リビングで断捨離すべきもの・場所12選!断捨離のやり方・コツも徹底解説!

本記事では、リビングで断捨離すべきものや場所、やり方について詳しく解説します。

リビングはたくさんのものが集まりやすく、断捨離をしようにも、何から手をつければいいのか迷ってしまいがちなスペース。

試しに断捨離してみたものの、時間がかかりすぎて結局断念してしまった方も多いのではないでしょうか。

今回は、リビング断捨離のスムーズに進めるやり方・コツについても徹底解説しているので、記事を読み終われば、リビング断捨離の成功確率がグンと上がるはずです。ぜひ最後までご一読ください。

すぐに処分するなら下記から

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

リビングで断捨離すべきもの8選

はじめに、リビングに置いてありがちな断捨離すべきものについて紹介します。

  • ラグ・マット
  • 置きすぎた飾り物
  • ボックス型のテレビ台
  • 書類・郵便物
  • リモコン
  • 再生してないCD・DVD
  • コード・ケーブル
  • クッション

これらは、実用性はさほど高くなく、リビングから無くなっても特に困らないアイテムです。

無くなれば、リビングが一気にすっきりし、普段の掃除も格段にラクになるので、ぜひ断捨離を実践しましょう。

ラグ・マット【普段の掃除が一気にラクに】

普段の掃除が一気にラクになるため、ラグやマットは、ぜひ断捨離を検討したいアイテムです。

ジュースやお菓子の粉をラグ・マットの上にこぼし、掃除に苦労した経験を持つ方は多いはず。

ラグ・マットがなければ、フローリングワイパーや雑巾でサッと拭き取るだけでキレイになり、掃除時間を大きく短縮できます。

足元が冷たくなるのが気になるなら、スリッパを履くようにすればOKです。

置きすぎた飾り物【無い方がオシャレ】

お部屋をオシャレに見せるために購入した数々の飾り物も、断捨離すべきものの代表格です。

そもそも、飾り物でお部屋をオシャレに見せるのは非常に難易度が高く、いっそ何も置かずにすっきりさせた方が、景観が良くなるケースも多いです。

片付け侍編集部
片付け侍編集部

ホコリ掃除をする箇所を減らせるメリットもあるため、リビングに置きすぎた飾り物は、断捨離を決断しましょう。


ボックス型のテレビ台【スタンド型に変更する】

多くのご家庭に設置されているボックス型のテレビ台も、一度は無くすことを検討してみてください。

ボックス型のテレビ台は、収納スペースがたくさんあるため、不要な小物や飾り物をついつい置いてしまいがち。

ネット通販や家具店では、省スペースなスタンド型のテレビ台が多数販売されています。掃除もラクになって、お部屋もすっきりするため、こちらに変更してみることをおすすめします。

書類・郵便物【ネットで調べればOK】

リビングのあらゆる収納場所に隠れている書類や郵便物は、断捨離すべきものの一つ。

「あとで必要になって見るかも…」と考えてとっておいた書類も、ネットであらゆる検索ができる昨今では、不要となっているケースも多いはず。

ラッキーと思って残しておいたクーポンチラシは、すでに期限切れになっている可能性大です。

書類・郵便物は、ごみの日で比較的容易に処分できます。思い切って断捨離しちゃいましょう。

リモコン【景観が悪くなる要因】

リモコンも、リビングにありがちな断捨離すべきもの。

リモコンは、デザインもバラバラで、ホコリがたまると掃除も面倒くさく、リビングルームの景観を低下させる要因になりやすいアイテムです。

1~2回使用しただけで放置しているリモコンも多いのではないでしょうか。

片付け侍編集部
片付け侍編集部

利便性が高いため捨てるのをためらいがちですが、1年以上も使用していないリモコンは、いっそ断捨離しましょう。

再生してないCD・DVD【サブスクで十分】

「時間のある時にまた再生しよう」ととっておいたCD・DVDも、断捨離しましょう。

近年は、音楽・動画のサブスクサービスが充実しており、CD・DVDを残しておくメリットはほとんどなくなっています

思い出を撮影したDVDや、絶版になっているCDなら別ですが、ネットなどで再度購入可能なものなら、断捨離を検討すべきです。

コード・ケーブル【使わずにどんどん増える】

コードやケーブルは、いつの間にか増えているもので、リビングにもたくさんありがちです。

「スペアとして残しとこう…」と、収納スペースにスマホの充電コードや家電のケーブルを、大量に保管している方も多いのではないでしょうか。

数年に1度くらいは、活躍の機会が来る場合もあるとは思いますが、そう考えているうちに、さらにコードやケーブルは増えていきます

部屋中がコード・ケーブルだらけになる前に断捨離して、最低限必要なコード・ケーブルを見極めましょう。

クッション【実用性があまりない】

オシャレなクッションを見かけるたびに購入してしまい、ソファの上がクッションだらけになっている方も多いのではないでしょうか。

そもそもクッションは、ソファでくつろぐ際に枕代わりになる程度の実用性で、絶対に必要なものというわけでもありません

ダニやホコリの発生原因にもなりますし、サイズも大きめでそれなりに場所をとるので、いっそ無くしてしまった方がすっきりするでしょう。

断捨離をすべきリビングの場所4選

ここからは、リビングで断捨離すべき場所について解説します。

  • ソファの上
  • テレビまわり
  • ローテーブルの上
  • コンセントがある場所

これらは、リビングで特にものがたまりがちなスペースです。

1ヶ所キレイにするだけでも、リビングの景観が一気に良くなる可能性があるため、ぜひ断捨離を実行しましょう。

ソファの上

ソファの上は、脱ぎ散らかした上着、クッション、ブランケット、ぬいぐるみなど、さまざまなものがたまってしまいがちなスペース。

布製品を置きがちでホコリもたまりやすく、ものがたくさんあると掃除も大変です。

ソファは物置ではなく、あくまで「座るための場所」という意識を持ち、ソファの上に置いたものを断捨離しましょう。

テレビまわり

テレビまわりは、ものが集まりやすい場所の代表格です。

  • ゲーム機・ゲームソフト
  • 使っていないケーブル
  • 書類・取扱説明書
  • CD・DVD
  • 飾り物

など、断捨離すべきアイテムがたくさんたまりがち

テレビ台の引き出しの中、テレビの裏側など、見えにくいところもしっかりチェックし、すっきりさせましょう。

ローテーブルの上

リモコン、書類、調味料など、ローテーブルの上は、生活感を感じさせるものを置きがちです。

断捨離してローテーブルの上を何もない状態にすれば、部屋の景観も整いますし、掃除をする際も布巾でサッと拭くだけで済み、一気にラクになります。

リモコンは専用の収納箱へ、書類は仕事部屋に、調味料はキッチンと、それぞれをあるべき場所に置き、ローテーブルの上をすっきりさせましょう。

コンセントがある場所

テレビ、空気清浄機、スマホの充電器など、コンセントまわりはたくさんのケーブルでごちゃごちゃしがちな場所。

片付け侍編集部
片付け侍編集部

ほとんど使っていない家電のケーブルを、コンセントに挿したまま放置している方も多いのではないでしょうか。

一度、コンセントの挿したケーブルをすべて外し、本当に必要なケーブルを見極めましょう

どうしてもケーブルの数が減らせないなら、ケーブル収納ボックスを購入して、ひとまず見た目だけでもすっきりさせることをおすすめします。

リビング断捨離のやり方・コツ

ここからは、リビングの断捨離をスムーズに進めるやり方・コツをご紹介します。

  • 不要・保留ボックスを用意する
  • 1ヶ所に集中して断捨離する
  • 不要ボックス内のものを分別して処分する
  • 保留ボックス内のものを分別する

これらのポイントを抑えれば、リビング断捨離をスピーディかつ高確率で成功できるようになるので、ぜひ目を通してみてください。

不要・保留ボックスを用意する

リビング断捨離を断念してしまう要因として特に注意すべきなのが、「迷う時間」です。

ものをためがちな方は、「捨てるのはもったいないかも」と考えてしまう方が多く、少しでも使えそうなものがあれば、捨てるべきか否か迷ってしまいがち。

対策として、不要・保留と2つのボックスを用意するのがおすすめです。

確実に不要なものは不要ボックスへ、「もったいないかも」と思うものは保留ボックスへと、どんどん箱の中へ入れていきましょう。

1ヶ所に集中して断捨離する

ソファの上やテレビまわりなど、場所を1ヶ所に絞って断捨離を進めましょう。

場所を絞らず、あっちもこっちもと断捨離を進めていては、なかなかリビングがキレイにならず、やる気も低下して、失敗する可能性も高くなります。

1ヶ所を集中的に断捨離し、短時間で終えて達成感を得られれば、「次の休みはあの場所をやろう」とモチベーションも上がるはずです。

不要ボックス内のものを分別して処分する

不要・保留の仕分けが終わったら、不要ボックス内のものをスムーズに捨てるために、分別していきましょう。

分別のルールは住んでいる地域によって異なるため、自治体のホームページに記載されている「ごみ分別ガイド」を見ながら作業を進めていきます。

分別が終わったら、ごみ収集日まで保管し、順次処分していきましょう。

分別・処分が面倒なら業者の活用も視野に

「分別する時間がない…」「ごみ収集日まで待てない」とお考えなら、不用品の回収サービスを提供する業者に依頼してみるのも手です。

分別や運び出しといった面倒な作業を、業者がすべて代行してくれるため、断捨離の負担を一気に削減できます。

断捨離にうってつけな、大量回収パックプランを用意する業者もあるので、手間や時間をかけずにリビングをすっきりさせたいなら、試しに料金だけでも確認してみることをおすすめします。

保留ボックス内のものを分別する

不要なものを一掃したら、保留ボックス内の分別を行ないましょう。

不要なものを処分してすっきりしたリビングを見れば、「やっぱりこれも捨てちゃおう」と、保留していたものを捨てる決断力がつくはず。

片付け侍編集部
片付け侍編集部

もし処分を決断できないのであれば、「3ヶ月間使わなかったら捨てる」など、期限を決めてしまうのも有効な手段です。

断捨離したすっきり部屋をキープ!リビングに置かなくてもいいもの

せっかく断捨離してすっきりとしたリビングを構築したのであれば、その状態をできる限り長期間キープしたいところ。

すっきり部屋をキープするためには、余計なものをなるべく置かないよう意識し続けることが大切です。

参考としてここからは、わざわざリビングに置かなくてもいいものについて解説します。

運動器具

テレビを見ながら体を動かせるため、運藤器具をリビングに置いている方は多いでしょう。

しかし、運動器具をリビングルームに溶け込ませるのは非常に難しく、1台でも置いてあると、どうしても違和感のある景観になります。

自宅へお客さんを呼んだときにも少々不格好なので、運動器具は、寝室のようなあまり人目のつかない場所に置くのがベターです。

動画を見ながら運動したいなら、テレビじゃなくても、スマホやタブレットで代用できます。

救急箱やマスク

救急箱やマスクも、リビングに置いておく必要はないものです。

基本的に救急箱を利用するシーンは、飲み水やごみ箱を利用するケースが多いため、キッチンの収納スペースに置くのがよいでしょう。

マスクは、お出かけの際に忘れるリスクを軽減できるため、玄関に置いておくのがおすすめです。

部屋干し用の物干しスタンド

リビングは比較的広いスペースなので、部屋干し用の物干しスタンドを設置されている方も多いでしょう。

しかし、部屋干し用の物干しスタンドは、生活感が丸出しになりますし、脱ぎ散らかした上着の置き場にもなりがちなので、リビングに設置するのはあまり推奨できません。

部屋干し用の物干しスタンドを設置するなら、人目が気にならず、換気設備も整っている、洗面・脱衣所がおすすめです。

リビングと比べると狭いため、その分、除湿機や小型乾燥機がより効果的になるというメリットもあり、室内干しにはうってつけの場所です。

ごみ箱

ごみ箱は、リビングではなくキッチンまわりに置きましょう。

すぐにごみを捨てられるため一見便利に思えますが、リビングで生じるごみは、ティッシュやお菓子の袋、飲み終わったジュースのペットボトルくらいで、そう多くありません。

生活感も出ますし、ごみをまとめる手間が増えたり、スペースをとったりとデメリットも多いため、ごみ箱の個数は最小限にし、活躍の場の多いキッチンに設置しましょう。

断捨離で出た不用品を処分するなら片付け侍へ

飾り物やリモコン、再生してないCD・DVDなど、リビングで断捨離すべきものは多々あります。

不要・保留ボックスを用意し、ソファの上やテレビまわりなど、場所を絞りながら集中して行なうのが、リビング断捨離をスムーズに進めるコツです。

リビングを断捨離する際に生じた不用品の処分に困ったら、最短30分で駆けつける不用品回収業者「片付け侍」のご利用をご検討ください。

弊社では、断捨離の際にうってつけな「積み放題パックプラン」を用意しており、WEBからご依頼いただくと、最安11,880円からのリーズナブルな価格でご利用可能です。

お客様の状況に応じた格安プランをご提供し、万が一他社より1円でも高ければ、可能な限り調整いたします。お見積もりだけでもぜひ一度お問い合わせください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK