ガスコンロを処分する8つの方法!賢く捨てる方法と費用、コンロの外し方も解説!

「不要になったガスコンロの処分方法は?」「処分にかかる費用を抑えるにはどうすればいい?」などと悩んでいませんか?

不要なガスコンロの処分方法は、自治体の粗大ごみ回収やリサイクルショップでの買取、不用品回収業者の回収などさまざまです。人の力を借りることで、処分にかかる手間と費用を効率的に抑えられます。

本記事では、ガスコンロを処分する際の具体的な方法や手順、注意点を詳しく解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・正しい捨て方
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ガスコンロの捨て方・処分の基本

ガスコンロの処分を考えたとき、まず知っておくべき基本的なポイントがあります。ガスコンロはただの家電製品ではなく、ガスを使用するための特殊な機器です。

そのため、処分する際には安全性を最優先に考える必要があります。ここでは、ガスコンロを安全かつ適切に処分するための基本的なステップと、考慮すべきポイントを紹介します。

処分すべきタイミングは購入から10年

ガスコンロの寿命は一般的に10年程度とされています。ガスコンロの寿命を過ぎると、ガスの漏れや故障のリスクが高まります。

また、性能の低下によりガスの消費量が増え、経済的にも不利益をもたらす可能性が高いです。10年を目安に、ガスコンロの状態をチェックし、新しいモデルへの買い替えの検討をしましょう。

地域ごとに捨て方が決められている

ガスコンロの処分方法は、住んでいる地域によって異なります。多くの自治体では、ガスコンロを粗大ごみとして扱い特定の回収日に収集してくれますが、事前に申し込みが必要な場合がほとんどです。

また、処分には手数料がかかることが一般的です。地域の清掃局や公式ウェブサイトで、ガスコンロの正しい捨て方と必要な手続きを確認しましょう。

正しい処分方法を選ぶことで、環境への影響を最小限に抑えられます。

ガスコンロを処分する方法8選

ガスコンロの処分を考える際、処分方法は多岐にわたります。実行可能な8つの処分方法をまとめると以下のとおりです。

  • 粗大ゴミで捨てる
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 不用品回収業者に回収してもらう
  • 引っ越し業者に回収してもらう
  • 産業廃棄物処理専門の業者に処分してもらう
  • 家電量販店に持ち込んで処分する
  • ホームセンターに無料で引き取ってもらう

それぞれ詳しく解説します。

粗大ゴミで捨てる

自治体が提供する粗大ゴミ回収サービスを利用すれば、ガスコンロを手軽に処分できます。粗大ゴミ回収サービスは通常、事前登録と小さな手数料が必要です。

その代わり、自宅から直接ガスコンロを回収してもらえるため大きな利便性を提供します。ただし、回収日や手続きの詳細は地域によって異なるため、事前に地域の廃棄物処理局に確認することが重要です。

正しい手続きを行うことで、安全かつ効率的にガスコンロの処分ができますよ。

リサイクルショップに買取してもらう

まだ使用可能な状態のガスコンロは、リサイクルショップで買取してもらえます。処分にかかるコストを回避するだけでなく、場合によっては少額の収入を得ることができるため非常に魅力的です。

リサイクルショップではガスコンロのブランドやモデル、状態に基づいて買取価格が決定されます。高く買い取ってもらいたい場合は、ガスコンロを清掃し、可能であれば取扱説明書や付属品を揃えておくことが大切です。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトでガスコンロを販売する方法は、状態の良いガスコンロを所有している場合に最適です。リサイクルショップよりも高い価格で販売でき、処分とともにお金を得られる方法になります。

魅力的な写真と詳細な商品説明を用意すれば、購入者の信頼を得ることが可能です。ただし、出品や梱包、発送の手間がかかるだけでなく、購入者とのやり取りが必要になります。

不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者を利用すると、自宅までガスコンロを回収してもらえます。重いガスコンロを自分で運ぶ必要がないため、特に一人暮らしや高齢者にとって便利です。

また、他の不用品も一緒に回収してもらえるため、まとめて処分する際に最適な方法といえます。

信頼できる業者を選ぶことで、安心してガスコンロを処分できます。

ただし、サービス利用には費用がかかるため、事前に複数の業者から見積もりを取って比較検討することが重要です。

引っ越し業者に回収してもらう

引っ越しを機にガスコンロを処分したい場合、引っ越し業者に回収を依頼できます。多くの業者は不用品の回収サービスを提供しており、引っ越しと同時にガスコンロを処分することが可能です。

引っ越し業者を選ぶ際には、不用品回収サービスの有無や条件を確認し、事前に契約内容を明確にすることが重要となります。ただし、引越しの依頼に加えてオプション料金が発生してしまうため、事前に料金を確認しておきましょう。

産業廃棄物処理専門の業者に処分してもらう

産業廃棄物処理専門の業者を利用することで、ガスコンロといった大型家電を適切に処分することが可能です。産業廃棄物処理専門の業者は、環境基準に準拠した方法で廃棄物を処理し、適切なリサイクルや廃棄を行います。

特定の処理方法が必要なアイテムは、産業廃棄物処理専門の業者を利用することが安全かつ環境に優しい選択です。ただし、サービスの利用には費用が発生するため事前に見積もりを取得し、サービス内容を確認しましょう。

家電量販店に持ち込んで処分する

多くの家電量販店では、購入した新しい家電の配送時に古い家電の引き取りサービスを提供しています。家電量販店のサービスを利用することで、ガスコンロなどの不要になった家電を手軽に処分できます。

家電量販店によっては持ち込みによる家電の回収サービスも行っている場合があるため、最寄りの店舗にサービスの有無を確認しましょう。新しい家電を購入する際のオプションとしてサービスを利用することで、処分の手間を省くことが可能です。

ホームセンターに無料で引き取ってもらう

一部のホームセンターでは、不要になった家電製品を無料で引き取ってくれるサービスを提供しています。家電製品の無料引き取りサービスは環境保護を目的としており、リサイクル可能な家電を適切に処理することで、資源の有効活用を図っています。

ガスコンロをはじめとする家電製品を処分したい場合は、最寄りのホームセンターに無料引き取りサービスの有無を確認すると良いでしょう。無料で引き取ってもらえる場合、処分にかかる費用を節約できます。

コーナン

コーナンは、家庭用品からDIY用品まで幅広い商品を取り扱う大手ホームセンターです。一部のコーナン店舗では、不要になった家電製品の回収サービスを行っている場合があります。

家電製品の回収サービスを利用することで、ガスコンロなどの大型家電を手軽に処分することが可能です。サービスの詳細や条件は店舗によって異なるため、利用を検討している場合は事前に最寄りのコーナン店舗に問い合わせましょう。

カインズ

カインズは日用品から園芸用品、DIY用品まで多岐にわたる商品を提供するホームセンターチェーンです。カインズの一部店舗では、お客様の不要になった家電製品を引き取るサービスを提供している場合があります。

家電製品の引き取りサービスを利用することで、ガスコンロをはじめとする不要な家電を簡単に処分できます。サービスの提供状況は店舗によって異なるため、利用を希望する場合は事前に情報を確認することが重要です。

ガスコンロの費用相場一覧

ガスコンロを処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

ガスコンロの処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
粗大ゴミで捨てる400〜2,400円
リサイクルショップに買取してもらう1,000〜5,000円
フリマアプリ・オークションサイトで販売する1,000〜5,000円
不用品回収業者に回収してもらう3,000〜10,000円
引っ越し業者に回収してもらう5,000〜20,000円
産業廃棄物処理専門の業者に処分してもらう5,000〜20,000円
家電量販店に持ち込んで処分する1,000〜5,000円
ホームセンターに無料で引き取ってもらう無料

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

ガスコンロの取り外し方

ガスコンロを安全に取り外すためには、正しい手順を踏むことが重要です。ここでは、具体的な手順をまとめます。

元栓を閉める

ガスコンロの取り外しを始める前に、ガスの供給を停止するために元栓を閉めることが最初のステップです。元栓を閉めれば、取り外し作業中のガス漏れを防ぎ、安全を確保できます。

元栓はガスコンロや壁の近くに設置されていることが多く、手で簡単に閉めることが可能です。元栓を閉める操作を行えばガスの流れが完全に止まり、取り外し作業を安全に進められます。

着火して残ったガスを使いきる

元栓を閉めた後、ガスコンロのバーナーを点火してホース内に残っているガスを使い切りましょう。ガスを使い切ることは、ガスホースを取り外す際にガスが漏れ出るのを防ぐために重要です。

バーナーを点火し、ガスが自然に使い切るまで待つことで、ホース内の圧力を安全に解放できます。ガスを使い切ることによって、取り外し作業中の安全性がさらに向上します。

ガスホースを取り外す

ガスコンロから残ったガスを使い切った後、ガスホースを取り外しましょう。ガスホースを取り外す作業は慎重に行う必要があり、ホースの接続部分を確認しながら、ゆっくりとホースをコンロと元栓から外します。

ホースが硬くて取り外しにくい場合は無理に引っ張らず、適切な工具を使用して慎重に作業を行ってください。ガスホースを正しく取り外すことで、ガスコンロの処分や移設を安全に行えます。

ガスコンロを処分するときの注意点

ガスコンロを処分する際には、安全性を最優先に考える必要があります。ガスコンロは日常的に使用する家電製品ではありますが、ガスを使用するため、取り扱いには注意しましょう。

注意点をまとめると以下のとおりです。

  • 火器・タバコ・静電気に注意する
  • ビルトインコンロは取り外しに資格が必要
  • 安全装置がついていない古いガスコンロは処分を選択
  • ガスコンロを移動させるときは汚れに注意
  • 粗大ゴミとして処分するときは事前に申し込みをする
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

火器・タバコ・静電気に注意する

ガスコンロの取り外しや処分の際には、火災の原因となり得るものから離れた場所で作業を行いましょう。火災の原因になるものは火器やタバコ、静電気などです。

ガスコンロやガスホースからわずかにガスが漏れている場合があり、引火源と接触すれば火災や爆発につながる可能性があります。そのため、作業を行う前には周囲に火の元がないことを確認し、静電気を防ぐための措置をしましょう。

ビルトインコンロは取り外しに資格が必要

ビルトインタイプのガスコンロは、キッチンのカウンターに組み込まれており、取り外しには専門的な知識と技術が必要です。取り外す際には、ガス工事資格を持つ専門家に依頼が必要になるため注意しましょう。

自己判断で取り外しを試みると、ガス漏れや機器の損傷など、予期せぬトラブルにつながる可能性があります。そのため、処分をする際にはまず専門業者に相談しましょう。

安全装置がついていない古いガスコンロは処分を選択

古いガスコンロの中には、現代のものに比べて安全装置が不十分なものもあります。過熱防止装置や消し忘れ防止機能など、現在の安全基準を満たしていないガスコンロは使用を続けると事故のリスクが高まります。

現在の安全基準を満たしていない古いガスコンロをお持ちの場合は、安全のために新しいモデルへの買い替えを検討しましょう。

古いものは適切に処分することが推奨されます。安全装置の有無を確認し、必要に応じて専門家の意見を求めることも重要です。

ガスコンロを移動させるときは汚れに注意

ガスコンロを移動させる際には、表面や内部の汚れに注意が必要です。長期間使用したガスコンロは、油汚れや食品の残骸が蓄積しており、移動中に他の物に付着したり作業中の手や衣服を汚す原因となります。

汚れが原因で滑りやすくなり、移動中の事故につながる可能性は高いです。そのため、移動前にはガスコンロを丁寧に掃除し、可能な限り汚れを取り除いて、汚れや事故につながるリスクを最小限に抑えましょう。

清潔に保つことは安全な移動だけでなく、次の使用者が快適に使用できるようにするためにも重要です。

粗大ゴミとして処分するときは事前に申し込みをする

ガスコンロを粗大ゴミとして処分する場合、ほとんどの自治体では事前の申し込みが必要です。粗大ゴミを処分する手続きは自治体によって異なるため、事前に地元の廃棄物処理センターや公式ウェブサイトで正確な情報を確認しましょう。

申し込みの際にはガスコンロのサイズや重量、処分する日時などの詳細を提供する必要があります。また、処分には手数料がかかることが多いため、費用についても事前に確認しておくと良いでしょう。

適切な手続きを行うことで、指定された日にガスコンロをスムーズに回収してもらえます。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

不用品回収業者にガスコンロの処分を依頼する場合、複数の業者から見積もりを取りましょう。複数の業者から見積もりを取ることで、サービスの内容や費用を比較し、最もコストパフォーマンスの高い業者を選択できます。

見積もりを取る際にはガスコンロのサイズやブランド、状態などの詳細情報を明確にしておくことが重要です。

信頼できる業者を選ぶために、口コミや評判も参考にすると良いでしょう。

適切な業者を選ぶことで、安心してガスコンロを処分できます。

ガスコンロを安全に処分するなら不用品回収業者へ

不要なガスコンロの処分方法は、自治体の粗大ごみ回収やリサイクルショップでの買取、不用品回収業者の回収などさまざまです。人の力を借りることで、処分にかかる手間と費用を効率的に抑えられます。

ガスコンロの処分を考えている場合、不用品回収業者の利用が最も安全かつ効率的な方法の1つです。不用品回収業者は、家庭から出るさまざまな不用品を専門的に扱い、適切な処理やリサイクルを行います。

特にガスコンロのような大型の家電製品は、専門の業者に依頼することで、安全性を確保しつつ環境に配慮した処分が可能になります。ガスコンロを含む不用品を手間なく処分できるため、処分に困っている場合はぜひ検討してみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK