スピーカーの捨て方8選!処分か買取か?賢く簡単に処分する方法とは?

「スピーカーをどうやって捨てるべき?」「スピーカーを売ることはできるの?」などと悩んでいませんか?

スピーカーの処分方法は、自治体のルールやスピーカーの状態によって異なります。また、まだ使えるスピーカーなら、買取を利用して新しい価値を見出すことも可能です。

本記事では、スピーカーを捨てる際の様々な方法や、買取に出す際のポイントを詳しく解説します。不燃ゴミとして捨てる方法から、専門の買取業者を利用する方法まで、幅広い選択肢を提供します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

スピーカーは処分か買取かを決めよう

スピーカーの処分を考える際、まだ機能しているか、見た目が古くなっただけでなく実際に壊れてしまっているかの判断が重要です。機能しているスピーカーであれば、買取を検討する価値があります。

一方で、完全に機能しないスピーカーは状態やブランド、市場での需要などによって左右され、処分を考える必要があります。また、スピーカーのサイズや重量も処分方法を選択する上で重要な要素です。

小型のスピーカーは不燃ごみとして処分できる場合が多いですが、大型のスピーカーは粗大ごみとしての処分が必要になりますよ。

スピーカーは家電リサイクルの対象外

スピーカーは多くの場合、家電リサイクル法の対象外となります。大型家電は家電リサイクル法が適用されますが、スピーカーのような小型の電子機器は含まれないことが一般的です。

そのため、スピーカーを処分する際には自治体のルールに従って不燃ごみ、粗大ごみまたは小型家電回収ボックスを利用する必要があります。スピーカーを処分する前に、お住まいの地域のルールを確認し、適切な処分方法の選択が重要です。

また、スピーカーがまだ使用可能な場合には、リサイクルや買取の選択肢も検討する価値があります。

スピーカーは小型家電リサイクル法が適用されます。小型家電の処分方法やルールについてはこちらの記事をご覧ください。

スピーカーの捨て方8選!

スピーカーを適切に処分する方法は多岐にわたります。サイズや状態、地域の規制によって最適な方法が異なるため、選択肢を理解することが重要です。

処分方法をまとめると以下のとおりです。

  • 不燃ゴミで捨てる(小型)
  • 粗大ゴミで捨てる(大型)
  • 小型家電リサイクルボックスに入れる
  • オーディオ専門の買取業者に買取してもらう
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 不用品回収業者に回収してもらう
  • 家電量販店の回収サービスを活用する

それぞれ詳しく解説します。

不燃ゴミで捨てる(小型)

手のひらサイズの小型スピーカーは、多くの自治体で不燃ゴミとして処分が可能です。不燃ゴミでの処分は比較的簡単で手間がかからず、特別な手続きを必要としない場合が多くなります。

しかし、自治体によっては不燃ゴミの処分に関する規定が異なるため、事前に地域のルールを確認することが重要です。不燃ゴミとして処分する際は、スピーカーに含まれる電池などの取り扱いに注意し、必要に応じて分別してください。

粗大ゴミで捨てる(大型)

フロアスタンド型やブックシェルフ型など、大型のスピーカーは粗大ゴミとして処分する必要があります。粗大ゴミの処分には、事前申請や処分手数料が必要になることが一般的です。

処分するスピーカーのサイズや重量、自治体の規定によって手数料が異なるため、事前に確認しましょう。粗大ゴミとしてスピーカーを処分する際は、指定された日にきちんと出すことが重要です。

もしリサイクル可能な部品がある場合は、取り外して別途リサイクルを検討してください。

小型家電リサイクルボックスに入れる

小型のスピーカーは、小型家電リサイクル法の対象となることがあります。法律に基づき、多くの自治体や家電量販店では小型家電を回収するため、リサイクルボックスを設置しています。

小型家電のリサイクルボックスを利用すれば、スピーカーを環境に優しい方法でリサイクルできます。リサイクルボックスに入れる前に、スピーカーから電池やケーブルなどの付属品を取り外し、適切に分別することが重要です。

リサイクルボックスの設置場所や利用規定は自治体によって異なるため、事前に確認してください。

オーディオ専門の買取業者に買取してもらう

オーディオ専門の買取業者は、高品質なサービスと専門知識を提供してもらえるのが特徴です。スピーカーを含む様々なオーディオ機器の価値を正確に評価し、市場価値に基づいた適正な価格を提示します。

ブランドやモデル、市場の需要など、多くの要因を考慮して買取価格を決定します。オーディオ機器に特化した買取業者を選ぶことで、一般的なリサイクルショップや非専門の買取業者よりも高価買取の可能性が高まるでしょう。

オーディオ機器の処分方法や買取などについてはこちらの記事でもっと詳しく解説しています。

オーディオの買取屋さんに買取してもらう

オーディオの買取屋さんは、個々のオーディオ機器に対する深い理解と専門的な評価を行うことで知られています。使用状態に関わらず、幅広いオーディオ機器の買取を行っているのが特徴です。

とくに、希少価値の高いヴィンテージモデルや高級ブランドのスピーカーに対しては、高額な買取価格の提示が期待できます。オーディオの買取屋さんは顧客の利便性を考慮し、出張買取や宅配買取など、様々な買取方法を提供しています。

オーディオ高く売れるドットコムに買取してもらう

オーディオ高く売れるドットコムは、オーディオ機器の買取に特化したオンラインサービスです。迅速かつ簡単な査定と、競争力のある買取価格で知られています。

ユーザーはオンラインフォームを通じて簡単に査定を依頼でき、専門の査定員が迅速に価値を評価します。現代のオーディオ機器や人気ブランドのスピーカーに対し、高価買取を行うという点で評価が高いです。

おいくらに買取してもらう

おいくらは、オーディオ機器を含む様々な商品の買取を行うオンラインサービスです。複数の買取業者から最適な買取価格を提案する、一括査定機能を提供しています。

ユーザーは自宅から簡単に買取査定を依頼でき、最高の買取価格を提示する業者を選択できます。手軽さと高価買取の可能性を兼ね備えたサービスとして、多くのユーザーから支持を受けているサービスです。

買取王子に買取してもらう

買取王子は、オーディオ機器を含む幅広い商品の買取を行うサービスです。迅速な査定と手軽な買取プロセスで知られており、特に利便性を重視するユーザーに適しています。

買取王子は、オンラインでの簡単な査定申込みから宅配買取や出張買取など、柔軟な買取オプションがある点も特徴のひとつです。公平かつ透明性の高い評価基準により、ユーザーに安心感を提供しています。

オーディオユニオンに買取してもらう

オーディオユニオンは、高品質なオーディオ機器の買取に特化した専門店です。オーディオ愛好家やハイエンドユーザーからの買取依頼が多く、ブランドやモデル、状態に応じて高価買取が期待できます。

アンプやスピーカー、ターンテーブルなどさまざまなオーディオ機器の買取を行っており、専門知識を持ったスタッフが丁寧に査定を行います。査定から買取までの手続きが迅速かつ簡単に行えるため、オーディオ機器を手放したい方には最適な選択肢のひとつです。

ブックオフに買取してもらう

ブックオフは、書籍やCDやDVDの買取で知られるリサイクルショップですが、オーディオ機器の買取も行っています。手軽にアクセスできる店舗が全国に多数あり、気軽に買取を依頼できるのが大きな魅力です。

一般的なオーディオ機器からポータブルスピーカーまで幅広い製品の買取を受け付けており、特に一般消費者向けの製品が買取の対象です。迅速な査定と手軽な買取プロセスで、不要になったオーディオ機器を手軽に現金化できます。

リファンに買取してもらう

リファンは、ファッションアイテムやアクセサリーの買取を得意とするリサイクルショップですが、オーディオ機器の買取も提供しています。デザイン性やブランド価値の高いオーディオ機器の買取に強みを持っており、状態が良好なアイテムであれば高価買取が期待できるでしょう。

店舗によっては、オーディオ機器の専門知識を持ったスタッフが査定を行い、適正な価格を提示してくれます。オーディオ機器をおしゃれなインテリアとして楽しんでいる方にとって、リファンは買取の良い選択肢となるでしょう。

バイセルに買取してもらう

バイセルは衣類や宝飾品、アンティーク品などの買取に定評がある業者ですが、オーディオ機器の買取も積極的に行っています。出張買取サービスが充実しており、自宅にいながら不要なオーディオ機器を査定してもらえる点が大きな特徴です。

バイセルのスタッフは、オーディオ機器に関する専門知識を持ち、丁寧な査定を行うため、安心して買取を依頼できます。迅速な対応と高い買取価格で知られており、手間をかけずにオーディオ機器を売却したい方におすすめです。

リサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップは、オーディオ機器を含む様々な中古品の買取と販売を行っています。リサイクルショップでは、地元のニーズに合わせた柔軟な買取を行っており、身近な場所で手軽に買取を依頼できるのが魅力です。

ブランドやモデル、状態に応じて適正な価格を提示し、迅速な査定と手続きの簡便さで多くの人々から支持を受けています。地元のリサイクルショップを利用することで、不要なオーディオ機器を有効活用し、新たな価値を見出すことができるのです。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトを利用すると、不要になったスピーカーを直接消費者に販売可能です。個人間での取引が活発で、スピーカーのようなオーディオ機器に特化したカテゴリーも充実しています。

販売者は自分のスピーカーの写真や詳細情報を掲載し、希望する販売価格を設定できます。フリマアプリやオークションサイトを利用することで、スピーカーの状態やブランドに応じて、市場価値に見合った価格での販売が可能です。

買い手と直接コミュニケーションを取ることができるため、よりスムーズな取引が期待できますよ。

不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者を利用すると、自宅にある不要なスピーカーを手間なく処分できます。回収業者は、大型のスピーカーや壊れているスピーカーなど、自分で処分が困難なアイテムも回収してくれるため、非常に便利です。

サービスを利用する際は回収業者に連絡し、スピーカーのサイズや数量、回収希望日を伝えましょう。多くの回収業者は、事前に見積もりを提供してくれるため、費用を確認した上でサービスを利用できます。

不用品回収業者を利用することは、迅速かつ効率的に不要なスピーカーを処分したい場合に最適です。

不用品回収業者の利用を検討している方は、不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットの記事も参考にしてみてください。

家電量販店の回収サービスを活用する

多くの家電量販店では、購入した新しい家電製品の配送時に古い製品の回収サービスを提供しています。サービスを利用することで、新しいスピーカーを購入する際に古いスピーカーを手軽に処分できるのが魅力です。

大型のスピーカーやシステムコンポーネントの処分に適しており、環境に優しい処分方法を提供しています。サービスの利用条件や回収可能なアイテムは店舗によって異なるため、事前に確認が重要です。

ヤマダ電機に回収してもらう

ヤマダ電機は、購入した新しい家電製品の配送時に不要になった家電製品の回収サービスを提供している大手家電量販店のひとつです。ヤマダ電機の回収サービスを利用することで、スピーカーを含む様々な家電製品を適切に処分できます。

大型のスピーカーや古いモデルの処分に便利で、環境に配慮したリサイクル処分を行っています。ヤマダ電機の回収サービスを利用する際は、事前に店舗や公式ウェブサイトでサービスの詳細や利用条件を確認しましょう。

ケーズ電機に回収してもらう

ケーズ電機では、購入した新製品の配送時に古い家電製品の回収サービスを提供していて、不要になったスピーカーを手軽に処分可能です。ケーズ電機の回収サービスは、家電製品の更新時に便利で、環境に配慮したリサイクル処分を心がけています。

ただし、サービスの詳細や利用条件は店舗によって異なります。利用を検討している場合は事前に最寄りのケーズ電機店舗に問い合わせるか、公式ウェブサイトで情報を確認しましょう。

エディオンに回収してもらう

エディオンは、家電製品の購入時に不要になった古い家電の回収サービスを実施している大手家電量販店のひとつです。エディオンの回収サービスを利用することで、スピーカーをはじめとする様々な家電製品を適切に処分し、リサイクルに貢献できます。

エディオンの回収サービスは、新しい家電を購入する際の大きなメリットとなり、利便性と環境保護の両方を提供します。サービスの詳細や利用条件については、店舗に直接問い合わせるか、公式ウェブサイトで確認しましょう。

ビッグカメラに回収してもらう

ビッグカメラでは、新しい家電製品の購入と同時に、古い家電製品の回収サービスを提供しています。サービスを利用することで、不要になったスピーカーなどの家電製品を簡単に処分可能です。

ビッグカメラの回収サービスは、大型の家電製品や処分が困難な製品のリサイクルに役立ちます。サービスの利用には条件がある場合があるため、利用前に店舗に問い合わせるか、公式ウェブサイトで詳細の確認が必要です。

ヨドバシカメラに回収してもらう

ヨドバシカメラは、家電製品の購入時に提供される古い家電製品の回収サービスで知られています。サービスを通じて、不要になったスピーカーを含む様々な家電製品を手軽に処分し、リサイクルに貢献できます。

ヨドバシカメラの回収サービスは、新製品の購入を検討している消費者にとって大きなメリットを提供し、環境保護にも配慮したサービスです。利用条件やサービスの詳細については、ヨドバシカメラの店舗や公式ウェブサイトで確認できます。

スピーカー処分の費用一覧

スピーカーを処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

スピーカーの処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
解体して普通ゴミとして捨てる無料~1,000円
粗大ゴミとして処分してもらう500円~3,000円
リサイクルショップで売却する無料
専門の買取業者に買取してもらう無料
フリマアプリ・オークションサイトで販売する無料~3,000円
(出品手数料や送料がかかる)
知人やジモティで譲る無料
不用品回収業者に依頼する10,000円~30,000円
家電量販店の回収サービスを活用する1,000円〜5,000円

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。

ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

タイプ別スピーカーの処分

スピーカーのタイプによって、処分方法や費用が異なることがあるため注意しましょう。ここでは、タイプ別のスピーカー処分方法をまとめます。

パソコンのスピーカー

パソコン用のスピーカーは一般的に小型であり、多くの場合、不燃ゴミとして処分可能です。しかし、自治体によっては小型家電リサイクルの対象となることもあるため、事前に確認が必要です。

パソコンのスピーカーは比較的処分が容易であり、特別な費用をかけずに処分することが多いです。リサイクルや再利用を検討することで環境への負担も減らせます。

Bluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカーは携帯性と便利さから人気がありますが、処分する際にはいくつかのポイントを考慮する必要があります。Bluetoothスピーカーは電子機器の一種であるため、適切なリサイクル方法を選ぶことが重要です。

多くの自治体では小型家電リサイクルの対象として回収しており、専門の回収ボックスに投入することで処分できます。まだ使用可能なBluetoothスピーカーは、リサイクルショップやフリマアプリを通じて売却も可能です。

ウーハーなど車用のスピーカー

ウーハーといった車用の高性能オーディオ機器は、車の音響体験を格段に向上させるために設計されています。特定の音響特性を強化するために車内の限られた空間に最適化されているため、通常の家庭用スピーカーとは異なる処分が必要です。

車用スピーカーの処分には、専門のオーディオ機器回収業者を利用するか、自動車部品のリサイクルを行っている施設に相談しましょう。まだ機能するスピーカーであれば、オーディオ愛好家やカーショップへの再販売も検討できます。

スピーカー内蔵のテレビ台

スピーカー内蔵のテレビ台は、リビングルームのエンターテインメント体験を一体化させるための便利なアイテムです。スピーカー内蔵のテレビ台は、スペースを節約しながら高品質なサウンドを提供するために設計されています。

処分する際には、テレビ台とスピーカーシステムの両方を考慮することが必要です。木材や金属などのテレビ台の材料はリサイクルセンターで処理できる場合がありますが、内蔵スピーカーについては電子機器のリサイクル規定に従いましょう。

完全に機能しなくなった場合でも、部品としての価値があるかもしれないため、専門の回収業者に相談することが望ましいですよ。

ホームシアター

ホームシアターシステムは、映画館のような没入型の視聴体験を自宅で実現するための複雑なオーディオ機器のセットです。複数のスピーカーやサブウーハー、時にはアンプやレシーバーなど、様々なコンポーネントから構成されています。

ホームシアターシステムの処分を検討する際には、各コンポーネントを個別に評価し、再利用や再販を検討することが重要です。完全に機能しない部品は、電子機器のリサイクルプログラムを通じて適切に処分する必要があります。

高品質なコンポーネントは、オーディオ愛好家や中古市場での需要があるかもしれません。

スピーカーを処分するときの注意点

スピーカーを処分する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 事前にスピーカーの状態を確認する
  • 粗大ゴミとして処分するときは事前に申し込みをする
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

事前にスピーカーの状態を確認する

スピーカーを処分する前に、状態を詳しく確認することが重要です。完全に機能しないスピーカーであれば、リサイクルや廃棄が適切な選択肢となります。

しかし、まだ使用可能なスピーカーであれば買取や寄付、再販の可能性を検討する価値があるでしょう。スピーカーのブランドやモデル、外観の状態などを詳しくチェックし、可能な限り詳細な情報を収集しておくことが大切です。

情報を正しく読み取ることが、最適な処分方法を選択する手助けになります。

粗大ゴミとして処分するときは事前に申し込みをする

大型のスピーカーを粗大ゴミとして処分する場合、多くの自治体では事前に申し込みが必要です。申し込みにはスピーカーのサイズや重量、処分するアイテムの数などの情報提供が求められます。

粗大ゴミの処分には手数料が発生する場合があるため、事前に料金を確認して必要な手続きを完了させておきましょう。

処分日のスケジュールや収集場所の指定など、自治体の指示に従って適切に処理を行うことが大切です。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

不用品回収業者を利用してスピーカーを処分する場合、複数の業者から見積もりを取ることが推奨されます。見積もりを比較することで、サービスの内容と費用を検討し、最もコスト効率の良い業者を選択することが可能です。

もし見積もりを依頼する際には、スピーカーのサイズや数量、状態などの詳細情報を提供しましょう。追加料金が発生しないように明確な見積もりを出してもらい、疑問点があればすぐに質問をすることでトラブルを減らせます。

ここで注意すべきは、無料で廃品回収を行っている業者には注意をしましょう。無料の廃品回収業者は、回収後に転売するか、オプション料金として高額な費用を請求してくる可能性もあります。

無料の廃品回収業者の悪質な手口についてはこちらの記事で解説しています。

即日回収なら不用品回収業者が良い

スピーカーの処分方法は、自治体のルールやスピーカーの状態によって異なります。まだ使えるスピーカーなら、買取を利用して新しい価値を見出すことも可能です。

スピーカーを含む不用品を即日で回収してほしい場合、不用品回収業者の利用が最適な選択肢です。多くの不用品回収業者は迅速な対応を売りにしており、依頼当日または翌日に回収に来てくれるサービスを提供しています。

急な依頼に対応できる業者を選ぶためにも、事前に複数の業者をリサーチしておくと良いでしょう。

ぜひ本記事を参考にして、不用品回収業者への依頼をご検討ください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK