枕の捨て方は7つある!何ゴミ?無料で賢く捨てる方法や買取についても徹底解説!

「枕の捨て方がわからない」「地域のゴミ分別ルールに従った正しい処分方法は何?」と悩んでいませんか?

枕の捨て方は、素材や大きさ、住まいの地域によって異なります。正しい分別方法を知ることで、地域のルールに違反せず、環境に配慮した処分が可能です。

本記事では、枕の素材別の分別方法や地域ごとの処分ルール、枕の買取やリサイクルに関する情報を詳しく解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・枕の処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

枕は何ゴミ?処分前に押さえておくべきポイント

枕を捨てる際には、その素材と大きさが重要な分別基準となります。地域によって異なるゴミの分別ルールが存在するため、正しい処分方法を把握することが非常に重要です。

多くの場合は燃えるゴミで捨てる

一般的な枕は、多くの自治体で燃えるゴミとして処理されることが一般的です。綿や羽毛、そばがらなどの自然由来の素材が含まれます。

しかし、枕のサイズが特に大きい場合や特殊な素材を含む場合には、異なる処理方法が必要になることが多いです。地域によって分類する項目が異なるため、自治体のルールを考慮した上で適切な処分方法を選択する必要があります。

素材により分別が必要

枕の素材によっては、燃えるゴミとして処理できない場合があります。燃えるゴミと燃えないゴミに該当する素材があるため、事前にチェックしておくことが大切です。

燃えるゴミの素材

燃えるゴミとして処理できる枕の素材には、天然素材が多く含まれます。

たとえば綿、羽毛、そばがら、ラテックスなどがあり、生分解性が高く、環境に優しい処分が可能です。素材は自然に還るため、環境に配慮した廃棄方法として適しています。

燃えないゴミの素材

燃えないゴミとして分別する必要がある枕の素材には、合成素材や化学繊維が含まれます。たとえば、ポリエステルや低反発ウレタン、ビーズやパイプなどです。

燃えないゴミの素材は燃焼時に有害なガスを発生させる可能性があるため、適切な処理が必要です。リサイクルが難しく、環境への影響を考慮して処分する必要があります。

抱き枕などの大型は粗大ゴミ

大型の枕や抱き枕は、サイズによって粗大ゴミとして処理されることがあります。抱き枕は通常のゴミ袋に収まらないため、自治体の粗大ゴミ処理サービスを利用する必要があります。

粗大ゴミとして処理する際には、事前に自治体に連絡し、処理方法や手数料について確認することが重要です。

切れば可燃か不燃ごみで捨てれる

大型の枕や特殊素材の枕でも、適切に切断することで、可燃ゴミまたは不燃ゴミとして処理することが可能です。粗大ゴミとして処理するよりも手間がかかりますが、処理費用を節約することができます。

適切なサイズに切断し、地域のルールに従って分別することで、スムーズな処分が可能です。

捨て方は自治体により違うので必ず確認を

枕の捨て方は、お住まいの地域によって異なるため、必ず地元の自治体のルールを確認することが重要です。自治体によっては、特定の素材やサイズの枕に対して特別な処理方法を定めていることがあります。

正しい処分方法を選択することで、無駄な手間や罰金を避けられ、地域の環境保護にも貢献できます。

枕の賢い捨て方7選

枕を捨てる際には素材やサイズ、お住まいの地域の規制に応じて、最適な処分方法を選ぶことが重要です。処分方法をまとめると以下のとおりです。

  • 燃えるゴミとして捨てる
  • 粗大ゴミとして捨てる
  • リサイクルショップで買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • 寄付をできる場合もある
  • 自分でリサイクルする

それぞれ詳しく解説します。

燃えるゴミとして捨てる

小型の枕や分解可能なものは、燃えるゴミとして処分できます。ただし、自治体のゴミ処理ルールに依存するため、事前に確認が必要です。

燃えるゴミとして処分する場合、枕を可能な限り小さく分解し、指定されたゴミ袋に入れて処分します。手軽で迅速に処分が可能ですが、大型の枕や特殊素材を使用している場合は適用できないことが多いです。

また、枕の素材が環境に悪影響を与える可能性がある場合は、他の処分方法を検討しましょう。

粗大ゴミとして捨てる

大型の枕や分解できないものは、粗大ゴミとして処分できます。粗大ゴミとして処分する際には自治体による収集サービスを利用するか、指定された処理施設に持ち込む必要があります。

一定の手数料がかかる場合が多いですが、大きな枕を適切に処分するための確実な方法です。事前に自治体のルールを確認し、必要な手続きを行いましょう。

粗大ゴミとして処分する際には、処分する日時や場所、必要な手数料についても事前に確認しておくことが必要です。

リサイクルショップで買取してもらう

まだ使用可能な状態の枕は、リサイクルショップで買取してもらえます。リサイクルショップは枕を廃棄する代わりに、少額でも買取価格を得られる点がメリットです。

リサイクルショップでは、状態が良好な枕や人気のデザインのものが高く評価される傾向にあります。買取を希望する場合は、事前に複数のショップに問い合わせて、最適な買取価格を見つけることが大切です。

枕のブランドや購入時期、使用状況などの詳細情報を提供することが、適切な評価を受けられますよ。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

枕をオンラインのフリマアプリやオークションサイトで販売することも可能です。直接買い手を見つけることができるため、買取価格よりも高い価格で販売できる可能性があります。

オンラインでの販売は、写真や商品説明を丁寧に作成することが成功の鍵です。また、配送方法や送料の設定も重要な要素となります。

販売する際には枕の状態を正確に記載し、購入者が期待する品質を提供しましょう。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

大量の枕や他の不用品と一緒に処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するのが便利です。不用品回収業者は、家具や家電などさまざまなアイテムを一括で引き取ってくれます。

ただし、サービスには料金が発生するため、事前に見積もりを取ることが重要です。また、信頼できる業者を選ぶことで、不用品の処分をスムーズかつ効率的に行えます。

不用品回収業者を利用する際には処分するアイテムの量や種類、サービスの範囲などを明確に伝え、正確な見積もりを得ることが重要です。

寄付をできる場合もある

まだ使用可能な枕は、地域の団体や学校、福祉施設などに寄付することも検討できます。寄付は枕を有効活用し、社会貢献にもつながる方法です。

寄付先を探す際には、インターネットや地域の情報を活用し、寄付を受け入れている団体を見つけましょう。寄付することで、不要な枕を必要としている人々に渡すことにつながります。

寄付を行う際には、寄付先のニーズや条件を事前に確認し、適切なアイテムを提供することが重要ですよ。

自分でリサイクルする

枕を自分でリサイクルする方法もあります。たとえば、枕の素材を他の用途に再利用するアート作品に変身させるなど、創造的なアイデアで新たな価値を生み出すことも可能です。

自分でリサイクルすることは、廃棄物を減らし、環境に優しい選択となります。また、このプロセスは創造性を刺激し、新しい趣味やスキルを開発する機会となるでしょう。

枕に関連してマットレス布団の処分方法も知りたい方は下記の記事をご覧ください。

枕の買取・売却ができるもの

枕を買取や売却する際、どのような枕が市場で需要があるのかを知ることは重要です。特に、状態が良好で人気のあるブランドやメーカーの枕は、買取や売却において高い価値を持ちます。

ここでは、買取・売却ができる枕の特徴をまとめます。

有名ブランド・メーカー品

有名ブランドやメーカーの枕は、その品質と信頼性から買取市場で高く評価されます。特に、テンピュールやニトリなどのように消費者に広く認知されているブランドの枕は、中古市場でも需要が高いです。

有名ブランドの枕は、耐久性や快適性が保証されているため、中古でも新品に近い価値を持つことが多いです。買取や売却を検討する際は、ブランド名や購入時の証明書、保証書などの情報を用意するとスムーズな取引が期待できます。

ヨギボー等の抱き枕

ヨギボーなどの特定ブランドの抱き枕は、独特なデザインと機能性で人気があり、買取や売却の際に良い価格がつくことがあります。リラックスや睡眠の質を高めるために特別な素材や形状が採用されていて、良好な状態のものは中古市場でも需要が高いです。

ヨギボーのようなブランドの抱き枕を売却する際は、特徴や使用感、保管状態を詳細に説明することが重要です。

枕の状態(汚れ・シミ・臭い)

枕を買取や売却する際、枕の状態は非常に重要な要素です。汚れやシミ、臭いなどは枕の価値を大きく下げる要因となります。

清潔で良好な状態の枕は、買取や売却の際に高い評価を受ける可能性が高くなります。枕を売却する前に可能な限り洗濯やクリーニングを行い、臭いを取り除くなどして綺麗な状態にしておくことが望ましいです。

枕の状態を正確に伝えることで、買い手との信頼関係を築けますよ。

状態の悪い枕を売却するとクレームにつながる可能性もあるため、注意しましょう。

風水から考える枕の捨て方

風水において枕は、個人の健康や運気に直接関わる重要なアイテムです。枕は長い間私たちの頭を支え、日々の疲れを癒してくれる大切な存在と考えられています。

そのため、枕を捨てる際には感謝の気持ちを込め、清潔に保ちながら処分することが推奨されます。枕を捨てるタイミングや方法によって、個人の運気に影響を与えるとされているため、風水に基づいた適切な処分方法を選ぶことが重要です。

枕を処分・廃棄するときの注意点

枕を処分・廃棄する場合、以下の点に注意しましょう。

  • 自治体のルールや注意事項を守る
  • 枕カバーは取り外して捨てる
  • 枕の汚れや臭いが気になる場合は洗濯する
  • 枕の中のゴミを取り除く
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

自治体のルールや注意事項を守る

枕を処分する際には、お住まいの自治体が定めるルールや注意事項を遵守することが非常に重要です。各自治体には、ゴミの分別方法や処分ルールが定められており、守らないと罰金が科せられることもあります。

また、適切な処分方法を選択することで環境への負担を減らし、地域社会の秩序を保つことにも貢献します。自治体のウェブサイトや公共の掲示板で、枕の処分に関する最新の情報を確認し、ルールに従って処分することが大切です。

枕カバーは取り外して捨てる

枕を処分する際には、枕カバーを取り外して別々に処分しましょう。枕カバーは通常、洗濯可能な素材でできており、燃えるゴミとして処分できます。

一方、枕本体の素材によっては燃えないゴミや粗大ゴミとして処分する必要がある場合があります。枕とカバーを分けて処分することで、適切な分別が可能です。

枕カバーの取り外しと洗濯は、枕の処分をより衛生的に行うためにも重要なステップといえますよ。

枕の汚れや臭いが気になる場合は洗濯する

枕を処分する前に、汚れや臭いが気になる場合は洗濯を行うことが望ましいです。清潔な状態で処分することは衛生面での配慮はもちろん、風水的な観点からも良いとされています。

枕が洗濯可能な素材であれば、洗濯機で丁寧に洗い、乾燥させてから処分しましょう。長期間使用した枕は汗や皮脂、ダニなどが蓄積されている可能性があるため、洗濯によって汚れを除去することが大切です。

枕の中のゴミを取り除く

枕を処分する前に、枕の中に溜まったゴミやほこりを取り除くことも重要です。長期間使用した枕は、皮膚の細片や髪の毛、ホコリなどが内部に蓄積されています。

ゴミを取り除くことで、枕の処分時に衛生的な状態を保つことが可能です。また、枕の中のゴミを取り除くことは、風水的にも良いエネルギーの流れを促進するとされています。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

枕を含む大量の不用品を処分する場合、不用品回収業者に依頼するのが便利です。依頼する前には、複数の業者から見積もりを取り、最もコストパフォーマンスの良い業者を選びましょう。

また、信頼できる業者を選ぶことで不適切な処分を避け、安心して任せられます。見積もりを取る際には処分するアイテムの量や種類、サービスの範囲などを明確に伝え、正確な見積もりを得ることが重要です。

枕以外の不用品も処分するなら不用品回収業者に一任しよう

枕の捨て方は、素材や大きさ、住まいの地域によって異なります。正しい分別方法を知ることで、地域のルールに違反せず、環境に配慮した処分が可能です。

家庭やオフィスで不要になったアイテムを処分する際、大量の不用品がある場合、不用品回収業者に依頼することは非常に効果的です。不用品回収業者は枕以外にも、さまざまな種類のアイテムを一括で処理してくれるため、個別に処分する手間を省けます。

自分で処分することが困難な場合や時間と労力を節約したい場合には、不用品回収業者に一任することを検討してみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK