コンクリートブロックの処分方法!自治体ゴミに出せない?賢く捨てる方法とは

No Image

「コンクリートブロックって自治体で処分できないの?」

「コンクリートブロックを処分したいけど、大量にある場合にはどうすればいい?」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・コンクリートブロックの5つの処分方法
・コンクリートブロックの処分費用
・コンクリートブロックを捨てるときの注意点

これら全てがわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

コンクリートブロックは自治体ゴミに出せない産業廃棄物

コンクリートブロックは建築廃材として使用されることが多く「産業廃棄物」として扱われるため、自治体で処分を検討する場合には以下2つに分かれます。

  • 自治体が処分可能な業者を紹介してくれる
  • 稀に自治体のゴミで回収可能な場合もある

詳細について説明していきます。

自治体が処分可能な業者を紹介してくれる

コンクリートブロックは、「産業廃棄物」に該当するので基本的に「不燃ゴミ」や「粗大ゴミ」では処分できません。事業者はもちろんのこと、個人の場合でも処分不可となっています。

コンクリート片やブロックは奈良県神戸市でも自治体での回収は行っておらず、他の処分方法を検討しなければなりません。

自治体で回収できない場合には、自治体から処分可能な業者を紹介してくれます。

稀に自治体のゴミで回収可能な場合もある

自治体によっては、稀に回収可能な場合もあります。自治体で処分できる場合は、他の処分方法と比べて安く処分可能です。

念の為、住んでいる市町村でコンクリートブロックの処分受付を行っているのか確認してみましょう。

コンクリートブロックを処分する5つ方法

コンクリートブロックを処分する方法は以下の5つです。

  • 購入した店舗で引き取ってもらう
  • 外構業者・専門業者に回収してもらう
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップで買い取ってもらう
  • 知人やジモティを通じて譲る

順番に解説していきます。

同じコンクリートでもコンクリートガラになると処分方法が変わってきますので、コンクリートガラの処分方法の記事をご覧ください。

レンガの処分方法はこちらの記事に纏めていますので、レンガの処分もある方は併せてお読みください。

購入した店舗で引き取ってもらう

ホームセンターや建築材ショップで購入したコンクリートブロックは引き取りしてもらえる可能性があります。公式ホームページに記載されていないこともしばしばあるので、電話で引き取りの可否を確認するのがおすすめです。

店舗に直接持ち込めば、すぐに処分できますが、複数処分する場合や店舗まで距離がある場合には労力がかかります。

その店舗で購入したレシートや領収書が必要な場合や同等・同数の商品の購入しなければならない場合もあるので、条件を確認してから店舗に持ち込みましょう。

コーナン

コーナンでは、買上げ1点につき同等品1点無料で引き取ってもらえますが、コンクリートブロックの引き取りは対象外となっています。

参考:コーナン公式サイト

コメリ

コメリでも商品1点購入につき同等品1点の引き取りサービスを行っていますが、コンクリートブロックの引き取りは行っていせん。

参考:コメリ公式サイト

カインズ

カインズでは、店舗で対象の商品を購入した際に限り、引き取りサービスを行っています。

しかし、バーベキューコンロや照明器具などの引き取りを行っていますが、コンクリートブロックは対象外となっています。

公式サイト:カインズ公式サイト

外構業者・専門業者に回収してもらう

外構業者とは、ウッドデッキやフェンス、アプローチなどの家の周りの構造物や駐車場、植木などを設計・施工する専門家です。

業務でコンクリートブロックを使うことも多く、施工の依頼をしなくても引き取りしてもらえる場合があります。

全てび業者が引き取り対応しているわけではないので事前に確認しておくようにしましょう。

リフォーム会社や建物の解体業者でも引き取ってもらえる場合があるので、確認してみましょう。

不用品回収業者に依頼する

手間や労力かけずに、確実にコンクリートブロックを処分したい場合には、不用品回収業者がおすすめです。業者によっては、即日中に回収可能で、24時間対応している業者もあります。

他の方法と比べて料金はかかりますが、業者が行ってくれるので自らコンクリートブロックの運び出す必要もありません。

不用品回収業者に依頼する流れは、以下の通りです。

  1. 電話やネットで回収業者に連絡
  2. 料金見積もり
  3. 料金に納得したら、都合の良い回収日を指定する
  4. 指定した日に業者が自宅まで来て不用品の運び出し、回収を行う

コンクリートブロック以外の不用品がある場合もまとめて処分してくれるので、大掃除や引越し、遺品整理にも便利です。

料金は、不用品の量や選択するプランによって異なるので、まずは見積もりから検討してみましょう。

リサイクルショップで買い取ってもらう

数は多くありませんが、傷や汚れがないコンクリートブロックであればリサイクルショップで買取してもらえる場合があります。

事前にコンクリートブロックの買取有無や条件を確認しておくようにしましょう。リサイクルショップで買取までの手順は以下の通りです。

  1. リサイクルショップの買取条件を確認する
  2. オンライン査定、店舗へ赴き、買取価格の見積もりを行う
  3. 査定額の提示
  4. 査定額に納得すれば商品の引き渡し、料金受け取り

買取してもらえれば、臨時収入を得ることができるメリットがありますが、売れたとしても数百円程度です。

また、コンクリートブロックを取り扱っているショップは少なく、条件によっては買取してもらえない場合もあります。

知人やジモティーを通じて譲る

人に譲ることで不要になったコンクリートブロックを手放す方法もあります。最近では、DIYとしてコンクリートブロックを活用することも多く、譲れば喜ばれることもあるでしょう。

人に譲ることができれば処分費用はかからないので、安く処分したい方にはおすすめです。身近に欲しがっている人がいなくても地域密着型掲示板「ジモティー」を使えば地域の人に呼びかけられます。

ジモティーでの掲載手順は以下の通りです。

  1. コンクリートブロックの状態がわかるように複数枚写真を撮影する
  2. 詳細説明にコンクリートブロックの数や状態を記載して写真とともに掲示する
  3. 買い手が見つかったら、チャットでやり取りを行う
  4. 指定の方法でコンクリートブロックを受け渡す

ジモティーで貰い手が見つかった場合、受け渡しの方法は配送や指定場所へ貰い手が赴いてもらうなど複数の方法があります。自身の状況に合わせて選択し、認識の齟齬がないように明示しておきましょう。

貰い手が見つかるまでに時間を要する場合があるので、早めに処分したい場合には、他の方法を検討しましょう。

コンクリートブロックの処分費用の相場

各処分方法におけるコンクリートブロックの処分費用は以下の通りです。

処分方法費用相場
購入した店舗で引き取ってもらう無料もしくは、1,000円程度
外構業者・専門業者に回収してもらう無料もしくは2,000円〜
不用品回収業者に依頼する3,000円〜
リサイクルショップで買い取ってもらう無料
知人やジモティを通じて譲る無料(場合によっては配送料)
※コンクリートブロックの大きさや量によって料金は変動します

処分方法によっては、無料でコンクリートブロックを撤去できますが、手間をかけずに確実に処分したい場合には、不用品回収業者がおすすめです。

コンクリートブロックを廃棄するときの注意点

コンクリートブロックを破棄する際の注意点は以下2つです。

  • 重くて運ぶのが難しい
  • ホームセンター・リサイクルショップが引き取りできない可能性もある

順番にみていきましょう。

重くて運ぶのが難しい

コンクリートブロックは、1つ4kgほどの重さがあり、運び出しの際に落とすと怪我になりかねません。複数のコンクリートブロックの場合は、かなりの労力がかかります。

素材もざらつきやすいので、持ち運ぶ際には軍手をつけて、安全に配慮した上で運びましょう。無理せずに、業者に依頼するのもひとつの手です。

ホームセンター・リサイクルショップが引き取りできない可能性もある

ホームセンターやリサイクルショップでコンクリートブロックの引き取り、買取をしてもらうのは非常に少ないケースです。

引き取りしてもらえたとしても店舗に運び込む手間を要します。買取の際には、人造物の土台として活用されることも多く、購入と同様の状態でなければ対応していない場合もあります。

コンクリートブロックは迷わず不用品回収業者に相談しよう

コンクリートブロックは「産業廃棄物」に該当し、基本的には自治体で処分できません。

購入した店舗や外交業者、リサイクルショップでも引き取りしている場合がありますが、対応している店舗は限られています。

人に譲る方法も欲している人がすぐ現れるとは限らず、譲るまでに時間がかかる場合や受け渡しに手間がかかります。

手間や時間をかけずに確実に処分したい場合には不用品回収業者がおすすめです。依頼すれば、即日中に現地に赴き、運搬から処分まで全て請け負います。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットから知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

料金は、不用品の数やプランによって異なるので、まずは見積もりから行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK