40代でファッション断捨離で服やバッグ・アクセサリー等いらないもの全部捨てる!

No Image

「ファッション断捨離とは?」「ファッション断捨離で処分すべきアイテムとは?」などと悩んでいませんか?

ファッション断捨離は、クローゼットを整理し、毎日の服選びを簡単にする効果的な手段です。断捨離することで自分に合ったファッションスタイルを見つけ、新しい自分を発見する機会にもなります。

本記事では、40代のファッション断捨離のメリットと具体的な方法、捨てるべきアイテムの基準と保持すべきアイテムについて詳しく説明します。

この記事を読めば
・断捨離の対象品
・断捨離のメリット
・処分すべきリスト
・不用品の処分方法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

ファッション断捨離は服・バッグ・靴・アクセサリーが対象

ファッション断捨離を行う際、対象となるのは服だけでなく、バッグ・靴・アクセサリーも含まれます。不要なアイテムを整理すれば、日々の選択肢を効率化し、実際に使用するアイテムの質を高められます。

断捨離を通じて、必要なものだけを厳選し、より機能的でスタイリッシュなライフスタイルを実現しましょう。

服の断捨離は初心者でもやりやすい

服の断捨離は、何から手を付ければ良いのか迷っている初心者にも取り組みやすい活動です。まずは「この1年間でこれを着たか?」というシンプルな質問を、自分自身に問いかけてみましょう。

感情的な価値を判断の軸にせず、実用性に焦点を当てるため、効率的に断捨離を進められます。さらに、自分の好みや生活スタイルに本当に合っている服装が明確になり、ファッションセンスを磨くことも可能です。

クローゼット使用率7~8割を目指そう

クローゼットの使用率を7~8割に保つことは、日常生活において大きな利点です。衣服やアクセサリーが適切に整理され、必要なアイテムが一目で見つかります。

クローゼット内の過密を防ぐことで、衣服が押し潰されることなく風通しを良くし、清潔で整頓された状態を保てますよ。

クローゼットの断捨離方法と効果をこちらの記事で紹介しているので、併せてご覧ください。

40代でファッション断捨離をするメリット

40代におけるファッション断捨離は、ただクローゼットをスッキリさせる以上の多くの利点を提供します。メリットをまとめると以下のとおりです。

  • 着る服に迷わず時短着替えができる
  • アラフォーファッションにチェンジする
  • 自分に必要な物の価値観を再確認できる
  • 空白の法則が運気を上げる

それぞれ詳しく解説します。

着る服に迷わず時短着替えができる

40代の忙しい毎日の中で、服を選ぶ時間は想像以上に負担になります。クローゼット内の服を厳選すれば、選択肢が絞られて迅速に服を選ぶことが可能です。

断捨離を行うと自分の好きなスタイルや色、形が明確になり、朝の支度時間を大幅に短縮できます。毎日の準備をストレスフリーにし、より生産的な一日を迎えるために役立つでしょう。

アラフォーファッションにチェンジする

年齢を重ねるごとに変わる体型やライフスタイルに合わせてファッションを更新することは、40代女性にとって非常に重要です。断捨離を通して、若い頃に流行ったものやもう着ないアイテムを手放し、より成熟した40代にふさわしいファッションへシフトしていきましょう。

断捨離は自分自身をリフレッシュし、現在の自分にふさわしい新しいスタイルを見つける絶好の機会です。歳を重ねるごとに進化する上品さを楽しみ、自分らしさを表現できるようになります。

自分に必要な物の価値観を再確認できる

40代になると、これまでの人生で積み上げた経験や変化するライフスタイルが、物への価値観に大きな影響を与えます。断捨離を通じて、どのアイテムが本当に自分に必要なのか、どのアイテムがもはや自分の現在や将来のビジョンに合わないのかを見極められます。

たとえば、専門的な職業に就いている場合、よりきちんとしたアイテムが必要になるかもしれませんし、ラフなライフスタイルを送る場合は快適で機能的な衣服が優先されるでしょう。自分自身の価値とニーズに基づいた持続可能な衣服を、断捨離によって作り上げることが可能です。

空白の法則が運気を上げる

余白の法則とは、クローゼットや部屋に意図的にスペースを空けることで、新しいエネルギーが流れ込む余地を作るという考え方です。物理的な空間だけでなく心理的な空間も確保すれば、ストレスが軽減され、新しいアイデアやひらめきが生まれやすくなります。

ファッションにおいても古いものや使わないものを断捨離すると、新たなスタイルや流行を取り入れる意欲が湧き、自分に合った新しい服を選ぶ楽しさが生まれます。

運気が上がると言われる空間の清潔さと整理整頓は、日々の気分を向上させて前向きな生活へと導いてくれるでしょう。

断捨離と運気の関係はこちらの記事で解説しています。運気が上がらないといわれる断捨離方法もあるので、参考にしてみてください。

40代がファッション断捨離すべきリスト・基準

40代になると、自分に合ったスタイルを確立しているため、クローゼットにある不適合なアイテムを整理することが非常に重要です。ファッション断捨離の基準を明確に設定すれば、より効果的にクローゼットを整理し、質の高い衣服を維持できます。

以下に断捨離すべきリストと基準をまとめました。

  • 見た目が若いもの
  • 1年以上着用・使用してないもの
  • タイトで体型がはっきり出る服
  • 寿命(3年が目安)のもの
  • 破れや汚れがあるもの
  • ヨレヨレの洋服や下着
  • ソールがすり減った靴
  • 悪い思い出が詰まっているもの
  • 気持ちが下がるもの
  • 1度も着てないもの
  • コーディネートできないもの
  • オシャレだけど着用の機会がないもの
  • 自分に似合わないもの
  • トレンドが終わったもの
  • コレクションしてるだけのもの

それぞれ詳しく解説します。

見た目が若いもの

見た目が若々しい服は、一見して魅力的に見えるかもしれませんが、40代の成熟した雰囲気には必ずしも合わない場合があります。断捨離する際は、流行に左右されることなく、年齢に適したエレガントで洗練されたアイテムを選ぶことが大切です。

若々しいデザインの服は、仕事や正式な場所での着用が適切でない可能性があるため、手放すことを検討しましょう。

1年以上着用・使用してないもの

もしクローゼットの中に1年以上手を付けていない服があるなら、断捨離の良い候補です。多くの場合、現在のライフスタイルやスタイルの好みに合わなくなっていることが多いです。

1年という時間は、四季を一巡するのに十分な期間であり、未使用のままであれば、実生活において不要である強い指標となります。

定期的に確認を行うことで、クローゼットを最新の状態に保ち、有用なスペースを無駄に使うことを防げますよ。

タイトで体型がはっきり出る服

体のラインがはっきりと出る服は、着る人の体型に自信がある時に最適ですが、体型が変わった場合には不快感を与える可能性があります。特に40代では体型が変動しやすいため、フィット感が変わってしまったタイトな服は断捨離の対象になり得ます。

体形を適切に強調する服を選ぶことは自信につながりますが、逆にフィットしない服は自信を損ねてしまうでしょう。定期的にフィット感を評価し、現在の自分に合っているかどうかを見極めることが重要です。

寿命(3年が目安)のもの

服の寿命は使用頻度にも依存しますが、一般的に3年が一つの目安とされています。特に頻繁に着用するアイテムは、3年を過ぎると形や色が損なわれ始めることが多いです。

寿命の基準に従って定期的に服を見直し、劣化したり、スタイルが古くなったりした服は更新することが推奨されます。結果、常に最良の状態で自分を表現できる衣服を維持できます。

破れや汚れがあるもの

破れや汚れがある服は、外観だけでなく、着る人の気持ちにも影響を与えます。服の状態が悪いと、外出時の自信に欠け、人との交流にも消極的になりがちです。

また、修理が可能な場合でも、コストと労力を考慮する必要があります。多くの場合、修理の費用が新品を購入する費用に匹敵するか、新品以上を超えることも少なくありません。

断捨離を通じてアイテムを除去することは、クローゼットの質を高め、毎日の着こなしをより快適にするための重要なステップです。

ヨレヨレの洋服や下着

伸びきった洋服や下着は、見た目の印象が悪くなるだけでなく、着心地も悪化します。特に下着は肌に直接触れるため、伸びや型崩れが進んだものは適切なサポートができません。

また、自己イメージにも影響を及ぼすため、定期的な見直しと更新が必要です。一般的に、下着は6ヶ月から1年に一度のペースで交換することが推奨されています。

ヨレヨレになる前に新しいものに更新することが、衛生的で快適な生活を維持する上で効果的ですよ。

服の断捨離はこちらの記事で他の捨てる基準やコツまで紹介しています。

ソールがすり減った靴

靴の底がすり減ると歩行時の快適さや安全性が大きく損なわれ、すり減った底は滑りやすくなり、転倒のリスクを高めます。さらに、底の損耗は足や膝への負担を増大させ、長期的には健康問題を引き起こす原因ともなるのです。

適切な時期に靴を交換することは、日々の快適な移動を保証し、健康を守るためにも重要です。通常、頻繁に使用する靴は約6ヶ月から1年での交換が理想的ですが、使用状況によってはさらに早くの交換が必要になります。

靴・スニーカーの断捨離方法と手順はこちらの記事で詳しく解説しています。

悪い思い出が詰まっているもの

クローゼットの中には、特定の記憶や感情が結びついているアイテムがしばしば存在します。特に嫌な経験や思い出が詰まった服や装飾品は、見るだけで気分が沈んだり、過去の出来事を思い出させるでしょう。

嫌な思い出のアイテムを保持することは、心理的な負担となり得るため、断捨離を通じて手放せば精神的な解放につながります。手放す際には、断捨離の過程自体が心の整理の一環となり、新たな未来に向けて前進するための一歩となるでしょう。

気持ちが下がるもの

日常生活の中で気持ちを落とすアイテムは、存在自体が不快感やストレスの原因となります。ファッションアイテムの他、部屋の中の小物や装飾品も含まれることがあります。

例えば、サイズが合わなくなった服や流行遅れのアイテムは、着るたびに自己評価を下げる原因となり得るため注意が必要です。断捨離すれば、自分自身を肯定的に捉え、日々をポジティブな気持ちで過ごすための環境を整えられます。

1度も着てないもの

新品のタグが付いたまま、1度も着用されていないアイテムは、購入時の意図と現実の間にギャップがあることを示しています。衝動買いやセール時の誘惑によって購入されることが多く、実際には必要ではなかったり、スタイルに合わなかったりするのです。

1度も着用していないアイテムをクローゼットから取り除けば、実際に必要なものだけを把握し、将来的な買い物の際にはより慎重に選択するようになります。断捨離は、無駄遣いを防ぎ、財布に優しい暮らしにもつながります。

コーディネートできないもの

クローゼットの中にコーディネートが困難なアイテムがある場合、スタイルの選択肢を制限しています。特に、他のアイテムと合わせにくい独特な模様や色の服は、実用性が低くなりがちです。

合わせにくいアイテムを断捨離すれば、毎日の服選びがより迅速かつ簡単になり、効果的なコーディネートが可能になります。また、将来の購入を計画する際にも、より合理的な選択を予測できるでしょう。

コーディネートが容易なアイテムに投資すれば、スタイルの一貫性と全体的なファッションの質を向上させられますね。

オシャレだけど着用の機会がないもの

見た目が素晴らしい服やアクセサリーでも、実際に着用する機会がほとんどなければ、クローゼットの中で場所を取るだけのアイテムとなります。例えば、フォーマルなドレスや特定のシーズン向けの衣類です。

特定のイベントや条件下でのみ適切であり、日常生活では実用的ではありません。着用しないアイテムを断捨離すれば、より頻繁に着用する衣服にクローゼットのスペースを割り当てられ、全体的にクローゼットの有効性を高めます。

自分に似合わないもの

自分に似合わないと感じる服を持ち続けることは、自己イメージにマイナスの影響を与えます。例えば、色が肌の色に合わなかったりスタイルが体型を正しく表現しないなど、着るたびに自信を損ないます。

断捨離を通じて、似合わないアイテムを取り除けば、自己受容を促し自信を持って外出できます。また、自分に本当に似合うものだけを選び購入することで、ファッションを通じての自己表現がより正確かつ効果的になるでしょう。

トレンドが終わったもの

ファッションの流行は移り変わりが早く、一度人気だったスタイルもすぐに古く見えます。流行が終わったと感じる服や装飾品を持ち続けると、スタイルが時代遅れに見え、ファッションに敏感な人々の間での印象も良くありません。

断捨離すれば、クローゼットのスペースを新しいトレンドや長く愛用できる定番アイテムに確保できます。さらに、無駄な出費を減らし、購入する際には長期間愛用可能なアイテムを選ぶ意識も高まります。

コレクションしてるだけのもの

コレクションとして服や装飾品を集める趣味は楽しいものですが、実際には使用しないアイテムが多くなります。特定のブランドやアイテムを集めることに情熱を注ぎすぎると、クローゼットの貴重なスペースを占め、日常生活で実際に必要とする服や装飾品のスペースが不足します。

コレクションしているが実際には使用していないアイテムを断捨離すると、より実用的で機能的な衣服を構築でき、日々の服選びにもより効率的です。

結果的に、ファッションへの投資をより実用的なものにし、無駄遣いを減らす助けとなるでしょう。

アクセサリーは特にコレクションをしがちなアイテムですので、アクセサリーを断捨離する方法はこちらの記事で紹介しているので、断捨離に挑戦してみてください。

断捨離すべきではないファッション

ファッション断捨離は多くの利点を持ちますが、すべてのアイテムを手放すべきではありません。保持すべきアイテムを選択すれば、無駄な再購入を避け、個人のファッションに深みと意味を加えられます。

断捨離すべきではないアイテムをまとめると、以下のとおりです。

  • 冠婚葬祭用のもの
  • 形見のもの
  • 着けるイメージができるもの
  • いい思い出があるもの
  • 大切な人からのプレゼント

それぞれ詳しく解説します。

冠婚葬祭用のもの

冠婚葬祭用の服は特別な機会にのみ必要とされるため、日常的には使用頻度が低いかもしれませんが、重要性は非常に高いです。突然のイベントや儀式で必要とされ、準備しておくことで慌てずに済みます。

また、質の高い冠婚葬祭用の服は長期間にわたり使用できるため、一度適切なものを購入すれば長く利用可能です。人生の重要な節目で適切な印象を与えるための、不可欠なファッションアイテムでしょう。

形見のもの

形見の服や装飾品は、故人から受け継がれた大切な記念品であり、単なるファッションアイテム以上の意味を持っています。感情的な価値が非常に高く、断捨離するのではなく、大切に保管することが推奨されます。

形見のアイテムを適切に保管し、特別な機会に身に着ければ、故人を偲ぶ手段となり、遺族の心の支えにもなるでしょう。また、世代を超えて家族の中で受け継がれることで、家族の絆を深める象徴としても機能します。

着けるイメージができるもの

クローゼット内のアイテムで、今後も着用する機会が想像できるものは、断捨離する必要がありません。多目的で着回しが効く基本的なアイテムや、特定のイベントやシーズンにぴったり合う特別な服が含まれます。

たとえば、オフィスでのプレゼンテーションや友人との集まりで着用を想定できる服は、保持する価値が高いです。投資としての価値があり、購入時に考慮された機能性やスタイルを今後も活用できるでしょう。

計画的に購入し、着用シナリオを想定すれば、無駄な買い物を避けて持続可能なファッション習慣を育てることが可能です。

いい思い出があるもの

服や装飾品が良い思い出と結びついている場合、保持することは精神的な価値を提供します。結婚式や卒業式など、人生の大切なイベントで着用した服は、感情的なつながりや思い出の象徴となり得ます。

アイテムを保持することで、過去の幸せな瞬間を思い出し、前向きな気持ちを呼び起こせます。ただし、適切に保管し、時々手入れをすることが重要です。

適切なケアを施せば、長期間にわたってアイテムの価値を保ち続けるでしょう。

大切な人からのプレゼント

他人から受け取ったプレゼントは、アイテム自体が持つ物質的な価値以上のものです。特に親しい人からの贈り物であれば、贈る人との関係や愛情を象徴するものとなります。

例えば、記念日や重要なイベントで受け取った宝飾品や衣類は、大切な人との関係を思い起こさせる重要なきっかけとなるため断捨離リストからは外すべきです。アイテムを大切に扱えば、贈り物を通じて表現された感謝や愛情をいつまでも感じることが可能です。

断捨離で出た物を処分する方法

断捨離を行った後、不要になったアイテムの処分方法を選ぶことは、環境に配慮するとともに、効率的にスペースを整理する上で重要です。処分する際は、以下の方法を活用しましょう。

  • 自治体ゴミで分別して少しずつ捨てる
  • 不用品回収業者に分別なしで時短回収
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 支援団体・NPO法人に寄付をする

それぞれ詳しく解説します。

自治体ゴミで分別して少しずつ捨てる

自治体が提供するごみ処理システムを利用して、断捨離で出た物を適切に処分する方法は、最も一般的でアクセスしやすい方法の一つです。服・雑貨・家具などを自治体の規定に従って分別し、指定された回収日に出します。

例えば、多くの地域では燃えるごみ・燃えないごみ・リサイクル可能な素材など、異なるカテゴリーに分けて処理を行います。適切に分別すれば、リサイクルが可能なアイテムは再利用され、廃棄物の総量も減らすことが可能です。

費用がかからなかったり、地域のゴミ処理プログラムを利用することで環境保護に貢献できるのが利点です。

不用品回収業者に分別なしで時短回収

大量の不用品を一度に処分したい場合、または自治体のごみ分別ルールに従う時間がない場合には、不用品回収業者の利用が適切です。サービスを利用すると、家具・家電・衣類など、さまざまなアイテムを一括して処分できます。

不用品回収業者は通常、事前に予約を行い、指定した日に自宅まで来てくれるため、重い物を自分で運ぶ必要がありません。

サービス料金は、処分するアイテムの量や種類によって異なりますが、時間と手間を節約できるため、特に大規模な断捨離には非常に便利です。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

不要になったアイテムを有効活用する一つの方法として、フリマアプリやオークションサイトでの販売があります。プラットフォームを利用することで、服・装飾品・電子機器など、さまざまなカテゴリの商品を手軽に販売できます。

例えば、メルカリやヤフオク!などが人気のプラットフォームです。商品をリストアップする際には詳細な説明と写真が必要ですが、その分、購入者が商品の状態を理解しやすくなります。

販売手数料や送料の設定も重要で、通常、売上の10%前後が手数料としてかかることが多いです。自宅で眠っているアイテムを販売すれば、新しい所有者に喜ばれるだけでなく、副収入を得ることも可能です。

支援団体・NPO法人に寄付をする

断捨離で出た物を有効活用するもう一つの方法は、支援団体やNPO法人への寄付です。使用しなくなったアイテムが必要としている人々の手に渡り、社会的な貢献にもつながります。

服・書籍・家具など、さまざまなアイテムが寄付対象となり、寄付を行う際は寄付先の団体が受け入れ可能なアイテムの種類や状態を事前に確認し、適切に準備することが重要です。寄付を通じて、不要なアイテムが新たな価値を生み出すことに貢献できます。

多くの団体は、寄付されたアイテムを直接利用者に提供したり、チャリティーショップで販売して収益を得たりしていますよ。

断捨離で出た物を捨てるなら片付け侍へ

ファッション断捨離は、クローゼットを整理し、毎日の服選びを簡単にする効果的な手段です。断捨離することで自分に合ったファッションスタイルを見つけ、新しい自分を発見する機会にもなります。

断捨離で大量の不要品が出た場合には、片付け侍のような専門の清掃サービスを利用することが効率的です。家庭からの大量の不要品を迅速かつ効率的に処分することを目的としており、通常、一回の訪問で家全体をクリアにできます。

不用品回収業者・片付け侍では、不用品の適切な処分を手助けし、リサイクルや適切な廃棄を通じて環境に配慮した方法で不用品を処理します。重い家具や大型の家電も安全に処分できるため、本記事を参考にしてぜひご依頼をご検討ください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK