食器の断捨離と捨て方を解説!もったいないと後悔せずに捨てるコツと基準を紹介

No Image

「以外に使わない食器が多いんだけれど、断捨離する判断基準って何?」

「後悔しないように食器の断捨離したいな…」

「断捨離する食器の捨て方に関して知りたい」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・食器を断捨離するときの判断基準
・後悔しないための食器を断捨離するコツ
・断捨離する食器の捨て方

これら全てがわかります。

食器は貰い物としても多く、いつの間にか溜まってしまうことや使われずに溜まっていることも多いです。今回は食器の断捨離に関して解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

食器を断捨離するときの判断基準

食器を断捨離しようするとき「もったいない」精神が出てきてしまうこともあるでしょう。以下のの判断基準を持って思い切って手放してみてください。

  • 使わない・使用イメージがわかない食器
  • 使えるものの使いにくい食器
  • デザインが古い・気に入ってない食器
  • カケやヒビがある食器
  • 用途や大きさが似たような食器がある
  • 汚れや使用感がある古い食器

順番に解説していきます。

使わない・使用イメージがわかない食器

食器は収納スペースを無駄に占有し、日常生活での使い勝手を妨げるため、使わない・使用イメージがわかない食器は手放してしまいましょう。例えば、結婚式の引き出物やプレゼントでいただいたもののなどは意外にも使わずに保管されていることも多いです。

「もったいない」と感じてしまったものはフリマアプリやオークションサイト、リサイクルショップで販売すると良いでしょう。

使えるものの使いにくい食器

使いにくい食器は、ストレスの原因になり得ます。特に他で代用が効く食器である場合には、使いにくいものを保持しておく理由がありません。以下に該当するものは思い切って断捨離してしまいましょう。

  • 重くて扱いにくい食器
  • 電子レンジや食洗機非対応のもの
  • 持ちにくいデザインの食器
  • 底が不安定な食器
  • 収納しづらい食器

これらの食器を手放すことで、キッチンや食器棚のスペースを有効に活用でき、使いやすい食器だけが残り、生活しやすくなるでしょう。

デザインが古い・気に入ってない食器

デザインが古い食器や気に入ってない食器は、使う機会が減りがちです。料理の盛り付けも気分が上がらず、食事の満足感が下がることもあります。

気に入った食器に変えるだけで、食卓の雰囲気も変えることができます。、デザインが古い食器や気に入っていない食器を見直し、自分にとって本当に必要なものだけを選びましょう。

カケやヒビがある食器

カケやヒビがある食器は、使用時に怪我をするリスクが高いです。また、ヒビの入った食器は、ヒビに汚れが入り込みやすく、衛生面での問題が生じやすいです。

見た目が悪く、食事の楽しみが減少してしまうこともあるでしょう。かけている食器は、壊れないように慎重に扱わなければならず、無意識のうちに精神をする減らしています。カケやヒビがある食器を断捨離して、安全でストレスフリーな食卓を目指していきましょう。

用途や大きさが似たような食器がある

同じような食器が多いと、使用頻度が偏り、結果として一部の食器しか使われないことが多いです。同じ用途、大きさの食器が複数ある場合は数枚残し、他は断捨離の対象としましょう。

選定する際、多用途に使える食器を残しておくと、便利です。食器の減らすことで収納スペースが広がり、キッチンの使いやすさが向上します。断捨離を通じて自分の生活スタイルや好みに合った食器だけを残すことが重要です。

汚れや使用感がある古い食器

汚れや使用感がある古い食器は、見た目が悪く、使用する際に不快感を感じることが多いです。例えば、長年使用してきたプレートに染みついた汚れや、カップの内側に残る茶渋などが挙げられます。

汚れが残った食器は、細菌が繁殖しやすく、衛生面でのリスクもあります。食器を洗う際も汚れが落ちにくく、ストレスに感じることもあるでしょう。

汚れや使用感があるものは「まだ使える」と思うこともあるかもしれませんが、寿命がきた証拠なので断捨離の対象とすべきです!

断捨離すべきでない食器

断捨離すべきでない食器は以下のとおりです。

  • 使うイメージが明確にある食器
  • 収納がしやすい食器
  • 自分や家族・パートナーが好きな食器

断捨離後の後悔が残らないように、残すべき食器と断捨離すべき食器について意識してみてください。

使うイメージが明確にある食器

使うイメージが明確にある食器は、日常的に使われる生活に欠かせないアイテムであるため、手放さないようにしましょう。また、来客時やクリスマスなどの行事で使われる食器も使用頻度は少なくても活躍する時があるので手放さない方が良いでしょう。

注意点として、1年以内に食器を使用するシーンが具体的に想像できるものだけ残してください。曖昧に「いつか使うかも」と理由づけしてしまうと結局断捨離できないこともあります。使うイメージが明確にある食器を見直し、自分にとって本当に必要なものだけを選びましょう。

収納がしやすい食器

収納がしやすい食器は、収納スペースを効率的に使え、取り出しやすく使い勝手が良いため、断捨離せず残しておくのが良いでしょう。例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 取っ手が取り外せる食器
  • スタックしやすいデザイン
  • 薄型の食器
  • 重さが軽い食器

断捨離を通じて自分の生活スタイルや好みに合った食器だけを残すことが重要です。収納がしやすい食器を手放さないことで、新しい食器を購入する際にも基準が明確になります。

自分や家族・パートナーが好きな食器

使わないものや不要なものを整理し、心身のストレスを軽減することです。好きな食器は私たちの個性や趣味を反映しています。自分や家族・パートナーが好きな食器は私たちの生活に喜びと満足を与えるものであり、心の豊かさを育むために重要です。

他にも自分や家族・パートナーの思い出にとっているものもあるでしょう。例えば、家族が毎年クリスマスに使う特別な食器があった場合、家族が集まり楽しい時間を過ごすためのシンボルとなっています。パートナーとの記念日に使う特別なカップや皿がある場合も同様です。これらの食器は、愛情や思い出が詰まっており、食器の存在が特別な日をより特別なものにします。

食器は私たちの生活に喜びや幸福感をもたらし、家族やパートナーとの絆を深める重要な役割を果たしています。断捨離の際には、使わないものや不要なものを整理することが大切ですが、好きな食器はその対象外とすべきです。

食器を断捨離するメリット

食器を断捨離するメリットは以下のとおりです。

  • 食器の出し入れが楽になる
  • お金の無駄遣いが無くなる
  • 棚がすっきりすると気持ちに余裕が生まれる
  • 運気が良くなることも

メリットを知って、食器の断捨離のモチベーションを高めていきましょう。

食器の出し入れが楽になる

食器が少なくなることで、キッチンや食器棚のスペースが有効に活用できるようになります。食器棚の中がすっきりすることで、必要な食器を素早く見つけられ、食器の出し入れもスムーズになります。

キッチンでの作業がスムーズになると、食事の準備がストレスフリーになるでしょう。断捨離によって得られるスペースと心の余裕は、より快適で幸せな生活へと繋がります。

お金の無駄遣いが無くなる

食器を断捨離すると、不必要な食器の購入を避けることに直結し、経済的な節約に繋がります。食器が多すぎると、実際に何がどれだけあるのか把握しづらくなりますが、断捨離により必要なものと不必要なものがはっきりするからです。

必要最小限の食器に絞ることで、より質の高い、長持ちする食器を選ぶようにもなるでしょう。食器の断捨離は、単なる片付け以上の価値があるため、経済的な観点からも積極的に行うべきです。

棚がすっきりすると気持ちに余裕が生まれる

食器を断捨離することは、単にスペースを確保するだけでなく、心にも大きな余裕をもたらします。食器棚が整理されることで気持ちに余裕が生まれる理由は、視覚的なクリアさが直接的に心のクリアさに繋がるからです。

物理的な空間がすっきりと整理されると、私たちの心もすっきりとし、ストレスが減少します。毎日の料理や食事の準備がよりスムーズになり、心の平穏にもつながるでしょう。

運気が良くなることも

風水では、物の整理整頓がエネルギーの流れを良くし、運気を高めるとされています。食器を適切に整理し、不要なものを取り除くことで、家の中の気の流れがスムーズになり、良い運気が招き入れられる環境が整うでしょう。

食器を断捨離することで、新しいものを選ぶ際の選択眼も養われ、だわった食器を選ぶようになることで、日常生活における満足感が高まります。心理的な満足感を高めることで、生活全般の運気を良くする効果があります。

後悔しないための食器を断捨離するコツ

断捨離を行って「捨てなければよかった…」と後悔した経験は少なからずあるでしょう。ここでは後悔しないための食器を断捨離する以下のコツに関して解説します。

  • 捨てるか迷った食器は捨てない
  • 最近使ったことがあるものは残して良い
  • 捨てる理由をはっきり明確に
  • 他人の基準で捨てないこと
  • 価値がある食器は残しておく
  • 自分以外のものは勝手に捨てない

断捨離する前に確認してみてください。

食器だけでなくキッチンの断捨離も進めてる方は、こちらの記事でキッチンの断捨離のコツを紹介しているので、併せてご覧ください。

捨てるか迷った食器は捨てない

捨てるか迷った食器は、保留することをおすすめします。捨てるか迷った場合は、用途がすぐに思い浮かばなくても未だに価値を持っている可能性があるからです。特に用途はなくても感情的な価値や記憶が結びついている食器は、一度手放してしまうと取り返しのつかないことが多いです。

断捨離のプロセスは、スペースを確保することだけが目的ではなく、使うものだけを選んで生活を豊かにすることも目指しています。後悔のないよう、捨てるか迷った食器は、保留にし、数か月後に再評価してみると、その食器に対する感情や必要性がはっきりしてきます。

最近使ったことがあるものは残して良い

最近使った食器は、現在の生活スタイルに適している証拠です。断捨離は、無用な物を減らし、必要な物だけを手元に残すことを目的としていますが、その過程で実際に使用している物を誤って手放すと後悔することがあります。

最近使った食器で、使用上に問題ないものは無理に断捨離せずに手元に残しておきましょう。

捨てる理由をはっきり明確に

食器を断捨離する際、後悔を避けるためには、捨てる理由を明確にすることです。理由が明確であれば、どの食器を保持し、どの食器を手放すかの判断が合理的かつ感情に左右されずに行えます。

捨てる際には「破損している」、「デザインが時代遅れである」「使わなくなった」などの具体的な理由で捨てると良いでしょう。言語化することで、自分の価値観を見つめやすくなります。

他人の基準で捨てないこと

食器を断捨離する際には、他人の基準で物を捨てないことです。断捨離は個人の生活に密接に関連するため、他人の意見や一般的な基準に左右されることなく、自己の直感とニーズに従うべきです。

食器一つ一つには、使用する頻度や思い出、感情的な価値が異なります。他人が不要だと感じるアイテムも、特別な意味を持つこともあるでしょう。他人の意見を参考にする場合でも、最終的な決断は自分の感情に基づいて行うと後の後悔することも少ないです。

価値がある食器は残しておく

価値ある食器を残すことの意義は、その食器が持つ美的価値、機能性、感情的な価値にあります。美的価値が高い食器は、日常の食事をより豊かなものにし、特別な場合に使用することで、その瞬間を特別なものに変える力があります。

機能性の高い食器は、使い勝手が良く、日々の生活において便利です。また、感情的な価値を持つ食器は、家族の歴史や大切な思い出と結びついていることもあるでしょう。

自分にとって「価値がある」と感じるものは残しておくことが最善です。

自分以外のものは勝手に捨てない

断捨離は個人の価値観や感情が大きく関わる活動であり、家族などの自分以外のものは、その持ち主の意思を尊重するべきです。人によっては、見た目には古くて無価値に見える食器でも、感情的な価値や大切な思い出が詰まっている場合があります。

捨てる前には、相手に確認をとり、同意を得られてから捨てるようにしましょう。承認されなかったアイテムは、捨てずにそのままにしておくか、さらに話し合ってみてください。

断捨離する食器の捨て方

断捨離する食器の捨て方は以下6つの方法があります。

  • 自治体のゴミ回収に出す
  • フリマアプリやオークションサイトで販売する …
  • リサイクルショップ・食器専門買取店に買取してもらう
  • NPO法人・支援団体などに寄付をする
  • 知人やジモティで譲る
  • 不用品回収業者

それぞれメリット・デメリットがあるので自身の状況に合わせて最適な処分方法を選択しましょう。

自治体のゴミ回収に出す

食器を断捨離する際に自治体のゴミ回収を利用する方法は、一般的な方法です。多くの自治体では、食器を「燃えないゴミ」やリサイクル可能な「資源ゴミ」として分類し、特定の日に回収を行っています。

自治体によって食器の処分方法は異なるため、事前に自分が住む地域のルールを確認してみてください。食器は通常、透明または指定された色のゴミ袋に入れて、指定日に出すだけです。

袋に「割れ物注意」など注意書きをしておくと、回収者が中に何が入っているのかわかり、親切です。

フリマアプリやオークションサイトで販売する

有名メーカーの食器や貰い物で一度も使っていないものなどは「メルカリ」や「ラクマ」、「ヤフオク」などのフリマアプリ・オークションサイトを活用すると良いでしょう。買い手が見つかれば、使わなくなった食器をただ捨てるのではなく、需要のある人に届けることができ、臨時収入も得られます。

出品から梱包、発送まで自身で行う必要はありますが、ネット上で広い範囲の買い手を見つけることができ、販売価格も自身で決められます。取引の流れは以下のとおりです。

  1. 食器の写真を複数枚撮影する
  2. 傷や汚れ箇所、サイズやメーカー名なども説明欄に記載して写真と共に出品
  3. 購入されたら、梱包して発送する
  4. 購入者が商品を受け取り、評価されれば料金が反映される

同様の食器がフリマアプリやオークションサイトでどのくらいで取引されているかをリサーチし、適切価格で販売すると売れやすくなります。食器は割れ物なので梱包の際には割れることのないようにクッション材などで包むなど工夫しましょう。

出品したからといって必ず売れるとは限りません。なかなか売れずに放置状態になる場合もあるので、期間を設けて出品するのがおすすめです。

リサイクルショップ・食器専門買取店に買取してもらう

リサイクルショップ・食器専門買取店は、フリマアプリやオークションサイトと違い、その場で査定して買取の可否が決まるので、早い段階で不要になった食器を手放すことができます。

食器が再利用されることで環境への負担が軽減されるので、まだ使える状態の良いものは買取を検討するのも良いでしょう。最近では、店舗に直接赴く、店舗買取のほかに、宅配買取や出張買取を行なっているところも多いです。

中には買取条件が設けられていることもあるので、事前に確認してください。取引の手順は以下のとおりです。

  1. リサイクルショップの買取条件を確認する
  2. LINE査定や出張など査定方法を選択し、査定してもらう
  3. 査定額に納得したら、商品引き取りと買取額の引き渡し

買取不可になった場合には、処分手数料や持ち帰らないといけないケースもあるので注意してください。

NPO法人・支援団体などに寄付をする

NPO法人や支援団体への寄付は、不要となった食器を必要としている人々に直接役立てることができ、リサイクルと社会支援の両方を実現できます。

寄付された食器は、災害時の避難所や低所得者家庭、国内外の支援が必要な場所で活用されることが多いです。団体によっても寄付される対象が異なるので調べておくと良いでしょう。

寄付前には、寄付する食器が清潔で、使用に耐えうる状態であることを確認しましょう。割れや欠けがあるものは避け、可能な限りきれいに洗ってから寄付してください。

事前に連絡を取り、食器の種類や数量、引き渡し方法などを確認しておくとスムーズです。寄付によってもたらされる社会的なつながりや届けられる感謝は断捨離のさらなる動機付けとなるでしょう。

知人やジモティで譲る

知人に食器を譲る利点は、信頼できる人々へ直接手渡しできるため、やり取りしやすいことです。たとえ、知人であっても譲渡前に、食器の状態が良好であるか確認し、サイズや素材、特徴を明確に伝えるようにしましょう。

身近な人に食器を欲する人がいなくても、地域密着型掲示板「ジモティ」を活用すれば、住んでいる地域で食器を欲する人に出会えるかもしれません。手順は基本的にフリマアプリやオークションサイトと同様です。

食器を知人やジモティを通じて譲る方法は、不用品を有効活用し、地域社会の持続可能な発展に貢献する行動です。手放すまでに時間はかかるかもしれませんが、貰い手の喜びを実感しやすい方法になります。

不用品回収業者

不用品回収業者を利用する方法は、特に大量の食器や他の家庭用品を一度に処分したい場合に適しています。不用品回収業者に依頼すれば、希望の日程に業者が自宅に赴き、運び出しから分別、処分まで全て請け負います。

食器とともに、食器棚や冷蔵庫などあらゆる不用品を引き取ってもらえ、早ければ即日中に回収してもらえるので、運び出しが難しいものがある場合や手間や時間をかけたくない方におすすめです。

不用品回収業者に依頼する場合の手順は以下のとおりです。

  1. ネットや電話で不用品回収業者に問い合わせ
  2. 料金見積もりを行う
  3. 納得したら、引き取りの日時や場所を指定する
  4. 当日、業者が服の運び出しと処分を行う

料金は依頼する業者や不用品の大きさ、量によって異なり、見積もり後に確定します。インターネットのレビューや口コミ、地元の評判を確認し、透明性の高い料金体系を提示している業者を選びましょう。

不用品回収の「片付け侍」は、お客様満足度96.3%、事前見積もりや出張費無料、キャンセル費用、追加費用一切ナシの不用品回収業者です。

不用品回収業者の依頼するメリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

素材別の食器の捨て方

食器は素材によっても捨て方が異なる場合があります。ここでは、以下の素材の捨て方に関して解説していきます。

  • 陶磁器(せともの)・ガラス製
  • 金属製
  • プラスチック製
  • 木製・紙製

正しく捨てることで、環境にもやさしく処分できるので、処分前に確認してみてください。

陶磁器(せともの)・ガラス製

陶磁器は、割れ物なので厚紙などで包み、割れ物である旨を記載して「燃えないゴミ」で回収されることが多いです。処分規定は、住んでいる自治体によっても異なる場合があります。以下では、一部自治体の陶磁器の処分方法をまとめました。

自治体によって定義は異なりますが、一辺の長さが30cm以上の場合は、粗大ゴミに該当し、事前申込やゴミ処理券の購入が必要なこともあるので、確認してみてください。

金属製

金属製の食器を自治体で処分する場合にも同様に「燃えないゴミ」で処分することが多いです。以下に一部の自治体の処分規定に関してまとめています。

  • 横浜市:「小さな金属類」・30cm以上のものは「粗大ごみ」
  • 名古屋市:「不燃ごみ」・装飾用の大皿は「粗大ごみ」
  • 台東区:燃やさないごみ

ご覧のように一辺の長さが30cm以上の場合は、粗大ゴミとなる場合が多いので確認しておきましょう。

プラスチック製

プラスチック製の食器は、燃やせるごみとして出すことができるほか、プラマークがついている場合はプラスチックごみとして出すのが一般的です。

このように自治体によって規定は異なるので、ルールを守って環境に優しく処分しましょう。

木製・紙製

木製食器は素材が木なので、普通の燃えるゴミとして処分できます。紙製の食器も同様に、使用後は燃えるゴミとして捨てられます。

に複雑な処理方法が不要なため、木製や紙製の食器は処分が簡単です。

断捨離した食器を捨てるなら片付け侍へ

本記事では、食器を断捨離するときの判断基準や後悔しないための食器を断捨離するコツ、食器の捨て方などについて解説してきました。

断捨離したいものが大量にある場合や、家具や家電など自分では運び出しにくい大型の不用品がある場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。時間も指定できるので多忙で空き時間が少ない方にも向いているでしょう。

「片付け侍」は365日全国に対応した不用品回収業者で、最短30分で自宅に駆けつけます。見積もり無料、追加料金もかかりません。状態の良いものは買取可能なので、お得に処分可能です。

作業前に契約額や追加費用が発生しない旨を記載した契約書を用意しているので安心です。

現在WEB割を実施しており「WEB割を見た」と報告すると積み放題プランの全メニューが10%OFFになります。 無料見積もりも行っているので、まずは相談から行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK