断捨離した着ない服を売るか捨てるかを決める流れ・コツ・基準を解説!

断捨離を進めていくうえで、ほとんどの人が直面する問題として服の処分が挙げられます。多くの人が服を捨てるか売るか悩むのではないでしょうか。

どうするか悩んだ結果、丸投げしてしまい結局何も進まないという話もよく聞きます。それでは、断捨離はまったく進みません。

そこでこの記事では、断捨離した服を売るか捨てるかの基準や、売るための方法などを解説します。

この記事でわかること
・服を売る・捨てる基準
・売るべき服の種類
・捨てるべき服の種類
・服の捨て方

この記事を読めば、断捨離した服をどうするべきかわかるはず。服を多く持っていて断捨離に困っている人はぜひ最後まで確認してください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

売るか捨てるか決める流れ

まずはさっそく、服を売るか捨てるか決める流れをご紹介します。その流れは以下のとおり。

  1. 持っている服を一カ所に集める
  2. 必要・保留・捨てるの3つに分ける
  3. 保留にした服を断捨離基準に合わせて分けていく
  4. 捨てる服を売るか捨てるかに分ける

売るか捨てるかを決めるうえで重要な工程です。ぜひチェックしましょう。

持っている服を一カ所に集める

まずは持っている服を一箇所に集めましょう。どのような服を持っているか、どの量を把握するためにも一箇所にまとめた方が良いためです。

また、この後にする分別の作業もしやすくなります。服の把握、作業効率を考えると、一箇所にまとめた方が良いでしょう。

必要・保留・捨てるの3つに分ける

持っている服を一箇所にまとめたら、必要・保留・捨てるの3つに分けましょう。ここで重要なことは、まだ着るかもしれないと思う服を思い切って捨てること。

まだ着るかもしれないと保留のものばかり増やしているとなかなか断捨離できません。そのため、断捨離する基準を作って、基準に沿って分別することをおすすめします。

おすすめの基準としては以下のとおり。

  • 着ていない期間が1年以上あるかどうか
  • 今の年齢や体型に見合った服か
  • 自分の好みに合った服か

これらの基準に照らし合わせて、分別をしてみましょう。どうしても悩む場合にはしょうがないですが、可能な限り思い切って捨てることをお勧めします。

保留にした服を断捨離基準に合わせて分けていく

すべての服を分別したら、保留にした服を基準に沿って分別しましょう。なぜなら、いつまでも保留にしておくと、断捨離が進まないからです。

断捨離の基準は先ほど申し上げたとおり。ここで重要なことは思い切りです。

着るかもしれないから残してしまうと、多くの場合は着ることはないでしょう。そのため、悩んだら思い切って捨ててしまうのをおすすめします。

とはいえ思い出のある服は残しても良いと思います。自信が後悔しない選択をするようにしてください。

捨てる服を売るか捨てるかに分ける

最後に捨てると決めた服を、売るか捨てるかに分けましょう。なぜここで分別するかというと、服を売るためには労力がかかるため、ここで売れそうにない服はあらかじめ分別しておくと後が楽です。

売れる服・売れない服の基準は後ほどご紹介します。ここで売れる服はしっかりと売るようにしましょう。

服は意外と売れてお金になる可能性が高いもの。ここでしっかりと売れる服を見極めておくと、後からお金稼ぎができる可能性が高まります。

そのため、意外と重要な工程なのでしっかりと分別してくださいね。

断捨離した服を売るか捨てるか

断捨離した服を処分する流れはご理解いただけたでしょうか。ここまで読んでいると、服を売るのが面倒だと感じる人もいるかもしれません。

そこでここからは、断捨離した服を売る・捨てることでのメリット・デメリットを解説していきます。それぞれのメリット・デメリットを確認したうえで、自分に合った方法を選択してください。

断捨離した服を売るメリット

断捨離した服を売る1番のメリットは、お金になることでしょう。処分するはずの服が現金になれば、それなりに嬉しいものです。

特にブランド品であれば高額売却が期待できます。断捨離したい服がブランド品であれば、積極的に売るべきです。

断捨離した服を売るデメリット

断捨離した服を売るデメリットは、手間がかかること。買取サービスで売るためには査定に出さなければならず、面倒な手続きが必要です。

また、フリマアプリやオークションサイトであれば査定は必要ありませんが、出品の手間がかかります。さらに発送や購入者とのやり取りなど、買取サービスとは違った手間がかかるでしょう。

さらに、思った値段で売れなかった場合にストレスがかかる可能性があります。処分すると割り切っている分には良いですが、期待した値段に届かないとがっかりするものです。

手間がかかることとストレスがかかる可能性があること。これがデメリットといえるでしょう。

断捨離した服を捨てるメリット

断捨離した服を捨てるメリットは、手間をかけることなく服を処分できる点です。燃えるゴミ・資源ゴミなどお金をほぼ賭けることなく捨てられるのは大きなメリットといえます。

また、捨てることで服の収納スペースを確保できます。売るとなると売れるまで保管しておかないといけませんが、捨てる場合にはほぼすぐにスペースを開けることができるので、その点もメリットです。

断捨離した服を捨てるデメリット

断捨離した服を捨てるデメリットは収入がないことでしょう。売ればお金になりますが、捨てる場合にはゴミを処分するのと一緒でお金になりません。

そのため、ブランド品などであれば捨てるより売る方が良い場合が多いです。逆に売れないような服であればもったいないかもしれませんが、思い切って捨てましょう。

こんな洋服は売るより捨てる!

服を売ったり捨てたりするメリット・デメリットはわかっていただけたと思います。とはいえどんな服を捨てるか悩む人も多いでしょう。

そこでここからは、売れる可能性が低く捨てるべき服についてまとめました。

  • 需要がない服
  • 元の値段が安い服
  • 汚れや傷が目立つ拭く
  • ノーブランドで何年も前の服
  • ファストファッションの古着

服を捨てるときの参考になると思いますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

需要がない服

需要がない服は優先して捨てるべきです。なぜなら、需要がないので売れる見込みがないためです。

具体的には、現在流行していない服や季節外れの服は需要がないと判断できます。バブルの頃に流行っていた肩パッド入りの服など、現在では誰も着ていないなどを想像すればわかりやすいでしょう。

また、季節外れの服であれば時期がくれば売れる可能性もあるので注意が必要です。とはいえ季節のものにも流行はあるので、現在流行していないものであれば思い切って捨てることをおすすめします。

元の値段が安い服

元の値段が低い服も捨てる候補となります。元の値段が安いということは元々の価値が低いため、売れる可能性は低いでしょう。

具体的にいえば、値段が安いということは生地が薄かい、縫い目が荒いなどの欠点があります。安い生地であれば傷みやすく、また荒い縫い目はほつれやすいのでそれだけで価値が低くなるのです。

そのため、元の値段が安い服は売れる可能性が低いか、売れてもかなり買い叩かれる可能性があります。手間を考えると、捨てた方が良いでしょう。

数が増えればそれなりの値段で買い取ってくれることもあります

汚れや傷が目立つ服

汚れや傷が目立つ服は売れる可能性が低いです。そのため、汚い服は捨ててしまいましょう。

自分が服を買う立場だったとして、汚れや傷が目立つ服は古着だとしても買いたくないですよね。ほとんどの人にとってそうであるように、汚れや傷が目立つ服は需要がほぼありません。

見積もりに出したり出品する手間を考えれば、潔く捨てた方が楽なことが多いでしょう。

ノーブランドで何年も前の服

最近はノーブランドの服でもデザイン次第で売れることがあります。しかし、何年も前の服であれば売れる可能性が低くなるので、捨ててしまいましょう。

何年も前の服になると、色落ちや生地の劣化などの問題もあります。劣化してしまった服でノーブランドであれば、売れない可能性が高いです。

そのため、ノーブランドで何年も前の服は捨ててしまった方が良いでしょう。

ファストファッションの古着

ファストファッションの服で古着で購入したものは、捨てることをおすすめします。大量生産・低価格を売りにしているファストファッションの服は、古着になるとあまり価値がないため売れる可能性が低いでしょう。

売れる可能性が見込めないので、手間を考えると捨てた方が楽です。そのため、ファストファッションの古着は捨てることを検討してみてください。

こんな洋服は捨てるより売る!

洋服を捨てる基準について解説してきました。ここからは、逆に売るべき服の基準を解説します。

ここで解説するのは以下の3つ。

  • ブランド服
  • ファストファッションでほぼ新品
  • 状態がキレイな服

このような服は売りに出したらお金になる可能性があります。ぜひ最後までチェックしてください。

ブランド服

ハイブランドのブランド服であれば、捨てずに売ることを考えてください。ハイブランドの服は需要があるため、古いものでも売れる可能性が高いです。

また、ブランド服は生地もよく縫い目も丁寧なため古くなっても劣化が小さい傾向があります。加えて、ブランド品であれば多少の劣化があっても売れるほど人気があるので、売れる可能性が高いです。

そのため、人気のブランド品であれば多少古くても売りに出してみてください。ノーブランドのものより売れる可能性が高いでしょう。

ファストファッションでほぼ新品

ブランド品ではないファストファッションでも、ほぼ新品の服であれば売れる可能性があります。なぜなら今ファストファッションが人気のため、売り切れて買えない人が続出しているからです。

大量生産しているファストファッションですが、人気のあるデザインであれば売り切れることも多々あります。そのため、ほぼ新品であれば買いたいと思う人も多いはず。

もしファストファッションの服を買ってしっくりこなかった場合、捨てるのでなく売ることを検討してみてください。場合によっては売れる可能性がありますよ。

ファストファッションの服はフリマアプリの方が売れる傾向があります

状態がキレイな服

状態がキレイで劣化が少ない服は、人気がある無しに関わらず売れる可能性があります。どんなデザインのものでも良いから服が欲しいといった需要があるためです。

例えば、子どもと遊ぶ用など汚れても良い服で綺麗なものがほしい人にとって、状態がキレイな服は需要が高い商品。万人受けするわけではありませんが、一定層の需要はあります

そのため、状態がキレイであれば売りに出すことも検討してみてください。高値はつかない可能性が高いですが、売れるでしょう。

売る場合の売り先

洋服を断捨離する手順や捨てる基準、売る基準について解説しました。とはいえ売るといっても、どこに売れば良いか悩む人もいるかもしれません。

そこで、ここからはおすすめの売り先をご紹介します。

  • フリマアプリ・オークションサイト
  • 古着の買取店へ持ち込む
  • 宅配買取サービスを利用

この3つを参考にして、自分に合った売り先を考えてみてください。

フリマアプリ・オークションサイト

ひとつ目にご紹介するのは、フリマアプリ・オークションサイトです。フリマアプリ・オークションサイトは比較的若い世代の使用率が高いため、流行の服などを売るのに適しています。

例えばファストファッションの服を売りたい場合、服のリサイクルショップよりは高い値段で売れる可能性があるでしょう。

しかし、売れないことも多々あります。商品の掲載の仕方によっても売れる確率が変わってくるので、他書の慣れが必要です。

高く売りたい場合におすすめです

古着の買取店へ持ち込む

フリマアプリ・オークションサイトに不慣れな人は、古着の買取店への持ち込みも検討してみてください。古着の買取店であれば、査定から買取までお店の人がしてくれるので自分の手間が少なくて済みます。

また、ブランド品など価値がある場合には売れる可能性が高いでしょう。ハイブランドのものは需要があるため、古着店としてもほしいからです。

そのため、売りたい服がブランド品の場合にはフリマアプリ・オークションサイトよりも古着の買取店へ持ち込んだ方が確実性があります。

しかし、ノーブランドやファストファッションの服であれば高値がつきにくいので、注意が必要です。

宅配買取サービスを利用

店舗への持ち込みをせずに宅配買取サービスを利用する手もあります。この方法であれば自宅から発送するだけなので、持ち込む手間が省けるのが利点です。

また、店舗が開いている時間外に作業できる点もメリットといえます。フリマアプリ・オークションサイトは使いたくないけど時間が取れないという人におすすめの方法です。

捨てる場合の処分方法

前項で服を売る場合の方法をご紹介しました。しかし全員が服を売って処分するわけではないはず。

そこでここから、服を捨てる場合の処分方法を説明していきます。その方法は以下の4とおり。

  • 燃えるゴミに出す
  • 衣料品回収サービスを利用する
  • 不用品回収業者に回収を依頼する
  • ゴミ処理センターに持ち込む

自分に合った方法を利用することで、楽に処分できます。それぞれの処分方法の特徴を把握し、処分しやすい方法を選択してください。

燃えるゴミに出す

もっとも単純なのが燃えるゴミとして出す方法です。この方法であればゴミ袋を用意して決められて火に出すだけなので、簡単に処分可能できます。

注意点が、大量に処分できないこと。各自治体によりますが可燃ゴミを回収してくれる量は決まっていて、多くの自治体では45Lの袋を2〜4つ分程度です。

そのため、大量に処分する場合には何回かに分けて処分しないといけません。とはいえ楽に処分できる方法なので、定期的なゴミ出しができる人にはおすすめです。

衣料品回収サービスを利用する

リサイクルに興味がある人は、衣料品回収サービスを利用するのもおすすめです。可燃ゴミに出す方法と違って資源として再利用されるので、環境保護にもつながるでしょう。

衣料品回収サービスは店舗や郵送などで利用可能。なかには自社ブランドのみ受け付けている企業もありますが、どのブランドでも回収してくれる企業もあります。

さらに、衣料品回収サービスを利用することでクーポンがもらえるなどのサービスが受けられることも。サスティナブルな活動もできてお得に買い物ができるので、一石二鳥ともいえます。

もし環境保護活動に興味があってお得に買い物したいという人は、積極的に検討してみてください。

不用品回収業者に回収を依頼する

自分でゴミを捨てる時間が作れない人は、不用品回収業者に回収を依頼しても良いでしょう。不用品回収業者であれば自宅まで引き取りに来てくれるので、時間がない人でも融通を利かせやすいです。

特に不用品回収業者であれば服以外に処分したいものも処分可能。そのため、服も含めて部屋の片付けをしたいという人におすすめの方法です。

特に時間が取れないという人はぜひ検討してみてください。

服を買い取ってもらえることもありますよ

ゴミ処理センターに持ち込む

可燃ゴミとして出すのでなく、ゴミ処理センターに持ち込む方法もあります。その場合はゴミ回収と違い、一気に処分することも可能です。

そのため、一気に服を処分したい人におすすめの方法といえるでしょう。とはいえゴミ処理センターまで持ち込む必要があります。

もし車を持っていて、ゴミ回収日を待たずに一気に処分したいという人におすすめの方法です。

売るか捨てるか以外に寄付する選択肢もある

売るか捨てるかという選択肢だけでなく、寄付という選択肢もあります。特に発展途上国では服が不足しているところもあり、そういった国へ服を送ることで困っている人の手助けになるでしょう。

方法は簡単で、服の寄付を募っている団体へ郵送、もしくは直接持ち込むことで寄付が可能。とはいえすべての服を寄付できるわけではないので注意しましょう。

  • 汚れや傷が少ない
  • ちゃんと着れる状態である
  • ニオイがキツくない

こういった条件を満たした服であれば寄付可能です。まずは寄付できるかどうか、各団体へ問い合わせてみてください。

売るか捨てるか迷ったら不用品回収業者に依頼する

服を売るか捨てるかは基準に沿って判断するよう説明しました。しかし、どうしても判断に迷う場合もあるでしょう。

そんな時は、不用品回収業者へ依頼してみてください。その理由は以下のとおりです。

  • 日時指定で訪問回収をしてくれる
  • 買取ができる業者もいる

不用品回収業者へ依頼すべき理由を解説しますので、最後まで確認してください。

日時指定で訪問回収をしてくれる

不用品回収業者へ依頼するメリットは、日時指定で訪問回収してくれることです。日時指定が可能なので、忙しくゴミ出しできないという人にも利用しやすいでしょう。

また、ゴミ袋にまとめたり紐でくくるといった作業も必要ありません。処分する服はすべて不用品回収業者がまとめてくれるので、自分ですることはほぼないでしょう。

そのため、時間が取れず服の処分が難しい人におすすめの方法です。忙しい人ほどぜひ依頼を検討してみてください。

買取ができる業者もいる

不用品回収業者のなかには、服の処分だけでなく買取をしてくれる業者もあります。そのため、服の処分でお小遣い稼ぎができる可能性もあるでしょう。

特にブランド品であれば買取金額も高くなりやすいです。もしブランド品などが多くあるという人は買取もしてくれる不用品回収業者へ依頼してみてください。

片付け侍も不用品の買取が可能です

断捨離した服を処分するなら片付け侍へ

ここまで断捨離した服の処分方法について解説しました。ポイントは以下のとおり。

  • 着るかどうか悩んだ服は思い切って断捨離すべき
  • 売れそうにない服は燃えるゴミや資源ゴミなどで処分可能
  • ブランド品や人気のファストファッションブランドは売れる可能性が高い
  • 処分するのには不用品回収業者への依頼もおすすめ

服の断捨離をした後は、売るか捨てるかを判断していきましょう。もし売れるものがあれば積極的に売りに出し、お小遣い稼ぎをすると断捨離もやる気が上がるはずです。

とはいえよくわからないという人は、ぜひ片付け侍へ依頼してみてください。片付け侍であれば服の処分だけでなく、買取もしてくれるので断捨離で後悔しにくいでしょう。

そのほかのメリットは以下のとおり。

  • 365日対応可能
  • 無料で見積もり可能でキャンセルも無料
  • 追加料金なし
  • 1点から回収可能
  • 最短30分対応で他社でできない時間指定ができる

365日対応可能で、他の企業には難しい時間しても可能。そのため、忙しい人にもおすすめです。

キャンセル料や見積もりは無料でできます。もし少しでも気になるという人は、ぜひ一度問い合わせてみてください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

hukudaさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK