キャットタワーの処分方法を7つ紹介!解体する捨て方や無料引き取りの方法も解説!

No Image

「キャットタワーの処分方法は?」「処分にかかる費用はどれくらい?」などと悩んでいませんか?

キャットタワーの処分方法には様々な選択肢があり、適切な方法を選ぶことで費用を抑えることが可能です。自治体の粗大ゴミ収集からリサイクルショップでの買取まで、選択肢は多岐にわたります。

本記事では、キャットタワーの処分方法や材質別の処分ポイント、処分費用の相場について詳しく解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

キャットタワーの処分前に知っておくべきポイント

キャットタワーの処分を考える際、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • キャットタワーの寿命は2~3年程度
  • 自治体によって処分方法が異なる

それぞれ詳しく解説します。

キャットタワーの寿命は2~3年程度

キャットタワーは、猫の運動やストレス解消に役立つ大切なアイテムですが、寿命は一般的に2~3年程度とされています。ただ、猫の使用頻度やケアの方法によって前後することがあります。

猫が日常的に爪とぎを行うことで、キャットタワーの支柱部分が摩耗しやすく、布地やハンモック部分も破損しやすいため定期的な点検が必要です。寿命に達したキャットタワーをそのまま使用し続けると、猫の安全が危険にさらされる可能性があるため、適切なタイミングでの処分が推奨されます。

自治体によって処分方法が異なる

キャットタワーの処分方法は、お住まいの地域の自治体によって大きく異なります。多くの場合、キャットタワーは粗大ゴミとして扱われることが多いですが、自治体によっては分解して一般ゴミとして出すことも可能です。

粗大ゴミとして処分する場合、事前に粗大ゴミ処理券を購入し、指定の日に指定の場所へ出す必要があります。処理券の価格は自治体によって異なり、500円から数千円の範囲で設定されていることが一般的です。

一部の自治体ではオンラインでの申し込みや手続きが可能な場合もあるため、事前に自治体のウェブサイトで詳細を確認することが大切ですよ。

キャットタワーの7つの捨て方

キャットタワーの処分方法はいくつかの選択肢があり、適切な方法を選ぶことで費用を抑えられます。以下に7つの処分方法をまとめました。

  • 自治体の粗大ごみで捨てる
  • 分解して燃えるごみ・燃えないごみで捨てる
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • 専門店の引き取りサービスを利用する
  • 購入したホームセンターに引き取りしてもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • リサイクルショップに買取してもらう

それぞれ詳しく解説します。

キャットタワーの他にもペット用品の処分方法を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

自治体の粗大ごみで捨てる

キャットタワーを自治体の粗大ごみとして処分する場合、まずはお住まいの地域の自治体に連絡し、粗大ごみの処分方法を確認しましょう。多くの自治体では、粗大ごみの回収には事前申し込みが必要で、処分するための手数料が発生します。

指定された日にキャットタワーを自宅前などの回収場所に出すことになります。場所や方法は自治体によって異なるため、詳細は事前に確認しましょう。

分解して燃えるごみ・燃えないごみで捨てる

キャットタワーを分解し、燃えるごみや燃えないごみとして処分する方法もありますが、素材に応じて適切に分別する必要があります。例えば、木製の部品は燃えるごみとして、金属部品は燃えないごみとして分別します。

分解作業には適切な工具が必要になり、分解によって鋭利な部分が露出する可能性もあるため、安全に注意しながら作業を行いましょう。分解して処分すれば、粗大ごみとして出すよりも処分費用を抑えることが可能です。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者を利用してキャットタワーを処分する方法は、手間をかけずに済ませたい場合に適しています。不用品回収業者に依頼すると、キャットタワーの搬出から処分までを一手に引き受けてくれますが、その分サービス料が発生します。

料金は業者やサービス内容によって異なるため、事前見積もりがおすすめです。業者選びの際には、追加料金が発生しないかどうかも確認しておくと安心です。

優良不用品回収業者を選ぶにはコツがあるのでこちらの記事を参考にしてみてください。

専門店の引き取りサービスを利用する

ペット用品を扱う専門店では、古くなったキャットタワーの引き取りサービスを行っている場合があります。新しいキャットタワーを購入する際に古いものを引き取ってもらえる場合が多く、場合によっては無料で引き取ってもらえます。

ただし、すべての専門店がサービスを提供しているわけではないため、利用を希望する場合は事前に店舗に確認することが重要です。専門店の引き取りサービスを利用することで、新しいキャットタワーの購入と同時に古いものの処分をスムーズに行えます。

購入したホームセンターに引き取りしてもらう

キャットタワーを購入したホームセンターによっては、使用済みのキャットタワーを引き取ってくれるサービスがあります。主に新しいキャットタワーを購入する際に提供されることが多く、古いキャットタワーの処分に困っている飼い主にとっては大きな助けとなります。

引き取りサービスの有無や条件はホームセンターによって異なるため、利用を希望する場合は購入時や事前に店舗に問い合わせることが重要です。サービスを利用すれば処分にかかる手間や費用を節約できますが、引き取りに条件がある場合もあるため詳細を確認しましょう。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

キャットタワーをフリマアプリやオークションサイトで販売する方法は、処分する代わりに少しでも収益を得る方法として人気があります。状態が良いキャットタワーであれば、需要があるため比較的簡単に売却できるでしょう。

販売する際は、キャットタワーの状態を正確に記載し、できれば清潔にしてから写真を撮影することが重要です。販売価格は市場の需要と供給を考慮し、適切な価格を設定することが大切です。

フリマアプリやオークションサイトを利用すれば、キャットタワーを必要としている人に直接届けられ、リサイクルにも貢献できます。

リサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップにキャットタワーを買取してもらうことは、手軽に処分する方法の1つです。リサイクルショップでは、キャットタワーの状態や需要に応じて買取価格が決定されます。

一般的に、キャットタワーが清潔で破損が少なく、人気のデザインであれば買取価格は高くなる傾向にあります。買取を希望する場合は、事前に複数のリサイクルショップに問い合わせて買取価格を比較すると良いでしょう。

大型のキャットタワーの場合は店舗までの搬入が困難な場合があるため、出張買取サービスを提供しているリサイクルショップを選ぶと便利ですね。

キャットタワーの材質別の処分方法

キャットタワーの材質別によって処分方法が異なります。ここでは、材料別の処分方法をまとめます。

ポール

キャットタワーのポールは主に紙製の支管や木製、綿縄で覆われていることが多いです。燃えるごみとして処分できる場合が多いですが、自治体のルールによってはリサイクル可能な資源として扱われます。

ポールを処分する前に、麻縄や綿縄を取り除き、素材ごとに適切に分別することが重要です。また、ポールの内部に金属の支柱が使われている場合は、金属ごみとして別途処理する必要があります。

ポール同士をつなぐネジや突っ張り金具

キャットタワーを構成する際に使用されるネジや突っ張り金具は、ほとんどが金属製です。燃えないごみとして分類されることが多く、小さな金属類としてリサイクル施設に持ち込むことが推奨されます。

金属部品の処分に際しては、自治体の指定する回収日に合わせて出すかリサイクルセンターへ直接持ち込む必要があります。金属部品は再資源化が可能なため、適切に分別しましょう。

ハンモック

キャットタワーに付属するハンモックは、布製のものが一般的です。布製品は燃えるごみとして処分できる場合が多いものの、金属製のフレームやフックが使用されている場合は、取り外して金属ごみとして分別する必要があります。

ハンモックの布部分は、可能であれば洗濯してから処分することで、衛生的に処理できます。

ハウスやベッド

キャットタワーに含まれるハウスやベッド部分は、多くの場合に木製やパーティクルボード、布製の素材で作られています。基本的に燃えるごみとして処分できますが、大きなサイズのものは粗大ごみとして扱われます。

ハウスやベッドを処分する際には、素材ごとに適切に分別し、自治体の粗大ごみ処理のルールに従って処分しましょう。また、布製の部分は洗濯してから処分することが重要です。

キャットタワーの処分費用相場

キャットタワーを処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

キャットタワーの処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
自治体の粗大ごみで捨てる500円~3,000円
分解して燃えるごみ・燃えないごみで捨てる無料~500円
不用品回収業者に引き取りしてもらう3,000円~10,000円
専門店の引き取りサービスを利用する2,000円~5,000円
購入したホームセンターに引き取りしてもらう無料~2,000円
フリマアプリ・オークションサイトで販売する無料~3,000円
(出品手数料や送料がかかる)
リサイクルショップに買取してもらう無料~3,000円

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

キャットタワーは店舗により無料引き取りもある

キャットタワーを購入したペット用品店やホームセンターの中には、古くなったキャットタワーを無料で引き取ってくれるサービスを提供している場合があります。新しいキャットタワーの購入を検討している顧客に対して、購入の特典として提供されることが多いです。

無料引き取りサービスを提供している店舗でも、キャットタワーの状態や購入時期に関わらず、引き取りを受け付けてくれることがあります。しかし、サービスの詳細は店舗によって異なるため、事前に確認が必要です。

無料引き取りサービスの有無については、キャットタワーを購入した店舗やその他のペット用品店に問い合わせて、利用可能なサービスを見つけましょう。

キャットタワーを処分する時の注意点

キャットタワーの処分には、以下の注意すべきポイントがあります。

  • 猫アレルギーの人に配慮して廃棄する
  • 分解して捨てるなら分別を忘れずに
  • キャットタワーの素材について
  • 壊れたキャットタワーは猫のケガに繋がる
  • キャットタワーの寿命について

それぞれ詳しく解説します。

猫アレルギーの人に配慮して廃棄する

キャットタワーを処分する際には、猫アレルギーの人への配慮が必要です。キャットタワーには猫の毛やフケが付着している可能性が高く、アレルギー反応を引き起こすことがあります。

処分する前にキャットタワーをできるだけ清潔にし、猫の毛やフケを取り除くことが重要です。また、処分する際には密閉された袋に入れるなどして、アレルゲンが周囲に拡散しないように配慮しましょう。

配慮を心がけることで、猫アレルギーの人が不快な思いをすることを防げます。

分解して捨てるなら分別を忘れずに

キャットタワーを分解して処分する場合、正確な分別が必要です。キャットタワーは木材・布・プラスチック・金属など複数の素材で構成されているため、適切に分別して処分することが環境に優しい処分方法となります。

例えば、木製の部分は燃えるごみとして、金属部品はリサイクル可能な資源ごみとして処分することが一般的です。分別を正しく行うことで、資源の再利用が促進され、環境負荷の軽減につながります。

分解作業を行う際には、怪我をしないよう注意し、必要に応じて手袋や保護メガネを着用することも忘れずにしましょう。

キャットタワーの素材について

キャットタワーの処分を考える際には、素材を理解しておくことが重要です。キャットタワーは、木材・繊維素材・プラスチック・金属など様々な素材で構成されており、素材に応じた処分方法を選択する必要があります。

木製の部分は燃えるごみとして、金属部品はリサイクルのために分別するなど、素材に応じた適切な処分方法を選ぶことが環境保護にもつながります。また、キャットタワーに使用されている接着剤や塗料などの化学物質にも注意が必要で、環境に悪影響を及ぼさないように処分することが重要です。

壊れたキャットタワーは猫のケガに繋がる

壊れたキャットタワーをそのまま使用し続けることは、猫の安全にとって非常に危険です。時間と共に摩耗や破損が進むキャットタワーは、猫が遊んでいる最中に突然崩れ落ちる可能性があり、猫が怪我をすることも少なくありません。

特に、支柱が不安定になったりハンモックやベッド部分が破れている場合は、猫が飛び乗った際にバランスを崩しやすくなります。また、鋭利な破片が露出している場合は、猫が破片部分に触れてしまい切り傷を負う恐れもあります。

キャットタワーに明らかな破損が見られる場合は、早急に使用を中止し、新しいものへの交換や適切な処分を検討することが猫の安全を守る上で重要ですよ。

キャットタワーの寿命について

キャットタワーの平均的な寿命は、使用状況や材質によって異なりますが、一般的には2〜3年程度とされています。積極的に使用する猫がいる家庭では、支柱の麻縄や布製部分の摩耗が早まる傾向にあるでしょう。

定期的なメンテナンスや部品の交換を行うことで寿命を延ばすことは可能です。しかし、構造的な強度が低下している場合や大きな破損が見られる場合は、安全のために新しいキャットタワーへの交換が推奨されます。

キャットタワーの寿命を正しく理解し、猫の安全と快適な遊び場を提供するためにも、定期的な点検と適切なタイミングでの更新が大切です。

キャットタワーを処分するなら片付け侍へ

キャットタワーを含む不用品の処分を検討している場合、専門の不用品回収サービスの利用をご検討ください。不用品回収業者は、迅速かつ手間なく不用品を処分できるサービスを提供しており、キャットタワー以外の不用品回収も行ってくれます。

どこに依頼すればいいか迷った際には、「片付け侍」へのご相談ください。キャットタワーの処分をはじめ、家庭内の様々な不用品を一括で回収して適切に処理するため、安心して依頼できます。

いつでも見積もり受付をしているため、お気軽にお問い合わせください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK