ゴミ屋敷は火事になりやすい!豊田市や福島で起こった事例と原因・予防法を解説!

「ゴミ屋敷が火事になる原因は?」「ゴミ屋敷の火災をどう予防すればいいの?」などと悩んでいませんか?

ゴミ屋敷は放火や不注意から火事になりやすく、一度火がつくと大災害につながる可能性があります。しかし、適切な予防策を講じることで、リスクを大幅に減らすことも可能です。

本記事では、ゴミ屋敷が火事になりやすい理由と、火災を予防するための具体的な方法を詳しく解説します。

この記事を読めば
・火事が起きる原因
・火災の責任
・火事の予防法
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ゴミ屋敷は火事になりやすい

ゴミ屋敷は、通常の住宅と比較して火災のリスクが格段に高いと言われています。理由をまとめると以下の通りです。

  • 可燃物が多いく火が燃え広がる
  • 放火のターゲットにされる
  • 小さな火種に気づかない

それぞれ詳しく解説します。

可燃物が多く火が燃え広がる

ゴミ屋敷内部には、紙製品・木製品・プラスティック製品など、燃えやすい物質が大量に存在します。可燃物は火災が発生すると、火の手は迅速に周囲に燃え広がり、一般的な住宅よりもはるかに大規模な火災に発展する可能性が高いです。

ゴミが無秩序に積み重なっている場合、火炎は狭い空間に閉じ込められ、内部で高温が発生して火災がさらに激化します。ものが溢れている部屋ほど火が一気に広がるため、ゴミ屋敷は燃えやすくなるのです。

放火のターゲットにされる

ゴミ屋敷は外見から放火の標的にされやすい傾向があります。乱雑で手入れが行き届いていない外観は、放置されていると認識され、悪意を持った人々による放火のリスクを高めるのです。

ゴミが外にもあふれている場合、視認性が放火犯の誘引になる場合があります。ゴミ屋敷は地域社会の問題として注目されることもあり、放火犯の標的となる要因にもなり得るのです。

ゴミ屋敷が放火による火災の危険性を高め、住居だけでなく周囲の安全にも脅威をもたらす危険がありますよ。

小さな火種に気づかない

ゴミ屋敷の環境では、散乱した物品の中に小さな火種が隠れてしまい見過ごされがちです。タバコの吸い殻がゴミの中に隠れていたり、電気配線の小さなショートが見えない場所で発生していたりします。

小さな火種は、時間が経つにつれて徐々に大きな火災へと発展する可能性があります。初期段階での発見が非常に困難であるため、ゴミ屋敷では特に危険です。

ゴミ屋敷で火事が起こる原因

ゴミ屋敷で火災が発生する背景には、いくつかの共通した原因があります。原因をまとめると以下の通りです。

  • タバコの火の不始末
  • ストーブからの出火
  • 蚊取り線香
  • トラッキング火災
  • 他人からの放火

ここでは、ゴミ屋敷で火事が起こりやすい具体的な原因を詳しく見ていきます。

タバコやコンロの火の不始末

ゴミ屋敷での火災の一般的な原因の一つが、タバコやコンロの火の不始末です。使用後のタバコの吸い殻が適切に消されずにゴミの中に捨てられると、燃えやすい物質と接触して火がつくことがあります。

また、キッチンでの調理中にコンロを使用している際に、不注意から火がゴミに燃え移る事故も発生しています。火の不始末は、特にゴミが多く散乱している環境では、大きな火災につながる危険性があるでしょう。

ストーブからの出火

冬季に多用されるストーブも、ゴミ屋敷での火災の一因となり得ます。ストーブを使用している近くの可燃物が原因で火が燃え移り、火災が発生してしまうかもしれません。

ゴミ屋敷では床や家具の上に大量の物が積み上げられており、ストーブの熱によって引火しやすい状態になっています。ストーブからの出火は迅速な対応が難しいゴミ屋敷の状況下では、特に危険です。

蚊取り線香

夏季に使用される蚊取り線香も、意外な火災の原因となる場合があります。蚊取り線香を安全でない場所に置いたり、燃えやすい物質の近くで使用したりすると、火災につながる可能性があり危険です。

ゴミ屋敷では、蚊取り線香が不適切に扱われ、散乱したゴミに引火するケースが報告されています。蚊取り線香のような小さな火源でも、ゴミ屋敷の状況下では大きな火災に発展するリスクがあるのです。

トラッキング火災

トラッキング火災は、電気配線の絶縁不良が原因で発生します。絶縁体が劣化したり、ホコリや湿気が原因で微小な電流が漏れ、長時間にわたって続くことで発火に至ります。

ゴミ屋敷では、散乱した物品が電源コンセントや配線を覆い隠し、トラッキング火災のリスクを高めてしまうでしょう。さらに、ゴミの中に隠れた配線の劣化や損傷が見過ごされがちであり、火災の引き金となるかもしれません。

トラッキング火災は、発見が遅れると大規模な火災に発展する危険性があるため、定期的な配線の点検と清掃が重要ですよ。

他人からの放火

ゴミ屋敷は、外観や環境から放火の標的となりやすい傾向です。不衛生で乱雑な外観は、放火犯にとって「放置されている」と認識されやすく、悪意を持った人々が放火を試みる場合があります。

ゴミ屋敷はしばしば社会問題として取り上げられることがあり、放火犯の標的となる要因にもなり得ます。放火による火災は予測が困難であり、一度発生すると迅速な対応が必要です。

電気配線のトラブルによる発火

電気配線のトラブルは、ゴミ屋敷での火災原因の1つとして頻繁に挙げられます。古い配線の絶縁不良や過負荷による発熱が、火災を引き起こす可能性があるでしょう。

ゴミ屋敷では散乱した物品が配線を覆い隠し、配線の状態を確認することが困難です。ゴミの中に隠れた配線が損傷している場合、発見されずに放置され、火災のリスクが高まります。

電気配線のトラブルによる火災を防ぐためには、定期的な電気設備の点検とゴミの清掃が不可欠です。

ゴミ屋敷における火災の責任

ゴミ屋敷で発生する火災において、責任の所在は原因によって大きく異なります。火災が発生した際、ゴミ屋敷の居住者か外部の第三者が原因なのかによって、法的な責任や道義的な責任の所在が変わるため注意が必要です。

ここでは、状況別の責任の所在についてまとめていきます。

ゴミ屋敷の居住者が火災の原因の場合

ゴミ屋敷の居住者自身の行動が火災の原因となった場合、居住者は法的な責任を負うことになります。たとえば、不注意からの火の不始末や電気機器の誤使用が火災を引き起こした場合、居住者は損害に対して賠償責任を問われる可能性があるでしょう。

居住者が法的な責任を負う状況になった場合は、火災保険の適用範囲や、地域の法規制にも注意を払うことが重要です。

居住者の行動が原因であることが明らかになった場合、地域コミュニティ内での信頼関係の損失や、社会的な評価が低下してしまいますよ。

ゴミ屋敷の居住者以外が火災の原因の場合

ゴミ屋敷で発生した火災が居住者以外の第三者によるものであった場合、第三者が法的な責任を負います。放火や外部からの不法侵入が原因で火災が発生した場合、犯罪行為として扱われ、加害者には刑事責任が課されます。

居住者は被害者としての立場となり、加害者に対して損害賠償を請求することが可能です。しかし、実際に賠償が行われるまでには、法的な手続きや証拠の収集など、多くの困難が伴うこともあります。

ゴミ屋敷で火事が起こった事例

ゴミ屋敷での火事は日本各地で実際に発生しており、多大な被害をもたらしています。同じ過ちを犯さないためにも、事前に事例を知っておくことが大切です。

ここでは、ゴミ屋敷による火災の事例を紹介します。

ゴミ屋敷での火災がどのようにして発生し、どれほどの被害を引き起こす可能性があるのか理解を深めましょう。

愛知県豊田市の事例

愛知県豊田市で発生したゴミ屋敷の火災事例は、ゴミ屋敷特有の問題点を浮き彫りにしました。屋内に積み重なった大量のゴミが燃えやすい環境を作り出し、小さな火種が大規模な火災へと発展したのです

火災はあっという間に周囲へ燃え広がり、消火活動も困難を極めました。愛知県の事例から、ゴミ屋敷の清掃と整理整頓の重要性、そして火の取り扱いに対する注意が必要であることが学べます。

福島県郡山市の事例

福島県郡山市での火災事例は、ゴミ屋敷がどれだけ火災発生のリスクを高めるかを示す衝撃的な内容でした。ゴミ屋敷内の可燃物が一気に燃え上がり、炎と煙が周囲に迅速に広がったのが事件の全容です。

消火活動はゴミの量と配置によって大きく妨げられ、火災の鎮火には時間がかかりました。原因は電気配線のトラブルによる発火で、ホコリに引火しあっという間に燃え広がったのです。

福島県の事例は、ゴミ屋敷における火災の危険性と定期的な清掃の必要性を改めて訴えるものでした。

神奈川県平塚市の事例

神奈川県平塚市で発生したゴミ屋敷の火災事例は、ゴミ屋敷が近隣住民にも影響を及ぼす可能性があることを示しました。火災はゴミ屋敷から出火し、炎が隣接する建物にも燃え広がる事態となりました。

ゴミ屋敷の問題が個人の範囲にとどまらず、地域社会全体の安全を脅かす可能性があることを浮き彫りにしたのです。地域社会における火災予防の取り組みと、ゴミ屋敷の早期発見・対応の重要性が強調されています。

ゴミ屋敷で火事を起こした際の4つのリスク

ゴミ屋敷での火事は、単に物理的な被害を超えた多岐にわたるリスクを伴います。以下に挙げる4つの主要なリスクは、ゴミ屋敷での火災がいかに深刻な結果を招く可能性があるかを示しています。

  • 逃げ遅れて死亡するリスク
  • 住居や家財を失う
  • 延焼により近隣住民に被害を及ぼす
  • 賠償責任を負う

リスクを理解することは、ゴミ屋敷の問題に対処し、将来的な火災を防ぐための重要な一歩となるでしょう。それぞれ詳しく解説します。

逃げ遅れて死亡するリスク

ゴミ屋敷での火災は、逃げ遅れによる死亡リスクを著しく高めます。ゴミによって避難経路が塞がれることが多く、火事が発生した際に迅速な避難が困難になるでしょう。

ゴミ屋敷内の可燃物が火災を激化させ、煙や有毒ガスの発生を促進すれば、居住者の逃走時間は一層短縮されます。そのため、火災発生時の迅速な対応が生死を分けることになり、逃げ遅れによる死亡リスクが非常に高いです。

住居や家財を失う

ゴミ屋敷での火災は、住居や家財の全損または大きな損害を引き起こす可能性があります。火災によって家屋が全焼するケースは珍しくなく、家財道具や個人の思い出が詰まった品々も一瞬にして灰と化します。

物理的な損失は被災者の経済的基盤を揺るがし、生活再建のための膨大な時間と費用が必要ですよ。

家を失うことは精神的な打撃も大きく、被災者の心の傷として長く残ります。

延焼により近隣住民に被害を及ぼす

ゴミ屋敷での火災は、延焼によって近隣住民にも甚大な被害を及ぼすリスクがあります。炎や煙が周囲の建物に燃え移ることで、一つの火災が地域全体の危機に発展するかもしれません。

延焼は近隣住民の安全を脅かすだけでなく、彼らの財産にも損害を与えます。住んでいる地域における信頼関係の損失や火災後の緊張の高まりも、延焼による間接的な被害と言えるでしょう。

また、火災によって延焼した家屋は罹災証明の取得をした上で解体工事を行う必要がありますし、保険会社への連絡や解体業者を探すなどの手間も生じてしまいます。解体にかかる費用や手間を少しでも抑えたいのであれば、一括見積もりサービスなどを活用すると良いでしょう。

参考リンク:解体見積もり広場|地域の最安値で解体工事を依頼可能!

賠償責任を負う

ゴミ屋敷での火災が他人に損害を与えた場合、火災の責任者は法的な賠償責任を負うことになります。物理的な損害の修復費用だけでなく、場合によっては精神的苦痛に対する慰謝料も含まれる可能性もあるでしょう。

被災者の経済的負担を一層重くし、法的な問題に発展します。賠償責任を負うリスクは、ゴミ屋敷の問題を放置することの重大な結果を示しており、火災予防と責任の所在に対する意識の高揚が求められるのです。

ゴミ屋敷での火事を予防する方法

ゴミ屋敷での火事は、適切な予防措置を講じることで、火災のリスクを大幅に減少させれます。以下に挙げる予防方法は、ゴミ屋敷における火災発生の可能性を最小限に抑えるための基本的なガイドラインです。

  • 部屋の片付け・清掃をする
  • コンセント周辺だけでも物を置かない
  • ストーブをつけっぱなしにしない
  • 外にゴミを置かない

それぞれ詳しく解説します。

部屋の片付け・清掃をする

ゴミ屋敷の最も基本的な火災予防策は、定期的な片付けと清掃です。散乱したゴミや不要な物品は、火災の際に燃料となり得るため、適切に処分することが重要です。

部屋を整理整頓し、通路を確保することで、万が一の火災時にも迅速な避難が可能となります。清潔な環境は害虫や害獣の発生を防ぎ、火災以外のリスクも低減します。

コンセント周辺だけでも物を置かない

電気火災は、ゴミ屋敷での火災原因の1つです。コンセント周辺に物を置かないことは、トラッキング火災やショートによる火災を防ぐためにも重要です。

コンセントの周囲は電気製品からの熱がこもりやすいため、可燃物を置かないように心がけましょう。また、使用していない電気製品のプラグは抜いておくことで、電気火災のリスクをさらに減らせます。

ストーブをつけっぱなしにしない

暖房器具、特にストーブは、使用中に高温になって火災の原因となるかもしれません。ストーブを使用する際は、就寝時や外出時には必ず消すようにしましょう。

また、ストーブの周囲には燃えやすい物品を置かないよう、注意が必要です。ストーブを使用しない時期は安全な場所に保管し、定期的にメンテナンスを行うことで、火災リスクを低減できます。

外にゴミを置かない

外にゴミを置かないことは、ゴミ屋敷での火事を予防する重要な措置です。屋外に放置されたゴミは、放火のリスクを高めるだけでなく、火災が発生した際に迅速に燃え広がる燃料となり得ます。

可燃性の高い物質や不要な家具、雑誌などが外に積み上げられている場合、火の手が瞬く間に大きくなる原因となります。また、屋外のゴミは近隣住民の目にも触れやすく、地域全体の安全を脅かす要因にもなりかねません。

そのため、定期的なゴミの処分と適切な保管が、火災予防において非常に重要ですよ。

ゴミ屋敷のゴミを処分する方法

ゴミ屋敷の問題を解決するためには、蓄積されたゴミの処分が不可欠です。単に不要な物を取り除くだけでなく、居住空間を健康的で安全な状態に戻すことを目的としましょう。

ここでは、ゴミ屋敷のゴミを処分する2つの方法をまとめます。

自分自身で処分する

ゴミ屋敷のゴミを自分自身で処分することは、最も直接的でコスト効率の良い方法の1つです。個人の努力と時間を必要としますが、自宅の状態を自分のペースで改善できるでしょう。

処分には、ゴミの分類とリサイクル可能なアイテムの選別、不要な物の廃棄が含まれます。また、将来的なゴミの蓄積を防ぐための整理整頓の習慣を身につけられます。

自分で処分すれば、自宅の状態に対する責任感を高め、再発防止にもつながるでしょう。

ゴミ屋敷清掃業者に依頼する

大量のゴミを効率よく処分したい場合、ゴミ屋敷の清掃を専門業者への依頼が効果的な解決策です。ゴミの迅速な除去や適切な廃棄、消毒といったさまざまなサービスを専門業者は提供します。

>>ゴミ屋敷片付け・汚部屋清掃の片付け侍

清掃業者に依頼する利点は、専門的な技術と経験を持つチームが、短時間で効果的にゴミ屋敷の問題を解決してもらえる点です。重い物の運搬や危険物の取り扱いなど、個人では対処が困難な作業も安全に行えます。

専門業者に依頼すれば、時間と労力を節約し、居住環境の迅速な改善を実現できますよ。

ゴミ屋敷を片付け・清掃するなら片付け侍へ

ゴミ屋敷は放火や不注意から火事になりやすく、一度火がつくと大災害につながる可能性があります。健康的で快適な生活空間を取り戻すだけでなく、あとになって後悔しないためにも、早めに片付け・処分を進めましょう。

ゴミ屋敷の清掃をお考えであれば、片付け侍への依頼をご検討ください。片付け侍は、ゴミ屋敷の片付けと清掃に特化した不用品回収サービスを提供しています。

蓄積されたゴミの効率的な除去や適切な廃棄方法の選定、必要に応じた消毒や除菌作業を行います。専門的な知識と経験をもっているため、わからない点がありましたら問い合わせから一度ご相談ください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK