【特殊清掃】事故物件を掃除する流れと費用は?特殊清掃業者を選ぶポイントも解説!

No Image

「事故物件の特殊清掃はどのように行われるの?」「特殊清掃にかかる費用や期間は?」などと悩んでいませんか?

事故物件の特殊清掃は、遺体による汚れや悪臭を専門的に除去し、物件を原状回復させるための清掃作業です。特殊清掃には専門の技術と経験が必要であり、適切な業者の選定が非常に重要になります。

本記事では、事故物件の特殊清掃の流れや必要な処理内容、業者の選び方について詳しく解説します。

この記事を読めば
・事故物件の特殊清掃法
・事故物件の処理内容
・特殊清掃する流れ
・依頼費用や期間
・業者の選び方

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに遺品整理するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

事故物件の特殊清掃とは

事故物件の特殊清掃は、居住者が亡くなった後に遺された汚れや悪臭を専門的に除去する作業を指します。特殊清掃は遺体によって発生した血液や体液、悪臭を取り除き、物件を衛生的な状態に戻すことが主な目的です。

特殊清掃は、一般的な家庭用の清掃用品では対応できない深刻な汚染を専門の技術と機材を用いてクリアにします。知識がない状態で清掃するとトラブルが発生する場合もあるため、特殊清掃業者に依頼する必要があります。

特殊清掃の費用は原則保証人が負担する

事故物件の特殊清掃にかかる費用は、原則として物件の保証人が負担することになります。物件の所有者や管理会社ではなく、故人の家族や遺族が清掃費用を支払うケースが多いためです。

しかし、契約内容や関係者間の合意によっては、費用負担の責任者が異なる場合もあります。特殊清掃の費用は作業の範囲や状況によって大きく変動するため、事前に業者から見積もりを取得し、しっかりと話し合うことが大切です。

自然死・孤独死は発見が遅れると事故物件になる

自然死や孤独死が発生した場合、発見が遅れると、物件は事故物件として扱われるようになります。遺体が長期間放置されることで、分解が進み、悪臭や汚染が室内に広がるためです。

汚染状態が続くと特殊清掃が必要となり、放置しておくと物件の価値やイメージに大きな損害を与える可能性があります。さらに、法律により事故物件としての告知義務が発生するため、将来的に物件を売却または賃貸する際に不利になることがあります。

自然死や孤独死が発生した場合は、迅速な発見と対応が非常に重要ですよ。

事故物件は特殊清掃業者にすぐに依頼すべき理由

事故物件の清掃を行うなら、早めに特殊清掃業者に依頼しましょう。決して自分たちだけで清掃を進めたり放置してはいけません。

理由は以下のとおりです。

  • 近隣の人から「臭い」と苦情が来てしまう
  • 汚れ・死臭は時間の経過でひどくなる
  • 物件価値の低下を防ぐ

それぞれ詳しく解説します。

近隣の人から「臭い」と苦情が来てしまう

事故物件から発生する悪臭は、近隣住民に大きな不快感を与え、苦情の原因となります。とくに夏場など気温が高い時期は、遺体の分解が進み悪臭が強くなりがちです。

悪臭が近隣に広がると住環境の悪化だけでなく、コミュニティ内でのトラブルに発展する恐れもあります。そのため、事故物件は発見後すぐに特殊清掃業者に依頼し、悪臭の原因となる汚染を迅速に除去することが重要です。

汚れ・死臭は時間の経過でひどくなる

事故物件における汚れや死臭は、時間が経過するにつれて取り除くことが難しくなります。遺体から発生する体液や血液は、床や壁に染み込み悪臭の原因となる可能性が高いです。

汚染状態が長期間放置されると、清掃がより複雑かつ高額になります。早期に特殊清掃を行うことで、問題を効果的に解決し、物件の衛生状態を回復させることが可能です。

物件価値の低下を防ぐ

事故物件となった物件は適切な清掃と対応が行われない限り、価値が著しく低下する恐れがあります。特殊清掃を行うことで、物件価値の低下を最小限に抑え、将来的な賃貸や売却の際に不利になることを防ぐことが可能です。

物件の清潔さを保つことは、将来の入居者や購入者にとっても重要な判断基準となります。特殊清掃の実施は、物件管理の上で非常に重要な対応と言えるでしょう。
参考サイト:不動産売却の教科書

特殊清掃業者に依頼できる事故物件の処理内容

特殊清掃業者に依頼できる処理内容をまとめると以下のとおりです。

  • 悪臭の除去と汚物の清掃
  • 部屋の清掃・片付け
  • 害虫・害獣の駆除
  • リフォーム
  • 遺品整理
  • 不用品の処分

それぞれ詳しく解説します。

悪臭の除去と汚物の清掃

事故物件における悪臭の除去と汚物の清掃は、特殊清掃の中でも特に重要な作業です。遺体が放置された場合、分解過程で発生する体液や血液は深刻な汚染を引き起こし、強烈な悪臭が生じます。

特殊清掃業者は、悪臭の原因となる部分を専門の化学薬品や機器を使用して徹底的に除去します。清掃作業により、物件から不快な臭いを取り除き、衛生的な環境を回復させることが目的です。

悪臭の除去は、後の清掃作業を円滑に進めるためにも不可欠なステップとなります。

部屋の清掃・片付け

事故物件の部屋の清掃と片付けは、物件を居住可能な状態に戻すために行われます。清掃作業では故人が使用していた家具や日用品、個人の持ち物などが丁寧に整理されるのが具体的な流れです。

特殊清掃業者は、遺品に対して敬意を払いながら作業を進め、必要に応じて遺族に相談を行います。部屋の清掃と片付けを通じて、物件は再び安心して生活できる空間へと変わるでしょう。

害虫・害獣の駆除

遺体の分解過程は、害虫や害獣を引き寄せる原因となります。長期間発見されなかった遺体の場合、ハエやゴキブリ、ネズミなどが発生しやすくなるため注意が必要です。

特殊清掃業者は害虫・害獣の駆除も行い、物件内の衛生状態を向上させます。特殊清掃作業により、害虫や害獣による二次的な汚染を防ぎ、物件をより安全な環境に戻すことが期待できるでしょう。

リフォーム

事故物件の特殊清掃後、汚染が特にひどい場合や物件の損傷が大きい場合にはリフォームが必要となる場合が多いです。特殊清掃業者は汚染された壁や床の修復、必要に応じての塗り替えや張り替えなど、物件の状態を改善するためのリフォームを提案します。

リフォームを行うことで、物件は見た目も大きく改善され、居住環境が大幅に向上するでしょう。

下記記事にてリフォームについて詳しく説明しています。

外構・リフォーム情報.com

遺品整理

事故物件における遺品整理は、故人の遺した物品を丁寧に扱う作業です。特殊清掃業者は、遺族の意向を尊重しながら、大切な遺品を整理し、遺族に返却します。

また、遺品の中には価値のあるものや思い出深い品も多いため、業者は遺品整理に際して細心の注意を払います。遺品整理を通じて故人との思い出を大切にしつつ、新たな生活へ進む第一歩となるでしょう。

不用品の処分

事故物件の清掃においては、故人が使用していた物品の中に、不用品として処分する必要があるものも出てくるシーンが多いです。特殊清掃業者は不用品の適切な処分方法を知っており、環境に配慮しながら処分を行います。

不用品の処分を適切に行うことで、物件はより清潔で整理された状態になり、新たな居住者が快適に過ごせます。不慮の事故を忘れるという意味でも、不用品処分は大切な作業です。

事故物件を特殊清掃する流れ

事故物件の特殊清掃を進める場合、以下の流れで進めていくことが一般的です。

  1. 警察へ通報する
  2. 特殊清掃業者へ問い合わせする
  3. 業者が現場視察・見積もり
  4. 特殊清掃を実施する
  5. 状況によりリフォームする
  6. 清掃後に遺品整理を行う

それぞれ詳しく解説します。

警察へ通報する

事故物件での不幸な出来事が発生した際、最初に行うべきは警察への通報です。法的な手続きを正しく進めるために不可欠であり、遺体の発見や事故の状況に関する正式な記録を残すことが目的です。

警察が現場に到着した後、必要な調査を行い、事故の原因や状況を確認します。後に行われる特殊清掃作業を始める前に必要な、法的な問題点をクリアにするためにも必要な取り組みです。

特殊清掃業者へ問い合わせする

警察の調査が終わり、次に必要なのが特殊清掃業者への問い合わせです。事故物件の清掃は専門的な技術と知識を要するため、経験豊富な業者を選ぶことが大切です。

問い合わせの際には清掃の範囲や見積もりの依頼、サービス内容の確認などを行います。適切な業者を選ぶことで、物件を迅速かつ効果的に原状回復させることが可能です。

業者が現場視察・見積もり

特殊清掃業者が物件を訪れ、現場の状況を視察し、必要な作業の範囲を確認します。現場の視察に基づき、業者は清掃作業にかかる費用の見積もりを提供します。

視察と見積もりは作業の透明性を保ち、物件所有者がコストを理解し、準備をするためにも重要です。見積もりの段階で作業の範囲や特別な要望があれば、業者と相談する良い機会となります。

特殊清掃を実施する

見積もりと契約が完了した後、特殊清掃業者は約束された日時に清掃作業を開始します。特殊清掃では悪臭の除去や汚染物質の清掃、消毒などが含まれるため、必要不可欠な作業です。

業者は専門の機器と化学薬品を使用して、物件を徹底的に清掃し、衛生的な状態に戻します。物件を再び安全で快適な居住空間にするためにも、どのような状態だったか事前に業者へ伝えておくことが大切です。

状況によりリフォームする

特殊清掃の後、物件の状況によってはさらなるリフォームが必要になります。たとえば、壁紙の張り替えや床材の交換、塗装などです。

リフォームは物件の見た目を改善し、事故の痕跡を完全に取り除くために行われます。リフォームを通じて、物件は新しい入居者を迎える準備が整いますが、事故があったという履歴は残ってしまうため注意しましょう。

清掃後に遺品整理を行う

特殊清掃が完了した後、故人の遺品整理を行うことが多いです。遺品整理は故人の持ち物を丁寧に分類し、遺族に返却する作業を含みます。

遺品整理は故人への敬意を表しながら、物件を次のステップへと進めるために必要な作業です。遺品整理を通じて、故人の記憶を大切にしつつ、物件を清潔で整理された状態に保てます。

事故物件の特殊清掃にかかる費用

事故物件の特殊清掃にかかる費用は、物件の状態や清掃の範囲によって大きく異なります。軽度の清掃であれば、約30,000円〜50,000円程度で対応可能です。

ただし、遺体の分解が進んでいる場合や広範囲にわたる汚染がある場合は、100,000円を超えることも珍しくありません。

最も複雑なケースでは、床や壁の張り替えを含むリフォーム作業が必要になることもありますよ。

もし複雑なケースでの清掃が必要な場合、費用は500,000円以上になることも多いです。悪臭の除去や汚染物質の清掃、遺品整理など、特殊清掃に必要な全ての作業が含まれた金額になります。

特殊清掃にかかる期間

特殊清掃の作業期間も、物件の状況によって大きく異なります。軽度の清掃の場合、作業は1日から2日程度で完了することが多いです。

しかし、遺体の分解が進んでいたり汚染が広範囲に及んでいる場合は、作業に数日から1週間程度かかることもあります。最も複雑なケースでは、リフォーム作業を含む特殊清掃が必要になるため、作業完了までに2週間以上を要するでしょう。

特殊清掃業者は現場視察後に作業の見積もりとともに、予想される期間を提供してくれますよ。

物件を再び使用可能な状態に戻すために必要な時間であり、迅速かつ効果的な対応が必要です。

事故物件の特殊清掃業者の選び方

事故物件の特殊清掃を行ってくれる専門の業者を選ぶ際、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。具体的にまとめると以下のとおりです。

  • 清掃と消臭の技術が優れているか
  • 遺品整理や不用品回収の実績も豊富な業者
  • 見積もり金額が明瞭かどうか
  • アフターフォローが充実しているかどうか
  • ネットのクチコミが良いかどうか

それぞれ詳しく解説します。

清掃と消臭の技術が優れているか

特殊清掃業者を選ぶ際、最も重要な要素のひとつが、清掃と消臭の技術が優れているかどうかです。事故物件特有の強い悪臭や頑固な汚れを効果的に取り除くには、高度な技術と専門的な機材が必要です。

優れた業者は最新の清掃技術を駆使し、様々な種類の汚染に対応できる能力を持っています。また、消臭に関しても、一時的に臭いを覆い隠すのではなく、根本的な原因を除去するアプローチを取ります。

業者が示す技術力は、事故物件を安全で快適な空間に戻すために不可欠ですね。

遺品整理や不用品回収の実績も豊富な業者

遺品整理や不用品回収の実績が豊富な業者を選ぶことは、事故物件の清掃において大きなメリットをもたらします。故人の遺品を扱う際には敬意と配慮が必要とされるため、作業に慣れた業者であれば、遺族の感情を尊重したサービスを提供することが可能です

また、不用品の適切な処分は物件の整理と清掃作業の効率化に直結します。実績豊富な業者は遺品や不用品を迅速かつ適切に処理し、清掃をスムーズに進めてくれるでしょう。

見積もり金額が明瞭かどうか

見積もり金額の明瞭さは、特殊清掃業者選びにおける重要なポイントです。透明性のある見積もりは予期せぬ追加費用に悩まされることなく、事前に費用を正確に把握できることを意味します。

優れた業者は作業内容と作業に伴う費用を詳細に説明し、顧客が納得できる形で契約に至ることを重視します。透明性の高い説明は、業者と顧客間の信頼関係を築く上で非常に重要です。

アフターフォローが充実しているかどうか

特殊清掃作業後のアフターフォローの充実度も、業者選定の大切な基準です。清掃後にもし何か問題が発生した場合、迅速に対応してくれる業者であれば、顧客は安心してサービスを利用できます。

充実したアフターフォローを提供する業者は、作業の質に自信を持っており、顧客満足度を最優先に考えています。

ネットのクチコミが良いかどうか

インターネット上のクチコミや評価は、特殊清掃業者のサービス品質を判断するための重要な情報源です。実際にサービスを利用した人々の意見や体験談は、業者の対応の良さや作業の質など、多角的な視点から業者を評価するのに役立ちます。

良いクチコミが多い業者は一般的に信頼性が高く、質の高いサービスを提供していることが期待できるでしょう。

事故物件の特殊清掃なら片付け侍へ

事故物件の特殊清掃は、遺体による汚れや悪臭を専門的に除去し、物件を原状回復させるための清掃作業です。特殊清掃には専門の技術と経験が必要であり、適切な業者の選定が非常に重要になります。

事故物件に強い特殊清掃業者なら片付け侍へお任せください。最短30分で駆けつけ、状況に応じて見積もりをいたします。

特殊清掃はもちろんのこと、不用品回収も請け負っているため他の業者に再度依頼し直すという手間もありませんよ。

ぜひ本記事を参考にしつつ、片付け侍への依頼をご検討ください。

すぐに遺品整理するなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK