コンクリートガラの処分方法!個人で廃棄できる?トラブルにならないよう注意!

コンクリートがらの処分方法やその費用について知りたい人も多いのではないでしょうか。産業廃棄物として分類されるコンクリートがらの処分方法は複雑であり、その違いや費用について正確に把握しなければなりません。

今回は産業廃棄物として扱われるコンクリートがらの処分方法を詳しく解説しています。また、コンクリートがらとコンクリートくずの違いについても知っておきましょう。

処分方法の選択や費用の見積もりは、事前に情報を収集しておくことでスムーズに行うことができます。ぜひこの記事を参考にして、適切な処分方法を見つけてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

コンクリートガラとは

建設現場や工事現場などでよく見かけるのが、コンクリートのがれき、通称「コンクリートガラ」です。

コンクリートガラは、建築や改築、解体などの工事に伴って生じるコンクリートの破片やアスファルト・コンクリートなどです。

このコンクリートガラは、廃棄物処理法において産業廃棄物として分類され、適切な処理が求められます。しかし、工事現場では他の廃棄物と混ざりやすいため、注意が必要です。

「コンクリートガラ」と「コンクリートくず」は、捨てる際の品目や名目が異なるだけでなく、処分する際の費用も変わってきます。

建設現場や工事現場での廃棄物管理は環境保護やリサイクルの観点からも重要です。十分な注意を払い、適切な処理を行うことが求められます。

処分は産業廃棄物の処理業者に依頼する

コンクリートガラの処分は、建設現場や工事現場などで頻繁に行われる作業ですが、安全かつ効率的に行うためにはいくつかのポイントがあります。

まず産業廃棄物の収集運搬と処分の許可を取得しているかを確認することも重要です。産業廃棄物処分業許可証には以下の項目があります。

  • 許可番号や優良マーク
  • 住所
  • 氏名
  • 代表者
  • 許可の年月日と期限
  • 事業の範囲

などが記載されています。これらの情報がなければ、委託することはできません。安全かつ合法的にコンクリートガラを処分するためには、この許可の有無を確認することが必須です。

まず手間なくスムーズにコンクリートガラを処分したい場合は、産業廃棄物回収業者に依頼する方法があります。

専門業者なら、自身でコンクリートガラを破砕したりトラックに積み込んだりする手間が省けるでしょう。万が一作業中にケガをする危険性も軽減されます。

ただし産業廃棄物回収業者を利用する際には、料金や処理方法などをよく確認することがポイントです。

コンクリートガラの不法投棄は重い罰則

コンクリートがらを産業廃棄物として処分する場合、法律に従う必要があります。しかし多額の処分費用や手続きの煩雑さから、一部の業者が不法投棄を選択するケースが散見されます。

その結果、不法投棄が犯罪として取り締まられ、厳しい罰則が科されることも珍しくありません。

産業廃棄物の不法投棄は、法的に重大な問題であり、一般廃棄物として処理することも違法です。以下の罰則が科されるため、行ってはいけません。

  • 1年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • 場合によっては、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金

そのため、コンクリートがらを処分する際には、国や都道府県から許可を受けた正規の業者に依頼しましょう。許可を受けた専門業者に委託することで、適切な方法でコンクリートを処分してもらえます。

コンクリートガラの処分方法

コンクリートガラは、処分方法によって様々なものに活用可能です。ここでは処理方法についてみていきましょう。主な方法は以下の通りです。

  • 再生砕石としてリサイクル
  • 再生骨剤としてリサイクル

再生砕石としてリサイクル

建築現場や基礎工事において用いられる砕石は、通常山の岩盤を砕いて作られます。再生砕石を利用すれば、岩盤を砕く必要がないため、より効率的かつ環境に優しい方法で資材を調達できるようになります。

さらに再生砕石は、中間処理業者によってリサイクルされます。主に路盤材の材料として用いられ、道路や駐車場の敷地に利用されることが一般的です。

再生砕石は元のコンクリートガラよりも強度がやや弱い傾向にありますが、用途によっては十分な性能を発揮するでしょう。

再生砕石はコンクリートがらを有効に再利用することで、資源の節約と環境保護に貢献できると考えられています。

再生骨剤としてリサイクル

コンクリートがらは、再生骨材として再利用されることがあります。再生骨材とは、アスファルト・コンクリートを作るための砂や石などの材料のことです。

セメントが固まる際の発熱や収縮を抑制する役割を果たすのが骨材であり、再生骨材も同様の役割を果たします。

再生砕石と同様に、再生骨材も多くの場面で活用され、資源の有効活用と環境保護に貢献しているのです。

コンクリートガラと間違いやすい産業廃棄物

見た目はコンクリートがらにそっくりですが、使用用途も分別方法も異なる素材があります。主に以下のものは間違えやすいため注意しましょう。

  • コンクリートくず
  • ガラ混じりの残土

それぞれの違いについて解説します。

コンクリートくず

一般的に解体時などに発生する廃棄物のことをがらといい、製造過程で出る廃棄物のことをくずと呼ぶ場合が多いです。

コンクリートくずの処分方法

コンクリートくずを処分する際は、産廃業者をはじめとした専門業者への依頼が安心かつ確実です。業者へ依頼する際は、以下の手順で行いましょう。

  1. ネットや広告などで業者を探す
  2. 業者が産業廃棄物処理の許可を持っているかをチェックする
  3. 見積もり依頼を行う
  4. 金額に納得すれば、契約
  5. 処理を依頼する

産業廃棄物許可の有無は業者のホームページのほか、産廃情報ネットなどでも確認可能です。無許可の業者への依頼は高額請求や不法投棄などのトラブルに繋がる危険も。契約前に作業内容や金額について必ず確認しましょう。

コンクリートくずはかつては埋め立て処分されることが一般的でしたが、現在ではそのほとんどがリサイクルされるようになっています。

主に細かく粉砕して再生砕石として利用され、路盤材として再利用されることが一般的です。また、石膏ボードは原料として再利用されることもあり、セメント原料や土壌改良剤などに再生利用されます。

コンクリートブロックの処分方法は異なりますのでこちらの記事をご覧ください。

ガラ混じりの残土

がら混じり残土という言葉は、一般的にコンクリートがらと混同されることがありますが、実際には異なるものです。

場合によっては分別が難しいこともあります。その際は、がら混じり残土として処理されることになります。

ガラ混じり残土の処分方法

がら混じり残土の処理は、特定の手順に従って行われます。

  1. 重機を使用してがらを砕き、品目別に分類する
  2. さらに固定式の粉砕機を用いて細かく砕く
  3. 細かく砕いた後は、磁力選別機にかけて金属を取り除く
  4. ふるいにかける
  5. 金属類の取り除きが必要な場合は、再度磁力選別機に入れることもある

がら混じり残土は、コンクリートがらとの区別が難しいですが、実際には異なります。がら混じり残土は、建設現場などで発生する土に、金属くずや紙くずなどの副産物が混ざったものを指します。

残土とがれき類を正確に分別することが理想的ですが、分別が難しい場合、がら混じり残土として処理されることもあります。

正確な区別や処理手順を理解することは、環境保護に繋がる重要なポイントです。

コンクリートガラの処分費用

混ざっている不純物の量や種類に大きく左右されます。不純物が少ない場合、処理費用はm3あたり数千円〜と比較的手頃ですが、不純物が含まれている場合はm3あたり1万円〜となることも。

価格は処理業者によって異なるため、コンクリートがらの処理を依頼する際は、複数の業者に見積もり依頼し、価格やサービス内容をしっかり比較することがポイントです。また処理費用の他に収集・運搬の費用も考慮がしたうえで検討しましょう。

一方、自分で産業廃棄物処理場にコンクリートガラを持ち込む場合は、さらに費用を抑えることができるかもしれません。

ただし、軽トラやトラックのレンタル代金などの追加費用がかかることを忘れずに。コンクリートガラやコンクリートくずを袋に詰める場合は、袋の費用も別途発生することに注意しておきましょう。

コンクリートガラの処分は個人ではできない

コンクリートガラなどの産業廃棄物を不法投棄することは、法律で明確に禁じられた犯罪行為です。

大規模な企業なら産業廃棄物の処分は比較的容易であり、専門業者に委託することが一般的です。しかし個人事業主など小規模な場合は処分方法に悩むことが少なくありません。

実際、個人でのコンクリートガラの処分はどうすればよいのでしょうか。個人事業主として登録していれば、個人名義での持ち込みが可能です。

つまり、屋号がなくてもコンクリートガラを処分することができます。大手業者でなくても、個人事業主としてしっかりと届け出を出せば適切に処分できるため安心してください。

一方、コンクリートガラを他人の敷地や山などに無許可で捨てる行為は不法投棄に該当します。

また土中に埋める行為も同様に不法投棄となり、発覚した場合には刑事罰が科せられる可能性があるため注意しましょう。

懲役刑や罰金刑が科せられることもあるため、安易は処分は避けてくださいね。

産業廃棄物の処理業者の選び方

不法投棄事件が増加しており、産業廃棄物を排出する企業が不正行為に加担してしまうリスクも高まっています。適切な廃棄物処理を行うためには、信頼できる処理業者を選ぶようにしましょう。

産業廃棄物の処理業者を選ぶ際には、以下のポイントを押さえてくださいね。

  • 国や都道府県からの適切な許可を持っているかどうか
  • 過去に行政処分を受けたことがないか
  • 処理費用が適正な価格で提示されているか
  • マニフェストに対応しているか

ほとんどの情報はネットで検索すれば出てきます。さらに、処理費用が明確に提示されているかどうかも、確認しておくと安心ですよ。

産業廃棄物の排出事業者は、処理を委託する際に法的および経済的なリスクを考慮する必要があります。

委託した廃棄物が不適正に処理された場合、排出事業者には様々な責任が問われるためです。そのため業者選びはしっかりと行わなければなりません。

業者の中にはぼったくり業者などの悪徳業者も紛れているので、騙されないように注意しましょう。

ぼったくり不用品回収業者の手口については下記の記事よりご覧ください。

コンクリートガラの処分は片付け侍へ

産業廃棄物の不法投棄が深刻な社会問題となっており、その中でもコンクリートガラの処分は処分に困るもののひとつです。

処分には様々な方法がありますが、コストや手間を考慮すると、産業廃棄物回収業者に処分を任せるのが最も簡単で楽といえるでしょう。

片付け侍では、お客様のニーズに合わせた最適なプランや料金を提案しています。ぜひ一度ご相談いただき、適切な処分方法を見つけてみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK