書類処分で水につける方法はあり?シュレッダー代わりで費用もかからないお得な方法!

No Image

「シュレッダーが家にない場合の書類の処分方法に関して知りたい」

「水につけて書類を処分する方法のメリットは何?」

「書類処分で水につける方法の手順に関して知りたい」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・シュレッダー代わりに水につける処分方法のメリット
・水につけて書類を処分する手順
・水につける方法やシュレッダー以外の書類の処分方法

これら全てがわかります。ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

書類処分は情報流出に注意

書類処分は、個人情報、顧客データ、企業の財務情報、契約関連の情報など機密情報が含まれているものも多いです。

氏名、住所、電話番号、メールアドレス、金融情報などが悪用されることで、クレジットカード詐欺や情報保護に関する法律違反により、高額な罰金や訴訟を招くこともあります。

書類処理は、ただ単に不要になった紙を捨てるという行為以上のものです。情報の安全を確保し、法的責任を避けるためには、計画的かつ責任を持って行う必要があります。

シュレッダー代わりに水につける処分方法のメリット

書類処分の方法として一般的なのはシュレッダーを使用することですが、最近では水につけるという方法も注目されています。シュレッダー代わりに水につける処分方法のメリットは以下の3つです。

  • 文字が見えないようになる
  • シュレッダーがなくてもできる
  • 処分費用がかからない

順番に説明していきます。

文字が見えないようになる

水につけるだけで、インクが水に溶け出して文字が滲み読めなくなる効果があります。特に、インクジェットプリンタで印刷された文書に効果的であり、水に紙を浸すことでインクが流れ、元の文字が判別不可能になります。

複雑な操作を必要とせず、書類を水に浸すだけで処理が可能です。紙が水を吸収すると膨張し、元の形状が変わり、形状が変わることもありますが、紙の質にも左右されます。

シュレッダーがなくてもできる

シュレッダーの購入には初期投資が必要ですが、水につける方法では特別な機械を必要としません。定期的なメンテナンスや修理のコストも発生しないため、長期的に見て経済的です。

文書を水に浸すだけで、インクが滲み出して文字が不鮮明になるので手軽にできるのもメリットと言えるでしょう。

処分費用がかからない

シュレッダーの購入やメンテナンス、さらには専門の処分サービスの利用には費用がかかりますが、水につけて書類を処分する方法は費用がかかりません。また、シュレッダーの運用には電力が必要ですが、水につける方法は電力を消費しません。

水につける書類処分方法は、シュレッダーがなくても実施可能であり、特に設備投資や運用コストを抑えたい個人や小規模事業者にとって有効な選択肢です。

安全かつ環境に優しく、何より情報保護の必要がある書類の処分において、今後も広く利用されるでしょう。

水につけて書類を処分する手順

水につけて書類を処分する手順は、以下の6ステップです。

  1. 桶やバケツを用意
  2. 書類を切る
  3. 水に浸す
  4. 更に細かくする
  5. 水切りをする
  6. 可燃ゴミで捨てる

順番に見ていきましょう。

桶やバケツを用意

まずは、処分する書類の量に応じて、十分な大きさの桶やバケツを選びましょう。一般的に、家庭用の10リットルから20リットルのバケツが使われることが多いです。

容器に水を適量入れておきます。水量は、書類が完全に浸る量であることが望ましいです。水温は常温が基本ですが、インクの種類によっては温水を使うことで処理効率が向上することがあります。

書類を切る

書類を切ることは、水につける処分方法の効果を高める手順です。書類を適当な大きさに折り、ハサミまたはカッターナイフで細かく切り分けます。

縦横に数回切ることで、文字が断片化され、情報が判読しにくくなります。この段階では大雑把で良いので、なるべく小さく乱雑に切り分けるようにしましょう。

書類を切るのは少し手間を要しますが、企業や個人が情報保護を確実に行いたい場合には手順を抜かずに行うのがおすすめです。

水に浸す

水に浸す処理は、書類に含まれるインクが水に溶け出し、文字が不鮮明にするための工程です。特に水性インクの場合、水との接触でインクが紙から分離しやすく、情報が読み取りにくくなります。

書類をバケツや容器に入れ、完全に水に浸すようにします。重なり合わないように、書類を少しバラすと効果的です。書類を24時間以上水に浸すことが一般的ですが、書類の量や紙質によって時間を調整しましょう。

更に細かくする

水に浸された書類を細かくすることで、元の情報が読み取りにくくなります。細かくした書類は、水との接触面積が増え、水によるインクの流出や紙の分解が早まります。

切る際は、文字情報が分散するように異なる角度から切ることが有効です。

水切りをする

水に浸した書類から水分を切ることで、紙からインクがさらに分離し、情報が読み取りづらくなります。バケツや大きな容器を使用している場合は、書類を優しく持ち上げて容器の端で軽く振って水を落としましょう。

大量の書類には、水抜き用のネットや布を使用して、書類を包んでから軽く絞ります。

可燃ゴミで捨てる

水切りした書類は、文字を解読することが不可能な状態になっているので、「可燃ゴミ」として自治体処分できます。

心配な場合には、黒などの色付きのビニール袋に入れて処分すると良いでしょう。

洗濯機で水つけて処分する手順

洗濯機で水つけて処分する手順は、以下の5ステップです。

  1. 書類を切る
  2. 洗濯ネットやストッキングに入れ時間を置く
  3. ふやけた紙を手でもみ込む
  4. 洗濯機を回して脱水する
  5. 可燃ゴミで捨てる

それぞれみていきましょう。

書類を切る

洗濯機を使用して書類を水につけて処分する手順は、特に大量の書類を効率良く安全に処分するための優れた方法です。

洗濯機で水につける方法も書類を細かく切ることで、元の情報が読み取りにくくなり、プライバシー保護が強化されます。書類を数回折りたたんでから、ハサミやカッターナイフでできるだけ細かく切ると効率的です。

洗濯ネットやストッキングに入れ時間を置く

書類を洗濯ネットやストッキングに入れる目的は、細かく切った書類が洗濯機内で散乱するのを防ぐためです。ネットに入れることで、洗濯機内での紙の散乱を防ぎます。

ネットやストッキングは中身が漏れ出さないように、必ずチャックや入口を結んでおきましょう。冷水を使用して、穏やかなサイクルで書類を洗います。洗剤の使用は避け、純粋に水のみで処理を行います。

ふやけた紙を手でもみ込む

手でもみ込むことで、紙の繊維がさらに細かく分解され、書かれていた情報が完全に不鮮明になります。

紙を小さな塊にするように力を入れ、紙の繊維が完全にほぐれるまで処理します。

洗濯機を回して脱水する

水によってインクが薄れ、脱水によってさらにインクが流出し、書類上の情報が読めなくなります。

洗濯機を使用して書類を脱水する方法は、大量の機密書類を効率的に安全に処分するのに非常に効果的です。

可燃ゴミで捨てる

脱水を終えた紙は袋にまとめて可燃ゴミとして処分しましょう。心配な場合には、黒などの色付きのビニール袋に入れて処分すると安心です。

バラバラになった紙を袋にまとめて収集場所に持っていけば、処分完了です。

水につける・シュレッダー以外の書類処分方法

水につける方法やシュレッダー以外の書類処分方法はあります。

  • 個人情報保護ノリやパンチを使う
  • シュレッダーができるハサミ
  • 油性ペンなどで黒塗りにする
  • ガムテープを何重にも巻き付ける
  • 書類溶解サービスを利用する
  • 不用品回収業者に依頼する

それぞれの特徴に関して説明していきます。

個人情報保護ノリやパンチを使う

シュレッダーや水につける方法以外にも、個人情報保護ノリやパンチを使用する方法があります。

個人情報保護ノリは、個人情報が記載されている部分に直接塗布し、情報を覆う方法です。
特殊な成分が含まれており、塗布後は情報が完全に読み取り不能になります。簡単に使用でき、即効性があります。

パンチは、書類に穴を開けることで、重要な情報部分を物理的に除去し、複数の穴を開けることで、情報の復元できなくさせます。電源を必要としないため、どこでも使用可能です。

シュレッダーができるハサミ

シュレッダーができるハサミは、複数の連動した刃があり、一般的なハサミのように2つの刃が交差するだけでなく、紙を細かく切り裂くことができます。電源や大型の設備を必要とせず、手動で操作するのが特徴です。

初期投資が少なく、高価なシュレッダー機を購入する必要がありません。家庭での個人情報が含まれる郵便物や書類の即時処分に役立ちます。

油性ペンなどで黒塗りにする

油性ペンのインクは、高いカバー力を持ち、塗布された部分の下の文字を隠します。手軽に入手可能な油性ペン一本で処理が可能です。

インクが乾燥後には水に強く、普通の方法では消去が困難です。処理後の書類が第三者によって読み取られるリスクを完全には排除できないため、使用する際はその限界を理解し、必要に応じて他の方法と組み合わせることが望ましいです。

ガムテープを何重にも巻き付ける

高い粘着性と厚みのあるガムテープは、、書類が確実に封じ込められ、容易には剥がれないようにします。ガムテープを使って書類を処分する際には、書類を完全に覆うように、ガムテープを縦横無尽に何層にも重ねて巻き付けてください。

デメリットは、書類の量が多い場合、ガムテープだけでは完全な安全性が保証されないことです。またガムテープを剥がす際に書類が破損する可能性があるため、情報の再利用が必要な場合は適用を避けるべきです。

書類溶解サービスを利用する

書類溶解サービスは、専門の業者が書類を溶解して処理するもので、書類は専門の施設で完全に溶解され、情報が読み取れなくなります。業者は機密保持のための厳格なセキュリティ対策を実施しており、情報漏洩のリスクを最小限に抑えられます。

大量の書類を安全に処分することができ、環境にも優しい点が特徴です。特に企業や医療機関など、大量の機密情報を扱う組織にとって、書類溶解サービスはおすすめです。

不用品回収業者に依頼する

水につけるやシュレッダーを使う以外にも、不用品回収業者に依頼するという方法があります。不用品回収業者は、書類以外に家具や家電などのあらゆる不用品を回収しており、依頼すれば運ぼ出しから、分別、処分まで承ります。

特に大量の書類や機密情報を含む書類を安全に処分したい方や書類以外の不用品がある場合に有効です。書類が適切に処分されるまでの全過程を管理するため、情報漏洩のリスクを最小限に抑えます。

信頼できる業者を選び、適切な手順を踏むことで、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることができます。

片付け侍」は、お客様満足度96.3%、プライバシー遵守の不用品回収業者です。

書類の処分費用比較

以下に、各書類処分方法の費用、メリット、デメリットをまとめました。

書類処分方法費用メリットデメリット
シュレッダーを使う(ハサミ型)300円~2,000円手軽に情報を細かく裁断可能大量処分には時間がかかる
シュレッダーを使う(機械型)10,000円~30,000円大量の書類を効率的に処分可能、情報の復元が困難初期費用が高く、メンテナンスが必要
個人情報保護スタンプを使う500円~3,000円特定の情報を効率的に隠蔽可能大量処分には時間がかかる
油性ペンで塗りつぶす100円~300円低コストで手軽に使用でき、選択的に情報を隠せる大量処分には時間がかかり、完全な情報隠蔽が難しい
ガムテープで固める100円~500円安価で手軽に使用可能、物理的に書類を封じ込める大量処分には手間がかかり、情報保護に限界がある
書類溶解サービスを利用する1箱1,000円~3,000円大量の書類を一度に処分可能、高い機密性継続利用にはコストがかかる
不用品回収業者に依頼する5,000円~(量やサービス内容で変動)大量の書類をまとめて処分可能、業者がすべてを処理費用が高く、信頼できる業者選びが必要

この表を参考に、各方法の特性を把握し、自分のニーズに最も適した書類処分方法を選んでください。

書類の処分は片付け侍へ

本記事では、シュレッダー代わりに水につける処分方法のメリットや水につけて書類を処分する手順、水につける方法やシュレッダー以外の書類の処分方法などについて解説してきました。

大量の書類を安全に処分したい場合や書類以外に家具や家電など大型の不用品を処分したい場合には不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者に依頼すれば、即日中に自宅に赴き、運び出しや分別、処分まで全て責任を持って行います。処分を急いでいる場合にも有効でしょう。

不用品回収業者「片付け侍」は、365日全国に対応しており、見積もり無料、追加料金もかかりません

不用品1点から回収しており、状態の良いものは買取可能なので、お得に処分可能です。作業前に契約額や追加費用が発生しない旨を記載した契約書を用意しているので安心です。

現在WEB割を実施しており「WEB割を見た」と報告すると積み放題プランの全メニューが10%OFFになります。 無料見積もりを行っており、キャンセルも無料なので、まずは相談から行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK