ハンガーの捨て方!素材別・種類別で違う捨て方を解説!大量処分の簡単な方法も

「家に溜まったハンガーはどう処分すればいいの?」「素材や大きさによって処分方法は異なるの?」などと悩んでいませんか?

ハンガーの処分は素材や大きさによって異なります。素材・大きさ別のハンガーの処分方法が自治体によって異なるため、正しい方法で処分することが大切です。

本記事ではハンガーの処分方法を種類別で詳しく解説いたします。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・ハンガーの処分方法
・種類別の処分方法
・ハンガーの処分費用

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

素材別・大きさ別で違うハンガーのゴミの種類

ハンガーは素材や大きさによって処分方法が異なります。住んでいる地域の自治体によって異なる場合もあるため、注意が必要です。

まずは、処分方法を知る前にハンガーの捨て方に関する基礎知識を身につけていきましょう。

ハンガーは素材別に分別

ハンガーの正しい処分方法を知るためには、まず素材を確認することが重要です。木製ハンガーは通常、可燃ごみとして処理されますが、プラスチックや金属製のハンガーは不燃ごみとして扱われることが多いです。

また、一部の素材はリサイクルセンターで再利用される可能性があります。正しい分別を行うことで環境保護に貢献し、地域の清掃システムをスムーズに機能させれます。ハンガーの素材ごとの分別方法を理解し、適切に処理することで地球環境への負担を減らしましょう。

30cm以上の場合は粗大ごみ

ハンガーが30cmを超える場合、多くは粗大ごみとして扱われます。粗大ごみの処理には、自治体への事前申請や手数料が必要な場合があります。

大きなハンガーや複数を一度に処分する際は、地域の粗大ごみ処理ルールを確認し適切な手続きを行いましょう。また、粗大ごみの日程や手数料、申し込み方法は自治体によって異なるため、事前に情報を集めることが重要です。

適切な処理を行うことで、地域の清掃システムを支え、環境保護にも貢献します。

自治体による違いもある

ハンガーの処分方法は、住んでいる自治体によって大きく異なります。同じ素材のハンガーでも自治体によって可燃ごみ、不燃ごみ、リサイクル対象として扱われることがあります。

そのため、正しい処分方法を選ぶためには、自分が住む地域のゴミ分別ルールを事前に確認することが不可欠です。自治体の公式ウェブサイトやゴミ分別ガイドを参照することで、最新の情報を得ることができます。

また、自治体が提供する分別アプリや相談窓口を利用することで、疑問や不明点を解消することが可能です。正しい処分方法を選ぶことで、地域社会の清潔さを保ち、環境保護にも貢献しましょう。

ハンガーの捨て方7選

ハンガーの代表的な捨て方をまとめると以下の通りです。

  • 可燃ゴミで捨てる
  • 不燃ごみで捨てる
  • フリマアプリ・オークションサイトで売却する
  • 再利用・寄付する
  • 知人へ譲渡する
  • クリーニング店で処分する(その店のもののみ)
  • 不用品回収業者に回収に来てもらう

状況によって捨て方が異なるため、最適な方法で処分を進めましょう。それぞれ詳しく解説します。

可燃ゴミで捨てる

家庭から出る多くのハンガーは可燃ゴミとして処分できます。特に木製や一部のプラスチック製ハンガーは、可燃ゴミに該当しやすいです。

ただし、金属部分は可燃ごみに該当しないため、事前に分解・分別しておく必要があります。また、自治体によっては可燃ゴミの定義が異なる場合があるため、地域のゴミ分別ルールを確認することが重要です。

ハンガーを可燃ゴミとして捨てる際は他のゴミとの混合を避け、指定されたゴミ袋に入れるなど適切な処理を心がけましょう。

不燃ごみで捨てる

金属製や特定のプラスチック製のハンガーは、不燃ごみとして処理されることが多いです。不燃ごみとして処分する際は、自治体の指定する回収日に合わせて出す必要があります。

また、ハンガーの尖った部分や金属部分がある場合は、怪我を防ぐために適切に包んでから捨てるのがおすすめです。不燃ごみとしての処分は環境に配慮した方法の1つであり、適切に分別することで地域の清掃システムを支えます。

フリマアプリ・オークションサイトで売却する

不要になったハンガーは、フリマアプリやオークションサイトを利用して売却することも可能です。特にデザイン性が高いブランド物、または特殊な用途に適したハンガーは需要があります。

写真を撮って商品の状態を正確に説明して適切な価格設定をすることで、不要なハンガーを現金に変えられます。

有名ブランドのロゴ入りのハンガー

有名ブランドのロゴが入ったハンガーは、特にコレクターやブランド愛好家からの需要があります。ロゴが入ったハンガーはフリマアプリやオークションサイトで高値で取引されることがあり、ブランド物を手放す際の1つの方法です。

ブランドロゴ入りのハンガーを売却する際は、ロゴがはっきりと見えるように写真を撮り、商品説明を丁寧に行うことが大切です。

無印など有名メーカーのハンガー

無印良品などの有名メーカーのハンガーも、品質とデザインによっては需要があります。有名メーカーのハンガーは、耐久性が高くシンプルで使いやすいと評価されているため、中古市場でも人気です。

売却する際は、メーカー名やハンガーの特徴を明確に記載し状態が良いことをアピールすればスムーズに取引が行えます。

形状や目的により売れる

ハンガーは形状や用途によっても売れ行きが異なります。例えば、スーツ・ドレス用のハンガーや子供用の小さなハンガー、特殊なデザインを持つハンガーなどは特定のニーズに合わせて購入されます。

ハンガーを売却する際は、対象となる衣類の種類やハンガーの特徴を詳細に記載し、購入者が求めている情報を提供することが重要です。適切なターゲットにアピールすることで、売却の成功率を高められます。

安物でもまとめ売りなら売れる

安価なハンガーでも、まとめて売りに出すことで意外と需要があります。特に新生活を始める学生や新しい家に引っ越した家族などは、一度に多くのハンガーを求めているものです。

フリマアプリやオークションサイトでは、まとめ売りのハンガーが意外と高い注目を集めます。大量に不要なハンガーがある場合はまとめて出品することで、手軽に処分すると同時に少しの収入にすることも可能です。

写真や説明文を工夫して、ハンガーの状態や数量を明確に伝えましょう。

再利用・寄付する

不要になったハンガーは、捨てる前に再利用や寄付の可能性を考えてみましょう。例えばクローゼットの整理や工作材料として、または地域の劇団や学校で衣装を掛けるためのハンガーとして再利用できるかもしれません。

また、寄付を受け付けている団体や施設もあります。再利用や寄付の方法は、ハンガーを有効活用し環境への影響を減らすとともに、地域社会に貢献する素晴らしい方法です。

再利用や寄付をする際は、ハンガーの状態が良好であることを確認し、適切な団体や方法を選びましょう。

知人へ譲渡する

家に余っているハンガーは友人や家族、近所の人に譲ることも1つの選択肢です。特に引っ越しや新生活を始める人にとって、ハンガーは必要不可欠なアイテムです。

不要なハンガーを譲ることで新生活をサポートし、同時に自宅の整理にも役立ちます。また、物の再利用を促進し廃棄物を減らすことにも繋がります。

譲渡する際はハンガーの状態を事前に確認し、必要な人に適切な量を提供しましょう。

クリーニング店で処分する(その店のもののみ)

クリーニング店で受け取ったハンガーは、使用後に同じ店に返却することができる場合があります。多くのクリーニング店ではハンガーの回収と再利用を行っており、廃棄物の削減になるためおすすめです。

返却する際は同じクリーニング店で受け取ったハンガーであることを確認し、状態が良好であることを確認してください。環境保護に貢献するだけでなく、クリーニング店との良好な関係を築くことにも繋がります。

不用品回収業者に回収に来てもらう

大量のハンガーを一度に処分したい場合は、不用品回収業者のサービスを利用することが効果的です。不用品回収業者は家庭から出る様々な不用品を回収し、適切に処理してくれます。

サービスを利用する際は事前に業者を選定し、料金や回収可能なアイテム、回収の手順などを確認しておきましょう。また、信頼できる業者を選ぶことで、安心してハンガーを処分できます。

大量のハンガーを手間なく迅速に処分したい場合に、不用品回収業者は最適な方法です。

ハンガーの種類別の処分方法

ハンガーは種類によっても処分方法が異なるため注意が必要です。以下に、主要なハンガーの種類をまとめました。

  • 木製ハンガー
  • リメイクハンガー
  • アルミ製・ステンレス製ハンガー
  • 針金製ハンガー
  • パラソルハンガー
  • 洗濯物干しのピンチハンガー

それぞれの処分方法を詳しくまとめます。

木製ハンガー

木製ハンガーは、自然な素材感から多くの人に愛用されていますが、処分する際には可燃ごみとして扱われることが一般的です。ただし金属のフックやプラスチックの部品が付いている場合は、分別してから処分する必要があります。

また、木製ハンガーはリメイクやDIYプロジェクトにも最適で、壁掛けの装飾や小物入れなど新たな用途で再利用できます。処分する前に、再利用の可能性を考え地域のルールに従って適切に処理しましょう。

リメイクハンガー

リメイクハンガーは、既存のハンガーを装飾や改良を加えて個性的に再利用したものです。インテリアのアクセントや特定の用途に合わせてカスタマイズされており、独特の魅力を持っています。

処分方法は元の素材に依存しますが、捨てる前に再利用や寄付の可能性を検討しましょう。地域のアートコミュニティや学校、劇団などに寄付すれば、新たな使い道を導き出すことも可能です。

アルミ製・ステンレス製ハンガー

アルミ製やステンレス製のハンガーは耐久性と錆びにくい特性から、長期間の使用に適しています。金属製ハンガーは不燃ごみとして処分されるか、リサイクルが可能です。

リサイクルに出すなら、専門の回収ポイントや業者に依頼しましょう。ただし、リサイクルに出す前に地域のリサイクルセンターや回収業者に確認することが重要です。

金属製ハンガーを処分する際は、再利用やリサイクルの可能性を最大限に活用し、資源の有効活用を心がけましょう。

針金製ハンガー

​​針金製ハンガーはシンプルな構造と汎用性から、多くの家庭やクリーニング店で使用されています。主に金属ごみとしてリサイクル可能ですが、尖った部分による怪我を防ぐためにも、包んだりして処分することが大切です。

また、多くのクリーニング店では使用済みの針金ハンガーを回収して再利用しています。返却すれば、環境保護に貢献することも可能です。

処分する前に再利用やリサイクルの可能性を探り、資源を有効活用しましょう。

パラソルハンガー

パラソルハンガーは多くの洗濯物を一度に干すことができ、特に大家族や多くの洗濯物を扱う場所で重宝されています。パラソルハンガーはプラスチックや金属で作られており、処分方法は素材によって異なります。

プラスチック製の場合は可燃ごみ、金属製の場合は不燃ごみやリサイクルとして処理されることが多いです。そのため、使用しなくなったパラソルハンガーは、地域の分別ルールに従って適切に処分しましょう。

また、再利用やリサイクルを検討することも大切です。

洗濯物干しのピンチハンガー

ピンチ付き洗濯物干しハンガーは、小物類を効率的に干すことができる便利なアイテムです。プラスチックや金属を含む複合素材で作られることが多く、処分する際はそれぞれの素材に応じた方法を選ぶ必要があります。

プラスチック部分は可燃ごみ、金属部分は不燃ごみやリサイクルとして処理されることが多いです。まだ使用可能な場合は、地域のリサイクルショップやオンラインマーケットでの再販も検討しましょう。

適切な処分や再利用を通じて、環境に優しい選択を心がけることが大切です。

ハンガーの処分費用

ハンガーの処分にかかる一般的な費用は、重さ10kgにつき50円〜200円ほどです。ただし、素材や処分方法によって異なります。

たとえば、粗大ごみとして扱われる大きなハンガーや特殊な素材のものは、追加費用がかかる場合も多いです。また、不用品回収業者に依頼すると手間は省けますが、その分の費用が発生します。

地域のゴミ処理ルールや不用品回収業者の料金体系を事前に確認し、コストと利便性を考慮した上で最適な処分方法を選びましょう。

大量のハンガーを処分するには?

大量のハンガーを一度に処分する場合、効率的かつ環境に優しい方法を選ぶことが重要です。まず、地域のリサイクルセンターや不用品回収業者に相談して、大量回収のサービスが利用できるか確認しましょう。

また、フリマアプリやオークションサイトを利用して売却することで、不要なハンガーを有効活用することも可能です。さらに、地域の寄付団体や知人への譲渡も検討すると良いでしょう。

大量のハンガーを処分する際にはコストや時間、環境への影響を考慮して、最適な方法を選択することが大切です。

ハンガーをまとめて処分するなら不用品回収業者へ

ハンガーをまとめて処分したい場合、不用品回収業者の利用が便利です。不用品回収業者は家庭から出るさまざまな不用品を一括で回収し、適切に処理してくれます。

サービスを利用する際は、事前に複数の業者を比較し、料金や回収可能なアイテム、サービスの詳細を確認しておくことが大切です。また、信頼できる業者を選ぶことで、安心してハンガーを処分できます。

ぜひ本記事を参考にハンガーの処分を進めてみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK