ランニングマシーンの処分方法7選!捨て方ごとの処分費用と売却のコツを紹介!

本記事では、ランニングマシーンを適切に処分する7つの方法を紹介します。

サイズも大型で重量もあるランニングマシーンは、持ち運ぶだけでも大変で、どのように処分すべきなのか頭を悩ませるアイテムです。

「手間がかかりそうだし、費用も結構かかりそう…」と、処分をためらっている方も多いのではないでしょうか。

  • 手間や時間をかけずに簡単に処分する方法
  • 処分する際にかかる大まかな費用
  • ランニングマシーンの寿命
  • 高く売るコツ

など、本記事を読めば、ランニングマシーンを処分する際に知っておきたい有益な情報が得られます。

読み終われば、ランニングマシーンを正しい方法で、お得に賢く処分できるようになるため、処分方法にお困り中の方はぜひ最後までご一読ください。

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ランニングマシーンの処分方法7選

ランニングマシーンを処分する方法は、以下の7つです。

  • 自治体の粗大ゴミで処分
  • クリーンセンターに持ち込む
  • 不用品回収業者に回収してもらう
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • スポーツ用品専門の買取業者に買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • ジモティや知人に譲渡する

それぞれについて詳しく解説します。

ランニングマシーンだけでなく、筋トレマシンの処分も考えているようでしたら、筋トレマシンの処分方法の記事も確認してみてください。

自治体の粗大ゴミで処分

ランニングマシーンは、自治体の粗大ゴミとして処分できます。

粗大ゴミとして処分する際は、基本的に手数料がかかり、住む地域によって手数料の金額は異なります。

粗大ゴミ回収は自治体が運営しているため、手数料もそう高いものでもなく、1台あたり1,000円〜2,000円程度で依頼可能です。

難点は、基本的に即日の回収対応はしてもらえず、依頼をしてから回収されるまで1週間〜2週間程度の期間を要するところ。

また、指定のゴミ収集場所まで、重たいランニングマシーンを自力で運ぶ必要があるのもネック。

「時間に余裕がない…」「運び出すのは難しい…」という方は、別の方法を検討した方が良いでしょう。

クリーンセンターに持ち込む

自家用車がある、もしくは車を借りれる環境にあるなら、地域のクリーンセンターに持ち込んでランニングマシーンを処分可能です。

自治体によっては手数料がかかる場合がありますが、基本的に粗大ゴミ収集より安価で依頼できます

重たいランニングマシーンを持ち運ぶ手間がかかるものの、処分費用を抑えたいのであれば、検討する価値はあるでしょう。

なお、クリーンセンターに処分を依頼する場合、事前予約が必要となる自治体もあります。

自治体のホームページにて、クリーンセンターの場所と受付方法が記載されているので、利用を検討中の方はチェックしておきましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

今回紹介する処分方法の中で、もっとも手軽かつ時間をかけずにランニングマシーンを手放せる手段が、不用品回収業者への依頼です。

自宅まで回収に来てくれるうえ、搬出作業も全て業者が行なってくれるため、重たいランニングマシーンを手間なくラクに処分できます。

依頼をしてから即日で回収対応してくれる場合が多く、処分したいと思ったタイミングで手放せるのもポイントです。

また、不用品回収業者は、買取に対応するところがあるのも魅力。

買取と処分を同時に検討できるため、効率よくランニングマシーンを処分できます。

不用品回収業者の利用を検討したい方は、不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットの記事も確認してみてください。

リサイクルショップに買取してもらう

ランニングマシーンは需要の高いアイテムのため、リサイクルショップでも買取に対応するケースもあります。

ショップまで持ち運ぶ手間がかかるのが難点ですが、買取に対応してもらえれば、その日のうちにすぐランニングマシーンを手放せるのがポイント。

早めに売却してお金を手に入れたい方に、おすすめの処分方法といえるでしょう。

買取価格はメーカーや使用年数などによって異なり、数百円程度の査定金額になる場合や、数千円以上で売却できる場合もあります。

比較的知名度のあるメーカーで、製造から3年以内のモデルのランニングマシーンなら高額買取にも期待できるでしょう。

ショップによって査定基準が異なるため、高額で売却したいのであれば、できるかぎり複数のショップで査定してもらうことをおすすめします。

整理収納アドバイザー 米村さん
整理収納アドバイザー 米村さん

アウトドアや筋トレグッズにチカラを入れている業者に絞って持ち込むこともおすすめ!

スポーツ用品専門の買取業者に買取してもらう

ランニングマシーンをなるべく高額で売却したいなら、スポーツ用品専門の買取業者に売却するのがおすすめです。

スポーツ用品を専門とする買取業者のスタッフは、ランニングマシーンのようなフィットネス器具に関する知識を豊富に蓄えています。

そのため、ランニングマシーンの状態や価値を正確に判断し、相場に近い適正価格で買い取ってくれる可能性が高いです。

また、買取業者は多くは、出張による買取査定に対応しているのもポイント。

重たいランニングマシーンをわざわざ店頭まで持っていく必要がなく、手軽に売却を検討できます。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリ・オークションサイトで販売するのも、有効な処分方法です。

自身で売却額を大まかに設定できるため、希望通りの値段でランニングマシーンを売却できる可能性が高いです。

買い手が見つかるまで処分できないのがネックですが、相場価格に近い料金で販売すれば、買い手も比較的早く見つかるでしょう。

ただし、大型のランニングマシーンを売却する際は、配送料も高額になる可能性が高い点は注意が必要です

場合によっては配送料だけで10,000円を超えるケースもあるため、配送料の金額をしっかりチェックしたうえで販売価格を設定しましょう。

ジモティや知人に譲渡する

ランニングマシーンを、無料で知人に譲渡する手段もあります。

近隣で欲しい人がいるなら、配送料などを考慮する必要もなく、無料で処分できます

また、知人に譲った場合は、自身がもう1度使いたくなったときに借りられるというメリットもあります。

知人にランニングマシーンを欲する人が見つからないなら、ジモティーなどの地域掲示板サイトを利用してみると良いでしょう。

近隣に、ランニングマシーンを欲している人がいないか探せるため、効率よく譲る相手を見つけられます。

ランニングマシーンの処分費用

ランニングマシーンを処分する際にかかる大まかな費用の相場を、以下にまとめました。

処分方法費用相場
自治体の粗大ゴミで処分1,000円〜2,000円
クリーンセンターに持ち込む0円〜1,000円
不用品回収業者に回収してもらう3,000円〜6,000円
リサイクルショップに買取してもらう無料
スポーツ用品専門の買取業者に買取してもらう無料
フリマアプリ・オークションサイトで販売する3,000円〜10,000円(配送料)
ジモティや知人に譲渡する無料

処分方法によってかかる費用は異なり、手間や時間がかかる方法ほど、出費も抑えられます

処分にかけられる時間や手間、予算に応じて、自分の環境に最適と思える方法で処分しましょう。

ランニングマシーンは大型となると、部屋から出すことも難しいかもしれません。無理に部屋から出そうとして移動させると、壁を傷つけたり、ケガをしてしまいます。処分費用がかかっても運びやすさで処分方法を選ぶことも大切です。

部屋から出せない家具などの処分方法はこちらで詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

ランニングマシーンの寿命

ランニングマシーンは、耐用年数が明確に決められているわけではありませんが、一般的に3年〜5年程度で寿命を迎える傾向にあります。

  • 異音がする
  • ベルトがたわむ
  • 速度や傾斜の調整がスムーズにできない
  • モーターが焼き付きを起こす

これらの症状が現れた場合は、寿命が近づいている可能性が高いです。

使用を続けると思わぬケガをする恐れもあるため、買い替えや部品の交換、処分を検討しましょう。

ランニングマシーンを高く売るコツ

ここでは、ランニングマシーンを可能な限り高く売るためのコツを、4つ紹介します。

場合によっては、買取価格が数千円以上も上がる可能性もあるため、ぜひ目を通してみてください。

複数の買取店に見積もりを依頼する

買取店に買取を依頼する際は、複数の業者に見積もりを依頼したうえで売却を検討しましょう。

買取店の査定基準は、店舗によって異なる場合がほとんど。

同じ商品であっても「A店の査定金額は1000円、B店では5,000円」と、買取価格に数千円以上もの差が生じるケースはよくあります。

面倒だからと、1社のみに見積もりを依頼してそのまま売却すると、損をする可能性が高いです。

どこも一緒だろうと諦めず、できる限り複数の買取店に見積もり依頼して、ランニングマシーンをお得に手放しましょう。

付属品をそろえておく

ランニングマシーンに限った話ではありませんが、基本的にどの買取店でも、付属品が揃っていた方が買取価格が優遇される傾向にあります。

場合によっては数千円以上も買取額が上がるケースもあるため、付属品がどこかに保管されていないか、家の中を探しておきましょう。

ランニングマシーンの付属品は、主に以下があります。

  • 取り扱い説明書
  • 外箱
  • 専用工具
  • セーフティーキー・スペアキー
  • マット

ランニングマシーンの買い替えを検討中であれば、今後売却する可能性も考慮して、付属品も大切に保管しておくことをおすすめします。

汚れをキレイにする

売却前に、ランニングマシーンの汚れを綺麗に取り除いておくと、買取店によっては買取額を上げてくれる場合があります。

買取店は商品を買い取った後、スタッフが綺麗にクリーニングしてから再販売を行ないます。

綺麗な状態だと、クリーニングをする手間と労力を省けるため、買取額を優遇してくれる場合があるのです。

効果があるか否かは買取店によって左右されますが、査定がマイナスになるリスクは基本的にないため、目立つ汚れだけでも綺麗に取り除いておきましょう。

不具合がないかよく確認する

売却前に、ランニングマシーンに不具合がないかどうかもよくチェックしておきましょう。

正常に動作するように見えて、細かい点で不具合が生じているかもしれません。

たとえば、以下のような不具合です。

  • 使用中に異音がする
  • センサーの感度が悪い
  • メーターの表示が
  • 使用するたびに粉吹きが生じる

不具合がある場合、買取額が下がるのはもちろん、場合によっては買取を拒否される恐れもあります。

不具合はできる限り見つけておき、自力で対処できそうな場合は、なるべく解消しておきましょう。

自力での対処が難しい場合、ランニングマシーンに修理保証期間が設定されていないかチェックしてみてください。

保証期間が残っているのに、気づかないまま修理せずに放っておいている人は少なくありません。

保証期間内であれば、無償で修理・交換できる可能性があります。

不要になったらすぐに売る

ランニングマシーンが不要だと思ったら、出来る限り早めのタイミングで売却しましょう。

基本的にどの買取店でも、年式が新しいモデルほど、買取価格が優遇される傾向です。

ランニングマシーンは、毎年のように新モデルが販売されるため、放っておくとすぐに型落ちし、買取額も低くなりがちです。

なるべく高値で手放したいのであれば、「もう必要ないかな…」と思った時点で、すぐに売却を検討しましょう。

即日廃棄したいなら不用品回収業者へ

ランニングマシーンは、粗大ゴミとして捨てたり、リサイクルショップで売却したりなど、様々な方法で処分可能です。

持ち運びが必要だったり、手続きが必要だったりと、処分方法によってかかる手間や時間、出費も異なります。

自身の環境とランニングマシーンの状態に合わせて、最適な処分方法を検討しましょう。

ランニングマシーンが邪魔になっていて、すぐにでも処分したいとお考えなら、即日に回収に来てくれる不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者の中には、最短30分程度で駆けつけてくれるところもあります。

見積もりもほとんどの業者が無料で作成してくれるので、「早めにお部屋をすっきりさせたい!」という方は、気軽にぜひ相談してみてください。

この記事の監修者

米村 大子さん

  • 整理収納アドバイザー2級認定講師
  • 住宅収納スペシャリスト認定講師
  • 宅地建物取引士
  • 風水インテリアアドバイザー
  • 終活カウンセラー上級
  • おうちスタイリスト®

整理収納のプロとして、メディア出演やモデルハウスでの収納コーディネート、企業の収納提案などにも携わっている。

自身の働きながら子育てをした経験から、時短家事・子供の整理収納記事の監修・執筆も多数

人生の後半を“モノを循環して身軽に暮らす“仕組みとして50代から終活世代も応援中。

間取りから家族が笑顔に快適に暮らす片付くしくみ=暮らしカタを提案する専門家

公式サイト:https://kurashi-kata.com

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK