コーヒーメーカーの捨て方!何ゴミか?分別からお得な回収方法まで全て解説

「コーヒーメーカーの正しい捨て方は?」「どの処分方法が最適なの?」などと悩んでいませんか?

コーヒーメーカーの処分方法は、そのサイズや自治体の規定によって異なります。正しい処分方法を知ることで、無駄な手間や追加の費用を避けることが可能です。

本記事では、コーヒーメーカーの処分方法から処分時の注意点まで詳しく解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・売却が難しい理由
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

コーヒーメーカーのゴミ分別方法は?

コーヒーメーカーを処分する際、最初に直面するのはゴミ分別の問題です。一般的な家庭ゴミとして捨てられるのか、特別な処理が必要かはコーヒーメーカーのサイズや構造、お住まいの自治体の規定によって異なります。

ここでは、コーヒーメーカーの一般的な分別方法と、処分方法を決定する際に考慮すべき要素について詳しく解説します。

不燃ゴミか粗大ゴミかは大きさで違う

コーヒーメーカーの処分方法を決める際、サイズが重要な要素となります。一般的に、小さなコーヒーメーカーは不燃ゴミとして処理できることが多いですが、大きなものは粗大ゴミとして扱われます。

仕分けの区分は、自治体によって設定されたサイズ基準に基づいています。例えば、一辺が30cmを超えると粗大ゴミとして扱われる自治体が多いです。

規定は地域によって異なるため事前の確認が必要です。

自治体により回収できない可能性もある

コーヒーメーカーの処分を考えた時、自治体のゴミ回収サービスを利用するのが最も手軽な方法の1つです。しかし、すべての自治体がコーヒーメーカーの回収を行っているわけではありません。

また、コーヒーメーカーの回収をしていても特定の条件や手続きが必要な場合があります。例えば、事前に申し込みが必要だったり特定の処分方法を要求されるなど、自治体によって様々なルールが設けられています。

そのため、処分を検討している場合はお住まいの地域のルールを事前に調べ、適切な処理を行うことが重要です。

コーヒーメーカーの処分方法8選

コーヒーメーカーの処分方法をまとめると以下のとおりです。

  • 自治体の不燃ゴミで捨てる
  • 自治体の粗大ゴミで捨てる
  • 小型家電回収ボックスで捨てる
  • 家電量販店の小型家電引き取りサービスを利用する
  • 行政の処分場に持ち込みして廃棄する
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • フリマアプリかオークションサイトで売却
  • リサイクルショップに買取してもらう

それぞれ詳しく解説します。

自治体の不燃ゴミで捨てる

コーヒーメーカーを不燃ゴミとして処分する場合、サイズが自治体の規定に適合している必要があります。多くの場合、小型のコーヒーメーカーは不燃ゴミとして扱われますが、自治体によっては特定のサイズ制限が設けられています。

不燃ゴミとして処分する際は指定されたゴミ袋に入れ、定められた収集日に出す必要があります。不燃ゴミとしての処理方法は特別な手続きを必要としないため、小型のコーヒーメーカーを処分する際には便利です。

自治体の粗大ゴミで捨てる

大型のコーヒーメーカーは、多くの自治体で粗大ゴミとして扱われます。粗大ゴミとして処分する場合、事前に自治体への申し込みが必要で、処分する際には粗大ゴミ処理券を購入してコーヒーメーカーに貼り付けることが多いです。

処理券の価格は自治体によって異なり、処分するコーヒーメーカーのサイズによっても変わる場合があります。粗大ゴミの収集日に合わせて、指定された場所にコーヒーメーカーを出す必要があります。

大型のコーヒーメーカーを処分する場合は、事前の手続きや費用が発生する点に注意しましょう。

小型家電回収ボックスで捨てる

小型家電回収ボックスは、市役所やスーパーマーケットなどに設置されていることが多く、コーヒーメーカーを無料で処分できる場合があります。環境に優しい処分方法で手軽に利用できるメリットです。

また、回収された小型家電はリサイクルされ資源の有効活用につながるため、持続可能な社会づくりに貢献します。ただし、回収ボックスのサイズや対象品目に制限があるため、事前確認が必要です。

小型家電の処分方法・回収ボックスについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

家電量販店の小型家電引き取りサービスを利用する

多くの家電量販店では、小型家電の引き取りサービスを提供しています。新しい家電を購入する際に古いコーヒーメーカーを引き取ってもらうことが可能です。

引き取りサービスは大変便利ですが、引き取りに条件がある場合や一部の費用が発生することがあるため、利用する前に店舗ポリシーを確認しましょう。また、このサービスを利用すれば新しい製品の購入と同時に不要になった製品を適切に処理でき、家庭内の不用品を減らすことにもつながります。

行政の処分場に持ち込みして廃棄する

大きなコーヒーメーカーや特殊な処理が必要な場合は、直接行政の処分場に持ち込むこともできます。行政の処分場は、大量の不用品を一度に処理したい場合やすぐに処分したい場合に適しています。

ただし、持ち込みには手間と費用がかかるため、事前に処分場の場所や受け入れ条件などを確認することが重要です。また、自分で処分場に持ち込むことで処分のプロセスを直接管理でき、不用品が適切に処理されるかを確認できます。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者を利用すると、自宅まで来て不要なコーヒーメーカーを引き取ってもらえます。不用品回収業者は、手間をかけずに処分したい場合や他の不用品と一緒に処分したい場合などに便利です。

ただし、業者によっては高額な料金が発生することもあるため、複数の業者を比較して信頼できる業者を選ぶことが大切です。また、不用品回収業者を利用すれば一度に多くの不用品を処理でき、家庭内のスペースを効率的に確保できます。
不用品回収業者のメリット・デメリットをもっと知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

フリマアプリかオークションサイトで売却

まだ使用できるコーヒーメーカーは、フリマアプリやオークションサイトを利用して売却することも可能です。処分する代わりに少しでもお金に変えたいという要望がある場合に適している方法といえます。

ただし、売却には時間がかかる場合があり、商品の状態や価格設定など売却に関する詳細を考慮しなくてはいけません。また、売却することで不要なコーヒーメーカーを有効活用し、新しい所有者に喜んでもらえます。

フリマアプリやオークションサイトで販売する場合は、コーヒーメーカーに寿命の症状が出ていないかどうか確認するようにしましょう。

コーヒーメーカーの寿命についてはこちらの記事ご覧ください。

リサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップでは、使用済みのコーヒーメーカーを買取してもらえる場合があります。特に人気のあるブランドや状態の良いコーヒーメーカーは、比較的高価で買取してもらえる可能性が高いです。

リサイクルショップでの買取は、手軽に処分したい場合や少しでもお金に変えたい場合に適しています。ただし、買取価格はショップや商品の状態によって大きく異なるため、事前に複数のショップで査定を受けるようにしましょう。

リサイクルショップを利用することで、不要なコーヒーメーカーを有効活用し、資源の無駄を減らせます。

コーヒーメーカーの処分費用比較

コーヒーメーカーを処分する際にかかる費用は、選択する処分方法によって大きく異なります。まとめると以下のとおりです。

処分方法費用
自治体(粗大ごみ)300円程度
自治体(小型家電回収ボックス)無料
家電量販店550円程度
不用品回収業者3,000円から

不用品回収業者に依頼するとコストはかかりがちですが、その分作業の手間や他の不必要なものも一緒に処分してくれるため便利です。

コーヒーメーカーは売るのが難しい

コーヒーメーカーを売ることは、多様なサイズと衛生面の懸念から難しい場合があります。特に中古市場ではコーヒーメーカーの需要が限られており、買取りを行うリサイクルショップやフリマアプリでも、売却が容易ではありません。

多種多様な大きさがある

コーヒーメーカーは家庭用の小型モデルからオフィス用の大型モデルまで、さまざまなサイズが存在します。大型のコーヒーメーカーは特にサイズと重量から、売却が困難になることが多いです。

また、中古市場での需要が限られているため、買取りを行うリサイクルショップでも大型のコーヒーメーカーの買取りは難しい場合があります。

衛生面的な問題点もある

コーヒーメーカーの処分や再販において、衛生面は重要な懸念事項です。コーヒーメーカーは日常的に食品を扱う家電であり、使用された製品は食品残渣や水垢が内部に蓄積される可能性があります。

中古市場では衛生面の懸念が売却を難しくしている場合が多いです。買い手は細菌やカビなどに対して抵抗感を持つことが多いため、中古のコーヒーメーカーが売れにくい一因となっています。

コーヒーメーカーを売却する際には、徹底的な清掃と消毒が必須ですよ。

コーヒーメーカーを処分するときの注意点

コーヒーメーカーを処分する際には以下の点に注意しましょう。

  • 自治体のルールを確認する
  • 電源コードや電池、付属品を取り外す
  • 小型家電回収ボックスに入らない場合が多い
  • 本人確認書類を用意しておく
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

自治体のルールを確認する

コーヒーメーカーの処分を行う際、最も重要なステップの1つはお住まいの自治体のルールを確認することです。自治体によってコーヒーメーカーの処分方法は異なり、不燃ゴミとして出す場合や粗大ゴミとして扱う場合があります。

また、小型家電リサイクル法の対象となる場合もあり、専用の回収ボックスが用意されている場合もあります。自治体のウェブサイトを確認するか、直接問い合わせを行うかで正しい処分方法を把握しておくことが不可欠です。

電源コードや電池、付属品を取り外す

コーヒーメーカーを処分する前には、電源コードや電池、付属品を取り外す必要があります。処分時の安全性を確保するため、またリサイクルプロセスを効率的に進めるために重要です。

電源コードや電池が残っていると、処分時に発火のリスクがあるため、特に注意が必要です。また、付属品が付いたままの状態では、適切なリサイクルが行われない可能性があります。

取り外した電源コードや電池は、それぞれ適切な方法で処分しましょう。

小型家電回収ボックスに入らない場合が多い

コーヒーメーカーの処分において、小型家電回収ボックスを利用することが1つの選択肢です。しかし、コーヒーメーカーのサイズによっては回収ボックスに入らない場合が多いため注意が必要です。

小型家電回収ボックスは一定のサイズ制限があり、大型サイズや業務用の機種は回収ボックスの投入口に収まらないことが多いです。そのため、コーヒーメーカーのサイズを事前に確認し、回収ボックスに入るかどうかを判断する必要があります。

もし回収ボックスに入らない場合は、他の処分方法を検討しましょう。

本人確認書類を用意しておく

コーヒーメーカーを粗大ゴミとして処分する場合や不用品回収業者に依頼する際には、本人確認書類の提示が求められる場合があります。不正な処分を防ぐため、また処分を依頼する人が地域の住民であることを確認するために必要です。

確認書類は、運転免許証や健康保険証などの公的な身分証明書が必要となります。処分をスムーズに進めるためにも、事前に必要な書類を準備しておきましょう。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

不用品回収業者にコーヒーメーカーの処分を依頼する場合、事前に見積もりを取ることが重要です。見積もりを取れば処分にかかる費用が明確化して、予期せぬ高額な請求を避けられます。

見積もりはコーヒーメーカーのサイズや状態、処分する他の不用品の有無などに基づいて行われます。また、複数の業者から見積もりを取ることで、最も適切なサービスを選択することが可能です。

不用品回収業者を利用する際は信頼できる業者を選び、事前にしっかりと見積もりを確認しましょう。

不用品回収業者なら電話するだけで回収

コーヒーメーカーを処分する際には、不用品回収業者を利用することもコーヒーメーカーを含む不用品を手軽に処分する方法の1つです。電話一本で自宅まで来てもらい、不要なコーヒーメーカーを回収してもらえます。

業者に依頼をすれば、自分で処分場に持ち込む手間や自治体の回収日を待つ必要がありません。また、大量の不用品や大型のアイテムも一度に処分できるため、引越しや大掃除といった大量の不用品を一度に処理したい場合に特に便利です。

ぜひ本記事を参考にして、業者に見積もり依頼を出してみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK