ぬいぐるみの処分方法8選!一般ごみ・買取・寄付・供養の方法まで全て解説!

UFOキャッチャーなどで人気のぬいぐるみ。大きくなっても子供から愛用していたり、UFOキャッチャーで遊んだ結果数だけが増えていくという人もいるのではないでしょうか。

思い入れがあるものはともかく、ぬいぐるみはどのように処分して良いか難しいですよね。

そこで今回の記事では、ぬいぐるみの処分方法について解説していきたいと思います。

記事で解説すること
・ぬいぐるみの処分方法
・処分費用
・処分時の注意点

ぬいぐるみの処分で困らないよう、細かく解説していきます。ぬいぐるみの処分に困っている人は、最後まで確認してくださいね。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ぬいぐるみの処分方法8選

さっそくぬいぐるみの処分方法を8つご紹介します。その方法とはこちら。

  • 燃えるゴミで捨てる
  • 大きいサイズのぬいぐるみは粗大ゴミ
  • NPO団体や児童養護施設に寄付をする
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • 神社・お寺で供養して処分する
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • 知人やジモティーで譲る

処分するにあたって、重要なこともたくさんあります。最後までチェックしてくださいね。

燃えるゴミで捨てる

最初の方法は燃えるゴミとして捨てる方法です。ぬいぐるみはほとんどが可燃性の繊維や羊毛などの素材で作られているので、そのまま燃えるゴミとして処分できます。

ただし、以下のぬいぐるみは燃えるゴミとして出せません。

  • 30cmを超えるぬいぐるみ
  • 機械が入っているぬいぐるみ

これらのぬいぐるみについては後述します。サイズや素材を確認し、燃えるゴミで出せるぬいぐるみかどうかキチンとチェックしましょう。

大きいサイズのぬいぐるみは粗大ゴミ

大きさが30cmを超えるぬいぐるみは粗大ゴミとなります。多くの自治体では、30cmを超えるゴミは粗大ゴミとして処分されるためです。

この場合、自治体指定のシールを購入しないといけません。シールを購入してぬいぐるみに添付したうえで、ゴミ収集日に出しましょう。

ほとんどの自治体ではシールは1枚200〜400円で販売しています。また、自治体によっては前もってゴミ収集所へ連絡しないといけない場合もありますので、ご注意ください。

NPO団体や児童養護施設に寄付をする

捨てるのが忍びないという人には、ぬいぐるみを必要としているNPO団体や児童養護施設に寄付するのがおすすめ。次に必要としている人に譲ると無駄もなく、心も痛みません

これから寄付を募っている団体を2つ紹介します。

  • セカンドライフ
  • ワールドギフト

それぞれの特徴を解説しますので、チェックしてみてください。

セカンドライフ

セカンドライフは「大切なもの・処分したくないものに第二の人生を」をモットーに掲げるNPO法人です。全国の家庭で不要になったぬいぐるみの寄付をはじめ、募金の寄付などをおこなっています。

寄付の流れは

  1. 申し込み
  2. 梱包・発送
  3. リユース

という簡単な流れ。申し込むと集荷専用の伝票が郵送されるので、その伝票を集荷箱に添付して玄関先で集荷してもらいましょう。

ワールドギフト

ワールドギフトは食糧支援・医療支援・安全な水の支援など、命を守る支援を行う国際協力NGOです。ぬいぐるみもその一環で発展途上国の子どもに贈られます。

寄付する際の流れは少し特殊で、注意が必要です。

  1. 荷物を用意し、梱包する
  2. 寄付の申し込みをする
  3. 寄付金を振り込む
  4. 発送する

申し込みを済ませた後、寄付金の振り込みが必要なので注意しましょう。その後寄付金の振り込みが確認された後、発送となります。

リサイクルショップに買取してもらう

ぬいぐるみを少しでもお金に変えたいという人は、リサイクルショップに買い取ってもらうと良いでしょう。買い取ってもらえたら、不用品をお金に還元できますよ。

特にゴミにしたり、梱包する手間が惜しい人におすすめです。持ち運びが面倒であれば、出張買取という方法もあります。

とはいえ汚れや傷がひどいものは買い取ってもらえません。また、買い取ってもらえったとしても値段が安いこともありますので、あまり期待できないかもしれません。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

リサイクルショップでの買取金額に納得いかないという人は、フリマアプリ・オークションサイトの利用がおすすめです。こちらの方法であればリサイクルショップよりも高く売れる可能性があります。

特に限定商品などのレア商品は値段が高騰する可能性も。リサイクルショップで売れないものもフリマアプリ・オークションサイトであれば売れるかもしれないので、挑戦してみる価値はあるでしょう。

注意点としてはフリマアプリ・オークションサイトの手数料や商品の発送料がかかることです。せっかく売れてもこれらの諸経費を差し引くと赤字になってしまうかもしれないので、値段設定には気をつけてください。

神社・お寺で供養して処分する

大切なぬいぐるみで思い入れが強いものを処分する際には、神社・お寺で供養してもらいましょう。お焚き上げ料というお金はかかりますが、大切なぬいぐるみを手厚く処分してもらえます。

特に遺品など捨てにくいものに対しておすすめ。お経とともに、感謝の気持ちを込めて供養してあげればぬいぐるみとしても報われるはずです。

注意点としてはどの神社・お寺でもできるものではないということ。ぬいぐるみの供養ができる神社・お寺は限られているので、前もって確認しましょう。

宗派は関係なく供養してもらえますよ

不用品回収業者に引き取りしてもらう

大量のぬいぐるみがあり、持ち運びも難しければ不用品回収業者への依頼もおすすめです。不用品回収業者であればどんなに汚いぬいぐるみでも処分してもらえるでしょう。

しかも、もし価値のあるぬいぐるみであれば買い取ってもらえる可能性もあります。大量にぬいぐるみがある人におすすめの方法です。

とはいえぬいぐるみだけの処分であれば割高になる可能性もあります。不用品回収業者によっては、処分する不用品の量ではなく使用するトラックによって値段が決まるためです。

もし不用品回収業者を利用するのであれば、ぬいぐるみ以外の不用品も処分してもらいましょう。そうすれば無駄なく断捨離が進められるはずです。

知人やジモティーで譲る

処分することに抵抗がある人は、無償で知人や近所の人に譲るにもひとつの方法です。この方法であれな一つのぬいぐるみでも手渡しで譲れるため、費用もかかりません。

また、場合によっては感謝されることもあるでしょう。不用品で喜んでもらえたら、処分するよりもうれしい気持ちにもなるはずです。

ただ捨てるだけでもったいないと感じる人におすすめといえますよ。

ぬいぐるみの処分費用一覧

ここでは、ぬいぐるみの処分にかかる費用を解説します。家庭ゴミで出す場合や寄付に出した時にかかる値段など記載しているので、確認してみてください。

方法値段
燃えるゴミ0円
粗大ゴミ200〜400円
不用品回収業者3,000円〜8,000円
寄付1,000円〜3,000円
ぬいぐるみ供養(お焚き上げ料)1,000円〜2,000円

UFOキャッチャー(ゲームセンター)のぬいぐるみは買取してくれるか

ゲームセンターでUFOキャッチャーで取り、大量にもっている人もいるでしょう。こういったぬいぐるみは買い取ってもらえるのでしょうか。

結論からいえば、物によっては買い取ってもらえます。小さすぎるものや、人気のない商品は対象外とはなりますが売れる見込みがあれば買い取ってもらえるでしょう。

とはいえUFOキャッチャーの商品は大量生産されていて、希少性は低いものばかり。そのため、買取価格には期待できないのでご注意ください。

買い取ってもらえても低値が多いです

ぬいぐるみ処分における注意点

ぬいぐるみの処分方法についてはご理解いただけたでしょうか。ここからは、ぬいぐるみを処分する際に中すべきことを3つご紹介します。

その3つとは以下のとおり。

  • 機械が含まれるぬいぐるみの処分方法
  • 大量のぬいぐるみを処分するときの注意点
  • 譲渡・販売するなら洗っておく

それぞれ詳しくみていきましょう。

機械が含まれるぬいぐるみの処分方法

ここでは、機械が含まれるぬいぐるみの処分方法を解説します。犬のぬいぐるみなどで、機械が含まれているものもありますよね。結論、そのようなぬいぐるみはそのまま燃えるゴミに出すことができません。

機械の部分は不燃ゴミや金属類として処分しないといけないためです。また、電池も抜いて分別する必要があるため注意しましょう。

分別のために、ぬいぐるみを解体する必要があります。ハサミやカッターなどで機械部分を取り出し、ぬいぐるみ部分は燃えるゴミに捨てましょう。

機械部分は不燃ゴミが一般的です。なかには電池で動くプラスティックタイプのものもありますので、素材に注意してくださいね。

大量のぬいぐるみを処分するときの注意点

処分するぬいぐるみが多く、燃えるゴミの袋が多くなっった場合には注意が必要です。なぜなら一度に出せる燃えるゴミの量は決まっているから。

細かい量については自治体によりますが、多くの自治体で出せる袋の量は45Lの袋が2〜4つ程度。それを超えた場合には回収してもらえません。

そのため、一度に大量処分する場合には注意が必要です。何回かに分けて出すようにしましょう。

一気に処分したいなら、不用品回収業者がおすすめです

譲渡・販売するなら洗っておく

譲渡・販売するならぬいぐるみをしっかりと洗っておきましょう。汚れがひどいと断られたり、かいっとってもらえないこともあるかもしれません。

譲渡してもらう側としても、もらったぬいぐるみが汚かったら良い気分はしないですよね。また、買い取るとしても汚れていたら勝ちにならないので、断るか買値が下がる可能性が高いです。

このような問題はぬいぐるみがキレイであればすべて解決されます。もし譲渡・販売を考えているなら、洗ってキレイにしましょう。 

神社やお寺で供養して処分する場合

思い入れのあるぬいぐるみを処分するのにはどうしても抵抗があるという人も多いはず。そんな人は、神社やお寺で供養してもらうと良いでしょう。

供養して処分すれば、ほんの少しでも罪悪感は薄れるはずです。ここからは神社やお寺で供養して処分するときの注意点を4つ解説します。

  • 供養できる神社やお寺はどうやって探す?
  • 供養には費用がかかる
  • 郵送での供養はできる?
  • 自分でお清め供養することもできる

以上4つのポイントを読んで、しっかりと供養してもらいましょう。

供養できる神社やお寺はどうやって探す?

供養できる神社やお寺はインターネットで検索可能です。「ぬいぐるみ 供養 地域名」などで検索すれば出てくるでしょう。

なお、どの神社やお寺でも供養できるというわけではありません。ぬいぐるみ供養にはやるべきことが多いため、対応している神社・お寺しかできないのです。

  • ぬいぐるみ供養の受付・依頼リストの作成
  • ぬいぐるみ供養証明書の発行・発送
  • 危険物や違法物が含まれていないかのチェック
  • ご祈祷・読経
  • 焚き上げ場の清掃
  • 焚き上げ時の消防への連絡

などすべきことが大量にあります。そのため、どの神社・お寺でもできるわけではありません。必ず事前に検索し、ぬいぐるみ供養ができるかどうか確認してください。

供養には費用がかかる

ぬいぐるみ供養には焚き上げ料というお金が必要です。金額は各神社・お寺によって違います。

具体的な例を一覧にしてあるので、チェックしてみてください。

処分の方法金額
ぬいぐるみ1体ごとの供養1体1,000円〜程度
一律一定料金何体でも2,500円〜など
箱ごとの料金1箱3,000円〜

郵送での供養はできる?

郵送での供養も可能です。直接持ち込んだ方が良いかと思われる人も多いかもしれませんが、本人の気持ち次第といえます。

ただし、急に送りつけるのは大変失礼ですし、相手へも負担になります。事前に連絡して申し込んで、供養したいという意思を伝えておきましょう。

また、最近ではぬいぐるみ供養専門業者も存在します。神社やお寺で供養した時と同様に供養証明書の発行もしてもらえますよ。

自分でお清め供養することもできる

神社やお寺に依頼することが難しいという人は、自分で供養することも可能です。方法は以下のとおり。

  1. しっかりと洗ってキレイにする
  2. 太陽光に当てて清める
  3. 通気の良い白布や和紙で包む
  4. 感謝と共に粗塩を振りかける

このような方法で供養できます。ただし、焚き上げにあたる野焼きは法律で禁止されているのでやめましょう。

焚き上げは宗教行事として特別に許可されている行為です。許可のない一般人がおこなうことは法律違反になりますよ。

ぬいぐるみを捨てるのは風水的な運気に影響ある?

ぬいぐるみを処分すると運気が下がるという話を聞いたことがあるかもしれません。しかし、この話は迷信であり正しくありません。

風水の考えによると、人や動物のぬいぐるみは人と同じように家の運気を分け合う存在と考えます。そのため、多くぬいぐるみを抱えてしまうと運気を分け合うことで逆に運気が下がると考えられるのです。

風水的に運気を上げたいのであれば、不要なぬいぐるみは処分すべきといえます。運気が下がるという話は迷信なので、ご注意ください。

不用品回収業者は大量のぬいぐるみも引き取りに来てくれる

ぬいぐるみの処分方法について解説しました。ぬいぐるみを処分する際のポイントは以下のとおり。

  • ぬいぐるみは燃えるゴミ
  • 機械が含まれていたら分別する必要がある
  • 大量に処分する場合は一度には捨てられない
  • 譲渡・買取するときはキレイにする必要がある
  • 供養は神社やお寺でできる

このような注意点が面倒で、一気に処分したいという人は不用品回収業者への依頼がおすすめです。不用品回収業者であれば、大量のぬいぐるみの処分や分別もすべて業者がしてくれますよ。

数ある業者のなかでも、おすすめは「片付け侍」です。片付け侍は顧客満足度が96.3%と多くの人に満足してもらえる不用品回収業者。

満足いただけた理由はこのとおり。

  • 365日対応可能
  • 無料で見積もり可能でキャンセルも無料
  • 追加料金なし
  • 1点から回収可能
  • 人気の商品なら買取の実績もあり
  • 最短30分対応で他社でできない時間指定ができる

ぬいぐるみの処分を即日で対応してもらえるうえ、貴重な商品であれば買取実績も豊富。少しでもお得に処分したい人にもおすすめですよ。

引越しなどで時間が取れないという人には時間指定も可能。大量のぬいぐるみの処分に困っている人は、ぜひ片付け侍を検討してみてください。

すぐに処分するなら下記から


■風水などの総合サイト

あなたの生活を豊かにするための情報を発信しています。ありがとう、地球。
公式サイト:Lani

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK