円から数千円の範囲で設定されます。

不用品を処分しつつ、新たな資金を得ることが可能となり、エコロジカルな選択肢としてもお勧めですよ。

NPO法人・支援団体に寄付をする

不用品をNPO法人や支援団体に寄付することは、社会的な貢献を行うとともに、物の再利用を促進する方法です。食器やキッチン用品は、災害支援や低所得者支援に役立てられることが多く、不要になったアイテムが新たな命を得られます。

寄付を受け付けている団体は事前に連絡を取り、どのようなアイテムが必要か確認することが重要です。寄付を通じて、不用品が誰かの役に立てば、物の価値を最大限に活かせます。

断捨離で出た不用品を丸ごと捨てるなら片付け侍へ

キッチンを断捨離することで、料理の準備が簡単になりスペースが有効活用されるため、日々の生活が格段に快適になります。食材・食器・調理器具のカテゴリーに分け、捨てる基準を決めることで処分することが可能です。

家全体の断捨離を行い、大量の不用品を一度に処分したい場合は、不用品回収業者・片付け侍の利用をご検討ください。家具から小物まで、あらゆる不用品を迅速に清掃し、適切に処分します。

プロのスタッフが作業を行うため、手間をかけずに家全体をすっきりさせることが可能です。

ぜひ本記事を参考にして、片付け侍へのご依頼を検討してくれると嬉しいです!

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK