灯油の処分方法!大量、少量で違う捨て方と古い灯油の扱いについても解説!

「余った灯油の処分方法は?」「灯油ポリタンクの正しい廃棄方法は?」などと悩んでいませんか?

灯油の処分方法は、少量・大量の場合で捨て方が異なります。灯油が入っているポリタンクを処分する場合、灯油の購入店に引き取りしてもらう方法もありますが、不用品回収業者に引き取りを依頼する方が効率的です。

本記事では、灯油の処分時に抑えておくべきポイントや少量および大量の灯油の処分方法、ポリタンクの処分方法をまとめています。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・灯油の処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

灯油の処分時に抑えておくべきポイント

灯油の処分を考えたとき、まず知っておくべき基本的なポイントがあります。灯油は一般的な方法と処分方法が異なるため、安全性を最優先に考える必要があります。

ここでは、灯油を安全かつ適切に処分するための基本的なステップと、考慮すべきポイントを紹介します。

少量・大量の場合で捨て方が異なる

灯油の適切な処分方法を選択する際には、処分する灯油の量が重要な判断基準となります。少量であれば家庭内で安全に処理する方法がありますが、大量にある場合は専門の処理施設を利用しなくてはいけません。

大量の灯油を不適切に処分することは、環境汚染や安全上のリスクを引き起こす可能性が高いです。そのため、適切な処分方法を選択し、環境保護と自身の安全を確保しましょう。

灯油ポリタンクの寿命は5年

灯油を保管しているポリタンクは、使用開始から約5年が寿命です。期間を過ぎるとポリタンクの材質が劣化し、灯油が漏れ出すリスクが高まります。

漏れた灯油は火災の原因となることがあるため、ポリタンクの使用期限を守り定期的に状態を確認しましょう。

必要に応じて新しいものに交換することが推奨されます。

直接下水道に流して処分してはいけない

灯油を下水道に流して処分する行為は、下水管内での火災や爆発のリスクを高める非常に危険な行為です。灯油は水と混ざらず、下水処理施設で適切に処理されない可能性が高いため、環境への悪影響が懸念されます。

また、灯油の不適切な処分は法律によって禁止されており、適切な処分方法を選択することが法的にも求められています。安全と環境保護のためにも、灯油は専門の処理方法に従って処分することが重要です。

少量の灯油の処分方法

少量の灯油を処分する場合は、以下の方法を駆使して処分しましょう。

  • ストーブなどで使う
  • 凝固剤で固めて処分する
  • 布や紙にしみ込ませて可燃ゴミで捨てる

それぞれ詳しく解説します。

ストーブなどで使う

少量の灯油が余ってしまった場合、最も簡単で効果的な処分方法は暖房器具で使い切ることです。冬の寒い時期には、ストーブやファンヒーターなどで灯油を燃料として利用できます。

灯油を無駄にすることなく、家庭内での暖房に役立てることができるため、経済的かつ環境に優しい選択肢と言えるでしょう。ただし、使用する暖房器具が灯油に対応していることを確認し、安全に使用するための取扱説明書をよく読んでから使用してください。

凝固剤で固めて処分する

少量の灯油を処分する際には、凝固剤を使用して灯油を固め、固形化させる方法もあります。市販されている灯油用の凝固剤を灯油に混ぜることで、液体の灯油がゼリー状や固形状に変化し、取り扱いやすくなります。

固めた灯油は一般的な可燃ゴミとして処分できますが、地域のゴミ処理のルールを確認し、適切に処分してください。凝固剤を使用することで、灯油の誤飲や漏洩のリスクを減らし、安全に処分できます。

布や紙にしみ込ませて可燃ゴミで捨てる

余った灯油が非常に少量である場合、新聞紙や布などに灯油をしみ込ませ、可燃ゴミとして処分する方法も有効です。灯油を吸収させた新聞紙や布は、しっかりと乾燥させた後、地域のゴミ処理ルールに従って可燃ゴミとして捨てられます。

灯油を安全に処理するための簡単な手段であり、とくに灯油の量が少ない場合に最適です。ただし、灯油をしみ込ませた物を乾燥させる際には、火気を避けて換気の良い場所で行うようにしてください。

大量の灯油を処分する方法

大量の灯油を処分する場合は、以下の方法を駆使して処分しましょう。

  • ガソリンスタンドに灯油を持ち込む
  • 知人に譲る

それぞれ詳しく解説します。

ガソリンスタンドに灯油を持ち込む

大量の灯油を安全かつ責任を持って処分する方法の1つは、地元のガソリンスタンドに持ち込むことです。多くのガソリンスタンドでは灯油の回収サービスを提供しており、特に大量に処分したい場合には非常に便利です。

事前にガソリンスタンドに連絡を取り、灯油の回収が可能かどうか、必要な手続きや条件があるかを確認しておくことが重要です。

ガソリンスタンドによっては手数料を取る場合もあるため、事前に料金についても確認しておくと良いでしょう。

灯油を持ち込む際には適切な容器に入れ、漏れやこぼれがないようにしっかりと密封することが安全上非常に重要です。

知人に譲る

余った灯油を必要としている知人や友人に譲る方法もあります。とくに冬の寒い時期には、灯油を暖房用として使用する家庭も多く、余った灯油を喜んで受け取ってくれます。

灯油を譲る際には、灯油がまだ使用可能な状態であることを確認し、適切な容器に入れて安全に渡せるようにしましょう。また、灯油を受け取る側が安全に使用できるよう、使用方法や保管方法についても情報を共有することが望ましいです。

灯油を無駄にせずに済むだけでなく、地域社会や友人関係の中で助け合いの精神を育む良い機会にもなります。

灯油が入っているポリタンクの処分方法

灯油が入っているポリタンクは、灯油を処分する方法とは異なります。具体的な処分方法は以下のとおりです。

  • ホームセンターなど灯油の購入店に引き取りしてもらう
  • 中身を使い切って燃えるゴミとして捨てる
  • 不用品回収業者に引き取りを依頼する
  • 自治体の粗大ゴミとして捨てる

それぞれ詳しく解説します。

ホームセンターなど灯油の購入店に引き取りしてもらう

灯油を購入した際に使用したポリタンクは、購入店舗によっては回収してもらえる場合があります。ホームセンターに引き取りを依頼すれば、不要になったポリタンクを環境に優しく処分することが可能です。

しかし、全ての店舗がこのサービスを提供しているわけではないため、処分を希望する前に店舗に直接確認することが重要です。また、回収に際して手数料がかかる場合もあるため、事前に料金についても確認しておくと良いでしょう。

中身を使い切って燃えるゴミとして捨てる

ポリタンクの中身を完全に使い切った後、ポリタンク自体を燃えるゴミとして処分できます。ただし、燃えるゴミとして処分する前に、自身が居住する地域のゴミ処理規則を確認することが大切です。

ポリタンクをゴミとして出す際には、キャップを外して空であることを確認すれば、処理施設でのトラブルを避けられます。簡単かつ迅速にポリタンクを処分できるため、量が少ない場合に最適な処分方法です。

自治体の粗大ゴミとして捨てる

大きなサイズのポリタンクや複数を処分したい場合、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用することが適切です。粗大ゴミとして処分するには事前に自治体に連絡し、回収の手続きを行う必要があります。

粗大ゴミとして処分する場合は手数料がかかることが多いため、処分する前に費用を確認しておくと良いでしょう。

粗大ゴミとして処分することで、大量のポリタンクも一度に適切に処理することが可能となります。

不用品回収業者に引き取りを依頼する

不用品回収業者を利用することで、ポリタンクを含む様々な不用品を手軽に処分できます。不用品をまとめて処分できるため、ポリタンク以外にも処分品がある場合に最適な手段です。

業者に依頼する際は複数の業者から見積もりを取り、サービス内容や料金を比較しましょう。信頼できる業者を選ぶことで、ポリタンクを適切に処分し、環境への影響も最小限に抑えられます。

リサイクルショップやフリマアプリで売る

まだ使用可能な状態のポリタンクは、リサイクルショップやフリマアプリを通じて販売することも可能です。ポリタンクを無駄にせずに再利用することができるため、環境に優しい選択肢と言えます。

ポリタンクを販売する際には状態を正確に記載し、購入者が安心して使用できるようにすることが大切です。写真だけでは商品の状態を伝えるのが難しいため、どれぐらい使用してきたか言葉を交えながら説明をしましょう。

灯油処分時にかかる費用を捨て方別で比較

灯油を処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

灯油の処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
ストーブなどで使う無料
凝固剤で固めて処分する1Lあたり100円程度
布や紙にしみ込ませて可燃ゴミで捨てる無料
ガソリンスタンドに灯油を持ち込む無料~500円程度
知人に譲る無料
ホームセンターなど灯油の購入店に引き取りしてもらう無料
中身を使い切って燃えるゴミとして捨てる無料
不用品回収業者に引き取りを依頼する数千円~3万円程度
自治体の粗大ゴミとして捨てる1Lあたり30円~95円程度

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

古い灯油は処分すべき理由

古い灯油を持っている場合、早めに処分しましょう。なぜなら、以下の理由があるからです。

  • 劣化によってストーブなどの性能が低下する
  • 一酸化炭素中毒(CO中毒)の可能性
  • 安全上のリスクがある

それぞれ詳しく解説します。

劣化によってストーブなどの性能が低下する

古い灯油は時間とともに劣化し、品質が低下します。劣化した灯油を使用すると、ストーブやファンヒーターなどの暖房器具の性能が著しく低下する可能性が高いです。

たとえば、着火が困難になったり燃焼が不完全になることで熱効率が落ち、結果として暖房能力が低下します。さらに、不完全燃焼により器具の内部にすすが溜まり、メンテナンスの手間が増えることも多いです。

トラブルを避けるためにも、古くなった灯油は適切に処分し、新鮮な灯油を使用することが推奨されます。

一酸化炭素中毒(CO中毒)の可能性

劣化した灯油を使用すると、不完全燃焼が起こりやすくなり、一酸化炭素(CO)などの有害ガスが発生するリスクが高まります。一酸化炭素は色も匂いもないため、気づかないうちに室内に充満し、吸入することで一酸化炭素中毒を引き起こす可能性が高いです。

一酸化炭素中毒は頭痛やめまい、吐き気などの症状を引き起こし、重篤な場合は命に関わることもあります。安全を確保するためにも、古い灯油は使用せずに新しい灯油に交換しましょう。

安全上のリスクがある

古い灯油を使用することには、上記の性能低下や一酸化炭素中毒のリスクの他にも、様々な安全上の問題が伴います。たとえば、劣化した灯油は引火しやすくなることがあり、取り扱い中に火災が発生する危険性が高いです。

また、長期間保管された灯油は、容器の劣化による漏洩のリスクも伴います。安全上のリスクを避けるためにも、古い灯油は適切な方法で処分し、常に新鮮な灯油を使用しましょう。

劣化した古い灯油の見分け方

劣化した灯油を見分けるには、いくつかの明確なサインがあります。たとえば、新鮮な灯油は透明またはわずかに黄色がかっていますが、劣化すると色が濃くなり不透明になることが多いです。

また、新鮮な灯油の清潔で特有の臭いとは異なり、劣化した灯油は酸化や汚染による不快な臭いがする場合があります。色や臭いの変化は、灯油が酸化や汚染によって化学的に変化したことを示しており、使用する前に新しい灯油に交換するべきサインです。

劣化した灯油を使用すると、暖房器具の性能低下や安全上のリスクを引き起こす可能性があるため注意しましょう。

灯油を処分するときの6つの注意点

灯油を処分する際には、細心の注意を払う必要があります。主な注意点をまとめると以下のとおりです。

  • 下水や川に流してはいけない
  • 土に埋めてはいけない
  • 燃やして廃棄してはならない
  • 自治体ごとにルールが違うので確認をする
  • 不用品回収業者に依頼する場合は許可証の有無を確認する
  • 490Lホームタンクは業者へ依頼する

それぞれ詳しく解説します。

下水や川に流してはいけない

灯油を下水や川に流すことは、環境に対する深刻な汚染を引き起こします。水系に灯油が流入すると、水生生物に害を及ぼし、飲料水資源を汚染する可能性があります。

また、灯油は水と分離しやすいため、水面に膜を作って酸素の交換を妨げ、水生生物の生態系に深刻な影響を与えます。このような環境汚染は法律によっても禁止されており、違反した場合には罰則が科せられる可能性が高いです。

環境保護の観点からも、適切な処分方法を選択しましょう。

土に埋めてはいけない

灯油を土に埋めることは土壌汚染を引き起こし、長期的な環境問題を生じさせる可能性があります。土壌に灯油が浸透すると、土壌の微生物活動を阻害し、植物の成長を妨げる結果となるため注意しましょう。

また、汚染された土壌から灯油がさらに広がり、地下水を汚染するリスクもあります。土壌汚染は除去や浄化が非常に困難であり、長期にわたって環境に悪影響を及ぼすでしょう。

灯油の処分を考える際には土壌や地下水への影響を考慮し、汚染を避けるために適切な処分方法を選ぶべきです。

燃やして廃棄してはならない

灯油を燃やして廃棄することは、大気汚染や火災のリスクを高めるため、避けるべきです。燃焼によって有害な化学物質や煙が発生し、大気質を悪化させる可能性があります。

また、灯油は非常に引火しやすいため、不適切な燃焼は火災を引き起こす危険があり、人々の生命や財産に危険を及ぼすでしょう。灯油の処分を行う際にはリスクを避けるために、燃焼を伴わない安全な処分方法を選択することが求められます。

自治体ごとにルールが違うので確認をする

灯油の処分方法は、住んでいる地域の自治体によって大きく異なることがあります。一部の地域では特定の処分方法が推奨されていたり、特定の日に回収が行われたりする場合がほとんどです。

また、処分に関する規制や手数料が設定されていることも少なくありません。そのため、灯油やポリタンクを処分する前には、必ず自分が住む地域の自治体のウェブサイトを確認するか、直接問い合わせを行いましょう。

確認作業を怠ると、不適切な処分方法を選んでしまい、罰金が課される可能性もあります。

不用品回収業者に依頼する場合は許可証の有無を確認する

不用品回収業者に灯油やポリタンクの処分を依頼する場合、業者が適切な許可を持っているかどうかを確認することが重要です。灯油やその他の危険物を扱う場合、業者は特定の許可や資格を必要とすることがあります。

許可証の有無を確認することで、不法な廃棄業者による不適切な処分や環境汚染を防ぐことが可能です。信頼できる業者を選ぶことは、自身の責任を果たすとともに、環境保護にも貢献する行為と言えます。

業者を選定する際には口コミや評判、過去の実績なども参考にし、安心して任せられる業者を選ぶようにしましょう。

490Lホームタンクは業者へ依頼する

大容量の490Lホームタンクのような大型の灯油タンクを処分する場合、専門の業者に依頼することが最も安全かつ効率的です。大型タンクは、サイズと重量のために特別な機材や技術が必要となることがあり、個人で安全に処分することは困難です。

専門業者は大型タンクの適切な処理方法を熟知しており、環境への影響を最小限に抑えながら安全に処分できます。業者に依頼する際は、事前に見積もりを取り、処分にかかる費用や処理方法について詳細を確認しておきましょう。

適切な業者に依頼することで、大型タンクの処分を安心して任せられます。

灯油をこぼした場合や手についた時の対処法

灯油をこぼした場合は揮発性が高いため、火気の使用は厳禁です。非吸収性の素材(砂やキャットリターなど)を使用して灯油を吸収させ、その後、適切な容器に回収して処分します。

手に灯油がついた場合は皮膚への刺激を避けるために、乾いた布で拭き取り、石鹸と水で丁寧に洗い流します。灯油は皮膚から吸収されることがあり、長期間放置すると皮膚炎を引き起こす可能性があるため、速やかに洗い流しましょう。

また、灯油の臭いが残る場合は、柑橘系のクリーナーやアルコールベースの手指消毒剤を使用すると効果的です。

不用品回収業者なら余った灯油をポリタンクごと引き取り

灯油の処分方法は、少量・大量の場合で捨て方が異なります。灯油が入っているポリタンクを処分する場合、灯油の購入店に引き取りしてもらう方法もありますが、不用品回収業者に引き取りを依頼する方が効率的です。

余った灯油の処分に困った場合、不用品回収業者にポリタンクごと引き取ってもらうことが1つの解決策です。不用品回収業者は、家庭から出る様々な不用品を処分するサービスを提供しており、灯油やその他の化学物質の処理にも対応しています。

ただし、業者に依頼する前には灯油の処理が可能かどうか、処分にかかる費用や処理方法などを事前に確認しましょう。

灯油を含む不用品を手間なく処分できるため、処分に困っている場合はぜひ検討してみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK