発砲スチロールの処分方法7選!何ゴミ?賢い捨て方から小さくする方法まで紹介!

「自宅にある発泡スチロール、どう処分すればいいの?」「地域によって異なる処分ルールが分からない」と悩んでいませんか?

発泡スチロールの処分方法は、種類や自治体のルールによって異なります。燃えるゴミとして処分する方法から専門業者へ依頼する方法まで、様々な処分方法があるため最適な手段を選ぶことが大切です。

本記事では、発泡スチロールの種類別処分方法や地域ごとのルール、処分時の注意点、さらには効率的な処理方法までを網羅的に紹介します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

発泡スチロールの処分前に押さえておくべきポイント

発泡スチロールを処分する際、最も重要なのは種類と自治体のルールを理解することです。発泡スチロールは、用途や形状によって異なる処分方法が必要となります。

発泡スチロールの種類によって捨て方が異なる

​​発泡スチロールは、使用目的によって多種多様な形状や種類があります。たとえば、家電製品の梱包材として使われる大きな発泡スチロールはそのままゴミとして処分できない場合が多く、粗大ゴミとしての処理が必要です。

一方で、食品トレイとして使われる発泡スチロールはリサイクル可能なプラスチックとして分類され、専用の回収ボックスに入れてリサイクルされます。適切な処分方法は発泡スチロールの種類によって異なるため、処分する前に種類を正しく識別し、適切な方法で処理しましょう。

自治体ごとにルールが異なるので確認が必要

発泡スチロールの処分方法は、住んでいる自治体によって大きく異なります。一部の自治体では発泡スチロールを燃えるゴミとして処理できますが、他の自治体ではリサイクル可能なプラスチックとして分類し、別途回収する場合もあります。

また、大きな発泡スチロールは粗大ゴミとして扱われることもあります。処分ルールは自治体によって異なるため、自宅のある地域のゴミ分別ルールや処分方法を事前に確認することが非常に重要です。

自治体の公式ウェブサイトやゴミ分別ガイドを参照することで、正しい処分方法を知ることができますよ。

発泡スチロールの処分方法7選

発泡スチロールは日常生活で頻繁に使用される素材ですが、処分方法はひとつではありません。家庭やオフィスで出る発泡スチロールを適切に処分するためには、さまざまな選択肢を理解し、状況に応じて最適な方法を選ぶことが重要です。

以下に処分方法をまとめました。

  • 燃えるゴミとして処分する
  • 粗大ゴミとして処分する
  • クリーンセンター(ゴミ処理場)に持ち込む
  • リサイクル回収ボックスに入れる
  • 家電や家具なら購入店舗に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう
  • 発泡スチロール専門の買取業者に売る

それぞれ詳しく解説します。

燃えるゴミとして処分する

一部の自治体では、発泡スチロールを燃えるゴミとして処分することが許可されています。特に小さな発泡スチロール片や食品トレイなど、容量が少ない場合に最適です。

しかし、自治体によっては燃えるゴミとして受け入れていない場合もあるため、事前に地域のゴミ分別ルールの確認をしましょう。燃えるゴミとして処分する場合でも、大きな発泡スチロールは適切に小さく切断してからゴミ袋に入れる必要があります。

粗大ゴミとして処分する

大きな発泡スチロールは粗大ゴミとして処分することが一般的で、家電製品の梱包材や大型の発泡スチロール製品に最適です。粗大ゴミとして処分する場合、自治体によっては事前に申し込みが必要で、処分に費用がかかります。

また、粗大ゴミの収集日は通常のゴミ収集日と異なることが多いため、事前に収集スケジュールを確認して適切な手続きが必要です。

クリーンセンター(ゴミ処理場)に持ち込む

自宅での処分が難しい場合や大量の発泡スチロールを一度に処分したい場合、地域のクリーンセンターに直接持ち込むことを検討しましょう。クリーンセンターは迅速に大量の発泡スチロールを処分するのに最適ですが、手数料がかかります。

また、持ち込む際には発泡スチロールのサイズや量に応じた料金が設定されていることが多いです。そのため、事前に料金表を確認し、必要な手続きを行いましょう。

リサイクル回収ボックスに入れる

スーパーマーケットや公共施設に設置されているリサイクル回収ボックスを利用して、発泡スチロールを処分できます。食品トレイといった小さな発泡スチロールは、簡単にリサイクルに出すことが可能です。

ただし、リサイクルボックスに入れる前に発泡スチロールを清掃し、汚れや食品の残骸を取り除くことが必要です。リサイクルボックスに入れる発泡スチロールの種類やサイズには制限があるため、事前に確認することが推奨されます。

家電や家具なら購入店舗に引き取ってもらう

家電や家具を購入した際に付属する大きな発泡スチロールは、購入した店舗に引き取ってもらえます。引き取ってもらえれば、新しい製品を購入した際に発生する発泡スチロールを処分するのに便利です。

多くの店舗では、購入時に梱包材の引き取りサービスを提供しており、追加料金なしで利用できることが多いです。ただし、サービスを利用するためには購入時に店舗に確認し、必要な手続きを行う必要があります。

不用品回収業者に引き取ってもらう

自宅での処分が難しい場合や大量にある場合は、不用品回収業者に引き取ってもらうこともひとつの方法です。手間をかけずに発泡スチロールを処分したい場合に適していますが、サービスによっては費用がかかります。

不用品回収業者を利用する際には、事前に複数の業者から見積もりを取り、サービス内容や料金を比較することが重要です。また、不用品回収業者を選ぶ際には信頼性や評判も考慮することが推奨されます。

発泡スチロール専門の買取業者に売る

発泡スチロールを専門に扱う買取業者に売ることも可能です。とくに、大量の発泡スチロールを処分したい場合や、再利用可能な状態の発泡スチロールを持っている場合に適しています。

買取業者によっては発泡スチロールの種類や状態に応じて買取価格が異なるため、複数の業者を比較することがおすすめです。また、買取業者を利用する際には事前に買取条件や手続きの流れを確認し、必要な書類の準備が重要です。

買取業者を利用すれば発泡スチロールを処分すると同時に、少額ではあるものの収入を得ることもできますよ。

発泡スチロールを小さく処理するコツ

発泡スチロールは小さく処理することで、より簡単かつ効率的に処分できます。発泡スチロールを小さくして処分する場合、以下の方法を駆使しましょう。

  • 発砲スチロール専用カッターで切る
  • ゴミ袋に入れてから砕く
  • 発泡スチロールを溶かして捨てる
  • 熱した包丁で切る

それぞれ詳しく解説します。

発泡スチロール専用カッターで切る

発泡スチロール専用のカッターを使用すると、発泡スチロールを綺麗かつ安全に切ることができます。専用カッターは、発泡スチロールの質感に合わせて設計されており、通常のカッターやハサミよりもスムーズに切断が可能です。

専用カッターを使用することで発泡スチロールが細かく砕け散るのを防げ、後片付けも容易になります。専用カッターは、ホームセンターやオンラインショップで容易に入手可能で、発泡スチロールを頻繁に処理する場合には活用する価値があります。

ゴミ袋に入れてから砕く

大きな発泡スチロールを処理する際には、まずゴミ袋に入れてから砕くと発泡スチロールが周囲に飛び散るのを防ぐため、後片付けが簡単です。ゴミ袋の中で発泡スチロールを手で押し潰したり、足で踏みつぶしたりすることで、容量を大幅に減らせます。

ただし、ゴミ袋を使用する際には、破れないように注意が必要です。また、発泡スチロールを砕く際には鋭利なエッジや角に注意し、手袋を着用することをお勧めします。

発泡スチロールを溶かして捨てる

特殊な溶剤を使用して発泡スチロールを溶かす方法もあり、発泡スチロールの体積を減らすことが可能です。しかし、使用する溶剤によっては有害なガスが発生する可能性があるため、安全性には十分注意しましょう。

また、溶剤を使用する際には、適切な換気と保護具の着用が必要です。大量の発泡スチロールを処理する際に有効ですが、環境への影響を考慮し他の方法が利用できない場合に限定して使用することが推奨されます。

熱した包丁で切る

熱した包丁を使用して発泡スチロールを切る方法は、綺麗に切断できるだけでなく切断面が滑らかになるため、後の処理が容易になります。包丁を熱する際には火傷に注意し、安全な方法で加熱することが重要です。

また、熱した包丁を使用する際には換気を良くするなど、安全対策を十分に行う必要があります。

熱した包丁を使用することで発泡スチロールを効率的に切断し、処分の手間を軽減できますよ。

発泡スチロールを処分・廃棄するときの注意点

発泡スチロールの処分や廃棄には、いくつかの重要な注意点があります。注意すべきポイントをまとめると以下のとおりです。

  • 自治体のルールや注意事項を守る
  • 汚れを落としてから捨てる
  • ガソリンや灯油で溶かすのは危険
  • 溶かすための専用の薬品は手間がかかる
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

自治体のルールや注意事項を守る

発泡スチロールの処分に関しては、自治体によってルールが異なることが多いです。一部の自治体ではリサイクル可能なプラスチックとして扱われ、他の地域では燃えるゴミとして処理される場合もあります。

そのため、発泡スチロールを処分する前に、自分が住んでいる地域のルールを確認することが非常に重要です。自治体のウェブサイトや地域のゴミ分別ガイドを参照し、正しい分別方法を把握することで、適切な処理が可能になります。

汚れを落としてから捨てる

発泡スチロールが食品トレイなどで使用されていた場合、汚れや食品の残骸が付着していることがあります。汚れはリサイクルプロセスを妨げる原因となるため、処分する前にきれいに洗って乾燥させましょう。

もしリサイクルを目的としている場合、清潔な状態での処理が重要です。汚れが落としにくい場合は、自治体のルールに従って燃えるゴミとして処理することもご検討ください。

ガソリンや灯油で溶かすのは危険

発泡スチロールをガソリンや灯油などの有機溶剤で溶かす方法は、非常に危険です。有機溶剤を使用すると、有害なガスが発生する可能性があり、火災や健康へのリスクを引き起こすことがあります。

また、溶かした後の処理も問題となります。有機溶剤を使用する危険な方法は避け、安全な処分方法の選択が重要です。

溶かすための専用の薬品は手間がかかる

市販されている発泡スチロールを溶かすための専用の薬品を使用する方法もありますが、溶かすには手間がかかります。専用の薬品を使用する場合、適切な換気と保護具の着用が必要であり、処理後の廃液の適切な処分も考慮することが必要です。

専用の薬品を使用する方法は特定の状況下でのみ適切であり、一般的な家庭での使用には向いていません。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

大量の発泡スチロールや特殊な状況下での処分が必要な場合、不用品回収業者に依頼することがひとつの選択肢です。複数の業者から見積もりを取り、サービス内容と料金を比較することが重要になります。

不用品回収業者を利用することで、手間をかけずに安全かつ迅速に発泡スチロールを処分することも可能です。ただし、サービスによっては費用がかかるため注意しましょう。

発泡スチロールを自分で燃やして捨てていい?

発泡スチロールを自分で燃やして処分することは、一見簡単で迅速な方法のように思えるかもしれません。しかし、実際には多くのリスクと法的な問題を伴います。

発泡スチロールは特定の条件下でのみ安全に燃焼するため、家庭での燃焼は適切な処理方法とは言えません。

自分で燃やして処分するのは違法

多くの地域では、発泡スチロールを自分で燃やして処分することは法律で禁じられています。違法になるのは、不適切な燃焼が環境汚染を引き起こす可能性があるためです。

家庭での発泡スチロールの燃焼は、有害な化学物質を放出するリスクが高く、大気汚染や健康問題を引き起こす可能性があります。そのため、発泡スチロールの燃焼は専門の処理施設で行われるべきであり、個人が自宅で行うことは避けるべきです。

黒煙(スス)や一酸化炭素が発生する可能性がある

発泡スチロールを燃やすと、黒煙(スス)や一酸化炭素などの有害な物質が発生する可能性があります。有害物質は、呼吸器系の問題を引き起こすだけでなく、環境にも悪影響を及ぼすのです。

黒煙は大気汚染の原因となり、周囲の空気の質を悪化させる可能性があります。

他にも、一酸化炭素は無色無臭のガスであり、高濃度で吸入すると健康にも深刻な影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。

悪影響なリスクを考慮すると、発泡スチロールを自分で燃やすことは、環境や健康に対する責任ある行動とは言えません。安全で環境に優しい処分方法の選択が重要です。

大量の発泡スチロールの処分方法

大量の発泡スチロールを処分する場合、通常の家庭用ゴミ処理方法では対応しきれないことが多いです。特に、家庭やオフィスの改装、大規模なイベント後などで大量に発生した発泡スチロールは、適切な処分方法を選ぶことが重要になります。

処分方法をまとめると以下のとおりです。

  • 不用品回収業に引き取りに来てもらう
  • 発泡スチロール専門の買取業者に依頼する
  • クリーンセンター(ゴミ処理場)に持ち込む

それぞれ詳しく解説します。

不用品回収業に引き取りに来てもらう

大量の発泡スチロールを処分するひとつの方法として、不用品回収業者に引き取りを依頼することがあります。サービスを利用することで、自宅やオフィスから直接発泡スチロールを回収してもらえ、大量の発泡スチロールを一度に処分することが可能です。

不用品回収業者は、発泡スチロールの量や種類に応じて適切な処理を行い、必要に応じてリサイクルも行います。ただし、サービスによっては費用がかかるため、事前に複数の業者から見積もりを取り、サービス内容と料金を比較することが重要です。

発泡スチロール専門の買取業者に依頼する

発泡スチロール専門の買取業者に依頼することも、大量の発泡スチロールを処分する効果的な方法です。専門業者は発泡スチロールを再利用やリサイクルの目的で買い取り、適切に処理します。

買取業者を利用することで、発泡スチロールを処分すると同時に、少額ではあるものの収入を得ることも可能です。ただし、買取価格は発泡スチロールの状態や量によって異なるため、事前に条件を確認し、複数の業者を比較しましょう。

クリーンセンター(ゴミ処理場)に持ち込む

自分で直接、地域のクリーンセンターやゴミ処理場に発泡スチロールを持ち込むことも、大量の発泡スチロールを処分する方法のひとつです。迅速に大量の発泡スチロールを処分するのに適していますが、持ち込む際には手数料がかかります。

また、クリーンセンターによっては、発泡スチロールの持ち込みに関するルールや制限が設けられている場合が多いです。そのため、事前に施設の規定を確認し、必要な手続きを行うことが重要です。

自分で持ち込む場合は、運搬手段や安全性も考慮する必要がありますよ。

発泡スチロールの回収なら不用品回収業者へ

発泡スチロールの処分方法は、種類や自治体のルールによって異なります。燃えるゴミとして処分する方法から専門業者へ依頼する方法まで、様々な処分方法があるため最適な手段を選ぶことが大切です。

発泡スチロールの処分に困ったとき、不用品回収業者の利用をご検討ください。不用品回収業者は、家庭やオフィスからの発泡スチロールを含む不用品の回収に特化しており、迅速かつ効率的に処理を行います。

業者によっては追加料金が発生することもあるため、契約前に全ての条件を明確にすることが望ましいです。ぜひ本記事を参考にして、信頼できる業者を選んでから発泡スチロールを正しく処分してみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK