ファンヒーターと石油(灯油)の処分方法と費用、注意点を徹底解説!

No Image

「不要になったファンヒーターの処分方法は?」「処分にかかる費用はどれくらい?」などと悩んでいませんか?

不要なファンヒーターの処分方法は多岐にわたり、選択肢によって処分費用も大きく異なります。適切な処分方法を選ぶことで、手間とコストを節約できます。

本記事では、ファンヒーターを処分するための具体的な方法と、それぞれのメリット・デメリット、処分費用の比較を詳しく解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ファンヒーターの処分前に知っておくべきポイント

ファンヒーターの処分を考える際、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • ファンヒーターは本体・灯油・乾電池を分けて捨てる
  • 自治体によって処分方法が異なる

それぞれ詳しく解説します。

ファンヒーターは本体・灯油・乾電池を分けて捨てる

ファンヒーターを処分する際には、本体だけでなく、使用していた灯油や乾電池も適切に処理する必要があります。灯油は燃料として再利用可能な場合もあるため、地域のリサイクルセンターやガソリンスタンドに持ち込んで、適切に処理してもらえることが多いです。

乾電池に関しては多くの自治体では危険物として扱われるため、特別な回収ボックスに入れるか、指定された場所に持ち込む必要があります。ファンヒーター本体は、サイズや材質によって粗大ゴミとしての処理が必要になる場合があるため、事前に自治体のルールを確認しましょう。

自治体によって処分方法が異なる

ファンヒーターの処分方法は、住んでいる地域の自治体によって大きく異なります。一部の自治体では、家電リサイクル法に基づく回収を行っており、処分には手数料が発生する場合があるでしょう。

また、粗大ゴミとして処理する場合には事前に申し込みが必要な自治体も多く、処理券を購入して指定日に回収してもらう流れになります。処分費用は、ファンヒーターのサイズや重さによって異なり、数百円から数千円の範囲で変動することが一般的です。

自治体のウェブサイトや、直接問い合わせることで、正確な情報を得ることができますよ。

古いファンヒーターを処分する方法を6つ紹介

ファンヒーターの処分方法はひとつではありません。さまざまな選択肢を理解し、状況に応じて最適な方法を選ぶことが重要です。

以下に処分方法をまとめました。

  • 粗大ゴミで捨てる
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • 家電量販電の小型家電回収サービスで回収してもらう
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 知人・友人・ジモティで譲る

それぞれ詳しく解説します。

粗大ゴミで捨てる

古いファンヒーターを粗大ゴミとして処分する場合、まずはお住まいの地域の自治体のルールを確認する必要があります。多くの自治体では、粗大ゴミの処分には事前申請が必要で、処分する日を指定し、指定された場所に出す必要があります。

処分には手数料がかかり、金額は自治体やファンヒーターのサイズによって異なります。粗大ゴミで捨てる利点は、自宅から出すだけで処分できる手軽さにありますが、処分までに時間がかかったり手数料が発生する点に注意が必要です。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者にファンヒーターの引き取りを依頼する方法は、特に大きなファンヒーターや、自分で運び出すのが難しい場合に便利です。業者によっては、インターネットや電話で簡単に申し込みができ、自宅まで回収に来てくれます。

ただし、依頼時は費用がかかるため注意しましょう。業者によっては追加料金が発生する場合もあるため、事前に費用を確認し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

家電量販電の小型家電回収サービスで回収してもらう

多くの家電量販店では、小型家電のリサイクルを目的とした回収ボックスを設置しています。回収ボックスにファンヒーターを持ち込むことで、無料で処分できます。

ただし、回収サービスは小型のファンヒーターに限られることが多く、また、すべての家電量販店がサービスを提供しているわけではありません。そのため、事前に最寄りの店舗に確認しましょう。

エディオンで処分

エディオンなどの家電量販店では、購入した商品の引き取りサービスを行っている場合があります。サービスを利用すると古いファンヒーターを新しいものと交換する際に、古い方を無料または有料で引き取ってもらえるでしょう。

エディオンの引き取りサービスのメリットは、新しいファンヒーターを購入する際に、古いものを同時に処分できる手軽さにあります。ただし、サービスを利用するためには、新しいファンヒーターを店舗で購入する必要があります。

すべての店舗がこのサービスを提供しているわけではないため、事前に確認が必要です。

ヤマダ電機で処分

ヤマダ電機では、不要になったファンヒーターを持ち込むことで処分が可能です。多くの場合、ヤマダ電機では小型家電の回収ボックスを設置しており、ファンヒーターを入れることで簡単に処分できます。

ただし、ファンヒーターのサイズや種類によっては、回収を拒否される場合もあるため、事前に最寄りの店舗に確認することが重要です。また、ヤマダ電機の一部の店舗では処分に費用が発生することもあるため、詳細は直接店舗に問い合わせてください。

ケーズデンキで処分

ケーズデンキでも、使用済みのファンヒーターを処分するサービスを提供しています。購入した店舗であれば、古いファンヒーターの引き取りを行ってくれることがありますが、店舗や商品によって異なります。

処分を希望する場合、購入店舗または最寄りのケーズデンキに連絡して処分の可否や必要な手続き、費用について確認することが必要です。処分に際しては、ファンヒーターの状態や購入時の情報が求められることもあるため、準備しておくとスムーズです。

その他の家電量販店

ビックカメラやコジマ、ヨドバシカメラなど、その他の家電量販店でも不要になったファンヒーターの処分方法が用意されています。主に小型家電回収ボックスを通じての処分を受け付けていますが、サイズによっては対象外となる場合もあるため注意が必要です。

また、店舗によっては購入した商品のみ、引き取りを行っていたりします。処分を希望する前には必ず事前に店舗に確認し、処分の可否や条件、必要な手続きについて情報を集めることが大切です。

処分に関するポリシーは店舗によって異なるため、複数のオプションを検討することをお勧めします。

リサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップでの買取は、不要になったファンヒーターを現金化する手軽な方法です。買取価格は、ファンヒーターのブランド・モデル・状態・需要によって大きく変動します。

一般的には、数百円から数千円程度で買取されることが多いですが、特に人気の高いモデルや状態が良いものは高値で取引される可能性が高いです。最も高い買取価格を提示してくれる店舗を選ぶには、複数のリサイクルショップで見積もりを取りましょう。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトを利用すると、自分で価格を設定してファンヒーターを販売できます。買取よりも高い価格で売れる可能性がある点がメリットです。

しかし、販売までのプロセスには時間がかかり、購入希望者とのやり取りや発送作業が必要になります。また、商品の状態や価格設定が販売成立に大きく影響するため、市場価格を調査し、適切な価格設定をすることが重要です。

成功するためには、商品の詳細な説明と魅力的な写真を掲載することが欠かせません。

知人・友人・ジモティで譲る

不要になったファンヒーターを知人や友人に譲ることは、処分費用をかけずに済ませることができる方法です。また、地域密着型の売買プラットフォーム「ジモティ」を利用して、近隣の住民に無料または低価格で譲ることが可能です。

譲ることのメリットは、ファンヒーターが必要としている人のもとに直接届けられ、無駄なくリサイクルできる点にあります。ただし、譲る際にはファンヒーターの状態を正直に伝え、安全に使用できることを伝えましょう。

ファンヒーターで残った灯油(石油)の処分方法

ファンヒーターの使用後に残る灯油の適切な処分方法は、環境保護と安全性を考慮する上で非常に重要です。灯油は適切に処理されない場合、土壌や水質を汚染する可能性があり、不適切な保管は火災のリスクを高めます。

そのため、残った灯油は以下の方法を通じて、安全に処分しましょう。

  • ガソリンスタンドに持ち込みする
  • ホームセンターに持ち込みする
  • 整備工場に持ち込みする
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • 少量なら紙や布にしみ込ませて可燃ゴミ

それぞれ詳しく解説します。

ガソリンスタンドに持ち込みする

多くのガソリンスタンドでは、小量の使用済み灯油を回収してくれるサービスを提供しています。通常無料または非常に低コストで利用でき、灯油を適切に処理してくれるため、環境に優しい選択肢となります。

持ち込む前に、近隣のガソリンスタンドに連絡し、灯油の回収サービスの有無と受け入れ条件を確認してください。また、灯油を運搬する際は適切な容器に入れ、密閉して漏れがないように注意しましょう。

ガソリンスタンドによっては、回収できる灯油の量に制限がある場合があるため、大量の灯油を処分したい場合は複数の場所を検討してください。

ホームセンターに持ち込みする

一部のホームセンターでは、ガーデニング用品やDIY用品の販売と並行して、使用済み灯油の回収サービスを行っています。サービスを利用することで、灯油を専門的に処理してもらえるため、環境への影響を最小限に抑えられます。

ホームセンターに持ち込む前に、サービスの詳細や受け入れ条件を確認することが重要です。また、灯油の運搬時は適切な容器を使用し、安全に取り扱いましょう。

整備工場に持ち込みする

ファンヒーターで使用した灯油の処分には、地元の整備工場に持ち込むという選択肢があります。多くの整備工場では、灯油やエンジンオイルなどの廃油を受け入れていますが、事前に受け入れ可能かどうかを確認することが重要です。

持ち込みに際しては、灯油が漏れないようにしっかりと密封された容器に入れる必要があります。処分には費用がかかる場合が多いので、料金や持ち込み可能な量についても事前に確認しましょう。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者を利用することで、ファンヒーターの灯油を含むさまざまな不用品を一度に処分できます。回収業者のメリットは、自宅まで来てもらえるため、重たい灯油を運ぶ手間が省ける点です。

ただし、回収業者が灯油の処分を受け入れているか、また追加の料金が発生するかどうかを明確に確認する必要があります。業者によっては、特定の危険物の処分に対応していない場合もあるため、複数の業者に問い合わせて比較検討することが望ましいです。

少量なら紙や布にしみ込ませて可燃ゴミ

家庭で少量の灯油を処分する場合、紙や布にしみ込ませてから可燃ゴミとして処分する方法があります。灯油が少量である場合に限り適用され、灯油を安全に処分するための簡易的な手段として利用できるでしょう。

さらに、灯油を紙や布にしみ込ませることで、発火のリスクを最小限に抑えられます。ただし、しみ込ませた紙や布が完全に乾くまで待ち、他の可燃物とは別にしておくことが重要です。

可燃ゴミとして処分する場合は、大量の灯油を処分することは避け、安全性を最優先に考えることが必要ですよ。

ファンヒーターの処分費用の比較

ファンヒーターを処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

ファンヒーターの処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
粗大ゴミで捨てる200円~700円
不用品回収業者に引き取りしてもらう3,000円~10,000円
家電量販店の小型家電回収サービスで回収してもらう無料~3,000円
リサイクルショップに買取してもらう無料~3,000円
フリマアプリ・オークションサイトで販売する無料~3,000円
知人・友人・ジモティで譲る無料

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

ファンヒーターを高く売る方法

ファンヒーターを高値で売る方法を以下にまとめました。

  • 需要の高い時期に売る
  • 複数の業者に査定してもらう
  • 付属品を揃える

それぞれ詳しく解説します。

需要の高い時期に売る

ファンヒーターを高く売るための最も効果的な方法の1つは、需要が高まる時期に売り出すことです。一般的に、冬の寒い時期が近づく秋口から冬にかけては、ファンヒーターへの需要が高まります。

需要の高まる時期に売り出すことで、より多くの買い手が見込め、結果として高価買取や高額での売却が可能です。冬季の終わりや春にかけては、次の冬に向けて前もって準備をする購入者もいるため、売却のチャンスとなります。

複数の業者に査定してもらう

ファンヒーターを高く売るためには、1つの業者に限定せず、複数の業者に査定を依頼することが重要です。リサイクルショップや家電買取専門店、オンラインの買取サービスなど、さまざまな業者が存在します。

複数の業者に査定を依頼することで、それぞれの業者が提示する買取価格を比較し、最も高い価格を提示してくれる業者を選べます。査定は無料で行われることが多いため、時間と労力をかけることで、より高い利益を得ることが可能です。

付属品を揃える

ファンヒーターを売る際には、本体だけでなく、元箱・取扱説明書・リモコンなどの付属品をすべて揃えることが重要です。付属品が完備されていることで、製品の価値が高まり、買取価格や売却価格が上がる傾向にあります。

保証書がある場合は、含めることでさらに価値が高まることが期待できます。付属品を揃えることで、製品がより良い状態であることをアピールし、買い手を納得させられます。

ファンヒーターを捨てる時の注意点

ファンヒーターを捨てる時は以下のポイントに注意しましょう。

  • 灯油を空にして処分する
  • 電池は同時に回収できない場合がある
  • 悪徳業者に注意する

それぞれ詳しく解説します。

灯油を空にして処分する

ファンヒーターを処分する際に最も重要なのは、内部に残った灯油を完全に空にすることです。灯油は可燃性の液体であり、不適切な処理が原因で火災や環境汚染を引き起こす可能性があります。

灯油を抜く際には、安全な場所で行い、適切な容器を使用してください。また、灯油を抜いた後はファンヒーター内部を清掃して、灯油の臭いや残留物がないことを確認しましょう。

電池は同時に回収できない場合がある

ファンヒーターに使用されている乾電池は、ファンヒーター本体とは別に処理する必要があります。多くの自治体や処分施設では、電池を家電製品と一緒に処理することはできません。

そのため、ファンヒーターを処分する前に必ず電池を取り外し、指定された回収場所や方法で処分してください。電池の不適切な処分は、環境への悪影響やリサイクルの妨げになるため、正しい処分方法を守ることが重要です。

悪徳業者に注意する

ファンヒーターの処分を依頼する際には、悪徳業者に注意が必要です。不用品回収業者の中には、過剰な処分費用を請求したり不適切な処分方法をとる業者も存在します。

業者を選ぶ際には、信頼できる評判や口コミ、適正な価格を提示しているかを確認しましょう。また、処分費用やサービス内容を明確に示した見積もりを事前に取得し、不明点があれば契約前に確認することが大切です。

悪徳業者に騙されないためにも、慎重に業者選びを行うことが重要です。

不用品回収業者は分別が不要

不用品回収業社に依頼をすれば、ファンヒーターの灯油を分別する必要がありません。他の処分方法に比べても、最もスムーズに処分できます。

業者により灯油処分も纏めて行ってくれる

不用品回収業者を利用する大きな利点の1つは、灯油などの液体廃棄物の処分も含め、多くの場合で分別が不要であることです。特にファンヒーターのように内部に灯油が残っている場合、自分で適切に処理するのは困難かつ危険を伴います。

しかし、専門の回収業者であれば灯油の処分も安全に行ってくれるため、安心して任せられます。ただし、サービスを提供しているかどうかは業者によって異なるため、事前に確認が必要です。

灯油の処分には追加料金が発生する場合があるため、料金体系についてもあらかじめ問い合わせておくと良いでしょう。

他の不用品も一緒に回収してくれる

不用品回収業者を利用するもう1つのメリットは、ファンヒーターだけでなく家庭内の他の不用品も一緒に回収してくれる点です。家具・家電・衣類など、さまざまな種類の不用品をまとめて処分できるため、大掃除や引っ越しの際に非常に便利です。

一度に多くの不用品を処理できるため、時間と労力を大幅に節約できます。ただし、回収できる品目や量には制限がある場合が多いので、事前に業者に確認し、必要に応じて複数の業者を利用することも検討しましょう。

ファンヒーターの処分なら片付け侍へ

ファンヒーターを含む不用品の処分を検討している場合、専門の不用品回収サービスの利用をご検討ください。不用品回収業者は、迅速かつ手間なく不用品を処分できるサービスを提供しており、大型の家電や家具の処分に強みを持っています。

どこに依頼すればいいか迷った際には、「片付け侍」へのご相談ください。ファンヒーターの処分をはじめ、家庭内の様々な不用品を一括で回収して適切に処理するため、安心して依頼できます。

いつでも見積もり受付をしているため、お気軽にお問い合わせください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK