ダイニングテーブルの処分方法7選!素材別の捨て方から買取のポイントまで紹介!

「ダイニングテーブルってどうやって処分すればいいの?」

「大掃除でダイニングテーブルを処分したいけど、運べない場合はどうすればいい?」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・ダイニングテーブル7つの処分方法
・ダイニングテーブルの材質別の処分方法
・ダイニングテーブルを捨てるときの注意点

これら全てがわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ダイニングテーブルは何ゴミ?

ダイニングテーブルは粗大ゴミになります。

粗大ゴミは一辺が30cmを超えるものが粗大ゴミになることが一般的です。

自治体によって粗大ゴミの定義が異なり、重量が20kgを超えるものや自治体指定のゴミ袋に入らないものを粗大ゴミとする場合もあります。

ダイニングテーブルは、自治体の基準を満たしている場合が多く、粗大ゴミとして処分可能です。

自治体によって粗大ゴミの基準が異なる場合があるため、処分前に自治体の粗大ゴミの基準を確認しておくようにしましょう。

ダイニングテーブルの7つの処分方法

ダイニングテーブルを処分する方法は7つあります。

  • 粗大ゴミで捨てる
  • 解体・分解して普通ゴミに出す
  • 買い替え時に家具店で引き取りしてもらう
  • リサイクルショップで買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • 知人やジモティーで譲る

処分方法を選ぶ基準は、素材や状態、処分までの時間や予算に応じて最適な方法を選びましょう。

粗大ゴミで捨てる

ダイニングテーブルは、自治体の粗大ゴミ回収を利用することで廃棄可能です。

粗大ゴミとして処分する場合、処分費用が400円〜1,000円程度と安く済む点がメリットですが、処分まで時間と手間がかかります。

粗大ゴミとして処分する場合の手順は以下の通りです。

  1. 電話またはインターネットで自治体の粗大ゴミ受付に連絡する
  2. 粗大ゴミ処理券(地域により名称が異なる)をコンビニやスーパーで購入する
  3. 処理券に受付番号や名前を記入し、不用品に貼り付ける
  4. 予約した日の指定時間までに指定場所に搬出する

サイズや素材によっては受け付けてもらえない場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

ダイニングテーブルをひとりで無理に運び出そうとすると、怪我や床や壁を傷つける可能性があるので、運び出しの際には複数人で行うのがおすすめです。

不用品回収業者に依頼すれば、現地に赴き運び出しから処分まで全て請け負います。

解体・分解して普通ゴミに出す

ダイニングテーブルは、小さく分解することで普通ゴミとして処分できる場合があります。

一辺が30cm未満に小さくするなど、粗大ゴミの該当基準を満たさないようにすることで普通ゴミとして処分する方法です。

解体・分解して普通ゴミとして出す方法は、処分費用をかけずに処分できるメリットがありますが、解体には、ノコギリなどの工具が必要で時間と労力がかかります。

自治体によって、ダイニングテーブルを解体しても粗大ゴミ扱いになる場合があるため自治体に事前確認し、分別の必要性があるかも合わせて確認しておきましょう。

買い替え時に家具店に引き取りしてもらう

買い替えに対応している家具店を利用すれば、新しい家具を購入する際に古いダイニングテーブルを引き取ってもらうことができます。

ただし、引き取りサービスの内容は家具店によって異なり、無料で引き取ってくれるところもあれば、有料での引き取りになるところもあるので注意しましょう。

ニトリはニトリ以外の家具も引き取りしてもらえる

ニトリでは、家具の引取サービスを行っており、他社製品の家具でも、引き取りしてもらえます。

ニトリ配送でお届けする商品をお買い上げ時のみ、 1配送につき 4 ,400 円(税込)で引き取りしてもらえます。

引き取りには、配送商品と「 同容量 」もしくは「 同数量 」の物を購入し、引取対象品を玄関先へ運び出さなければなりません。

他にも引き取り条件があるので、事前に確認しておくようにしましょう。

参考:ニトリ公式サイト

リサイクルショップで買取してもらう

状態の良いダイニングテーブルは、リサイクルショップで買取してもらえる場合があります。

買取価格は以下の条件によって異なります。

  • ブランド
  • 状態
  • 需要

リサイクルショップで買取までの手順は以下の通りです。

  1. サイトや問い合わせにて、リサイクルショップの買取条件を確認する
  2. LINEやオンライン査定、店舗へ赴き、事前に買取価格の見積もりをとる
  3. 査定額が提示され合意すれば、引き渡し

リサイクルショップで買取してもらえれば、処分だけでなく臨時収入を得られますが、ダイニングテーブルの状態や条件によって買取拒否される場合もあります。

買取基準は店舗によって異なる場合があるので、高価買取を期待するなら複数のショップに査定を依頼し、もっとも条件の良い店舗を選びましょう。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

不要になったダイニングテーブルは、フリマアプリやオークションサイトを利用することで簡単に販売できます。

主なフリマアプリ・オークションサイトは以下のとおりです。

  • メルカリ
  • ラクマ
  • Yahoo!フリマ
  • Yahoo!オークション
  • モバオク

手順は以下の通りです。

  1. 販売したいダイニングテーブルの状態がわかる写真を複数枚撮る
  2. 商品の傷や大きさなどの状態や特徴を記載して写真とともに出品する
  3. 買い手が見つかったら、チャットでやり取りを行う
  4. ダイニングテーブルの梱包と配送の手続きを行う

フリマアプリやオークションは、出品価格を自由に設定できる点が特徴で、リサイクルショップよりも高値で売れる可能性があります。

しかし、必ず購入されるとは限らず、購入されるまでに時間がかかります。また大型のダイニングテーブルの場合、配送料が高くなるので、考慮に入れた価格設定が大切です。梱包材料の準備をしっかりと整えてから、出品しましょう。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者に依頼すると、ダイニングテーブルだけでなく、他の不要になった物もまとめて引き取りしてくれます。

不用品回収業者に依頼する際の流れは以下の通りです。

  1. 電話やオンライン上で回収業者に連絡して料金見積もりを行う
  2. 見積もり料金に納得したら、回収日付を指定する
  3. 指定した日に業者が自宅まで来て不用品の運び出し、回収される

業者が全て請け負ってくれるので、手間なく処分できる点はメリットといえますが、費用がかかる点がデメリットです。

単品回収の場合は2,000円〜5,000円前後が一般的です。ダイニングテーブルの大きさや不用品の量によって価格が変わるので信頼できる業者を選び、事前に費用を確認しておきましょう。

知人やジモティーで譲る

身近な知人や友人に欲しがっている人がいれば、ダイニングテーブルを譲るのもひとつの手です。

また、ジモティーのような地域限定の掲示板(アプリ)を利用することでも、登録ユーザーに譲ることが可能です。無料で引き渡すこともできれば、希望価格で譲ることも可能です。

ダイニングテーブルを必要としている人に届けることができるためリユースにもなりますが、譲渡希望者を見つけるまで、ダイニングテーブルを保管しておく必要があります。

ジモティーで譲る場合の手順は、基本的にフリマアプリ・オークションサイトと同様です。

譲渡希望者が遠方にいる場合は、配送費用が発生する可能性があります。譲渡前に、配送費用をどちらの負担にするのか明確にしておきましょう。

ダイニングテーブルの材質別の処分方法

ダイニングテーブルは、材質によって適切に処分することができます。

効率的かつ環境に優しい選択をするためには、素材の特性を理解することが不可欠です。ここでは、以下のダイニングテーブルの処分方法を紹介します。

  • 木製のダイニングテーブル
  • ガラスのダイニングテーブル
  • 大理石のダイニングテーブル
  • 一枚板のダイニングテーブル
  • 金属製のダイニングテーブル

材質を把握し、最適な処分方法を選んでください。

木製のダイニングテーブル

木製のダイニングテーブルは、「粗大ゴミ」として処分可能です。解体も可能なので、処分費用をかけたくない場合には「燃えるゴミ」として処分もできます。

自治体によって処分ルールが異なるので事前に確認しておくようにしましょう。

自治体で処分する際には、指定日に回収場所にダイニングテーブルを運び出さなければなりません。自身で運び出すことが難しい場合には、不用品回収業者に依頼するようにしましょう。

ガラスのダイニングテーブル

ガラスのダイニングテーブルも同様に「粗大ゴミ」として処分可能です。叩き割って「不燃ゴミ」として処分も可能ですが、騒音や怪我のリスクがあります。

また状態が良ければフリマアプリ・オークション等ですが、配送を行う際には、割れないように梱包する必要があります。

大理石のダイニングテーブル

大理石のダイニングテーブルは、「粗大ゴミ」として回収してくれる市町村としてくれない場合があります。重量制限のある場合も多いので、住んでいる自治体のルールを確認しておくようにしましょう。

また、大理石の豪華さと高級感から中古市場で人気があります。大理石は重量があり、運び出しが難しい場合があるので、出張買取のある専門のリサイクル業者を選ぶのがおすすめです。

また大理石は再利用ができる素材のため、専門のリサイクル施設で引き渡すのも選択肢のひとつです。

一枚板のダイニングテーブル

一枚板のダイニングテーブルは、大理石と同様に重量があることから「粗大ゴミ」として回収していない自治体もあります。

一枚板のダイニングテーブルは人気アイテムのため、高値での売却が期待できますが、重量があるので個配送費用が高額になりやすいです。

手間をかけずに処分したいのであれば、運び出しから処分まで請け負う不用品回収業者がおすすめです。

金属製のダイニングテーブル

ステンレスやアルミニウムなどの素材は、「粗大ゴミ」として処分できます。

金属製のダイニングテーブルは数が少なく、リサイクル市場での人気が高いです。買取業者で査定してもらってから処分方法を検討するのがおすすめです。

重量があるため、持ち込みが困難になる場合には出張買取で依頼するのが良いでしょう。

手間をかけずに、すぐに処分したい場合には不用品回収業者に依頼するのもひとつの手です。

買取・売れるダイニングテーブルのポイント

ダイニングテーブルを買取または売却する際は、以下のポイントを押さえると引き取りしてもらいやすくなります。

  • 人気メーカー・ブランドのダイニングテーブル
  • シンプルなデザインのもの
  • 傷や汚れが目立たないもの

特に人気メーカーやブランドのダイニングテーブルは売りやすいと共に、買取価格が高くなりやすいです。ここでは、売れるダイニングテーブルの3つのポイントについて紹介します。

人気メーカー・ブランドのダイニングテーブル

人気メーカーやブランドのダイニングテーブルは、高いネームバリューを誇ります。

例えば、北欧ブランドや国内外の有名デザイナーが手がけたテーブルは以下が評価され、買取市場や中古市場でも高い需要があります。

  • デザイン性
  • 耐久性
  • ブランドの信頼性

買取に出す際は、メーカーやブランド名、製造番号などの情報を明確にし、証明書や保証書を揃えましょう。付属品がすべて揃っていると、高価買取を期待できます。

シンプルなデザインのもの

時代を問わないシンプルなデザインのダイニングテーブルは、幅広い年齢層からの需要があります。特にミニマリストたちからは人気が高く、さまざまなインテリアに合わせやすい点が評価されています。

またシンプルなデザインは、使用するシーンを選びません。新生活を始める方や家具を入れ替えたい方など、多くの人にとって魅力的です。

シンプルなデザインのダイニングテーブルは、買取や中古市場で売りやすいといえるでしょう。

傷や汚れが目立たないもの

ダイニングテーブルの状態は、買取価格や売却価格に直結します。

傷や汚れが少なく、よく手入れされたテーブルは、中古市場でも高く評価されやすいです。一方で傷や汚れが目立つテーブルは、買取を拒否されたり売れなかったりする場合があります。

買取や売却をする前には、汚れをクリーニングクロスなどでふき取るようにしましょう。軽微な傷がある場合は、修復を試みるのも有効です。

ただし、自分でクリーニングまたは修復ができない場合は無理に手を加えず、そのまま査定に出したほうがプラスに働く可能性があります。買取も売却もテーブルの状態を正直に伝え、査定を受けることが重要です。

ダイニングテーブルを捨てるときの注意点

ダイニングテーブルを処分する際は、以下2点に注意しましょう。

  • 重すぎて運び出しができない
  • ガラス素材は分解するのは危険

順番に解説していきます。

重すぎて運び出しができない

大型で重量のあるダイニングテーブルは、運び出す際に1人では対応できないことが多いです。このような場合は運び出しを安全に行うためにも、以下の方法を検討しましょう。

  • プロの不用品回収業者に依頼する
  • 友人や家族に手伝ってもらう
  • 出張買取を利用する

テーブルを運びやすくするためには、可能であれば事前に脚を取り外すなど、分解して軽量化する工夫も必要です。

無理に運び出すと、怪我や壁・床に傷をつけてしまう恐れがあります。

ガラス素材は分解するのは危険

ガラス製のダイニングテーブルは、ガラス素材は分解中に怪我をするリスクがあります。できれば、解体は行わないようにしましょう。

もし分解して処分する場合には、安全手袋を着用して怪我のリスクを最小限にしましょう。また、ガラスを叩き割る際には、想像以上に大きな音が鳴り響きます。

近隣の住民に迷惑にならないように注意しましょう。可能であればプロのサービスを利用し、安全に処分してもらうことをおすすめします。

今すぐダイニングテーブルを処分するなら不用品回収業者が良い

ダイニングテーブルをスムーズに処分したい場合は、不用品回収業者の利用が最適です。

不用品回収の業者を利用するメリットは、スピーディーな作業を依頼できる点と、手軽さにあります。業者によって対応の質やスピードは異なりますが、予定が合えば即日中での依頼が可能です。

大型のダイニングテーブルも自宅から直接運び出してくれるため、重労働する必要もなければ、怪我をするリスクから解放されます。

不用品回収業者を選ぶ際は、以下の点に注意してください。

  • 事前に口コミや評判をリサーチする
  • 「一般廃棄物収集運搬業許可」の認可番号の記載があるか確認する
  • 複数の業者から見積もりをとって比較検討する
  • 料金体系や追加料金が不透明なら事前に確認する
  • 契約前にサービス内容と料金をしっかりと確認する

料金は、不用品の数やプランによって異なるので、まずは見積もりから行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK