ハンガーラックの捨て方7選!処分費用の相場と自分で解体して無料で捨てる方法も解説

No Image

「ハンガーラックってどうやって処分すればいいの?」

「ハンガーラックを処分する際の料金をが知りたい」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?ハンガーラックは、衣服をハンガーにかけて収納する家具です。ハンガーラックは意外に大きさもあり、処分方法に困る方も多いでしょう。

この記事は以下の点について解説します。
・ハンガーラックの7つの処分方法
・方法別ハンガーラックの処分費用相場
・ハンガーラックの解体方法

これら全てがわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ハンガーラックの処分は粗大ゴミ処分が一般的

ハンガーラックを自治体で処分する場合、粗大ゴミで処分するのが一般的です。まず、ハンガーラックの処分方法を解説する前に処分の際の基礎知識をつけていきましょう。

  • 分解して捨てるなら何ゴミか自治体確認する
  • ハンガーラックの素材とゴミ分別種類

順番に解説していきます。

分解して捨てるなら何ゴミか自治体確認する

ハンガーラックはその素材によって何ゴミに分類されるか異なります。分解して処分する場合には、各部品、素材ごとに分別が必要です。

市役所名地には1年単位の分別カレンダーや、細かく分別内容が記されている冊子などが置いてあります。市区町村ごとのルールを必ず確認するようにしましょう。

わからない場合には、市役所やゴミセンターに問い合わせると安心です。

ハンガーラックの素材とゴミ分別種類

ハンガーラックは、素材によって分別が異なります。以下の表で分別方法をインプットしておきましょう。

素材分別
木製燃えるごみ
スチール資源ごみ、もしくは不燃ごみ
ステンレス不燃ごみ
ゴム(ラバーウッド)燃えるごみ
※自治体によって処分規定が異なる

自治体によって規定が異なることもあるので、住まいの自治体の分別ルールを確認して正しく処分してください。

ハンガーラックの捨て方7選

ハンガーラックの処分方法は、以下7つの方法があります。

  • 粗大ゴミとして処分する
  • 分解して一般ゴミとして処分する
  • 買い替え時に引き取りしてもらう
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 知人・友人・ジモティで譲る
  • 不用品回収業者に回収してもらう

順番に解説していきます。

粗大ゴミとして処分する

ハンガーラックは、自治体で処分する場合「粗大ゴミ」に該当するのが一般的です。自治体の規定によって異なることもありますが、一辺が30cm以上の場合は粗大ゴミで処分しなければなりません。

ハンガーラックは、コートなど縦長のものもハンガーに掛ければ畳まずに収納できるような長さに設計されているものがほとんどです。そのため、粗大ゴミの規定サイズを超える超えることとなるでしょう。

粗大ゴミとして処分する場合には、申込みや運び出しなどの手続きが必要です。大まかな手順は以下の通りです。

  1. 電話やインターネットで自治体の粗大ゴミ受付に申込を行う
  2. 粗大ゴミ処理券(地域により名称が異なる)をコンビニやスーパーで購入する
  3. 処理券に受付番号や名前を記入し、ハンガーラックの目立つところにに貼り付ける
  4. 予約した日の指定時間にハンガーラックを指定場所に搬出する

自治体によって手順が異なる場合もあるので公式ホームページで詳しく確認してください。

手続きや運び出しなど手間をかけず、すぐに処分したい場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

分解して一般ゴミとして処分する

ハンガーラックの中には、パーツを取り外せば分解できる場合もあり、一般ゴミとして処分可能な場合もあります。一般ゴミとして処分できれば、費用かけずに処分可能です。

工具を使ってパーツを取り外したり、ノコギリでカットしたりと粗大ゴミ規定以下に小さくできれば、通常の一般ゴミ扱いになります。一般ゴミとして処分する場合には、パーツごとにルールに従って分別を行うようにしましょう。

自治体によっては、分解したとしても粗大ゴミ扱いになる場合もあるので事前に公式サイトで確認してください。

工具の扱いに慣れていない場合や硬い性質の部分を無理に分解しようとすると、怪我のリスクがあるので無理に行わず、軍手などで防止して作業しましょう。

買い替え時に引き取りしてもらう

ハンガーラックの買い替えを考えている場合には、購入店舗で不要になったハンガーラックも引き取ってもらえる可能性があります。実際、ニトリや無印良品では、引き取りサービスを行っています。

購入と同時に不要になったハンガーラックを引き取りしてもらえるので、効率が良い方法です。一方で、店舗に直接持ち込まなければならない場合がほとんどで、運搬に手間を要します。

また無料で回収してもらえることもあれば、有料で引き取りしている場合もあります。店舗によって引き取りしていない場合や引き取り条件があるので必ず確認するようにしましょう。

処分だけを請け負ってくれることはほとんど無いため、ハンガーラックを処分したいだけの場合は、他の処分方法を検討しましょう。

リサイクルショップに買取してもらう

まだ使える状態のハンガーラックであれば、リサイクルショップで買取してもらう方法もあります。特に有名メーカーやアンティーク製品は高値がつきやすいです。

リサイクルショップの中には買取条件がある場合もあり、条件に当てはまらない場合や汚れ、変色が激しい場合には買取不可になることもあります。

最近では、店舗に直接持ち込まなくても、出張買取や宅配買取などもあるのでぜひ活用してみましょう。大まかな手順は以下の通りです。

  1. リサイクルショップの買取条件を確認
  2. 条件に問題なければ、リサイクルショップに連絡してハンガーラックの買取を依頼する
  3. ハンガーラックの査定額提示
  4. 提示価格に納得できればハンガーラックの引き渡し、料金を受け取る

買取してもらえるか不安な方は、LINEなどで買取査定を行っているところもあるので活用してみてください。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトで買い手が見つかれば、リサイクルショップよりも高い利益を見込めます。リサイクルショップと異なり、自身で販売価格を決められ、梱包や発送なども自身で行う必要があります。

買取条件などもなく自由に出品できますが、必ず買い手が現れるとは限らず、売れるまでに時間がかかることが多いです。大まかな手順は以下の通りです。

  1. ハンガーラックの状態がわかるように複数枚写真を撮る
  2. 出品記載欄にハンガーラックの傷や素材、販売価格を書き、写真とともに出品する
  3. ハンガーラックの買い手が見つかったら、商品を梱包して発送する
  4. 買い手が商品を受け取って評価されれば、料金が反映される

傷がある場合には必ず記載してトラブルにならないように注意しましょう。また、ハンガーラックは大きさや重量があり配送料が高くつくことがあります。配送料も考慮した上で販売価格を設定するのが大切です。

知人・友人・ジモティーで譲る

引越しや家族が増えた場合など身近にハンガーラックを欲している人がいれば、譲渡する方法もあります。無料で処分できるほか、リユースにもなるので環境にも優しいです。

知人や友人にハンガーラックを欲している人がいない場合には、地域密着型掲示板「ジモティー」で引き取り手を募集できます。ジモティーで譲渡する手順は、基本的にフリマアプリやオークションサイトと同様です。

無料で譲渡とはいえ個人間取引であり、トラブルの原因にもなりかねないので正直にハンガーラックの状態を共有することが大切です。また、郵送で取引する場合には、配送料をどちらが負担するのが事前に擦り合わせておくようにしましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

料金はかかりますが、手間をかけずに即日中に処分したい場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。ハンガーラックが運び出せない場合でも業者が現地に赴き、運び出しから処分まで請け負います。

ハンガーラック以外のあらゆる不用品もまとめて処分してもらえるため、大掃除や引越しの際にもおすすめです。料金は、見積もり金額を出してもらい合意すれば確定します。大まかな手順は以下の通りです。

  1. 不用品回収業者に電話やネットで問い合わせ
  2. 料金見積もりを行う
  3. 料金に納得したら、引き取りの日時や場所の調整
  4. 当日、業者がハンガーラック等の運び出しと処分を請け負う

事前に複数の業者から見積もりを取得し、サービス内容を比較するのがおすすめです。不用品回収業者を選ぶ際は、口コミや評判をチェックしておくと、なお安心です。

ハンガーラックの処分費用相場

続いて、ハンガーラックの処分費用相場を解説していきます。

  • 粗大ゴミでの廃棄費用
  • 不用品回収業者の引き取り費用

それぞれみていきましょう。

粗大ゴミでの廃棄費用

粗大ゴミとして処分する場合、自治体によって処分費用が異なります。いくつかの自治体の料金事例をピックアップしました。

自治体処分費用
東京都西東京市500円
埼玉県さいたま市550円
※最大の1辺又は直径が90cm以上2m未満のごみ
神奈川県横浜市500円
大阪府大阪市400円
東京都大田区300円
※自治体によって料金は異なる

自治体によってはハンガーラックという名称ではなく「パイプハンガー」「キャスターハンガー」「回転式ハンガー」などといった別名称で呼ばれている場合があるので確認するようにしましょう。

基本的に1,000円以下で処分可能です。

不用品回収業者の引き取り費用

不用品回収業者「片付け侍」の引き取り費用は以下のようになっています。

回収プラン費用(税込)
単品回収5,000円〜
Sパック(軽トラックで回収)11,880円〜
Mパック(1tトラックで回収)29,700円〜
Lパック(1.5tトラックで回収)39,600円〜
XLパック(2tトラックで回収)49,500円〜
※不用品の量やスタッフ派遣料などで料金は変動します

現在、WEB割を行っており、『WEB割を見た』と言うことで10%OFFが適用されています。追加費用一切ナシで出張費も無料です。

まずは、無料見積もりから検討してみましょう。

ハンガーラックを自分で解体して一般ゴミで捨てる方法

先にも解説した通り、不要になったハンガーラックを一般ゴミで処分する場合には、自身で解体が必要です。ハンガーラックの素材によって解体方法は異なるので、ここではスチールで出来た組み立て式のハンガーラックの解体方法を解説していきます。

一般的に持っている人は少ないかと思いますが、パイプカッターがあるとスチールやアルミ素材は簡単に切断できます。パイプカッターは、ホームセンターなどで購入できます。まずは解体用の工具を用意しましょう。大まかな手順は以下の通りです。

  1. 軍手を着用する
  2. キャスターや連結部分のパーツを解体する
  3. 支柱とポール部分とを分け、30cm未満になるようにパイプカッターで切る
  4. 専用のゴミ袋に入れて、回収日に一般ゴミとして出す
  5. 怪我の恐れがあるので、無理に行わず必ず軍手をするようにしましょう。

解体には、想像以上に時間と手間がかかります。怪我を避けるために無理せず、日付を分けて余裕を持ちながら解体作業を行いましょう。

ハンガーラックを即日処分したいなら片付け侍へ

ハンガーラックの処分にはいくつかの方法がありますが、手間や時間をかけずに確実に処分したい場合には不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

ハンガーラック以外にも不用品がある場合には、コストパフォーマンス良く処分できる場合もあります。

不用品回収業者「片付け侍」では365日年中無休で稼働しており、依頼すれば最短30分で駆けつけて無料見積もりを行っています。

ハンガーラックの処分にお困りの方は、ぜひ不用品回収業者「片付け侍」にご相談ください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK