断捨離してもリバウンドしてしまう原因とリバウンドしないコツを紹介!

「断捨離してもリバウンドしちゃうのが悩みなんだよね…」

「断捨離でリバウンドしてしまう原因ってなんだろう?」

「リバウンドしない断捨離のコツに関して知りたい」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・断捨離でリバウンドしてしまう原因
・リバウンドしない断捨離のコツ

これら全てがわかります。ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

断捨離してもリバウンドする人も多い

断捨離は、不要な物を処分し、スッキリとした生活環境を目指す行動です。しかし、この習慣を維持することは容易ではありません。実際に多くの人が断捨離後に再び物が溜まる「リバウンド」を経験しています。

断捨離リバウンドは、一度は不要な物を減らした後、時間が経過すると元の物量に戻ってしまうことを指します。計画的に物を管理し、感情に振り回されることなく物と向き合うことが、断捨離成功の鍵です。

断捨離でリバウンドしてしまう原因

断捨離でリバウンドしてしまう原因として、以下が考えられます。

  • 場所を移動させただけ
  • 収納やクローゼット等を断捨離していない
  • 捨てることがゴールになっている
  • 片付けだけして収納方法を考えてない
  • 特別扱いしているものが多い
  • 捨てるか保留にしたものを全て捨てなかった
  • 断捨離で後悔したので衝動買いをしてしまう

自身がどの原因に当てはまるのか、考えてみましょう。

場所を移動させただけ

断捨離を行う際、一時的に物の場所を移動させるだけで本当の意味での整理が行われていないケースが少なくありません。クローゼットの中など目に触れたいところに物を押し込むことで、部屋は一見すっきりしますが、物の量自体は減っていないため、結果的に同じ問題に直面することになります。

また、必要ないと思いつつも、捨てることができずに別の場所へ移動させることは、未練がましく物に固執している状態です。断捨離でリバウンドしないためには、物を単に移動させるのではなく、真に必要な物だけを選び抜く厳格な基準が必要です。

物に対する考え方を根本から見直し、定期的な整理整頓を習慣化することが、持続可能な生活空間を維持するために大切です。

収納やクローゼット等を断捨離していない

断捨離において見落とされがちなのが、収納スペース自体の整理整頓です。収納ボックスや引き出しに無秩序に物を入れると、必要な物が見つからず、同じ種類の新しい物を無意識に購入してしまう場合もあるでしょう。

断捨離の際は、収納スペース自体も含めて完全に見直しを行ってみてください。定期的に収納スペースを開けて、内容物を評価し、調整することで、不要な物が溜まるのを防げます。

捨てることがゴールになっている

断捨離は「捨てること」自体が目的ではなく、快適で機能的な生活空間を作り出す手段です。しかし、多くの場合、断捨離を単なる「捨て活動」と錯覚し、結果として物を手放すこと自体がゴールになってしまうことがリバウンドの根本的な原因となります。

毎日の生活の中で意識的に物との関係を見直し、物が人生にどのように役立つかを評価しながら断捨離を行うようにしましょう。

片付けだけして収納方法を考えてない

片付けをしても、どのアイテムをどの場所に収納するかの明確な計画がないと、再び乱雑な状態に陥りやすいです。断捨離の成功は片付けた後の収納計画に大きく依存します。

用頻度に応じてアクセスしやすい位置に日常使う物を置き、季節物などは上段や奥行きのある場所に収納する方法が有効です。

特別扱いしているものが多い

人は感情的な価値を持つアイテムに対して特別な扱いをします。例えば、家族から受け継がれた品々や思い出深い贈り物など、感情的な絆が強いアイテムは、たとえ日常生活で使用しなくても手放すことが困難でしょう。

特別なアイテムは、その存在自体に「いつか使うかもしれない」という未来の可能性を見出しやすいです。手放すことが難しいアイテムについては、なぜそれに執着しているのかを自問自答する時間を持つことが大切です。

断捨離のリバウンドを防ぐためには、物の感情的な価値と実用性をバランス良く評価することが重要です。

捨てるか保留にしたものを全て捨てなかった

断捨離プロセス中に捨てるか保留にするか決定したアイテムを最終的に全て処分しなかったことが、リバウンドの原因となる場合があります。断捨離においては、一時的に保留にした物をそのまま放置してしまうことが、再び物が増えてしまう一因となるのです。

保留にした物は、定期的に見直しを行い、実際に使用していない場合は積極的に処分することが重要です。どのアイテムを保留にするかの基準を事前に明確に設定し、それに基づいて断固とした決断を下すと良いでしょう。

断捨離で後悔したので衝動買いをしてしまう

断捨離を行った後、特に感情的な価値を持つアイテムを手放したことで、失ったものへの後悔が生じることです。必要と感じるアイテムを手放した後の心理的な反動で、感情を埋めるために新たに購入してしまうケースがあります。

断捨離する際には、感情的な価値だけでなく、実用性や必要性を総合的に考慮することが重要です。新たな購入を検討する際には、購入を考えたら最低でも一週間はその決断を保留し、本当にその購入が必要かを再考する一定の「クールダウン期間」を設けることが有効です。

リバウンドしない断捨離のコツ

リバウンドしない断捨離のコツは以下の通りです。

  • 100均など気軽に買える店にあまり行かない
  • 物の置き場所を決める
  • 物を購入するときは何を捨てるかを決める
  • 定期的に断捨離の時間を設ける
  • 本当に必要か?と買う前に自問する

断捨離のリバウンドに悩まされている人は、ぜひ実践してみてください。

100均など気軽に買える店にあまり行かない

100均など気軽に買える店は、低価格で様々な商品を提供しており、「お得感」を感じやすいです。商品の低価格が「少し多めに買っても大丈夫」という心理を助長し、結果として家に不要な物が増えていくことに繋がります。

100均ショップの利用は便利で魅力的ですが、断捨離を行っている最中またはその後に不用意に訪れることは、リバウンドを引き起こす可能性が高いです。計画的にショッピングを行い、本当に必要な物のみを購入する自己制御が求められます。

物の置き場所を決める

物の置き場所を事前に決めることは、断捨離後のリバウンドを防ぐ上で効果的です。物に固定の場所を与えることで、無駄な物の購入や散乱を防げるからです。

物をカテゴリー別に分類し、同じ種類のアイテムは同じ場所に収納すると、何がどこにどれだけあるか把握しやすくなります。使った後は、必ず定位置に収納するように心がけてください。

物を購入するときは何を捨てるかを決める

断捨離後のリバウンドを防ぐために、新たな物を購入する際には同時に何を捨てるかを決めるのが有効です。新しい物を買う際に何を捨てるかを事前に決めることで、その購入が本当に必要かどうかを再評価するきっかけになります。

無計画な購入を抑え、持ち物全体の量を一定に保つことに役立ちます。物を置くスペースを限定し、そのスペースがいっぱいになったら新しい物を追加する前に何かを減らすことを意識しましょう。

定期的に断捨離の時間を設ける

年間または半年に一度の大規模な断捨離ではなく、月に1回または季節ごとに小規模な断捨離を行うのがおすすめです。春夏秋冬の衣替えのタイミングで衣類を中心に断捨離を行うのが良いでしょう。

不要と判断した物は、できるだけその場で処分することが重要です。処分を先延ばしにすると、結局手元に残り続けることがあります。

断捨離をライフスタイルの一部として取り入れることで、物への意識が高まり、無駄な買い物を減らすことにつながります。

本当に必要か?と買う前に自問する

何かを購入する前に、「本当に必要か?」と問うことで、無意識のうちに行われがちな衝動買いを防ぎます。物を購入する際は、その目的を明確にして言語化することが役立ちます。

「本当に必要か?」と自問することは、断捨離の成功に不可欠な要素です。さらに、賢い消費者としての意識も高まり、経済的な余裕も生まれるでしょう。

断捨離で出た不用品は片付け侍へ

本記事では、断捨離でリバウンドしてしまう原因やリバウンドしない断捨離のコツについて解説してきました。

断捨離でリバウンドしてしまう場合には何かしらの原因があります。普段、断捨離でリバウンドしてしまう方は本記事のコツを参考にしてみてください。

断捨離したものを捨てる方法はいくつかありますが、特に大量にある場合や、家具や家電など自分では運び出しにくい大型の不用品がある場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。1日で断捨離するものを業者が運び出し、処分してもらえます。

「片付け侍」は365日全国に対応したお客様満足度96.3%の不用品回収業者です。見積もり無料、追加料金も無料です。

現在WEB割を実施しており「WEB割を見た」と報告すると積み放題プランの全メニューが10%OFFになります。

不用品1点から回収しており、状態の良いものは買取可能なので、お得に処分可能です。作業前に契約額や追加費用が発生しない旨を記載した契約書を用意しているので安心です。

無料見積もりも行っているので、まずは相談から行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK