ゴミ屋敷からの引っ越し完全ガイド!流れ・費用・注意点まで全て解説!

ゴミ屋敷から引越しを考えるとき、まずどうすればよいか気になる人も多いでしょう。費用はどうなるのか、そのまま引越し業者に依頼してもよいのか、ゴミの片付けはどうすればよいのかなど…

実はゴミ屋敷である場合、直接引越し業者に依頼しない方が良いことが多いです。その理由やゴミ屋敷からの引越し方法など、この記事でまとめました。

この記事でわかること
・ゴミ屋敷からの引越し方
・引っ越す際の流れ
・引っ越す時の注意点
・引越しの費用相場
・片付けの費用相場

この記事を読めば、ゴミ屋敷からの引越し方法や片付けの費用相場などがわかるはず。業者への見積もり時の注意点などもまとめていますので、最後までチェックしてください

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ゴミ屋敷からの引っ越しは業者に断られる

結論からいえば、ゴミ屋敷からの引越しの場合では引越し業者に断れるでしょう。なぜなら、引越しの前に片付けが必要なことが多いから。

引越し業者のなかにはお皿や服などを梱包して運び出してくれるサービスをしている業者もあります。しかしこれはあくまで必要品であり、ゴミの片付けまではしていません。

また、ゴミの中で引越し作業をする場合には作業が滞り、最悪怪我をする可能性もあるでしょう。特に大手業者の場合、1日で何件も作業をする必要があります。

もし1件でもゴミ屋敷で作業に時間がかかるところがあれば、次の場所に遅れる可能性が高まります。このような理由から引越し業者はゴミ屋敷からの引越しを断る傾向にあります。

不用品回収も行う引っ越し業者も不可

不用品回収も行う引越し業者もありますが、そのような引越し業者でも断られるでしょう。なぜなら、引越し業者による不用品回収は家具や家電であり、燃えるゴミや燃えないゴミは対象外だからです。

もしかしたら不用品回収も行う引越し業者なら受けてもらえるかも…と考える人もいるでしょう。しかし、上記のような理由から引越し業者では受けてもらえないことが多いでしょう。

片付けと引っ越しは別々の業者に依頼する

もしゴミ屋敷から引っ越すときに業者に依頼して引っ越したいのであれば、片付けと引越しを別々の業者に依頼しましょう。家が片付いた状態であれば、引越し業者も受け付けてくれるためです。

まずは片付け業者に依頼して、ゴミ屋敷を片付けてから引越し業者に依頼してみてください。この流れであれば引越し業者としても時間もかからないため、引き受けてくれるでしょう。

お金はかかりますが、確実な方法です

ゴミ屋敷片付け業者が引っ越しもしてくれる場合もある

ゴミ屋敷片付け業者のなかには、片付けた後に引越しまでしてくれる業者もあります。その業者を利用すれば、ゴミの処分から清掃・引越しまですべて請け負ってもらえます

可能なサービスは以下のとおり。

  • ゴミ屋敷の片付け
  • 片付け後の清掃
  • 大型家具の配送
  • 引越し作業
  • 床材や壁紙のリフォーム
  • 遺品の供養

このように、1つの業者で多くのサービスを受けられます。手間が少なく済むため、楽です。

ゴミ屋敷から引っ越す流れ

ゴミ屋敷の場合、引越し業者に依頼しても引っ越せないことは理解していただけたでしょうか。では具体的にどうすれば引っ越せるのか気になる人もいるでしょう。

そこでここからは、ゴミ屋敷から引っ越す流れについてまとめました。

  1. ゴミ屋敷片付け・清掃をする
  2. 片付け・害虫駆除を行う
  3. 不用品・ゴミを処分する
  4. 引っ越し業者に依頼する
  5. 引っ越し作業を行う

この手順であれば引越し業者にも依頼可能。詳しくみていきましょう。

ゴミ屋敷片付け・清掃をする

ゴミ屋敷の場合、まず第一にゴミ屋敷片付け・清掃を依頼することが重要です。なぜなら家が片付いていないと、引越し作業に進めないから。

まずは簡単なところから片付けを進めていき、徐々に広い部屋を片付けていくことをおすすめします。特に玄関や勝手口の片付けが1番重要です。

理由としてはゴミの搬出に手間取ってしまう可能性があるから。作業しやすいように、ゴミの搬出口の確保を最初に考えてください。

その後徐々にゴミを片付けていきましょう。なお、ゴミの片付けと並行して清掃も進めていけば作業も効率的です。

場合によっては業者への依頼も検討してください

片付け・害虫駆除を行う

ゴミの片付け・清掃が済んだら実際に家具などの片付けや害虫駆除をしましょう。引越しの時には服やお皿などの小物は梱包しておかないといけません。

その時に害虫駆除をしておかないと、新居に害虫がくっついていく可能性があります。特に服などには外注がついている可能性があるので、しっかり駆除しながら片付けをしてください。

引越し業者のなかには梱包をしてくれるサービスもありますが、お金がかかります。そのため、自分で梱包・片付けをした方が安価です。

不用品・ゴミを処分する

片付けや害虫の駆除が終了したら、次に不用品・ゴミの処分に取り掛かります。その際にはゴミ出しの日を確認し、計画的に処分していくと効率が良いでしょう。

具体的には、片付けを始める段階でゴミの日を確認しておいてください。確認したゴミの日から逆算して片付けを開始すると、スムーズに不用品・ゴミを処分できるのでおすすめです。

なお、粗大ゴミや資源ゴミなど各自治体によって捨て方が違うゴミもあります。そのため、自治体の指示に従うように気をつけてください。

引っ越し業者に依頼する

不用品・ゴミの処分も完了したら、いよいよ引越し業者への依頼を検討しましょう。片付けが終わった後であれば、多くの業者が依頼を受けてくれるはずです。

注意点として、引越し業者へ依頼するときには3社以上の見積もりを取ることをおすすめします。相場がわかるうえ、他社の見積もりが値段交渉の材料となるでしょう。

また、繁忙期であれば引越し料がかなり高額になる恐れがあります。3月~4月、9月~10月が繁忙期となり、特に学生の移動も多い3月~4月は要注意です。

繁忙期と閑散期で大きく値段が違うので安く済ませたい場合は閑散期に依頼しましょう

引っ越し作業を行う

引越し業社へ依頼したら、引越し作業を行います。引越しの日取りの前に、自分で梱包を済ませておきましょう。

梱包まで業者がしてくれるサービスもありますが、その場合には別途料金がかかります。そのため、可能な範囲で自分で作業することがおすすめです。

また、引越しした後の片付けも重要。すぐに片付けるようにしないと、またゴミ屋敷になる可能性もあるのですぐに片付けるようにしましょう。

ゴミ屋敷片付け業者の引っ越しサービス

ゴミ屋敷からの引越し作業について大まかな流れはわかっていただけたでしょうか。とはいえ、自分で片付けるのはなかなか骨が折れると思う人も多いでしょう。

しかし、ゴミ屋敷片付け業者のなかには引越しサービスまでしてくれる業者があることは上述したとおり。

ここからは、ゴミ屋敷片付け業者の引っ越しサービスについて解説します。そのサービスは以下のとおりです。

  • ゴミ屋敷の片付け
  • ゴミ・不用品の処分
  • 不用品の買取(業者による)
  • ハウスクリーニング
  • 引っ越し

それぞれ詳しく解説するので、しっかりチェックしてください。

ゴミ屋敷の片付け

1番の仕事はゴミ屋敷の片付けです。ゴミ屋敷の片付け業がメインとなっている企業であるため、もっとも得意とするところでしょう。

対応可能なものはゴミ屋敷だけでなく、お部屋まで対応可能。広さ・大きさによって動員される人数が変わるのですが、どのような大きさの家・部屋でも対応可能です。

場所が悪いところでも対応してくれる業者も多いため、まずは問い合わせてみましょう。

ゴミ・不用品の処分

ゴミ屋敷の掃除で出てきたゴミや不用品もすべて処分してくれます。その場合にゴミの日に関係なく持ち帰ってくれて処分してもらえるので、いつでも処分を依頼できます。

この際に注意したいのが一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているかどうか。この許可を得ている業者は適切なプロセスでゴミ・不用品を処分してくれます。

現在問題となっているのが無許可業者によるゴミの不法投棄。この不法投棄では業者が罰せられることはもちろん、最悪依頼主まで罰せられる可能性があります。

そのため、ゴミの処分を依頼するときには、一般廃棄物収集運搬業の許可を得ている業者を選びましょう。

多くの業者はホームページに記載してあります

不用品の買取(業者による)

業者のなかには、不用品の魚分だけでなく買取までしてくれる業者もあります。その場合、本来かかるはずだった金額よりもお得に処分できるためできるだけ買取できる業者を選びましょう。

特に買い取ってもらえるものとしてはこちらのようなものがあります。

  • 未使用の靴・カバンなど
  • まだ使える家電(5年以内のもの)
  • キレイな家具
  • ブランド品

こういったものは買い取ってもらえる可能性が高いです。例えば箱に入ったままの靴やカバンがあれば、買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

ハウスクリーニング

ゴミを片付けた後でも水回りや床の汚れが目立つ場合があります。そのような汚れも、ゴミ屋敷片付け業社はハウスクリーニングでキレイにしてくれるでしょう。

また、場合によってはリフォームしてくれる場合も。もちろん大掛かりなものではなく床板や畳の交換、壁紙の交換程度に留まりますが、それでもキレイにしてくれます。

そのため、汚れが目立つ場合にはハウスクリーニングまで依頼することがおすすめ。特に片付けた後まで済む予定があるのであれば、キレイな方が気持ちよく住めます。

引っ越し

最後に、片付けた後に住む予定がないのであれば引越しまでしてくれます。料金は量と配送先までの運賃、人件費によって決定される点は大手引越し業社と大きな差はありません。

しかし、違う点として挙げられるのは梱包作業。場合によっては片付けの一環として、梱包を無料でしてくれる可能性があります。

そのため、片付け業社と引越し業社の2つに依頼するよりも安く済む可能性も。依頼する手間も少なく済むので、引越しまで考えているのであれば片付けと引越しをしてくれる業者への依頼がおすすめです。

ゴミ屋敷引っ越しの費用相場

ゴミ屋敷の片付けや引越しをしてくれる業者のことはわかっていただけたでしょうか。ここまで読んでいると、どのくらいのお金がかかるのか気になる人が多いと思います。

そこで、この項からは業者へ依頼する際にかかる費用について解説していきます。まず解説するのはこの2つ。

  • ゴミ屋敷片付けの費用相場
  • 引っ越しの費用相場

お金の問題はゴミ屋敷からの引っ越しにおいて深刻な問題。ここから書いてある情報をしっかり読んで、参考にしてください。

ゴミ屋敷片付けの費用相場

ゴミ屋敷の料金は、人件費・トラックの運搬料・ゴミの処分料によって変動します。そのため、どの程度の費用がかかるかはゴミの量によって青天井ともいえます。

ここではゴミ屋敷を片付ける時の最低料金をまとめました。ゴミ屋敷の費用相場については以下の表を参照してください。

部屋の間取り費用相場
1K・1R3万5,000円~
1DK5万5,000円~
1LDK8万円~
2K10万円~
2LDK14万円~
3K16万円~
3LDK18万円~
4K20万円~
4LDK22万円~

ゴミの量が増えればもちろんもっと費用が高くなります。そのため、費用相場はあまり当てにならないともいわれていて、見積もりを取ることが重要です。

もし見積もりを取るのであれば、3社以上から見積もりを取るようにしましょう。3社以上取ることで他者との値段交渉に有利に働き、また相場もわかりやすいためです。

どうしても高額になる可能性があるので、損しないようにしっかりと見積もりを取りましょう。

引っ越しの費用相場

引越しの場合、費用は引越し先への距離と荷物の量、時期によって変動します。特に繁忙期であればかなり高額になる可能性があるので、注意しましょう。

その費用については以下にまとめましたのでご確認ください。

繁忙期の料金相場単身者家族
~15km未満40,000円〜60,000円80,000円〜150,000円
15km~50km程度40,000円〜70,000円90,000円〜190,000円
50km~200km程度50,000円〜90,000円120,000円〜250,000円
200km~500km程度60,000円~100,000円160,000円〜320,000円
500km以上の遠距離75,000円以上220,000円〜400,000円
繁忙期以外の料金相場単身者家族
~15km未満35,000円〜50,000円70,000円〜145,000円
15km~50km程度40,000円〜55,000円75,000円〜160,000円
50km~200km程度50,000円〜70,000円120,000円〜195,000円
200km~500km程度60,000円~85,000円160,000円〜230,000円
500km以上の遠距離70,000円以上220,000円〜350,000円

表を比較すればわかるとおり、繁忙期であればかなり高くなることがわかるかと思います。また、これはあくまで目安であり荷物が増えればもっと高くなるため参考までに留めておいてください。

ゴミ屋敷引っ越しにかかる費用内訳

ゴミ屋敷の引越しにかかる費用相場は確認していただけたでしょうか。実際、何にそのようなお金がかかるか気になる人もいるでしょう。

そこで、ここからはその費用の内訳をさらに細かく説明したいと思います。

  • ゴミ屋敷片付け業者の費用
  • 引っ越し業者の費用
  • 退去時のクリーニング・現状回復費用

それぞれ確認してみましょう。

ゴミ屋敷片付け業者の費用

ゴミ屋敷片付け業者の費用の内訳は人件費とトラックの使用料金となります。人件費は部屋の大きさによって、トラックの大きさはゴミの量によって決定されることが多いです。

特に部屋が広く多くなるほど人件費も高くなりがちです。人件費やトラックにかかる費用相場は以下のとおり。

部屋の間取り人数費用相場
1K・1R2人3万5,000円~
1DK2人5万5,000円~
1LDK3人8万円~
2K3人10万円~
2LDK4人14万円~
3K4人16万円~
3LDK4人18万円~
4K5人20万円~
4LDK5人22万円~
トラックの大きさ運べるゴミの目安費用相場
軽トラック段ボール箱25個程度1台3〜4万程度
2tトラック段ボール箱100個程度1台5〜8万程度
4tトラック段ボール箱200個程度1台20〜30万程度

こちらもゴミの量次第でもっと高くなる可能性があります。あくまで参考にしてみてください。

引っ越し業者の費用

引越し業社の費用内訳は以下のとおり。

基本運賃国土交通省が定めている「標準引越運送約款」を基準にしたもの。引越し業社によって大きく変わることは基本なし。
実費引越し作業にかかる経費。人件費やガソリン代、高速道路代など
付帯サービスエアコンの取り外しや梱包作業費といった引越し作業以外に関わるオプションサービスの費用

このように算定されます。特に差が出るのは実費の部分で、こちらは各業者による差が大きく反映される項目です。

この基本運賃・実費・付帯サービスの合計金額相場が上述した金額になると考えてください。

退去時のクリーニング・現状回復費用

家が賃貸の場合、退去時のクリーニング・現状回復費用は基本的に借主が負担になることが多いです。多くは壁紙の変更や部屋のクリーニング費用になります。

一般的に1,000円/m²~1,200円/m²といわれていますが、状態によってはまだ増える可能性があるので注意が必要です。

20m²のワンルームなら約20,000円程度ですが、70m²の3LDKでは約70,000円までかかります。ほとんどの場合部屋の数でなく、広さで決定されるの注意してください。

ゴミ屋敷を引っ越しするときの注意点

ここまでゴミ屋敷から引っ越す際の業者に関わる話をさせていただきました。ここからは、実際にゴミ屋敷から引っ越す際の注意点について4点お伝えします。

  • 近隣住民に事前に作業を伝える
  • 複数業者に見積もりを取る
  • 提示された見積りに追加料金がないか確認する
  • 片付け・清掃を完全に済ませてから引っ込し

近所トラブルやお金に関わる大切な話なので、必ず確認してください。

近隣住民に事前に作業を伝える

実際に業者に作業をしてもらう場合、近隣住民に事前に作業があることを伝えておきましょう。特に大型家具などを搬出する作業やトラックの移動などで近隣住民に迷惑がかかる可能性があるからです。

例えばトラックが家の前に泊まっている場合、近隣住民の車の通り抜けが難しくなるかもしれません。また、搬出やクリーニングで出る音で騒音トラブルになることも考えられます。

もし事前にこういった可能性を伝えることができれば、近隣住民のストレスも軽減されるでしょう。そのため、可能な範囲で事前に伝えておくことをおすすめします。

複数業者に見積もりを取る

業者へ依頼する場合、必ず複数業社に見積もりを取るようにしましょう。業者によって金額に差が出る可能性があり、場合によっては高額の金額を支払う可能性があるためです。

例えばA社とB社を比較した際、A社の方が多くの依頼があったとします。その場合、人件費の関係でB社よりもA社の方が高くなるでしょう。

これはA社とB社両方の見積もりがあればわかることですが、A社のみで見積もりを取っていた場合には損をすることになります。また、他社の見積もり結果によって値引き交渉ができる可能性も。

このような理由から、3社以上の業者から見積もりを取ることがおすすめです。

提示された見積りに追加料金がないか確認する

見積もりを取った際には、提示された見積りに追加料金がないか確認するようにしてください。見積もりが安くても、追加料金で高額の請求をされる可能性もあります。

業者のなかには見積もりを安く提示し、後から高額請求をする悪質な業者も。後からトラブルになる事例も過去にあるため、必ず事前に追加料金がないことを確認しておきましょう。

もちろん見積もりになかったゴミを処分してもらった場合には話が別です。追加で作業してもらった場合には追加料金が発生するので注意してください。

片付け・清掃を完全に済ませてから引越し

引越しする前に、片付け・清掃を完全に済ませてから引っ越すようにしましょう。細かい掃除を後回しにすると、面倒で放置につながる可能性があります。

特にゴミ屋敷の場合、害虫や害獣の温床になっている可能性もあるでしょう。そのような状態を放置して引っ越してしまうと、近隣住民へ迷惑になります。

そのため、完全に片付け・清掃を済ませてから引っ越すように気をつけてください。

ゴミ屋敷からの引っ越しは片付け侍へ相談を

ここまで、ゴミ屋敷から引っ越すための方法を解説してきました。ポイントは以下のとおり。

  • 引越し業社はゴミ屋敷からの引越しを断ることが多い
  • ゴミ屋敷を片付けてからなら引越し業社への依頼も可能
  • ゴミ屋敷の清掃と引越しを同時にしてくれる業者もある

このように、引越し業社を利用してゴミ屋敷買っら引っ越すときにはまずゴミ屋敷を片付けないといけません。ゴミ屋敷からの引っ越しには時間がかかりすぎるため、断られることが多いためです。

そのため、ゴミ屋敷から引っ越す場合にはまず片付け業社へ依頼してゴミ屋敷を片付けてからにしましょう。このとき、ゴミ屋敷を片付けたいならぜひ不用品回収の片付け侍へお任せください。

片付け侍を利用するメリットはこれだけあります。

  • 365日対応可能
  • 無料で見積もり可能でキャンセルも無料
  • 追加料金なし
  • 1点から回収可能
  • 人気の商品なら買取の実績もあり
  • 最短30分対応で他社でできない時間指定ができる

特に、キャンセル料や見積もりでの料金がかからない点が魅力的。トラブルになることが多い追加料金も一切かかりません。

また、買取実績も豊富にあるのでゴミ屋敷の清掃でお小遣い稼ぎができる可能性も。少しでもお金に不安がある人は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

hukudaさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK