やってはいけない断捨離の11つの事を紹介!断捨離の危険性・問題例を知っておこう

No Image

「断捨離でやってはいけないことは?」「正しい断捨離をする為に抑えておくべきポイントは?」と悩んでいませんか?

断捨離の際には、家族や同居人のものを勝手に捨てたり他人の基準で物を捨ててはいけません。誤ったやり方で処分してしまうと、後悔したり家族間で喧嘩になってしまう恐れもあるため、注意が必要です。

本記事では、やってはいけない断捨離の具体例と避けるためのポイントを詳しく解説します。

この記事を読めば
・間違った断捨離
・断捨離の問題例
・断捨離の危険性
・断捨離の手順

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

断捨離でやってはいけないこと11つ

断捨離は単に不要なものを処分するだけではなく、生活空間を整理し心にも余裕を持たせる活動です。しかし、間違った断捨離の方法は、逆に生活を不便にしたり、精神的なストレスを引き起こす原因となり得ます。

断捨離を行う際に避けるべき11の間違いを以下にまとめました。

  • 家族や同居人のものを勝手に捨てる
  • 短時間で終わらせようとする
  • 他人の基準で物を捨てる
  • 収納のグッズを先に買ってしまう
  • フリマ・オークションで売るために保管しすぎる
  • 「いつか使えそう」という理由で取っておく
  • 破損や汚れがあっても「まだ使える」として取っておく
  • 思い出があるものは全て取っておく
  • 捨てる事を目的として必要以上に捨てる
  • 二度と入手できないものを捨てる
  • 断捨離の価値観を自分以外の人に押し付ける

それぞれ詳しく解説します。

断捨離で捨てるべきものの基準と物はこちらの記事で紹介しているので、併せてご覧ください。

家族や同居人のものを勝手に捨てる

家族や同居人の持ち物を勝手に捨てる行為は、大きなトラブルの原因となります。各人が大切にしている物もあり、無断で処分することで深い溝が生まれます。

断捨離を進める前には、必ず家族や同居人と相談し、合意を得ることが重要です。不必要な誤解や争いを避け、家庭内の平和を保てるでしょう。

断捨離は単なる片付けではないため、関係者全員の協力と理解が必要ですよ。

短時間で終わらせようとする

断捨離を短時間で済ませようとすると、重要な判断ミスを引き起こすリスクがあります。適切な断捨離には、各アイテムをじっくりと評価し、それぞれの価値や必要性を考える時間が不可欠です。

急いで断捨離を行うと大切なものまで誤って捨ててしまう可能性があり、結果、再購入に追加費用が発生しまいます。計画的に時間をかければ、より効果的で納得のいく断捨離が可能になります。

他人の基準で物を捨てる

自分の物を他人の基準で断捨離することは避けるべきです。他人が不要と感じる物でも、自分にとっては価値がある場合があります。

自己のライフスタイルや価値観に基づいて判断を下すことが、断捨離の本来の目的を果たす鍵です。他人の意見に流されることなく、自分自身の必要とする基準を設け物を選ぶことが、後悔のない断捨離を実現するためには重要です。

収納のグッズを先に買ってしまう

断捨離の過程でよくある間違いは、必要な整理を行う前に収納グッズを購入することです。見た目の整理には役立つかもしれませんが、実際には不要な物を減らさず単に新しい収納スペースを提供してしまうため、問題の先送りになりがちです。

事前に収納グッズに投資すると、最終的には使用しないアイテムに多額の費用を費やすリスクがあります。

断捨離を先に行い、本当に必要な収納スペースを把握した後に適切な収納グッズを選ぶことが賢明ですね。

フリマ・オークションで売るために保管しすぎる

フリマアプリやオークションサイトで物を売る計画は、不用品を有効利用する良い方法です。しかし、売るために長期間保管しすぎると、家のスペースが不用品で溢れてしまう原因となります。

保管状態が続くと家は物で溢れ、ストレスや不快感が増すだけでなく、実際には売れない物が多いため時間とスペースを無駄に消費します。物を売るために保管する場合は、販売計画を具体的に立て、3ヶ月以内に売れなければ他の処分方法を考えるべきです。

「いつか使えそう」という理由で取っておく

「いつか使うかもしれない」という考えは、多くの不要な物を家に留める大きな理由の一つです。特に衣服・工具・キッチン用品に顕著で、使用頻度の低いアイテムが家の中に蓄積していきます。

しかし、実際にはほとんどの「いつか使う」アイテムは使用されず、ただの場所取りとなります。行動を改め、実際に過去1年間で使用していないものは積極的に処分すれば、より有効なスペースを確保して心地よい生活空間を維持できるでしょう。

破損や汚れがあっても「まだ使える」として取っておく

破損したり、汚れが目立つアイテムを「まだ使える」として保持し続けることは、質の低下した生活環境を引き起こします。見た目も悪く、使用時の効率も悪いため、新しいものに置き換えることがお勧めです。

たとえば、ほんの数百円で代替可能な破損したキッチン用具を使い続けることで、料理の質や安全性が損なわれます。破損や汚れがある場合は、修理または交換を検討し、品質の高い生活を心掛けるべきです。

思い出があるものは全て取っておく

多くの人が断捨離において直面する難題の一つが、思い出の品をどう扱うかという問題です。感情的な価値が高いアイテムを無条件に保持し続けることは、物理的な空間だけでなく、精神的な空間も占めてしまいます。

実際には全ての思い出が詰まった品を保持する必要はなく、代わりに代表的なアイテムを選び、残りは写真に撮るなどして記録する方法が推奨されます。

物理的なスペースを確保しつつ、大切な記憶を保存するバランスを取れるでしょう。

捨てる事を目的として必要以上に捨てる

断捨離を行う際に、単に量を減らすことに集中してしまうと、後に必要な物まで捨ててしまうリスクがあります。断捨離の目的は、生活をシンプルにし、必要なものだけに囲まれた空間を作ることです。

不必要なものを捨てることに固執すると、アイテムの再購入が必要になり、結果的に追加の費用や手間がかかります。重要なのは、物の選別に際して真に価値のあるものを見極める洞察力を持つことです。

二度と入手できないものを捨てる

特にレアなアイテムや限定品など、一度手放すと再び手に入れるのが困難、または不可能なアイテムを捨てることは慎重に考慮する必要があります。アイテムを誤って捨てた場合、代替品を見つけられないだけでなく、必要に応じて高額な費用がかかる場合があります。

断捨離を行う前に、アイテムの希少性や入手困難度を評価し、価値を冷静に判断することが重要です。

断捨離の価値観を自分以外の人に押し付ける

断捨離は個人の価値観や生活スタイルに深く関わり、一人ひとりのニーズや感情が異なります。他人に自分の断捨離の方法を強要することは、ストレスの原因になりかねません。

断捨離は、各個人が自分自身のペースと方法で進めるべきであり、互いの選択を尊重する姿勢が大切です。他人を尊重し、自身の断捨離の経験を共有すれば、より良い理解と協力が生まれるでしょう。

やってはいけない断捨離をする事で起こる問題例

断捨離を間違った方法で行うと、思わぬ問題が生じることがあります。以下では、断捨離中によく見られる問題点を具体的に掘り下げ、影響と避けるための対策を解説します。

  • 断捨離で後悔して鬱になる
  • 家族や同居人と喧嘩になってしまった
  • 買い直しする事で無駄遣いが生じた
  • 使わない収納グッズが増えてしまった
  • 書類の再発行などの手間がかかってしまった
  • 逆に運気が悪くなった

それぞれ詳しく解説します。

断捨離で後悔して鬱になる

断捨離は解放感をもたらす行為とされますが、間違ったアプローチで大切な物を失ったり過度に物を減らしたりすると、強い後悔や自己嫌悪を感じる場合があります。後悔が原因で、一時的または長期的な抑うつ状態に陥る人もいます。

断捨離を行う際には、それぞれのアイテムに対してじっくり考える時間を持ち、自分の将来にとってプラスになるかどうかをしっかり評価しましょう。また、感情的に価値のあるアイテムは特に慎重に扱うべきです。

断捨離と鬱の関係や鬱にならないコツはこちらの記事で詳しく紹介しています。

家族や同居人と喧嘩になってしまった

家族や同居人と共有の生活空間での断捨離は、慎重なコミュニケーションが求められます。一方的に物を捨てることが家族や同居人との間で意見の不一致を招き、最悪の場合は深刻な喧嘩に発展してしまいます。

断捨離を行う前には家族全員で話し合い、どのアイテムを保持し、どのアイテムを処分するかについて共通の理解を得ることが重要です。

断捨離の決定には全員の同意を求めることで、後のトラブルを避けられますよ。

買い直しする事で無駄遣いが生じた

断捨離で急いで物を捨てた結果、実際には必要だった物を誤って処分してしまう場合があります。断捨離でのミスは、後に必要性が明らかになった際に再購入を余儀なくされ、余計な出費を引き起こします。

特に一部のアイテムは再購入に高額な費用がかかるでしょう。例えば、特定の専門道具や季節商品など、新品の購入費用は数千円から数万円に及びます。

断捨離は慎重に行い、本当に不要かどうかを吟味することが費用の無駄遣いを防ぐ鍵です。

使わない収納グッズが増えてしまった

断捨離の過程でよく犯される間違いの一つが、使わない収納グッズを過剰に購入することです。整理整頓を目指すあまり、最終的には使われない収納箱や棚を購入してしまいがちです。

収納アイテムは使用されずに場所を取るだけでなく、購入に多額の費用を費やしてしまうため、購入する前に本当に必要かどうかを慎重に考えましょう。

断捨離の目的はスペースを空けることなので、グッズ購入時は慎重になる必要がありますよ。

書類の再発行などの手間がかかってしまった

断捨離中に重要な書類を誤って処分してしまうと、書類を再発行するための時間と労力、場合によっては費用もかかります。特に公的な書類や証明書の再発行には手数料が必要で、1枚あたり数千円のコストが発生しがちです。

さらに、再発行には数日から数週間の時間が必要な場合が多く、さまざまな手続きや活動が遅延する可能性があります。再発行を防ぐためには断捨離を行う際に書類を適切に分類し、重要なものは確実に保管するシステムを用意することが重要です。

逆に運気が悪くなった

一部の人々は断捨離を行うことで運気が上がると考えますが、適切でない方法で断捨離を行った場合、逆に運気が下がると感じます。大切なものを無くしたり、家が不必要に空虚になったりすることで、心理的に不安定になるためです。

断捨離は、物理的な空間だけでなく、精神的なバランスを整える作業でもあります。断捨離を行う際は物の持つ意味や価値をしっかりと評価し、本当に手放すべきかどうかを考えることが運気を保つためには不可欠です。

断捨離の危険性・注意点も知っておこう

断捨離は多くのメリットをもたらしますが、間違ったアプローチは逆効果になりかねません。重要なのは、断捨離を健康的かつ持続可能な方法で行うことです。

断捨離の際に注意すべき危険性と、予防策についてまとめると以下のとおりです。

  • 断捨離依存症という病的状態がある
  • 断捨離した後に全てがどうでもよくなった
  • 処分することで後悔する事もある
  • 逆に部屋が散らかってしまう時もある
  • 時間と手間がかかる事は覚悟しておく

それぞれ詳しく解説します。

断捨離依存症という病的状態がある

断捨離依存症は、断捨離行動が過剰になり、日常生活に悪影響を与える状態を指します。物を減らすことに強迫的な焦点を当て、必要なものまで手放してしまうのです。

結果、生活必需品が不足したり家が極端に空虚になることで、生活の質が低下する可能性があります。断捨離依存症を防ぐには、物を手放す決定を慎重に行い、断捨離の目的を常に自己の生活の質の向上に置くことが重要です。

断捨離した後に全てがどうでもよくなった

断捨離を行った後に感じるのが、物への執着がなくなることです。健康的な状態の表れの一つですが、場合によっては、「全てがどうでもよくなる」という感覚に陥ります。

無関心な状態になると、物への無関心が拡大し、生活全般に対する意欲が低下します。断捨離はバランスが重要で、物を整理して精神的な充実を感じる一方で自分にとって価値のあるもの、たとえば趣味や人間関係を大切にすることが必要です。

適度な断捨離は生活を豊かにする一方、過度な断捨離は生活の質を低下させるため、自己の感情と常に向き合うことが重要ですよ。

処分する事で後悔する事もある

断捨離中に即断即決で処分したものに対して、後悔することは珍しくありません。感情的な価値が高いアイテムや後で価値が理解される書籍や趣味の道具など、再購入が困難または高価なアイテムを軽率に手放すと、深い後悔につながります。

たとえば、特定の古書やコレクターズアイテムは、一度手放してしまうと市場で見つけるのが難しいか、価格が元の購入価格の数倍になっている場合があります。このため、断捨離をする際には各アイテムについて十分に検討し、重要な決断を急がずに行うことが重要です。

逆に部屋が散らかってしまう時もある

断捨離は一般的にスペースを整理してすっきりさせる効果があるとされていますが、途中で部屋が一時的に更に散らかってしまうこともあります。断捨離によって大量の物が移動し、何を残すか決める前の段階では、部屋中がアイテムで溢れるでしょう。

捨てる前の段階では、物を分類して保管場所を決める作業が必要となりますが、予想外の時間がかかることも多いです。計画的に断捨離を進めることで、混乱を最小限に抑え、より効率的に整理を進められます。

時間と手間がかかる事は覚悟しておく

断捨離は、単に不要な物を捨てるだけの行為ではありません。効果的な断捨離には物の価値をじっくり評価して適切に分類し、時には売却や寄付の手配を行うなど多くの手間と時間が必要です。

一つの部屋を完全に断捨離するのには、数日から数週間かかることも珍しくありません。大規模な断捨離プロジェクトの場合は、計画を立てて段階的に進めると、過程全体を管理しやすくなります。

期待する効果を得るためには、手間と時間を投資することを前提として考える必要があります。

断捨離がなかなか進まなくなるときもあります。断捨離が進まない理由とスムーズに進めるコツはこちらの記事で紹介しています。

正しい断捨離をするために抑えておくべきポイント

断捨離を成功させるためには、いくつか重要なポイントを抑えておく必要があります。以下では、効果的な断捨離を行うための具体的なポイントを詳細に説明します。

  • 時間をかけて少しずつやる
  • 他人の基準で捨てる捨てないを判断しない
  • 断捨離中は物を買い足さない
  • 劣化・期限切れ・使ってないものを基本的に捨てる
  • 悪い思い出があるものを捨てていく
  • 用途が被る物の数を絞っていく

それぞれ詳しく解説します。

時間をかけて少しずつやる

断捨離は一日で急いで行うものではなく、時間をかけて少しずつ行う作業です。特に大きな家や多くの物を持っている場合、全てを一度に片付けようとすると圧倒されてしまいます。

効果的な断捨離は、各部屋や特定のカテゴリーごとに段階を踏んで行うことがお勧めです。たとえば一週間に一部屋ずつ、または一カテゴリー(衣類、書類、雑貨など)ごとに計画を立てれば、じっくりとアイテムを評価して必要なものだけを選び出せます。

他人の基準で捨てる捨てないを判断しない

断捨離を行う際には、他人の意見や流行に流されず、自分自身の基準と価値観に基づいて物を選ぶことが重要です。他人が不要だと思っていても、自分にとっては価値のあるアイテムかもしれません。

自分の生活スタイルや好み、将来の計画を考慮して、各アイテムが自分にとって本当に必要かどうかを自問自答することが必要です。結果、本当に満足できる断捨離の結果を得られるでしょう。

断捨離中は物を買い足さない

断捨離中に新しい物を購入するのは避けるべきです。新しいアイテムを追加することは、断捨離の目的に反する行為であり、努力が無駄になる可能性があります。

断捨離を開始する前に新しい物の購入を一時的に停止し、既存のアイテムを整理し、本当に必要なものだけを残すことに集中しましょう。断捨離の期間は消費行動を見直し、無駄遣いをしないための習慣化を作る機会となります。

劣化・期限切れ・使ってないものを基本的に捨てる

劣化したアイテムや期限が切れた製品、長期間使われていない物は、断捨離プロセスにおいて優先的に処分するべき対象です。安全性が低下している場合があり、場合によっては健康を害するリスクも伴います。

たとえば、化粧品の場合、期限切れの製品を使用すると肌トラブルを引き起こす場合があります。長期間使っていないアイテムは保管するためのスペースを不必要に占めるため、処分すれば生活空間をより有効に活用可能です。

断捨離を行う際は、使ってないアイテムを見直し、必要ないものは積極的に処分しましょう。

悪い思い出があるものを捨てていく

物にはそれぞれ思い出や感情が込められており、悪い記憶が関連付けられているアイテムを保持していると、精神的な負担となります。悪い思い出があるアイテムを断捨離すれば、負のエネルギーから解放され、前向きな気持ちで日々を過ごすことが容易です。

例えば、過去の失恋や失敗を思い出させるアイテムを処分すると、新たなスタートを切るための心理的なスペースを確保できます。断捨離は単に物理的な空間を整理するだけでなく、心理的な清算としても機能するのです。

用途が被る物の数を絞っていく

日常生活において、類似の用途を持つアイテムが複数ある場合、数を減らすことは効果的な断捨離方法です。用途が重複するアイテムを減らせば、必要な物を素早く見つけられるようになり、生活の効率が向上します。

例えば、キッチンには多くの調理器具がありますが、同じ機能を持つものは1つまたは2つに絞り残りは処分することが理想的です。最も使い勝手の良いものだけを選び、余分なものは手放すことで、整理整頓された空間を維持可能になるでしょう。

断捨離を成功させるための手順

断捨離を成功させるためには、計画的かつ段階的にアプローチすることが重要です。以下では、断捨離を成功に導くための具体的な手順を詳細に説明します。

  1. 断捨離の失敗談の情報も集めておく
  2. 断捨離のルール・捨てる基準を決める
  3. 断捨離する場所のものを1カ所に集める
  4. 必要・不要・保留で分別する
  5. 保留のものをルール・捨てる基準で分別する
  6. 残ったものを収納する
  7. 不要なものを処分する

それぞれ詳しく解説します。

断捨離の失敗談の情報も集めておく

他人の断捨離の失敗談を集めておくことは、同じ過ちを避けるために非常に有効です。例えば、重要な書類や感情的価値の高いアイテムを誤って捨ててしまったという話は一般的です。

事例を事前に知れば、自身の断捨離において注意すべきポイントが明確になります。インターネットやブログ、ソーシャルメディアから情報を収集し、どのようなアイテムを捨てる際に特に注意すべきか具体的な対策を練りましょう。

断捨離のルール・捨てる基準を決める

断捨離を行う際には、明確なルールや基準を設定することが重要です。何を保持し、何を処分するかの明確なガイドラインが含まれます。

例えば、「過去一年間使用していないアイテムは処分する」「劣化が進んでいるものはすべて捨てる」などの基準を設けることが有効です。基準を事前にリストアップし、断捨離プロセス中に一貫して適用すれば、迅速かつ効率的に不要な物を減らせます。

断捨離する場所のものを1カ所に集める

断捨離するアイテムを1箇所に集めることは、整理整頓を行う上での視覚的な助けとなります。保持しているアイテムの全体像を把握しやすくなり、何が不要であるかの判断がしやすくなるでしょう。

たとえば、すべての衣服を一箇所に集めてからカテゴリーごとに分類し、それぞれのアイテムに対して「保持」「寄付」「処分」の判断を下します。断捨離する各エリアやカテゴリーに対して手順通りに作業しやすくし、全体の効率を大幅に向上させます。

必要・不要・保留で分別する

断捨離プロセスにおいて最も重要なステップの一つが、アイテムを「必要」「不要」「保留」の三つのカテゴリーに分別することです。分別を採用することで、どのアイテムが生活に実際に役立つか、どれが価値を提供しないかを明確に判断できます。

例えば、衣類や書籍、キッチン用具などは使用頻度や感情的価値を基にしてアイテムを分類します。時間をかけて各アイテムを慎重に評価することが、断捨離の効果を最大化する鍵です。

保留のものをルール・捨てる基準で分別する

保留カテゴリーに入れたアイテムについては、設定したルールや捨てる基準に基づいて再評価を行います。各アイテムに対して「なぜ保留なのか」を自問自答し、必要性や価値を再検討しましょう。

たとえば、服であれば「1年間着ていないものは処分する」といった明確な基準を適用すれば、最終的な決断を下せます。保留アイテムの処理は、断捨離の中で最も難しい部分の1つであり、しっかりと時間をかけて行う必要があります。

残ったものを収納する

断捨離で残ったアイテムを効率的に収納すれば、新たに整理されたスペースを最大限に活用し、日常生活の効率を向上できます。収納には、アイテムの使用頻度や重要性に基づいて戦略的に位置を決めることが重要です。

たとえば、日常的に使用するアイテムは手の届きやすい場所に、季節物やたまにしか使用しないアイテムはアクセスが少ない場所に収納します。また、透明な収納箱を使用すれば中身が一目でわかり、必要な物を素早く見つけられます。

整理された環境は、時間の節約だけでなく、ストレスの軽減にも繋がりますね。

不要なものを処分する

不要と判断されたアイテムは、適切な方法で処分することが望ましいです。物の処分方法には、寄付・リサイクル・売却・廃棄があります。

例えば、まだ使用可能な衣類や家具は地元の支援団体に寄付すれば、他者の役に立つでしょう。売却可能なアイテムはフリマアプリやオンラインマーケットを利用して販売し、いくらかの収入を得ることも可能です。

断捨離で出た不用品の処分は片付け侍へ

断捨離の際には、家族や同居人のものを勝手に捨てたり他人の基準で物を捨ててはいけません。誤ったやり方で処分してしまうと、後悔したり家族間で喧嘩になってしまう恐れもあるため、注意が必要です。

断捨離によって不用品が多量に出た場合、専門の片付けサービスを利用するのが便利です。不用品回収業者・片付け侍では、不用品の適切な処分を手助けし、リサイクルや適切な廃棄を通じて環境に配慮した方法で不用品を処理します。

利用者のニーズに合わせた柔軟なプランを提供し、迅速かつ丁寧に不用品を回収します。

本記事を参考にして、片付け侍へのご依頼をご検討ください!

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK