食器棚の処分方法10選!運べない食器棚の処分方法から費用の相場まで解説!

「食器棚をどう処分したらいい?」「処分にかかる費用はどれくらい?」などと悩んでいませんか?

食器棚の処分方法は多岐にわたり、選択肢に応じて費用も大きく変わります。搬出時には養生して複数人で搬出するなど、処分時には細心の注意を払いましょう。

本記事では、手軽かつ効率的に食器棚を処分する方法や処分時にかかる費用相場、注意点を詳しく解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・食器棚の捨て方
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

食器棚の処分前に押さえておくべきポイント

食器棚を処分する際には、いくつかの重要なポイントがあります。ここでは、処分前に押さえておくべきポイントを解説します。

食器棚は分解処分できる

食器棚を処分する際、まず考えるべきは分解処分の可能性です。多くの食器棚はネジやボルトを使って組み立てられており、適切な工具を使えば比較的簡単に分解できます。

分解することで搬出が容易になるだけでなく、処分時に必要なスペースも小さくなります。ただし、分解する際は部品を紛失しないよう注意し、分解できない部品がある場合は取り扱いについても検討が必要です。

食器棚のサイズに合わせて最適な処分方法を選ぶ

食器棚のサイズは、処分方法を選択する上で重要な要素です。大型の食器棚は自治体の粗大ゴミとして処分するのが一般的ですが、サイズが小さければ一般ゴミとして処分できます。

また、サイズによってはリサイクルショップでの買取やフリマアプリでの販売が可能です。

食器棚のサイズを正確に把握し、サイズに合わせた処分方法を選択しましょう。

自治体ごとにルールが異なるので確認が必要

食器棚の処分に関する自治体のルールは、地域によって異なります。粗大ゴミとして処分する場合の手数料や申し込み方法、処分できるサイズの制限など、詳細は自治体によって大きく変わることが多いです。

そのため、処分を計画する前に、事前に自分が住む地域の自治体のルールを確認することが非常に重要です。確認することにより、無駄な手間や追加の費用を避けられます。

食器棚を処分する方法10選

食器棚を処分する際には状況や食器棚の状態、地域のルールに合わせて最適な方法を選ぶことが重要です。以下に、一般的に利用可能な10の処分方法をまとめました。

  • 粗大ゴミで捨てる
  • 自治体指定の収集所へ持ち込みする
  • 分解して可燃ゴミ・不燃ゴミで捨てる
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • 家具店の引き取りサービスを利用する
  • リサイクルショップに買取を依頼する
  • 中古家具店に買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 引っ越し業者に引き取りしてもらう
  • NPOや支援団体に寄付する

最適な処分方法を通じて、食器棚を効率的かつ適切に処分しましょう。それぞれ詳しく解説します。

粗大ゴミで捨てる

一般的に、食器棚は粗大ゴミとして処分されます。食器棚を粗大ゴミとして処分する場合、事前に自治体への連絡や手数料の支払いが必要になることが多いです。

処分日に合わせて食器棚を指定の場所に出す必要があり、大きさや重さによっては搬出を手伝ってくれる人を確保する必要があります。手軽さと利便性から多くの人に選ばれている処分方法ですが、地域によっては手数料が高い場合もあるため、事前の確認が必要です。

自治体指定の収集所へ持ち込みする

自治体が指定する収集所へ食器棚を直接持ち込む方法もあります。収集所へ持ち込む方法は、粗大ゴミとしての収集を待つ必要がなく、自分のタイミングで処分が可能です。

しかし、運搬手段を自ら用意する必要があり、大型の食器棚の場合は車両の手配が必要になります。

持ち込みの際は収集所の開設日や時間、持ち込み可能なアイテムの種類を事前に確認しましょう。

分解して可燃ゴミ・不燃ゴミで捨てる

食器棚を分解して、可燃ゴミや不燃ゴミとして処分する方法もあります。分解することで、処分が容易になり、自治体の通常のゴミ収集で処分できる場合も多いです。

しかし、分解には適切な工具や技術が必要であり、分解することで発生するゴミの量や種類を正しく分別する必要があります。また、分解によって再利用やリサイクルの機会を失う可能性もあるため、処分方法を選択する際には慎重に検討しましょう。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者に食器棚の引き取りを依頼する方法は、手間をかけずに処分したい場合に最適です。多くの回収業者は、食器棚の搬出から処分まで一貫して行ってくれますが、サービスには料金が発生します。

業者選びでは信頼できる業者を選ぶことが重要です。そのため、事前に複数の業者から見積もりをとり、サービス内容や料金を比較検討しましょう。

家具店の引き取りサービスを利用する

家具店の引き取りサービスは、新しい家具を購入する際に古い食器棚を引き取ってもらう便利なオプションです。サービスを利用すれば処分に伴う手間や費用を削減できるだけでなく、新旧の家具の交換がスムーズに行えます。

多くの家具店では、引き取りに際して一定の条件や手数料が設定されているため、サービスの詳細や利用条件を事前に確認することが大切です。

ニトリ

ニトリでは、家具の引き取りサービスを提供しており、特に大型家具の更新を考えている際に利用価値が高いです。ニトリで新しい家具を購入する際、古い食器棚を引き取ってもらえます。

家具の引き取りサービスは環境に優しく、また購入と処分を一度に解決できるため非常に便利です。サービスの利用条件や手数料については、ニトリの公式サイトや店舗で確認しましょう。

ペルメゾン

ペルメゾンも家具の引き取りサービスを行っており、特にインテリアにこだわりのある方に適した選択肢です。ペルメゾンでは購入した新しい家具のスタイルに合わせて古い食器棚を引き取ってもらえます。

引き取りと同時に、新旧の家具をスムーズに入れ替えることができるため大変便利です。利用条件や手数料に関しては、ペルメゾンのウェブサイトやカタログで詳細を確認しましょう。

ルームズ大正堂

ルームズ大正堂でも引き取りサービスを提供しており、アンティークやヴィンテージスタイルの家具を好む方に最適です。古い食器棚を引き取ってもらいつつ、新しい家具を選ぶ際にはルームズ大正堂の豊富な品揃えから選べます。

サービスの詳細や利用条件は、直接店舗に問い合わせるか公式サイトで確認しましょう。

リサイクルショップに買取を依頼する

リサイクルショップは不要になった家具を有効活用し、買取金額を得られる非常に経済的な選択肢です。リサイクルショップでは食器棚の状態やブランド、需要に応じて買取価格が決定されます。

買取までは査定から引き取りまで迅速に行われ、手間なく処分が可能です。

中古家具店に買取してもらう

中古家具店での買取は、希少価値のある食器棚やデザイン性の高いアイテムを処分する際に適しています。中古家具店ではアンティーク家具やデザイナーズ家具などに特化した買取を行っていることが多いです。

家具に特化しているため、適正な価格での買取が期待できます。

買取を希望する際は、事前にアイテムの状態を確認し、可能であれば事前査定を行いましょう。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトを利用して食器棚を販売する方法は、不要になった家具を有効活用できる手段です。主には、状態が良い食器棚やデザイン性に優れたアイテムを所有している場合に最適な処分方法といえます。

写真や商品説明を丁寧に作成し、適正な価格設定をすれば、興味を持つ購入者を引きつけることが可能です。ただし、取引の際には配送方法や支払い方法の確認が必要で、安全な取引のためにプラットフォームのガイドラインに従う必要があります。

引っ越し業者に引き取りしてもらう

引っ越しを機に食器棚を処分したい場合、引っ越し業者に引き取りを依頼する方法があります。多くの引っ越し業者は不要な家具の引き取りサービスを提供しており、追加料金の支払いによって引っ越しと同時に食器棚の処分が可能です。

引越し業者の引き取りサービスを利用することで、引っ越しの荷物を減らし、新居でのスペースを有効に活用できます。引き取りサービスの詳細や料金については、事前に引っ越し業者に確認し、見積もりを取ることが推奨されます。

NPOや支援団体に寄付する

食器棚をNPOや支援団体に寄付することは、社会貢献をしながら不要な家具を処分する方法です。多くの団体では寄付された家具を必要としている人々に提供したり、販売して収益を活動資金に充てたりしています。

食器棚を寄付する際には寄付を受け付けている団体を事前に調査し、条件や手続きについて確認することが大切です。寄付によって食器棚が新たな価値を持ち、誰かの役にたちます。

運べない食器棚の処分

運べないほど大きな食器棚を処分する際には、いくつかの方法が考えられます。サイズや重量が原因で自力での搬出が難しい場合、専門のサービスを利用することが最適な解決策です。

ここでは不用品回収業者への依頼、食器棚の解体と分別、出張買取サービスの利用という3つの方法を紹介します。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に食器棚の処分を依頼することは、特に大型で重たい食器棚を持ち運べない場合の理想的な選択肢です。多くの回収業者は、家からの搬出作業を含めた全面的なサービスを提供しており、迅速かつ効率的に食器棚を処分できます。

サービスの利用には料金が発生しますが、手間や時間を大幅に節約できるため、多くの人にとって魅力的なオプションです。業者選びでは信頼性やコストパフォーマンスを考慮し、事前に見積もりをとることが大切です。

解体して分別する

食器棚を自力で処分する1つの方法として、解体して分別するという選択肢があります。食器棚を小さな部品に分解すれば、可燃ゴミや不燃ゴミとして自治体の通常のゴミ収集での処分が可能です。

解体作業には適切な工具と安全対策が必要ですが、処分にかかる費用を抑えることができます。コストを重視する人にとって有効な方法ですが、解体には時間と労力が必要です。

分別のルールを正しく理解して処分しましょう。

出張買取を依頼する

食器棚がまだ使用可能な状態である場合、出張買取サービスを利用すれば、処分と同時に収益を得ることが可能です。買取業者は食器棚の状態やブランド、市場での需要を基に買取価格を提示します。

出張買取の場合、業者が直接自宅まで来て食器棚を査定し引き取ってくれるため、大型の食器棚を自力で運ぶ必要がありません。買取価格に納得がいけば、その場で取引が成立し、効率的に食器棚の処分ができます。

食器棚処分の費用相場一覧

食器棚を処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

食器棚の処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
粗大ゴミで捨てる400〜2,400円
自治体指定の収集所へ持ち込みする800円〜2,000円
分解して可燃ゴミ・不燃ゴミで捨てる1,000円〜3,000円
不用品回収業者に引き取りしてもらう3,000円〜10,000円
家具店の引き取りサービスを利用する5,000円〜20,000円
リサイクルショップに買取を依頼する1,000円〜5,000円
中古家具店に買取してもらう1,000円〜5,000円
フリマアプリ・オークションサイトで販売する1,000円〜5,000円
引っ越し業者に引き取りしてもらう5,000円〜20,000円
NPOや支援団体に寄付する無料

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

食器棚を処分するときの注意点

食器棚を処分する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 事前に食器棚の状態を確認する
  • 搬出時には養生して複数人で搬出する
  • 自治体のルールや注意事項を守る
  • 粗大ゴミとして処分するときは事前に申し込みをする
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

事前に食器棚の状態を確認する

食器棚を処分する前に、状態を詳細に確認することが非常に重要です。傷や破損がある場合、買取や寄付が難しくなる可能性があります。

食器棚の状態を確認することで、処分プロセスがスムーズに進み、予期せぬトラブルを避けられるでしょう。分解が可能かどうかも確認することで、処分の方法を適切に選択できます。

また、食器棚の中に残っている物を取り除くことも忘れずに行うことが大切です。

搬出時には養生して複数人で搬出する

食器棚の搬出時には、床や壁を傷つけないように養生することが大切です。また、食器棚は重量があるため、複数人で協力して搬出をおすすめします。

安全に搬出するためには、適切な搬出方法を事前に計画し、必要な道具や機材を準備しておくことが重要です。搬出の際には、安全第一で行動し無理な力を使わないようにしましょう。

また、搬出作業中に食器棚が壊れたり人が怪我をしたりしないように、十分な注意が必要です。

自治体のルールや注意事項を守る

食器棚を粗大ゴミとして処分する場合、自治体のルールや注意事項を守ることが必須です。粗大ゴミの申し込み方法や収集日、収集場所など地域によって異なるルールを事前に確認し遵守しましょう。

ルールを守らないと、処分が拒否される場合があります。処分する際には食器棚を適切な場所に設置し指定された方法で処分するなど、細かなルールにも注意を払いましょう。

粗大ゴミとして処分するときは事前に申し込みをする

粗大ゴミとして食器棚を処分する場合、多くの自治体で事前申し込みが必要です。申し込み方法や必要な手数料、収集日などを自治体のウェブサイトや窓口で確認し、指定された手続きに従って申し込みを行いましょう。

事前に申し込みをすることで、指定された日に確実に食器棚の処分ができます。申し込みを忘れると、処分ができないだけでなく不法投棄とみなされる可能性もあるため、注意が必要です。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

不用品回収業者に食器棚の処分を依頼する場合、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。見積もりを比較することで、サービスの内容や費用を把握し、最適な業者を選択できます。

見積もりの際には追加料金が発生しないよう、処分するアイテムの詳細を正確に伝えることが大切です。また、信頼できる業者を選ぶために、口コミや評判も参考にすると良いでしょう。

不用品回収業者を利用する際には、契約内容をしっかりと確認し、不明点があれば事前に質問することが重要ですよ。

食器棚と食器も同時に処分する方法

食器棚と中の食器を同時に処分することは、家の整理整頓や引っ越しの際に非常に便利です。食器棚と食器も同時に処分すれば、食器棚を空にする手間を省き、一度にすべての不要なアイテムを処理できます。

食器の処分方法は、リサイクルセンターやチャリティーショップへの寄付、地域のリサイクルイベントへの参加などさまざまです。不用品回収業者に依頼をすれば、処分と同時に買取をしてくれる可能性もあります。

食器棚の中に大量の食器があるならば、業者の利用を検討しましょう。

食器棚処分は不用品回収業者なら簡単

食器棚の処分方法は多岐にわたり、選択肢に応じて費用も大きく変わります。搬出時には養生して複数人で搬出するなど、処分時には細心の注意を払いましょう。

不用品回収業者を利用すれば、食器棚の処分が格段に簡単になります。不用品回収業者は、家具の搬出から運搬、処分までの全プロセスを一手に引き受けてくれるため、手間や時間を大幅に削減できます。

事前に複数の業者から見積もりを取り、サービス内容や料金、回収可能なアイテムの種類の確認が重要です。

信頼できる業者を選ぶために、業者の評判や口コミをチェックし、必要に応じて契約内容を明確にすることも忘れずに行いましょう。

ぜひ本記事を参考にして最適な業者への依頼を進めてみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK