部屋を片付けられないのは病気?病気か性格か原因を知り汚部屋を片付けよう

部屋が散らかっていてなかなか「片付けられない」のは病気のせいかもしれません。

セルフネグレクトやADHD、自閉スペクトラム症などの病気が原因で片付けられない
ことがあり得ます。

また、忙しさやストレス、片付けが苦手な性格など、ライフスタイルに起因する理由もあります。

この記事では、片付けられない原因を病気と性格の両面から解析し、汚部屋やゴミ屋敷を解消するための具体的なステップをご紹介します。

最後まで読んでいただければ、片付けられない自分への理解を深められるでしょう。

すぐに片付けたいなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

部屋が片付けられない病気チェック

部屋が片付けられないという問題を抱えている大人が多いことは広く知られています。

しかし、その背後には様々な病気が存在している可能性があります。

  • セルフネグレクト
  • ADHD
  • 自閉スペクトラム症
  • 統合失調症
  • 強迫性貯蔵障害
  • うつ病
  • 認知症

ここでは、部屋が片付けられない状況にある人々にとっての可能性のある病気や障害に焦点を当て、それぞれの特徴や影響について詳しく解説します。

セルフネグレクト

部屋を片付けられない病気のひとつに「セルフネグレクト」があります。

これは、自分自身の世話を怠る行動を指します。高齢者や精神的な問題を抱える方々に見られることが多い病気です。

長引くと命に関わるリスクもある


セルフネグレクトの診断や治療を受けるためには、医療の専門家や社会福祉サービスの介入が必要となることが多いです。

家族や友人からの支援に加えて、専門家による定期的な健康診断や日々の家事を助けるための介護サービスの利用などが必要になることもあります。

部屋を片付けられない状態が、セルフネグレクトなどの病気に起因している可能性を考慮して適切な支援を求めることが大切です。

ADHD

部屋を片付けられない病気として、ADHD(注意欠陥・多動性障害)を挙げることができます。

ADHDには以下のような特徴があるのでチェックしてみてください。

  • 注意が散漫になりやすい
  • 始めた仕事を終えることが困難
  • 計画を立てるのが苦手

ADHDの特性により、部屋は散らかりがちになり、生活空間の整理整頓が大きな壁となることが多いです。

片付けられない病気としてのADHDに対する治療には、薬物療法と行動療法の二つがあります。

タイマーを使って限られた時間で片付けに挑戦したり、リマインダーなどを利用してタスク管理に取り組んだりすることが有効だと言われています。

自閉スペクトラム症

部屋を片付けられない病気の中に、自閉スペクトラム症(ASD)があります。

この病気を持つ人々は、日々のルーティンや予定された活動の変更に対して強い抵抗感を持つことがあります。

部屋を片付けるという行為は、日常のルーティンから外れた行動なのでストレスの原因となる
のです。

物の配置や順序にこだわりを持つ人もいる


どのアイテムから手をつけ、どこに何を置くかといった計画を立てるのが難しい可能性もあります。

医療機関で診断や治療を受けている自閉スペクトラム症を持つ人にとって、部屋の片付けは一見簡単な日常の作業であっても、大きな困難となることがあるのです。

統合失調症

統合失調症は、現実の歪みや妄想・幻聴などの症状を伴う深刻な病気で、片付けられない問題の原因になっていることがあります。

以下のような理由で片付けに影響が及びます。

  • 現実と妄想の区別がつきにくい
  • 物に特別な意味を付してしまう
  • 集中力や意欲の喪失が引き起こされる
  • 計画や問題解決力が低下する
  • 引きこもりになり他者の目を意識できなくなる

統合失調症の治療には、薬物療法に加えて、定期的なカウンセリングや片付けや整理整頓などの社会的スキルを磨くトレーニングが含まれます。

適切な治療やサポートを受けるなら、部屋の片付けに取り組めるようになるでしょう。

強迫性貯蔵障害

強迫性貯蔵障害は、個人が過度に物を蓄積し、必要性にかかわらず物を捨てられない「片付けられない病気」の一種です。

この病気の特徴を記した以下のチェック項目をご覧ください。

  • 物に対して強い感情的な執着を持つので捨てられない
  • 必要性にかかわらず物を蓄積するので片付けられない
  • 物を保持するか捨てるかの判断が難しい
  • 物を捨てることへの不安や恐怖が強い
  • 片付けの計画を立てることが困難

強迫性貯蔵障害という片付けられない病気に対処するためには、心理療法や行動療法を含む、精神衛生の専門家による診断や治療が効果的です。

また、家族や友人も患者の努力をサポートして励ますことで、部屋を片付けられない状態を改善させられます。

うつ病

うつ病は、気分の低下や活動への興味・喜びの喪失を特徴とするため、部屋を片付けられない状態になることが多い病気です。

単純な家事でさえも圧倒的に感じるのがうつ病の特徴


うつ病患者は常に疲れていることが多く、身体的なエネルギーが不足しています。このため、物理的な活動、特に部屋の片付けなどの家事が難しくなります。

また、以下のような症状が現れる人もいます。

  • 悲しみや絶望感が続き、やる気がなくなる
  • 単調で繰り返しが必要な片付け作業がつらい
  • 集中力がなくなり片付けが進まない
  • 自己肯定感が低いため片付けても無駄だと感じる

片付けられない病気としてのうつ病を治療するためには、専門家による薬物療法や行動療法が必要です。

まずは、小さなステップから始め、徐々に日々の活動の改善に取り組むことで生活の質を向上させることができるようになるでしょう。

認知症

認知症は、記憶、思考、判断力の低下を引き起こし、部屋を片付けられない状況を生む代表的な病気のひとつです。

物の整理や片付けといった日常生活活動は、認知機能の低下によって困難となります。

認知機能の低下には以下のような特徴があるのでチェックしてください。

  • 物の置き場所を忘れてしまう
  • 適切な場所に戻せないので部屋が散らかる
  • 片付けるための計画を立てられない
  • 何を捨てれば良いのか判断できない
  • 他のことに気が散って最後まで片付けられない
  • 身体機能が低下して整理整頓が難しい

認知症を患う人は、家族やケアスタッフによる定期的なサポートを受けることで、部屋を整理しやすくなります。

物の名前や写真を棚や箱に貼ることで、どこに何があるのかを思いだしやすくするなどのアイデアも有用です。

病気以外で部屋を片付けられない原因

部屋を片付けられない原因には病気以外のものもあります。

それぞれの生活習慣や個人の性格に関連する要因が部屋を片付けられない理由になることがあります。

ここでは、以下の3つのポイントを解説します。

  • 忙しすぎる
  • ストレス・疲労が溜まっている
  • 片付けが苦手な性格

部屋を片付けられない原因を見極めることで、長年の問題を解決できるようになる可能性があります。

忙しすぎる

忙しすぎることが原因で部屋を片付けられない方もいます。

ここでは、忙しすぎることが部屋を片付けられない原因となる理由を簡単に説明します。

  • 片付ける時間を確保できない
  • 一日の終わりに体力や時間を使い果たしている
  • より重要なタスクに追われて片付けが後回しになる
  • 定期的に片付けを行う計画を立てられない

忙しすぎると部屋の整理整頓ができなくなるのは当然です。

忙しい人は、小さな時間を見つけて少しずつ片付けを進めるか、スケジュールを見直して片付けのための時間を確保することが大切です。

ストレス・疲労が溜まっている

部屋を片付けられない病気以外の原因として、ストレスや疲労の蓄積は大きな要因の一つです。

ストレスがたまると部屋を片付ける気力がなくなる

ストレスや疲労を感じると、人は不快な感情から逃れるために、片付けなどの家事を避けてしまう傾向があります。

これは短期的には不安から逃れる方法になりますが、長期的には問題を悪化させることが多いです。

ストレスや疲労に対処し適切に管理することが、部屋をきれいに保つための第一歩になります。

ストレスや疲労を減らすには、以下のような方法が有効です。

  • 自分をいたわる時間を持つ
  • 適度な運動を取り入れる
  • 良質な睡眠を取るようにする

ストレスや疲労を十分に解消できれば自己管理能力を高め、部屋を片付けられない状態を脱することができるでしょう。

片付けが苦手な性格

片付けが苦手な性格で部屋を片付けられない方もいます。

個々の性格は病気ではないので、簡単には治りません。整理整頓が苦手な性格の人々は、部屋を片付けられないことが多いです。

  • 不要な物を捨てることに抵抗を感じる
  • 効率的に物を整理する方法が分からない
  • 決断力不足で物を捨てられない
  • 完璧主義ですぐに手が止まってしまう
  • 片付けを後回しにしてしまう先延ばし癖

自分の性格を理解し、小さなステップで片付けを進めることが効果的です。

一度に部屋全体を片付けようとするのではなく、まずは一部分から始める、不要な物を少しずつ処分する、片付けの方法を学ぶための情報を集めるなどのステップが有効な方法になることが多いです。

汚部屋・ゴミ屋敷にしてしまう人の性格

ここでは、汚部屋やゴミ屋敷にしてしまう人々の性格について4つの観点から探っていきます。

  • 捨てるのがもったいない
  • 物を買うのが好き
  • 孤独感を物で紛らわせている
  • 気軽に人に依頼できない

部屋を片付けられない人の性格特性をチェックすれば、改善点を見つけられる可能性があります。

捨てるのがもったいない

「捨てるのがもったいない」という感覚は、多くの人が経験するものなので、片付けられないからと言って病気というわけではありません。

このような性格には、節約や資源を大切にするというポジティブな側面もありますが、過度になると部屋を片付けられない原因の一つとなります。

物を手放せないと汚部屋になってしまう

物を捨てられない背景にある心理には、以下のようなものがあります。

  • 物に対して特別な愛着がある
  • 将来必要になるかもしれないという不安
  • 物を手放すかどうかの判断が難しい
  • 完璧に片付けようとしすぎて片付けられない

片付けられない人の性格特性や心理状態を理解することで、物を捨てられない問題に対処するための方法を見つけられます。

物を買うのが好き

物を買うのが好きな性格の人もいます。これは片付けられない病気とは異なります。

しかし、買い物行為が過剰になると、部屋の整理整頓が追いつかず、最終的には汚部屋やゴミ屋敷の原因となり得ます。

物を買うのが好きな人の家が汚部屋やゴミ屋敷になる原因は以下の通りです。

  • 新しい物を購入することで幸福感を得る
  • 買い物に対する自制心が働かない
  • ストレスを解消するために買い物してしまう

問題に対処するためには、まず自分の買い物を意識的に観察し、必要な物とそうでない物を区別することが大切。

また、買い物に行く前にリストを作成し、リストにない物は購入しないようにするなどのルールを設けることが効果的です。

いくら対策を講じても、自分をコントロールできない場合、精神衛生の専門家の診断や治療が必要になる可能性があります。

買い物依存症やショッピング中毒という病気もある


物を買うことに対する健全な関わり方を身につけることで、部屋を片付けられない状態を改善できるでしょう。

不用なものがあれば、処分、または売って物を減らしましょう。
ブランド品・アクセサリー・アウトドア用品の買取・査定:ウレル

孤独感を物で紛らわせている

汚部屋やゴミ屋敷になってしまう人の心理的背景には孤独感があることが多いです。

孤独感や不安感を物で紛らわせようとする行動は、一時的な安心感を提供することがあります。

しかし、長期的には問題の解決にはなりません。

物に囲まれることで得られる安心感や安定感は精神的な不安を覆い隠すだけ。時間が経つともっと問題が複雑になり、部屋が片付けられない状態が悪化します。

孤独感や不安感が深刻な場合はカウンセラーに相談しよう


専門家の診断や治療を受けることで、感情を健康的に処理する方法を習得できるでしょう。

汚部屋やゴミ屋敷の背後にある感情的な問題に取り組むことで、部屋を片付けられない問題の根本的な原因に対処できるようになります。

人に依頼することができない

自己主張が弱く、人に頼ることや助けを求めるのが苦手な人は、部屋を片付けられない状態に陥ることが多いです。

人に依頼できない性格の人の家が汚部屋やゴミ屋敷になってしまう理由には以下のものがあります。

  • 自分の価値を低く考えてしまい助けを求められない
  • 批判されたり拒絶されることを恐れて孤立する
  • 必要な助けを得るコミュニケーションが難しい
  • 問題を先延ばしして汚部屋化が悪化していく

不安を克服するには、徐々に他人との関わりを増やしていくことが重要。

時には、専門家の診断や治療を受けて、他人との関わり方を学ぶことも必要になるでしょう。

自分自身と向き合い、必要に応じて他人のサポートを得ることで、部屋を片付けられない状態を脱することができるはずです。

部屋を片付けられない病気を治療するには

部屋を片付けられない病気に悩む人々にとって、適切な治療とサポートを受けることは大切なことです。

一人で抱え込まず専門家の助けを求めることが重要

部屋を片付けられない病気を治療するための方法のいくつかを解説します。

  • 精神保健専門家やカウンセラー、臨床心理士による診断を受ける
  • 治療の一環として片付けられない病気に応じて適切な薬物療法を行う
  • 部屋を片付けるための認知行動療法(CBT)を行う
  • 健康的な生活習慣を築いて部屋の片付けに対する意欲を高める
  • 片付けや整理整頓がしやすい環境を整える
  • 家族や友人からの理解とサポートを受ける

不安症やうつ病などの病気が、片付けられない原因になっている場合は、薬物療法が有効な場合があります。

どのような方法を用いるとしても、家族や友人からの理解とサポートを積極的に求めることが大切です。

孤独感や不安を和らげることで、部屋を片付けられない根本原因を解消することもできるようになるでしょう。

ゴミ屋敷の片付けは業者に依頼するとスムーズ

病気が原因で部屋を片付けられない人は少なくありません。

汚部屋やゴミ屋敷になってしまった部屋の片付けを、自分だけで行うのは困難です。ゴミ屋敷清掃を専門に手がける業者に依頼することで、スムーズに問題を解決できるでしょう。

業者のサポートを得ることには複数のメリットがあります。

  • 専門業者はゴミ屋敷の片付けに関する豊富な知識と経験がある
  • 適切な機材やスタッフがいるため効率的に片付けられる
  • 特殊な廃棄物や危険物に対する安全対策が万全
  • 作業中も作業後も個人情報やプライベートな内容が漏れないようにしてくれる

便利屋や引っ越し業者もゴミ屋敷清掃を手がけることがありますが、まずは専門業者に相談することをおすすめします。

ゴミ屋敷の現場状況を見てもらい見積もりを提出してもらいましょう。

複数の業者の見積もりを取ることで相場が分かる


ゴミ屋敷や汚部屋清掃は、専門業者に依頼することで効率的かつ安全に片付けられるようになるでしょう。

部屋が片付けられないなら片付け侍へご相談ください

ここまで、部屋を片付けられない病気や性格について取り上げてきました。

ゴミ屋敷や汚部屋の問題は、専門家の支援や適切な治療、業者による片付けサービスなどによる介入が必要なことが多いです。

ゴミ屋敷清掃に特化した業者を探しているなら、片付け侍をおすすめします。

片付け侍は、お客様のニーズに合わせた整理収納サービスを提供しています。

単に物を捨てるだけでなく、お客様のライフスタイルに合った収納方法を提案することで、快適な空間づくりをサポートします。

片付け侍は、経験豊富なスタッフが多数在籍しているので安心して相談できます。

また、初回相談は無料なので、まずは気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

すぐに片付けたいなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK