高齢者の認知症がゴミ屋敷に繋がる原因と対処法!別の精神疾患にも注意!

「高齢者の認知症がなぜゴミ屋敷を生むのか?」「認知症以外にゴミ屋敷化を引き起こす病気は?」などと悩んでいませんか?

認知症や精神疾患は、高齢者の生活環境をゴミ屋敷化させる原因の1つです。ゴミ屋敷を片付けるためには、適切な対処法を知ることが大切です。

本記事では、高齢者の認知症でゴミ屋敷につながる理由と、防ぐための具体的な方法を紹介します。

この記事を読めば
・ゴミ屋敷化の要因
・認知症との関係
・ゴミ屋敷の対処法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

高齢者の認知症でゴミ屋敷につながる理由

認知症を患う高齢者が自宅をゴミ屋敷にしてしまう背景には、認知機能の低下が深く関わっています。日常生活を営む上で必要な物品の管理や整理整頓が困難になり、結果として住環境が悪化してしまうのです。

高齢者の認知症でゴミ屋敷につながる理由をまとめると、以下の通りです。

  • 記憶力が低下
  • 判断力の低下
  • 理解力の低下
  • 見当識障害
  • 実行機能障害

それぞれ詳しく解説します。

記憶力が低下

認知症による記憶力の低下は、ゴミ屋敷化の大きな要因の1つです。高齢者はゴミの日を忘れがちになり、不要な物を捨てるタイミングを逃してしまいます。

どの物が必要で不要かの区別もつきにくくなるため、不要な物が溜まりやすくなります。記憶力の低下は物の管理能力を下げて、ゴミ屋敷化を進行させる原因となるでしょう。

判断力の低下

認知症による判断力の低下も、ゴミ屋敷化に大きく関係します。高齢者は物の価値や重要性を正しく判断できなくなり、本来ならば捨てるべき物も大切な物と錯覚してしまうことがあるのです。

また、家の清潔さや整頓を保つことの重要性に対する認識も低下するため、ゴミが溜まっても問題と認識しづらくなります。

認知症の判断力低下は、ゴミ屋敷化を防ぐための行動を妨げる要因ですね。

理解力の低下

認知症における理解力の低下は、日常生活の中での情報処理能力が衰えることを意味します。たとえば、ゴミ分別のルールや物の片付け方といった、以前は理解していたはずの情報が理解できなくなります。

そのため、ゴミを適切に処理することが難しくなり、家の中に不要な物が溜まりやすくなるのです。理解力が低下すると、高齢者は自分の住環境の変化に気づきにくくなり、ゴミ屋敷化の進行を防ぐことが困難になります。

見当識障害

見当識障害は、時間・場所・状況を正しく認識できなくなる症状です。認知症の高齢者は、今が何曜日で、ゴミの収集日がいつかといった情報の把握が難しくなります。

自分がどこにいるのか、今何をすべきかといった基本的な認識も鈍くなるため、ゴミを適切な場所や時間に出せなくなります。結果、家の中にゴミが溜まり、ゴミ屋敷化へとつながってしまうのです。

実行機能障害

実行機能障害は、計画立て・組織化・タスク管理といった、目的に向かって行動を起こす能力が低下することを指します。認知症の高齢者は、部屋を掃除するといった一連の行動を計画し、実行へ移すのが難しくなってしまうのです。

一度に複数のタスク管理も困難になるため、片付けを始めても途中で別の点に気を取られて片付けが完了しないという状況が生じます。実行機能の低下は、住環境の整理整頓を妨げ、ゴミ屋敷化を進行させる原因となるでしょう。

高齢者の認知症がゴミ屋敷化につながる具体例

認知症を患う高齢者が自宅をゴミ屋敷にしてしまう背後には、認知機能の低下による日常生活の乱れがあります。認知症によって失われる日常の判断力や記憶力、物事の理解力が家の中の物の管理を困難にし、不要な物が溜まりやすくなります。

認知症は、本人だけでなく家族や周囲の人々にも影響を及ぼすため、理解と適切な対応が必要です。認知症の進行に伴い、日常生活の中での小さな判断が難しくなって積み重なり、大きな問題へと発展する場合があります。

見当識障害によってゴミの日がわからなくなる

認知症による見当識障害は、時間や場所、状況を正しく認識できなくなる症状です。見当識障害にかかった高齢者は、ゴミの収集日を忘れがちになり、家の中に不要な物が溜まりやすくなります。

さらに、ゴミをいつどこに出すべきかの判断が難しくなり、結果的にゴミ屋敷化を進行させる原因となります。見当識障害を防ぐためには、家族やケアスタッフによるサポートが不可欠です。

定期的なリマインダーやゴミ出しのスケジュールを明確にすることも、見当識障害による問題を軽減するのに役立ちます。

認知症によって収集癖がついてしまう

認知症の進行により、一部の高齢者は物を集める収集癖を発症する場合があります。収集癖は、不要な物やゴミでさえも価値があると認識し、捨てることができなくなる状態です。

結果として、家の中に物が溢れ、ゴミ屋敷化が進行します。収集癖に対処するためには、定期的な家の清掃や、物の整理整頓を家族や専門業者のサポートが重要です。

認知症の高齢者が安心して物を手放せるよう、適切な説得や心理的サポートも必要になりますよ。

物を捨てて良いかどうかの判断ができない

認知症による判断力の低下は、物を捨てるべきかどうかの決断を困難にします。高齢者は、本来ならば捨てるべき不要な物やゴミであっても、価値を正しく評価できずに取っておく傾向があります。

判断力の低下は家の中に物が溜まり、ゴミ屋敷化を進行させる要因となります。問題に対処するためには、家族やケアスタッフが定期的に物の整理を手伝うと効果的です。

また、認知症の高齢者が物を捨てることに抵抗を感じないよう、優しく理解を示しながらサポートすることが大切です。

認知症によりセルフネグレクトになる

認知症が進行すると、自己管理能力が著しく低下し、セルフネグレクトという状態に陥る場合があります。自身の身の回りの世話や家の管理を怠れば、不衛生な環境での生活を余儀なくされます。

たとえば、食事の準備や摂取、身体の清潔の維持や適切な衣服の着用などが困難になるのです。結果、家の中にゴミが溜まりやすくなり、最終的にはゴミ屋敷化を引き起こす原因となります。

セルフネグレクトは本人の意識が低下しているため、家族やケア提供者による注意深い観察と適切な介入が必要です。

体力と気力が低下していて動けない

認知症の高齢者は、体力と気力の両方が低下することが一般的です。日常生活の基本的な活動、特に家の清掃や整理整頓などの物理的な労力を要する作業が困難になります。

体力の低下は長時間の活動ができないことを意味し、短時間であっても活動を開始するモチベーションが欠如している状態です。活動が制限されると、家の中の物が適切に管理されず、不要な物が積み重なっていきます。

時間が経つにつれて不要な物がゴミとなり、家全体がゴミ屋敷化する原因となるのです。

問題に対処するためには、定期的な家の清掃や整理をサポートする外部の助けが必要になるでしょう。

認知症以外でゴミ屋敷化する代表的な病気

認知症だけがゴミ屋敷化の原因ではなく、他にも精神的・心理的な疾患が自宅を不衛生な状態にしてしまう場合もあります。以下に、代表的な病気をまとめました。

  • セルフネグレクト
  • ホーダー(ためこみ症)
  • ADHD
  • 自閉スペクトラム症
  • 統合失調症
  • 強迫性貯蔵障
  • うつ病

それぞれ詳しく解説します。

セルフネグレクト

セルフネグレクトは、自己の基本的なケアや衛生管理を怠る状態を指し、適切な食事の摂取や清潔な衣服の着用、身体衛生の維持などが含まれます。自宅の清掃や整理整頓を行う意欲や能力も低下し、結果として住環境が悪化してしまうのです。

放置された食品や清掃されない生活空間、衛生用品の不適切な管理などが、ゴミ屋敷化につながる典型的な例です。セルフネグレクトは、しばしば健康問題を引き起こし、状況を悪化させる可能性があります。

ホーダー(ためこみ症)

ホーダー症候群は、不必要な物やゴミを捨てることができず、過剰に物を集め続ける精神障害です。ホーダーの人々は物に対して強い感情的な執着を持ち、自分の一部であると感じるため、捨てることが極めて困難になります。

そのため、家の中に物が溢れ、最終的にはゴミ屋敷化を引き起こすでしょう。

集めた物が将来的に役立つと信じていたりする点が、問題の根底にあったりします。

ADHD

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、注意力の不足・衝動性・過活動が特徴的な状態です。物の整理整頓や計画的な清掃活動を継続することが難しく、家の中の乱雑さやゴミの蓄積につながる場合があります。

また、衝動的な買い物により不必要な物が家の中に溜まることもあります。ADHDの人々は始めたタスクを完了するのが難しく、清掃や整理整頓をすることが困難です。

自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症は、社会的コミュニケーションや相互作用に困難を持つ発達障害です。規則や秩序を好む傾向がありますが、変化に対応する能力が低いため、家の中で物が適切に管理されない場合があります。

また、特定の物への異常な執着や収集行動も見られ、ゴミ屋敷化の一因となるでしょう。新しい環境や変化に対して極端なストレスを感じるため、家の状態を改善するための変更を受け入れるまでに時間がかかってしまうのです。

統合失調症

統合失調症は、現実の認識が歪んでしまう深刻な精神障害です。幻聴や妄想、思考の乱れなどが引き起こされ、日常生活に大きな支障をきたします。

自宅の清掃や整理整頓を行うことが困難になり、住環境が悪化しゴミ屋敷化するケースが見られます。自分の状態を正しく認識できず、必要なケアや支援を受け入れることが難しいため、家族や専門家による継続的なサポートが大切です。

強迫性貯蔵障

強迫性貯蔵障害は、物を捨てることに対する極度の不安やストレスを感じ、不必要な物を過剰に蓄積してしまう精神障害です。物に対して過度な執着を示し、たとえそれがゴミであっても捨てることができません。

結果として、住環境は急速に悪化し、ゴミ屋敷化に至る場合があります。治療には、認知行動療法や薬物療法が有効であるとされていますが、患者さん自身が問題を認識し治療に積極的に取り組むことが改善への第一歩です。

うつ病

うつ病は持続的な悲しみや無気力、興味や喜びを感じられなくなるなど、気分障害の一種です。日常生活の単純なタスクでさえも圧倒されることがあり、家の清掃や整理整頓を行うエネルギーを見いだせなくなります。

そのため、家の中が乱雑になり、最終的にはゴミ屋敷化してしまいます。治療には心理療法や薬物療法、生活習慣の改善が含まれますが、自らの状態を受け入れて支援を求めることが重要です。

認知症によるゴミ屋敷化を防ぐ方法

認知症によるゴミ屋敷化は、患者さんの生活環境に深刻な影響を及ぼしますが、適切な対策を講じることで防げます。ゴミ屋敷化を防ぐ具体的な方法をまとめると以下の通りです。

  • 家族間のコミュニケーションを取る
  • そもそもの物を減らす
  • ゴミ出し支援制度を活用する
  • 生前整理・断捨離をする
  • 片付け・不用品回収業者に定期的に依頼する

それぞれ詳しく解説します。

家族間のコミュニケーションを取る

認知症患者さんのケアにおいて、家族間のコミュニケーションは非常に重要です。定期的な会話を通じて、患者さんのニーズや感情を理解し、適切なサポートを提供できます。

家族が一丸となってケアプランを立てて役割分担を明確にすれば、日常生活を円滑にサポートすることが可能です。家族間で情報を共有し、状態や変化に迅速に対応すれば、ゴミ屋敷化を防ぐ上での鍵となります。

そもそもの物を減らす

認知症患者の住環境を整えるためには、家の中の物の量を減らすことが効果的です。不要な物や使用しない物を定期的に整理し、処分していけば家の中をすっきりと保てます。

物も管理しやすくなり、ゴミ屋敷化のリスクを低減できるでしょう。物が少ない状態になれば清掃がしやすくなり、過ごしやすい環境を維持することが可能です。

必要な物とそうでない物を見極め、適切に整理することが求められますよ。

ゴミ出し支援制度を活用する

認知症によるゴミ屋敷化を防ぐためには、地域のゴミ出し支援制度の活用が非常に有効です。多くの自治体では、高齢者や障害を持つ人々向けに、ゴミ出しをサポートするサービスを提供しています。

サービスを利用すれば、認知症の人がゴミの日を忘れたりすることなく、定期的に不要物を処分できるようになります。サービスの内容や利用条件は自治体によって異なるため、事前に詳細を確認し、必要な手続きを行うことが大切です。

支援制度を通じて、認知症の人の住環境を清潔に保ち、ゴミ屋敷化を未然に防げます。

生前整理・断捨離をする

生前整理や断捨離は、認知症によるゴミ屋敷化を防ぐうえで非常に効果的な方法です。生前整理とは自分の生前に不要な物を整理し、大切な物だけを残す活動を指します。

断捨離は物への執着を手放し、本当に必要な物だけを選び取ることに重点を置いた整理術です。結果、家の中の物の量を減らし、管理がしやすい環境を作れます。

認知症が進行する前に、家族や専門家のサポートを受けながら生前整理や断捨離を行うことが大切です。

断捨離を進めれば、将来的なゴミ屋敷化のリスクを大幅に減らすことができるでしょう。

片付け・不用品回収業者に定期的に依頼する

認知症の進行により自宅の清掃や整理が難しくなった場合、片付けや不用品回収業者に定期的に依頼することが有効です。専門業者は、家の中の不要な物を効率的に整理し、適切に処分するサービスを提供しています。

>>汚部屋清掃・ゴミ屋敷片付けの片付け侍

定期的にプロの手を借りれば、家の中を清潔に保ちつつ、ゴミが溜まるのを防げます。サービスの内容や料金は業者によって異なるため、複数の業者を比較検討し、信頼できる業者を選びましょう。

認知症の人がサービスの内容を理解しやすいよう、家族が間に入って調整することも大切です。

片付け・不用品回収業者依頼するなら片付け侍へ

認知症や精神疾患は、高齢者の生活環境をゴミ屋敷化させる原因の1つです。ゴミ屋敷を片付けるためには、適切な対処法を知ることが大切です。

家の中が不用品で溢れ、自力での整理が難しい場合、頼りになる専門業者がプロの手を借りることが最善の解決策となります。もし家がゴミ屋敷と化していましたら、ゴミ屋敷片付けの片付け侍へ依頼をご検討ください。

単に不用品を回収するだけでなくお客様の生活環境を整え、快適な空間を取り戻せます。

料金体系も明確となっているため、まずは事前見積りからご相談ください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK