ゴミ屋敷住人になるのは病気?考えられる精神疾患や脳の障害と解決方法を紹介

ゴミ屋敷と聞くと、多くの人が単なる「片付けられない」という状態を思い浮かべるかもしれません。

しかし、その背後には、精神疾患や脳の障害・病気といった深刻な問題が隠れていることがあります。

この記事では、ゴミ屋敷の住人に見られる病気、その原因となる心理、そしてこれらが引き起こすストレスや無気力などの症状を探ります。

さらに、強迫性障害や認知症など、ゴミ屋敷と関連する可能性のある具体的な精神疾患や病気について詳しく解説します。

この記事により、ゴミ屋敷からの脱出が精神的な健康を取り戻す第一歩でもあることが分かるでしょう。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ゴミ屋敷住人に多い病気の種類

ゴミ屋敷に住む人の中には、精神疾患や脳の障害を抱えているケースが少なくありません。

  • セルフネグレクト
  • ADHD
  • 自閉スペクトラム症
  • 統合失調症
  • 強迫性貯蔵障害
  • うつ病
  • 認知症

以下では、ゴミ屋敷と関連性のある代表的な病気や障害について、症状や原因、治療法などをさらに詳しく解説します。

セルフネグレクト

セルフネグレクトとは、自分自身の身の回りの世話や生活環境を著しく怠る状態を指します。

ゴミ屋敷に住む人の中には、セルフネグレクトによって、掃除や片付けが困難になっているケースがあります。

以下のような病気がセルフネグレクトを引き起こすことがあります。

  • 精神疾患:うつ病、統合失調症、認知症など
  • 発達障害:ADHD、自閉スペクトラム症など
  • トラウマ:虐待やネグレクトなどの経験
  • 孤立:家族や友人との交流が少ない
  • アルコール依存症:薬物依存症

ゴミや汚物だらけの部屋で生活していたり、 食事や入浴をろくにしなかったりする症状が見られることも多いです。

また、医療機関を受診拒否する形でセルフネグレクトが表れる人もいます。

ADHD

ADHDは、不注意や多動性、衝動性が特徴の発達障害(病気)。

ADHDの人は、以下のような症状によって、家をゴミ屋敷にしてしまうことがあります。

ゴミ屋敷を引き起こすADHDは、以下のような特性があります。

  • 物を整理整頓することが苦手
  • 計画的に片付けられない
  • 衝動的に物を買ってしまう
  • 物への執着心が強い

ADHDの症状がゴミ屋敷の原因になることがあります。

不注意・多動性・衝動性が特徴


ADHDを理解し、適切な支援を提供することでゴミ屋敷となるリスクを減らせます。

自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症(ASD)は、その名の通り、社会的なやりとりやコミュニケーションに障害を持つ広範囲の発達障害を指します。

自閉スペクトラム症の人は、以下のような症状によって、ゴミ屋敷になりやすい傾向があります。

自閉症スペクトラム症の特性

  • コミュニケーションの困難
  • 興味や関心の偏り
  • 反復的な行動
  • 物の整理整頓が苦手
  • 変化を嫌がる
  • こだわりが強い

自閉スペクトラム症を持つ人々は、興味や関心の偏りにより、特定の物に対して過剰な集中をするため、片付けや整理に対しては関心を示さないことがあります。

また、新しい変化を受け入れることが難しく、既存の環境を維持しようとするため、物を積み重ねたままにすることがあります。

統合失調症

統合失調症は、幻覚や妄想などの症状が現れる精神疾患です。

統合失調症の人は、以下のような症状によって、ゴミ屋敷になりやすい傾向があります。

  • 幻覚
  • 妄想
  • 意欲の低下
  • 掃除や片付けが困難になる
  • 現実感覚が失われ、ゴミ屋敷に気づかない
  • 意欲が低下し、片付けようという意欲が湧かない

意欲の低下や現実感覚の喪失により、掃除や片付けが適切に行えなくなることがあります。

精神疾患による一般的な無気力や興味の喪失が、生活環境の悪化を招くことがあるので注意が必要です。

強迫性貯蔵障害

強迫性貯蔵障害は必要のない物を捨てられない精神疾患です。

強迫性貯蔵障害の人は、以下のような症状によって、ゴミ屋敷になりやすい傾向があります。

  • 必要のない物を捨てられない
  • 物を捨てると強い不安を感じる
  • 物がもったいないと思う
  • 物が自分のアイデンティティだと感じる
  • 物を捨てると強い不安や恐怖を感じる
  • 物で溢れた部屋で生活することに抵抗がない
  • 物を整理整頓することができない
  • 人に自分の部屋を見られたくない

所持している物が自分自身の一部であるかのように感じ、それらを手放すことが自分を失うことにつながると感じるため、物をため込んでしまうことが多いです。

捨てるのがもったいないと感じることが多い


また、自分の部屋の状態が恥ずかしいと感じ、他人に見られることを避けるため、ゴミ屋敷化が加速することが多いです。

うつ病

うつ病は、深刻な精神疾患であり、日常生活におけるさまざまな活動への影響が大きい病気です。

気分の落ち込みや無気力などの症状が特徴


うつ病は、家庭内の整理整頓を含む基本的な自己管理能力に大きく影響を及ぼします。うつ病によって現れる症状は、以下のように日常生活に大きな影響を及ぼします。

  • 日々の活動への意欲がなくなる
  • 掃除や片付けなどの動機が見つからない
  • 集中して物事に取り組むのが難しい
  • 常に疲れている感じがする
  • 睡眠不足による体力の低下

うつ病を患っている人がゴミ屋敷状態になりやすいのは、日常の管理タスクに必要なエネルギーと動機付けが不足しているためです。

掃除や片付けを始めることが困難であり、それが長期間にわたって続くと、ゴミや不要な物が溜まり続けることになります。

認知症

認知症は、脳の機能が徐々に衰えていく疾患であり、記憶力、判断力、思考力、そして行動能力に影響を及ぼします。

認知症の症状は、日常生活の様々な側面、特に自宅の管理や整理整頓に大きな影響を与えることがあります。

認知症を患っている人がゴミ屋敷になりやすい理由は以下の通りです。

  • 日常的な物の置き場を忘れる
  • 何がゴミで何が必要な物かの判断が難しくなる
  • 不要な物を溜め込む
  • 片付けや清掃の方法を理解することが困難
  • 物理的にも精神的にも片付ける行為が困難

認知症の方の家がゴミ屋敷になると、衛生問題や安全性のリスクが高まり、患者の健康にさらに悪影響を及ぼす可能性があります。

ゴミ屋敷になりやすい人の性格

ゴミ屋敷は、衛生面や安全面で問題となるだけでなく、住人の心身に悪影響を及ぼす可能性があります。

ゴミ屋敷に住む人の中には、以下のような性格傾向を持つ人が多いと言われています。

  • 孤独感を物で紛らわせている
  • ストレスを過剰に抱えている
  • 買い物依存症
  • 捨てるのがもったいない
  • 人に依頼することができない

性格的な原因を見極めることで、必要な援助を与えることができます。

孤独感を物で紛らわせている

ゴミ屋敷の住人の中には、物を集めることで孤独や寂しさから一時的に逃れようとする人がいます。

物を溜め込むことで感じる安心感には特徴があります。

  • ぬいぐるみや人形などに囲まれることで孤独感を感じにくくなる
  • 新しい物を買うことでストレスや不安から目を背けられる
  • たくさんの服や雑貨に囲まれることで安心感を得られる

しかし、このような行動にはゴミ屋敷に発展するリスクが伴います。

物が溜まりすぎると、住環境が悪くなり、衛生面での問題や生活空間が少なくなります。

物を集めることは、孤独や不安などの根本的な問題を解決するわけではありません。

ゴミ屋敷問題に直面している人は物に頼るのではなく、孤独感や不安と向き合うことが大切です。

ストレスを過剰に抱えている

ゴミ屋敷の問題は、日常のストレスが大きく関係しています。

多くの人が、仕事や人間関係からのストレスによって、家を片付ける余裕を失っています。

ストレス過剰の状態では、片付けを始めること自体がストレスを増やすことにつながり、結果的に整理や掃除が後回しにされがちです。

ストレスで片付けに集中できないことがある


高まったストレスは無気力や強迫性障害を引き起こすことがあり、認知症やADHDといった精神疾患や脳の障害につながることもあります。

これらはゴミ屋敷を生じさせる原因の一つとなります。

ストレスを過剰に抱えている人は、自分一人で解決しようとせず、専門家の支援を求めることが大切です。

心理的な支援を受けることで、心の負担を軽減し、片付けを始める第一歩を踏み出すことができるでしょう。

買い物依存症

買い物依存症は、衝動的に物を購入し家を不要な物で溢れさせる原因の一つです。

この病を持つ人は、安心感を得るため無意識に多くの物を買いがちになります。

セールやキャンペーンがあると、必要ではないのに物を買ってしまうことがあります。

新しい服を買っても着ずにしまっておく人もいる


購入すること自体に焦点があるため、購入後に「なぜ買ったのか」を思い出せないこともあります。

買い物依存症を克服するためには、自分自身の行動パターンを理解し、健康的な買い物習慣を身につけることが重要です。

また、信頼できる家族や友人に相談し、サポートを得ることも助けになるでしょう。

捨てるのがもったいない

ゴミ屋敷になりやすい人々の性格の中で、特に目立つのが「捨てることへの抵抗感」です。

この抵抗感は、思い出の品や将来的に使用する可能性があると考える物への執着から生じます。

執着心は家が不用品で溢れる主な理由


子供が小さい頃に使用していたおもちゃを捨てることができずに保管し続ける親がいます。

「いつか使うかもしれない」という考えから、古くなった家電製品を手放せない人も少なくありません。

不要な物を溜め込むことで、家の中の空間が狭くなり生活する上での不便さが増します。

この物理的な空間の問題は心理的な負担にもつながります。

物に対する執着や不安感は時間が経つにつれてストレスに変わり、精神的な健康を害する可能性があるので注意が必要です。

人に依頼することができない

ゴミ屋敷から脱却する過程で、多くの人が直面する壁の一つが「他人に助けを求めることへの抵抗感」です。

プライドが高い、または人に頼ることが苦手な性格のため、ゴミ屋敷の状態を一人で解決しようとする人がいます。

問題を一人で抱え込むことはゴミ屋敷を悪化させる


自分の問題は自分で解決すべきだと考え、他人に迷惑をかけたくないという思いから、助けを求めることを避ける人も多いです。

自分の家の状態を他人に見せることに恥ずかしさを感じ、助けを求めることができない人がいます。

単に人に頼ることが苦手で、どのようにしてゴミ屋敷の状態を改善すれば良いのか分からないという人もいます。

これらの感情や考え方は、ゴミ屋敷の問題を解決する上で大きな障害となります。

ゴミ屋敷を放置する事でなる病気

ゴミ屋敷は、衛生面や安全面で問題となるだけでなく、住人の心身に悪影響を及ぼす可能性があります。

ゴミ屋敷を放置し続けることで、以下のような病気が悪化したり、新たな健康被害が発生する可能性があります。

心の病が悪化する

ゴミ屋敷を放置することは、孤独感、不安感、うつ状態など、心の病気を悪化させる悪循環を生み出します。

  • 悪臭や害虫被害によって周囲から孤立し孤独感や不安感が増す
  • 人に知られたくないと思い友人や家族と距離を置くようになる
  • 周囲からの批判や非難は自己肯定感を低下させうつ状態に陥る
  • アレルギーや呼吸器疾患などの身体的疾患が精神ストレスを招く

このように、ゴミ屋敷は心身に悪影響を及ぼし悪循環を生み出します。心の病気の改善には、まずゴミ屋敷の状態を改善することが重要です。

脳の障害・認知症などが悪化

ゴミ屋敷を放置することは、不衛生な環境を生み出し、脳の機能に悪影響を及ぼし、認知症などの脳の障害を悪化させる可能性があります。

カビやダニなどが呼吸器疾患を引き起こし、脳の血流が悪くなることがある


ゴミ屋敷の悪臭は、脳の機能に直接悪影響を及ぼす可能性があります。

悪臭は嗅覚を通じて脳に伝達され、脳の機能を低下させるストレス物質を増加させると言われています。

ゴミ屋敷の不衛生な環境は、睡眠不足や栄養不足などの問題を引き起こし、認知症が悪化する原因になることがあります。

健康被害

ゴミ屋敷は、ダニやカビなどの発生によるアレルギーや感染症、害虫や害獣による被害、転倒や火災などの事故など、様々な健康被害を引き起こす可能性があります。

  • ダニやカビによる被害
  • 害虫や害獣による被害
  • 転倒や火災などの事故
  • 食欲不振や睡眠不足などの健康被害
  • 孤独感や不安感などの精神的なストレス

免疫力の弱い高齢者や子供は、皮膚炎やアレルギーなどの症状を起こしやすいので注意が必要です。

ゴミが燃えやすい素材の場合は、火災が発生しやすく、大きな被害につながる可能性があります。

ゴミ屋敷は様々な健康被害を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

孤独感が深まる

ゴミ屋敷は周囲との交流を減らし、社会的な孤立につながることで孤独感を深化させる要因となります。

人に知られたくないと思い、友人や家族と距離を置くようになる


ゴミ屋敷の悪臭や害虫被害によって、周囲から避けられるようになり孤立する人もいます。

また、孤独感を深める要因には以下のようなものがあります。

  • 自己肯定感が低下する
  • 友人や家族を家に招けなくなる
  • 周囲との交流が減り孤立する
  • 近所から避けられるようになる
  • 改善できない自分を責め、自己嫌悪に陥る

周囲から「汚い」「だらしない」などの批判を受け、自分自身を否定的に捉えるようになるリスクがあります。

ゴミ屋敷に起因する孤独感を克服するには、まずゴミ屋敷の状態を改善することが重要です。

ゴミ屋敷によるトラブル

ゴミ屋敷は、住人の健康や生活環境だけでなく、周囲にも様々な悪影響を及ぼす可能性があります。

  • 害虫・害獣が発生する
  • 悪臭
  • 火災
  • 住居の劣化・破損
  • 近隣からの苦情・通報

ここでは、ゴミ屋敷によって引き起こされるトラブルを5つ解説します。

害虫・害獣が発生する

ゴミ屋敷は、ダニ、ゴキブリ、ネズミなどの害虫・害獣にとって格好の住処です。

ゴミや食べかすに惹かれて繁殖し、衛生面や健康面で様々な問題を引き起こします。

皮膚炎や鼻炎などのアレルギー症状を引き起こす


ネズミは、ゴミや食べかすだけでなく、家具や電気コードなども食害します。

病原菌を媒介するため感染症を引き起こす可能性があるので注意しなければなりません。

ゴミ屋敷の害虫・害獣を駆除するには、専門業者に依頼するのが確実。業者による駆除は、薬剤や機材を用いて徹底的に行われるため根本的な解決につながります。

悪臭

ゴミ屋敷から漂う悪臭は、ゴミの腐敗臭やカビ臭など、様々な悪臭が混ざり合い非常に不なものです。

悪臭は周囲に漂うため悪臭被害を引き起こし問題を引き起こします。

  • 窓を開けられない、洗濯物が臭くなる
  • 頭痛や吐き気などを引き起こす
  • 精神的なストレスにもなる
  • 近隣住民とのトラブルに発展する

悪臭は、近隣住民の生活の質を著しく低下させる可能性があります。

悪臭の被害を受けた住民は、ゴミ屋敷の住人に直接苦情を言ったり、行政機関に相談したりする可能性があります。場合によっては、裁判沙汰になることもあります。

火災

ゴミ屋敷は大量の可燃物が密集しているため、火災発生のリスクが非常に高いです。

火災が発生すると、住人や周囲の住民の生命や財産を危険に晒すだけでなく、周辺地域にも大きな被害を与える可能性があります。

ゴミ屋敷の火災は、放火やたばこの不始末で発生する


電気配線のショートやコンセントの火花など、電気系統のトラブルが原因で火災が発生する可能性もあります。

ゴミ屋敷の火災は、可燃物が密集しているため、あっという間に燃え広がり鎮火が困難。

周囲の家屋を焼失させたり、周辺地域への取り返しのつかない被害を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

住居の劣化・破損

ゴミ屋敷は、大量のゴミが住居に負荷をかけるため、建物の構造や設備を劣化させます。

住居の劣化・破損は、安全性や耐久性の低下を招くことがあります。

  • 床が抜け、住人が階下に転落する
  • 壁が倒壊し、住人が負傷する
  • 建物が老朽化し、地震で倒壊する

大量のゴミは、床や壁、梁などに大きな負荷をかけるため、最終的に床が抜けたり、壁が倒壊したりするなど、建物の構造が破損する可能性があります。

また、ゴミ屋敷は、湿気やカビなどの発生を促進し、建物の老朽化を加速させるリスクがあります。

老朽化が進んだ建物は、地震などの災害時に倒壊するリスクが高くなる危険があるでしょう。

近隣からの苦情・通報

ゴミ屋敷は、悪臭や害虫・害獣被害など、様々な問題を引き起こし、近隣住民から苦情や通報を受ける可能性があります。

行政機関から指導や命令を受けることもあるため早急な対応が必要です。

害虫・害獣は、病原菌を媒介するリスクがある


悪臭や害虫・害獣被害などの苦情が行政機関に寄せられた場合、行政機関は、ゴミ屋敷の住人に指導や命令を行うことがあります。

悪臭や害虫・害獣被害は、民法上の侵害行為として損害賠償請求の対象となる可能性があるので注意しましょう。

ゴミ屋敷を解決する方法

ゴミ屋敷は、住人の健康や生活環境だけでなく、周囲にも様々な悪影響を及ぼす可能性があります。

ゴミ屋敷問題は自分一人で解決することはできません。

  • 心療内科に相談に行く
  • 人とのコミュニケーションを増やす
  • 友人や家族と一緒に片付ける
  • 引越しをする
  • 片付け業者に依頼する

ここでは、第三者の力を借りてゴミ屋敷を解決する5つの方法を解説します。

心療内科に相談に行く

ゴミ屋敷の問題は、見過ごされがちながらも深刻な精神的障害に根ざしていることがあります。

セルフネグレクトやADHDといった病気から生じることが多く、心療内科での専門的な支援が有効な解決策となります。

心療内科では、ゴミ屋敷問題の背景にある精神疾患や脳の障害を専門的に診断し、適切な治療法を提供してくれます。

心療内科で提供される治療方法

  • 薬物療法による気分の安定や不安の緩和
  • 認知行動療法をはじめとする心理療法
  • ネガティブな思考パターンの改善
  • 健康的な生活習慣の構築
  • ゴミ屋敷の片付けや生活習慣の改善に向けた具体的なアドバイス

心療内科への相談は、匿名で行うことも可能です。また、医療費の一部は、健康保険で負担することができます。

自治体の相談窓口に問い合わせて、心療内科を紹介してもらうと良いでしょう。

人とのコミュニケーションを増やす

ゴミ屋敷という問題は、単に物理的な片付けだけでなく、その背後にある孤独感という精神的な問題にも目を向ける必要があります。

人とのコミュニケーションを増やすことは、孤独感を軽減し、心の安定を取り戻す効果的な方法の一つです。

コミュニケーションを増やすことによって以下のような利点があります。

  • 家族や友人との交流が孤独感を和らげる
  • 周囲からの助け(片付け)を得やすくなる
  • 新しい人々との出会い視野が広がる
  • コミュニティへの参加で社会と結びつきが強まる

人とのコミュニケーションの増加は、ゴミ屋敷問題を解決する上で重要な要素の一つです。

孤独感の解消だけでなく、精神的な安定や社会との結びつきを強化することにも繋がります。

地域のサポートを活用しながら、自分に合ったペースでコミュニケーションの輪を広げていくことが健康的な生活への第一歩となります。

友人や家族と一緒に片付ける

ゴミ屋敷の問題を解決する際に、友人や家族と一緒に片付けを行うのもおすすめの解決策。

共に片付けに取り組むことで、物理的な負担だけでなく、精神的な負担も軽減されます。

友人や家族との片付けることでモチベーションが高まる


プロの片付け業者に依頼するよりも、友人や家族と一緒に片付けを行う方が、費用を大幅に節約できます。

一方で、作業の大変さによっては、支援してくれる人に過度の負担をかけてしまう可能性もあります。

また、人間関係を悪化させるきっかけになることもあるため注意。

友人や家族と一緒にゴミ屋敷の片付けに取り組むことは、多くのメリットがありますが、関係性を損なわないように注意が必要です。

引越しをする

引越しは、ゴミ屋敷から抜けだし新たな生活を始めるための大胆ながら効果的な手段です。

新しい環境に引っ越すことは、過去の生活習慣からの物理的な断絶を意味するため、心理的なリフレッシュをもたらせるでしょう。

ゴミ屋敷から抜け出す引っ越しのメリット

  • 新しい場所での生活はゴミ屋敷状態に戻るリスクを減少させる
  • 以前の習慣を断ち切り、整理整頓された生活を送りやすくなる
  • 気分を一新させ、モチベーションを向上させる

一方で、引っ越しにはデメリットもあります。

不動産の契約、運搬費用、新居の設備投資など、多額の費用がかかるため、計画的に物事を進める必要があるでしょう。

引越し業者や清掃業者のサービスを利用することで、物理的な負担を軽減できる可能性があります。

片付け業者に依頼する

専門の片付け業者に依頼することは、ゴミ屋敷問題を迅速に解決するための選択肢。

プロの手を借りることで、大量の不用品やゴミの処理を効率的に行うことができます。

ゴミ屋敷専門の片付け業者を利用するメリット

  • 短い時間で片付けを完了できる
  • 専門的な知識と技術を持つスタッフによる安全な作業

ゴミ屋敷専門の片付け業者を利用するデメリット

  • 費用が高額になることもある
  • 不適切な業者に依頼するとトラブルになる

ゴミ屋敷の片付けサービスを利用する際には、業者選びに注意し、費用とサービス内容をしっかりと確認することが重要です。

適切な業者選びを行うことで、ゴミ屋敷からの脱出がよりスムーズに、安心して進められるでしょう。

ゴミ屋敷は業者に依頼するのがおすすめ

ゴミ屋敷を解決するには、自分一人で片付けるより、ゴミ屋敷清掃業者に依頼する方がおすすめです。

自力での片付けには時間と労力がかかり、精神的な負担も大きくなるからです。

短時間で片付けることができる

ゴミ屋敷の問題を効率的かつ迅速に解決するためには、専門の片付け業者に依頼することが大切です。

経験豊富なスタッフが在籍している業者は、短時間で効率的に作業を進め、ゴミ屋敷の状態を根本から解決するノウハウを持っています。

プロの手を借りれば長期間を要することなく、迅速に片付けることが可能です。

  • 10畳の部屋でも、1日で片付けることができる
  • 週末だけを利用して短期間で片付ける
  • 片付ける部屋が遠方でも立ち会い不要で任せられる

時間がない方や、できるだけ早く問題を解決したい方にとっては最適な選択肢と言えるでしょう。

自分一人では難しい大規模な片付けも、プロの技術と経験によって、スムーズかつ迅速に進めることが可能になります。

業者により買取もしてくれる

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する際の大きなメリットの一つに、「買取サービス」があります。

買取サービスを提供している業者は、まだ使用可能な家具や家電、衣類などを買取り、費用の一部を相殺することができます。

買取サービスを利用することによるメリットは大きく、以下のような点が挙げられます。

  • 買取金額によっては、廃棄にかかる費用を大幅に減らせる
  • 持続可能な消費と資源の有効活用につながる

このように、買取サービスを提供している片付け業者を利用することは、ゴミ屋敷問題の解決だけでなく、経済的なメリットも得られるため非常におすすめの選択肢です。

不要ものと必要なものを分けてくれる

専門の片付け業者に依頼する際、特に価値のあるサービスの一つが、「不要なものと必要なものの分別」です。

分別サービスでは、思い出の品や大切にしているアイテムを捨てたくない場合でも、専門スタッフが丁寧に取り扱い、必要なものと不要なものを適切に分けてくれます。

大切なものを失う心配なく、効率的に片付けを進められる


写真やアルバムなどの思い出の品は、特に注意深く扱う必要があります。

大切なものと不要なものを適切に分別することで、後で後悔することなく、必要なアイテムを確実に残せます。不要なものを効率的に減らすことで、廃棄にかかる費用を抑えられます。

買取サービスを併用することで、さらに経済的なメリットを得ることもできます。

ゴミ屋敷の片付けは片付け侍へ

ゴミ屋敷は、単なる生活習慣の問題ではなく、精神疾患や脳の障害・病気によって引き起こされる可能性があります。

ゴミ屋敷にお困りの方は、心療内科や精神科を受診し、専門医による診断と治療を受けることが大切。

ゴミ屋敷をひとりで解決するのは難しいでしょう。

ゴミ屋敷専門の片付け業者に清掃を依頼したいなら、全国規模で活躍する専門業者「片付け侍」をおすすめします。

10年以上の経験と実績を持つプロ集団が、お客様に最適なプランを提案。24時間365日対応で、最短30分で駆けつけます。

不用品の処分から、買取査定までお客様のニーズに合わせた提案が可能です。

無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

すぐに片付けるなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK