不要なタンスの処分ガイド!費用、タンス種類別、おすすめ方法まで全て解説

「タンスをどう処分すればいいの?」「処分にかかる費用はどれくらい?」などと悩んでいませんか?

タンスの処分方法は多岐にわたり、選択肢に応じて費用も大きく変わります。種類によって処分方法も異なるため、正しい処分方法を事前に確認しておくことが大切です。

本記事では、タンスの処分方法やかかる費用、処分時の注意点まで詳細にわたって解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

タンスを処分する前に行うべきこと

タンスを処分する前には、状態を細かくチェックすることが欠かせません。傷や破損があるかどうか、修理が必要かどうかを見極めることで、処分方法を適切に選択できます。

タンスの状態をチェックする

タンスの状態をチェックすることは、処分プロセスを始める上で最初の重要なステップです。タンスの各部を丁寧に見て回り、修理が必要な箇所がないか、または修理する価値があるかどうかを検討します。

特にアンティークなどの価値があるタンスの場合は、専門家に相談して適切な処理方法を決定することが大切です。チェックを怠ると、後で思わぬ手間や費用がかかることになるかもしれません。

大きさ・種類によって処分方法が変わる

タンスの大きさや種類によって選ぶべき処分方法は大きく異なります。例えば、小さなタンスや簡単に解体できるタンスは、自分で処理も可能ですが、大型のタンスや特殊な材質で作られたタンスは、自治体の粗大ごみとして処分できないことが多いです。

そのため、不用品回収業者に依頼することになるでしょう。また、タンスの材質やデザインによってはリサイクルショップでの買取が可能な場合もありますので、処分する前に様々な選択肢を検討することが重要です。

使わないタンスの9つの処分方法

使わなくなったタンスを処分する方法をまとめると以下の通りです。

  • 解体して一般ごみで捨てる
  • 自治体の処分(粗大ごみ・持ち込み)
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • 家具店に引き取りしてもらう
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで売る
  • メーカーの引き取りサービス
  • 引っ越し業者に引き取りしてもらう
  • 知人に譲る

それぞれ詳しく解説します。

タンスの他にも大型の家具を処分する予定の方はこちらの記事をご覧ください。

解体して一般ごみで捨てる

タンスを自分で解体して処分する方法は、処分にかかる費用を抑えられるため、小さなタンスや簡単に分解できるタイプに最適です。しかし、タンスによっては重たい材質や大きなパーツが含まれているため、解体には一定の労力が必要です。

また、自治体によっては家具の一般ごみへの出し方に制限があるため、事前に確認が必要になります。

自治体の処分(粗大ごみ・持ち込み)

多くの自治体では、粗大ごみとしてタンスを処分するサービスを提供しています。自治体の処分方法は、大型のタンスや自分で解体が難しいタンスを処分するのに最適です。

粗大ごみとして出す場合、事前に申し込みが必要であり、処分には一定の手数料がかかることが一般的です。また、自分で処理施設に持ち込むことで処分費用を節約できる場合もあります。

しかし、自治体で処分する場合、自分で運び出しをしないとなりません。

「タンスが部屋から出せない!」という話しはよくある事です。

もし部屋から出せない家具を処分する方法を知りたいなら下記の記事で紹介しています。

リサイクルショップに買取してもらう

まだ使用可能な状態のタンスは、リサイクルショップに買取してもらえます。タンスを無駄なく処分し、同時に少額の収入を得られるため、非常に効果的です。

買取価格はタンスのブランドや状態、需要によって異なります。買取を希望する場合は、事前に複数のリサイクルショップに相談し、最も良い条件を提供してくれる店を選ぶことが重要です。

家具店に引き取りしてもらう

新しい家具を購入する際、古いタンスを引き取ってもらえる家具店もあります。引き取りサービスは、新しい家具の購入と同時に不要になったタンスを手間なく処分できるため、非常に便利です。

引き取りサービスを提供しているかどうかは、店舗によって異なるため、購入前に確認することが重要です。サービスを利用することで、新しい家具の設置と同時に、古いタンスを効率的に処分できます。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者の利用は、大量の不用品や大型の家具を手間なく処分したい場合に最適な選択肢です。専門の業者は家具の運搬から処分までの全工程を一手に担ってくれるため、手間がかかりません。

業者選びの際には信頼できる業者を選ぶことが重要であり、事前に口コミや評判をチェックし、複数の業者から見積もりを取りましょう。

不用品回収業者を利用すると、タンスの処分をスムーズかつ効率的に行えて、新たな空間を確保できますね。

優良不用品回収業者は特徴があるため、選び方のコツを抑えておく必要があります。不用品業者の選び方の記事で詳しく解説しています。

フリマアプリ・オークションサイトで売る

フリマアプリやオークションサイトを利用して不用品を売る方法は、不要なアイテムを現金に変える機会を提供します。特に状態が良いアイテムや人気ブランドの商品を処分する際に有効です。

出品する際には商品の写真を丁寧に撮影し、詳細な説明文を添えることで、買い手を引きつけられます。ただし、取引の際には安全な支払い方法を選択し、個人情報の保護にも注意が必要です。

メーカーの引き取りサービス

多くの電化製品メーカーでは、古い製品を新しい製品に買い替える際に、古い製品を引き取るサービスを提供しています。大型の電化製品や特定のブランドの製品を処分する際に、大変便利なサービスです。

メーカーによる引き取りサービスを利用することで、製品が適切にリサイクルされ、環境への負担を減らせます。サービスの利用条件や手数料については、事前にメーカーのウェブサイトで確認しましょう。

引っ越し業者に引き取りしてもらう

引っ越しを機に不用品を処分したい場合、引っ越し業者に不用品の引き取りを依頼できます。多くの引っ越し業者は、引っ越しと同時に不用品の回収サービスを提供しているため、手間を大幅に軽減することが可能です。

サービスの内容や料金は業者によって異なるため、複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討しましょう。

引っ越し業者は不用品回収サービスがない業者もあります。不用品回収をセットで依頼できる業者についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

知人に譲る

不用品を処分するもう1つの方法は、友人や家族、知人に譲ることです。特にまだ使用可能なアイテムや愛着のある品物を処分する際に適しています。

アイテムを必要としている人に直接譲ることで、品物が新たな命を得ると同時に、無駄な廃棄を防げます。譲る際には、アイテムの状態を正直に伝え、受け取る側が納得した上で交換することが大切です。

タンスの処分費用比較と節約術

タンスを処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

処分・廃棄にかかる費用

タンスの処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
解体して一般ごみで捨てる無料~500円
自治体の処分(粗大ごみ・持ち込み)500円~3,000円
リサイクルショップ0円~5,000円
家具店5,000円~10,000円
不用品回収業者10,000円~20,000円
フリマアプリ・オークションサイト5,000円~20,000円
メーカーの引き取りサービス5,000円~10,000円
引っ越し業者5,000円~10,000円
知人に譲る無料

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。

ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

費用を節約するためのアドバイス

タンスの処分費用を節約するためには、いくつかのポイントがあります。まず、自治体が提供する粗大ごみ回収サービスの利用を検討しましょう。

多くの場合、粗大ゴミ回収サービスが最もコストを抑えられます。使用可能な状態であればフリマアプリやオークションサイトでの売却、知人への譲渡を検討すると処分費用をかけずに済みます。

複数の不用品回収業者から見積もりを取り、サービスと費用を比較することも費用を節約する上で効果的です。

タイプ別のタンス処分方法

タンスの処分方法を選ぶ際には、タイプや材質に注目することが重要です。和箪笥、プラスチック製のタンス、大型のタンスなど、異なるタイプのタンスはそれぞれ最適な処分方法が異なります。

ここでは、タイプ別の処分方法をまとめます。

和箪笥

和箪笥は美しさと職人技で価値があり、単なる収納家具以上の意味を持つことが多いです。そのため、処分する前に、リサイクルショップやアンティークショップでの買取可能性を探ることを検討しましょう。

また、文化的価値を考慮して、博物館や伝統工芸を扱う施設への寄贈も1つの選択肢です。和箪笥の処分を考える際には、歴史的・文化的価値を尊重することが重要です。

プラスチックタンス

プラスチック製のタンスは、軽量で取り扱いやすい反面、リサイクルが難しい場合があります。自治体のリサイクルプログラムを確認し、プラスチック製品の回収に対応しているかをチェックしましょう。

まだ使用可能な状態であれば、フリマアプリやオンラインマーケットプレイスでの再販も検討する価値があります。プラスチックタンスの処分では、環境への影響を最小限に抑える方法を選ぶことが望ましいです。

大型のタンス

大型のタンスは、サイズと重量から処分が特に困難な場合があります。大型タンスの処分には、専門の不用品回収業者の利用が最も効果的です。

業者は大型家具の運搬と処分に慣れており、適切な方法でリサイクルまたは廃棄を行ってくれます。ただし、サービスを利用する前に、複数の業者から見積もりを取り、サービス内容と費用を比較することが重要です。

大型のタンスには、すのこを入れている方も多いですが、すのこは別の方法で処分ができます。
すのこ捨て方については下記の記事をご覧くださいませ。

タンスを処分する際の注意点

タンスを処分する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 悪徳業者に注意する
  • 不用品回収業者の選定に注意
  • 粗大ごみのルールを確認する
  • 処分前にタンスの中身の掃除を行う

それぞれ詳しく解説します。

悪徳業者に注意する

タンスの処分を外部の業者に依頼する際には、悪徳業者に騙されないよう特に注意が必要です。悪徳業者は過剰なサービス料を請求したり、約束されたサービスを提供しなかったりします。

悪徳業者を避けるためには、事前に業者の評判を徹底的に調査し、口コミや評価をチェックすることが重要です。

契約前には見積もりを複数の業者から取り寄せて、内容と費用を比較検討することがお勧めですよ。

不用品回収業者の選定に注意

適切な不用品回収業者を選ぶことは、タンスの処分を成功させるために非常に重要です。信頼できる業者を選ぶためには、業者の過去の実績やサービスの範囲、料金体系を事前に確認することが必要です。

また、友人や家族からの推薦を受けることも、信頼できる業者を見つけるための有効な手段です。適切な業者を選ぶことで、安心してタンスを処分し、不要なトラブルを避けられます。

不用品回収業者には稀に悪質な業者も混じっています。全国の役所で注意喚起がされており、国民生活センターへの相談も増加傾向あります。

ぼったくりの不用品回収業者の特徴と手口はこちらの記事で詳しく解説しています。

粗大ごみのルールを確認する

タンスを自治体の粗大ごみとして処分する場合は、地域によって異なる処理ルールを事前に確認することが必要です。自治体によってルールが大きく異なるため、自治体のウェブサイトや窓口で詳細情報を入手しましょう。

地域のルールに従ってタンスを処分することで、スムーズな処理が可能となり、追加の手数料や罰金を避けれます。

処分前にタンスの中身の掃除を行う

タンスを処分する前には、中身をきちんと整理し、不要な物を取り除くことが重要です。中身の整理整頓を行うことで、タンスの重量を軽減し、処分プロセスを容易にします。

また、タンスの中に残された個人情報を含む書類や物品がないかも確認し、プライバシーの保護にも配慮しましょう。タンスの中身を適切に整理し清掃することで、処分作業がスムーズに進み、新たな所有者にとっても価値のあるものになります。

タンスに関するよくある質問

最後に、タンスの処分に関するよくある質問に回答します。

  • タンスが重くて運べない時の対処法は?
  • 解体作業が困難な時はどうしたらいい?
  • 婚礼タンスを処分すると後悔する?

タンスが重くて運べない時の対処法は?

重いタンスを移動する際には、適切な機材の使用や十分な人手の確保が重要です。家具移動用のスライダーやドーリーを使用することで、床を傷つけることなくスムーズに移動できます。

また、プロの家具移動サービスを利用することも、安全かつ効率的な選択肢です。重量のあるタンスを安全に移動させるためには、適切な準備と計画が必要であり、無理な力仕事は避けましょう。

解体作業が困難な時はどうしたらいい?

タンスの解体が困難な場合、専門の家具解体サービスの利用が最適な解決策となります。家具解体サービスは、家具の構造を理解しており、適切な工具と技術を用いて安全に解体作業を行います。

自分で解体を試みる場合は、家具の組み立て説明書を参照し、適切な工具を使用することが重要です。無理に解体を進めると、怪我をする危険性があるため、十分に注意しましょう。

婚礼タンスを処分すると後悔する?

婚礼タンスの処分を検討する際には、感情的な価値を考慮することが重要です。家族から受け継がれたタンスや思い出が詰まったタンスを処分することは、後になって後悔する可能性があります。

処分を決定する前に、家族と相談し、タンスを再利用する方法や、他の家族メンバーへの譲渡を検討することが望ましいです。また、タンスを寄付することで、新たな価値を生み出せます。

感情的な価値を十分に考慮し、慎重に処分を決定することが重要です。

タンスの処分は不用品回収業者がおすすめ

タンスの処分を考えている場合、不用品回収業者の利用が最も効率的で手間のかからない方法の1つです。特に大型のタンスや重量があるタンスの処分には、専門の知識と機材を持った人のアドバイスが必要となります。

不用品回収業者は、家具の運搬から処分までの全工程を一手に担ってくれるため、手間はかかりません。ま環境に配慮した処分方法を選択している業者も多く、リサイクル可能な材料は適切に分別して再利用されます。

業者選びの際には、事前に口コミや評判をチェックし、複数の業者から見積もりを取りましょう。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK