五月人形など節句人形の処分方法!捨てる時期・分別方法・費用も紹介

「五月人形の処分方法は?」「どのようにして感情的な価値を持つ五月人形を手放すべきか?」などと悩んでいませんか?

五月人形の処分は、適切なタイミングと方法を選ぶことが重要です。本記事では、処分時期の判断基準から具体的な処分方法、さらには処分にかかる費用まで、五月人形の処分に関する全てを網羅的に解説します。

本記事では、五月人形の種類、処分時期、様々な処分方法、費用、注意点、よくある質問について詳しく説明し、五月人形を適切に処分するためのガイドラインを提供します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・五月人形の捨て方
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

五月人形を捨てる前に知っておくべきポイント

五月人形を捨てる前に、価値と意味を理解することが大切です。五月人形は子どもの健やかな成長と幸福を願う日本の伝統的な飾り物であり、家族の愛情や願いが込められています。

処分を考える際には文化的背景と感情的価値を尊重し、適切な方法で手放すことが重要です。

五月人形の種類

五月人形には兜飾りや鎧飾り、武者人形などさまざまな種類があります。兜飾りは戦士の兜を模したもので、子どもの強い心と健康を願う象徴です。

鎧飾りは鎧や武具をセットにしたもので、子どもの無事な成長と勇敢さを願う意味が込められています。武者人形は歴史上の英雄や勇士を模した人形で、子どもの立派な成長を願う飾りです。

五月人形は素材や大きさ、作りによって処分方法が異なります。そのため、処分を考える際には手持ちの五月人形の種類を正確に把握し、最適な処分方法を選ぶことが大切です。

五月人形の処分時期

五月人形の処分時期は一般的には子どもが成長し、自立したときや家族が五月人形を飾らなくなったときとされています。また、五月人形が破損して修復が困難な場合や保管が難しくなった場合も、処分を検討するタイミングです。

処分を考える際には、五月人形に込められた家族の願いや思い出を大切にし、感謝の気持ちを持って手放すことが重要です。五月人形は端午の節句に飾られるため、節句が終わった後や次の節句を迎える前に処分を計画しましょう。

五月人形の捨て方は?

五月人形の捨て方を考える際、適切な処分方法を選ぶことが大切です。以下に五月人形の捨て方をまとめます。

  • 分解して不燃ごみ・粗大ゴミ・燃えないゴミで出す
  • 鎧や兜があれば不燃ゴミ
  • 人形供養をして処分する
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 知人やジモティで譲る
  • 不用品回収業者に引き取りを依頼する
  • リサイクルショップに買い取ってもらう

それぞれ詳しく解説します。

分解して不燃ごみ・粗大ゴミ・燃えないゴミで出す

五月人形を処分する一つの方法として、分解して不燃ごみや粗大ゴミ、または燃えないゴミとして出す方法があります。五月人形は金属や布、木材など様々な素材で構成されており、適切に分別して処分することが大切です。

自治体のゴミ収集ルールに従い、五月人形の各部品を適切に分解し、指定されたゴミとして出すことで処分できます。

ただし、五月人形は精巧な作りであるため、分解には注意が必要です。

また、感情的な価値を持つ五月人形をゴミとして処分する際には、感謝の気持ちを込めて手放すことが望ましいとされています。

株式会社美心家オアシス 上山さん
株式会社美心家オアシス 上山さん

家庭ごみとして出しても問題はありませんが、抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、お塩を振りかけたり白い紙や布に包んで感謝の気持ちで手放しましょう。感謝を込めてお別れすることで自身の気持ちの整理ができます。


鎧や兜があれば不燃ゴミ

五月人形の中でも特に鎧や兜は、金属やその他の不燃材料で作られていることが多く、不燃ゴミとして処分することが一般的です。不燃ゴミとして処分する際には、自治体のルールに従って適切に分別し、指定された日に出す必要があります。

鎧や兜は、五月人形の中でも特に価値があるとされる部分です。そのため。処分する際には文化的価値や感情的な価値を尊重し、適切な方法で手放すことが大切です。

人形供養をして処分する

五月人形を処分する際に、人形供養を行う方法もあります。人形供養は五月人形に込められた願いや感情を尊重し、感謝の気持ちを持って手放すための儀式です。

人形供養を行っている場所をまとめると以下のとおりです。

  • 神社
  • 合同供養
  • セレモニーホール

人形供養は五月人形を処分する際に、感情的な価値を大切にしたい場合に適した方法です。

供養場所①神社

五月人形の人形供養を行う場所の1つとして、神社があります。多くの神社では、人形供養の儀式を行っており、五月人形を持ち込むことで、神職による供養を受けられます。

神社での人形供養は五月人形に込められた願いや感情を神に捧げ、清めることで心穏やかに手放すことが可能です。また、神社での人形供養は、五月人形の文化的背景や伝統を尊重する意味でも重要な方法とされています。

神社での人形供養を希望する場合には、事前に供養を行っている神社を探し、供養の日時や手続きについて確認しましょう。

供養場所②寺

寺院も五月人形の人形供養を行う場所の1つです。寺院では、僧侶による読経やお焚き上げなどの供養儀式を行い、五月人形を清めて手放すことが可能です。

寺院での人形供養は五月人形に込められた願いや感情を仏に捧げ、慈悲の心で手放すことを意味しています。寺院での人形供養は五月人形の感情的価値を大切にし、心穏やかに処分するための適切な方法とされています。

寺院での人形供養を希望する場合には供養を行っている寺院を探し、供養の日時や手続きについて確認することが必要です。

供養場所③合同供養

合同供養は複数の人形を一度に供養する方法であり、神社や寺院、または専門の供養施設で行われます。合同供養は手軽で経済的な方法とされているため、多くの人形を一度に手放したい場合や供養費用を抑えたい場合に最適です。

また、五月人形を含む多くの人形が一緒に供養され、感謝の気持ちを込めて手放されます。合同供養を希望する場合には合同供養を行っている施設や日時を確認し、参加するための手続きが必要です。

供養場所④セレモニーホール

セレモニーホールでの人形供養は、専門の施設で行われる供養方法です。セレモニーホールでは人形供養専用の設備を備え、専門のスタッフによる供養儀式を行います。

五月人形を含む様々な人形を手放す際に、専門的な知識と経験を持つスタッフによる丁寧な供養を受けられるため安心です。また、セレモニーホールでの人形供養は感情的な価値を大切にし、心穏やかに処分するための適切な方法とされています。

もしセレモニーホールでの人形供養を希望する場合には、供養を行っている場所を探して日時や手続きについて確認することが必要です。

NPO法人などに寄付をする

五月人形を寄付することは新しい家庭での再利用を促進し、持続可能な社会に貢献する方法の1つです。特に、NPO法人などの団体は文化的価値や教育的意義を持つ五月人形を受け入れ、地域のイベントや教育プログラムで活用することがあります。

寄付を検討する際には寄付を受け付けている団体を探し、寄付の条件や手続きについて確認することが大切です。寄付によって五月人形が新たな価値を持ち、次世代に伝えられる機会を提供できます。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

五月人形をフリマアプリやオークションサイトで販売することは、不要になった五月人形を有効活用し、新しい所有者に引き継ぐ方法です。販売を通じて、五月人形の文化的価値や美しさを評価する人々と繋がることができます。

販売する際には五月人形の状態を正確に記載し、魅力的な写真を掲載することが重要です。また、価格設定や発送方法など、販売に関する詳細を事前に計画することで、スムーズな取引が期待できます。

知人やジモティで譲る

五月人形を知人や地域コミュニティのジモティで譲ることは、身近な人々とのつながりを通じて、五月人形を大切に引き継ぐ方法です。知人や地域の人々に譲ることで、五月人形の文化的意義や家族の思い出を共有し、新しい家庭での再利用を促進できます。

譲渡を検討する際には五月人形の状態や価値を説明し、受け取る人が適切に扱えることを確認することが大切です。また、譲渡の際には感謝の気持ちを込めて手渡すことで、五月人形の新たな旅立ちを祝福できます。

不用品回収業者に引き取りを依頼する

不用品回収業者に五月人形の引き取りを依頼することは、手間をかけずに処分する方法の1つです。不用品回収業者は五月人形を含む様々な不用品を回収し、適切な処分やリサイクルを行います。

引き取りを依頼する際には信頼できる業者を選び、引き取り条件や費用について事前に確認することが重要です。また、五月人形の文化的価値や感情的価値を考慮し、業者に適切な取り扱いを依頼することで心穏やかに手放せます。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに五月人形を買い取ってもらうことは、不要になった五月人形を有効活用し、新しい所有者に引き継ぐ方法の1つです。リサイクルショップは五月人形の価値を評価し、適切な価格で買い取ります。

買い取りを検討する際には複数のリサイクルショップを比較し、最適な買い取り価格を見つけることが大切です。また、五月人形を買い取ってもらう際には状態や価値を正確に伝え、信頼できるショップに依頼しましょう。

買取を依頼することで、五月人形を大切に引き継いでくれる新しい所有者を見つけられます。

買取マクサス:五月人形の買取業者おすすめ10選!高価買取のコツや処分方法も紹介

株式会社美心家オアシス 上山さん
株式会社美心家オアシス 上山さん

リサイクルショップによっては買取を行っていないお店もあるので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。


五月人形の処分費用

五月人形の処分には様々な方法があり、それぞれにかかる費用も異なります。処分を検討する場合は、それぞれどれくらいの費用がかかるのか比較することが大切です。

ここでは、処分方法ごとにかかる費用をまとめます。

人形供養する費用

人形供養は、五月人形を心穏やかに手放すための方法の1つです。神社や寺院で行われる人形供養には、供養料が必要となります。

供養料は施設や行う儀式の内容によって異なり、一般的には数千円から数万円程度が相場とされています。もし人形供養を行う場合には事前に複数の神社や寺院に問い合わせ、供養料や供養の日時、必要な手続きなどを確認しておくことが重要です。

人形供養を通じて、五月人形に感謝の気持ちを込めて手放せます。

NPO法人などに寄付するときの費用

五月人形をNPO法人などの団体に寄付する場合、直接的な費用はかからないことが多いです。しかし、寄付する際の送料や梱包材料の費用が必要になることがあります。

また、寄付を受け付けている団体によっては手続きや条件が異なるため、事前に直接問い合わせて詳細を把握しておくことが大切です。寄付を通じて五月人形が新たな価値を持ち、文化的または教育的な活動に活用されることが期待できます。

ゴミとして処分する場合の費用

五月人形をゴミとして処分する場合、自治体のゴミ収集ルールに従って分別し、粗大ゴミとして出すことが一般的です。粗大ゴミとして処分する際には、自治体によって粗大ゴミ処理手数料が必要となる場合があります。

手数料は五月人形の大きさや重さによって異なり、数百円から数千円程度が相場とされています。処分する際には自治体のウェブサイトを確認するか、直接問い合わせて粗大ゴミの出し方や手数料について把握しておくことが重要です。

不用品回収業者の引き取り費用

不用品回収業者に五月人形の引き取りを依頼する場合、引き取り費用が発生します。費用は五月人形の大きさや状態、回収する業者によって異なりますが、一般的には3,000円〜30,000円程度が相場です。

不用品回収業者を利用する際には、複数の業者に見積もりを依頼してサービス内容や費用を比較しましょう。また、信頼できる業者を選ぶために、口コミや評判を確認することも重要です。不用品回収業者を利用することで、手間をかけずに五月人形を処分できます。

五月人形を処分する際の注意点

五月人形を処分する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 処分方法を決める前に自治体の規定を確認する
  • サイズや状態を確認する
  • 処分の手間を考える
  • 寄付や譲渡をしてもいいか確認する
  • 回収してもらう際には破損に注意する

それぞれ詳しく解説します。

処分方法を決める前に自治体の規定を確認する

五月人形を処分する方法は、居住している自治体によって異なります。自治体によっては、五月人形を粗大ゴミとして扱っていたり特定の回収日が設けられている場合があります。

また、処分に関する手数料や必要な手続きも異なることが多いです。そのため、処分方法を決める前に居住している自治体の規定やルールを確認し、適切な処分方法を選ぶことが大切です。

自治体のウェブサイトを確認するかを直接問い合わせて、五月人形の処分に関する詳細を把握しておきましょう。

サイズや状態を確認する

五月人形のサイズや状態は、処分方法や費用に大きく影響します。大きな五月人形や複雑な構造を持つ五月人形は分解や梱包が必要な場合があり、処分の手間や費用が増加する可能性が高いです。

また、破損や汚れがある場合は処分方法が限られます。処分を検討する前に、五月人形のサイズや状態を正確に確認し、最適な処分方法を選ぶことが重要です。

サイズや状態に応じて、処分方法や必要な手続きを計画しましょう。

処分の手間を考える

五月人形を処分する際には、手間や時間がかかることがあります。特に、大きな五月人形や複数の五月人形を処分する場合は分解や梱包、運搬などの手間が必要です。

また、人形供養やリサイクルショップへの持ち込みなど、特定の処分方法を選ぶ場合にも手間や時間がかかります。処分を検討する際には処分の手間や時間を考慮し、自分にとって実行可能な方法を選ぶことが大切です。

手間や時間を考慮した上で、最適な処分方法を選びましょう。

寄付や譲渡をしてもいいか確認する

五月人形を寄付や譲渡することは、新しい家庭での再利用を促進する方法の1つです。しかし、五月人形を寄付や譲渡する際には、いくつかの点を確認する必要があります。

まず、寄付や譲渡を受け入れている団体や個人があるかどうかを確認しましょう。五月人形の状態や価値を正確に伝え、受け取る側が適切に扱えることを確認することも重要です。

寄付や譲渡を検討する際には受け入れ側の条件や要望を確認し、双方にとって納得のいく取り決めを行いましょう。

回収してもらう際には破損に注意する

五月人形を不用品回収業者やリサイクルショップに引き取ってもらう際には、破損に注意しましょう。五月人形は精巧な作りで破損しやすい部分があるため、運搬や回収の際には慎重な取り扱いが必要です。

回収してもらう際には五月人形を適切に梱包し、破損を防ぐための措置を講じましょう。また、回収業者に五月人形の状態や価値を正確に伝え、適切な取り扱いを依頼することも重要です。

破損を防ぐための注意と配慮をもって、五月人形を回収してもらいましょう。

五月人形の処分に関するよくある質問

最後に、五月人形の処分に関するよくある質問について回答します。

  • ガラスケース入りの日本人形はどう処分すべき?
  • 五月人形を飾る時期に決まりはある?

ガラスケース入りの日本人形はどう処分すべき?

ガラスケース入りの日本人形は、大型家具や家電と同じように粗大ゴミとして処分することが可能です。粗大ゴミとして処分する場合は、自治体の指定する方法で、事前に粗大ゴミの申し込みを行う必要があります。

ただし、中にはガラスケースが開かなかったり、中の人形が台座にしっかり固定されていて取り出せない構造になっている場合があります。無理に分解しようとするとガラスが割れる恐れもあるため、分解できない場合は不用品回収業者に引き取りの依頼をしましょう。

五月人形を飾る時期に決まりはある?

五月人形は、端午の節句である5月5日に合わせて飾られることが一般的です。端午の節句は、男の子の健やかな成長と幸福を願う日本の伝統的な行事で、5月に飾ることは長い間続けられてきた慣習です。

家庭や地域によって飾る時期は異なりますが、4月下旬から5月初旬にかけて飾り始め、端午の節句が終わると共に片付けられます。ただし、あくまで一般的な慣習であり、家族の都合や個人の好みに応じて飾る時期を調整することも可能です。

五月人形を飾る際には文化的意義を理解し、家族の健康と幸福を願う気持ちを込めて節句を祝いましょう。

五月人形・節句人形は不用品回収業者に丸ごと依頼しよう

五月人形や節句人形を処分する際、不用品回収業者への依頼を検討しましょう。不用品回収業者は、手間をかけずにスムーズに処分できる効果的な手段です。

五月人形や節句人形を含む様々な不用品を専門的に扱い、適切な処理やリサイクルを行います。信頼できる業者を選ぶことで、五月人形を安心して手放すことができます。

ぜひ本記事を参考にして最適な業者への依頼を進めてみてください。

株式会社美心家オアシス 上山さん
株式会社美心家オアシス 上山さん

使わなくなった五月人形、鯉のぼりなどが実家の押し入れに何年もしまい込んだままになっていませんか?サイズが大きいものや分解が面倒な物は回収業者さんを利用すると便利です。


この記事の監修者

株式会社美心家オアシス 代表取締役 みくろママ(上山 広美)さん

  • 整理収納アドバイザー1級
  • 時短家事コーディネーターBasic認定講師
  • 子ども家事力支援士認定講師
  • 発達支援教育士

引越し14回、社会人から小学生までの三男一女の母。

整理という手段を使って、最強で最幸な家族というチーム作りの専門家。これまで、4,000世帯以上の共働き家庭を支援。

著書『狭い家でも「ゆとりある暮らし」は仕組みが9割』は12,000部突破。

オンライン片づけ塾「美心家塾(びじんかじゅく)」塾長。
公式サイト:https://bijinka-oasis.wixsite.com/oasis


すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK