終活するなら断捨離しよう!断捨離はメリットが多い最高の終活!

No Image

「終活を考えているんだけれど、何から始めたら良いのだろう」

「終活と断捨離って何が違うの?」

「終活のための効率良い断捨離方法に関して知りたい」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・終活と断捨離の違い
・終活における断捨離のメリット
・終活のための断捨離の進め方

これら全てがわかります。

終活と断捨離は似ているようで意味合いが異なり、同時に行うと良いとされています。今回は終活と断捨離に関して解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

終活のための断捨離とは

断捨離と終活は、それぞれ異なる目的を持ちつつ、生活を整理するという共通点を持っています。まずは終活と断捨離の違いに関して理解を深めていきましょう。

終活と断捨離の違い

断捨離は「断る」「捨てる」「離れる」という意味合いを含み、物質的なものだけでなく、心の中の不要な感情や考え方も整理する作業です。断捨離により生活空間のみならず、心の中もすっきりと整理されるため、新たな考えや行動が生まれやすくなります。

一方、終活は人生の終末期をどのように迎えるかを考え、それに備えるための行動で、葬儀や遺言の準備など、自分が亡くなった後の家族の負担を軽減するような具体的な準備が含まれます​。

それぞれ自分の身の回りのものを整理するという意味では同じですが、目的や考え方が異なります。

断捨離は最高の終活

断捨離は、物質的なものだけでなく、心理的な側面からも整理する意味合いが含まれており、終活の一環としても有効です。断捨離では、物に対する執着を手放すことで、過去の感情や記憶から解放され、心に新たな空間が生まれると考えます。

どの物を手放すかを決める過程で、自分自身の価値観や優先順位が明確にすることは自己理解を深め、より充実した生活を送るための重要なステップです​。

断捨離を終活の一部として取り入れることで、自分自身だけでなく、残された家族にとっても負担が軽減され、満足のいく生活の終末を迎える準備が整うでしょう。

40代・50代・60代の方は終活と断捨離がおすすめ

40代・50代・60代の方は終活と断捨離がおすすめな理由は以下の通りです。

  • 人生の折り返し期間のため
  • 体力が元気なうちに断捨離する
  • 30代の終活・断捨離は早いかどうか

それぞれの理由を確認し、断捨離と終活の意識を高めていきましょう。

人生の折り返し期間のため

40代、50代、60代で断捨離と終活を行うことは、人生の折り返し点であるためおすすめです。40代では、家族との共同生活やキャリアの中盤という変化の多い時期であり、断捨離を通じて自己反省や未来の計画を見直す良い機会になります。この段階での断捨離は、生活空間だけでなく、財産や資産の整理にもつながり、老後の準備が進めやすくなります​。

50代は、遺産整理や継承計画を見直すことの多い年代です。断捨離を行うことで、余計なものを購入することを避け、経済的な節約にも繋がります​。60代は、定年退職の時期でもあり、老後を快適に過ごすためそして、、家族が遺品整理をする際の負担を軽減するための準備機関ともいえます。

家族の理解を得ながら少しずつ整理することで、心理的な負担を最小限に抑え、定期的に自身の価値観を見直すことができるでしょう。

体力が元気なうちに断捨離する

40代から60代は、通常、仕事や家庭生活が安定している時期であり、体力的にも精神的にも自己管理がしやすい時期です。断捨離は物理的な労力を要する活動です。

体力的に負担が少ないため、1度に多くのアイテムを処理でき、どのアイテムを処分するか決定も余裕を持って行えるでしょう。突然の健康問題や生活環境の変化にも柔軟に対応できるようになります。

断捨離を一度のイベントではなく、継続的な生活習慣として取り入れることが望ましいです。

一度にすべてを行うのではなく、段階を追って少しずつ進めることで、作業の負担を減らし、断捨離のストレスを軽減できます。例えば、最初は衣類から始め、次に書類、その後に雑貨などとカテゴリーを分けて進めるとよいでしょう。

30代の終活・断捨離は早いかどうか

終活は一般的に人生の終末期に関連する活動と見なされますが、終活や断捨離は、単に老後の準備だけでなく、現在の生活の質を向上させるための手段としても有効です。30代から取り組むことで、より充実した人生を送る準備ができるでしょう。

30代ではまだ体力や気力が充分にあり、終活や断捨離を効率的かつ計画的に進めることができます。将来的な不測の事態にも柔軟に対応可能です​。

早期に断捨離を行うことで、無駄な出費を減らし、貯蓄や資産形成により集中できるようにもなります。未婚の場合や今後のライフプランが不確定な場合は、終活により逆に生活が制限されることもあるので念頭に置いて行うと良いでしょう。

終活における断捨離のメリット

終活における断捨離のメリットは以下の通りです。

  • 遺品整理のときに遺族・相続人の負担を軽減できる
  • 掃除や整理が楽になり時間に余裕ができる
  • すっきりして明るい気持ちで生きれる
  • 運気が舞い込んでくる可能性もある
  • 衛生的に良くなり健康的な生活を送れる
  • ケガのリスクが減る

メリットを知ることで、より効果を感じやすくなります。

遺品整理のときに遺族・相続人の負担を軽減できる

断捨離を行うことで、家にある物の量を減らすことができます。物が少なければ少ないほど、遺品整理の際に遺族が対処すべきアイテムの数が減り、整理の手間が軽減できます。

自身が亡くなった後の遺品整理がスムーズになり、遺族にかかる心理的および物理的な負担を軽減できるのです。貴重品や大切な書類は、遺族がすぐに見つけられるように整理しておくと良いでしょう。

断捨離を終活に取り入れることで、自分自身の生活が快適になるだけでなく、最終的には遺族の負担を大きく軽減することができます。計画的に、そして心を込めて断捨離を行うことが、遺族にとって最大の配慮となるでしょう。

掃除や整理が楽になり時間に余裕ができる

使用頻度の低い古い衣類や雑誌、家具など使わないものを処分すれば、必要なものだけが残りスペースが広がるでしょう。断捨離や終活を行うと、物の量が減ることにより、必要な物だけが手元に残るため、掃除や整理が楽になり時間に余裕ができるようになります。

また、物が少なくなることで、何がどこにあるのかが明確になり、日々の生活で物を探す時間が減少します。特に、年を重ねると物を探すのに時間がかかることが多いため今のうちに整理しておくと良いでしょう。

余裕があることで、趣味や交友関係、自己啓発など、自分自身の充実につながる活動にもっと時間を割くことが可能です。断捨離や就活を行うことでより生活を豊かにできるでしょう。

すっきりして明るい気持ちで生きれる

断捨離を行うことで、生活空間が整い、心にも余裕が生まれます。不要な物を手放す過程で、自分にとって本当に価値のあるものが何かを見つめ直す機会にもなるでしょう。

自己認識が深まり、新たな興味や趣味を見つけるチャンスにもなり得ます。人生に新しい意味を見出すことができ、自己成長にもつながるでしょう。

知人を家に呼ぶなど今までできなかったことができるのも大きな利点です。

運気が舞い込んでくる可能性もある

風水において、スペースの開放は気の流れを良くする要素のひとつです。断捨離により不要な物を処分し、空間を広げることで、生活環境にポジティブなエネルギーが流れやすくなります。

また断捨離や終活によりスッキリした部屋は、心地が良いものです。心の安定が、さらに運気を引き寄せるとされています​。

運気が改善されることで、生活全般にわたる幸福感が高まり、充実した毎日を送ることが可能になるでしょう。

衛生的に良くなり健康的な生活を送れる

断捨離を終活の一環として行うことで、衛生的な環境を維持し、健康的な生活を送ることができるようになります。過剰な物の蓄積は、ほこりやダニの温床となりがちです。断捨離により物を減らすことで、ほこりやダニが発生する場所を減らし、アレルギー反応のリスクを低減することができます。

断捨離を通じて整理整頓された環境を維持することは、健康的な生活を送る上での基礎となります。清潔で整頓された空間は、心だけでなく身体の健康にも良い影響を与え、日々の生活をより豊かにしてくれるでしょう。

ケガのリスクが減る

家の中に物が多いと、それらが転倒の原因となりやすいです。特に年齢を重ねると、転倒は大きな怪我につながるリスクが高くなります。

不要な雑誌や新聞紙などの可燃物が多いと、火災のリスクが高まります。ケガのリスクを継続的に低減するためには、断捨離を一度きりの活動ではなく、定期的な習慣として定着させることが大切です。季節の変わり目や年末年始など、定期的に見直しを行うと良いでしょう。

断捨離を通じて得られる整理整頓された空間は、見た目の美しさだけでなく、住む人の安全性を高める効果も持ち合わせています。

終活のための断捨離の進め方

終活のための断捨離の進め方は以下の通りです。

  • 不用品として捨てる基準を決める
  • 必要、不要、保留で分けて不要なゴミを捨てる
  • 保留のものを捨てる基準を元に捨てていく
  • デジタル情報を整理する
  • お金や財産に係るものの整理する
  • 財産目録・エンディングノートに情報を記録する
  • 相続する物と生前贈与する物に分ける
  • 税理士に相談する
  • 暗証番号・パスワードを控えておく

意外にも時間がかかるものなので、焦らず少しずつ進めていきましょう。

不用品として捨てる基準を決める

終活のための断捨離を進める際には、不用品として捨てる基準を明確に設定することが重要です。捨てる基準が決められない人は以下を参考にしてみてください。

  • 過去1年間で使用していないもの
  • 感情的価値がないもの
  • 壊れている、汚れが落ちない、修理が不可能である物
  • 同じ機能を持つアイテムが複数ある場合

基準に従って断捨離を行うことで、スムーズに進めることができます。

必要、不要、保留で分けて不要なゴミを捨てる

断捨離を始める前に、箱や袋を用意し、それぞれを「必要」、「不要」、「保留」とラベル付けします。衣類、書籍、キッチン用具などと家の中の物をカテゴリーごとに分け、必要」か「不要」か、または「保留」かを判断します。

「保留」は、その場で捨てるか迷うアイテムを分類してください。保留にしたアイテムは、3ヶ月など一定期間保存し、再度評価します。

保留のものを捨てる基準を元に捨てていく

定めた再評価期間に合わせて、保留物を定期的にチェックします。収納スペースが限られている場合、そのスペース内で収まる量にものを制限してください。

意思決定が難しい場合は、家族や信頼できる友人に意見を求めることもひとつの方法です。何を捨てたか、その理由は何だったかを記録しておくと、次回の断捨離の際に同じ過ちを繰り返さないための参考になります。

お金や財産に係るものの整理する

終活における断捨離で特に重要なのは、お金や財産に関する物の整理です。まずは、銀行口座、不動産、保険、株式など、すべての資産をリストアップし、所有する財産の総額を把握しましょう。

使用していない銀行口座や不要な契約は解約してください。財産の管理がしやすくなるだけでなく、無駄な手数料や管理費も削減できます​。

保険証券や不動産の登記簿謄本、銀行の口座情報など、重要な文書を整理し、保管しておきましょう。不安な場合には、家族に保管場所を共有しておくと安心です。

財産目録・エンディングノートに情報を記録する

財産目録やエンディングノートに情報を記録するプロセスは、個人の財産と希望を整理し、家族に明確な指示を残す手段です。

財産目録には、預貯金、不動産、保険ポリシー、投資、車両など、すべての財産をリストアップし、財産の所在地、口座番号、価値、および任何の関連書類をまとめておくと良いでしょう。相続の際のプロセスがスムーズになります​。

エンディングノートは法的な効力はありませんが、個人の最終意志、葬儀の希望、お墓の指示、さらにはデジタル資産の管理方法など、具体的な指示を記入しておくと良いでしょう。エンディングノートは自分の人生を振り返る作業でもあり、どのように記憶されたいかを家族に伝える手段ともなります。

相続する物と生前贈与する物に分ける

生前贈与は、特定の財産を生前に家族や親族に移転することを指します。大きな財産の一部を予め移転しておくことで、相続税の負担を軽減することが可能です。生前贈与を考慮すべき財産には、特に価値の高い不動産や、家族が事業を継ぐための企業の株式などが考えられます 。

相続に残す財産は、通常、遺言によって指定されます。法定相続分に従って分配されるべき財産や、特定の家族成員に渡すことが意図されている特別なアイテムが含まれ、生前贈与とは異なり、死後に法的手続きを経て分配されます 。

相続する財産と生前贈与する財産を適切に分けることが、財産の効率的な管理と平和的な家族関係の維持につながります。事前に相続する物と生前贈与するものを決めておきましょう。

税理士に相談する

終活における財産整理には、税務計画が不可欠です。税理士は、財産をどのように処分または継承するかについての計画を立て、税負担を最小限に抑える戦略を立ててくれます。

終活は一度きりのプロセスではありません。定期的に税理士と連絡を取り、新たな財産の変動や法改正に応じて計画をアップデートすると良いでしょう。

暗証番号・パスワードを控えておく

自身が亡くなった後、遺族がデジタル資産やその他のオンライン関連の事務をスムーズに処理できるように、暗証番号・パスワードは控えておきましょう。個人のデジタル遺産が保護され、遺族が直面するであろう問題を最小限に抑えることができます。

パスワードや暗証番号をエンディングノートに記載する方法のほか、複数のパスワードを安全に保存し、必要に応じてアクセスできるようにするパスワードマネージャーを利用すると良いでしょう。

終活の断捨離で捨てるべきもの・捨てると後悔するもの

ここでは、断捨離すべきものリストと断捨離すると後悔するものリストを紹介します。断捨離するものは人によって異なるかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてください。

断捨離すべきものリスト

断捨離すべきもののリストは以下の通りです。

  • 破れやシミがある衣類
  • 過去1年以上着用していない衣類
  • 体重の変動によりサイズが合わなくなった衣類
  • 古い雑誌や新聞
  • 二度と参照しない古いマニュアルや資料
  • 読まなくなった書籍
  • 古い携帯電話
  • 使われていない古いPC
  • 使用していない充電器やケーブル
  • 壊れていて修理されていない電子製品
  • 破損した食器
  • 購入したが使わなかった調理器具
  • 同じ種類の調理器具
  • 昔集めていたが今は興味がなくなったコレクションアイテム
  • 使わない装飾品
  • 使用していないスポーツ用品
  • 生活スタイルの変化により不要となった家具

家の中のアイテムをカテゴリー別に分類し、一つ一つ手に取って必要かどうかを判断してみましょう。

断捨離すると後悔するものリスト

断捨離する際に後悔しがちなアイテムは以下の通りです。

  • 個人的な思い出が詰まった写真や書籍、日記
  • 絶版になった本・漫画
  • 他人からもらった贈り物
  • 趣味のコレクション

断捨離は、ただ不要なものを減らすことだけではなく、より良い生活空間と精神的な満足を実現するためのプロセスです。何を捨てるかだけでなく、何を残すかを慎重に選ぶことが重要です。

断捨離したものを捨てる方法

断捨離したものを捨てる方法は、主に以下3つあります。

  • 自治外のゴミ回収で処分する
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売
  • 不用品回収業者に回収してもらう

それぞれメリット・デメリットがあるので自身の状況に適した処分方法を選択しましょう。

自治外のゴミ回収で処分する

断捨離や生前整理ででた不用品を自治体のゴミ回収を利用する方法は、一般的な方法です。「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」、「資源ゴミ」など分別して環境に優しく処分しましょう。

処分規定は住んでいる自治体によって異なるので、捨てる前に確認してみてください。また大きさが大きい不用品などは粗大ゴミ扱いになるので事前申し込みやゴミ処理券の購入が必要になります。

一般的に一辺が30cm以上だと粗大ゴミ扱いになる自治体が多いです。粗大ゴミとして処分する際の流れは以下の通りです。

  1. 電話や自治体のサイト上で粗大ごみ処分の申し込みを行う
  2. 指定された手数料の「粗大ごみ処理券」をコンビニやスーパー等で購入
  3. 不用品の目立つところに購入した「粗大ごみ処理券」を貼り付ける
  4. 自治体の指示に従い、指定された日に不用品を運び出す

自治体で処分する場合、比較的安く処分できますが、回収場所まで自身で運び出す必要や回収日時が指定されているのですぐに処分できない場合があります。

フリマアプリ・オークションサイトで販売

有名メーカーのものや貰い物で一度も使っていないものなどは「メルカリ」や「ラクマ」、「ヤフオク」などのフリマアプリ・オークションサイトを活用すると良いでしょう。買い手が見つかれば、使わなくなった不用品をただ捨てるのではなく、需要のある人に届けることができ、臨時収入も得られます。

手間と時間はかかりますがネット上で広い範囲の買い手を見つけることができ、販売価格も自身で決められます。取引の流れは以下のとおりです。

  1. 出品する不用品の写真を複数枚撮影する
  2. 傷や汚れ箇所、サイズやメーカー名なども説明欄に記載して写真と共に出品
  3. 購入されたら、梱包して発送する
  4. 購入者が商品を受け取り、評価されれば料金が反映される

出品したからといって必ず売れるとは限りません。なかなか売れずに放置状態になる場合もあるので、期間を設けて出品するのがおすすめです。

不用品回収業者に回収してもらう

家庭から出る大量の不用品を自分で処理するのは時間と労力がかかります。特に終活となると大掛かりになることが予想されます。

不用品回収業者に依頼すれば、即日中に業者が赴き、運び出しから分別、処分まで全て行ってくれるのでスムーズです。大量の不用品を一度に処理できるので、効率的に家を片付けることができます。業者に依頼する場合の手順は以下の通りです。

  1. ネットや電話で不用品回収業者に問い合わせ
  2. 料金見積もりを行う
  3. 納得したら、引き取りの日時や場所を指定する
  4. 当日、業者が服の運び出しと処分を行う

料金は依頼する業者や不用品の大きさ、量によって異なり、見積もり後に確定します。見積もり自体は無料で行っているので、まずは無料見積もりから行ってみましょう。

不用品回収業者「片付け侍」は、生前整理や遺品整理、不用品回収などさまざまなサービスを展開しています。最短30分で駆けつけるので急ぎの場合もおすすめです。

終活のための生前整理・不用品処分なら片付け侍

本記事では、終活と断捨離の違いや終活における断捨離のメリット、終活のための断捨離の進め方などについて解説してきました。

断捨離したものを捨てる方法はいくつかありますが、大量にある場合や、家具や家電など自分では運び出しにくい大型の不用品がある場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。1日で大量の不用品を回収してもらえます。

「片付け侍」は365日全国に対応した不用品回収業者で、最短30分で自宅に駆けつけます。見積もり無料、追加料金もかかりません。状態の良いものは買取可能なので、お得に処分可能です。

作業前に契約額や追加費用が発生しない旨を記載した契約書を用意しているので安心です。

現在WEB割を実施しており「WEB割を見た」と報告すると積み放題プランの全メニューが10%OFFになります。 無料見積もりも行っているので、まずは相談から行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK