どこからをゴミ屋敷と呼ぶ?ゴミ屋敷の状態とどこから片付けるべきかを徹底解説!

No Image

「ゴミ屋敷」問題は放置すれば、本人だけでなく家族や近隣住民にとって大きな負担となります。

しかし家がゴミ屋敷になったとしても、決してあきらめる必要はありません。掃除が苦手な人でも、手伝いを頼んだり、業者に依頼したりするなど、さまざまな方法があります。

この記事では、ゴミ屋敷の定義やその原因、そして解決するための方法について詳しく解説します。もし自宅がゴミ屋敷寸前であったり、既にゴミ屋敷になってしまっている人は、ぜひ参考にしてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

どこからがゴミ屋敷というのか

どこからがゴミ屋敷というのか

「ゴミ屋敷」と聞くと、テレビのワイドショーなどで見かける、ゴミに埋もれた家を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、そうした家は突然その状態になるわけではありません。そこに至るまでの経緯があります。

「ゴミ屋敷」には明確な定義がなく、一般的には以下のような状態です。

  • 生活スペースがゴミで溢れている
  • 部屋の管理が行き届いていない状態

足の踏み場もなくなるレベルに達すると、まさにゴミ屋敷と呼べるでしょう。報道されるケースでは、部屋中や台所、ベランダなど至る所にゴミが積み上げられ、天井にまで到達することもあります。

ゴミ屋敷に住む人々は、一般的にはそこに住みたいからではなく、さまざまな理由も。掃除が苦手な人や忙しすぎて片付ける時間が取れない人、精神的な問題を抱える人などが挙げられます。また、ゴミを集めることで心の空白を埋めようとする人もいるのです。

ゴミ屋敷は社会問題として深刻化しており、メディアでも取り上げられることが増えています。一度ゴミが積もり始めると、片付けが難しくなり、悪循環に陥ることも。最悪の場合、ゴミが家から溢れ出し、周囲に迷惑をかけることもあります。

ゴミ屋敷は個人だけの問題ではなく、近隣住民にも影響を及ぼします。ゴミから発生する悪臭や害虫、そして火災の危険性が挙げられます。

そのため、自治体では一部で対応策を講じるための条例が制定されていますが、まだ法的な規制は整っていないのが現状です。

足の甲が埋まる・小さいゴミが家中にある

床がほとんどゴミで埋まり、足の甲が埋ったり、小さいゴミが家中にある状態は明かなゴミ屋敷です。はや足の踏み場すらなく、生活が極めて困難な状態です。

床はほぼ100%ゴミで埋まり、軽いゴミだけでなく、家財や食品なども散乱しています。数ヶ月にわたって掃除がされず、かなり不潔な状態になっていることでしょう。

日常的な生活においても、床が見えず物を探すのが難しく、悪臭や害虫の発生も避けられません。

この段階では、自力での片付けが可能な場合もありますが、忙しい人や手助けが必要な人には、業者に依頼することが効果的です。

ゴミ屋敷はそのまま放置すると、健康や安全に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。そのため、早急な対応が必要です。自力での片付けが難しい場合は、プロの力を借りて、清潔で安全な生活環境を取り戻しましょう。

環境省によるごみ屋敷の定義

環境省では、以下の状態をゴミ屋敷と定義しています。

条例等におけるごみ屋敷の定義(一部抜粋)
 
管理不良状態の住宅等(管理不良状態を「住宅等において、ごみその他の物品が堆積し、又は
散乱した状態であって、悪臭もしくははえ、ごきぶりその他の害虫が発生し、もしくはねずみ
が生息し、又は当該物品の崩落もしくは火災発生のおそれがある状態その他の当該住宅等又は
その周辺の生活環境が著しく損なわれている状態」、住宅等を「建築基準法(昭和 25 年法律第
201 号)第2条第1号に規定する建築物(現に居住の用に供されているものに限る。)およびそ
の敷地」と定義している。)

引用元→https://www.env.go.jp/content/000123210.pdf

ゴミ屋敷とは、その名の通り、家の中がゴミで埋まって床がほとんど見えない状態を指します。

床に加えて、家中に散らばったゴミや放置された物が、悪臭や害虫の発生を引き起こし、生活環境を脅かすような状態になっているのが特徴です。

部屋全体にゴミが散乱し、場所によっては物が積み上げられている状態になると、誰が見てもゴミ屋敷と認識されるでしょう。

悪臭が漂ったり、部屋に入ることすら難しい状況になることもあります。

さらに、壊れた家具や使われていない家電などの粗大ごみが混ざっていることも少なくありません。これらが部屋を圧迫し、片付けを難しくしています。

ゴミ屋敷は、単にゴミを袋に詰めて片付けるだけでは解決しません。ゴミの仕分けや清掃、必要な物の捜索など、複雑な作業が必要です。

そして放置されたゴミが生活環境や周囲の住人に悪影響を及ぼすことから、早急な対処が求められます。

日本年センター基準はレベル1~レベル3

日本年センターではゴミ屋敷をレベルに合わせて3段階に分けています。

引用元 日本年センター

それぞれのレベルについて詳しく見ていきましょう。

レベル1

床がまだ見える状態でありながら、ゴミが散乱しており、ゴミ袋にまとめることができていない状態です。この段階では、買ってきた弁当の容器やペットボトル、商品の包装など、比較的軽いものが主に見られます。明らかにゴミと認識されるものを捨てれば、比較的簡単に床が見える状態に戻せるため、自力で片付けることも可能です。

ただしゴミが足首くらいまで積み上がっている状態になったら注意が必要。この段階では、脚の踏み場がなく、生活するのが厳しい状態です。ゴミが部屋を占拠し、日常生活に支障をきたす可能性が高くなります。

ゴミ屋敷の段階は、その時々で変化することもありますが、早めの対処が必要です。自力で片付けが難しい場合は、専門家の手を借りることも検討しましょう。

レベル2

レベル2は部屋を歩くだけでも転倒の危険があるほどの状態をいいます。部屋もまともに使用できなケースが多いでしょう。

さらに、膝くらいまでゴミで部屋が埋もれていることも。この状態では、通常の人でも部屋に入ることをためらうでしょう。

床が見えないため、転倒事故の危険が高まります床が見えなくなった場合は、ハウスクリーニング業者などの専門家の力を借りることも必要です。

レベル3

ゴミ屋敷が最も深刻なレベルに達すると、生活環境が極めて悪化します。ゴミが腰くらいまで積もる段階では、専門業者ですら片付けを請け負わないことも。

さらに深刻な状況として、天井までゴミが積もり、住むことすら不可能なレベルになります。

この段階では、素人では100%片付けることが難しくなります。

ゴミ屋敷の最も深刻な段階では、強い悪臭や害虫の発生が見られます。床が見えないだけでなく、害虫が複数発生して健康被害が発生するリスクも。

害虫に刺されたり、食中毒が起こったりする可能性があり、命の危険も考えられます。

生活環境が極端に悪化し、健康な暮らしを送ることすら困難な状況に至ると、近隣住民からの苦情や行政からの指導が入る可能性も高まります。

自治体によっては、ゴミが強制撤去されるかもしれません。ゴミ屋敷が最も深刻な段階に達した場合は、即座に対処する必要があります。

ゴミ屋敷と汚部屋の違い

ゴミ屋敷と汚部屋の違い

汚部屋やゴミ部屋という言葉は、一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、違いについて正確に把握している方は少ないかもしれません。

汚部屋は、掃除や整理整頓が行われず、生活空間が不潔で乱雑な状態を指します。床が汚れていたり、物が散乱していたりする状態が特徴的です。

ゴミ部屋は、ゴミが溜まっている状態を指しますが、外部からはそれがあまり見えないのが特徴です。

これらの部屋が生じる背景には、何らかの理由で片付けが難しい状況があることが多いです。しかし、ゴミの溜まり具合に関わらず、害虫の発生や悪臭の発生などの問題は避けられません。

ですから、いかなる経緯であっても、早めに処置を施すことが重要です。自身の安全だけでなく、近隣住民の安全も考慮する必要があります。

ゴミ屋敷を自分で片付けるならどこから

ゴミ屋敷を自分で片付けるならどこから

ゴミ屋敷の片付けは、一見するとどこから手を付ければ良いのかわからないと感じる人も多いでしょう。しかし、しっかりとした手順を踏めば片付けられる可能性はあります。自分で行う際は、以下の順序で進めていきましょう。

  1. 通路・出入口から
  2. 床に散らばってるゴミを一気に片付ける
  3. 玄関に近い部屋
  4. 生活の中心となっている部屋

重要なのは、「ゴミ屋敷を必ず片付ける!」という強い決意を持つことです。なぜなら、ゴミ屋敷を片付けることで、清潔な環境での暮らしが手に入るでしょう。本当に快適な生活を送りたいという気持ちがあれば、ゴミ屋敷からの脱却は可能です。ゴミ屋敷を片付けることで、生活の質は必ず上がります。

1.通路・出入口から

ゴミ屋敷の片付けは、まず出入り口と通路に人が通れるスペースを確保することから始めましょう。これにより、効率的にゴミや不用品を搬出できます。

家の間取りや状態によっては、出入り口がベランダや縁側になることもあります。さらに出入り口と通路を確保することで、空気の流れも改善されます。

その上で、雑巾や手を洗うための水回りも確保しましょう。玄関や廊下からスタートして、出入り口と通路を確保することが、ゴミ屋敷の片付けで重要です。

2.床に散らばってるゴミを一気に片付ける

床に散らばっているゴミを種類ごとに仕分けます。可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみなど、適切なゴミ袋に分けていきましょう。

使用済みの容器やプラスチック類、紙くずなどは再利用可能なものもあるので、それらを別に取り分けます。

床に大型のゴミや不用品がある場合は、これをまとめて取り除きます。家具や家電製品など、捨てる予定のものを事前に屋外へ出しておくとよいでしょう。

ゴミを片付けた後は、床を掃除機やほうきで掃除ししてください。隅々までしっかりと掃除し、ホコリや汚れを取り除きます。

3.玄関に近い部屋

ゴミ屋敷の片付けを効率的に進めるためには、玄関に近い部屋から片付けを始めましょう。ゴミの搬出をスムーズに行え、作業スピードもアップしますよ。

自宅の奥から片付けを始めても、その後のゴミの搬出が難しくなるだけです。途中でゴミに阻まれると、手間がかかるばかりか、作業が中断される可能性もあります。

玄関や廊下から始めることで、通り道が確保され、効率的な片付けが可能です。

玄関近くから作業をすると、早く進むためモチベーションの低下を防ぐことができます。基本的には、玄関から近い部屋を順に片付け、次の部屋へと進んでいく流れを繰り返すことがポイントです。

4.生活の中心となっている部屋

玄関付近が片付いたら、生活の中心となっている部屋を片付けていきましょう。主に以下の場所をいいます。

  • リビング
  • 台所
  • 寝室
  • 書斎

スムーズに片付けるためにも、部屋をゾーンに分け、1つずつ片付けていきます。例えば、デスク周り、ベッド周り、収納スペースなど、個々のエリアに集中して作業を進めましょう。

その際に物品を分類します。使わないもの、必要なもの、捨てるものなどに分け、整理を行行ってください。物品を整理することで、無駄なものを処分し、必要なものを見つけやすくします。

物品を片付けた後は、部屋全体を掃除しましょう。ホコリや汚れを取り除き、消臭スプレーなどを使用して部屋の匂いを改善します。

ゴミ屋敷を自分で片付けるための準備

ゴミ屋敷を自分で片付けるための準備

ゴミ屋敷を自分で片付けるためには、事前準備が必須です。ここではスムーズに片付けるために必要となる準備や道具について解説します。

ゴミ収集のスケジュールを確認する

ゴミ屋敷を片付けるにあたって、まずは地域のゴミ収集スケジュールを確認しましょう。自治体によって収集日や分別方法が異なる場合があります。

ゴミの回収日が先だと、せっかく片付けたごみを保管し続ける必要があるため注意してください。正確な情報を把握することで、片付けたゴミをスムーズに処分できます。

できれば人手を確保する

一人でのゴミ屋敷片付けは大変な作業です。できるだけ多くの人手を確保し、作業効率を上げましょう。

友人や家族に協力を依頼するか、専門の片付け業者を利用するなど、周囲のサポートを得ることがポイントです。

道具を揃える

ゴミ屋敷片付けには様々な道具が必要です。以下の道具を準備し、スムーズな作業に入りましょう。

殺虫剤・害虫駆除剤

ゴミ屋敷には害虫が発生している可能性が高いです。殺虫剤や害虫駆除剤を用意し、害虫の駆除に備えましょう。

指定ゴミ袋

自治体が指定するゴミ袋を準備しましょう。ごみ袋はスーパーやドラッグストアで購入可能です。多めに用意しておくと、いざという時も慌てません。

柄の長いトングなど

ゴミを取り扱う際には柄の長いトングなどが便利です。手を汚さずにゴミをつかむことができます。

軍手・長靴

ゴミ片付け作業中は汚れやケガのリスクがあります。軍手や長靴を着用して、安全に作業を行いましょう。

スコップ

大量のゴミを処理する際にはスコップが役立ちます。効率的にゴミをまとめるために必要な道具です。

バケツ、雑巾、たわし、モップ、洗剤

作業後の清掃に必要な道具です。汚れた場所をしっかりと掃除し、清潔な環境を保ちましょう。100円ショップで手に入るものも多いため、部屋の状況によっては多めに準備しておくといいですよ。

梱包資材(ガムテープ・紐)

ゴミをまとめて処分する際に使用します。ガムテープや紐を用いて、ゴミをしっかりと梱包しましょう。ダンボールをまとめる際にも重宝します。

ゴミを運ぶ用の台車

大量のゴミを運ぶ際には台車が便利です。重いゴミも簡単に運搬でき、作業効率もアップしますよ。

丸一日片付けに使える時間を確保する

ゴミ屋敷片付けは時間と労力を要します。丸一日を作業に充てるために、事前にスケジュールを調整し、作業に必要な時間を確保しましょう。

ゴミ屋敷清掃はダラダラとやってしまうと、なかなか片付きません。できれば短期間で片付けてしまうのが、成功の秘訣です。

ゴミ屋敷を放置すると起こるトラブル

ゴミ屋敷を放置すると起こるトラブル

ゴミ屋敷は、放置すると様々な危険が生じます。ゴミが屋外にまで広がっている場合は、以下のリスクが高まるため注意してください。

  • ゴミが崩れたり躓いたりして危険
  • 衛生環境が最悪
  • 悪臭が漂う
  • 火災の原因になる
  • 近隣住民からクレームが来る

場合によっては、命の危険も考えられます。ここでは、ゴミ屋敷を放置したままにするとどのような問題が生じるのか、具体的に見ていきましょう。

ゴミが崩れたり躓いたりして危険

ゴミ屋敷を放置すると、積み上げられたゴミが崩れる危険性があります。どんなゴミが積み上げられているかによって異なりますが、硬いものが上に重なっていると、それが崩れてケガを負うこともあります。死亡にいたるような危険性があるため、早めの対処が必要です。

衛生環境が最悪

ゴミ屋敷の衛生環境は最悪です。特に生ゴミを放置しているゴミ屋敷の場合は、害虫が大量発生して細菌を媒介するのはもちろん、数多の細菌の絶好の住処として繁殖を続けます。

すぐに身体に悪影響を及ぼすとは限りませんが、その影響は確実に住人の身体を蝕んでいるでしょう。特に以下の病気になる恐れがあります。

  • 喘息
  • アレルギー
  • 感染症

衛生環境が最悪のゴミ屋敷は、早急に現状を改善しないと、何らかの病気になってしまうことは避けられないでしょう。

また、ゴミ屋敷に住むことで、食中毒になるリスクもあります。食べかけの食事や、空のお弁当が家の中に放置されると、ゴキブリやネズミが発生します。

ゴキブリやネズミは、ゴミ置き場や下水の中を歩いた後に家の中へ入ってきて室内に菌を持ち込みます。その菌が人間の体内に入ると、食中毒を引き起こします。

悪臭が漂う

ゴミ屋敷からは嗅いだこともないような悪臭が出ます。これは生ゴミ、カビ、湿気、害虫、害獣の糞尿など、さまざまな原因で様々な臭いが混ざり合い、悪臭が発生します。住んでいる本人は慣れているため、周りに言われるまで気付かいことも。

また生ゴミから発生する嫌な臭いの原因は、生ゴミを餌にして増殖した菌やカビです。何種類もの菌やカビが増殖する中で発生した臭い物質が混ざることで、あの強烈な臭いが生じてしまうのです。

ゴミ屋敷の悪臭は壁や床に染みつき、なかなか取れないことも。場合によっては専門家による消臭・脱臭が必要となります。

火災の原因になる

ゴミ屋敷には、数多くのゴミが置かれているため、ほんの少しの火種で炎が燃え広がってしまう危険が高いです。

その背景には、ゴミ屋敷における火災の発生原因が様々な要因によって引き起こされることが挙げられます。

例えば、可燃物のゴミがあちこちに積み重なっているため、火災の火種が広がりやすく、燃え広がります。

ゴミ屋敷をめぐる火事については、実際に以下のような事例もあります。

ゴミ屋敷には、数多くのゴミが置かれているため、ほんの少しの火種で炎が燃え広がってしまう危険が高いです。その背景には、ゴミ屋敷における火災の発生原因が様々な要因によって引き起こされることが挙げられます。例えば、可燃物のゴミがあちこちに積み重なっているため、火災の火種が広がりやすく、燃え広がります。ゴミ屋敷をめぐる火事については、実際に以下のような事例もあります。

引用 街ペディアいわき

福島県で家屋火災が発生し、木造2階建ての住居が全焼しました。火災の発生源となった家は、住人の所有物が家の内外に積み重ねられ、いわゆるゴミ屋敷となっていました。住人は70代の男性で、火災発生時には外出していたようです。

家の周囲には積み上げられたゴミが歩道にまで溢れ、通勤や通学の障害となっていました。害虫やネズミの発生も確認され、衛生状態も懸念されていました。このため、近隣住民が行政に相談していたとのことです。

万が一火の不始末が原因でゴミ屋敷火災が発生した場合、住人は失火罪に問われる可能性があります。

このような事件が起きた場合、住人だけでなく近隣住民や消防隊員も危険にさらされます。

近隣住民からクレームが来る

ゴミ屋敷は、近隣住民にとっても大きな問題になることがあります。 ゴミ屋敷は、害虫やネズミなどの害獣の温床になりやすく、それによって周囲の住民に健康上のリスクが及ぶかもしれません。またゴミが散乱している家は、周囲の景観を損なうことも。これは、近隣住民の所有する不動産の価値を下げる可能性にも繋がりかねません。

ゴミ屋敷問題は早く解決しないと、近隣住民とのトラブルが悪化する可能性があります。自力での解決が難しいと感じたら、早めに専門家へ相談しましょう。

ゴミ屋敷は業者に依頼すると即日解決できる

ゴミ屋敷は業者に依頼すると即日解決できる

ゴミ屋敷問題は、専門の業者に依頼することで即日解決することができます。まず専門家は過酷な現場に慣れてるため、「断わられるかも…」といった遠慮はいりません。

困難な状況でも遠慮なく相談してみましょう。自分でゴミ屋敷の片付けを行うと、時間がかかるだけでな く、事故やケガのリスクもあります。

専門の業者なら経験豊富なスタッフの高いスキルにより、作業をスピーディーに終わらせることができます。そのため即日解決が可能です。

またゴミ屋敷の片付けが完了した後も、専門の業者からは片付けのアドバイスや、今後のケアについてのアドバイスをもらうことができます。これにより、同様の問題を再発させないための対策が取れますよ。

ゴミ屋敷の片付けは、自分ではどうしようもないほど深刻な場合があります。そのような場合は、迷わず専門の業者に相談することが重要です。

ゴミ屋敷は放置すればさらなるトラブルを招く可能性があります。早めに専門の業者に相談し、問題を解決しましょう。

ゴミ屋敷の片付けなら片付け侍へ

ゴミ屋敷の片付けなら片付け侍へ

ゴミ屋敷問題には様々な原因があり、その状況によっては自分で片付けられるかどうかが変わります。しかし、放置すれば健康被害や近隣トラブルにつながる可能性も。現状を把握し、早急に対処することが肝要です。

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する場合、「片付け侍」がおすすめです。当社では経験豊富と、作業で問題を解決いたします。

すぐに処分するなら下記から

アバター

okazakiさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK