セルフネグレクトとは?若者から高齢者まで発症!ゴミ屋敷の原因にも

「セルフネグレクト」という言葉を聞いたことはありますか。

セルフネグレクトは、若者から高齢者まで幅広い年齢層に見られる問題です。

セルフネグレクトは、不衛生な生活環境を続けることが特徴でゴミ屋敷という極端な状態に陥る原因となります。

セルフネグレクトに至る理由は一人ひとり異なります。

この記事では、セルフネグレクトの原因や特徴や、その状態から抜け出すための方法について深掘りして解説します。

すぐに遺品整理するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

セルフネグレクトとは

セルフネグレクトは、自分自信の健康や生活を無視する状態のこと。

ここでは、セルフネグレクトが発生する背景とその典型的な表れ方について説明します。

高齢者から若年層までセルフネグレクトになる

セルフネグレクトに至る理由は多岐にわたり、それぞれの年代で異なる特徴があります。

この問題は、高齢者から若年層に至るまで幅広い年齢層で見られます。

高齢者に見られるセルフネグレクトの症状は自己ケアの放棄が特徴です。

  • 食事や入浴を怠る
  • 定期的な薬の服用をしない
  • 住環境が不衛生になる
  • お金を管理しない
  • 病気や体調不良時の病院受診拒否

高齢者のセルフネグレクトの原因は、身体や精神機能が衰えることや、家族や周囲のコミュニティとの希薄なつながりによる孤独などが挙げられます。

精神疾患が原因でセルフネグレクトになる可能性もある


若年層のセルフネグレクトは、不適切な食生活や睡眠不足、人間関係のトラブル、仕事や学校に行くことを怠ることなどが原因になることがあります。

セルフネグレクトでゴミ屋敷に

セルフネグレクトが深刻化すると、その影響で家が「ゴミ屋敷」となることがあります。

ゴミ屋敷は、個人の健康だけでなく、近隣住民にも様々な悪影響を及ぼします。

ゴミ屋敷になる兆候があればすぐに介入が必要

セルフネグレクトによる住環境の悪化は、次のような負の連鎖を生み出します。

  • 不要な物が溜まり衛生状態が悪化する
  • 害虫の発生や悪臭が問題になる
  • 健康被害や火災のリスクが大きくなる
  • 社会からの孤立が進み、精神的な苦痛が増す
  • セルフネグレクトの状態がさらに悪化

セルフネグレクトによるゴミ屋敷化は解決の難しさから深刻な問題となっています。

ゴミ屋敷の問題解決には、単に不要物を片付けるだけでは不十分で、セルフネグレクトの根底にある原因への対応が必要です。

セルフネグレクトになる原因

セルフネグレクトは複雑な問題で、様々な原因が絡み合っています。

ここでは、セルフネグレクトになる5つの主要な原因を詳しく解説します。

  • 不慮の出来事
  • 認知症・精神疾患を患った
  • 身体機能の低下
  • 経済的な困窮
  • 社会的な孤立

セルフネグレクトの原因が分かってくると解決策も見えるようになるでしょう。

不慮の出来事

人生には予測不可能な出来事が突然訪れるもの。誰でも、日常のバランスを崩すことがあり得ます。

災害、病気、家族の介護、失業などは深刻なストレスを生む

ストレスが大きくなると、自己管理がおろそかになりセルフネグレクトにつながりかねません。

不慮の出来事によるセルフネグレクトの実例

  • 家族の介護に追われて慢性的な疲労状態になる
  • 失業や職業不安が神的ストレスを引き起こす
  • 身近な人の死により日々の生活の興味を失う

衝撃的な出来事により、精神的なダメージやストレスを受けると、日常活動への意欲やエネルギーが失われかねません。

生きる意欲が低下すると、自己ケアや日々の生活管理を怠りがちになり、セルフネグレクトにつながることがあります。

認知症・精神疾患を患った

認知症や精神疾患は、日常生活や自己管理を難しくする病気です。

認知症と精神疾患はセルフネグレクトにつながる


認知症により、日々の生活ルーティン(例えば、ゴミの処理や食事の準備)を思い出したり、遂行したりする能力が低下します。

忘れやすくなることにより、当人は混乱し、家事や周囲の衛生に関する努力を怠るようになってしまう可能性があります。

うつ病などの精神疾患は、無気力や持続的な疲労感をもたらすため、健康的な生活習慣を大きく損なうことがあります。

認知症や精神疾患を抱える人々に対する適切なケアと支援は、セルフネグレクトの防止に不可欠です。

身体機能の低下

老化や病気、怪我による身体機能の低下がセルフネグレクトの原因になることがあります。

  • 身体の痛みや動きの制限で清掃や洗濯などの家事を行うことが難しくなる
  • 掃除が出来ないのでゴミが家の中に溜まりやすくなり生活環境が不衛生になる
  • 入浴、食事、着替えが困難になり自己管理が疎かになる

歩行が困難になったり、日常生活を自立して過ごせなくなったりすることは、個人の生活環境を損なう主な原因です。

自己管理がおろそかになると、栄養不足や衛生的な問題が発生する可能性もあります。

セルフネグレクトを避けるため、身体機能の低下を引き起こす病気や怪我に対しては適切な治療を受けることが重要です。

経済的な困窮

経済的困窮は、日常生活の質に深刻な影響を及ぼしてセルフネグレクトの原因になることがあります。

経済的に困窮すると、以下のような問題を抱えることがあります。

  • 十分な食費を確保できず栄養不足になる
  • 住環境を改善する費用を捻出できず住環境の衛生状態が悪化する
  • 適切な医療を受けられないため健康問題が放置される

経済的に困窮している場合は、自治体のさまざまな支援が存在するため、必要な時には地域社会や専門家の助けを求めることが、セルフネグレクトの予防や改善へと繋がると言えるでしょう。

社会的な孤立

社会的に孤立すると、周囲からの支援や助けを受けにくい状況に置かれるため、結果的にセルフネグレクトに繋がるリスクを高めます。

社会的なつながりの薄い高齢者や独居者は注意が必要


家族や友人との交流が少ない人々は、孤独感や無力感に苛まれ、日常生活に対するモチベーションを失いがちです。

社会との関わりを避けるようになる原因として、引きこもりや虐待などの過去の経験が影響を及ぼす可能性があります。

孤立した状態では、日々の生活に対する意欲や自己管理の能力が低下し、健康や生活環境の悪化に直結する可能性があるので注意が必要です。

セルフネグレクトの初期症状

セルフネグレクトは、早期発見と適切な支援が重要です。

症状が進行するまで気づかないケースも多くあるため、セルフネグレクトの初期症状を知っておきましょう。

片付けをしなくなる

セルフネグレクトにおいて、「片付けをしなくなる」状態は、物理的にも心理的にも危険な初期症状のひとつです。

整理整頓能力は自己管理能力につながる


片付けをしなくなると、以下のような状況が生じがちです。

  • 部屋が散らかりがちで、不要な物が積み上がる
  • 衣服や住居が汚れた状態になる
  • 生ゴミなどが害虫の発生や悪臭の原因となる
  • 栄養バランスが偏った食生活になる

片付けをしなくなる行動は、セルフネグレクトの初期段階におけるサインと考えることができます。

このような状況が見られる場合は、清掃業者や心理支援の専門家など必要に応じて外部からの支援を積極的に求めるべきです。

身体と住環境が不衛生な状態になっている

身体と住環境の不衛生もセルフネグレクトの重要な兆候です。

不衛生な状態は身体ケアと部屋の清掃が適切に行われていないことを表します。

  • 風呂やトイレの清掃が長期間にわたって行われない
  • 部屋の中に捨てられなかったゴミがたまっている
  • 定期的な入浴や着替えをしていない
  • 栄養不足や睡眠不足により体調不良になる

長期間にわたって不衛生な状態の部屋に住み続けると、健康上の問題や精神疾患を抱えるようになるリスクが高まります。

セルフネグレクトの初期症状が見られた場合は、適切な介入と支援が求められます。

セルフネグレクトの治し方

セルフネグレクトの克服には、本人の努力だけでなく、周囲の理解とサポート、専門家の支援が不可欠です。

ここでは、セルフネグレクトを治すための具体的な4つの方法を解説します。

  • 地域の相談窓口に相談する
  • 医師に相談する
  • 介護サービスを利用
  • 片付け・不用品回収業者に依頼する

本人の気づきと、周囲の適切な介入によりセルフネグレクトの状況は改善できます。

地域の相談窓口に相談する

地域の相談窓口への相談は、セルフネグレクトの問題に対処する際の重要な一歩です。

専門家からの具体的なアドバイスをもらおう


セルフネグレクトに関する相談窓口を利用する際のポイントは以下の通りです。

  • 自分の状況に合った窓口を選ぶ(例:高齢者福祉課、障害者支援課、保健所など)
  • 匿名で相談できる窓口もあるので利用する
  • 相談員から具体的な対策やアドバイスを受ける
  • 生活支援や健康管理など利用可能な支援を知る

自治体の窓口では、セルフネグレクト対策として、生活保護、介護保険サービス、障害者支援サービスなどを紹介してもらえます。

医師に相談する

セルフネグレクトを抱える人が医師に相談することは直接的な解決策のひとつです。

身体的な病気や精神的な疾患が背景にある場合、これらの原因を正確に特定し、適切な治療を受けることが状況の改善につながります。

医師にセルフネグレクトを相談する際のポイントを覚えておきましょう。

  • 身体的・精神的な全ての症状を正直に伝える
  • 定期的な診察のため「かかりつけ医」を持つ
  • 一般医から精神科医やその他の専門医への紹介を求める

専門の医師により、薬物療法やカウンセリングなどを含む適切な治療が行われることにより、セルフネグレクトの状況を改善できるようになる場合があります。

また、必要に応じて、リハビリテーションや地域の支援サービスと連携し、包括的なケアを提供することにより、根本的な問題を解決できます。

介護サービスを利用

セルフネグレクトの問題を抱える高齢者にとって、介護サービスは日常生活の質を大きく向上させるための重要な支援となります。

介護サービスにより自立できるようになるとセルフネグレクトが治ることもある


介護サービスには、以下のような種類があります。

  • 訪問介護(ホームヘルプサービス)
  • デイサービス(通所介護)
  • ショートステイ(短期入所生活介護)

介護保険を利用することで、サービス利用料の一部が保険でカバーされ、利用者の自己負担が軽減されます。

介護サービスを利用するには、地域の市町村の福祉窓口や介護保険課に相談し必要な手続きを進めることから始めましょう。
参照サイト:在宅介護の総合プラットフォーム いえケア

片付け・不用品回収業者に依頼する

部屋の片付けや不用品の処理が難しい場合、片付け・不用品回収業者に依頼することは、セルフネグレクトに対処する有効な手段となります。

専門業者は迅速にゴミ屋敷を片付けられる


専門の片付け・不用品回収業者の支援を受けることで、住環境の衛生状態を速やかに解決できます。

ゴミ屋敷に対応する片付け・不用品回収業者を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • サービスの質、料金体系、対応の迅速さなどを比較検討する
  • 見積もりを依頼し、作業内容、費用、必要な時間などを確認
  • 適切な許可を得ている信頼できる業者を選定する
  • 自治体による利用可能な補助があるか事前に確認する

適切な業者を選ぶことに加えて、作業中の立ち会いを通じて、不用品の誤処分や大切な物品の誤回収がないよう監視することも重要です。

また、回収作業の過程で発見された貴重品や重要書類の取り扱いについても確認しておきましょう。

ゴミ屋敷を片付けなら片付け侍へ

この記事では、セルフネグレクトがゴミ屋敷につながる理由を解説しました。

原因を理解して、セルフネグレクトの初期症状が現れた段階ですぐに対処できれば、問題が複雑になることはありません。

ゴミ屋敷の改善には外部の専門業者を利用するのがおすすめ


速やかに住環境や衛生状態を改善したいなら、ゴミ屋敷の片付けや清掃に特化した専門業者である「片付け侍」を利用することをおすすめします。

経験豊富なスタッフが、お客様の状況に合わせた最適なプランを提案。

ゴミの分別や処分はもちろん、ハウスクリーニングや遺品整理など、幅広いサービスを提供しているのも強みです。

依頼前に必ず見積もりを行い料金を明確に提示。お客様の予算に合わせて、プランを調整することも可能です。

見積もりは無料なので、気軽にご相談ください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK