コーヒーメーカーの寿命は何年?故障のサインや寿命が長持ちするコツを紹介

「コーヒーメーカーから変な音がする…これはもう寿命…?」

「そろそろ買い換えようと思ってるけど、コーヒーメーカーの寿命っていつくるの?」

本記事では、このような疑問を抱えている方に向けて、コーヒーメーカーの寿命目安や、寿命が訪れた際に生じる特徴的なサインについて徹底解説します。

風味豊かな美味しいコーヒーを飲み続けるためにも、寿命を迎える大まかな時期を把握し、適切なタイミングで買い替えを検討しましょう。

寿命を出来る限り伸ばすコツや、寿命を迎えたコーヒメーカーを処分する方法など、有益な情報も盛り沢山なので、ぜひ最後までご一読ください。

すぐに処分するなら下記から

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

コーヒーメーカーの寿命は約5年

コーヒーメーカーの寿命は、使用頻度や手入れの仕方によっても異なりますが、一般的には5年程度といわれています。

5年ほど使用すると、ヒーターや駆動部品などが経年劣化によって不具合を起こす傾向にあり、動かなくなったり、美味しいコーヒーが作れなくなったりします。

家電メーカーの無料修理保証期間は、1年〜5年程度の場合がほとんどのため、コーヒーメーカーの寿命は、5年程度と捉えるのが妥当といえるでしょう。

なお、5年というのはあくまで統計的な目安です。

メンテナンスを定期的に行うなどして丁寧に扱えば、10年以上故障せずに使えるケースもあります。

部品の保有期間は製造中止から5年が目安

修理用部品の保有期間も、寿命を判断するうえで有効な判断材料です。

家電メーカーは、自社製品が故障した際に修理対応できるよう、修理用の部品を常に保有しているのですが、一定期間をすぎるとこれを取り置きしなくなります。

コーヒーメーカーの場合、修理用部品の保有期間は、「本体の製造が中止してから5年間」と設定される場合がほとんどです。

製造中止から5年以上経ったコーヒーメーカーが故障した場合は、修理できない可能性が高いため、実質的に寿命を迎えたと判断できます。

法定耐用年数は8年が目安

業務用のコーヒーメーカーを使われているなら、「法定耐用年数」が寿命の目安として参考になります。

法定耐用年数とは、コーヒーメーカーなどの資産となるものを対象に、「普通に扱えば〇〇年くらいは問題なく使えますよ」と、国税庁が使用可能な期間を設定した数値のことです。

コーヒーメーカーを「業務用厨房機器」として捉えた場合、法定耐用年数は8年となります。

つまり、業務用のコーヒーメーカーは、8年以上使い続けたら壊れる可能性が高いといえるため、8年が寿命を迎える目安となります。

コーヒーメーカーの寿命・故障のサイン

コーヒーメーカーは、寿命が近づいてくると以下のような不具合が生じるようになります。

  • 出来上がったコーヒーの温度が低い
  • 異音がする
  • プラスチック部品が破損する
  • コーヒーの量が少なく出てくる

これらの症状が現れたら、寿命を迎えたサインと捉え、買い替えを検討すべきタイミングです。

それぞれの症状について解説します。

出来上がったコーヒーの温度が低い

出来上がったコーヒーの温度が極端に低くなった場合は、コーヒーメーカーの寿命のサインです。

水を温めるためのヒーターが故障しているのが原因と考えられます。

ヒーターが故障する要因として多く見られるのが、ヒーター部分への浸水です。

コーヒーを入れるガラスポットを洗った後、そのまま拭き取らずにコーヒーメーカーに設置した際に起きがちな故障です。

ヒーターの修理費用は高額のため、修理保証期間が過ぎているのであれば、買い替えを検討した方がよい症状といえるでしょう。

異音がする

コーヒーメーカーから「カラカラ」「ギーギー」といった、いつもとは違う異音がするようになったら、寿命を迎えている可能性が高いです。

コーヒーメーカーの内部部品が破損していると考えられます。

この場合、内部部品の交換修理が必要となりますが、部品代と分解費用もかかるため、修理費はそれなりに高額になります。

数千円ほどの安価なコーヒーメーカーであれば、買い替えた方が安く済むケースの方が多いでしょう。

プラスチック部品が破損する

コーヒーメーカーを長年使用していると、プラスチック製の部品が経年劣化により、破損するケースが多くなります。

特に多く見られるのが、ウォータータンクに亀裂が入る、フィルターホルダーが割れるなどの症状です。

小さな破損であれば修理できますが、水を入れるウォータータンクが破損した場合は、部品交換が必要になり、修理費も高額になるケースが多いです。

症状もどんどん悪化する恐れがあるため、買い替えを検討した方が賢明でしょう。

出てくるコーヒーの量が少ない

出てくるコーヒーがいつもより少なくなるのも、寿命のサインの一つです。

主な原因は以下が考えられます。

  • 給水ホースに汚れがたまっている
  • 給水ホースが破損している

給水タンクに、誤ってコーヒーの粉を入れてしまった場合に起きがちな不具合で、給水ホースを清掃すれば症状が改善する場合もあります。

経年劣化によって給水ホースが破損していた場合は、自力での改善は難しいため、修理や買い替えを検討しましょう。

コーヒーメーカーの寿命を延ばすコツ

修理を依頼するのは少々面倒ですし、買い替えをするとなれば余計な出費となるため、今使っているコーヒーメーカーをできれば長く使い続けたいと考えている方も多いでしょう。

以下のポイントを抑えて丁寧に扱えば、コーヒーメーカーの寿命は伸ばせます。

  • 過度な連続使用を避ける
  • 水をしっかりふき取る
  • 給水タンクに粉が入らないよう注意する
  • 台所用洗剤で洗わない

どれもちょっと意識するだけでかんたんに行える対策法なので、ぜひ実践してみてください。

過度な連続使用を避ける

コーヒーメーカーの寿命を延ばすために、過度な連続使用は出来る限り避けるようにしましょう。

何回も過度な連続使用を繰り返していると、内部のモーターが焼き付いてしまう恐れがあり、寿命を著しく短くする要因になります。

来客でたくさんのコーヒーを抽出する必要が生じた際は、すべて一気に作らず、あいだで5分〜10分ほど休ませるなどの配慮をしましょう。

水をしっかりふき取る

コーヒーポットやドリッパーを洗浄した後は、水をしっかり拭き取ってから使用しましょう。

水をほとんど拭き取らずに使用すると、コーヒーメーカーの下部に設置されているヒーターに水が入ってしまい、故障する恐れがあります。

コーヒーメーカーの内部に水分が増えると、コーヒーメーカー内にカビが繁殖するリスクもあり、衛生的にもよろしくありません。

水を多く使用するコーヒーメーカーですが、あくまで電化製品であり、水分にはめっぽう弱いです。

急いでいたとしても、十分にパーツを乾燥させた状態にしてから使用するようにしましょう。

給水タンクに粉が入らないよう注意する

給水タンクにコーヒーの粉が入ると、コーヒーメーカーが故障する恐れがあります。

給水ホースにコーヒーの粉が詰まってしまい、十分な給水が行えなくなってしまうのです。

ありがちなのが、給水タンクのフタの閉め忘れです。

給水タンクのフタをせずにコーヒーを作成すると、飛散したコーヒーの粉末が、給水タンクの内部へ入り込むリスクが高くなります。

また、コーヒーの風味を変えるためにと、給水タンクに直接ミルクや砂糖を入れるのもNGです。

コーヒーメーカーの給水タンクに異物が入らないよう、フタはしっかり閉める、異物が見えたらすぐに取り除くなどして配慮しましょう。

台所用洗剤で洗わない

コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを長く飲み続けたいのであれば、台所用洗剤での洗浄は控えましょう。

台所用洗剤を使用して洗浄すると、洗剤のニオイが残ったり、流しきれなかった洗剤が残ったりして、出来上がったコーヒーの風味が著しく損なわれる恐れがあるからです。

流し消えれなかった洗剤がちょっとでも残った状態で使用すると、コーヒーメーカー内部の至る所にニオイがこびりついてしまい、対処が難しくなってしまいます。

コーヒーメーカーを洗浄する際は、出来る限り水洗いで済ませるのがベターです。

寿命が来たコーヒーメーカーを適切に処分する6つの方法

寿命が来たコーヒーメーカーは、以下の6つの方法で処分できます。

  • 不燃ゴミか粗大ゴミで処分
  • 小型家電回収ボックスで捨てる
  • 家電量販店の小型家電引き取りサービスを利用
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • フリマアプリかオークションサイトで販売する
  • リサイクルショップに買取してもらう

手続きが必要だったり、持ち運びが必要だったりと、処分方法によってかかる手間や時間、費用なども異なるため、自身の都合に応じて最適と思える方法で処分しましょう。

コーヒーメーカーの処分方法についてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

不燃ゴミか粗大ゴミで処分

コーヒーメーカーは、一般家庭ゴミとして処分できます。

基本的に不燃ゴミか粗大ゴミのいずれかに分類される場合が多く、どちらに該当するかは、各自治体によって異なります。

往々にして、1辺が30cm未満の小型のコーヒーメーカーを不燃ゴミ、1辺が30cm以上の大型コーヒーメーカーを粗大ゴミとして分類される傾向です。

分別ルールは、各自治体のホームページにて確認できるため、事前にチェックしてから処分を検討してみてください。

小型家電回収ボックスに入れる

サイズがそう大きくないコーヒーメーカーであれば、「小型家電回収ボックス」に入れて処分できます。

小型家電回収ボックスとは、コーヒーメーカーやモバイルバッテリーといったリサイクル推奨家電を回収するための箱で、主に区役所や大型ショッピングセンターなどに設置されています。

ボックスの投入口に入る家電が回収対象となっており、1辺が30cm未満の小さめのコーヒーメーカーであれば、基本的に投入可能です。

面倒な手続きも必要なく、無料で回収してくれるため、近くに回収ボックスが設置されているのであれば、積極的に利用を検討すべき処分方法といえるでしょう。

小型家電回収ボックスの設置場所は、各自治体のホームページで公開されているため、最寄りにないかチェックしてみてください。

小型家電の処分方法やルール・注意点などについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

家電量販店の小型家電引き取りサービスを利用

ビックカメラやコジマといった家電量販店が提供している、小型家電引き取りサービスを利用して処分する方法もあります。

小型家電引き取りサービスは、宅配による回収に対応している場合がほとんどとなっており、コーヒーメーカーを持ち運ぶ手間がかからないのがメリットです。

ただし回収は有料となっており、概ね2,000円〜3,000円程度の費用がかかります。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

コーヒーメーカー を処分するついでに、家の中にある不用品も一気に片付けたいと思った際に便利なのが、不用品回収業者です。

不用品回収業者は、一律料金の「積み放題パックプラン」を用意している場合が多く、回収する不用品が多いほどお得に利用できます。

積み放題パックプランの対象となる品物であれば、何個でも一律料金で回収してもらえるため、物置にしまっていた大量の不用品を処分する際にも最適です。

多くの回収業者が日曜日や祝日にも営業しているので、自分の都合の良いタイミングで処分を検討できるのもポイントです。

業者によって回収料金やサービスの内容は異なるため、利用の際は、複数の業者のホームページをチェックし、自分の都合にもっとも合う業者へ依頼しましょう。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットや依頼が向いている人についてこちらの記事でまとめています。

リサイクルショップに買取してもらう

「まだ動くし、捨てるのはもったいない」と思えるコーヒーメーカーなら、リサイクルショップに一度査定を依頼してみることをおすすめします。

ほとんどのリサイクルショップは無料で買取査定をしており、査定額が気に入らなかったらキャンセルも可能なため、試しに相談してみる価値はあるでしょう。

リサイクルショップで売却する際は、付属品や箱が揃っていた方が査定金額を優遇されるケースが多いため、依頼前に付属品類をできるだけ探しておきましょう。

コーヒーメーカーの状態によっては買取を断られる場合もあるため、その際は、他の処分方法を検討しましょう。

フリマアプリかオークションサイトで販売する

リサイクルショップで買取を断られるような状態のコーヒーメーカーなら、フリマアプリかオークションサイトで出品する手段が有効です。

フリマアプリやオークションサイトは、ジャンク品の出品も可能となっているため、故障したコーヒーメーカーでも、少額で売却できる可能性があります。

出品の際はトラブルを避けるために、故障箇所の詳細を記載したり、商品写真を複数せたりなど、購入者がしっかり納得したうえで購入できるよう配慮しましょう。

寿命が来たコーヒーメーカーの処分は片付け侍へ

コーヒーメーカーは、5年程度使い続けると寿命を迎える傾向にあります。

寿命を迎えると、ぬるいコーヒーしか出なくなったり、少量しか出なくなったりなどの不具合が生じてくるため、美味しいコーヒーを飲み続けるためにも、早めの段階での買い替えをおすすめします。

「寿命の来たコーヒーメーカーと一緒に、他の不用品もまとめて処分したい」

「安くてすぐに対応してくれる不用品回収業者に処分を依頼したい」

このようにお考えでしたら、最短30分で見積もりに駆けつける「片付け侍」の利用をご検討ください。

弊社では、最安11,880円で大量の不用品を回収する、おトクなパックプランを用意しております。

出張費や見積費などは一切かからず、ご相談後のキャンセルももちろん可能です

他社より1円でも高ければ再見積もりいたしますので、お見積もりだけでもぜひお気軽にご相談ください。

参考サイト:コーヒー豆研究所

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK