大型家具の処分方法8選!安くて簡単な方法をご紹介!重くて運べない家具ならこれ!

「大型家具の処分方法は?」「重くて運べない家具をどう処分すればいいの?」などと悩んでいませんか?

大型家具の処分には様々な方法があり、それぞれに適した手順と注意点が存在します。自治体の粗大ごみサービスから不用品回収業者の利用、リサイクルショップでの買取まで選択肢は多岐にわたります。

本記事では、大型家具を処分する際の8つの方法、それぞれの方法における費用や注意点を詳しくまとめました。最後まで読むことで、最適な処分方法を見つける手助けとなるため、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

大型家具の捨て方8選

大型家具の処分方法は多岐に渡ります。以下に、代表的な捨て方を8つまとめました。

  • 自治体の粗大ごみ
  • 解体して家庭ごみとして出す
  • リサイクルショップの買取
  • 不用品回収業者に引き取り処分を依頼
  • 買い替え時ならお店に引き取ってもらう
  • 引越しなら引っ越し業者に引き取ってもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで売る
  • 家具の寄付やチャリティーを利用する

それぞれ捨て方が異なるため、状況に合わせて最適な処分方法を選択しましょう。

処分する家具が婚礼家具の場合で、「処分は縁起に影響するのでは?」など心配されているなら、婚礼家具の処分方法に特化した内容の記事をご一読してみてください。

自治体の粗大ごみ

大型家具を処分する最も一般的な方法は、自治体の粗大ごみ処分サービスを利用することです。事前に自治体に連絡し、粗大ごみとしての処分を申し込めば処分できます。

処分する家具の種類やサイズに応じて、適切な手数料が発生することもあるため注意が必要です。回収日は自治体によって定められており、指定された日に家具を指定の場所に出す必要があります。

比較的低コストで処分できるだけでなく、自治体が適切に処理してくれるため環境に優しい捨て方です。

解体して家庭ごみとして出す

大型家具を自ら解体し、家庭ごみとして処分する方法もあります。たとえば、家具が大きすぎて自治体の粗大ごみとして出せない場合や、処分費用を節約したい場合に最適です。

ただし、解体には適切な工具と安全な作業方法が必要です。解体後の部品は自治体の規定に従って家庭ごみとして分別し、指定の日に出す必要があります。

処分費用を抑えられて自分のタイミングで処分できますが、手間と時間がかかる点に注意しましょう。

リサイクルショップの買取

リサイクルショップでは、まだ使用可能な家具を買い取ってくれることがあります。リサイクルショップは家具を処分すると同時に少額の収入を得られるため、とくに状態の良い家具を処分する際に最適です。

買取価格は家具の状態や需要によって異なるため、複数のショップに相談することを検討しましょう。リサイクルショップでは、家具のブランドやデザイン、状態などを評価して買取価格を決定します。

買取を希望する場合は、事前に写真を撮ってショップに問い合わせると良いでしょう。

不用品回収業者に引き取り処分を依頼

不用品回収業者を利用することで、大型家具を手軽に処分できます。不用品回収業者の利用は、とくに重い家具や運搬が困難な場合に便利です。

ただし、サービスの費用は業者によって異なるため、事前に複数の業者から見積もりを取ることが重要です。不用品回収業者は家具のサイズや量に応じて料金を設定し、家具を自宅から直接回収してくれます。

サービスを利用する際には、信頼できる業者を選ぶことが重要で、口コミや評判を確認すると良いでしょう。

信頼できる不用品回収業者の選び方はこちらの記事を参考にしてみてください。

買い替え時ならお店に引き取ってもらう

新しい家具を購入する際、古い家具を販売店に引き取ってもらえます。直接お店に引き取ってもらえば、新しい家具の配送と同時に古い家具を処分できるため、非常に便利です。

一部の家具店では、新しい家具の購入と同時に古い家具の引き取りを無料または低価格で行っています。新しい家具の設置と古い家具の処分を一度に行えるため、活用すべき処分方法と言えるでしょう。

ただし、すべての店舗がこのサービスを提供しているわけではないため、購入前に確認が必要です。

引越しなら引っ越し業者に引き取ってもらう

引越しをする際には、引越し業者に不要な家具の処分を依頼できます。引越しと同時に家具の処分を行うため、手間を省くことが可能です。

ただし、追加料金が発生する場合があるため、事前に料金とサービスの詳細を確認することが重要です。

引越し業者によっては家具の処分に別料金を設定している場合もあるため、複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討することをお勧めします。

引っ越し業者は不用品処分サービスを行っていない業者もあります。引っ越し時に不用品回収をセットで依頼できる業者6選をこちらの記事で紹介しています、

フリマアプリ・オークションサイトで売る

フリマアプリやオークションサイトを利用して、不要な家具を売却できます。

フリマアプリ・オークションサイトでの処分は、とくに需要のある家具やデザイナーズ家具に最適です。

自分で価格を設定し、写真や商品説明を通じて販売できますが、配送や取引の手間がかかることを考慮する必要があります。

フリマアプリやオークションサイトでは家具の状態やブランド、デザインなどを詳細に記載し、購入希望者と直接やり取りをしなくてはいけません。

そのため、時間に余裕がある場合や高価な家具を適正価格で売却したい場合に選ぶべき方法といえます。

家具の寄付やチャリティーを利用する

家具を寄付することで、社会貢献をしながら処分できます。多くのチャリティーや非営利団体が家具の寄付を受け付けており、特に状態の良い家具や必要とされているアイテムは歓迎されるでしょう。

寄付する際には、寄付先の条件や手続きについて事前に確認することが重要です。寄付を受け付けている団体には、地域の福祉団体や教育機関、災害支援団体などがあります。

寄付によって税制上の優遇措置を受けられる場合もあるため、詳細は専門家に相談すると良いでしょう。

捨てたいけど運べない大型家具を簡単に処分

大型家具を処分したいけれど、その重さや大きさが運搬の障害となっている場合、最適な解決策は不用品回収業者の利用です。サービスを利用することで、重い家具を自分で運び出す必要がなくなり、時間と労力を大幅に節約できます。

労力はかかりますがその他の手段もあります。

もし労力を惜しまず、他の処分方法を考えたいという方は、部屋から出せない家具の処分方法の記事を読んでみてください。

不用品回収業者一択

不用品回収業者は家具のサイズや重量に関係なく、自宅から直接回収してくれるため、個人で運び出す手間やリスクを回避できます。

また、不用品回収業者は処分する家具の種類や量に応じて料金を設定し、迅速かつ効率的に処分作業を行ってくれるため便利です。

サービスの利用には費用がかかりますが、利便性と時間の節約を考えると、コストパフォーマンスは非常に高いと言えるでしょう。

もし業者を選ぶ際には、料金体系やサービスの範囲、口コミを確認して信頼できる業者を選ぶことが大切です。

大型家具の処分費用は?

大型家具を処分する際には、方法によって費用が異なります。ここでは、自治体や不用品回収業者に依頼した場合の処分費用や無料での処分方法をまとめます。

タンスベッドソファなどの個別の処分方法や費用については下記記事でまとめています。

自治体の粗大ごみの費用

自治体の粗大ごみサービスを利用する場合、処分する家具のサイズや重量に応じて異なる費用がかかります。たとえば、東京都の場合、粗大ごみの大きさによって以下の費用が定められています。

大きさ費用(税込)
1辺が30cm以内の立方体300円
1辺が30cmを超える立方体400円
大型家具(1辺が1mを超える立方体)1,000円

自治体は一般的に低コストで、多くの自治体が提供しています。ただし、サイズが大きいだけでなく、重さがあり処理に手間がかかる大型家電は高くなる可能性が高いです。

処分費用がどれぐらいかかるかは、自治体のウェブサイトや窓口で確認できます。粗大ごみの申し込み手順や回収日、必要な手数料などを事前に確認し、適切に処分計画を立てましょう。

不用品回収業者の費用

不用品回収業者を利用する場合、サービスの利便性に見合った費用がかかります。料金は処分する家具の量や種類、回収の難易度によって異なるため注意しましょう。

たとえば、東京都の場合、不用品回収業者の処分費用は以下のようなものが挙げられます。

品目費用(税込)
家具(1点)1,000円〜
家電(1点)3,000円〜
粗大ごみ(1個)2,000円〜
不用品一式(1t)10万円〜

多くの業者が無料見積もりを提供しており、事前に料金を確認することができます。

不用品回収業者は自宅からの直接回収と迅速な処分を行うため、重い家具や大型家具の処分に最適です。

料金は自治体の粗大ごみ処分サービスよりも高くなりますが、利便性と時間の節約を考えるとコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

無料の処分方法はこれ

大型家具を無料で処分したい場合、家具の寄付やフリマアプリを利用した処分方法を選択しましょう。寄付は状態の良い家具を地域の福祉団体や非営利団体に提供することで、社会貢献と処分を同時に行えます。

フリマアプリやオークションサイトを利用すると、不要な家具を売却して収入を得ることも可能です。とくに家具の状態が良く、需要がある場合に適しています。

無料で処分する方法は、費用をかけずに家具を処分したい場合に特に有効です。ただし、寄付や売却には時間と労力がかかることを考慮する必要があります。

大型家具を処分するときの注意点

大型家具を処分する際には、いくつかの重要な注意点があります。まとめると以下のとおりです。

  • 解体しても部品まで重くて捨てにくい
  • 中途半端に動かして逆に捨てにくくなる

それぞれ詳しく解説します。

解体しても部品まで重くて捨てにくい

大型家具を解体する際、部品が非常に重く処分しにくいという問題点があります。とくに大きな家具や木製の家具でよく見られる問題です。

重い部品を運ぶ際には、適切な機材や追加の助手が必要になる場合も多いです。また、解体した部品を適切に分別し、自治体の規定に従って処分する必要があります。

処分するためには、家具の材質やサイズに応じた正しい処分方法の知識が必要です。

中途半端に動かして逆に捨てにくくなる

大型家具を動かす際には、計画的に行いましょう。中途半端に家具を動かすと、家具が出口に引っかかったり、他の家具や壁に損傷を与えたりする可能性があります。

とくに、狭いスペースや階段がある住宅で問題となります。家具を動かす前に、移動経路を確認し、必要に応じて追加の助手や機材を用意することが重要です。

また、家具を動かす際には、床や壁を保護するための措置を行いましょう。

運べない大型家具の不用品回収なら〇〇がおすすめ

運べない大型家具は〇〇に依頼することで、安心かつ効率的に処理することが可能です。〇〇は大型家具の回収と処分に特化しており、家具のサイズや重量に関わらず、自宅から直接回収してくれます。

重い家具を自分で運び出す必要がなくなり、時間と労力を節約可能です。利便性と時間の節約を考えると、コストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

信頼と実績のあるサービスで、お客様の処分の悩みを解決いたしますので、捨てたい大型家具の処分は〇〇にお任せください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK