断捨離するなら服から始めよう!シンプルに暮らすために捨てる服の基準をリストで紹介!

No Image

服の断捨離をスムーズに進めるためには、1年以上着用していない服や破損している服は捨てるというルールを設定しましょう。このルールを採用するだけで、断捨離が楽になります。

「断捨離したいんだけど、どこから手をつけたら良いのかわからない…」

「服を断捨離するメリットってあるの?」

「断捨離をしてもついついリバウンドしちゃうのどうにかしたい」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・服を断捨離する効果・メリット
・服の断捨離のコツ
・リバウンドしないための注意点

これら全てがわかります。

断捨離を行う際には、服から始めるべきです。今回は、服から始めるべき理由や断捨離のコツに関して解説していきます。

後半部分では、リバウンドしないための注意点や断捨離したゴミの処分方法に関して解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

断捨離でシンプルに暮らすなら服から処分

特に服の断捨離は、日々の生活で影響を与えやすいアイテムのひとつつです。断捨離で服の数が減ることで必要なものだけが手元に残るため、クローゼットに余裕が生まれます。

服の断捨離は、探す時間が短縮されて準備がスムーズになったり、自分の好みを見つめ直す効果があったりとさまざまなメリットがあり、効果を感じやすいです。

また、春夏、秋冬の衣替えは次のシーズンに持ち越す服と手放す服を決める機会になります。衣替え前に断捨離を行うことでクローゼットに収納する量を減らし、次のシーズンを気持ちよく迎えることができます。

風水的にもローゼットの容量の80%程度に留めることが良いバランスとされています。80%を目指して、服をいらない服と今後着る服に分類してみましょう。

クローゼットが詰まっていると、気の流れが滞りがちです。服を断捨離してクローゼットにスペースを作ることで、運気がスムーズに流れるようになります。

服を断捨離する効果・メリット

服を断捨離するメリットは意外にも多いです。ここでは、服を断捨離する以下のメリットに関して解説していきます。

  • 自分の好みや似あう服に気づく
  • 服を探して選ぶ時間を削減できる
  • コーディネートが楽になる
  • クローゼットにスペースができる
  • 必要な服を大切にするようになる
  • 風水的にも運気が上がる

服を断捨離するメリットを知って、モチベーションを上げていきましょう。

自分の好みや似あう服に気づく

服の断捨離は、ただ古いものや不要なものを手放すだけでなく、自分自身のファッションに対する理解を深める効果的な方法です。断捨離を行うことで、自分が本当に気に入っている服だけが残ります。

断捨離を行うことで、今まで気づかなかった自分の好みに気づく方も多いです。限られた選択肢の中で創造性が刺激されるため、数を減らした服の中から新しい組み合わせを発見することもあります。

自分のスタイルが明確になることで、流行を追うだけでなく、長く愛用できる服を選ぶようにもなるでしょう。

服を探して選ぶ時間を削減できる

断捨離を行うことで、クローゼット内の服の数が減り、選ぶべき選択肢が少なくなるので、服選びの時間も短縮できます。特に忙しい朝の準備時間で、効果を実感することが多いです。

日々の小さなストレスを減らし、その他の活動に集中できるようになるでしょう。服の断捨離は選ぶ時間の削減はもちろん、削減された時間を有効活用して生活の質を高めるための第一段階とも言えます。

服を選ぶ際のストレスが減ることで、その日の始まりがスムーズになり、ポジティブな気持ちで一日をスタートできるでしょう。

コーディネートが楽になる

必要な服だけを残すことで、自分のスタイルがはっきりし、どのアイテムが自分に合っているかが明確になります。残った服はすべて自分の好みに合ったものが残るため、どの組み合わせでも外れがなく、一貫性のあるルックを簡単に作り出すことができます。

自分のスタイルがはっきりし、どのアイテムが自分に合っているかが明確にすることもできるでしょう。

コーディネートが容易になると、ファッションに対するストレスが減少し、服装を楽しむ余裕が生まれます。新しい服を買う時も、無駄な買い物を避け、賢い消費ができるようになります。

クローゼットにスペースができる

服の量を減らすことで、クローゼットにスペースができるようになります。意外に気にすることは少ないかもしれませんが、服を長持ちするためには保管場所の通気性も関係しています。

クローゼットにスペースができることにより、各衣類が適切にスペースを確保され、通気性が向上し、服の管理がしやすくなるでしょう。またクローゼットに余裕ができることで、服同士が圧迫されることなく、しわや型崩れが防げます。

アイロンがけなどの服の手入れも少なくすることができる点もメリットです。

必要な服を大切にするようになる

断捨離を行う過程で、ひとつひとつの服について「本当に必要か」「どれだけ愛用しているか」を考え、残す服への価値を再認識します。

愛着を持って選んだ服を着ることで、日々の生活における自己満足度が高まります。服を通じて自己表現が豊かになり、外出時の自信にもつながるでしょう。

必要な服だけを選ぶ習慣がつくと、新しい服を購入する際の基準も厳しくなります。品質やデザイン、実用性を重視するようになり、結果的に長く満足できる買い物が増えていきます。

服を大切にする心理が定着すると、無駄な買い物を避け、持続可能な消費行動を身につき、環境への配慮にもつながります。

風水的にも運気が上がる

服の断捨離は、風水の観点からも運気を向上させる効果があるとされています。空気の流れが良くなります。風水では、空間に余裕があることが運気の流れを良くするとされており、クローゼット内の不要なものを整理することで、気の流れがスムーズになります。

特に、クローゼットの服を80%程度割合にすることが適切な服の量とされています。の古い服や不要な服をクリアアウトすることで、それらが持つ古いエネルギーから解放され、新しいエネルギーを呼び込めるでしょう。

断捨離をすべき服リスト

服の断捨離をしようと思っていても、どのような服を捨てたら良いのか迷う方も多いでしょう。服の断捨離で結局捨てられないものが大半の状態になることも少なくありません。

服の断捨離で悩んだ際は、以下の服を断捨離するか検討してみてください。

  • 1年以上着ていない服
  • 寿命(3年が目安)の服
  • 破れや汚れがある服
  • 悪い思い出が詰まっている服
  • 気持ちが下がる服
  • 1度も着てない服
  • コーディネートできず着れない服
  • オシャレだけど着る機会が無い服
  • 自分に似合わないと思う服
  • 他の人のためにとってある服
  • トレンドで買ったけど着ない服
  • ダイエットしてから着ると思ってる服
  • ただコレクションしてるだけの服

順番にみていきましょう。

1年以上着ていない服

1年以上着ていない服は、今後着る可能性が低いです。着なくなった服を残しておくと、スペースが圧迫されるだけでなく、意識的でなくとも精神的な負担となり得ます。

定期的にクローゼットを見直し、1年以上着用していない服があれば、まずは「なぜ着なくなったのか」その理由を考えてみましょう。サイズが合わない、スタイルが古くなったなど理由があれば断捨離の候補です。

断捨離を行う際は、その服がもたらす感情や思い出を一度整理し、今の自分にとって必要かどうかを冷静に判断してみてください。

寿命(3年が目安)の服

着用と洗濯の繰り返しにより、服は徐々に色あせや形崩れ、生地の劣化が進みます。一般的に衣類の寿命は約3年と言われています。寿命がきた服は断捨離の対象と考えるべきです。

定期的に服の状態をチェックし、色あせや形崩れが目立つもの、生地が薄くなっているものは断捨離の候補に挙げましょう。特に、着用頻度が高かったアイテムは寿命が短くなる傾向にあります。

破れや汚れがある服

破れや汚れがある服は、断捨離するべきアイテムです。破れや汚れがある服を着用すると、不潔、乱れた印象を与えがちです。

破れや汚れがある服は、肌触りが悪くなることがあり、着心地が悪化します。プライベート意外で着ることが難しいので、「寿命がきた」と考えて断捨離しましょう。

人は見た目が清潔で整っていると、ポジティブな印象を持たれやすく、対人関係においても好影響を及ぼします。服の状態でメンタルも変わるので、断捨離して損はないです。

悪い思い出が詰まっている服

先にも触れたように、服の断捨離は、単にスペースを節約するだけではなく、心理的な負担を軽減する効果もあります。特に、悪い思い出が詰まった服は精神的な重荷となり得るため、積極的に断捨離しましょう。

悪い思い出が詰まった服を保持していると、それを見るたびに否応なくその記憶が蘇ってしまいます。クローゼット内のアイテムひとつひとつがポジティブになよう整えることで、自宅がより心地よい空間に変わります。

気持ちが下がる服

着ると不快感を感じる、または自信が持てない服は、自己イメージを低下させる原因となります。気持ちが下がる服を持っていること自体が、無意識のうちにストレスや不安を引き起こすことも少なくありません。

着ると気持ちが下がる服を手放すことで、クローゼットだけでなく心理的なスペースも広がります。クローゼット内の各アイテムについて、着るたびにどのような感情が湧くかを考えてみましょう。

気持ちが下がる服には具体的な理由がある場合が多いので、その服との関連性を分析し、断捨離する理由を明確に持つことが大切です。

1度も着てない服

服は、購入の瞬間の感情や衝動に基づくものであることが多く、実際の生活スタイルや好みとは必ずしも合致していません。購入してから1度も着ていないということは、何らかの理由で着たくないと思ったからです。

購入してから1度も着用していない服は、断捨離の対象です。季節の変わり目などに1度も着ていない服がないかどうかチェックしましょう。状態が良いものは売りに出すこともできます。

コーディネートできず着れない服

クローゼット内のスペースは有限です。コーディネートが難しいために着用する機会がほとんどない服を保持しておくことは、実質的にスペースの無駄遣いです。

購入の瞬間の感情や衝動に基づくものであることも多く、もったいない精神で捨てられないでいる可能性が高いです。「もったいない」という感情で捨てられない場合には、売りに出す選択肢もあります。

今後も着ることがない可能性が高いので、迷わず断捨離を検討してみてください。

使わないアイテムを持っていることは、意識的ではなくとも精神的な負担となることもあります。

オシャレだけど着る機会が無い服

オシャレだけれど着る機会がない服は、断捨離の対象です。着る機会がほとんどない服は、多くの場合、ライフスタイルや個人の好み、実際の活動と合っていないことが原因です。

機会のない服を保持していると、クローゼット内の貴重なスペースが無駄に占められます。服を断捨離することで、自分の生活スタイルに合った服だけを保持し、日常生活において服選びのストレスを軽減できます。

クローゼットを見直し、実際に着る服だけを残すことで、自分のスタイルや好みを再評価する良い機会となるでしょう。

自分に似合わないと思う服

自分に似合わないと感じる服は、断捨離の対象です。似合わないと感じる服を着ると、自信が損なわれることがあります。自分に合った服だけを選ぶことで、外出時の自信が増し、ポジティブな自己イメージを維持できます。

また、自分に似合う服の特徴を理解することで、将来的に無駄な買い物を減らすことができるでしょう。自分に似合わない服を断捨離することは、見た目だけでなく心の整理にもつながります。服を断捨離することで自己肯定感が向上し、より満足のいく生活を送ることが送れるようになります。

他の人のためにとってある服

「いつか子供が着るかもしれない」などの想いからとっておいている服もあるでしょう。人に譲ることは、リユースにもなり環境にも優しいです。

しかし、譲渡を考えている相手に欲しいか否か確認しないで「何となくもったいないから」という感情から何となく理由づけして断捨離できずにいる服も多いはずです。

他の人のためにとってある服は、相手が本当に必要としているのか確認した上でとっておくようにしましょう。

トレンドで買ったけど着ない服

トレンドに流されて購入したけれども実際には着ていない服は、断捨離の良い候補となります。トレンド服はしばしば一時的なものであり、季節が変われば着なくなることが多いです。

また、トレンドに流されて購入した服は、しばしば満足いく使用頻度が得られず、結果的に無駄遣いとなることも少なくありません。断捨離を通じて購入習慣を見直し、将来的にはより実用的で長持ちするアイテムに投資しましょう。

トレンド服を断捨離する経験から、購入する際には長期的な視点で物を選ぶ習慣が身につきます。

ダイエットしてから着ると思ってる服

「ダイエットしてから着る」と思っている服は、現在の自分を受け入れていないというメッセージを自己に送っています。サイズが合わない服を見るたびに、ダイエットのプレッシャーや失敗感を感じ、ネガティブになることもあるでしょう。

「ダイエットしてから着る」と思っている服を断捨離することは、クローゼットの整理だけでなく、自己受容と心の健康にも良い影響をもたらします。自分自身をありのままに受け入れることができるようになり、日々の自信につながるのです。

ただコレクションしてるだけの服

服は元来、身体を寒さや外敵から守るためにあるものです。それがいつしか、自分の個性を発揮するファッションへと変化しました。

中には飾るだけのコレクションとして購入する人もいます。コレクションは、自分にとって大切な趣味かもしれませんが、量が多すぎて収納場所に困ったり、生活するのに不便に感じる場合には断捨離を検討した方が良いかもしれません。

手放す際には、写真を撮っておき、デジタルとして保存する方法もあります。状態の良い服は、フリマアプリやオークションサイト、リサイクルショップ等で売却もできるので、コレクションする服は数点に絞って他は、売却するのもひとつの手です。

服の断捨離のコツ

服の断捨離のコツはいくつか存在します。

  • 捨てる服の基準を決める
  • もったいなくて捨てられないという気持ちに惑わされない
  • 後悔しないために迷った服は保留にする
  • 好きだけど着ない服を見極める
  • 思い出の服や遺品の服は取っておく
  • 売れる服は早めに処分を決断する
  • とっておく服はクローゼットの70~80%を目安にする

簡単にできる方法なので、毎回、断捨離に失敗する人はぜひ、参考にしてみてください。

捨てる服の基準を決める

服の断捨離を行う際には、捨てる基準を明確に決めるようにしましょう。以下を項目を例に処分する基準を設けてみてください。

  • 着用頻度の確認
  • しわや汚れなど状態のチェック
  • 感情的な価値の評価

基準を事前に決めておくことで、断捨離のプロセスがスムーズに進み、後悔することなく効率的に整理を行うことができます。まずは迷わずに処分できる服から始めます。

判断に迷う服があれば、一時的に保留ボックスに入れて、あとで検討してみましょう。一定期間(例えば3ヶ月)後に再評価し、その間一度も着ることがなければ処分します。

もったいなくて捨てられないという気持ちに惑わされない

服の断捨離を行う際「もったいない」という感情に惑わされないでください。「もったいない」という感情は、何かを無駄にすることへの罪悪感や、将来的に役立つかもしれないという不確かな期待から生じることが多いです。

しかし、実際には使用しない物を保持しておくことが、スペース、時間、「いつか着なければ」という精神をすり減らす原因になります。

「もったいない」と感じる服がある場合、それを寄付やリサイクルに出すことで、服に新たな価値を見出すことができます。

後悔しないために迷った服は保留にする

服の断捨離を行う際、迷いが生じるのは自然なことです。特に思い入れのある服や、将来再び着るかもしれない服については決断が難しいことがあります。断捨離において後悔を避けるために、迷った服は一時的に保留にすることが有効です。

保留にすることで心の準備ができ、より冷静な判断が可能になります。保留にした服を数ヶ月間そのままにしておくことで、実際にどれだけその服を必要としているかが明確になります。

保留にした服には期限を設け、一度も着用しなければ、その服を断捨離するというルールを設けると良いでしょう。

好きだけど着ない服を見極める

「好きだけど着ない服」の見極めは、断捨離の際に直面する一般的な課題のひとつです。服に対する感情的な執着がある場合は、その服がもたらす感情的な価値と実用的な価値を天秤にかけます。感情的な価値だけで服を保持していると自覚したら、断捨離の対象です。

好きだけど着ない服の断捨離を経験することで、将来的に服を購入する際にはより慎重になります。断捨離を行い、自身の感情が湧き上がる基準を明確にしておくと良いでしょう。

思い出の服や遺品の服は取っておく

すべての服を断捨離の対象にするわけではありません。特に思い出深い服や遺品の服は、その価値を再評価し、保持することが時には時には取っておくことも大切です。

思い出の服や遺品は、単なる物としての価値を超えた、感情的な絆や記憶が詰まったアイテムです。服は、共有された記憶や話題の提供源となり、関係を深める機会を作り出します。

保持する思い出の服や遺品の数には上限を設けることが望ましいです。過去と現在をつなぐ貴重なつながりを保ちながら、物理的な空間と心理的な安心感のバランスを取るようにしましょう。

売れる服は早めに処分を決断する

ハイブランドや人気のあるブランドの服は、中古市場でも需要があります。特にタグが残っている状態やブランド服は高価買取の対象となりやすいです。

ファッションのトレンドは移り変わりが早いため、市場の需要を定期的にチェックすることが重要です。季節の変わり目、特に春や秋の始めに市場に出すことで、その季節に必要とされる服として需要が見込めます。

流行に敏感なアイテムや季節に合った服は、タイミングを逃さずに売ることで高価格で取引されることが多いです。流行が変わる前に売却すると良いでしょう。

とっておく服はクローゼットの70~80%を目安にする

70~80%の容量を目安に断捨離を行うと、出し入れしやすく生活しやすいとされています。日常的に着る機会の多い服、多目的に使える服、季節に適した服を優先して残す服を厳選するようにしましょう。

「捨てるべきか迷う服」に対しては、感情的な価値と実用性を天秤にかけて判断してください。季節の変わり目ごとにクローゼットの中身を見直し、着ていない服や気に入らなくなった服を定期的に整理すると良いでしょう。

服の断捨離後リバウンドしないための注意点

断捨離を行ってもいつの間にか服が増えてしまうこともあるでしょう。服の断捨離を経験した多くの人々が直面するひとつの課題は、断捨離後の「リバウンド」です。そこでリバウンドしないための注意点に関して紹介します。

  • 服を買う前に試着をする
  • サイズに間違いがないか慎重に計る
  • トレンドだけの理由で買わない
  • 新しいものを買うなら捨てる服も考える
  • コーディネートしやすい服を買う

順番にみていきましょう。

服を買う前に試着をする

「リバウンド」は、不要な服を一度整理した後に再び服を過剰に購入してしまう現象を指します。リバウンドを防ぐためには、新たに服を購入する際に試着を徹底することです。

試着は服が自分の体に正しくフィットするかどうかを確認するために不可欠です。サイズが合わない服は着心地が悪く、結局着用しなくなる可能性が高いため、不必要な購入を避けられます。

服を着てみて、様々な動作をしてみることで、実際の着心地や動きやすさを確認してください。

「とりあえず」や「感覚的に」で服を選ぶのではなく、実際に必要かどうか、何回着るかを具体的に考え購入するようにしましょう。

サイズに間違いがないか慎重に計る

サイズが合わない服は、着心地が悪く、結局着用されないままクローゼットのスペースを占めることも少なくありません。一方、サイズがぴったりの服は、自身のスタイルをよくみせ、長く愛用できます。

自分自身の正確な寸法(胸囲、ウエスト、ヒップ、肩幅など)を測定し、これを基に服を選ぶと良いでしょう。オンラインショッピングでもサイズミスを避けることができます。

服を購入する際には、店員に相談してみるのも一つの方法です。ブランドによってサイズ感が異なる場合が多いため購入前に、そのブランド特有のサイズチャートを確認し、過去の購入データと照らし合わせることのも有効です。

トレンドだけの理由で買わない

「リバウンド」を防ぐためには、トレンドを追うだけの理由で服を購入することを避けましょう。トレンドに流されることなく選んだ服は、流行が過ぎた後も長く愛用できる可能性が高くなります。

自分のスタイルに合った服を選ぶことで、個性を表現しやすく、また自分の好みや体型に合った服を選ぶことで、着るたびに自信を持てるようになります。

セールやプロモーションは購入を促す大きな誘惑ですが、本当に必要かどうかを考えることが大切です。自分自身のスタイルを大切にし、長期的な視点で服を選ぶことが大切です。

新しいものを買うなら捨てる服も考える

服の断捨離を行った後、新しい服を購入する際には「新しいものを買うなら、捨てる服も考える」という原則を設けましょう。購入を検討している新しいジャケットがある場合、まずは現在持っているジャケットの中から最も使用頻度が低いものを選び手放してください。

リサイクルや寄付など、環境に優しい方法で手放す方法もあります。「新しいものを買うなら、捨てる服も考える」原則があることで、今ある服もより大切にすることができるでしょう。

コーディネートしやすい服を買う

基本的な色合いやシンプルなデザインの服は、さまざまなアイテムと組み合わせやすく、少ない数の服で多様なスタイルを楽しむことができます。

コーディネートしやすい服を買うことで、無駄な買い物を減らし、クローゼット内のアイテム数を最適化することできるでしょう。購入前に、既存の服とどのように組み合わせられるかを考えながら、購入してみてください。

断捨離した服の処分方法

断捨離した服の処分方法はいくつかあります。

  • 汚れ・破れのある服は可燃ごみ
  • 資源ごみで捨てる
  • 古着回収ボックスに持ち込む
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで売る
  • 支援団体・NPO法人に寄付する
  • 不用品回収業者に回収してもらう

それぞれメリット・デメリットがあるので、自身の状況に合わせて最適な処分方法を検討しましょう。

汚れ・破れのある服は可燃ごみ

汚れや破れている服は、可燃ごみとして処分することは一般的です。自宅から出すごみとして分別し、指定のゴミ袋に入れるだけで済むため、手間がかかりません。

自治体の規定によっては一定量以上のごみを出すことができない場合があります。自治体のごみ出し規定を確認しておくようにしましょう。

大量の服を一度に処分する必要がある場合は、専門の不用品回収業者を利用する方法もあります。費用がかかりますが、効率的に大量処分が可能です。

資源ごみで捨てる

洗濯済みで、目立つ破れや汚れがない服は、資源ごみとして適切に分別して処理することで、リサイクルが可能となり、廃棄物の削減につながります。

服は布やビニールで包まないよう指定されていることが多いです。ボタンやファスナーはそのままで問題ありませんが、大きな装飾品や金属部分は取り外すことが推奨されることもあります。

衣類の量が多すぎる場合、一度に処分することが難しい場合があります。日を分けて処分するか、リサイクルショップや寄付を検討するのが良いでしょう。

古着回収ボックスに持ち込む

古着回収ボックスの利用は簡単で、環境にもやさしい処分方法です。古着回収ボックスは、多くのショッピングセンターやスーパーマーケットのエントランスに設置されており、投入することで廃棄物の減少と資源の再利用が促進されます。

使用しなくなった衣類を古着回収ボックスに入れる前に洗濯して清潔にしておきましょう。またリサイクルプロセスの一環として、古着回収ボックスは非常に有効ですが、すべての衣類が受け入れられるわけではありません。

多くが自社ブランドに限られています。回収ボックスに入れる前に条件を確認しておくようにしましょう。以下が自社の製品を対象としたリサイクルプログラムを設けているブランドです。

  • ユニクロ(UNIQLO)
  • ジーユー(GU)
  • エイチアンドエム(H&M)
  • 無印良品

リサイクルにより、不要な衣類が新たな価値を生み出し、廃棄物の削減に貢献することができるでしょう。

リサイクルショップに買取してもらう

有名ブランドや状態の良い場合は、リサイクルショップで買取してもらえれば、不要になった服を手放しつつ臨時収入を得られます。

査定は、店舗に直接持ち込む方法のほか、出張や郵送など様々な方法があります。店舗によって変わりますが、おおまかな流れは以下の通りです。

  1. リサイクルショップの買取条件を確認する
  2. LINE査定や出張など査定方法を選択し、査定してもらう
  3. 査定額に納得したら、商品引き取りと買取額の引き渡し

ただし、買取不可となった場合は持ち帰らなければならず確実な処分方法とは言えません。確実に処分したい場合には別の方法を検討しましょう。

フリマアプリ・オークションサイトで売る

フリマアプリやオークションサイトは自身で販売価格を決められるのでリサイクルショップよりも高く売れる可能性があります。

リサイクルショップと比べて買取条件もなく、取引手数料を10%〜15%ほど売上高から引かれるだけで出品も無料でできますが、売れるまでに時間がかかる場合があります。

なかなか売れず、処分しようと思っていたのに家の片隅に放置状態になる場合もあるので注意しましょう。取引の手順は以下の通りです。

  1. 服の写真を複数枚撮影する
  2. 傷や汚れ箇所、ブランドなども説明欄に記載して写真と共に出品
  3. 購入されたら、梱包して発送する
  4. 購入者が服を受け取り、評価されれば料金が反映される

市場調査を行い、同様の商品がどの程度で売れているかを参考に価格を設定すると適正価格になります。

支援団体・NPO法人に寄付する

服を廃棄する代わりに寄付することで、廃棄物の量を減らし、環境保護に寄与します。寄付する服は、清潔で、再利用可能な状態のもの、事前にクリーニングや洗濯したものにしましょう。

多くの団体では、寄付の際のガイドラインや条件が定められています。事前に確認した上で、寄付を行ってください。可能であれば、団体の運営状況や活動報告を確認しましょう。

地元のシェルターや救護施設などが寄付先として適している場合が多いです。

不用品回収業者に回収してもらう

すぐに服を処分したい場合や服以外に家具や家電などの不用品がある場合は全て専用業者に任せられる不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

他の方法と比べて処分費用はかかりますが、即日中に業者が赴き、運び出しから処分まで全て請け負います。不用品回収業者に依頼する場合の流れは以下の通りです。

  1. ネットや電話で不用品回収業者に問い合わせ
  2. 料金見積もりを行う
  3. 納得したら、引き取りの日時や場所を指定する
  4. 当日、業者が服の運び出しと処分を行う

料金は依頼する業者や不用品の大きさ、量によって異なり、見積もり後に確定します。見積もり自体は無料で行っているので、まずは無料見積もりから行ってみましょう。

口コミやレビューを参考に、信頼と実績がある業者を選ぶことが重要です。

「片付け侍」は、お客様満足度96.3%、事前見積もりや出張費無料、キャンセル費用、追加費用一切ナシの不用品回収業者です。

断捨離した服を大量に捨てるなら片付け侍へ

本記事では、服を断捨離する効果・メリットや断捨離のコツ、リバウンドしないための注意点などについて解説してきました。

断捨離をするときは、ライフスタイルや収納スペースなどに応じた適正枚数を意識することが大切です。服の断捨離をスムーズに進めるためには、1年以上着用していない服や破損している服は捨てるというルールを設定しましょう。このルールを採用するだけで、断捨離が楽になります。

断捨離した服が大量にある場合や、服以外に家具や家電など不用品が大量にある場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者に依頼すれば、指定した日時に業者が自宅に赴き、運び出しから分別、処分まで全て重なってくれます。時間も指定できるので多忙で空き時間が少ない方にも向いているでしょう。

不用品回収業者「片付け侍」では365日対応、全国に対応しており、最短30分で自宅に駆けつけます。見積もり無料、追加料金もかかりません。状態の良いものは買取可能なので、お得に処分可能です。

作業前に契約額や追加費用が発生しない旨を記載した契約書を用意しているので安心です。

現在WEB割を実施しており「WEB割を見た」と報告すると積み放題プランの全メニューが10%OFFになります。 無料見積もりも行っているので、まずは相談から行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

aaaaさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK