孤独死の戸建やマンションは事故物件になる?売却方法と特殊清掃の重要性を解説

No Image

孤独死が発生した戸建てやマンションを所有していると、「物件が事故物件に分類されるかどうか」や、「その後の売却や賃貸にどのような影響を及ぼすのか」が気になるでしょう。

事故物件となる基準や告知義務には明確なガイドラインが存在し、物件の売却価格や賃貸条件に直接影響を与えます。

孤独死は発見のタイミングや状況によって、その扱いが大きく異なります。

この記事では、孤独死があった物件が事故物件になる条件や、心理的瑕疵としての影響、特殊清掃の重要性について詳しく解説します。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

孤独死があった戸建てやマンションが事故物件になるかどうか

孤独死が発生した物件が必ずしも事故物件となるわけではありません。

国土交通省のガイドラインに基づき、以下の2つのケースを解説します。

事故物件になるケース

遺体が発見されるまでに時間がかかった戸建てやマンションは、事故物件とみなされることがあります。

このようなケースでは、遺体の腐敗による悪臭や体液の汚染、害虫の発生などの衛生面の問題が生じることがあります。また、自殺や他殺など不自然な死因がある場合、心理的な瑕疵を帯びることになります。

凶悪な事件が起きた物件は、購入者からの抵抗感が強く売却が一層困難になることが多いでしょう。

近隣住民からの否定的な評判による風評被害も受ける可能性があります。

遺体発見まで時間がかかった場合は特殊清掃が必要


特殊清掃は、専門的な技術を要するため費用が数十万円から数百万円と高額になることがあります。

とはいえ、早めに特殊清掃を依頼することで、将来的に物件を売却または賃貸する際の問題を最小限に抑えられます。

事故物件にならないケース

国土交通省のガイドラインによると、孤独死があった戸建てやマンションが必ずしも事故物件とみなされるわけではありません。

事故物件として心理的瑕疵が認められるのは、主に以下のような特定の状況下でのみです。

  • 遺体の発見が遅れ、それに伴い特殊清掃が必要になった場合
  • 自殺や他殺など、不自然な死因がある場合

これに対して、遺体が早期に発見された場合や、自然死である場合は、事故物件として心理的瑕疵を問題としないケースがあります。

この場合は事故物件とみなされないため、その後の売買や賃貸における価値低下のリスクは発生しにくいです。

また、特殊清掃が不要で心理的瑕疵が認められない場合も事故物件には該当しません。

売買契約時には過去に孤独死があったことを告知する義務が生じる可能性もある

適切な情報の開示によって、孤独死があった物件でも適正な取引が可能になります。

孤独死の報告義務ガイドライン・基準とは

国土交通省が定める「宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン」によれば、不動産の売買や賃貸の取引において、特定の条件下で孤独死があった場合には事実を告知する義務があります。

発見が遅れた孤独死・自然死は告知義務がある

以下のような状況では、物件に心理的瑕疵があるとみなされるため告知が必須とされます。

  • 発見が遅れて特殊清掃が必要となった孤独死
  • 遺体の腐敗臭や体液などが付着し、心理的瑕疵と判断される孤独死

特殊清掃が必要になるほど衛生状態が悪くなると、将来の居住者に心理的な負担を及ぼす可能性があります。死因が自然死であっても例外ではありません。

心理的瑕疵があると判断される場合、告知義務(物件の売買や賃貸の際には事実を明らかにする)の必要があります。

告知義務は、購入者や賃借人が物件を選択する際に、全ての重要な情報を基に判断できるようにするために重要です。

適切な告知により後々のトラブルを避けられる

告知義務は死後何日が対象になるか

国土交通省のガイドラインでは、孤独死の告知義務に関して死後の経過時間に基づく明確な基準が設けられていません。

しかし、実務上では以下のような一般的な目安が参考にされています。

  • 孤独死発生から3年以上経過した場合
  • 3年以内であっても、特殊清掃が行われていない場合

時間の経過と共に心理的瑕疵の影響が薄れる場合は告知義務がないとされることもあります。

それでも、以下の特殊な状況では、3年以上経過した後でも告知義務が生じる可能性があります。

  • 告知を求められた場合
  • 死因が事件性を含むなど、心理的瑕疵が顕著である場合
  • 特殊清掃が行われていない場合
  • 買主や借主から具体的な事案の有無に関して質問された場合

告知は口頭だけでなく書面で行う必要があるとされています。

告知内容として、死因、発見状況、特殊清掃の有無などを記載しなければなりません。

告知義務を怠った場合には損害賠償責任を負うことになる可能性がある


孤独死に関する告知義務は複雑なため、不明点がある場合や不安がある場合は、不動産の専門家や法律の専門家に相談しましょう。

不動産が事故物件になる基準は心理的瑕疵

不動産が事故物件とされる基準は、物件に存在する心理的瑕疵によって決まります。

心理的瑕疵とは、「物件自体の物理的な欠陥ではなく、将来の居住者に心理的な抵抗感や嫌悪感を引き起こす可能性のある瑕疵」を指します。

心理的瑕疵の判断基準には、以下のような要素が含まれます。

  • 殺人、自殺、孤独死などの死因
  • 腐敗臭や体液の付着がある遺体発見状況
  • 特殊清掃が必要になったかどうか
  • 孤独死発生からどれほどの時が経ったか
  • 凶悪な事件が発生したのか
  • 近隣住民からの風評被害があるか

上記の基準は目安であり、心理的瑕疵の存在は個人の感受性によって異なるため、一概に定義することは難しいのが現状です。

心理的瑕疵があると判断された場合には告知義務がある


告知義務は宅地建物取引業法で定められており、違反した場合、契約解除や損害賠償請求を受ける可能性があるので注意しましょう。

不動産取引において心理的瑕疵は重要な要素であり、適切な告知によって将来的なトラブルを防ぐことが必要です。

事故物件では特殊清掃が重要

事故物件では、通常の清掃では取り除けない臭気や汚れが残っているため、専門的な知識と技術を持つ業者による特殊清掃が重要になります。

簡易な清掃では臭気は消えない

事故物件における特殊清掃の重要性は非常に大きいです。孤独死や殺人事件など、人が亡くなった現場では、血痕や体液、腐敗臭などが残ります。

臭いの原因となる物質が床や壁、家具などに深く染み込んでいることも多く、時間が経過すると臭いを消すことがより困難になります。

通常の清掃で臭いは消えない

特殊清掃では、臭いの原因となる物質を徹底的に除去するための専用薬剤や機器が使用されます。

特殊清掃は、高度な技術を必要とするため費用が高額になることがあります。

しかし、特殊清掃を適切に行うことで、物件の臭い問題を根本から解決し、将来の購入者の心理的な負担を軽減させることが可能になります。

孤独死の痕跡が残ると物件価値が下がる

孤独死があった物件は、心理的な瑕疵があるとみなされて価値が下がる可能性があります。

特に、臭気、汚れ、シミ、虫などの孤独死の痕跡が残った場合は購入者の心理的な抵抗が大きくなると言えるでしょう。

孤独死の痕跡を残さないためには特殊清掃が必要


専門的な特殊清掃業者は、死因や現場の状況に応じて適切な清掃方法を選択します。

  • 高度な技術や特殊な機器
  • 専用の薬剤
  • 床や壁の張り替え
  • 家具の処分


物件から孤独死の痕跡を徹底的に取り除くことは、心理的な影響を最小限に抑えるために重要です。

特殊清掃が適切に行われることで、物件の価値低下を防げます。物件の価値を守るためにも、孤独死が発生した場合は特殊清掃を実施することが推奨されます。

清掃内容が物件評価に影響する

孤独死や凶悪事件が起きた場合の物件売却や賃貸において物件の評価は非常に重要です。

物件評価に影響する要素は以下の通りです。

  • アクセスの良さや周辺施設の利便性
  • 新築からの経過年数やメンテナンスの有無
  • 建物の物理的な損傷や設備の状態
  • 学校や公園などの周辺施設や環境要因
  • 不動産市場の需要と供給のバランス
  • 特殊清掃により臭気や汚れが徹底的に除去されているか

孤独死が生じた物件の評価は基本的な要素に加え、特殊清掃の実施状況なども考慮されることが多いです。

物件が清潔かどうかは、住人の直接的な安心感に影響を与えるため、事故物件の場合でも重視されることが多いポイントとなります。

孤独死による事故物件の売却方法

孤独死が発生した物件は心理的瑕疵とみなされ、一般的な物件よりも売却が難しい場合があります。

しかし、適切な方法を選択することで売却できる可能性があります。ここでは、2つの方法を解説します。

不動産会社に買取してもらう

孤独死があった事故物件の売却には、特殊な状況を考慮する必要があるため、不動産会社に買取してもらうのも有効な解決策になります。

不動産会社による買取を選ぶ主なメリットは、迅速に売却できること、確実に売却できることです。

しかし、多くの場合、市場価格よりも低く買い取られるため売却価格は低くなります。

不動産会社に買取査定してもらう場合は、以下のポイントを重視しましょう。

  • 孤独死があった事故物件の取扱経験があるか
  • 複数の不動産会社から見積もりをもらっているか
  • 必要に応じて修繕やリフォームを行うかどうか

孤独死があった事故物件の場合、修繕やリフォームを行うことで売却価格を上げられる可能性があります。

事故物件の売却は専門家との相談も重要


事故物件を扱う不動産会社や法律の専門家に相談することで、適切な売却戦略を立てられるでしょう。

不動産会社に仲介してもらう

不動産会社による仲介を通じて事故物件を売却する方法は、市場価格に近い価格での売却が見込める可能性があります。

しかし、この方法のデメリットとして、売却に時間がかかることや、適切な買主が見つかるとは限らないリスクがあります。

仲介売却を利用する場合は、以下のポイントを確認しましょう。

  • 事故物件の売却実績のある不動産会社を検討する
  • 事故物件であることを正確に告知する
  • 事故物件の特性を考慮した価格設定にする

短期間での売却を希望する場合は不動産会社による買取、時間をかけてでも高価格で売却したい場合は仲介が適しています。

事故物件の売却には専門的な知識が必要

孤独死による事故物件を売却するためには、実績のある不動産会社や専門業者に相談しながら売却方法を決定していくと良いでしょう。

孤独死が発生した不動産の減額率

孤独死が発生した不動産の売却において、減額率は様々な要素によって影響を受けます。

孤独死が発生した不動産の減額率は、以下の2つの要素によって大きく左右されます。

  • 発見が早いと減額率0~10%(告知義務なし)
  • 発見が遅いと減額率10~30%(告知義務あり)

発見のタイミングと、それぞれのケースにおける減額率の目安を解説します。

発見が早いと減額率0~10%(告知義務なし)

孤独死の発見が早い場合、つまり臭いや汚れが付着する前に適切な清掃が行われるなら、減額率は相対的に低く抑えられます。

発見が早ければ減額率は0~10%程度
になることが多く、このケースでは告知義務が発生しない場合があります。

臭いや汚れの程度は減額率を決定する重要な要素


腐敗臭や体液が付着している場合は、特殊清掃の必要性が高まるため減額率が上がります。

清掃作業によって臭いや汚れが除去されたとしても、物件に心理的な瑕疵が残ると減額率に影響がでる可能性があります。

減額率が0%になるケースは存在しないわけではありませんが、これは例外的な状況と言えるでしょう。

実際には、心理的な瑕疵の有無や市場の状況など、多くの要因によって最終的な減額率が決定されます。

発見が遅いと減額率10~30%(告知義務あり)

孤独死が発生した事故物件の売却において、遺体の発見が遅れると影響は物件価値に大きく反映されます。

発見が遅れた場合、臭いや汚れが深く染み付いてしまうため、完全に除去するために特殊清掃が必要になる可能性が高くなります。

特殊清掃の費用と物件に対する心理的な瑕疵が減額率を高める


遺体の発見が遅れた場合の減額率は、一般的に10~30%程度とされています。

減額率の範囲は、臭いや汚れの程度、特殊清掃の必要性、物件に残る心理的な影響の大きさによって左右されます。

また、特殊清掃の費用は数十万円から数百万円にも及ぶことがあるため、物件の売却価格に直接影響を及ぼす要素となります。

発見が遅れた孤独死があった事故物件の場合、法律により告知義務が発生します。

告知を怠った場合、契約解除や損害賠償請求のリスクに直面する可能性があるので注意が必要です。

孤独死による特殊清掃は業者に依頼する

特殊清掃を業者に依頼する理由は、以下の6つのメリットがあります。

  • 悪臭の除去と汚物の清掃
  • 部屋の清掃・片付け
  • 害虫・害獣の駆除
  • リフォーム
  • 遺品整理
  • 不用品の処分

孤独死による特殊清掃は、専門知識と技術を持つ業者に依頼しましょう。

悪臭の除去と汚物の清掃

孤独死が発生した事故物件の清掃には特殊な対応が必要です。

孤独死の遺体現場では、通常の清掃方法では対応できないほどの悪臭や汚物が発生するためです。

孤独死によって生じる腐敗臭や体液は非常に強力

特殊清掃業者は、専門的な方法で悪臭の除去や汚物の清掃を行えます。

  • 専用の薬剤や機器を使用して悪臭の原因物質の除去
  • 床や壁、家具などに付着した目に見えない汚物を清掃
  • 臭いが再発しないように空間内の原因物質を除去

特殊清掃は、健康被害や衛生環境の悪化を抑えて、物件を再び安全で衛生的な状態に戻すために不可欠です。

孤独死が発生した場合は、迅速に信頼できる特殊清掃業者に連絡を取り、専門的な清掃を依頼することが重要と言えるでしょう。

部屋の清掃・片付け

孤独死が発生した部屋では、ゴミや汚物が散乱し、部屋全体が荒れた状態になっていることがあります。

通常の清掃方法では対処が困難であり、特殊清掃業者の専門技術が必要となることが多いです。

特殊清掃業者は、孤独死現場の事故物件の清掃や片付けに特化したスキルを持っています。

  • 専用の薬剤で臭いを発生させる原因物質を化学的に分解する
  • 細菌やウイルスの除去に有効な殺菌薬剤を使用する
  • 高圧洗浄機を用いて汚物を物理的に除去する
  • オゾンの強力な酸化作用を利用して空間を消臭・除菌する
  • 特殊なコーティング剤を施すことで悪臭の再発防止

孤独死による事故物件の清掃には、特殊清掃業者の専門知識と技術が不可欠です。

経験豊富な専門業者に依頼することが最も適切な対応と言えるでしょう。

害虫・害獣の駆除

孤独死が発生した現場では、害虫や害獣が発生しやすい条件が整っています。

餌となるゴミや汚物が豊富に存在し、人の出入りが少なく、隠れやすい環境があるためです。

害虫・害獣駆除を得意とする特殊清掃業者を探そう

特殊清掃では害虫・害獣の駆除と再発防止が重要な役割を果たします。

害虫・害獣駆除には、以下の方法を用いることが多いです。

  • 殺虫剤や殺鼠剤
  • 侵入経路を封鎖
  • 定期的な点検と追加の駆除

害虫や害獣によって病原菌やウイルスによる感染症のリスクが高まると、居住者の健康に直接的な影響を及ぼすため、適切な駆除と予防措置が極めて重要です。

専門的な知識と技術を持つ業者に依頼することで、害虫や害獣による被害を防げるでしょう。

リフォーム

孤独死が発生した事故物件のリフォームは、物件を再び居住可能な状態に戻すために重要です。

床や壁に腐敗臭や体液が染み込んでしまった場合や、物理的な腐食が発生している場合には、単純な清掃作業を超えた対策が必要になります。

臭いの原因物質を除去するには床や壁を張り替える必要がある

事故物件のリフォームが必要か判断する場合には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 臭いの程度と腐食の進行具合
  • リフォーム費用と売却価格の比較
  • 故人の遺族の希望や意向

孤独死が発生した事故物件のリフォームに特化した業者を選ぶことをおすすめします。

複数の業者から見積もりを取得し、実績のある業者を選定しましょう。

遺品整理

孤独死が発生した事故物件での遺品整理は、単に物品を片付ける以上の重要な意味を持ちます。

故人が残した遺品は、遺族にとって感情的な価値が高いものから、法律的に重要な書類まで様々。事故物件での遺品整理には細心の注意と専門的な知識が必要です。

遺品整理には、以下の作業が含まれます。

  • 遺品の整理や仕分け
  • 貴重品や法的な書類の捜索
  • 遺言書や遺族の意向に沿った作業
  • 遺品の回収や処分・買取

特殊清掃業者は、遺言書の扱い、相続手続きなど法律に基づいた知識を持っていることが多いです。

遺品整理を特殊清掃業者に依頼することで、物理的、感情的な負担が大きく軽減されるでしょう。

不用品の処分

遺品整理の際に不用品処分を行うことが必要になる場合も多いです。遺品の中には、速やかに処分すべき単なる生活用品や不用品も含まれます。

特殊清掃業者に不用品処分を依頼する場合は以下のような方法があります。

  • 不用品を粗大ゴミとリサイクル可能な物品に仕分け
  • 自治体の規定に従って粗大ゴミを分別
  • リサイクル可能な物品は適切なリサイクル業者に引き渡し

遺族の意向を尊重しつつ、適切な処分方法を選択することが一般的です。

粗大ゴミの回収サービスや不用品処分を同時に行える特殊清掃業者を利用することで、余分な手間や費用を抑えられるでしょう。

孤独死による特殊清掃の費用相場

孤独死による事故物件の特殊清掃費用は、様々な要因によって大きく変動します。

特殊清掃は、一般的な家庭用清掃とは異なり、専門的な知識、技術、機材が必要とされるため、費用は通常よりも高額になる傾向があります。

特殊清掃の費用に影響を与える要因

  • 部屋の広さ
  • 汚染の程度
  • 発見までの期間
  • 清掃内容
  • オプションの有無

遺品整理やリフォームなどの追加サービスを利用する場合、さらに費用が必要になることが多いです。特殊清掃の費用は諸条件に応じて大きく異なります。

特殊清掃費用の例

  • 孤独死・変死清掃:5万円~30万円
  • 自殺・殺人事件現場の清掃:10万円~50万円
  • 動物の死骸処理:2万円~10万円
  • 汚部屋清掃:10万円~30万円
  • ハウスクリーニング:1万円~3万円
  • 消臭・除菌:1万円~3万円
  • 原状回復:5万円~10万円
  • 遺品整理:10万円~30万円

特殊清掃の費用は、予め正確に算出することが難しい場合があります。

そのため、実際の作業に入る前に、業者による現場確認と詳細な見積もりが必要になります。

信頼できる特殊清掃業者を数社選んで見積もりを取得することをおすすめします。

孤独死の清掃・片付けなら片付け侍へ

孤独死の事故物件の処理は、遺された家族や関係者にとって心理的負担が非常に大きいものです。

専門業者に清掃作業を依頼することで負担を軽減できます。

また、専門業者は、腐敗臭や体液など普通の清掃では取り除けない汚れに対応できます。

遺品整理や特殊清掃を行うプロフェッショナルなサービスを提供する専門業者を探しているなら、ぜひ片付け侍にご相談ください。

遺品の丁寧な仕分けから、事故物件の消毒・清掃まで一貫してサポート。

公式サイトから簡単に見積もり依頼できます。

孤独死事故物件の清掃・片付けでお困りの際は、ぜひ片付け侍へご相談ください。

また、空き家を丸ごと処分したい場合は、専門の買取業者に相談する方法も有効です。

中でもおすすめなのは、株式会社AlbaLinkが運営する「訳あり物件買取プロ」です。

訳あり物件買取プロは、空き家買取や、事故物件買取を専門に日本全国から、年間5,000件以上の相談実績を誇ります。

気になる方は気軽に相談してみてください。


すぐに処分するなら下記から


片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK