マッサージチェアの処分方法!フリマ販売はNGだから正しい捨て方を知ろう

「マッサージチェアの処分方法は?」「処分にかかる費用や手間をどう減らせるか?」などと悩んでいませんか?

マッサージチェアの処分は、適切な方法を選ぶことでスムーズかつコスト効率よく行えます。本記事では、自治体の規定から不用品回収業者の利用まで、マッサージチェアの処分方法8選と処分にかかる費用や注意点を紹介します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

マッサージチェアを捨てる前に押さえておくべきポイント

マッサージチェアを処分する前に、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 自治体の規定
  • マッサージチェアの状態
  • マッサージチェアの大きさ

それぞれ詳しく解説します。

自治体の規定

マッサージチェアを捨てる際、最初に確認すべきはお住まいの自治体の規定です。粗大ゴミとして処分する場合、事前予約が必要な自治体があったり特定の日にしか回収してもらえない場合があります。

処分にかかる費用も自治体によって異なるため、公式ウェブサイトを確認するか、直接問い合わせをすることが大切です。問い合わせをする際には処分方法や手続きの流れ、必要な料金を把握しましょう。

また、マッサージチェアが家電リサイクル法の対象になっているかどうかも重要なポイントです。

マッサージチェアの状態

マッサージチェアを処分する前に、チェアの状態をしっかりとチェックしましょう。動作不良や破損がある場合、リサイクルや買取が難しくなる可能性があります。

また、清潔な状態であれば買取価格が上がることもあるため、可能な限り掃除をして見た目を良くしておくことが重要です。買取や譲渡を考えている場合は外観や機能性が処分方法や価格に大きく影響するため、細かな部分までチェックしましょう。

マッサージチェアの大きさ

マッサージチェアの大きさは、処分方法を選ぶ上で重要な要素です。大きくて重いマッサージチェアは自力で運び出すのが困難であるため、不用品回収業者に依頼することが一般的です。

しかし、小さめのマッサージチェアであれば、自治体の粗大ゴミとして処分することも可能です。また、大きさによってはリサイクルショップや家電量販店での引き取りが可能な場合もあるため、処分前にサイズを測っておくと良いでしょう。

サイズによって処分方法が限られるため、事前に適切な処分方法を検討しておくことが重要ですよ。

マッサージチェアの処分方法8選

マッサージチェアの処分方法は状況によって異なります。処分方法をまとめると以下のとおりです。

  • 粗大ゴミで捨てる
  • 家電量販店で引き取りしてもらう
  • 不用品回収業者に引き取りに来てもらう
  • 医療機器・美容機器などの買取業者に依頼する
  • リサイクルショップで買取してもらう
  • 知人や地域住民の人に譲る
  • ジモティーを活用して譲る
  • フジ医療器などのメーカーは買い替え引き取りが可能

それぞれ詳しく解説します。

マッサージチェアの他に健康器具の処分も考えている方はこちらの記事をご覧ください。

粗大ゴミで捨てる

マッサージチェアを粗大ゴミとして処分する場合、自治体の規定に従って手続きを行う必要があります。事前に予約をして粗大ゴミ処理券を購入後、指定された日に収集場所に出す流れが一般的です。

しかし、重量やサイズによっては収集できない場合もあるため、自治体のホームページで詳細を確認しましょう。自力で運び出す必要があるため、大きなマッサージチェアでは困難な場合もあります。

また、処分する際にはマッサージチェアを運び出すための労力や、運び出しに必要な道具の準備も忘れないようにしましょう。

家電量販店で引き取りしてもらう

購入した家電量販店や他の家電量販店では、古いマッサージチェアの引き取りサービスを提供している場合が多いです。新しいマッサージチェアを購入する際に、下取りとして引き取ってもらえる場合もあります。

しかし、引き取りには費用がかかる場合が多く、また全ての店舗がこのサービスを提供しているわけではないため事前確認が必要です。引き取りサービスを利用する際には、引き取り条件や費用、引き取り可能なマッサージチェアの状態などを確認しましょう。

引き取りサービスを利用すれば新しいマッサージチェアの購入費用を抑えられる場合もありますよ。

不用品回収業者に引き取りに来てもらう

重くて大きなマッサージチェアを処分する際には、不用品回収業者に依頼するのが最も手間がかからず確実です。専門の業者は指定した日時に自宅まで来て、マッサージチェアを運び出し処分してくれます。

ただし、サービスには費用がかかるため業者選びには注意が必要です。信頼できる業者を選び、事前に見積もりを取ることが大切です。

不用品回収業者を利用する際には、業者の評判や口コミを確認し、適正な価格で安全に処分してもらえる業者を選びましょう。

不用品回収業者のメリット・デメリットを紹介している記事もありますので、不用品回収業者で処分することもご検討されている方はご一読してみてください。

医療機器・美容機器などの買取業者に依頼する

マッサージチェアが高機能な医療機器や美容機器である場合、専門の買取業者に依頼することで買取してもらえる場合があります。買取業者は特定の機器に特化しており、適正な価格で買取してくれる可能性が高いです。

ただし、買取価格はマッサージチェアの状態や市場価値によって大きく変動するため、複数の業者に見積もりを取りましょう。買取業者に依頼する際には、マッサージチェアのブランド・モデル・使用状態などを確認して、高額で買取してもらうことが大切です。

リサイクルショップで買取してもらう

近くのリサイクルショップにマッサージチェアを持ち込めば、買取してもらえます。リサイクルショップはその場で査定を行い、即時買取が可能です。

ただし、買取価格はマッサージチェアのブランド・状態・需要によって変わります。また、すべてのリサイクルショップがマッサージチェアの買取を行っているわけではないため、事前に確認が必要です。

買取してもらう際にはマッサージチェアをできるだけきれいに掃除し、動作確認を行って必要な付属品を揃えておきましょう。

知人や地域住民の人に譲る

マッサージチェアがまだ使用可能な状態であれば、知人や地域住民に譲ることも1つの処分方法です。地域の掲示板やSNSを利用して譲りたい旨を伝えることで、引き取り手を見つける可能性があります。

知人や地域住民の人に譲れば、処分費用をかけずにマッサージチェアを手放せる点がメリットです。ただし、運搬の手配は受け取る側または譲る側で行う必要があります。

譲渡する際には、マッサージチェアの状態や機能を正確に伝えましょう。

ジモティーを活用して譲る

ジモティーなどのオンラインフリマアプリを利用して、マッサージチェアを譲ることも可能です。ジモティーは地域を指定して不用品を出品し、近くの人に直接譲れます。

特に大きな物を処分したい場合に便利で、費用をかけずに処分できる可能性が高いです。ただし、安全のために取引は公共の場所で行い、必要なら同伴者を連れて行くなどの注意が必要です。

また、マッサージチェアの状態や機能など適切な情報を提供することで、スムーズに譲渡できます。

フジ医療器などのメーカーは買い替え引き取りが可能

フジ医療器など一部のマッサージチェアメーカーでは、新しい製品を購入する際に古い製品を引き取ってくれるサービスを提供しています。サービスを利用することで、新しいマッサージチェアをお得に購入しつつ、古いものを適切に処分できます。

サービスの利用はメーカーやモデルによって異なるため、購入を検討しているメーカーの公式サイトで詳細を確認しましょう。引き取りサービスを利用する際には、引き取り条件や費用、引き取り可能なマッサージチェアの状態などを確認することが重要です。

新しいマッサージチェアの購入費用を抑えられる場合もあるため、購入予定の店舗に問い合わせてみると良いでしょう。

マッサージチェアの処分にかかる費用と節約術

ここでは、マッサージチェアの処分にかかる費用について詳しく解説します。費用を節約するためのアドバイスもまとめているため、ぜひ参考にしてみてください。

住んでいる地域によって費用は異なる

マッサージチェアの処分にかかる費用は、住んでいる地域によって大きく異なります。多くの自治体では粗大ゴミとして処理するための手数料が必要で、相場は1,000円〜3,000円ほどです。

また、不用品回収業者に依頼する場合も業者や地域によって料金が変わるため、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。処分方法やサービスの種類、サイズや重量も費用に影響するため、事前にしっかりと調べておくことが節約への第一歩になります。

費用を節約するためのアドバイス

マッサージチェアの処分費用を節約するためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。自治体の粗大ゴミ処理サービスを利用する場合は、事前に予約をして処理券を購入することで、手数料を抑えられます。

また、リサイクルショップや買取業者を利用することで、場合によっては費用をかけずに処分できます。不用品回収業者に依頼する場合は、複数の業者から見積もりを取り、最もコストパフォーマンスの良い業者を選ぶことが重要です。

もしマッサージチェアを譲ることができれば、処分費用を完全に節約できますよ。

地域の掲示板やオンラインのフリマアプリを活用して、引き取り手を見つけることも一つの方法です。

マッサージチェアを処分するときの注意点

マッサージチェアを処分する際には以下の点に注意しましょう。

  • フリマアプリ・オークションサイトで売れない
  • ニトリ等の家具店でも引き取りできない可能性がある
  • 解体処分は危険
  • 運び出しは自分でやらなければならない
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

フリマアプリ・オークションサイトで売れない

フリマアプリやオークションサイトでマッサージチェアを売却しようと考える場合、いくつかの障壁があります。たとえば、マッサージチェアはサイズが大きく配送が困難であるため、購入者が見つかりにくいです。

また、医療機器としての規制があるため、出品が制限されている場合もあります。売却を考える際は配送方法や費用、出品規制を事前に確認し、現実的な売却方法を検討しましょう。

ニトリ等の家具店でも引き取りできない可能性がある

ニトリや他の家具店では、古い家具の引き取りサービスを提供していますが、マッサージチェアは対象外であることが多いです。なぜなら、マッサージチェアが特殊な構造をしており、通常の家具とは異なる処分方法が必要であるためです。

引き取りを希望する場合は、事前に店舗に問い合わせる必要があります。引き取り可能かどうか、また費用はいくらかかるのかを確認しましょう。

解体処分は危険

マッサージチェアを自分で解体して処分しようと考える場合、多くのリスクが伴います。マッサージチェアには電気配線や複雑な機械部品が含まれており、適切な知識や工具がなければ、解体中に怪我をする可能性が高いです。

また、不適切な処分方法は環境汚染を引き起こすこともあるため注意しましょう。安全かつ環境に優しい処分を心がけるためにも、専門の業者に依頼することをお勧めします。

運び出しは自分でやらなければならない

マッサージチェアを処分する際には、運び出しを自分で行う必要があります。特に、粗大ゴミとして自治体に処分を依頼する場合に当てはまります。

マッサージチェアは重量があり大きいため、運搬は一苦労です。運び出しを行う際は、適切な機材を用意し、怪我をしないように注意しましょう。

可能であれば、家族や友人に手伝ってもらうと安心ですね。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

不用品回収業者にマッサージチェアの処分を依頼する場合、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。見積もりを比較することで、最もコストパフォーマンスの良い業者を選べます。

また、見積もりを取る際には処分費用だけでなく、サービスの内容や業者の評判も確認しましょう。信頼できる業者に依頼することで、安心してマッサージチェアを処分できます。

マッサージチェアは不用品回収業者の訪問引き取りが楽

マッサージチェアの処分をするなら、不用品回収業者の訪問引き取りを検討しましょう。なぜなら、運び出しをしてくれるだけでなく、2階にあるチェアも引き取りをしてくれるからです。

マッサージチェアを含め部屋から出せない家具の処分で悩みの方は多いです。自分で部屋から出して捨てるか不用品回収業者に依頼するかの比較を詳しく紹介している記事もご覧ください。

運び出しをしてくれる

不用品回収業者にマッサージチェアの処分を依頼する最大の利点は、重いチェアの運び出しを全て業者が行ってくれることです。特に一人暮らしや高齢者、体力に自信がない方にとっては大きなメリットです。

業者は適切な機材と経験を持っているため、家の中の狭い通路や階段を使っても、安全かつ迅速にマッサージチェアを運び出してくれます。運び出しのサービスを利用することで、自分で運び出す際の怪我のリスクや家具や壁を傷つける心配から解放されます。

2階にあるチェアも引き取りしてくれる

マッサージチェアが2階以上の場所にある場合、自力での運び出しはさらに困難になります。しかし、不用品回収業者を利用すれば、どの階にマッサージチェアがあっても業者が適切な方法で運び出しを行ってくれます。

業者は階段や狭い廊下での運搬経験が豊富で、チェアを安全に運び出すための機材や技術を持っている専門家です。

業者によっては、エレベーターがない建物でも対応してくれるところもあります。

サービスを利用することで、階段の上り下りでの怪我や運搬中に家具を傷つけるリスクを避け、スムーズにマッサージチェアを処分できます。

マッサージチェアの処分に関するよくある質問

最後に、マッサージチェアの処分に関するよくある質問に回答します。

  • マッサージチェアの無料引き取りを依頼することは可能?
  • マッサージチェアの一般的な寿命は?

マッサージチェアの無料引き取りを依頼することは可能?

マッサージチェアの無料引き取りは条件によって可能な場合もありますが、一般的には難しいです。一部のリサイクルショップや買取業者では、状態が良く需要のあるマッサージチェアに限り、無料で引き取りを行っている場合もあります。

また、自治体の粗大ゴミ回収では通常料金が発生しますが、地域によっては特定の日に無料で回収することも少なくありません。無料引き取りを希望する場合は、複数の業者や自治体の情報を確認し、事前に条件や手続き方法を把握しておくことが重要です。

マッサージチェアの一般的な寿命は?

マッサージチェアの寿命は、使用頻度やメンテナンス状況によって異なりますが、一般的には約6〜10年とされています。定期的なメンテナンスや適切な使用を心がけることで、長く使用することが可能です。

寿命が近づくと故障が頻発したり、性能が低下したりすることがあります。また、最新のモデルに比べて機能が劣るため、買い替えを検討するユーザーも多いです。

寿命を迎えたマッサージチェアは性能が低下しているため、買取価格が下がることも考慮し、早めに処分や買い替えを検討しましょう。

マッサージチェアの寿命や寿命のサインについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

マッサージチェアの回収は不用品回収業者に依頼しよう

マッサージチェアの回収を不用品回収業者に依頼することは、手間と時間を大幅に節約できる最適な方法です。業者は重くてかさばるマッサージチェアを自宅から運び出し、適切に処分してくれます。

不用品回収業者を利用することで、自分で処分場所まで運ぶ手間や自治体の粗大ゴミ処理手続きの煩わしさから解放されます。サービスを利用する際は、まず複数の業者に見積もりを依頼し、料金とサービス内容を比較することが大切です。

適切な業者を選び、安全かつ責任ある処分を心がけましょう。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK