断捨離で後悔したもの14選!鬱になる人もいる?後悔しないための断捨離方法!

No Image

「断捨離を行って後悔した経験があるんだよね…」

「後悔しない断捨離の方法はあるの?」

「断捨離で後悔する心理とは?」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・断捨離で後悔したもの14選
・後悔しない断捨離の方法
・断捨離で後悔する心理やタイミング

これら全てがわかります。

後半では、断捨離を短時間で終わらせる方法に関してもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

断捨離で後悔して鬱になる人もいる

断捨離は多くの人にとって、スッキリとした生活への一歩とされていますが、場合によっては後悔やうつ病のような状態を引き起こすリスクもあります。

物の整理によって一時的に感じる解放感や喪失感が原因であることが多いです。

断捨離をする際にドーパミンが分泌され、一時的な満足感や爽快感を感じることがあります。しかし、行為がストレス解消の手段となってしまうと、断捨離そのものに依存する形で繰り返すことになり、その結果、物を持っていることに罪悪感を感じるようになり、結局はストレスが増大することにつながります。

一方で、過去の自分とのつながりを断ち切りたいという心理から、思い出深い物を捨ててしまうことがあります。この行為が鬱病の状態を引き起こすこともあるため、判断力が低下している時には特に注意が必要です​。

断捨離を行う際には、自分にとって本当に必要なものを見極める時間を取ることが重要です。不要な物を処分することで得られるはずの精神的なクリアさが、逆に精神的な負担とならないよう、計画的に進めるようにましょう。

断捨離で後悔したもの14選

断捨離で後悔したもの14選は以下の通りです。

  1. ぬいぐるみ
  2. ブランドバッグ
  3. ベッド
  4. 食器
  5. アニメグッズ・フィギュア
  6. CD・DVD
  7. 思い出の品・写真
  8. ゲーム
  9. 人間関係
  10. テレビ
  11. 炊飯器
  12. ソファ

断捨離で後悔しないように、チェックしておきましょう。

本には読んだ時の思い出や、贈り物としての特別な意味が含まれていることが多いです。これらの本を手放すことで、個人的な歴史や思い出を失うような感覚に陥ることがあります。

本を手放す前に、どの本が自分にとって価値があるかをじっくり考えてみましょう。たとえば、「一年以内に読む予定があるか」「特別な思い出があるか」という基準を設けると良いでしょう。

感情的に大切な本は、一時的に保留ボックスに入れてみて、数か月後に再評価する方法が有効です。その間にその本が本当に必要かどうか、客観的に判断する時間が持てます。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみは、贈り物として受け取るものであり、特定の人や場所、記念日との強い結びつきを持つことが多いです。手放すことで、大切な記憶までもが失われてしまったように感じる人もいます。

一部のぬいぐるみは生産終了品や限定品であり、一度手放してしまうと再び手に入れることが困難です。

ぬいぐるみを断捨離する前に、感情的な価値を再評価しましょう。もし強い感情的なつながりがある場合は、保持を続けることを検討してください。

ブランドバッグ

ブランドバッグは高価であり、購入時に大きな投資を要するアイテムです。一度手放すと、同じバッグを再度購入するには同等またはそれ以上の費用がかかることが多いです。

ブランドアイテムは時とともにその価値が変動することがあります。特定のモデルが市場で再評価される場合、手放したことで得られるはずだった利益を逃すことになるかもしれません。

ブランドバッグはしばしば特別なイベントや記念日の贈り物として購入されるため、個人的な思い出や感情も込められているでしょう。

断捨離前にそのバッグの現在の市場価値と将来的な価値の予測を調査することが重要です。専門の鑑定士やオンラインのオークションサイトを利用して情報を集めましょう。

スペースの問題で断捨離を考えているなら、バッグを保管する新たな方法を模索するのも一つの手です。たとえば、壁掛け式の保管や、押し入れの整理をしてスペースを作ることも考えられます。

ベッド

断捨離においてベッドを手放したことで後悔するケースは意外と多いです。ッドは睡眠の質に直接関係しており、不適切な代替品に変更した場合、睡眠の質が低下し、日中のパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。

ベッドの購入や断捨離は、長期的な視点で考えるべきです。短期間で交換することを前提に選ぶのではなく、長く使える品質の良いものを選ぶと良いでしょう。

食器

食器は日々の生活で使う基本的なアイテムでありながら、特別な場合や来客時にも重要な役割を果たします。普段使わない食器を手放すと、パーティーなど特定の食事の際に適切な食器がなく、不便を感じることがあります。

また食器はしばしばギフトとして受け取るものであり、記念品としての価値を持つこともあるでしょう。特別な日や人からもらった食器を手放すと、その記念品としての価値も失われるため、後悔する原因となります。

断捨離する前に、各食器がどれだけの頻度で使用されているか、どのような用途で必要かを考えることが重要です。完全に不要かどうかを判断するのではなく、将来的に使用する可能性があるかどうかを検討しましょう。

アニメグッズ・フィギュア

アニメグッズやフィギュアは、ファンにとって特定のアニメやキャラクターとの強い結びつきを象徴しています。手放すことで、ファンとしてのアイデンティティや愛着を感じるものを失うことになり、それが後悔につながります。

一度手放したアイテムが後に再び欲しくなった場合、特に限定品などは再入手が困難な場合もあるでしょう。

アイテムを手放す前に、それが自分にとってどれだけの感情的価値を持っているかをじっくりと考えることが重要です。可能であれば、一時的に保管するスペースを設けて、後悔することなく断捨離できるかどうかを見極めましょう。

珍しいまたは限定的なアイテムを断捨離する前に、再入手の可能性を考慮することが重要です。特に、感情的に重要なアイテムやコレクションの一部である場合は、再購入が不可能、困難になる可能性があることを理解しておきましょう。

CD・DVD

CDやDVDは、購入した時の思い出や、それを見たり聞いたりした特定の時期を思い起こさせるアイテムです。特にライブコンサートのDVDや特定のアーティストのアルバムなどは、ファンにとって非常に大切な意味を持ち、失うことは大きな感情的な損失となります。

断捨離を行う前に、各CDやDVDがどれだけ自分にとって価値があるかを見極めることが重要です。感情的な価値、希少性、入手困難さなど、様々な角度から評価しましょう。

思い出の品・写真

思い出の品や写真は、過去の大切な出来事や人々との関連を保持する手段です。手放すことで、それらの記憶を日常的に思い出すきっかけを失うことになります。

一度断捨離してしまうと、特に写真や個人的な手紙などは元に戻すことができません。時間が経過するにつれて、これらのアイテムの価値が増すことを実感し、手放したことを後悔することになります。

写真やビデオなどは、物理的スペースを取らないデジタル形式に変換することを検討しましょう。スペースを節約しつつ、大切な記録を保持することが可能です。

ゲーム

ゲームは単なる娯楽の手段を超えて、多くの人々にとっては思い出深い価値や特別な意味を持つアイテムです。特にレトロゲームや限定版のゲームは、時間が経つにつれてその価値が見直され、手放したことを後悔することがあります。

特にレアなゲームや限定版、初期のビデオゲームは、市場での価値が高騰することがあり、断捨離してしまうと高価で取引されているのを目の当たりにして後悔することもあります。

断捨離する前に本当に後悔しないか自分の気持ちを確かめてみてください。

人間関係

人間関係の断捨離とは、プライベートや職場での関係を意図的に見直し、自分にとって負担となるものを減らすことです。距離を置くことで一時的な解放感を得るかもしれませんが、時間が経つにつれてその人との思い出やかつての良い関係が恋しくなることがあります。

孤立感や助けを求める機会の喪失につながることもあるでしょう。人間関係を断捨離する前に、その関係の本当の価値を見極めることが重要です。過去のネガティブな出来事だけでなく、その人がこれまでに与えてきたポジティブな影響も考慮しましょう。

テレビ

テレビは単なる情報源や娯楽の手段ではなく、家庭の中心的な存在として、家族や友人とのコミュニケーションの場ともなり得ます。ニュース、天気予報、健康に関する番組などを通じて、日々の生活に必要な情報を得る手段でもあるでしょう。

テレビを手放した後に、その技術が日常生活で役立つことを実感し、後になって再購入を考えるケースは意外にも多いです。

テレビを断捨離する前に、どれだけ頻繁に使用しているか、どのような目的で使用しているかを考慮することが重要です。また、家族や共同居者との相談も行い、その影響を評価しましょう。

服は、個人のアイデンティティや大切な記憶と深く結びついています。断捨離で服を減らすことは、シンプルな生活を目指す上で有効な手段とされますが、時にはその過程で失われるものの価値を見落とすことがあります。

断捨離を行う前に、それぞれの服に込められた感情的な価値をじっくりと評価することが重要です。単なるスペース確保のために大切な記憶を手放さないように注意しましょう。

炊飯器

意外にも多いです。炊飯器は多くの家庭で日常的に使用される基本的な家電です。手放した後に、その便利さが改めて認識されることが多く、代替手段では満足できない場合があります。

断捨離する前に、その家電がどれだけ頻繁に使われているか、どのように役立っているかをしっかりと評価しましょう。炊飯器を断捨離する場合は、その代替となる調理方法があるかを事前に検討し、実際に試してみることが重要です。

ソファ

ソファはリビングルームの快適さを大きく左右する家具です。ソファは見た目だけでなく、機能的な価値も持っています。

テレビを見たり、本を読んだりする際の快適な支持体としての役割を果たすため、失うと日常生活に不便を感じるようになることもあるでしょう。ソファを断捨離する前に、その居心地の良さや機能性をしっかりと評価し、本当に手放すべきかを検討してください。

短期的なスペースの確保や見た目の整頓だけでなく、長期的にその空間をどのように使用するかを考え、断捨離の決定を下すことが望ましいです。

後悔しない断捨離の方法

後悔しない断捨離の方法は以下が挙げられます。

  • 検討の期間を決める
  • 迷ったときは捨てない
  • 思い出の品や写真は慎重に決める
  • 手に入らないものは慎重に決める
  • 今後価値が出る可能性があるか判断する
  • 捨てることを目的にしない
  • 使ったことがあるものは残す
  • 捨てる理由を明確にする
  • 少しずつ断捨離を進める

どれも簡単にできるものなので、ぜひ実践してみてください。

検討の期間を決める

断捨離を行って後悔する方の多くが、一時的な感情に基づいて物を手放すことです。物を使う頻度や実際の必要性を正確に評価するには、時間をかけてと良いでしょう。

迷う場合は、一定の検討期間を設けることで、その決断が感情に流されたものではなく、よく考えられた選択であるかを見極めることができます。

1ヶ月から3ヶ月と期間を設けて、使用頻度や感情の変化を観察してみてください。自分にとって不必要な物なのか見極めやすくなります。

迷ったときは捨てない

物には見えない感情的な価値が結びついています。普段使っていなくても、物があるだけで精神的な安定をもたらす場合もあるのです。

迷っているアイテムは一時的に「保留リスト」に入れ、アイテムを再評価するための期限を設けましょう。決断を下す際は、感情と理性の両方をバランス良く考慮することが重要です。

何よりも、そのアイテムが自分の生活にとってどれだけ意味があるかを理解することが断捨離の極意です。

思い出の品や写真は慎重に決める

思い出の品や写真は、物理的なアイテムを超えた、個人の記憶や感情が色濃く反映されたものです。アイテムが引き起こす感情や思い出を振り返り、それが今の自分にとっても価値があるかを見極めてください。

物理的なスペースを取る写真や品物については、デジタル化することで保管の方法を変えることができます。時間をかけて慎重に判断することで、後悔のリスクを最小限に抑えることができます。

手に入らないものは慎重に決める

入手困難なアイテムや、再生産されない限定品、個人的な思い出が強く残る品物などは、一度手放すと取り戻すことが難しいです。可能であれば、代替品が存在するかどうかを調査し、そのアイテムを手放すことの影響を評価してください。

特に再入手が困難なアイテムは、感情的な価値や代替不可能性を重視し、可能な限り保持する方向で考えることが望ましいです。

今後価値が出る可能性があるか判断する

ヴィンテージのデザイナーアイテムは、時代と共に価値が上がることがよくあります。また初版や署名入りの本、限定版の出版物は、時間が経つにつれて価値が増すことがあります。特に文学的、歴史的重要性が認められる書籍は、将来的に高い価値が見込まれるため、断捨離の際は慎重に評価すべきです。

他にも一部の旧型テクノロジー製品やゲーム機は、レトロな魅力や希少性からコレクターズアイテムとしての価値が出ることがあります。単に現時点での価値だけでなく、長期的な視点を持って判断し、将来的に価値が上がる可能性があるものは断捨離せずに保持しておくことも選択肢のひとつです。

捨てることを目的にしない

断捨離は、不要な物を減らすことで生活空間を整え、日常生活の質を向上させることが目的です。物を単に捨てるのではなく、どのように生活を豊かにするかを考えることが重要です。

物を減らすことによって、何を得たいのか、どのような空間を実現したいのかを明確にしましょう。例えば、趣味の時間を充実させるためのスペースを作る、家族が集まる快適なリビングを目指すなど、具体的な目的を設定します。

全てのアイテムを一律に処分するのではなく、どのアイテムが現在および将来の生活に価値をもたらすかを評価してください。

使ったことがあるものは残す

使用経験があるアイテムは、その機能性や有用性があるということです。直近で使ったことのあるアイテムは実生活で活躍するものなので、捨てずに残しておくと良いでしょう。

過去に使ったことがあるものを残すことで、後で「必要だった」と感じることが少なくなります。

捨てる理由を明確にする

断捨離は、単に物を減らすことを目的とするのではなく、なぜそのアイテムが不要であるのかを理解し、納得してから行動に移すことが大切です。明確な理由がある場合、そのアイテムを捨てる決断に自信を持つことができ、後に後悔することも少ないです。

感情に流されることなく、必要なものと不要なものを区別できるでしょう。

少しずつ断捨離を進める

多くの物を一度に処理しようとすると、圧倒されて何から手をつけていいかわからなくなることがあります。少しずつ進めることで、このストレスを避け、一つひとつ丁寧に取り組むことができます。

全てのアイテムを一度に整理するのではなく、カテゴリーごとに分けて少しずつ取り組みましょう。断捨離は一度に完了するものではありません。定期的に評価を行い、調整を加えることが重要です。

断捨離で後悔する心理とは

断捨離で後悔する心理は主に以下の3つです。

  • 現状を変えたい
  • 過去の自分を捨てたい
  • 物欲がない

それぞれみていきましょう。

現状を変えたい

新しい生活スタイルや、より整理された環境への憧れが、断捨離を推進する動機となります。現状を変えたいという強い動機がある一方で、その変化が自分にとって良い結果をもたらすかの不確かさが、後悔へとつながることがあります。

変化後の生活が期待と異なる場合、手放したアイテムが再び必要になる可能性も含め、不安が増大します。断捨離は一気に行うのではなく、少しずつ進めることで、各アイテムについてじっくり考える時間を持つことが不確かな結果や感情的な未練による後悔を最小限にけます

断捨離を行う前に、なぜ現状を変えたいのか、何を達成したいのかを明確にしておくことが重要です。

過去の自分を捨てたい

新しいライフステージや変化した生活様式に合わせて自分を変えたいと考えることもあるでしょう。過去の自分を象徴するアイテムを手放すことは、自己の一部を失うような感覚を引き起こすことがあり、強い喪失感やアイデンティティの混乱を生じさせることがあります。

感情的な価値や思い出が詰まったアイテムを急いで手放した後に、もたらしていた安心感や幸福感を思い出して後悔することもあります。アイテムを手放す前に、その感情的価値を再評価し、それが現在の自己にとってどのような意味を持つのか考えてください。

物欲がない

物欲が低い人は、物の必要性を低く評価しがちです。これが原因で、実際には日常生活で重要な役割を果たすアイテムを手放してしまうことがあります。

物を手放す前に、そのアイテムが現在および将来の生活にどれほど影響を与えるかを慎重に評価しましょう。一度に多くの物を断捨離するのではなく、少しずつ順序立てて行うことで、各アイテムの価値を時間をかけて判断できます。

断捨離で後悔するタイミング

断捨離を行う際、物を手放した後に罪悪感を感じることは一般的な反応の一つです。

断捨離で後悔するタイミングは以下の通りです。

  • ものを捨てたときに罪悪感が出る
  • 新しいものを買おうとすると悩む

順番にみていきましょう。

ものを捨てたときに罪悪感が出る

特定のアイテムが感情的な価値や思い出と結びついている場合、それを手放すことで、かけがえのない何かを失ってしまったような感覚に襲われます。高価な物品やほとんど使用していない新品に近いアイテムを手放すとき、投資に対する「無駄遣い」をしたと感じることから罪悪感が生じることもあるでしょう。

過去の自分にとっての価値と現在の自分にとっての価値が異なる場合、手放す決断がやりやすくなります。また、物を捨てる代わりに、誰かに譲る、寄付する、リサイクルするなど、アイテムが新たな価値を持つ可能性を探すことで罪悪感を和らげられます。

新しいものを買おうとすると悩む

特定の趣味に関連する物品を処分した後、その趣味に再び興味を持った場合や新規購入しようと思って捨てたけれど思った以上に高額だった場合に後悔するケースが考えられます。

処分するかどうか迷うアイテムは、一定期間保留ボックスに入れて、実用性がないか確認してから捨てる判断を行うと後悔することが少なくなるのでおすすめです。

断捨離を短時間で終わらせる方法

断捨離は、不要なものを区別するだけでなく、処分するまでがゴールです。ここでは、断捨離したアイテムを短時間で手放せる方法に関してまとめていきます。

  • 不用品回収業者へ依頼する
  • 買取業者に依頼する

順番にみていきましょう。

不用品回収業者へ依頼する

特に時間が限られている中で多くの不用品を処理する必要があるとき、不用品回収業者への依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者は家具や家電などあらゆる不用品の回収を行っており、依頼すれば即日中に現場へ赴き、運び出しや分別、処分まで請け負います。依頼した場合のおおまかな流れは以下の通りです。

  1. ネットや電話で不用品回収業者に問い合わせ
  2. 料金見積もりを行う
  3. 納得したら、引き取りの日時や場所を指定する
  4. 当日、業者がゴミの運び出しと処分を行う

料金は、不用品の大きさや量によって決まります。不用品が多い場合にはトラックに詰められるだけ回収してもらえる「詰め放題プラン」などもあります。

不透明な料金体系や不法投棄を行う業者も存在するため、事前に業者の評判や口コミ、公式な資格を持っているかどうかを確認することが大切です。

不用品回収業者「片付け侍」は明瞭会計で、事前に料金を明示し、追加費用はかかりません。

買取業者に依頼する

買取業者に依頼すれば、不要な物を速やかに手放しつつ、場合によっては金銭的なリターンも期待できるため、特に価値ある品を多く持つ人に適しています。

現金化することもできるので断捨離のモチベーションにもなるでしょう。取引の流れは以下の通りです。

  1. リサイクルショップの買取条件を確認する
  2. 店に連絡し、買取申込みと査定の予約
  3. 査定員が商品の査定を行う
  4. 査定価格の提示
  5. 査定価格に合意すれば、料金引渡し

買取条件に反する場合や状態が悪い場合には買取不可となり、手元に戻ってくる場合もあります。宅配買取で返送される場合には、着払いで戻ってくることが多いので注意しましょう。

断捨離の不用品回収は片付け侍へ

本記事では、断捨離で後悔したもの14選や後悔しない断捨離の方法、断捨離で後悔する心理やタイミングなどについて解説してきました。

断捨離は、衝動的に行わず、現在や未来の生活において価値があるものなのかじっくり考えることが大切です。一気に行うと後に後悔することもあるので、カテゴリーごとにゆっくり行うのがおすすめです。

断捨離したものを捨てる方法はいくつかありますが、捨てるものが大量にある場合や、家具や家電など自分では運び出しにくい大型の不用品がある場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。依頼すれば、

業者が運び出しから分別、処分まで全て請け負ってくれるので、手間や時間をかけずに処分可能です。

「片付け侍」は365日全国に対応しており、お客様満足度96.3%の不用品回収業者です。見積もり無料、追加料金もかかりません。

不用品1点から回収しており、状態の良いものは買取可能なので、お得に処分可能です。作業前に契約額や追加費用が発生しない旨を記載した契約書を用意しているので安心です。

現在WEB割を実施しており「WEB割を見た」と報告すると積み放題プランの全メニューが10%OFFになります。 無料見積もりも行っているので、まずは相談から行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK