布団の捨て方マニュアル!布団は何ゴミ?種類別に賢く処分する方法

「布団をどうやって処分すればいいの?」「処分方法にはどんな選択肢があるの?」などと悩んでいませんか?

布団の処分方法は種類や状態によって異なります。適切な処分方法を選ぶことで、環境に優しく、経済的にも節約することが可能です。

本記事では、布団の種類別の処分方法や処分時期の見極め方、布団のお手入れ方法などを詳しく紹介します。

この記事を読めば
・布団処分の基本
・布団の処分方法
・羽毛布団の処分方法
・布団の処分時期
・処分時期の延ばし方

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

布団処分の基本!何ゴミに分類される?

布団を処分する際、どのカテゴリーに分類されるかを理解することが大切です。

何ゴミに分類されるかを正しく理解することで布団の処分をスムーズに行えて、場合によっては処分費用を節約できます。

ここでは、布団の処分に関する基礎知識や地域ごとの処分ルールをまとめます。

布団の種類と処分方法の基礎知識

布団には様々な種類があり、それぞれ異なる処分方法が異なります。

例えば、羽毛布団はリサイクルが可能で、専門の回収業者によって再利用されることが多いです。

一方、綿やポリエステルでできた布団は粗大ごみとして処理されます。

また、特殊な素材でできている布団は、特定の処理方法が必要です。

布団の種類を正確に把握し、適切な処分方法を選択することが、環境に優しい処分を行う上で重要です。

地域ごとの処分ルールの違い

日本の各自治体には、布団の処分に関して異なるルールが設けられています。

一部の地域では、布団を粗大ごみとして処理するためには事前の申し込みと処分手数料が必要です。

また、可燃ごみとして処理できる地域では、布団を特定のサイズに切り分けなくてはいけません。

さらに、リサイクルを奨励している地域では、布団をリサイクルセンターに持ち込むことで無料で処分できる場合もあります。

自分の住む地域のルールを把握すれば、適切かつ効率的に布団を処分できます。

布団以外の寝具で、マットレスとなると処分ルールが異なってきますので、下記の記事を参考にしてみてください。

布団の5つの捨て方・処分方法を紹介

布団を処分する際には、以下の方法を検討しましょう。

  • ハサミで切って可燃ごみ
  • 粗大ごみで出す
  • 不用品回収業者に丸投げする
  • 引っ越し業者に引き取りしてもらう
  • リサイクルショップ(羽毛布団のみ)に売る

それぞれ詳しく解説します。

ハサミで切って可燃ごみ

布団をハサミで切り、可燃ごみとして処分する方法は手軽で迅速に行えるため、多くの人に選ばれている方法です。

ハサミで切って処分する方法のポイントは、布団を自治体の規定に合わせたサイズに切り分けることです。

切り分けた布団は通常のごみ袋に入れて、可燃ごみの日に出すだけで済みます。

ただし、地域のごみ処理ルールを事前に確認し、布団の素材が可燃ごみとして適しているかを確かめましょう。

また、布団を切る際には、中の綿や羽毛が飛び散らないように注意が必要です。

粗大ごみで出す

多くの自治体では、粗大ごみとして布団を処分する方法が一般的です。

粗大ごみとして出す際には、事前に自治体への申し込みが必要な場合が多く、処分する日時・場所・必要な手数料を確認しましょう。

粗大ごみとして処分する場合、布団はそのままの状態で出せるため、切り分ける手間が省けます。

しかし、処分には少額の手数料がかかることが一般的です。

また、粗大ごみの収集日は月に数回しかない場合が多いため、収集日を事前に確認して適切なタイミングで処分を行いましょう。

不用品回収業者に丸投げする

不用品回収業者を利用する方法は、手間をかけずに布団を処分したい場合に適しています。

業者が自宅まで来て布団を回収してくれるため、運搬の手間がかからないのは最大の利点です。

ただし、業者の利用は費用がかかるため、事前に複数の業者から見積もりを取ってから依頼しましょう。

不用品回収業者を選ぶ際には、業者の信頼性や評判も重要なポイントになります。

悪徳業者に引っかからないよう事前に業者の評判を確認し、必要な許可を持っているかどうかを確認することも大切です。

引っ越し業者に引き取りしてもらう

引っ越しを計画している場合、引っ越し業者に布団の引き取りを依頼することも1つの選択肢です。

多くの引っ越し業者は、追加料金で不用品の処分サービスを提供しています。

引っ越しと同時に不要な布団を処分できるため、非常に効率的です。

引っ越しの見積もりを取る際に、布団の処分に関するオプションについても確認しましょう。

ただし、引っ越し業者によっては不用品の引き取りサービスを提供していない場合もあります。

そのため、サービスの有無や追加料金について事前に確認することが重要です。

リサイクルショップ(羽毛布団のみ)に売る

羽毛布団の場合、リサイクルショップに売ることが可能です。

羽毛布団は再利用価値が高いため、状態が良ければ買取をしてくれるリサイクルショップが多く存在します。

布団を処分すると同時に少額の収入を獲得できるため、経済的にもメリットがあります。

ただし、買取価格は布団のブランドや状態によって大きく異なるため、事前に複数のショップに問い合わせることが重要です。

また、布団の清潔さや状態が買取価格に大きく影響するため、売る前には布団を適切にクリーニングしておきましょう。

羽毛布団はリサイクル買取・無料処分がおすすめ

羽毛布団はリサイクルや買取が可能です。

羽毛布団は高品質の羽毛を使用しているため、再利用やリサイクルが容易な点が関係しています。

処分費用をかけたくないということであれば、リサイクル買取・無料処分を検討しましょう。

リサイクルによる買取方法

羽毛布団のリサイクルによる買取は、状態が良好な羽毛布団を対象に行われます。

専門のリサイクル業者が布団を査定し、価値に基づいて買取価格を提示してくれるため便利です。

リサイクルによる買取価格は、以下の状態によって異なります。

  • 布団のブランド
  • 羽毛の質
  • 布団の状態
  • 清潔度

買取を希望する場合は、事前に布団を適切にクリーニングしておくことが重要です。

また、複数のリサイクル業者に見積もりを依頼し、最も良い条件を提供する業者を選びましょう。

無料処分する方法

羽毛布団を無料で処分する方法には、地域のリサイクルセンターや特定の回収イベントを利用する方法があります。

多くの地域では羽毛布団をリサイクル可能なものとして扱い、特定の日に無料で回収してくれるサービスが提供されている場合も多いです。

利用するためには、事前に地域のリサイクルセンターや自治体のウェブサイトで回収日程や条件の確認が必要です。

また、一部の非営利団体や環境保護団体では羽毛布団を無料で回収し、リサイクルに活用する場合もあります。

無料で処分する方法を選べば、環境に優しいだけでなく、不要になった羽毛布団を社会に還元できます。

布団の処分において種類別で抑えておくべきこと

布団の処分を行う際には、以下の点を抑えておきましょう。

  • 汚れやカビがある布団はなるべく切って燃えるゴミで捨てる
  • ベビー布団は寄付もできる
  • スプリング入り敷布団は自治体ごとに捨て方が異なる
  • マットレスは布団と処分費用が違う場合がある

それぞれ詳しく解説します。

汚れやカビがある布団はなるべく切って燃えるゴミで捨てる

汚れやカビがある布団は、衛生的な理由から適切な処分が必要です。

多くの場合、可燃ごみとして処分する方法が推奨されます。

処分する際には布団を自治体の規定に合わせて小さく切り、可燃ごみとして出すことが一般的です。

布団の素材や自治体のルールを確認し、適切に処分しましょう。

また、切り分ける際には中の綿や羽毛が飛び散らないように注意し、適切なサイズに切る必要があります。

ベビー布団は寄付もできる

ベビー布団はサイズや使用期間が限られているため、寄付という選択肢も検討しましょう。

状態が良好なベビー布団は、必要としている家庭や施設に寄付することが可能です。

寄付を行う際には寄付先の団体や施設の要件を確認し、清潔で状態の良い布団を選ぶことが重要です。

寄付を通じて不要になったベビー布団を社会に還元し、他の家庭で再利用されるというのは、環境に優しい選択といえます。

スプリング入り敷布団は自治体ごとに捨て方が異なる

スプリング入りの敷布団は、構造や素材によって通常の布団とは異なる処分方法が必要になる場合があります。

多くの自治体ではスプリング入りの敷布団を粗大ごみとして扱い、特別な処分方法を要求する場合が多いです。

処分を計画する際には、お住まいの地域の自治体のルールを確認し、適切な処分方法を選ぶことが重要です。

また、処分には手数料がかかる場合があるため、事前に料金や手続きの詳細を確認しましょう。

マットレスは布団と処分費用が違う場合がある

マットレスはサイズや構造によって、通常の布団とは別途費用が必要になる場合もあります。

通常の布団よりも高い処分費用がかかる場合が多く、処分方法も異なるため注意しましょう。

マットレスを処分する際には、自治体のルールや処分費用を事前に確認し、適切な処分方法を選択することが大切です。

ただし、マットレスはリサイクルや寄付も可能であるため、検討する余地があります。

布団の処分時期・タイミング

布団の寿命は、使用頻度やお手入れの仕方によって異なりますが、一般的には 5年〜10年程度です。

ただし、布団の状態によっては、寿命が短くなる場合もあります。

以下のサインが見られた場合は、早めに処分することをおすすめします。

  • 布団がへたってしまった
  • シミやカビが生えている
  • 臭いがする
  • ダニが発生している

布団を処分する場合は、自治体の粗大ごみとして出したりリサイクル回収を利用する方法を検討しましょう。

布団の処分時期を延ばすためのお手入れ方法

布団の処分時期を少しでも延ばしたいのであれば、以下の方法でお手入れをするようにしましょう。

  • 毎日の布団の上げ下ろしを習慣にする
  • 布団を収納する時は湿気を避ける
  • 週に1回は布団を天日干しする
  • 3か月に1回は布団クリーニングを利用する
  • 布団カバーやシーツはこまめに洗濯する

それぞれ詳しく解説します。

毎日の布団の上げ下ろしを習慣にする

布団の寿命を延ばすためには、毎日の上げ下ろしを習慣にすることが重要です。

夜間の使用中に吸収された湿気を放出し、綺麗な状態に保つためにも日中は布団を立てかけておくことが効果的です。

日々の習慣は布団内部の湿気を減らし、ダニやカビの発生を防ぐのに役立ちます。

また、布団を定期的に上げ下ろすことで、中の綿が均等になり、快適な寝心地を保つことが可能です。

布団を上げる際にはできるだけ空気を通すようにし、湿気がこもらないように注意しましょう。

布団を収納する時は湿気を避ける

布団を収納する際には、湿気を避けることが非常に重要です。

湿気が多い場所で布団を保管すると、カビやダニの発生を促進し、布団の品質を著しく低下させる原因となります。

布団を収納する際には、通気性の良い場所を選び、可能であれば除湿剤を使用しましょう。

また、布団袋に入れる前にしっかりと乾燥させれば、布団が清潔で快適な状態を保つのに役立ちます。

週に1回は布団を天日干しする

布団のお手入れにおいて、週に1回の天日干しは非常に効果的です。

天日干しは布団内部の湿気を取り除き、ダニやカビの発生を防ぐのに役立ちます。

また、太陽の紫外線には消臭効果や殺菌効果があり、布団を清潔に保つのに最適です。

天日干しを行う際には直射日光に長時間さらさないように注意し、風通しの良い場所で干すようにしましょう。

3か月に1回は布団クリーニングを利用する

定期的な布団クリーニングは、布団を長持ちさせるためにも最適な手段といえます。

3か月に1回の頻度でのクリーニングは布団を清潔に保ち、ダニやカビの発生を防ぐのに効果的です。

プロのクリーニングサービスを利用することで、布団の深部までしっかりと洗浄し、汚れや臭いを取り除くことが可能です。

また、クリーニングは布団の素材を損なわず適切な方法で行われるため、布団の品質を維持するのに役立ちます。

布団カバーやシーツはこまめに洗濯する

布団カバーやシーツは直接肌に触れるものであるため、こまめに洗濯することが重要です。

定期的な洗濯は汚れや汗、皮脂などを除去し、清潔な睡眠環境を維持するのに役立ちます。

特にアレルギー体質の方や敏感肌の方にとっては、清潔な寝具は快適な睡眠に不可欠です。

布団カバーやシーツを定期的に洗濯することで、布団自体の汚れを減らし、布団の寿命を延ばすことにも繋がります。

洗濯の際には、寝具の素材に適した洗剤や洗濯方法を選ぶことが重要です。

布団処分に関するよくある質問

最後に、布団処分に関するよくある質問に回答していきます。

  • ニトリは布団引き取りを無料で行なっている?
  • しまむらは布団引き取りを無料で行なっている?

ニトリは布団引き取りを無料で行なっている?

ニトリは一部の商品に関して引き取りサービスを提供しています。

ニトリの引き取りサービスは家具や大型商品に焦点を当てており、布団の引き取りは無料サービスの提供が限られている可能性があります。

ニトリで布団引き取りを希望する場合は

事前に最寄りの店舗に問い合わせるかニトリの公式サイトで詳細な情報を確認しましょう。

また、引き取りサービスが有料の場合、費用や条件を事前に把握しておくことが望ましいです。

しまむらは布団引き取りを無料で行なっている?

しまむらは主に衣料品を取り扱う小売店であり、布団の引き取りサービスを行っているかどうかは店舗によって異なります。

しまむらで布団の引き取りサービスが提供されている場合、サービスが無料か有料かは店舗によって異なるため注意しましょう。

布団の引き取りを検討している場合、最寄りの店舗に直接問い合わせるか、サービスの詳細をホームページにて確認することが大切です。

布団の引き取りサービスが提供されていない場合、他の処分方法を検討する必要があります。

不用品回収業者なら簡単に処分できる

不用品回収業者を利用することは、布団を含む大型の不用品を簡単かつ迅速に処分するための効果的な方法です。

サービスを利用することで、自分で布団を運び出す手間を省けるため、大量の布団や他の大型家具と一緒に処分したい場合に便利です。

不用品回収業者は自宅まで来て不用品を回収して適切に処分してくれます。

サービスには費用がかかるため、事前に複数の業者から見積もりを取り、サービス内容や料金を比較することが重要です。

ぜひ本記事を参考にして、業者へ依頼するかを検討してみてください。

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK