引っ越し時こそ断捨離で思い切って捨てよう!コツと順番・不用品とゴミの捨て方!

No Image

「引っ越し前にどう断捨離を始めればいいの?」「引っ越し前に断捨離をするメリットは?」などと悩んでいませんか?

引っ越し前に断捨離をすれば、気持ちがすっきりするだけでなく、新居のスペースを確保するのに役立ちます。引っ越しに合わせて断捨離する際には、売ることにこだわりすぎず思い切って処分することが大切です。

本記事では、引っ越し前の断捨離のメリットや適切な断捨離の順番、不用品の効果的な処分方法について詳しく解説します。

この記事を読めば
・断捨離のメリット
・断捨離の手順
・断捨離のコツ
・不用品の処分方法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

引っ越し前に断捨離をするメリット

引っ越し前の断捨離には、さまざまなメリットがあります。具体的なメリットをまとめると以下の通りです。

  • 気持ちがすっきりして前向きになる
  • 物を減らすことで新居のスペースを確保できる
  • 新生活に向けて自分を見つめ直すきっかけになる
  • 引っ越しの荷物を少なくできる
  • 引っ越し費用が抑えられる
  • 引っ越し作業と一緒に断捨離できるので楽
  • 引っ越し業者に処分も依頼できるので効率的

それぞれ詳しく解説します。

気持ちがすっきりして前向きになる

断捨離は単に不要な物を処分する行為以上の意味を持ちます。自分の持ち物にどれだけの価値があるかを見直すことで、心理的にもクリアになるでしょう。

物理的な散らかりを解消すれば、心の散らかりも解消され、ストレスが減少し新たなスタートに向けての意欲が高まります。断捨離をすることで得られる心の余裕は、新居での生活設計を前向きに計画する基盤となり、より充実したスタートを切れます。

物を減らすことで新居のスペースを確保できる

新居への引っ越しを前に断捨離を行うことは、限られた空間を最大限に活用するための最も効果的な手段です。不要な物を事前に処分すれば、新居での収納計画をより効率的に立てることが可能です。

たとえば、不要な衣類・書籍・雑貨などを断捨離すれば、引っ越しの荷物を大幅に減らせ、結果として引っ越しの労力とコストの削減に直結します。

新居に持っていく荷物が減れば、新しい生活空間をより広く使いやすく設計でき、日々の生活の質を向上できますね。

新生活に向けて自分を見つめ直すきっかけになる

断捨離は、物理的なスペースを整理するだけでなく、個人の内面的なリセットの機会も与えてくれます。新居への移動を控えて、どの物が現在の自分にとって本当に必要なのかを再評価する過程は、自分自身を振り返り、新たな自分を発見することにも繋がるのです。

古い趣味や過去の生活スタイルに合わせて集めたアイテムを手放せば、新しい興味や目標に合った生活空間を作る準備ができます。自分自身と向き合うことで、精神的な成長を促すことにつながり、新生活の出発点として非常に価値のあるものになります。

引っ越しの荷物を少なくできる

断捨離を行うと、引っ越しの際に運ぶ荷物の量を劇的に減らすことができます。不要なアイテムを事前に処分することで、荷造りの時間が短縮され、引っ越し作業自体もよりスムーズに進行します。

例えば、引越しに必要なダンボールの数が平均で20%から30%削減できます。引っ越し業者に支払う料金も減少し、経済的な負担も軽くなるでしょう。

引っ越し費用が抑えられる

荷物の量が少なくなることで、引っ越し費用を直接的に節約できます。引っ越し業者は通常、運搬するアイテムの量、トラックのサイズ、移動距離に基づいて料金を計算するのが一般的です。

断捨離によって荷物の量が減少すれば、小さなトラックで済む場合が多く、料金が下がります。具体的には、荷物を半分に減らすと引っ越し費用を数万円単位で削減できるでしょう。

節約した費用は、新居での新しい家具や装飾に再投資でき、経済的な余裕も生まれます。

引っ越し作業と一緒に断捨離できるので楽

引っ越しの際に、同時に断捨離を行うことは、時間を有効活用することにつながります。荷物を梱包する過程で、それぞれのアイテムを手に取りながら必要か不要かを判断できるので、余計な物を新居に持ち込むことがなくなるでしょう。

一見、手間がかかるように思えるかもしれませんが、実際には不要な物を運び出す手間とコストを省けますよ。

物を減らすことで新居での荷解きと整理がぐっと楽になり、引っ越し後すぐに新しい生活をスタートできる状態になります。

引っ越し業者に処分も依頼できるので効率的

多くの引っ越し業者は、不用品の処分サービスも提供しており、利用すると断捨離がさらに効率的に進められます。例えば、引っ越しの見積もり時に不用品の量を伝えれば追加料金の支払いを伴いますが、一緒に処分してもらうことが可能です。

料金は不用品の量や種類によって異なりますが、大型家具や家電などであれば、一点あたり数千円からの処分費がかかるのが一般的です。サービスを利用すれば、自分で処分場まで運ぶ手間や費用を節約でき、引っ越し作業の負担を大幅に軽減できます。

引っ越し前に断捨離をするデメリット

引っ越し前に断捨離をする際は、以下のようなデメリットもあることを理解しておきましょう。

  • 必要なものまで処分してしまう可能性がある
  • 思い出の品を手放すことになる
  • 処分に時間と労力がかかる
  • 思いがけない出費がかかる場合もある
  • 人間関係のトラブルが発生する恐れがある

それぞれ詳しく解説します。

必要なものまで処分してしまう可能性がある

引っ越し前の断捨離では、誤って必要なものまで処分してしまうリスクがあります。断捨離では、時に素早く決断を下す必要があり、急ぎすぎることで判断を誤ってしまう場合があるのです。

特に、時間がない時や感情的になっている時は、後になって「やっぱり必要だった」と後悔するアイテムを手放してしまうことがよくあります。そのため、断捨離を行う際は、各アイテムに対して一度冷静に考える時間を設けることが大切です。

一度時間を置くことで、本当に価値のあるものとそうでないものを見極めることができます。

思い出の品を手放すことになる

断捨離によって、感情的な価値を持つ思い出の品を手放すことは、精神的な苦痛を伴う場合があります。思い出の品は、過去の大切な記憶や人々とのつながりを象徴するものであり、手放すことは、まるで自分の一部を失ってしまうような感覚に陥ることもあるでしょう。

例えば、家族から受け継いだ遺品や子どもの成長を記録した品々など、断捨離をする際には慎重な判断が求められます。思い出の品々については、デジタル化や数点だけ残しておくなどの方法もあります。

物理的なスペースを節約し、感情的な価値を保持するバランスを取ることが大切ですよ。

処分に時間と労力がかかる

断捨離中に遭遇する一般的な問題は、不要なアイテムの処分にかかる時間と労力です。大型の家具や家電製品の処分は、単にゴミとして出すだけではなく、適切なリサイクルや寄付の手続きが必要になります。

適切なリサイクルセンターを探すための情報収集、運搬手段の手配、そして実際にアイテムを運び出す体力的な労力が必要です。例えば、大型冷蔵庫を処分する際に自治体の粗大ゴミ処理サービスを利用すると数千円の処理費用がかかり、処分までにある程度の期間待つ必要があります。

思いがけない出費がかかる場合もある

断捨離には、予想外の費用が発生する場合があります。特に、不用品の処分には費用が発生するのが一般的です。大型家具や特定の家電製品の処理には、地域によって異なりますが、通常は一点あたり数千円から一万円以上の費用がかかります。

また、適切な処分方法を見つけるために専門業者を利用した場合、サービス料金が発生します。断捨離の過程で捨てるアイテムの量が多くなるほど費用も増え、計画外の支出となるリスクがあるでしょう。

人間関係のトラブルが発生する恐れがある

断捨離は、家族間や同居人との間で意見の不一致を引き起こす可能性があります。共有のスペースや共有のアイテムをどのように処分するかについて、各人が異なる価値観を持っている場合、摩擦を生じさせます。

例えば、ある家族が感情的な価値を見出すアイテムを、他の家族が不要と考えた場合、どうすれば全員が納得できるか、時間をかけて話し合う必要があるでしょう。トラブルが大きくなると、家庭内のストレスが増し、長い目で見た時に人間関係に影響を与える可能性もあります。

引っ越しで断捨離をする順番

引っ越しで断捨離をする際の順番をまとめると以下のとおりです。

  1. 引っ越し日から逆算して計画を立てる
  2. 捨てる基準を明確にする
  3. コーナーごとに断捨離を進める
  4. 物を一つの場所に集め必要・不要・保留で分別する
  5. 必要な物は荷造りし、不要なものは捨てていく
  6. 保留のものは捨てる基準に照らし合わせる
  7. 不要なものを纏めて処分する

それぞれ詳しく解説します。

引っ越し日から逆算して計画を立てる

引っ越しの準備は、引っ越し予定日から逆算して計画を立てることが重要です。たとえば、引っ越し日が1ヶ月後であれば、その日からカウントダウンを始め、週単位で断捨離の目標を設定します。

最初の週はリビング、次の週はキッチン、というように具体的なスケジュールを立てて不要な物を整理しましょう。計画を立てることで、引っ越し前日に慌てずにすべての準備を効率的に進められます。

捨てる基準を明確にする

断捨離をスムーズに進めるには、何を残し何を捨てるのか、自分の中の基準を明確にすることが非常に大切です。「過去1年間使っていないものは捨てる」という基準は、多くの人に有効です。

衣類・本・雑貨など、使われずにしまわれている物は今後も使う機会が少ないため、処分を検討してみましょう。サイズが合わなかったり、気に入らなかったりするといった理由で、使われていないアイテムも断捨離の対象になります。

決定した基準に従うことで、断捨離の判断が迅速かつ客観的に行えるようになるでしょう。

断捨離で捨てるべきものの基準と物リストはこちらで詳しく紹介しています。

コーナーごとに断捨離を進める

家全体を一度に断捨離しようとすると圧倒されがちですが、コーナーごと、または部屋ごとに区切って進めると効率的です。例えば寝室から始めて次にリビング、キッチンと進むことで、タスクが小分けになり進捗が明確になります。

それぞれのコーナーで不要なアイテムを箱にまとめて、一時保管場所に移動しておけば、後日まとめて処分することができます。断捨離が計画的に進み、より多くのスペースを確保できるでしょう。

物を一つの場所に集め必要・不要・保留で分別する

断捨離を効率的に行うためには、まず家中の物を一箇所に集め、「必要」「不要」「保留」の3つに分けることが重要です。一つひとつのアイテムを手に取り、使い道や価値をじっくり考えてみましょう。

物を集めると、自分がどんな物を持っているのか全体像が把握でき、何が本当に必要で何が不要なのか、判断しやすくなります。すぐに判断できないアイテムは、「保留」として一時的に保管しておきましょう。

必要な物は荷造りし、不要なものは捨てていく

分類した後、必要な物は新居での使用に備えて丁寧に荷造りします。一方で、不要と判断した物は、リサイクル・寄付・廃棄の方法を選択し処分を行います。

荷造りする際は、物の保護と効率的な解梱を考えて、適切な箱や包装材を使用することが重要です。不要な物の処分には、地域のリサイクルルールに従い、適切な方法で行うことが環境にも優しく、経済的な負担も軽減されます。

保留のものは捨てる基準に照らし合わせる

保留にしたアイテムは、再度評価を行い最終的な判断を下します。設定した「捨てる基準」に照らし合わせて考えることがポイントです。

例えば、「1年以上使用していない物は処分する」という基準があれば、従って冷静に判断します。過程を通じて、最初に見逃した不要なアイテムや再評価により不要と判断されたアイテムを効果的に処理できます。

不要なものを纏めて処分する

全ての分類と評価が完了した後、不要なアイテムは一括して処分します。大量のアイテムを一度に処分することで、作業効率が上がり、新居に持ち込むことを避けることが可能です。

具体的には、地域の大型ゴミ処理日に合わせて処分を計画したり、不用品回収業者に依頼してまとめて回収してもらったりする方法があります。処分費用を抑えるには、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。

引っ越しで上手に断捨離するコツ

引っ越しで断捨離を成功させるためには、以下のコツを駆使しましょう。

  • 売ることにこだわりすぎない
  • 思い切って捨てる
  • 収納スペースから片付けていく
  • 迷ったら無理に捨てることをしない
  • 事前にゴミ回収のスケジュールを把握しておく
  • ゴミ処分を不用品回収業者を活用する

それぞれ詳しく解説します。

断捨離のコツはこちらの記事で詳しく解説しています。断捨離する場所や種類など詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

売ることにこだわりすぎない

断捨離の過程で、特に価値あるアイテムを見つけた場合、売ることで少しでも回収しようと考えるのは自然なことです。しかし、売却には時間と労力がかかり、予想外のストレスも伴います。

例えば、インターネットのフリマアプリなどで販売する場合、アイテムの写真撮影、説明文の作成、価格交渉、発送手続きなど、多くの作業が必要です。簡単に売れると思っていた物がなかなか売れなかった時などは、ストレスを感じてしまうかもしれません。

そのため、アイテムの数が多い場合や売却によって得られる利益が少なそうだと感じた場合は、寄付やリサイクルという選択肢も考えてみましょう。

思い切って捨てる

効果的に断捨離を進めるには、不要な物を思い切って捨てる勇気が必要です。「いつか使うかもしれない」という考えは、不要な物をいつまでも手元に置いてしまう、大きな原因となります。

断捨離の基本的なルールとして、「過去1年以上使っていない物は捨てる」という方法があります。このルールを意識することで、実際に使っていないアイテムを客観的に判断しやすくなるでしょう。

断捨離は新しい生活へのステップであると考え、古いアイテムに囚われず新たなスペースを作り出すことが大切ですよ。

収納スペースから片付けていく

断捨離を始める時は、まず収納スペースから手をつけると効果的です。クローゼットや引き出し、棚など、普段から目にしやすい場所にあるアイテムは、意識しやすく、比較的断捨離しやすいでしょう。

各収納スペースを一つずつ整理していけば、全体の進捗が見えやすく、モチベーションの維持にもつながります。例えば、「今日はこの引き出しと棚を片付ける」というように、一日の目標を立て、その日のうちに中身を「必要」「不要」「保留」に分類する方法もあります。

収納スペースを段階的に整理していくことで、断捨離の作業が圧倒的になりにくく、効率的に進められます。

迷ったら無理に捨てることをしない

断捨離を進めている中で、迷いが生じた場合は、無理に捨てることはやめましょう。迷ってしまうアイテムには、何かしらの感情的な価値があるのかもしれません。焦って処分してしまうと、後で後悔する可能性があります。

迷ったアイテムは、一時的に「保留ボックス」に入れておき、断捨離が全て終わってから、もう一度判断する方法が効果的です。例えば、一定期間(例えば3ヶ月間)アイテムを使わなかったら、その時点で必要かどうかを冷静に判断します。

今回の方法なら、大切なアイテムを誤って捨ててしまうリスクを避けつつ、感情に流されずに合理的な判断ができますよ。

事前にゴミ回収のスケジュールを把握しておく

断捨離においては、不用品を適切に処分するために地域のゴミ回収スケジュールを事前に把握しておくことが重要です。各自治体には異なるゴミの収集日とリサイクル規定が存在し、大型ゴミや特定のリサイクル可能なアイテムの収集には予約が必要な場合があります。

例えば、大型家具や家電製品を処分する際は、数百円から数千円の手数料がかかります。また、決められた日に適切な方法で出さないと、回収してもらえずに戻ってきてしまうこともあります。

事前に情報をしっかり確認し、計画的に断捨離を進めることで、スムーズかつ効率的に不用品を処分できます。

ゴミ処分を不用品回収業者を活用する

不用品の処分には、専門の不用品回収業者を活用するという方法もあります。利用するには費用がかかりますが、大量の不用品や特殊なアイテムを一度に処分したい場合には、とても便利です。

業者によっては、家の中から不用品を全て運び出してくれ、リサイクルや適切な方法で廃棄まで行ってくれます。料金は回収するアイテムの量や種類によって異なりますが、一般的な家庭ゴミと数点の大型家具を処分する場合は、20,000円〜50,000円程度が相場です。

時間と労力を大幅に節約できるため、特に引っ越し前の忙しい時期には、検討してみる価値があるでしょう。

断捨離した不用品・ゴミを処分する方法

断捨離した不用品やゴミを、適切に処分する方法を以下にまとめました。

  • 自治体のゴミ回収で処分する
  • クリーンセンターに持ち込みする
  • 引っ越し業者に引っ越し時に回収してもらう
  • 不用品回収業者に分別無しで回収してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • リサイクルショップ・専門買取店に買取してもらう

それぞれ詳しく解説します。

自治体のゴミ回収で処分する

不用品を処分する最も一般的な方法は、自治体のゴミ回収サービスを利用することです。各自治体によってゴミの分類・回収日・処理方法が異なるため、事前に地域の廃棄物管理規定を確認する必要があります。

例えば、家庭ごみは週に数回回収されることが多いですが、大型ゴミやリサイクルが必要なアイテムは特定の日に限られるか、事前予約が必要になります。処分にかかる費用はアイテムによって異なり、大型家具や家電の処分には手数料が数百円から数千円かかることが一般的です。

クリーンセンターに持ち込みする

自治体が運営するクリーンセンターに、直接不用品を持ち込む方法もあります。自治体のゴミ回収日を待たずに、すぐに大量のゴミを処分したい時に最適です。

持ち込みの際は、廃棄物の種類ごとに料金が設定されており、重量や体積に基づいて費用が計算されます。例えば、1立方メートルあたり数千円の料金がかかります。具体的な料金は、地域によって異なります。

クリーンセンターを利用する際は、事前に電話やインターネットで受け入れ条件を確認し、必要な手続きを整えておくことが重要ですよ。

引っ越し業者に引っ越し時に回収してもらう

引っ越しの際、不用品の回収を引っ越し業者に依頼することも一つの選択肢です。サービスを利用することで、別途大型ゴミの処理業者を手配する手間を省けます。

ただし、引っ越し業者が回収できる不用品には制限があり、通常は家具や家電製品など、再販やリサイクルが可能なアイテムに限られます。サービスの内容や費用は業者によって異なりますが、不用品の量に応じて追加料金が発生することが一般的です。

引っ越し業者が回収できる不用品は限られている

引っ越し業者による不用品回収サービスを利用する際は、回収可能なアイテムの種類を事前に確認しておくことが大切です。多くの引っ越し業者は、リサイクルできる家具や家電、未使用の物など、比較的に状態の良い物のみを回収対象としています。

例えば、壊れた家電や修理が必要な家具などは、引っ越し業者が受け付けてくれないことが多く、別途、専門の処理業者に依頼する必要があります。このため、引っ越し前に、どのアイテムを業者が回収してくれるのかを明確にして、計画的に断捨離を進めるようにしましょう。

不用品回収も同時にしてくれる引っ越し業者のおすすめ6社をこちらで紹介しています。

不用品回収業者に分別無しで回収してもらう

不用品回収業者を利用すると、分別の手間を省きながら家庭内のさまざまな不用品を一度に処分することが可能です。特に、時間がない場合や大量の不用品を一括で処分したい場合に便利です。

業者によっては、家具、家電、衣類など、幅広いジャンルのアイテムを回収してくれます。料金は、トラック一台分の荷物をまとめて回収する料金設定になっていることが多く、トラックの大きさによって、10,000円〜50,000円程度が相場です。

ただし、有害な廃棄物や特別な取り扱いを要するアイテムは別途費用が発生する場合がありますので、契約前に確認が必要ですよ。

不用品回収業者の相場はこちらの記事で紹介ししています。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトは、不用品をお金に換える有効な手段です。まだ使える状態の良い衣類やアクセサリー、電子機器などを販売するのに向いています。

販売するには、商品の写真撮影、詳しい説明文の作成、価格設定、質問への対応、商品の発送などの作業が必要です。効果的に販売するためには、アイテムの状態を正直に伝え、適切な価格を設定することが重要です。

リサイクルショップ・専門買取店に買取してもらう

リサイクルショップや専門買取店を利用すると、不用品を簡単に現金化できます。特に、ブランド物の衣類、貴金属、高価な電子機器などを積極的に買い取ってくれます。

お店によって買取価格は異なりますが、状態が良く人気のあるアイテムは、比較的高値で買い取ってもらえます。直接お店に持ち込むと、その場で査定してもらえ、買い取ってもらえる場合は、その場で現金を受け取ることができます。

引っ越しの断捨離なら片付け侍へ

引っ越し前に断捨離をすれば、気持ちがすっきりするだけでなく、新居のスペースを確保するのに役立ちます。引っ越しに合わせて断捨離する際には、売ることにこだわりすぎず思い切って処分することが大切です。

断捨離によって不用品が多量に出た場合、不用品片付けサービス「片付け侍」の利用が便利です。片付け侍では、不用品の適切な処分を手助けし、リサイクルや適切な廃棄を通じて環境に配慮した方法で不用品を処理します。

利用者のニーズに合わせた柔軟なプランを提供し、迅速かつ丁寧に不用品を回収します。

ぜひ本記事を参考にして、片付け侍への依頼をご検討くださ!

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK